Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
仮想通貨の取引に関する記事一覧です。ビットコイン(BTC)やアルトコインなどの取引方法が掲載されています。

カテゴリー: 仮想通貨の取引

2019-04-09仮想通貨の取引

仮想通貨は価格の変動幅が大きく、仮想通貨投資でうまく取引することで大きな利益が得られる可能性があります。 ただし、予想外の方向に価格が変動すれば、大きな損失を被ってしまう場合もあります。さらに、投入する資金が数千万円などの多額になってくると、巨額の投資特有の注意点もあります。 Coincheckでは数千万円以上の取引の場合は、平日の指定時間内であれば、優遇レートの大口OTC取引での売買が可能です。巨額の資金を仮想通貨に投資する場合は、このようなレート面であったり、気にしておくべきリスクについて、あらかじめ理解しておく必要があるでしょう。 そこでこちらの記事では、1000万円レベルで多額の資金を仮想通貨に投じて運用する場合の注意点などについて解説します。 仮想通貨投資の特徴とは? 仮想通貨投資を行っている人が、世の中の人の大半を占めるようには、まだなっていません。 しかし、仮想通貨に興味を持つ人が増加したことから、仮想通貨は、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)などと同じように、人気のある投資対象になってきました。 仮想通貨の代表格は、最初に世に出た元祖仮想通貨ともいわれるビットコインです。ただし、仮想通貨はビットコイン以外にも1000種類以上もの銘柄があるといわれています。 仮想通貨の特徴は、値動きが激しいことです。大きく価格が変動すれば、投資額が少額でも大きなリターンを獲得できる可能性があります。 また、実際に2017年に仮想通貨の価格が大きく上昇した際には、仮想通貨投資によって1億円以上の利益を稼いだ人が数百人以上いるとも言われています。 しかし、値動きが激しい分、損失が生じた場合は一気に資金を失ってしまうリスクもあることには注意が必要です。 仮想通貨投資の始め方 仮想通貨の投資を始めるにあたっては、運用に関する目標の設定や、仮想通貨取引所に口座を開設するなどの準備が必要です。 そのあとで、仮想通貨の売買取引ができるようになります。そこで、仮想通貨の始めるための目標設定と口座開設、売買取引について解説します。 運用期間と目標金額を決める 少額投資を行うのではなく、1000万円というまとまった資金で投資を行う場合は、目標を設定することが重要です。 例えば、どのぐらいの期間運用して、いくらの金額まで増やすのかを、具体的に設定しておくのも良いでしょう。期間と資産額の目標を定めたら、どうすれば実現できるのかについて、さまざまな運用方法をシミュレーションしてみることも大切です。 シミュレーションを重ねていくなかで、より効果的な投資方法が見つかったら、あとは実践するだけです。目標設定だけでなく、シミュレーションを事前に行って、目標達成に適した投資方法を見つけておきましょう。 仮想通貨取引所の口座開設をする 投資戦略が明確になったら、次は投資できる環境を整える必要があります。そのために、取引所に口座を開設しましょう。 日本国内には複数の金融庁に登録された仮想通貨の取引所があるため、どの取引所で口座開設するを選びます。選択するポイントの1つは、顧客資産をしっかり守れるセキュリティレベルになっているかどうかです。 セキュリティには外部からのハッキング防止などだけでなく、厳格な本人確認なども含まれます。また、取り扱い仮想通貨の種類が多ければ、1000万円を様々な仮想通貨に分散投資をすることができます。 他にも取引画面の見やすさであったり、スマホアプリの使いやすさ、取引のしやすさなども重要になってくるでしょう。 仮想通貨の取引所Coincheckの口座開設方法 国内の大手取引所の一つであるCoincheckで口座開設する場合、まずはメールアドレスでアカウントを登録します。 Coincheckの口座開設はこちら その後、口座開設を完了させるためには、SMS認証や本人確認書類の画像のアップロードに加えて、IDセルフィーも提出します。IDセルフィーとは、本人確認書類と自分の顔が一緒に写った写真で本人確認する方法で、なりすまし防止に効果的な方法です。 こうして本人確認の審査完了すると、後日登録した住所にハガキが届きますので、そちらを受け取るとCoincheckの口座開設が完了します。 詳しくはこちら:Coincheckの口座開設方法と手順について 日本円を入金して仮想通貨の購入と売却を行う 口座開設が終わったら、いよいよ取引開始です。仮想通貨を購入するためには、銀行振込などで日本円を入金する必要があります。 日本のほとんどの取引所では、入金した日本円でビットコインの購入が可能です。しかし、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインについては、日本円での購入ができない仮想通貨の取引所もあります。 その場合は、アルトコインを取得するためには、まず日本円を対価として支払ってビットコインを購入し、そのビットコインを売却してアルトコインを購入するという方法をとることが必要になります。 ビットコインなどを購入したあとで売却を行うときは、簡単に処理できます。Coincheckの場合は、数量を入力して「売却する」と表示されているボタンをクリックするだけで売却が完了します。 仮想通貨投資のメリット 1000万円を仮想通貨に投じるのであれば、仮想通貨投資のメリットやデメリットをしっかり把握しておくことが大切です。 メリットだけでなく、デメリットについても知っておけば、運用で失敗するリスクを下げることもできるでしょう。そこで、まずは、仮想通貨投資のメリットについてご紹介します。 メリット1:仮想通貨なら少額からでも投資が始められる 仮想通貨は、500円からでも取引が可能です。そのため、1000万円で1つの通貨を買うのではなく、複数銘柄に分散投資するという選択肢もあります。 また、1単位あたりの価格が100円未満の仮想通貨も数多く存在しており、価格が低いうちであれば、大量の枚数のコインを購入することができます。 さらに、それぞれの仮想通貨に投じた金額は少額でも、何十倍や何百倍にも値上がりする可能性があることが、仮想通貨投資の大きな魅力だといえます。 メリット2:マイナーなコインは大幅な価格上昇が起こることがある ビットコインは取引量が多いため、数ある仮想通貨のなかでは価格が比較的安定して推移している通貨だといえます。 しかし、ビットコインほど取引量がないアルトコインは、価格の変動幅が大きくなることが特徴です。アルトコインのなかには、大幅な価格上昇が期待されている通貨も多くあります。 仮想通貨には、株のストップ高やストップ安のような仕組みがありません。そのため、価格が高騰するとそのまま途中で強制的に止められることなく、たった1日でも価格が大きく上がる可能性もある投資対象と言えます。 実際に過去においては、リップルやネムは1年間で200倍以上も値上がりし、大きな話題を呼びました。また、マイナーなアルトコインであっても、新しく大手の仮想通貨の取引所へ上場したり、有名な企業との提携などのニュースを引き金にして、価格が大きく高騰する可能性もあるかもしれません。 仮想通貨投資のデメリット 続いて、仮想通貨投資のデメリットについてです。 デメリット1:連鎖的に暴落する可能性がある 仮想通貨の値動きは、株式や投資信託などの値動きと比較すると、かなり激しいといえます。 仮想通貨のなかでは安定した価格推移をしているといわれているビットコインでさえも、急激で大きな価格変動が起こることは珍しくない状況です。ただし、複数の銘柄に分散投資をしておけば、ある程度暴落のリスクを低減することは可能です。 しかし、ビットコインが暴落すると、アルトコインも含めて一気に手放して連鎖的な暴落が生じることもあります。そうなると、仮想通貨の銘柄の分散投資でもリスクをカバーできなくなりますので、他の金融商品と分散投資をするのも一つの方法です。 デメリット2:まだ価値が不安定である 仮想通貨市場はできてからの歴史が浅く、仮想通貨自体も誕生してからそれほど長い時間が経過していません。 そのため、ほかの金融商品と比較すると、仮想通貨の価値に対する評価は不安定な状態です。これまで、仮想通貨に対する期待が先行してきましたが、どの仮想通貨をみても、社会に根付いて使われるという観点からは初期段階にあります。 いずれの通貨も実用化はまだまだこれからといった段階ではありますので、このまま市場がそこまで大きくならずに進んでしまうというリスクもあります。 元手1000万円で行う仮想通貨の運用方法の例 どんな投資でも運用方法は重要です。ましてや1000万円というまとまった資金を運用するのであれば、適切な運用を行う必要があるでしょう。 そこで、貯金1000万円を投じて仮想通貨を運用する方法の事例についてご紹介します。 1. 短期で資産を増やすならトレード 1つ目の運用方法は、短期投資です。 仮想通貨の値動き激しく、短期で売買を行っても十分な利益を得られる可能性があります。しかし、すべての価格変動を正確に予測することはできず、常に価格変動状況を観察したり、情報収集したりといった手間をかけることが必要です。 手間をかける時間がある人や、トレードに多くの時間を割ける人などは、短期売買に挑戦してみてもよいでしょう。ただし、初心者は注意が必要です。 投資経験が浅い人には、短期的な価格変動について一喜一憂してしまう傾向があります。そうなると冷静な判断を行うことは難しくなります。 そのため、仮想通貨の短期売買は、時間がない人や投資の初心者には適さないといえるでしょう。 2. 長期で資産を増やすなら長期投資 2つ目の運用方法は、長期投資です。 短期的な売買で利益を出すためには、相場の動きを細かく分析して素早く判断することが求められます。それでもうまくいかない場合も多く、難易度が高い運用法です。 一方、長期投資は、始める難易度自体はそれほど高くないといえます。長期投資は、購入後比較的長期間にわたって売買することなく保有を継続する方法です。 そのため、将来的な仮想通貨価値上昇を狙っての長期保有であれば、短期的な価格変動はそこまできにする必要がありません。 また、投資資金の一部を比較的マイナーなアルトコインに投資をして、長期間経過したあとで数十倍・数百倍になった時点で売却を狙う方法も選択肢の1つです。 ただし、将来の値上がりを期待できるアルトコインを探し出すためには、ぞれぞれの通貨の特徴を把握する必要があります。 さらに、長期投資であれば、長期間保有している仮想通貨を貸し出して利用料を受け取るCoincheckの貸仮想通貨サービスを利用できることも、長期投資のメリットです。 3. 時価総額の大きい仮想通貨に分散投資 3つ目は、時価総額が大きい仮想通貨を選んで分散投資することです。 時価総額とは、仮想通貨の価値を表すもので、時価総額が大きい銘柄ほど市場からの評価は高いといえます。仮想通貨投資に伴うさまざまなリスクを回避したい場合は、時価総額が大きい銘柄を選ぶことは有効的な手段の一つです。 時価総額が大きい仮想通貨は取引量も多くなり、取引量が少ない仮想通貨よりは価格が安定するという傾向があるからです。そのため、急激な暴落によって一瞬で損が拡大するリスクを、ある程度は抑えることができるでしょう。 その反面、急激な価格上昇によって短時間で大きなリターンを得ることは難しくなります。 仮想通貨投資において注意すべきこと 仮想通貨投資にはさまざまな注意点があります。そこで、初心者が特に注意すべきポイントについていくつかご紹介します。 1. 価格の暴落に注意する 1つ目の注意点は、突然の暴落を警戒することです。仮想通貨は、ボラティリティが高く、暴落の危険と隣り合わせです。 ボラティリティとは、価格変動の大きさのことをいいます。例えば仮想通貨が分岐して新しい通貨が生まれるハードフォークが行われる場合は、大きな価格変動が生じることが多くなります。 万一価格が大きく暴落して下落トレンドが続く場合などは、いつでも投資資金を回収できるように準備しておくことが大切です。 2. 詐欺コインにだまされないようにする 2つ目の注意点は、詐欺コインをつかまないことです。 仮想通貨は、世界中に1000種類以上もあるといわれています。そのなかには、実質的には無価値である詐欺コインと呼べるものも含まれているのが実情です。 仮想通貨を規制する法律は未整備の部分もあるため、詐欺コインの存在を完全には取り締まることができず、投資家がよくわからずに購入してしまうリスクがあります。 購入しても、詐欺として立件することは難しく、損失が出ても自己責任とされる場合もあるかもしれません。そのため、マイナー通貨に投資して長期運用を目論んでいる場合は、詐欺コインを購入しないように注意することが重要です。 3. 利益には税金がかかることを知っておく 3つ目の注意点は、税金です。 仮想通貨取引で得た所得には、所得税や住民税などが課税されます。税負担が生じることを知らずに納税を怠っていると、課税逃れとみなされる可能性があるため注意が必要です。 仮想通貨で利益を得た場合は、原則として確定申告を行う必要があります。ただし、給与所得者の場合は、年間の仮想通貨利益が20万円以下であれば申告不要です。 また、課税対象は、売却益だけでなく、商品購入などの決済時に実現する利益も含まれます。売却や決済をせず、含み益の状態であれば課税対象外です。 ※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 4. セキュリティについて意識する 4つ目の注意点は、セキュリティです。 仮想通貨は、インターネット上の通貨であるため、世界中のハッカーから狙われる危険性があります。そのため、セキュリティレベルが高い取引所を利用することや、自らセキュリティ対策を行うことが大切です。 例えば、インターネット上で仮想通貨をホットウォレットで保管する場合、常時インターネットに繋がっていますので、ハッキングによって盗まれる可能性があります。 一方、オフラインで秘密鍵を保管するコールドウォレットで顧客資産を管理する場合、そのリスクが無くなります。なお、Coincheckは、顧客資産をコールドウォレットで管理している取引所です。 元手1000万円を仮想通貨で運用する方法のまとめ 1000万円という多額の資産を仮想通貨に投じる場合は、急激な価格変動に伴って大きな損失を出さないためにも投資戦略をはっきりさせておくことが重要です。 投資戦略を明確にしておけば、リスクを抑えながら資産を最大限に増やし、運用に成功できる可能性を高めることができます。 そのためには、投資を始める前に仮想通貨市場の動向を調査・分析し、適切な銘柄を得ぶ必要があります。また、しっかりと運用期間や利益目標などの計画を立てて投資に臨むことも大切です。 リスクを抑える意識を持って仮想通貨投資を始めましょう。

