总资产
在标题栏显示
总资产
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

余额

使用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
杠杆交易
JPY
BTC
保证金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
可以使用的保证金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
杠杆比率
{{ current_account.lending_leverage }}
保证金维持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
总资产
在标题栏显示
总资产
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

余额

使用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
杠杆交易
JPY
BTC
保证金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
可以使用的保证金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
杠杆比率
{{ current_account.lending_leverage }}
保证金维持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
ビットコイン(Bitcoin/BTC)に関する記事一覧です。ビットコイン(Bitcoin/BTC)の基礎知識や購入・取引・口座開設の方法などが掲載されています。

カテゴリー: ビットコイン(BTC)

通常、仮想通貨を手に入れるなら、仮想通貨の販売所や取引所で購入する必要があります。 ここでは、自分で代金を払わずに、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を無料でもらえる方法についてご紹介しましょう。 ビットコインを「もらえる」仕組みについて ビットコインがもらえる方法はさまざまです。例えば、会員登録や商品の購入時に、ビットコインをもらえる場合があります。 これは、クレジットカードの「ポイントバック」と同様の仕組みです。会員登録や商品購入をしてくれたお礼として、ビットコインで還元しています。 ほかにも、サイト上の広告を視聴することで、ビットコインをもらえる方法がありますが、これは掲載料が原資となっています。ネット上に広告を出す広告主は、自社広告をより多くのユーザーに見てもらいたいと考えます。 また、広告を掲載するサイト主は、できるだけ多くのユーザーを集め、広告を見てもらいたいと考えます。そこで、広告費の一部を、ユーザーにビットコインとして還元する仕組みを作っているのです。 つまり、ビットコインが無料でもらえるのは、「広告視聴」に対するお礼というわけです。 ビットコインをもらえるサイト&サービス4つ ビットコインがもらえる還元サービスを提供している会社やサイトはいくつもあります。どのようなものがあるのか、その一部をご紹介しましょう。 もらう方法①会員登録・口座開設 通販サイトでの会員登録や、仮想通貨を扱う取引所での口座開設などで、新規特典としてビットコインをもらえることがあります。 ただし、通販サイトの場合、商品の購入でビットコインがバックされるシステムをとっていることが多くなっています。大手ネットショップのポイント制度そのままに、ビットコインが貯まっていくのです。 もらう方法②ゲームをプレイする サイト上に公開されているゲームをプレイすることで、ビットコインをもらえることもあります。 特定のステージをクリアしたり、設定された条件を満たしたりすることでビットコインをもらえるパターンもあります。1回あたりの額は小さなものですが、毎日通ってプレイしているうちにまとまった額になりますので、あなどれません。 もらう方法③アンケートに答える 各種市場調査に協力することで、その対価としてビットコインを受け取ることができます。簡単なアンケートに答えるだけですから、作業負荷はかなり小さいといえます。 まずはアンケートサイトに、年齢や性別、職業、未婚・既婚の別、喫煙・飲酒の有無といった、自分の属性情報を登録しておきます。すると、条件に合ったアンケートが提案されるので、質問に答えていきます。 アンケートの内容は、簡単なものから設問が多くて時間のかかるものまでさまざま。