Coincheck
  • イングランド銀行「ビットコインは貨幣の3大機能のうち、少なくとも1つを代替する可能性がある」

イングランド銀行「ビットコインは貨幣の3大機能のうち、少なくとも1つを代替する可能性がある」


このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:bitcoin_picks:20140913140155p:plain

 

先週、イングランド銀行がビットコインに関するレポートを発表した。イングランド銀行は、ビットコインの影響力はまだまだ限定的だとしつつも、その大きな可能性に注目しているようだ。

そのレポートでは、最後に一言、

「ビットコインは貨幣の3大機能のうち、少なくとも1つを代替する可能性がある」

とまとめた。

こちらの内容を噛み砕いて下記に要約する。

なお、原論文はこちらから参照する事が出来る。是非読んでみて欲しい。

The economics of digital currencies – Bank of England

 

概要

電子通貨は、決済システムと、新しい通貨の形としての、2種類のイノベーションを秘めている。

(写真はビットコインの変動比率(ボラティリティ))

f:id:bitcoin_picks:20140917213452p:plain

イノベーションの核(Key Innovation)

なんといっても、これらの新しい形の電子通貨のカギとなる技術は、分散型元帳(Distributed ledger)である。

これこそが、非中央集権型の決済システムを生み出したのだ。

 

通貨の3大機能の観点から見る電子通貨

f:id:bitcoin_picks:20140917213535p:plain

貨幣には、3大機能と呼ばれる3つの機能があるが(=> ビットコインの仕組み –  通貨に必要な性質とは?) イングランド銀行によると、電子通貨は、インターネットが利用可能なデバイスを持つ全ての人々にとって、通貨として振る舞う可能性があることを指摘している。

少なくとも現在、電子通貨はある一定の少数の人々の中においてでは、通貨としての条件を完全に満たしており、有効に使用されている。

電子通貨は、世界中の数千人の人々、それも、伝統的な通貨を同時並行して使う人々の中で、貨幣の3大機能を満たした上で、通貨として成り立っているのだ。

 

電子通貨はどのぐらい広く使われているのか?

http://www.flickr.com/photos/100239928@N08/11297241203

正確な使用者数を推定するのは難しいが、2014年7月9日時点で、4100万アドレスが存在している。

そして、このうち160万アドレス以上の財布の中に、少なくとも0.001ビットコインが含まれている。(日本円で約50円程度)

金融システムの安定性の観点に関して

現在の状況

電子通貨は、金融システムとしての安定性という意味で、UK(イギリス)においては、具体的なリスクは現在現れていない。

勿論、過去小さなリスクや、急激な成長などはあったものの、それは大した問題ではない。現在UKの経済圏では、ビットコインの流通総額は£60 million(約100億円)程度であると考えており、これはマネーサプライであるM4の0.003%以下である。

 

結論

電子通貨は現在、社会の中でマネーの代替の役割はまだ果たしていない。

しかし、電子通貨は、少なくとも1つ以上の貨幣の役割を果たす存在として、頭角をあらわすポテンシャルを秘めている。

伝統的な通貨に対して、商品やサービスのプライシングをする観点に置いては、そこまで大きなインセンティブはないかも知れない。

(ただし、何らかの通貨危機が発生した時は、この状況は大きく変わりうる。)

 

 

 

coincheck ビットコイン取引所
ビットコイン価格チャート