仮想通貨初心者のなかには、リップル(XRP)が儲かるかどうか、稼げるかどうかを知りたい人もいるかもしれません。 リップル(XRP)は、日本国内でも取引しているトレーダーが多いことが特徴的な仮想通貨です。その人気の高さなどから、今後価格が上昇する可能性を秘めている仮想通貨の一つともいえるでしょう。 また、世界的な大企業がリップル(XRP)を発行するリップル社に出資していたり、多くの企業と提携していることなどからも、リップル(XRP)への期待の高さはうかがえます。 そこでこの記事では、リップル(XRP)の特徴や、取引で儲かるのかどうか、取引する際のポイントなどについてご紹介します。 リップル(Ripple/XRP)の特徴とは? リップル(XRP)には、例えば以下のような特徴があります。 リップル(XRP)の特徴1:中央管理者の存在 リップルは、カナダのウェブ開発者であるRyan Fuggerによって、2004年に決済プロトコルとして考案されました。そんなリップル(XRP)の特徴としては、中央管理者が存在することが挙げられます。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の場合は中央に管理者が存在しておらず、複数のユーザーでシステムを管理して支えていることが特徴です。一方で、リップルはリップル社が開発した送金システムです。 リップルの通貨であるXRPの発行枚数は1000億XRPで、XRPの半数ほどはロックアップされており、リップル社も利用できない仕組みとなっています。2017年の12月8日に550億ものXRPをロックアップしましたが、2018年1月1日から毎月1日に10億XRPのロックアップ解除を行うようになりました。 これによって市場に安定的に多くのXRPが開放され、流動性が高まることが予想されています。なお、リップル社が中央管理者として一元管理しているため、承認作業が行えるノードが限られているという問題が指摘されることがあります。 しかし、リップル社はノードを拡大する方針を示しており、今後はこのような問題が解決される可能性もあるでしょう。 リップル(XRP)の特徴2:価値のインターネット 価値のインターネットとは、リップル社が提唱している考え方であり、「Internet of Value(IoV)」と呼ばれています。 これは、インターネットによって金融資産を瞬時に伝達・交換できることを目指して提唱されました。インターネットには送金機能がないため、リップル社はその欠落した機能を補い、より利便性の高い送金機能を追求するためにリップルを開発しました。 2015年10月にリップル社CTOのステファン・トーマスは、インターレジャー・プロトコル(ILP)を発表しています。これは、リップルのクロスボーダー決済と呼ばれる仕組みを発展させたシステムです。 国際送金を行いたい企業や決済サービスを提供する企業が、RippleNetというインターレジャー・ネットワークを活用することで、瞬時に国際送金することが可能になることを目指しています。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)の特徴とは? リップル(Ripple/XRP)が期待される理由は?世界中の名だたる金融機関と連携 リップル(XRP)の期待値が高い理由として、多くの世界的な金融機関と連携している点が挙げられます。 XRPはブリッジ通貨として開発され、リップル社は以前より金融機関へ提携交渉を地道に続けています。その結果として、世界各国の中央銀行とも提携することに成功しています。 2019年時点にて提携金融機関は100社以上にも上り、日本のメガバンクもXRPを実活用する動きをみせています。このような背景があることも、リップル(XRP)の将来が期待される理由の一つと言えるでしょう。 各国の銀行がリップル(Ripple/XRP)に注目する理由とは? 各国の銀行はなぜリップル(XRP)に注目するのでしょうか。その理由としてはいくつか考えられます。 各国の銀行が注目する理由1:送金スピードが速い まず、XRPは数ある仮想通貨のなかでも送金スピードが速い点が挙げられます。XRPは、わずか4秒で送金できるように設計されていることが特徴です。 銀行を通じて海外へ送金する場合は、さまざまな手続きを踏んだり、コルレス銀行と呼ばれる中継銀行を経由する必要などがあるため、送金スピードは遅くなります。そこで、リップル社の技術を利用することで、送金が素早く行えるようになる可能性があり、各国の銀行が注目していると考えられます。 銀行にとっても、現状の海外送金はコストと大きな負担がかかっています。また、送金スピードは、ユーザーへの信頼にも関わるでしょう。 そのため、銀行がリップル(XRP)の技術を利用することで、送金スピードが格段に早くなり、手数料も抑えることができる可能性があるため、メリットがあるといえます。 このXRPの送金スピードの早さは、承認者(validator)が設けられていることによって可能になっています。リップルに採用されている取引承認のシステムは、Proof of Consensus(PoS)と呼ばれており、ビットコイン(BTC)のように大量の電力などのコストを必要としないことが特徴です。 各国の銀行が注目する理由2:送金手数料が安い 世界各国の銀行がリップル(XRP)に注目する理由として、送金手数料が安い点も挙げられます。 通常では海外へ送金しようとするとさまざまな手続きが入るため、送金手数料は高くなり送金スピードも遅くなってしまうのが実情です。そんな中、リップル社の技術を利用すれば、送金が早く安くできるようになる可能性があります。 また、リップル(XRP)は他の仮想通貨と比較しても、送金手数料が安いことが特徴だといえます。中央管理者が市場に流通する通貨量を調整し管理しているがゆえに、リップル(XRP)はこのような仕組みを実現できているとも言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)のこれまでの価格動向 2014年のリップル(XRP)の価格は、1XRPあたり1円にも満たない程度でした。 2017年に日本国内のメガバンクがリップルネットワークへの参入を表明したことで、価格が上昇傾向になります。2017年3月には1XRPあたり約3円に上昇し、2017年5月にはロックアップが発表されたことで1XRPあたり50円まで価格が高騰しています。 その後、リップル(XRP)の価格が大きく変動したのは、2017年12月でした。2017年の後半にはアメックスと提携し、日韓のリップルネットワーク実験が開始したことなどをきっかけに、1XRPあたり150円前後に急騰しています。 2017年12月には仮想通貨ブームが生まれ、一時1XRPあたり400円以上まで急騰しました。この時期に「億り人」が誕生したことで、ニュースにも大きく取り上げられています。 しかしながら2018年1月に入り価格は暴落し、2018年後半には一時期は30円くらいまで価格を下げました。その後2018年12月末には、世界的な大手の仮想通貨取引所が、基軸通貨としてリップル(XRP)を採用することを決定し、一時的に価格は上昇しました。 リップル(Ripple/XRP)の取引方法 リップル(XRP)の取引をするためには、リップルを扱っている仮想通貨の取引所に口座開設をする必要があります。 Coincheckの口座開設はこちら リップル(XRP)の取引方法1:口座開設 国内大手取引所の一つであるCoincheckでは多くの仮想通貨を取り扱っており、リップル(XRP)も取引をすることが可能です。 Coincheckに口座開設するためには、メールアドレスとパスワードを登録しましょう。パスワードはセキュリティを高めるためにも、20文字以上の英数字を組み合わせて作成するのが良いでしょう。 続いて、電話番号認証を行います。その後、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像を提出し、IDセルフィーを提出します。 本人確認の審査が完了すると、Coincheckから登録した住所にハガキが発送されます。そちらのハガキを受け取ることで取引が始められます。 なお、Facebook認証でも取引所へ登録することはできますが、パスワードは別途設定する必要があるため注意しましょう。 リップル(Ripple/XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら リップル(XRP)の取引方法2:入金 リップル(XRP)で取引をするには、日本円を入金する必要があります。Coincheckでは、銀行振込・クイック入金・コンビニ入金の3通りの方法があります。 銀行振込をする場合は、Coincheckに支払う手数料はかからないことが特徴です。Coincheckの入金画面から振込先の口座番号を確認したあと、自分の銀行口座から振り込みます。 リップル(XRP)の取引方法3:購入 Coincheckなら、現物取引でのリップルの購入が可能です。 まず、ウェブサイトの「コイン購入」をクリックします。次の画面で、取り扱いのある仮想通貨の種類が表示されるため、リップル(XRP)を選択しましょう。 アカウント残高を確認したうえで、購入したいリップルの数量を入力します。数量を入力後に「購入」をクリックします。次に表示される画面で「注文が完了しました」というメッセージが表示されたら、購入は完了です。 購入完了後に取引をキャンセルことはできないため、仮想通貨の種類や数量は注文前に確認しておくようにしましょう。 リップル(XRP)の取引方法4:出金 購入したリップル(XRP)は、タイミングを見計らって売却することで、儲かる可能性があります。出金するためには、ウェブサイトから出金申請をしましょう。 日本円の残高がないと日本円出金ができないため、その場合は保有している仮想通貨を売却する必要があります。そうして日本円の残高を確認したうえで「日本円を出金する」のページから出金します。 すでに登録してある銀行口座に振り込む際には「この銀行口座に振り込む」をクリックし、新しい銀行口座を登録する際には「新しい口座を登録する」をクリックしましょう。 振込先の口座内容を確認したうえで、出金額を入力し「出金申請をする」を選択します。出金にかかる手数料はCoincheckの場合は金額にかかわらず一律407円です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 リップル(Ripple/XRP)を取引するコツとは? そんなリップル(XRP)を取引するコツには、例えば以下が挙げられます。 取引のコツ1:余剰資金で行う リップル(XRP)の取引を行うコツとしては、まず余剰資金で行うことが大切です。リップル(XRP)は、急上昇と暴落を経験している仮想通貨です。 今後も、ハイリスク・ハイリターンな投資となる可能性は高いでしょう。そのため、必要な生活費をリップル(XRP)の取引につぎこんでしまった場合、大きな損失が出たときに生活できなくなってしまうケースがあります。 気持ちの余裕をなくさないためにも、リップル(XRP)の取引は余剰資金で行うことが大切です。余剰資金の額は、人それぞれ異なります。 自身の収入や貯金額、家族構成などを踏まえて、余裕をもって投資できる金額が余剰資金だといえるでしょう。損失を被っても生活に影響のでない貯金額を確保しておくことも、投資をするうえで重要なポイントです。 取引のコツ2:短期トレードだけでなく長期保有も検討する 続いて、長期での取引を検討する点も挙げられます。 仮想通貨初心者が短期トレードで一気に稼ごうとした場合でも、取引やチャート分析に慣れていないうちは損失を出す可能性が高いといえます。 リップル(XRP)に限らず、仮想通貨は価格が乱降下しやすいことが特徴です。チャートの価格に振り回されないためにも、長期的に余裕を持って取引をするのも一つの方法と言えるでしょう。 取引のコツ3:チャートを勉強する 最後に、大きな損失を出さないためにも、チャートを読めるようにしておくことも大切だといえます。Coincheckでは線チャートとローソク足チャートがあるため、時間軸を変えながらさまざまな見方を試してみましょう。 ローソク足チャートの見方は、縦軸が価格であり横軸が期間です。Coincheckのスマホ版は簡易チャートであるため、仮想通貨初心者でも見やすいことが特徴です。 スマホ版のチャートからは、対象コインの価格やレートと期間などを一目で確認することができます。折れ線チャートでは様々な種類の通貨ペアが表示可能であり、1日・1週間・1カ月・1年の4種類の表示期間があります。 簡易チャートは長期的にも価格がみやすいため、詳細なテクニカル分析などを行わない初心者や、長期保有したいトレーダーには利用しやすいでしょう。 儲かるためには情報収集やチャート分析も活用を リップル(XRP)で儲かるためには、ニュースなどの情報収集能力やチャートの分析能力、売買のタイミングを読むスキルなどがポイントとなるでしょう。また、取引をする上では、他のトレーダーの動向や、価格の乱降下に左右されないメンタルの強さも必要でしょう。 リップル(XRP)は多くの企業と提携していることもあり、世界中のトレーダーからも注目を集めています。2018年には一旦価格は落ちつきましたが、再び価格が上昇する可能性も秘めている仮想通貨だといえます。 価格が高騰してしまう前の安い時に購入し、価格が上昇して高い時に売却することが、仮想通貨で儲かるためには大切なポイントです。損失を出さないためにも、リップル(XRP)の基本的な特性や、取引所の利用方法などは知っておくことが大切です。 あらかじめ勉強しておくことでスムーズにリップル(XRP)を取引することができ、売買のタイミングを損なうことなく購入や送金などを行える可能性が高まります。しっかりと知識を得て、納得のいく取引をするようにしましょう。