もちろん、得られるビットコインの額は質問内容に応じて上下します。 もらう方法④公共料金の支払い 電気・ガスといった公共料金をごく普通に支払うだけで、料金の数パーセント分のビットコインをもらうことができます。 まずは、仮想通貨取引所のアカウントに登録して、電気・ガスの支払いの手続きを行います。ビットコインで公共料金を支払うこともでき、その場合は割引料金が適用されます。 ビットコインを無料でもらうメリット 各種還元サービスでビットコインを手に入れることは、売買や取引で入手するのとは違ったメリットがあります。 ビットコインを無料でもらった場合、取引をしないで、そのまま保管するという人も多いでしょう。そのような場合、保管していたビットコインが、いつの間にか大きく価値を高めていることがあります。 また、無料で手に入れたビットコインであることで、価格変動にそれほど敏感にならなくて済むこともメリットといえるでしょう。 電気・ガス料金の支払いでビットコインがもらえる 電気・ガス料金の支払いでビットコインが手に入るサービスについて詳しく解説します。 国内大手の金融庁登録済の仮想通貨取引所であるCoincheckが扱う、「Coincheckでんき」「Coincheckガス」は、いずれも同様の仕組みを持っています。 ここでは「Coincheckでんき」を例にご説明しましょう。 「Coincheckでんき」について 東京電力や関西電力など、大手電力会社によって管理されていた電気の小売業が、2016年に完全自由化されました。 これにより、家庭や商店で使われる低圧電力の小売販売事業に、他業種から多くの企業が参入。「新電力会社」として、さまざまな料金メニューを提供するようになりました。消費者は、これら多くの選択肢から、自分に合った事業者を選べるようになったのです。 「Coincheckでんき」も、そうしたサービスのひとつfrづ。新電力会社である丸紅新電力と提携するイーネットワークシステムズ(ENS)が電力供給を担い、Coincheckが料金収受を担当しています。 そして、ユーザーへの還元サービスとして「Coincheckでんき」が誕生しています。 電気料金の最大7%をビットコインで還元 「Coincheckでんき」のシステムはシンプルで、次の2通りのプランのいずれかを選ぶだけです。 <選べる2つのプラン> - 電気料金を現金で支払う場合、料金の最大7%をビットコインで還元する - 電気料金をビットコインで支払う場合、料金の最大7%を割り引く どちらを選んでも電気料金が割引されるわけですが、現金払いを選ぶと、割引分をビットコインで受け取ることができるのです。つまり、今までどおりに電気料金を支払っているだけで、毎月ビットコインが貯まっていくことになります。 「Coincheckでんき」の始め方 「Coincheckでんき」を始めるのは、実に簡単です。 まず、Coincheckにユーザー登録し、仮想通貨をしまっておくウォレットを作ります。「新規登録」から画面の表示に従って進めていけば、難しいことはありません。 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 登録完了、あるいはすでにアカウントを持っていれば、Coincheckにログインし、トップページから「Coincheckでんき」のページに移動します。サービス内容を確認してから「お申込みページ」に進み、指示に従って手続きを進めてください。 大事なポイントは、「電力会社の契約者と、Coincheckのアカウントが同一でなくてはならない」という点です。また、多くのエリアをカバーする「Coincheckでんき」ですが、サービス対象外となる場所もありますのでご注意ください。 詳しくはこちら:Coincheckでんき この機会にCoincheckでビットコインを始めてみよう ビットコインがもらえるサービスは、意外と多いことがおわかりいただけたかと思います。これらのサービスを活用すれば、細かい取引をしなくてもビットコインを貯めていくことができます。 Coincheckは仮想通貨の取り扱い種類が国内最大級で、初心者にも使いやすいアプリを提供しています。 これから仮想通貨取引を始めてみようという方やビットコインをもらってみたいという方は、まずはこの機会にCoincheckに口座を開き、少額からビットコインにふれてみてはいかがでしょうか。