仮想通貨初心者は、ビットコイン投資をどのように始めたら良いのかや、どんな特徴やメリット、リスクなどがあるのか気になる人もいるでしょう。 取引を開始する前にビットコイン投資の特徴を知ることで、リスクを減らすことができます。また、取引のタイミングを逃さないためにも、ビットコイン(BTC)の取引方法をあらかじめ理解しておくことでスムーズに取引が行えるようになります。 そこでこちらの記事ではビットコイン投資に興味がある人を対象に、ビットコイン投資の始め方から初心者向けに簡単に解説します。 ビットコイン投資の始め方(やり方) ビットコイン投資を始めるには、まずは仮想通貨の取引所に口座開設が必要です。 金融庁登録済の仮想通貨交換業者であるCoincheckには、メールアドレスでアカウント登録が簡単に可能です。 その後にSMS認証、本人確認書類の画像やIDセルフィーの提出などを行い、後日自宅に届くハガキを受け取ると、Coincheckの全ての機能が利用できるようになります。 Coincheckの口座開設はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ビットコイン投資の方法 ビットコイン投資の方法には、例えば以下の2種類が挙げられます。 ビットコイン投資の方法1:現物取引 ビットコイン投資には、現在価格で売買する現物取引という取引方法があります。 例えば、5万円で売りに出ているビットコイン(BTC)を買う場合は、5万円出すことでビットコイン(BTC)を購入できます。現物取引は、スーパーマーケットなどで商品を買うために現金を支払い、品物を受け取ることに似ています。 現物取引でビットコイン(BTC)を購入することで、そのビットコイン(BTC)は自身のものとなり、送金することや買い物での支払いに利用することなどもできるようになります。 ビットコイン投資の方法2:レバレッジ取引 続いて、現物取引のほかに、レバレッジ取引と呼ばれる取引方法もあります。レバレッジ取引は、現物取引と比較して、ハイリスク・ハイリターンな取引です。 ※現在、Coincheckではレバレッジ取引は一時停止中です。 ビットコインのレバレッジ取引は、レバレッジを効かせることで、保有している金額よりも大きな金額の取引ができます。売り注文から取引を行うことができるため、相場が下がっている時にも利益を出せることが特徴だと言えます。 ハイリスク・ハイリターンな投資であることがレバレッジ取引の特徴であるため、仮想通貨初心者の場合は、まずは現物取引に十分慣れてからレバレッジ取引をすると良いでしょう。 レバレッジ取引をするためには、まず日本円を入金しておく必要があります。入金後は、ビットコイン取引所から新規注文をします。必要な証拠金やレバレッジ倍率を確認してから取引を行うようにしましょう。 確認後は、損益を確定させるために決済注文します。決済が完了することで「決済済みのポジション」が表示され、利益は確定します。 なお、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引は、証拠金維持率が100%以下では注文をすることはできないため、取引前に確認するようにしましょう。証拠金維持率が50%を下回った場合には、強制決済されるロスカットが行われます。 この際に損失が出たとしても、保証などはないため注意しましょう。 ビットコイン投資の特徴 続いて、ビットコイン投資の特徴についてご紹介します。 ビットコイン投資の特徴1:値動き幅 ビットコイン投資の特徴として、FXや株などと比較して値動き幅が大きい点が挙げられます。 ビットコイン(BTC)の値動き幅が大きいときには、ビットコイン価格は1日で数十%ほど上昇したり下落したりします。市場参加者数やビットコイン取引量がまだまだ少ないこと、株式市場のようなストップ高・ストップ安がないことなどが、値動き幅を大きくする原因だと言えます。 そのため、高騰時と暴落時の落差が激しいことが、ビットコイン(BTC)の値動き幅の特徴だと言えるでしょう。仮想通貨初心者はこの値動き幅に左右されやすく、長期保有していられず利益を出すことが難しいこともあります。 ただし、値動き幅が大きいことは、膨大なリターンを得られるチャンスでもあります。2017年10月にはビットコイン(BTC)は50万円前後の値動きでしたが、12月には価格が200万円を突破しました。 わずか2カ月間で4倍以上も高騰したことで、ビットコイン(BTC)は世界中のトレーダーからも大きな注目を集めました。日本での仮想通貨元年と呼ばれた2017年は、短期間で膨大な利益を出した「億り人」と呼ばれる人が誕生した年でもあります。 このような値動きの激しさによって、ハイリスク・ハイリターンの投資の一つとして、ビットコイン(BTC)はトレーダーのあいだにも浸透していきました。 ビットコイン投資の特徴2:少額投資 また、ビットコイン投資は、少額から投資ができるという特徴があります。 Coincheckなら0.001BTCから購入可能であり、500円から取引ができます。そのため、仮想通貨初心者でも参入しやすい投資だと言えるでしょう。 取引方法がわからない人でも、少額から投資を始めて、取引をしながら慣れることも可能です。少額で投資可能ということは、投資に失敗した場合でもローリスクで済むということです。 株式投資の場合は、基本的に数万~数十万からの取引になることが多く、ある程度の余剰資金を有していないと投資が難しいケースもあります。また、株式の信用取引やFXなどは、投資に失敗した際の負債が高額になるケースがあることがデメリットだと言えるでしょう。 ビットコイン投資は少額でも始められることから、若者から高齢者まで幅広い世代の人に利用されている投資だとも言えます。 ビットコイン投資の特徴3:手数料 ビットコイン投資の特徴として、株式投資などと比較して手数料が安い傾向にあることが挙げられます。 例えば株式投資では、約定金額が10万円の場合は証券会社に支払う手数料が数十円〜数百円くらいかかりますが、ビットコイン投資の場合は手数料がかからない場合もあります。 また、ビットコイン投資ができる仮想通貨の取引所は、口座作成手数料や口座維持手数料なども基本的に無料です。そのため、仮想通貨取引所の口座は、仮想通貨初心者でも気軽に開設できると言えるでしょう。 なお、ビットコインとそれ以外の仮想通貨によって取引手数料が異なるケースもあるため、その点には注意しましょう。 ビットコイン投資の特徴4:送金できる ビットコイン投資の特徴として、現物取引でビットコインを購入した場合、他の人に送金できるという点が挙げられます。 例えば、銀行間で送金を行う際には、銀行を通して行うため取引にタイムラグが発生するケースもあります。金額によっては数百円の手数料がかかることもあり、送金にも時間がかかります。 一方、ビットコイン(BTC)の場合は、個人間で直接送金ができるため基本的に手数料が安く、送金速度も速いという利点があります。また、送金手数料を多めに支払うことで、優先的に承認作業を行ってもらえるケースもあります。 ビットコイン投資のメリット ここまでで特徴についてご紹介しましたが、ビットコイン投資のメリットには何があるのでしょうか。 投資のメリット1:希少性 ビットコイン(BTC)は発行上限数が2,100万枚と定められており、発行数が上限に達するのは2140年頃とされています。 ビットコイン(BTC)の供給量はコンピュータのアルゴリズムによってあらかじめ決められているため、発行上限を増やすこともできず、偽造することもできません。 発行枚数の上限に近づくほど、希少性が高くなることがビットコイン(BTC)の特徴だと言えるでしょう。希少性が高くなることで価値も上がるため、ビットコイン(BTC)の価格も上昇する可能性はあります。 また、仮想通貨市場は未だ発展途上であり、今後将来性がある投資としても世界中から注目を集めています。2011年の初頭のビットコイン(BTC)は、1BTCが1ドル以下でしたが、2015年には数百ドルまで価格が高騰しました。 このような需要に伴い、以前よりも世界中でビットコイン支払いができる店舗は増えている傾向です。希少性と将来性を併せ持つビットコイン(BTC)は、今後も価格の高騰が起こる可能性はあるでしょう。 投資のメリット2:安全性 ビットコイン(BTC)には、ブロックチェーン技術やプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼ばれる仕組みが導入されており、こららによってビットコインシステムの安全性は担保されています。 ブロックチェーンは不可逆的な1本の鎖のようなものであり、ビットコイン取引の記録が記載されたデータが鎖のようにつながれています。ブロックは、約10分で新しいブロックが生成される仕組みです。 ブロックチェーンは誰もが見ることができるよう全世界に公開されており、不正が起きないようになっています。不特定多数のユーザーがデータを分散共有し監視し合っている状態なため、不正をするには全てのデータを改ざんすることが必要です。 そのため、実質的には取引の改ざんが不可能であるため、ビットコインシステムは安全性が高いといわれています。 詳しくはこちら:仮想通貨のPoWとは?仕組みや種類・代表例なども紹介 投資のメリット3:資産の分散 ビットコイン(BTC)は、P2P (ピアツーピア)技術が利用されており、中央機関による管理を必要としない仮想通貨です。ビットコイン(BTC)の価値は世界共通であるため、どの国でも利用することが可能です。 また、国家が財政破綻しそうになったときには、資産の逃避先としてビットコイン(BTC)が利用されることもあります。実際に過去に通貨危機が起こった際に、資産の逃避先としてビットコイン(BTC) が選ばれたこともありました。 つまり、国家破綻のリスクヘッジになることも、ビットコイン(BTC)のメリットと言えるでしょう。どこかの国が財政破綻しそうになった際には、その国の人々がビットコイン(BTC)を資産の避難先にすることもありえるため、その際にはビットコイン価格が高騰する可能性もあるでしょう。 ビットコイン投資のリスク 投資にはリスクがつきものですが、ビットコイン投資にもリスクはあります。 投資のリスク1:ハッキングリスク ビットコインシステム自体はブロックチェーン技術などによって安全性が保たれていますが、売買ができる取引所にハッキングリスクが完全にないわけではありません。 実際に、2014年2月には大手取引所のマウントゴックス社がハッキングされたことが原因で、ビットコイン(BTC)を多額に奪われ破産しました。2018年5月には、モナコインのブロックチェーンがハッキングによって攻撃を受けています。 ハッカーは、水面下でブロックチェーンのブロックを大量につなぎ合わせ、既存のチェーンにこれをつなげました。不当な取引記録を記したチェーンを利用し、仮想通貨をだまし取ったといわれています。 この事件で、海外の業者が約1,000万円の被害を受けました。このようなハッキングリスクがあるため、日本国内の取引所ではセキュリティを高めるなど対策を講じる取引所が増えています。 そのため、このようなハッキングリスクを考慮したうえで、仮想通貨初心者は余剰資金内でビットコイン投資をすることが大切です。 投資のリスク2:保証がない ビットコイン(BTC)は管理している中央集権や機関がないため、保証がないとも言えます。 株やFXでは、信託保全のような保証が行き渡っています。信託保全とは、顧客の資産とFX会社の運営資金が完全に分離されており、顧客の資産は守られていることを意味します。 ビットコイン(BTC)には、このような制度が行き渡っていない部分もあり、ハッキング被害や取引所の倒産などが起きた場合には、ビットコイン(BTC)が戻ってくる保証がないというリスクが挙げられるでしょう。 世界各国で仮想通貨のハッキング被害は発生しているため、二段階認証を設定したり、ウォレットを利用して資産を分散管理したりするなど、自身で行えるセキュリティを設定しておく必要があります。 また、管理者がおらず保証がないということは、ビットコインの価値は、ある意味ではビットコイン所有者全員が保証していると捉えることもでき、第三者がビットコイン価格を操作することは不可能とも言えるでしょう。 初めての仮想通貨取引をビットコイン(Bitcoin/BTC)から ビットコイン(BTC)は、仮想通貨市場のなかでも基軸となる通貨であり、取引量が多いことが特徴的です。 また、国境を越えて利用できることがビットコイン(BTC)のメリットであり、今後市場で更なる拡大を見せる可能性も秘めています。仮想通貨初心者は、取引を始める前にビットコイン(BTC)の特性や投資のメリット・デメリットなどを理解することで、リスクを抑えることができるでしょう。 2017年4月には改正資金決済法が可決され、日本国内でも買い物でビットコイン(BTC)が利用できるようになる場所が徐々に増えつつあります。これから初めて仮想通貨取引を行う方は、まずはビットコイン(BTC)から始めてみてはいかがでしょうか。

2019-03-14仮想通貨の取引

仮想通貨でこれから投資を始めたい仮想通貨初心者は、資産を集中して投資した方が大きな利益を得られると考える人もいるでしょう。しかし、1種類の仮想通貨に集中して投資した場合、ハイリスク・ハイリターンの投資になるといえます。 仮想通貨初心者は、大きなリスクを負わないためにも、集中投資と分散投資の特徴を理解しておいた方が良いでしょう。この記事では、仮想通貨における分散投資と集中投資のメリットやデメリットなどをわかりやすく解説します。 仮想通貨の分散投資のメリット 分散投資のメリット1:リスク分散 分散投資のメリットとして、まずはリスク分散ができる点が挙げられます。 仮想通貨での取引は、価格変動リスクなどがあります。バブル相場の場合はどの仮想通貨に投資しても利益が得やすくなりますが、下げ相場になった場合は1日で数十%以上暴落するケースもあります。 そこで、仮想通貨に分散投資をすることで、投資をするうえで起こりうるリスクを低減できることがあります。例えば一つの仮想通貨で損失が出た場合でも、分散投資をすることで他の仮想通貨の利益で損失をカバーできたりと、損失を最小限に抑えられる可能性があります。 投資において「卵は1つのかごに盛るな」という名言があるように、1つの銘柄だけではなく複数の銘柄に投資することでリスクを抑えられる可能性が高まります。 さらに、自然災害やテロなどの避けられない事象などは、株式市場だけでなく仮想通貨市場にも打撃を与える恐れがあります。長期間にわたって資産を運用したい人は、そのようなリスクを避ける上でも、仮想通貨以外の金融アセットに分散投資をすることも有効と言えるでしょう。 分散投資のメリット2:売買タイミングをあまり気にしなくて良い また、分散投資のメリットとして、売買タイミングをあまり気にしなくて良い点も挙げられます。 仮想通貨の投資で利益を出すには、売買のタイミングが大切です。特に、短期トレードの場合は、売買のタイミングを間違えると損失が出てしまう場合もあります。 分散投資では様々な仮想通貨に投資を行うため、売買タイミングをあまり気にせず、長期的な取引が可能となります。相場全体の値動きに左右されることなく、自身のペースに合わせて売買することができるでしょう。 一方、集中投資の場合は大きな利益を求めた結果、売買のタイミングを失敗してしまうケースもあるでしょう。そこまでハイリスク・ハイリターンの投資をしたくない方は、リスクもある程度ヘッジできる分散投資の方が利益を得やすくなるかもしれません。 仮想通貨の分散投資のデメリット 分散投資のデメリット1:短期取引が難しい 分散投資のデメリットとして、短期取引が難しい点が挙げられます。 分散投資で短期取引をしようとすると複数のチャートを同時に読み、タイミングを逃さずにそれぞれの銘柄を売買する必要があります。チャートを読むことは、仮想通貨初心者にとって、取引に慣れないうちは難しいと感じることもあるでしょう。 複数の仮想通貨の取引において、同時にベストなパフォーマンスを出すのは取引に慣れているトレーダーでも難易度が高いといえます。また、分散投資はポジション管理に手間がかかるため、短期取引することが難しくなるともいえます。 また、仮想通貨初心者の場合は多くの銘柄に投資をする際、それだけ投資や仮想通貨に関して勉強する量も多くなるでしょう。複数の仮想通貨について勉強をしていたり売買を迷ったりしている間に、売買のタイミングを逃してしまうこともあるかもしれません。 さらに、デイトレードなどの1日の値動きで損益を出す投資を行う場合は、分散投資をしているとチャートから目が離せなくなってしまうこともあるでしょう。そのため、分散投資で短期取引をすることは、精神的にも体力的にも負担になる可能性があります。 分散投資のデメリット2:集中投資よりはリターンが小さくなる 分散投資のデメリットとして、リスクを減らせる一方で、集中投資よりは得られるリターンが小さくなる傾向にあることが挙げられます。 分散投資をすると、1つ1つの銘柄に対する取引額が小さくなります。そのため、投資した銘柄が高騰した場合でも、リターンは集中投資よりは小さくなることが特徴です。 また、他の投資をしている銘柄で利益を得られている場合でも、自身が投資している銘柄のうちの1つが大きく暴落した場合、得られる利益がなくなってしまうケースもあります。 なお、日本では仮想通貨の取引は、金融庁登録済の仮想通貨の取引所で行えます。仮想通貨の取引所によって取り扱い通貨数は異なりますので、分散投資を検討されている方は、多くの仮想通貨を取り扱っている取引所を利用されるのが良いでしょう。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 仮想通貨の集中投資のメリットとデメリット 集中投資のメリット:利益が大きい 集中投資のメリットとして、うまく投資が成功すれば、利益が大きくなりやすい点が挙げられます。集中投資の場合は分散投資よりも1回の取引額が大きくなりやすいため、投資した銘柄が暴騰した場合に大きな利益が出せる可能性もあります。 また、分散投資に比べて管理が楽なことが特徴であり、1つの取引に集中しやすいといえるでしょう。仮想通貨初心者で取引に自信がない場合は、少額を1つの銘柄に集中投資するのも良いでしょう。 上級者のトレーダーの中には、短期間のうちに集中投資することで、膨大な利益を得られるケースもあります。リーマンショックが起きた時など、株価が割安になった際に集中投資をしたトレーダーは、膨大な利益を獲得したことで有名です。 さらに、多額の資金を1銘柄に集中投資することで、値上がりの幅が小さい場合でも大きな利益を得られるケースもあります。 集中投資のデメリット:損益が大きい 集中投資のデメリットとして、ハイリスク・ハイリターンな方法であるため、損益が大きくなりやすい点が挙げられます。 投資した銘柄が高騰した際には利益が大きくなる投資方法である反面、投資した銘柄が暴落した際には多額の資産を失う可能性もあるでしょう。そのため、仮想通貨初心者にとって集中投資は高騰する銘柄の見極めが難しく、ハードルが高い投資方法だといえます。 また、損益が大きくならないよう、余剰資金の範囲内で取引をすることも大切です。余剰資金内で損益がでた場合は、精神的にも余裕を持って取引できるというメリットがあります。 仮想通貨の分散投資の方法の種類 分散投資の方法1:資産を分散 分散投資の方法として、仮想通貨以外にも資産を分散するやり方があります。 仮想通貨以外にも、例えば株や債券、投資信託など、複数の金融アセットに資産を分散させる方法です。複数の投資に分散させることで、万が一仮想通貨市場全体が暴落した場合でも、資産を守ることができます。 例えば仮想通貨でハイリターンを狙い、債券でローリターンを狙うなどの方法でリスクを分散させるのも良いでしょう。 また、多くの投資に資産を分散させる場合、パフォーマンスがあまり良くない投資対象を選定しないように注意が必要です。自身で銘柄を選ぶ際には、投資における明確な基準を設け、慎重に選定するようにしましょう。 海外の米国株式などに投資する際には事前に勉強しておくなど、投資する際により慎重になる必要があります。世界各国の投資対象に分散投資することで、万が一国家破綻したときなどのリスクヘッジにもなるでしょう。 分散投資の方法2:時間を分散 分散投資の方法として、購入時間を分散させる方法があります。 仮想通貨の値動きが激しく、この先どうなるのか予測がつきにくい場合に時間を分散させることが有効になります。仮想通貨初心者が多額の資金で安値を掴むことは、難しいかもしれません。 そのため、例えば100万円を投資しようと考えた場合には、1カ月で資金を割り、毎日少しずつ購入したり、4回に分けて25万円ずつ購入したりします。このように、タイミングを少しずつずらして仮想通貨を売買することで、チャートの読みが外れたときのリスクヘッジとなります。 仮想通貨の価格が暴落した際でも、投資している資産を全て出金するのではなく、チャートの様子をみながら少しずつ出金する方法もあります。売買のタイミングを分散させることで、賢い投資ができるようになる場合もあります。 分散投資の方法3:通貨を分散 分散投資の方法として、通貨を分散する方法があります。 1つの仮想通貨に集中投資した場合、その通貨が暴落したときに損益をだしやすいことが特徴だといえます。複数の仮想通貨に資産を分散させて取引をすることで、そのうちの1つで損失が出たとしても、損失を抑えられる可能性があります。 購入する仮想通貨の選び方:チャートをチェックする方法 購入する仮想通貨の選び方として、チャートをチェックする方法があります。 チャートの見方や値動きの傾向、その通貨の過去の値動きなどを勉強し、値動きの予測を立てられるようにしておくのも良いでしょう。 その上で、今後値上がりが期待できそうな仮想通貨や、値下がりが予想される通貨を予測して選定することが大切です。チャートの予測が立てられるようになることで、新しい種類の仮想通貨にも売買のタイミングを逃さずに投資できるようになります。 チャートでは、ローソク足やテクニカル指標などを理解する必要があります。下降傾向のときに仮想通貨を購入して逆張りを狙う手法もありますが、初心者の場合はそのまま損失を出してしまうケースも多くあるため注意しましょう。 他にも、マルチタイムと呼ばれる複数の時間足でチャートを確認する方法もあります。仮想通貨初心者は、取引をするなかで徐々にチャートの見方に慣れると良いでしょう。 仮想通貨の分散投資の事例やコツは? 分散投資の方法例1:ビットコイン(BTC)を取り入れる 分散投資の事例として、例えばビットコイン(BTC)をポートフォリオに多く含める方法があります。 ビットコイン(BTC)は時価総額1位の通貨であり、他の仮想通貨と比較すると価格が割と安定しており、日本国内の多くの取引所でも取り扱いがあるため、利用しやすい仮想通貨だからです。 更に、ビットコイン(BTC)は仮想通貨の基軸通貨であり、多くのアルトコインはビットコイン(BTC)の値動きに影響されていますので、そういった面でもビットコインをポートフォリオに加えて値動きを把握することは役立つ可能性があります。 ビットコイン(BTC)は、取引時間に制限がなく土日でも取引が可能です。ただし、ハッキングなどに対する国からの保証はないため、ビットコイン(BTC)の投資は全て自己責任になることを心得ておく必要があります。 分散投資の方法例2:時価総額上位のアルトコイン 分散投資の方法例として、例えば時価総額上位のアルトコインを選ぶ方法も挙げられます。 長年時価総額が上位のアルトコインであれば、時価総額が低いアルトコインよりも価格が安定している傾向があり、流動性も高いからです。ただし、時価総額上位といってもビットコイン(BTC)よりも価格が低いため、購入後にビットコイン(BTC)よりも高騰する可能性もあります。 2019年2月末時点で時価総額上位のアルトコインでは、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などが有名です。それぞれのアルトコインの特性を理解したうえで、値上がりの期待値を考えると良いでしょう。 詳しくはこちら:リップル(XRP)の特徴とは? 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? 分散投資で損失のリスクを抑えよう 仮想通貨投資で少しでも損失のリスクを抑えたい場合は、分散投資は有効な投資手法の一つと言えるでしょう。仮想通貨は発展途上な市場であるため伸びしろも大きいですが、市場全体が暴落する可能性もあります。 2017年に多く誕生したような「億り人」のように、短期間で巨額の利益を得られるトレーダーはごく僅かであるとも心得ておく必要があります。 堅実に利益を得たい方は、仮想通貨のなかでもさまざまな種類の銘柄に投資したり、仮想通貨以外の株や投資信託、債券などにも分散投資をしたりするのも良いでしょう。 分散投資をする他にも、世界各国の仮想通貨に関する動向も敏感に察知する必要があります。分散投資や集中投資のメリットとデメリットを理解したうえで、仮想通貨の取引を始めてみましょう。