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨の元祖といわれている存在です。このビットコインは、過去に何度か暴落を経験しています。 暴落の歴史やなぜ暴落が起きたのかを理解しておけば、今後の仮想通貨投資に役立つでしょう。そこで、過去の暴落の理由や今後の暴落に備えてやっておきたいこと、実際に暴落が起きたときの対処法などを紹介します。 ビットコイン(BTC)の暴落につながる主な理由 ビットコインは、さまざまな要因によって価格が変動します。時には、暴落も生じました。 ここでは、ビットコインに生じた暴落の原因と考えられるもののうち、主な4つについて解説します。 1. 各国の規制強化により仮想通貨への期待感が減少 1つ目の暴落要因は、各国が行った規制強化です。 過去の記録を確認すると、世界各国でそれぞれの判断に基づき行われた仮想通貨への法的規制強化に関する報道が流れたときに、暴落が起こっています。仮想通貨に関する法規制は、完全に整ったとはいえない状況です。 しかし、仮想通貨が詐欺やマネーロンダリングに利用されることを防ぐために、規制を強化する流れがあります。各国独自の仮想通貨に関する法的規制の強化が行われると、短期的には自由な仮想通貨取引にマイナスの影響を及ぼすことになります。 その結果、価格変動が生じる可能性があるのです。規制による影響が大きいと市場が判断すると、その価格下落は大きなものになり、暴落が生じます。 ただし、長期的な視点に立てば、法規制が整備されることは、仮想通貨市場全体にプラスの影響を与えるともいえるでしょう。 2. 取引所のハッキングによりセキュリティへの信頼感が低下 2つ目の暴落要因は、ハッキングなどにより取引所のセキュリティに対する信頼感が低下することです。仮想通貨の取引のほとんどは、取引所で行われています。 多数の仮想通貨投資家が参加して売買取引が行われていますが、各投資家は仮想通貨や法定通貨などの資産を取引所に預けて取引を行っている状態です。 そのため、取引所がハッキングを受けて顧客資産が流出し、取引所が閉鎖される事態になると、仮想通貨取引が行われる場所のセキュリティに不安が生じることになります。その結果、仮想通貨価格が暴落するのです。 取引所へのハッキング被害や取引所閉鎖のニュースが流れると、仮想通貨投資家はセキュリティへの不安を抱くことになるでしょう。 その結果、多くの投資家が仮想通貨市場から資産を引き揚げてしまう可能性があります。投資家が、仮想通貨を保有していることがリスクだと考えるからです。 仮想通貨が一気に売却されれば、暴落につながります。 3. ハードフォークにより市場が一時的に動揺 3つ目の暴落要因は、ハードフォークです。ハードフォークが行われたときに、市場が一時的に動揺して暴落が起こったことがあります。 そのため、ハードフォークが行われることだけでなく、ハードフォークの予定が発表されるだけでも、仮想通貨の価格に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。 ハードフォークとは、仮想通貨の仕様変更の一形態です。ハードフォークが実施されると、従来の通貨と分岐した通貨との互換性がなくなり、分岐した通貨は新しい別の仮想通貨として存在することになります。 ハードフォーク実施の前後は、対象となる通貨価格が大きく変動する可能性があることに注意が必要です。価格は上昇することもありましたが、大きな下落につながったこともあります。 ただし、下落した場合でも、ハードフォーク後しばらくすると、価格が上昇したケースもあったことを認識しておきましょう。 4. ハッシュレートの低下と仮想通貨価格下落との悪循環 4つ目の要因は、ハッシュレートの低下です。ハッシュレートの低下が仮想通貨価格の下落につながったことがあります。 ハッシュレートとは、仮想通貨の採掘を意味するマイニングを行う際における、1秒当たりの計算力のことです。取引量が多いほど、計算力が大きくなり、マイニングの難易度が上がる仕組みになっています。 ハッシュレートの上昇は、マイニングの難易度が上がることを意味しています。そのため、レート上昇は、参加者のサーバー数や性能の上昇と連動するといえるでしょう。レートの上昇は、システムの信頼性向上や需要の増加期待につながると考えられ、仮想通貨価格が上昇する可能性があります。 一方、ハッシュレートが低下すると、マイニングによる採算が合わなくなり、マイニング参加者の減少につながることがポイントです。 マイニング参加者の減少と仮想通貨価格下落という負のスパイラルに陥り、通貨価格暴落につながってしまう可能性があります。 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)のハッシュレートとは?推移や価格との関連性を解説 ビットコイン(BTC)の過去の大暴落とその理由を振り返る ビットコインは、過去に何度かの暴落が生じました。 