2019-03-05仮想通貨の取引

仮想通貨は、1単位あたりの価格が需要と供給によって変動することが特徴です。 1単位あたりの価格を見てみると、数円のものもあれば、数万円以上の価格がついている通貨もあります。そのため、投資するには多額の資金が必要になると感じる人もいるでしょう。 しかし、実際には多額の資金がなくても、Coincheckでは取り扱いの全ての仮想通貨が500円から取引可能です。 また、投資にあたっては、取引手法を理解しておくことも重要です。そこで、仮想通貨投資はいくらから始められるのか、どうやって取引すればよいのかなどについて解説します。 仮想通貨はいくらから購入できる? 仮想通貨投資を始めるにあたっては、いくらから投資できるのかを知っておくことが必要です。仮想通貨には数多くの種類があり、それぞれの通貨ごとに通貨単位が決まっています。 仮想通貨は小数点以下の単位で購入可能 しかし、仮想通貨を購入する場合は、小数点以下の単位で購入することも可能です。ただし、取引所を利用して購入する場合は、それぞれの取引所が定める最小取引単位で取引することになります。 また、仮想通貨によっても最小取引単位は異なる仕組みです。最小取引単位は取引所ごとに異なるため、自分が口座を開設した取引所の最低取引単位を確認しておきましょう。 Coincheckでは500円から購入可能 たとえば、Coincheckである仮想通貨を購入する場合、取引所での取引最小単位は0.005通貨単位以上で、かつ500円相当額以上とされています。販売所で取引する場合は、0.001通貨単位以上、かつ500円相当額以上です。 ビットコイン(BTC)以外の通貨の場合は、ビットコイン(BTC)との交換レートで計算したビットコイン(BTC)の価格相当以上、かつ500円以上であることが求められます。イメージとしては、約500円から購入できると理解しておけばよいでしょう。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 利益を出すための投資金額の目安 ただし、500円だけ投資をして多額の利益を狙うことは難しいでしょう。 それでは、一定の利益を確保したいと考えている場合は、どの程度の資金を用意すればよいのか気になるでしょう。投資金額を増やせば、それに伴って得られる可能性がある利益も大きくなります。 一般的に、株式投資を始めるときに用意する金額は、10万円程度とされることが多いです。仮想通貨投資の場合は、500円程度あれば投資を始められます。しかし、500円の投資で10%の利益が得られたとしても、利益額は50円です。投資額が少なすぎると、利益を出しにくくなります。 レバレッジ取引を利用すれば、少額でも多額の利益を出せる可能性を広げられます。レバレッジ取引とは、自己資金を担保として取引所に預け、その何倍もの金額の取引ができる手法です。 10倍のレバレッジをかけて取引すれば、10%価格が変動するだけで、担保として預けた自己資金と同額の利益を手にできます。しかし、損をした場合のリスクも大きくなることに注意が必要です。 ※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 ビットコイン(BTC)の単位 仮想通貨は、すでに千を超える種類が発行されています。なかでも知名度が高い仮想通貨は、ビットコイン(BTC)です。 ビットコイン(BTC)は、最初に登場した通貨で、元祖仮想通貨ともいわれています。仮想通貨投資を行う場合は、ビットコイン(BTC)を投資対象に入れているケースが多いです。 ビットコイン(BTC)の単位は、BTCと表記します。ビットコインシステムは、1BTCをさらに分割して取引することを認めている仕様です。ただし、分割できる限界は0.00000001BTCで、この数値は1Satoshi(サトシ)と呼ばれています。 ビットコイン(BTC)は、サトシ・ナカモトと称する者が考案者です。日本人の名前のようですが、国籍や性別、個人か団体かなど詳細は不明とされています。 ビットコインシステムの論文の発表者がサトシ・ナカモトと名乗ったため、名前だけはわかっているのです。1Satoshiは、サトシ・ナカモトの名前をとってつけられました。 ビットコイン(BTC)の最低取引単位 仮想通貨投資を始める初心者は、知名度の高いビットコイン(BTC)から始めるケースが多いです。 また、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨取引を行う場合、ビットコイン(BTC)を介して売買するケースもあります。そのため、仮想通貨取引を始めるにあたっては、ビットコイン(BTC)の最小取引単位を認識しておくことが必要です。 Coincheckでは、ビットコイン(BTC)を取り扱っています。 販売所 ビットコイン販売所では、Coincheckを相手に取引を行うことになります。 そのため、購入価格はCoincheckが提示した価格で行うことが必要です。販売所でビットコイン(BTC)を購入する場合の最小取引単位は、0.001BTC以上、かつ日本円で500円相当額以上とされています。 取引所 また、ビットコイン(BTC)は、取引所で購入することも可能です。取引所では、不特定多数の投資家同士で売買を行います。 自分が希望する価格で注文が出せる一方で、取引に慣れていないと初心者には操作が難しい面があります。取引所で売買を行う場合の最小取引単位は0.005BTC以上、かつ、日本円で500円相当額以上です。 仮想通貨の取引で利益を出す手法 仮想通貨取引で利益を出す手法は、複数あります。 それぞれの手法の特徴を理解して、自分に適した方法を見つけることが大切です。また、相場の状況によって使い分けることも必要になるでしょう。 利益を出す手法1:長期保有 1つ目の手法は、長期保有です。 文字通り、購入してから長い期間保有を続けることで、その間の価格変動分の利益を狙います。長期間保有を続けることによって、価格が大きく変動する可能性が出てきます。 予想した方向に価格が変動すれば、大きな利益を手にできる可能性があることがメリットです。ただし、売り時を見誤ると相場は反転して損失が生じるリスクもあります。 価格がいくらになったら売るという、売却目標ラインをあらかじめ決めておくのもよいでしょう。目標価格を決めておけば、日々の細かい価格変動に悩まされずに済みます。 また、売却価格だけでなく、いくらまで下がったら損失を確定して売却するという損切りラインの設定も重要です。 利益を出す手法2:スキャルピング 2つ目の手法は、スキャルピングと呼ばれる方法です。 スキャルピングのスキャルは、骸骨という意味があります。原始時代には、狩りで得られた獲物の骸骨から薄皮を剥ぐという行為が行われており、そこから名づけられた名称です。 1回ごとの取引からの利益は少額でも、何度も取引を繰り返して利益を積み上げる投資手法です。薄い利益を狙う行為が骸骨から薄皮を剥ぐことと似ているため、スキャルピングと呼ばれるようになりました。 数秒から数分の単位で売買を繰り返して少額の利益を狙うことが、スキャルピング取引の特徴です。短い期間で利益を確定していくため、利益が得られる可能性は高くなります。 その反面、1回の取引では少額の利益しか得られないため、一定額の利益を確保するには大量の取引を繰り返していくことが必要です。取引手数料がかかる場合は、取引回数分のコストがかかるというデメリットがあります。また、一瞬で売買判断を行うスキルも求められる手法です。 利益を出す手法3:デイトレード 利益を出す3つ目の手法は、デイトレードです。 デイトレードのデイは1日を表します。1日単位で取引を完結させる取引手法です。ただし、取引回数は1日1回とは限らず、数回から数十回繰り返すこともあります。 デイトレードの特徴は、購入と売却の取引を1日の範囲内で完結させ、翌日にポジションを持ち越さないことです。 ポジションとは、購入が先の場合、購入後の通貨をそのまま保有して売り待ちの状態のことです。売りが先の場合は、買い戻し待ちの状態のことをいいます。購入した状態を買いポジション、売っている状態を売りポジションといいます。 デイトレードを行う場合は、常に相場の動向をもモニターしておく必要があります。急な価格変動に対応するためです。 そのため、デイトレードを行っている間は気を抜けないことがデメリットです。ただし、翌日にポジションを持ち越すことがないため、睡眠中の値動きを心配せず安心して眠れるなどのメリットがあります。 利益を出す手法4:ポジショントレード(スイングトレード) 4つ目の投資手法は、ポジショントレードと呼ばれる手法で、スイングトレードと呼ばれることもあります。 ポジショントレードを行う場合は、短期的な値動きに注目するのではなく、数週間から数カ月単位での相場のトレンドに注目します。 結果的には、年に数回取引するだけにとどまることもあるでしょう。トレンドとは、価格の上昇が続く、下落が続くなど相場の傾向のことです。 上昇トレンドが続くと判断した場合は、仮想通貨を購入してトレンドが止まるまで保有し続けます。トレンドが終了して反転するタイミングで売却することで、利益を狙うのです。 ポジショントレードのメリットは、取引回数を減らせることです。取引手数料を抑えながら大きな利益を確保できる可能性があります。ただし、ポジショントレードを行うためには、一定の知識が必要です。 トレンドを読むためには、価格変動をグラフにしたチャートの分析を的確に行ったりもします。また、中期的な価格変動に影響を及ぼすニュースやイベントに関する情報を収集して、分析できる能力も必要です。 そのため、ある程度の専門知識が必要になることは認識しておきましょう。 利益を出す手法5:貸仮想通貨 5つ目の投資手法は、貸仮想通貨サービスを利用する方法です。 Coincheckは、貸仮想通貨サービスを行っています。貸仮想通貨とは、すでに購入して手元にある仮想通貨を、取引所に貸し付ける取引のことです。 お金を貸した場合は、利息を受け取ることができます。それと同じように、仮想通貨を貸すことによって、一定の料率で計算した利用料を受け取ることが可能です。 貸仮想通貨を利用する場合は、貸付期間に相当する契約期間が定められます。期間が満了すれば、貸した仮想通貨は返還される仕組みです。さらに、利用料を受け取ることで利益を得られます。 利用料の計算で使われるのは、仮想通貨を貸す時点で定めた一定の料率です。貸し付けを行った仮想通貨で支払いを受けることになります。 手元にある仮想通貨を有効活用して利益が得られる手法です。仮想通貨を売買する以外にも、利益が得られる方法があることを理解しておきましょう。 利益を出す手法6:レバレッジ取引 6つ目の取引手法は、少額の資金でその何倍もの取引ができるレバレッジ取引です。レバレッジという言葉は「てこの原理」を表しています。 レバレッジ取引を利用すれば、小さな力で大きな物を動かせる「てこの原理」と同じく、少額しか投資可能資金がない状態でも、大きな金額の取引が可能です。 たとえば、1万円の自己資金がある状態で5倍のレバレッジをかけて取引を行った場合、5万円の取引が可能です。価格が10%変動するだけで、5,000円の利益を手にできます。この場合、自己資金に対する利益率は50%です。 レバレッジ取引を利用すれば、効率的に利益を狙える可能性があります。ただし、価格が予想と反対の動きになった場合、損失が多額になるリスクがあることは認識しておきましょう。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 仮想通貨取引の始め方 仮想通貨取引を始めるにあたっては、まず取引所で口座開設を行う必要があります。 Coincheckの口座開設はこちら 取引所に口座開設 口座開設にあたっては、メールアドレスを登録してアカウントを作成したうえで、個人情報の登録が必要です。 また、実際に取引を行うためには、本人確認書類の提出や、審査後に送られてくるハガキの受け取りなども行います。 日本円の入金 口座開設が完了したら、日本円を送金して開設した口座に入金することが必要です。 仮想通貨の購入にあたっては、入金した日本円を支払って購入することになります。現物取引で購入した仮想通貨は、値上がりしたあとで売却して売却益を得ることが可能です。 支払いや送金への利用 また、買い物をした場合の支払手段として利用したり、別の口座に送金したりすることもできるようになります。 ただし、買い物で利用する場合は、仮想通貨の支払いを認めている店舗でしか利用できないことに注意しましょう。 仮想通貨への投資資金の考え方 仮想通貨投資を行う場合に注意すべきポイントには、例えば以下の点が挙げられます。 1. 必ず利益が出るとは限らない 1つ目は、必ず利益が出るとは限らないことです。 投資である以上、元本保証はなく、損をする可能性があることは、認識しておきましょう。 2. 利益が出るのに時間がかかる場合もある 2つ目は、利益が得られるとしても、実現までには時間がかかる場合もあることです。 購入後すぐに予想通りの値動きが生じて、利益が得られることはあります。しかし、なかなか思った通りの値動きが実現せず、利益獲得まで長期戦になるといった覚悟も必要です。 3. 余剰資金の範囲内で行う 3つ目は、余剰資金の範囲内で投資を行うことです。 予想外の損失が生じたときに、生活費が足りなくなるようでは困ってしまいます。生活に影響がない範囲の余裕資金で、投資を行うことが重要です。 仮想通貨を少額から始めてみよう! 仮想通貨投資を始める場合は、少額の資金を投入して買ってみることから始めるのも良いでしょう。 生活に影響を与えない範囲で投資することが鉄則です。また、自分に適した投資手法を見つけて取引することも大切になります。 まずは、Coincheckに口座を開設して、少額から始めてみてはいかがでしょうか。