そこで、ビットコインで実際に起こった過去の暴落のうち2つのケースを振り返り、その主な理由をご紹介します。 2017年9月 中国政府によるICO禁止・オンライン取引制限 2017年9月に、ビットコイン価格が3日間で30%程度下落したことがありました。この暴落の引き金となったのが、中国政府による国内ICO(新規仮想通貨公開)の禁止です。 これにより、ビットコインはオンライン取引を制限されることになります。この規制に不安を感じた市場参加者は一斉に売却に走り、ビットコイン価格が暴落したのです。 中国の仮想通貨市場は、世界中の仮想通貨取引のなかでも大きな存在感を示している市場でした。その市場のオンライン取引が規制され、店頭取引しかできないということになったため、ビットコインの取引量は減少しました。 取引量が減少するということは、市場でビットコインを買う人も減少することを意味します。需要と供給で成り立つビットコイン価格は低下を余儀なくされ、結果的にビットコイン価格の暴落につながったのです。 2018年11月 他通貨の混乱・ICOへの制裁 2018年11月にも、ビットコインは暴落が起こっています。 ビットコイン価格の月間下落幅は約40%で、2011年8月以来の下落幅でした。このときの下落の主な要因は、2つあげられます。 1つは、ビットコインキャッシュ(BCH)内の派閥争いによる混乱です。この混乱がビットコインに波及して、価格下落が生じました。 ビットコインキャッシュの仕様をめぐって主導権争いが行われたことに不安を抱いたユーザーが、売却を進めたことによりビットコインキャッシュ価格が下がります。そのことが仮想通貨のリスクを市場に認識させることにつながり、ビットコイン価格の暴落につながったと考えられています。 もう1つの要因は規制強化です。11月中旬には、SEC(米国証券取引委員会)が、一部の詐欺的なICO(新規仮想通貨公開)に対する制裁を科しました。この仮想通貨の取り締まり強化も、このときのビットコイン価格暴落の要因の1つとしてあげられます。 今後のビットコイン(BTC)の暴落に備えてやっておきたいこと ビットコインの将来価格は、誰も正確に予想することはできません。 暴落も、いつかまた起こる可能性があります。仮想通貨取引を行うにあたっては、暴落が起きる前に、急激な価格変動が起こっても大丈夫なように準備をしておくことが大切です。 そこで、今後に備えて普段からやっておきたいことを、3つほど例としてご紹介します。 今後の暴落への備え その1:信頼できる最新の情報に触れる 将来の暴落に備えてやっておくべきことの1つ目は、信頼できる情報を収集できる体制を整えておくことです。ビットコインやほかの仮想通貨に関する正確な情報を収集することが、暴落への備えにつながります。 ビットコイン価格は、各国で行われる仮想通貨に関する規制などのニュースや要人の発言などによって、変動することが特徴です。そういった情報を的確に把握するためにも、最新ニュースの収集に力を入れましょう。 また、ビットコインなどの仮想通貨の将来性を知らせてくれるニュースが、流れることもあります。そういった情報でも、仮想通貨価格への影響は無視できません。 仮想通貨について、信頼性が高く最新の情報が手に入る情報源を見つけておき、常に情報収集を怠らない習慣を身につけることが、暴落への備えとして役立ちます。 今後の暴落への備え その2:ポートフォリオを定期的に見直す 備えておくべきことの2つ目は、ポートフォリオの定期的な見直しです。ボートフォリオを定期的に見直すことを習慣として続けていくことが、暴落への有効な備えとなります。 ポートフォリオとは、自己が所有している金融資産の組み合わせのことです。株式で何%、不動産に何%、そして仮想通貨に何%といった形で割り当てを考えることが、ポートフォリオの見直しです。 構成割合を変更することによって、リスクに対する耐性が変化するため、仮想通貨の暴落に備えて適切に見直せば、有効な対策となるでしょう。 数ある投資対象のなかでも、ビットコインは値動きが比較的激しいことが特徴です。そのため、ビットコインだけに多額の資金を投資するのは、ハイリスクだといえます。 ほかの仮想通貨や仮想通貨以外の投資先に分散投資することが、将来におけるビットコインの価格急落時の損失を抑えることにつながるでしょう。 詳しくはこちら:【仮想通貨のポートフォリオ】投資スタイルに合わせた事例を解説 今後の暴落への備え その3:自分なりの取引ルールを決めておく 3つ目は、自分なりの取引ルール、いわゆるマイルールをしっかり作っておき、確実に守ることです。 