2019-07-18仮想通貨の取引

店舗での仮想通貨支払いを認める場合は、法人として仮想通貨取引を行う必要が生じます。また、個人投資家が法人を設立して、仮想通貨投資を継続する場合もあります。 法人が仮想通貨取引を行う場合、仮想通貨用のウォレットを利用できるのかどうか、知っておきたい経営者もいらっしゃるかもしれません。 また、ウォレットを利用するメリットなどを、正確に認識しておくことも重要です。そこで、法人口座開設のメリット・デメリットやウォレット利用のメリット、ウォレットの種類などについて解説します。 仮想通貨取引で法人口座を開設する主なメリット 法人が仮想通貨取引所の口座を開設する主なメリットは、税負担を軽減できる可能性があることです。個人口座を利用した仮想通貨取引で個人が得た所得には、雑所得として所得税や住民税が課税されます。 所得税に関しては、所得が増加すればするほど適用税率が高くなる仕組みです。そのため、利益が大きいほど税負担は重くなります。 一方、法人の仮想通貨取引所得に対して課税される法人税は、中小法人向けの特例などを除き、原則として比例税率が適用されます。 税率は一定であるため、利益が大きくなると、個人の場合よりも税負担が減ることがメリットです。 仮想通貨取引で法人口座を開設する主なデメリット 法人として仮想通貨取引所の口座を開設する主なデメリットは、逆に仮想通貨取引の利益が少額だった場合、個人で取引したときよりも税負担が増加する可能性があることです。 法人税の適用税率は比例税率となっていますが、個人課税である所得税の場合は所得に応じて税率が変動します。 所得が低い場合の所得税率と法人税率を比較すると、法人税率のほうが高くなってしまうのです。十分な利益が出せない場合は、税負担の重さが法人口座のデメリットとなります。 また、法人設立には登記費用などの一定の初期費用がかかりますので、それらのコストを差し引いてもメリットがある場合は、法人口座を開設するメリットがあると言えるでしょう。 仮想通貨取引・購入のための法人口座開設の流れはこちら Coincheckの口座開設はこちら 仮想通貨のウォレットは資産の管理に便利 法人口座で仮想通貨を取引する場合、複数のウォレットを利用するとハッキング対策などに繋がります。ウォレットとは、仮想通貨を保管しておくためのアプリケーションです。 法人として取引を行う場合、一般的には投資する資金が多くなり、多額の仮想通貨を保存することになります。そのため、安全対策には万全を期すことが重要です。 取引所にそのまま仮想通貨を保存しておくだけの場合、万一取引所がハッキングなどを受けてしまうと、保管していた仮想通貨が盗まれるリスクがあります。 そのため、ウォレットをうまく活用して、安全に仮想通貨を分散して保管することで、そのようなリスクを防ぐことができます。 仮想通貨のウォレットの種類 仮想通貨のウォレットには、いくつかの種類があります。 種類1:ペーパーウォレット 1つ目は、ペーパーウォレットです。 仮想通貨取引に必要となる秘密鍵などのデータを、紙に印刷して保管するタイプになります。紙に保存したものを復元して送金すると、その紙のデータは無効になることが特徴です。 紙の状態では使用できないため、電子データに復元する手間がかかることは認識しておきましょう。紙で保存しておけば、ハッキングされる心配はなくなります。 ただし、紙が破損したり印刷した内容が消えてしまったりすると、仮想通貨を失ってしまうことがデメリットです。 また、焼失・紛失のリスクもあります。セキュリティレベルの高いウォレットですが、保管には注意することが大切です。 種類2:ハードウェアウォレット 2つ目は、USBなどのデバイスを利用するハードウェアウォレットです。 デバイスにデータを保存する形になるため、パソコンなどから切り離せば、ネットに接続しない状態で安全に仮想通貨を保管できます。 ハッキングを受けて仮想通貨を盗まれるリスクをなくすことができるため、安心です。また、ペーパーウォレットのように、印刷したものが消えてしまうリスクも低減できます。 ただし、ハードウェアウォレットのデバイスが損傷してデータが読めなくなると、他のデバイスで復元できる場合もありますが、秘密鍵を覚えていないと仮想通貨を失ってしまうリスクがある点には注意が必要です。 また、ハードウェアウォレット自体をなくしてしまうリスクもあります。そのため保管場所や保管環境には注意が必要です。 種類3:ローカルウォレット 3つ目は、パソコン上に仮想通貨を保管するローカルウォレットです。 デスクトップウォレットと呼ばれることもあります。ローカルウォレットに仮想通貨を保管しておけば、取引所がハッキングを受けたとしても自分の仮想通貨は盗まれないことがメリットです。 また、パソコンの電源を切るなどネット接続状態を解消すれば、パソコン自体がハッキングを受けてローカルウォレットから仮想通貨を盗まれるリスクも回避できます。 主なデメリットは、パソコンがウィルス感染してしまうと、ローカルウォレットの機能を使えなくなる可能性があることです。ローカルウォレットが使用不能になれば、保管していた仮想通貨は失われてしまいます。 ローカルウォレットをインストールしたパソコンは、ウィルス対策をしっかり行っておくことが重要です。 種類4:オンラインウォレット 4つ目は、ネットワークのなかで仮想通貨を保管するオンラインウォレットです。 取引所に保管している仮想通貨も、オンラインウォレットに保管されていることになります。また、オンラインウォレットサービスを提供している業者を利用すれば、取引所とは別のオンラインウォレットを使うことも可能です。 常にネット接続されているタイプのウォレットであるため、デバイスを選ばずにアクセスできます。また、USBや紙からデータを移して使う手間がかからないこともメリットです。 ただし、ハッキングリスクがあることには注意が必要でしょう。常にネット接続されている状態で仮想通貨が保管されることになるため、使用頻度が高いぶんだけオンラインウォレットで保管するなどの工夫をするのも良いでしょう。 Coincheck(コインチェック)のウォレットとは? Coincheckで口座を開設すると、自動的にウォレットができあがる仕組みになっています。口座開設だけで簡単に自分用のウォレットを確保できることは、大きなメリットです。 Coincheckウォレットは、一般的なウォレットと同じような機能を有しており、仮想通貨用ウォレットとして十分使えます。 仮想通貨の保管はもちろん、仮想通貨の売買や日本円の入出金、仮想通貨送金や受け取りなどに利用可能です。個人であれ法人であれ、仮想通貨取引を行う場合は、ウォレットを持つことが必要になります。 Coincheckを利用すれば、ウォレット選びに悩むことなく、自動的にウォレットを確保できるます。 ウォレットで仮想通貨を安全に保管しよう 法人として仮想通貨取引を行う場合は、適切なタイプのウォレットを利用して、大切な資産を守ることが大切です。 ウォレットにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。利便性が高いウォレットはセキュリティレベルは下がる傾向にあります。 逆に、セキュリティレベルが高いウォレットを利用する場合は、取引できるようにするための処理が必要となり、手間がかかることがデメリットです。使用目的や安全性を考慮し、リスクと利便性のバランスをとりながらウォレットを使い分けるようにしましょう。

仮想通貨の1つであるファクトム(FCT)は、日本ではそこまで知名度は高くありませんが、海外の投資家などから注目されている仮想通貨の1つです。 そこで今回は、仮想通貨ファクトム(FCT)の今後の将来性や特徴、仕組みなどについて、初心者の方にも分かるように詳しく解説していきます。 ファクトム(FCT)の購入を検討されている方などは、今回の記事を参考にしてみてください。 ファクトム(Factom/FCT)の特徴は? 最初に「ファクトム」は、ビットコイン(BTC)のようなデジタル通貨(仮想通貨)そのものではありません。 2015年にアメリカ・テキサス州にあるFactom社が開発した、あらゆる電子データ(ドキュメント/書類)を記録・保管できる、分散管理型プラットフォームを「ファクトム」と言います。 多くの方が、住民票や登記簿謄本、印鑑証明などを貰うために、市役所や法務局へ出向いたことがあるかと思います。簡単にお伝えすると、「ファクトム」は、そのような面倒なことを全てなくしてくれるようなシステムです。 登記簿謄本・住民票・貸付記録・証券・保険などの重要書類を、「ファクトム」によって管理、追跡、監査することによって、第三者機関なしで証明することが可能なのです。 ブロックチェーンの強みは「取引履歴が改ざんできない」ところです。「ファクトム」はその特徴をうまく活かして、書類や記録を安全かつ確実に管理できることを目指しています。 なお、Coincheckで取引する際に用いられる、仮想通貨としての通貨名称は「ファクトイド(FCT)」と呼ばれます。 詳しくはこちら:仮想通貨ファクトム(FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ファクトイド(Factom/FCT)とEntry Credit(エントリークレジット) まず、通貨「ファクトイド(FCT)」のままでは、「ファクトム」は利用できません。 「ファクトム」には2つの通貨があります。1つめが上にも出てきました「ファクトイド(FCT)」、2つめは「Entry Credit(エントリークレジット)」です。 「Entry Credit(エントリークレジット)」は、「ファクトム」を利用するために支払う利用料としての役割があります。 そして「Factoid Chain(ファクトイド チェーン)」というチェーンで、「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」へ変換することができます。 この時、必ず「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」の順となりますので、投資目的であれば「ファクトイド(FCT)」のままで保有する必要があります。 では何故「ファクトム」は2つの通貨を設けているのでしょうか。「Entry Credit(エントリークレジット)」は、記録の入力と投票にしか使用できず、他の公開鍵に送信もできません。 ということは、ハッカーが「Entry Credit(エントリークレジット)」をハッキングしたとしても、情報を見ることはできず、売却することもできないので、盗む意味があまりなく、ハッキングの対象となりにくいのです。 また、「ファクトイド(FCT)」を保有する管理サーバーから、必要な量の「Entry Credit(エントリークレジット)」を購入することが可能なので、「ファクトイド(FCT)」の価格変動に影響される心配なしに、システムを使用することが可能なのです。 そのため「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」へ変換が必要なのは、セキュリティのためと言えるでしょう。 ファクトム(Factom/FTC)の今後の将来性は? 「ファクトム」の特性を活かしたプロジェクトが多く展開されていますが、中でも「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」と「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」という2つのプロジェクトが注目されています。 「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」と「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」とは一体どういったものなのでしょうか 1. dLoc by SMARTRAC(スマートロック)プロジェクト dLocとは「SMARTRAC(スマートロック)」いう会社と共同開発して生み出されたプロジェクトです。 バーコードやQRコードのような「dLocステッカー」を読み込むだけで、ウェブ上から書類の情報を引き出すことができます。dLocは、主に医療の分野での応用が期待されています。 今まで紙で保管されていた過去の医療履歴・アレルギーなど、オフラインのカルテ情報をブロックチェーン上に記録して医療機関で共有します。 記録した情報は「dLocステッカー」から一瞬で引き出すことができるので、出先で急病にかかってしまった場合でも的確な診断を受けることができます。 また、dLocは書類を保管するコストの削減や、作業の効率化をすることができ、「dLocステッカー」はブロックチェーンに記録されるので、改ざんや不正もされません。 dLocのような「ファクトム」のグローバルな活用が期待されています。 2. ファクトムハーモニー(Factom Harmony)プロジェクト 「ファクトム」は2017年4月に、「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」というアメリカの住宅ローンデータを、「ファクトム」で効率的に管理するプロジェクトを発表しました。 世界の土地建物といった不動産の登記情報に加え、住宅ローンの情報(データ)は毎年5兆ページという、非常に膨大なデータが積み上がっているそうです。それに加え、過去の40兆ページ分のデータが何らかの形で保存されています。 「ファクトムハーモニー」は、その情報管理の問題に目を付けました。それら膨大なデータを、ブロックチェーン上に保存し管理することにより、およそ5兆円かかるとされている管理コストを削減することができます。 事務の手間が減り、人件費が削減でき、各種手数料も安くなります。また、ブロックチェーン上に保存しているので、改ざんや漏洩のリスクも低く、安全に情報管理ができます。 アメリカの住宅ローン市場は160兆円にものぼり、そこに着目した「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」と、医療の記録管理に着目した「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」、現在「ファクトム」はこれら2つのプロジェクトを進めています。 3. 企業との提携 こういった動きに注目したビル&メリンダ・ゲイツ財団は、「ファクトム」との提携と、5000万ドルの資金提供を行うと発表しました。 2017年6月には、同じくビル&メリンダ・ゲイツ財団と手を組み、米国の住宅ローンの管理計画を始動させることが公表されました。 また、2018年11月にはソフトウェア大手の「Microsoft(マイクロソフト)」と技術提携を行うことが明らかになりました。 さらに、アメリカ不動産ローン会社「Equator社」も、ファクトム製品「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」を、住宅ローンデータの管理を行うEquator社のプラットフォーム「Equator PRO」へ統合することを発表しました。 こういった動きからわかるように、「ファクトム」は様々な企業から注目されていると言えるでしょう。 ファクトム(Factom/FCT)取り扱いの仮想通貨の取引所 仮想通貨の取引所はたくさんありますが、国内で「ファクトム(FCT)」を取り扱っているのはCoincheckのみとなります(2019年2月時点)。 また、直接日本円からファクトム(FCT)を購入することができます。Coincheckはスマホアプリが使いやすく、口座開設も簡単に行うことができます。 Coincheckの口座開設のやり方 1. アカウント登録 まずはCoincheckの公式サイトよりアカウント登録を行います。 Coincheckのアカウント登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) 本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了すれば、お客様情報を登録し、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)のアップロードを行います。 最後に「IDセルフィー」(アップロードした本人確認書類を手に持って自撮りした写真)を用意します。 4. ハガキの受け取り 本人確認が完了すると登録した住所にハガキが届きますので、そちらのハガキを受け取ると、Coincheckの全ての機能が利用できるようになります。 Coincheckでファクトム(Factom/FCT)を購入する方法 Coincheckでは、スマホアプリやインターネットから、簡単にファクトム(FCT)を購入することができます。また、日本円から直接購入することが可能です。 Coincheckに口座を開設したら、日本円を指定する口座に現金を振り込みます。それがアカウントに反映されると、ファクトム(FCT)の購入や取引が可能となります。 まずはアカウントにログインし、ウォレットに移動します。その後、「コインを買う」のページで「ファクトム(FCT)」を選び、購入数を選択します。 価格が表示されたら「OK」をクリックして、購入は完了です。 詳しくはこちら:ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説について ファクトム(Factom/FCT)についてのまとめ 他の仮想通貨とは異なる特徴がいくつもあり、ビットコイン2.0(ビットコイン(BTC)の技術を通貨以外にも応用したプロジェクト)とも呼ばれるのが「ファクトム」です。 「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」や「dLoc by SMARTRAC」のように、「ファクトム」の特徴を活かしたプロジェクトも始まっており、他にも大型予算が組まれたいくつものプロジェクトが進行しています。 今後も様々な分野の企業が、「ファクトム」の技術を使ったプロジェクトを進めていくかもしれません。

2009年にビットコイン(BTC)から始まった仮想通貨は、現在数千種類以上あると言われ、仮想通貨を売買できる取引所も世界中に数百ヶ所あると言われています。 もちろんその中から自分のお気に入りの通貨を見つけることも、仮想通貨の楽しみの一つであるでしょう。そこで今回は、日本でも人気があるアルトコインの1つである、仮想通貨のリスク(LSK)の今後の将来性や特徴などをご紹介していきます。 リスクのチャートを確認したい方は『リスクの最新リアルタイムチャートとレート情報』をご覧ください。 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは? リスク(LSK)は2016年にリリースされた仮想通貨で、開発拠点をドイツ・ベルリンに構えており、財団の本部はスイスにあります。 Liskは分散型アプリケーションプラットフォームのことで、このプラットフォームで使われる仮想通貨の名前をリスク(LSK)と呼びます。 分散型アプリケーションとは、中央管理者が存在せずユーザー同士が管理し合って成り立っているシステムであり、「Dapps(ダップス)」と呼ばれるブロックチェーンを使ったアプリケーションのことを指します。 「リスク」と聞くと、危険という意味に捉えられがちですが、危険を意味するRISKとは全く関係ないものです。 リスク(Lisk/LSK)の主な特徴は? 以下の4つが、リスク(LSK)の主な特徴です。 「スマートコントラクトが実装できる」 「サイドチェーンの採用」 「JavaScriptで開発ができる」 「DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステイク)」 1. スマートコントラクト スマートコントラクトは、あらゆる契約行動(=取引)をプログラム化し、自動的に実行しようとするものです。 スマートコントラクトの例としてよく使われるものに、自動販売機があります。普通のお店で飲み物を買う時には、「購入者が商品をレジまで持っていき、店員がレジ打ちをして料金を請求し、購入者が支払い、店員が商品とお釣りとレシートを渡す」という流れになります。 普段は意識しませんが、私達が物を買うときには上のような流れで売買契約を行っています。スマートコントラクトの考えでは、この契約をプログラムにより自動化することで、自動販売機にお金を入れてボタンを押すだけで効率的な売買が成立することになります。 スマートコントラクトは、暗号学者であるNick Szabo氏により、ビットコイン(BTC)が誕生する前に既に提唱されていました。 スマートコントラクトを最初に採用したのは、イーサリアム(ETH)という仮想通貨です。イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇るアルトコインとして有名です(2019年2月26日時点)。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? 2. JavaScriptで開発可能 コードにJavaScript(ジャバスクリプト)を採用しているのが、リスク(LSK)の大きな特徴の一つです。 JavaScript(ジャバスクリプト)はWEB業界では一般的で、扱いやすいプログラミング言語です。そのため、たくさんのエンジニアがJavaScript(ジャバスクリプト)の情報や知識を活かすことができ、リスク(LSK)の開発に気軽に携わることができます。 携わる機会の多いプログラミング言語は、今後の開発や発展に大きな影響があることでしょう。 3. サイドチェーンを採用 サイドチェーンは、メインのブロックチェーンとは別に、複数のブロックチェーンを作り、情報などを共有します。 それによってブロックチェーン全体の機能の拡張を行ったり、処理速度を向上させることができます。このブロックチェーンとは、いわば分散型台帳です。 ネットワーク上の複数のコンピューターで取引情報を共有し、検証し合いながら保管します。それによってデータ改ざんや不正取引を防ぐことができます。 リスク(LSK)では、サイドチェーンにスマートコントラクトが書けることが、大きなメリットです。バグが生じたりハッキングされたとしても、サイドチェーンだけを切り離すことで、被害拡大を迅速に防げるメリットがあります。 逆に、メインチェーン全体を大きく変更させることなく、後からでも新しい機能を組み込むことができます。 メインチェーンで全てのプログラムを動かすよりも、サイドチェーンによる複数のブロックチェーンでトランザクションやその他の情報をやり取りしたほうが、格段に処理能力が高くなるのです。 4. DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク) リスク(LSK)のマイニングの承認システムは、DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク)を採用しています。 DPoSは、リスク(LSK)所有者全員が、立候補者から代表者を選んで投票することができる、間接民主制のような承認システムです。リスク(LSK)を持っている人は、誰でもリスク(LSK)のセキュリティを高めてくれそうな人に投票することができます。 これにより予め承認者を選ぶことができるため、承認速度がとても迅速です。 なお、リスク(LSK)ではマイニングのことをForging(フォージング)、投票することをVoting(ヴォーティング)と呼んでいます。 リスク(Lisk/LSK)の今後の将来性は? 2016年にスタートしたリスク(LSK)は、2017年の上半期ではそれほど知名度は高くはなかったものの、着実に知名度は世界中で上昇しています。 大きな時価総額を誇る有名通貨と同様のシステムを持ちながら、さらにサイドチェーン搭載で強化されている点、JavaScriptで様々な知識を持つエンジニア達が開発に携われることも含め、大きくスペックの向上が期待されている通貨の一つです。 後はその開発が順調に進むかどうかなどが、今後のポイントとなってくるでしょう。 リスク(Lisk/LSK)を取り扱う仮想通貨取引所 リスク(LSK)の特徴を一通り学んだところで、今度はリスク(LSK)を取り扱っているCoincheckについてご紹介いたします。 Coincheckは2014年に仮想通貨取引サービスの提供を開始し、現在国内の主要取引所の一つとなりました。 取引ツールの使いやすさ、スマホアプリの見やすさ、操作性の高さなどが魅力で、取り扱うアルトコインの種類も豊富です。仮想通貨の初心者から上級者まで、幅広いユーザーに利用されています。 2018年4月にはマネックスグループにグループ入りをし。新経営体制がスタートしました。オンライン証券業界で経営やリスク管理のノウハウを培ってきたマネックスグループがどう活かされていくのか、注目が集まっています。 それでは実際にCoincheckでリスク(LSK)を購入する方法を、簡単にご紹介いたしますが、まずは口座開設が必要です。Coincheckでの口座開設は、アプリや取引の操作性同様シンプルで分かりやすくなっています。 Coincheckの口座開設のやり方 1. アカウント登録 Coincheckの公式サイトよりアカウント登録を行います。 Coincheckのアカウント登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) 本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了すれば、お客様情報を登録し、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)のアップロードを行います。 最後に「IDセルフィー」(アップロードした本人確認書類を手に持って自撮りした写真)を用意します。 4. ハガキの受け取り 本人確認が完了すると登録した住所にハガキが届きますので、そちらのハガキを受け取ると、Coincheckの全ての機能が利用できるようになります。 Coincheckでリスク(Lisk/LSK)を購入する方法 Coincheckでは、スマホアプリやインターネットから、簡単にリスク(LSK)を購入することができます。また、日本円から直接購入することが可能です。 Coincheckに口座を開設したら、日本円を指定する口座に現金を振り込みます。それがアカウントに反映されると、リスク(LSK)の購入や取引が可能となります。 まずはアカウントにログインし、ウォレットに移動します。その後、「コインを買う」のページで「リスク(LSK)」を選び、購入数を選択します。 価格が表示されたら「OK」をクリックして、購入は完了です。 詳しくはこちら:リスク(Lisk/LSK)取引の口座開設から購入方法を解説 リスク(Lisk/LSK)の取引にかかる手数料 リスク(LSK)だけでなく、仮想通貨の入金については、Coincheckでは入金手数料は無料になっています。 Coincheckから他のアカウントへ仮想通貨を送金すると手数料は0.1LSKとなりますが、送金先がCoincheckユーザーの場合は手数料が無料になります。 なお、日本円での出金手数料は、金額に関係なく一律407円となっています。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 リスク(Lisk/LSK)についてのまとめ これまでリスク(LSK)について説明してきましたが、どんな印象をお持ちになりましたでしょうか。 それぞれの仮想通貨の特徴を紐解き、そこから将来性という未来の可能性を眺めてみるのも良いでしょうし、難しい説明書を読み込むよりも、実際に取引をして送金してみたりすると、理解が促進されるかもしれません。 リスク(LSK)に魅力や将来性を感じた方は、まずは少額からでも仮想通貨の取引を始めてみてはいかがでしょうか。

昨今、日本でも仮想通貨ブームが起こり、テレビ、ネットなど様々な場面で「仮想通貨」という言葉を、一度ぐらいは目にしたことがあるかもしれません。 その中でもビットコイン(Bitcoin/BTC)については、仮想通貨の代表例として、多くの人が聞いたことがあるかもしれません。 今回はそのビットコインから派生した、ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性や特徴などについて、初心者向けにわかりやすくご紹介します。 ライトコインのチャートを確認したい方は『ライトコインの最新リアルタイムチャートとレート情報』をご覧ください。 ライトコイン(Litecoin/LTC)とは? ライトコイン(LTC)は、2011年10月にビットコイン(BTC)のソースコードを基に、元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によって発案された仮想通貨です。 ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)が抱えるトランザクション(取引)処理速度の問題などを解決する目的で開発されました。 ビットコイン(BTC)よりも身近で使いやすい仮想通貨を目指し、送金スピードをビットコイン(BTC)の4倍に改善したことが最大の特徴です。 また、ライトコイン(LTC)の通貨単位はLTCで、発行上限はビットコインの4倍の 8,400万枚で設定されています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴 それでは、より詳しくライトコイン(LTC)の特徴を説明します。 発行上限が約8,400万枚 ビットコイン(BTC)の発行上限2,100万枚に対して、ライトコイン(LTC)の発行上限はその4倍の8,400万枚です。 この枚数の設定は、ビットコイン(BTC)と異なり、日常的な少額かつ高速決済に使われることを前提に設計されているためです。 ライトコイン(LTC)を管理する団体や組織は存在しない ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)と同じようにマイニングによって採掘され、多くの採掘者によってブロックチェーンのネットワークの安全性が保たれています。 そのため、政府や銀行などの中央管理体の意向に左右されない、非中央集権的な仮想通貨であると言われています。 しかし、仮想通貨の業界内には、ライトコイン(LTC)の開発や啓蒙活動を主に行っている「ライトコイン財団」が、実質的な実権を握っているとの声もあるようです。 また、創始者のCharlie Lee氏は同財団の代表を務めていることでも有名です。 ブロック生成速度がビットコイン(BTC)より早い ライトコイン(LTC)のブロック生成速度は、ビットコイン(BTC)と比較した場合、4倍程早くなっています。 ビットコイン(BTC)は1ブロックあたり約10分掛かりますが、ライトコイン(LTC)の場合は約2.5分という早さで済みます。 ライトコイン(LTC)は「Segwit」という技術をビットコイン(BTC)に先駆けて実装し、ブロックサイズの圧縮を実現しています。 「Segwit」を利用することでライトコイン(LTC)はスケーラビリティ問題を改善しました。 スケーラビリティ問題とは、ブロックサイズの制約やトランザクション(取引)容量などが原因で、データの処理すなわち送金が遅れてしまう問題です。 ライトニングネットワークの導入 また、「Segwit」を用いることで、ライトニングネットワークの導入が容易となりました。 ライトニングネットワークは、スケーラビリティ問題の大幅な改善が期待される技術として、現在も開発が進められています。この技術では、当事者間の取引をブロックチェーン外で行います。 最初と最後の取引だけがブロックチェーン上に記録され、毎回の取引をブロックチェーンで記録する必要がないため、少額かつ複数決済であったとしても手数料がほとんど発生しません。 また、ライトニングネットワークを利用することで、高速に処理を行うことができると言われています。本格的にライトニングネットワークが導入されれば、今まで以上にライトコイン(LTC)が利用しやすくなるかもしれません。 詳しくはこちら:仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性は? 今後のライトコイン(LTC)の将来性は、ライトコインを決済手段として採用する企業が増えると、ライトコイン(LTC)の価値はより高まることになるでしょう。 なぜなら、ビットコインよりも使いやすく実用性に優れているためです。 ビットコイン(BTC)が金であれば、ライトコイン(LTC)は銀であるとよく言われます。 例えば、アクセサリーでも、金やプラチナは非常に高価で簡単に購入することはできませんが、金より価値の低い銀(シルバー)は最も多くのアクセサリーで使われ、もう少し安価に購入することもできる身近な存在です。 実際にライトコイン(LTC)は、決済サービスへの実用化に力を入れています。速く安く安全に決済できる仮想通貨として、企業や決済サービスとの連携も進んでいます。 より日常的に使われることを目的として作られた仮想通貨がライトコイン(LTC)のため、仮想通貨が決済ソリューションとして普及することになれば、ビットコイン(BTC)よりもライトコイン(LTC)のほうが、一般に浸透する可能性もあります。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期について また、2019年8月頃は、ライトコイン(LTC)のマイニングの半減期になると言われています。 半減期とは、マイナーへ支払われる報酬が半減するタイミングのことです。ライトコイン(LTC)の場合、マイニングという採掘作業でのみ、新しいライトコイン(LTC)が発行されます。 ライトコイン(LTC)はあらかじめコインの発行枚数が決まっており、マイニングできる量も決まっています。インフレを防ぐため、その採掘者へ支払われる報酬が減るようになっています。 前回のライトコイン(LTC)の半減期は2015年8月に起きました。その2ヶ月ほど前から1度価格が急上昇しましたが、半減期を迎える頃には価格は安定し、その後はしばらく横ばいの相場になっていました。 次に起きる半減期にも同様の動きになるのではないかと予測されています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)取り扱いの仮想通貨の取引所は? ライトコイン(LTC)を購入することができる仮想通貨の取引所として、初心者にも利用しやすい仮想通貨の取引所Coincheckをご紹介します。 1. Coincheck(コインチェック)の概要 Coincheckを運営するコインチェック株式会社は、2012年8月に設立され、2018年4月にマネックスグループにグループ入りした会社です。 マネックスグループは、東証一部にも上場しており、証券会社で実績のある大企業です。 2. Coincheckの特徴 Coincheckの主な特徴には、下記の点が挙げられます。 取扱い通貨の数が11種類とたくさんある(2019年12月時点) 取引画面が見やすく操作がしやすい 初心者でも簡単に取引ができる 最大年率5%の貸仮想通貨サービスがある コインチェックチャットがある Coincheckは、国内取引所の中では、かなり多くの銘柄を取り扱っています。また、投資の初心者でも使いやすいサービスとなっています。 3. Coincheckの口座開設の方法 Coincheckの口座開設方法はとても簡単です。以下の3つのSTEPでアカウントを作成することができます。 アカウント登録 SMS認証 本人確認書類の画像の提出 本人確認書類を提出後、登録した住所に届いたハガキを受け取れば、Coincheckでのすべてのサービスが利用可能となります。 セキュリティの観点から、登録後は「2段階認証」を必ず設定しておきましょう。 詳しくはこちら:ライトコイン(Litecoin/LTC)取引の口座開設から購入方法について ライトコイン(Litecoin/LTC)についてのまとめ ライトコイン(LTC)について簡単にまとめます。 ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨 ブロックサイズや発行上限を変更することで、ビットコイン(BTC)の抱える問題の解決を図った仮想通貨 ライトコイン(LTC)は決済サービスとしても力を入れている 半減期を迎える前には価格が動く可能性がある 仮想通貨は、Coincheckで500円などの少額から購入することができます。 買い物として使うもよし、資産の運用に回すのもよし、仮想通貨を購入する際は、目的をもって計画的に購入するのが良いでしょう。

2019-07-17仮想通貨の取引

素人には難しいイメージのある、アルトコイン(仮想通貨)の取引。実際には、意外なほど簡単に始めることができます。 アルトコインについての基礎知識に加えて、仮想通貨の取引所Coincheckを例に、口座開設の方法を確認していきます。 そもそも「アルトコイン」とは何か? アルトコインという名称は、「Alternative Coin」、つまり「代替コイン」という意味で、ビットコイン(BTC)以外のすべての仮想通貨の総称です。 仮想通貨というと、その歴史的な経緯や人気、市場での価値などから、ビットコイン(BTC)がその代表格です。また、現在1,500種類以上あるとされる数多くの仮想通貨も、その基本的なしくみはビットコイン(BTC)をベースにしています。 そうしたところから、仮想通貨の代表格であるビットコイン(BTC)に対して、その代替となるものという意味合いからアルトコインという言葉が生まれました。 代替といえども、ビットコイン(BTC)にはない機能や異なる性質を持つコインが数多く存在しており、実にバラエティに富んだ世界が広がっています。 アルトコインの特徴をチェック! アルトコインの中には、ユニークな特徴を持つものも多々あります。そのうちの、代表的なものをいくつかご紹介しましょう。 イーサリアム(ETH) イーサリアム(ETH)は、「スマートコントラクト」の機能を実装したことで注目された通貨で、アルトコインの中ではトップクラスの時価総額を維持しています。 スマートコントラクトとは、ブロックチェーンに記録される情報の中にプログラムを組み込み、特定の条件が満たされると自動的にプログラムが実行されるというしくみを使った機能です。 仲介人や金融機関を介することなく契約を交わし、実行できる点が大きく評価されています。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら リップル(XRP) リップル(XRP)は、海外送金や決済に強い通貨です。ビットコイン(BTC)は仮想通貨の中で知名度No.1ですが、急速な普及に対して、そのしくみが追いついていない部分もあります。 実際に仮想通貨が注目され、使う人が当初の予測以上に増えてくると、ビットコイン(BTC)は処理速度がネックになり、「送金が遅い」「決済に時間がかかる」といったデメリットを露呈することになりました。 これを解決しているのがリップル(XRP)です。独自の「リップルネットワーク」を活用することで、スピーディな決済を可能にしました。 このリップルネットワークは、世界中の金融機関から注目される存在となっています。 詳しくはこちら:リップル(XRP)の特徴とは? リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら ネム(XEM) 仮想通貨が機能するには、その取引を承認する「マイニング」の作業が必要です。 そして、より多くのマイニングを行った者が、その仕事に応じた報酬を受け取るという「プルーフ・オブ・ワーク」というしくみを、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は採用しています。 しかし、ネム(XEM)は「プルーフ・オブ・インポータンス」というしくみを採用しています。これは、簡単にお伝えすると、ネム(XEM)を多く保有し、かつ多く取引している人が、より多くの利益を得られる構造になっています。 富の再分配を目指したしくみで、ネム(XEM)の大きな特徴ともなっています。 詳しくはこちら:仮想通貨ネム(XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法についてはこちら アルトコインの魅力とは? 先に挙げた3つのアルトコインは、その機能や特徴そのものが独創的であり、魅力にもなっています。 それとは別に、仮想通貨を株や投資信託のような金融商品としてとらえた場合にも、アルトコインならではの魅力というものが見えてきます。 値上がりの可能性 アルトコインの中には、ビットコイン(BTC)の抱える問題を解決するために開発されたものが少なくありません。つまり、その特徴が正しく評価されて賛同する人が増えれば、ビットコイン(BTC)に代わるポジションを得る可能性もあります。 イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)は、ビットコイン(BTC)にはない機能や特性を持っていますから、今後の発展が大いに期待されています。将来的に値上がりする可能性があることが、アルトコインの大きな魅力のひとつです。 価格変動の大きさ アルトコインは全般的に価格の変動が大きく、しかも頻繁に起こりやすい傾向があります。 この変動にうまくのることができれば、短期間の取引で大きな利益を手にすることもできます。もちろん、大きなマイナスを作ってしまうリスクと隣り合わせですので注意してください。 価格が安く、購入しやすい 常に1通貨あたり高い値を維持しているビットコイン(BTC)に比べ、アルトコインの多くは低価格で購入することができます。 また、アルトコインを複数保持していれば、どれかひとつが値下がりしても、大きなダメージを受けずに済みます。アルトコインをうまく使って分散投資をすることで、投資のリスクを下げる効果も期待できます。 アルトコイン取引にデメリットはある? メリットがある一方で、アルトコイン取引にはデメリットもあります。 国内で買える銘柄が多くはない 先に紹介したイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、人気の高いアルトコインは多くの取引所で扱っていますが、売買量の少ない通貨となると、扱う取引所は限られています。 あまり知られていないファクトム(FCT)などのマイナーコインとなると、国内での扱いもほとんどなかったりすることもあります。 詳しくはこちら:仮想通貨ファクトム(FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら 取引量が少ない アルトコインの中には、マイナーであるため、取引量が少ないコインも多々あります。 「流動性が小さい」という言い方もしますが、取引量が少ないと思うような売買取引ができないことがあります。また、取引量が少ないことで、相場を人為的にコントロールする可能性が生まれます。 日本国内で購入できるアルトコインは? 1,500種を超えるといわれるアルトコインですが、そのすべてを国内で買えるわけではありません。日本では「仮想通貨交換業者が扱う仮想通貨は、事前に金融庁に届出を出して許可を得なければならない」というルールがあるためです。 2019年の時点、日本国内で取引できるアルトコインは9種類で、Coincheckで取り扱いがあるアルトコインは以下になります。 イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) ファクトム(FCT) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) アルトコインに軸足を置いて取引をするのであれば、より多くのアルトコインを扱う取引所を選ぶことが必要です。 詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 アルトコインの売買や取引はどうすればできる? アルトコインの購入や売買には、仮想通貨の販売所・取引所で自分の口座を開いて、通貨を買ったり売ったり、あるいはほかのユーザーと取引したりします。 販売所と取引所はどう違う? 販売所と取引所の違いを簡単に説明すると、まず販売所は金券ショップのような役割になります。 販売所が保有している仮想通貨を買ったり、また買い取ってもらったりすることができます。「すぐに通貨がほしい!」というときには便利ですが、販売所の手数料が加わりますので、購入時はやや高く、売却時はやや安くなります。 取引所は、まさに証券取引所のようなものです。「◯◯をいくらで売りたい」「△△をいくらで買いたい」など、売りたい人と買いたい人の情報を集めて取引する場所を提供します。 希望に近い価格で売買ができ、取引手数料は無料のところがほとんどで、有料でも0.1~0.3%程度に設定されています。ただし、販売所と違い、売り手と買い手のマッチングで売買が成立しますので、いつでも希望の価格で買えるわけではありません。 また、販売所とは違って取引所は初心者には操作が難しいため、注文ミスをしてしまうリスクもあります。そのため利用する際には注意が必要です。 仮想通貨の取引所の口座の役割と機能 仮想通貨の取引所に口座を開設すると、その口座を通じて仮想通貨の売買や取引、送金などが行うことができます。 口座の基本的な機能はどの取引所もほぼ同じですが、中には口座にグレードを設け、簡単に開設できる代わりに機能制限をかけているところもありますので注意してください。 仮想通貨の取引所に口座を開設するにはどうすればいい? 口座開設の方法は取引所によって細かな違いはあるものの、基本的にはほぼ共通しています。ここでは、Coincheckにおける開設までの流れを確認していきます。 1. アカウント登録 まず、Coincheckの公式サイトへ移動します。そこからメールアドレスと、半角英数字を混在させたパスワードを入力し、「新規登録」を押します。 Coincheckのアカウント登録はこちら 直後に、登録したアドレス宛に認証メールが届きます。そのメールに記載されたリンクを押せばアカウント登録は完了です。 再びCoincheckのトップページが表示されますから、右上の「ログイン」ボタンからログインします。なお、Facebookアカウントがある方は、トップページにある「Facebookで10秒登録」から、簡単にアカウントを作成できます。 2. SMS認証(電話番号認証)を行う メールアドレスとパスワードの登録が完了した後は、本人確認を行います。本人確認ではまず、SMS認証(電話番号認証)を行います。 Coincheckにログインした状態で、サイトに表示される「本人確認書類を提出する」を緑色のボタンを押して、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にメッセージが届きます。 そこで、SMSに送信された「認証コード6桁」の番号を、Coincheckの「送信された認証コード」欄に入力することで、SMS認証が完了となります。 3. 個人情報登録 認証を終えたら、各種重要事項を確認して承諾し、本人確認のための個人情報を登録します。 併せて、免許証などのIDカードといっしょに自分の顔写真を撮影した「IDセルフィー」をアップロードします。 IDセルフィーとは、例えば、本人確認書類として運転免許証をアップロードした場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りした写真のことです。 4. 本人の所在確認 Coincheck側で本人確認の書類が確認できれば、「本人確認完了」のメールと、確認用のはがきが登録した住所に簡易書留で届けられます。 このはがきを受け取った時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 5. 銀行口座の指定 なお、仮想通貨を日本円に替えて引き出す際には、事前に送金先となる銀行口座を指定しておきます。 アルトコインを売買するには? Coincheckでアルトコインを売買するのは、とても簡単です。 公式サイトのウォレットページから、「コインを買う」あるいは「コインを売る」を選択し、希望のアルトコインを選び、数量を入力します。 そして「購入」または「売却」ボタンを押すだけで完了します。自分の口座に日本円を入金しておけば、代金はそこから出入金されます。 どの取引所に口座を作るべきか? 仮想通貨の売買・取引は、まず口座を作るところから始まります。ここでは、取引所を選ぶためのポイントなどを確認します。 画面が見やすく、操作が簡単 初心者のうちは、操作しやすいほうが楽ですし、ミスもしにくいものです。画面が見やすく必要な情報がすぐチェックできる取引所を選びます。 ツールやサポートが充実している リアルタイムチャートをはじめ、ほとんどの取引所では、取引のためのツールやサポートを行っています。これも、機能やわかりやすさという利点がありますから、使いやすいものを選びたいところです。 アルトコインの種類が豊富 どれほどのアルトコインを扱っているのかは、取引所・販売所によってかなり差があります。メジャーなものしか扱わないところもあれば、少々マニアックなものを扱うところもあります。 アルトコインの売買についていえば、できるだけ多くの種類を扱うところに口座を開いたほうがいいでしょう。 アルトコインの取引ならCoincheck Coincheckは、国内有数の取引所です。すっきりとした画面、見やすいチャート、操作性の高さなどには定評があり、初心者でも迷うことなく売買や取引ができます。 アルトコインについてはイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)といったメジャーなものから、ネム(XEM)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)など全9種類を扱っています(2019年6月時点)。 また、購入した仮想通貨を一定期間Coincheckに貸し出すことで、利用料がもらえる貸仮想通貨サービスも提供しています。口座開設も簡単でスピーディですので、ぜひご利用を検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never