暴落が起きたときには、誰でも焦ります。その焦りを抱えた状態でとっさに判断をすると、目先の値動きに惑わされて大きな損失につながることも珍しくありません。 あらかじめ自分なりの取引ルールを設定し、そのルールに従って売買を行うことを習慣づけておけば、いざ暴落が起こっても必要以上に焦ることがなくなるでしょう。 ルールに従って確実に損切りするなどの対処を落ち着いてできれば、パニックによる判断ミスで大きな損失を出すことは避けられます。ルールを作っておくのは大切なことですが、ただ作っただけで満足してしまわないようにしましょう。 自分の取引ルールは過去の失敗などを踏まえて作りますが、作ったルールを必ず実行することも重要です。 今から知っておきたいビットコイン(BTC)暴落時の対処法 もし、ビットコインの暴落が起こった場合、あらかじめ対処法を知っていれば、慌てることなく冷静に対応ができる可能性が高まります。 そのため、対処法を知っておくことが重要です。そこで、暴落時の3つの対処法について説明します。 暴落時の対処法 その1:無理に保有を続けず適切な損切りを行う 1つ目は、適切な損切りを行うことです。暴落発生時に損切り対応せず、無理に保有を続けていると、多額の損失が生じてしまう可能性があります。 そのため、ビットコインが暴落してしまったときは、含み損を早めに確定して損切りするか、保有し続けるかを迅速に判断することが必要です。 暴落後に価格が上昇して含み損が減少するまでに回復することもあれば、回復せずに再度価格が下落することもあります。大切なことは、パニックに陥って判断が遅れてしまわないようにすることです。 対処法としては、あらかじめ損切りのタイミングなどのルールを決めておき、暴落がきても粛々とそのルールに従って損切りを行うとよいでしょう。 暴落時の対処法 その2:ビットコイン(BTC)を買い増す 2つ目の対処法は、暴落時にビットコインを買い増すことです。長期的な視野に立ってビットコイン投資を行っている場合、短期的に大きく価格が下がる暴落は、安くビットコインを購入するチャンスともいえます。その後に値上がりすれば、買い増ししたことによって全体に利益が増えることにつながるでしょう。 長期的な視点での投資を行っている場合は、短期間の価格変動はそれほど気にする必要はありません。もちろん、長期的に必ず価格が上昇するというわけではありませんが、ビットコインの将来性に投資をするというスタンスであれば、暴落時に安い価格で買い増しするのは有効なやり方の1つだといえるでしょう。 もちろん、買い増ししたあとで、さらに価格が下がるリスクがあることは認識しておく必要があります。 暴落時の対処法 その3:レバレッジ取引でショートでの利益を狙う 3つ目の暴落対処法は、空売りです。 レバレッジ取引でショートをすることで、ビットコイン価格が下落しているときこそ、大きな利益を狙えます。ショートとは、売りの新規注文から入り、価格が下がったところで決済の買い注文を行う取引方法のことです。 暴落をきっかけにビットコインが下げ相場になったと判断した場合は、ショートをして利益を狙うことも対処法の1つになります。 ただし、レバレッジ取引は、自己資金よりも多くの取引金額で売買できるため、投入している自己資金よりも大きな損失が生じる可能性もあることに注意が必要です。 そのため、レバレッジ取引を行う場合は、余剰資金の範囲内で取引し、しっかりと資金管理を行うようにしましょう。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は一時停止中です。 ビットコイン(BTC)取引では将来の暴落に備えた準備が大切 ビットコインの暴落には、日ごろから情報収集し、実際のチャートを見て分析するなどの適切な備えが必要です。 ビットコインを24時間取引できる金融庁登録済の仮想通貨取引所としては、Coincheckがあげられます。Coincheckは、初心者はアプリで簡単にビットコインを売買できることに加えて、トレードビューを使って取引手数料無料で本格的なビットコイン取引ができることも特徴です。 また、電気代の支払いでビットコインがもらえるCoincheckでんきや、ガス代の支払いでビットコインがもらえるCoincheckガスなどの独自サービスも提供しています。 仮想通貨取引所に口座開設を検討している場合は、仮想通貨の取り扱い通貨数も豊富なCoincheckで開設することを検討してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の取引をするうえで耳にすることも多い「ハッシュレート」という言葉。ビットコイン(BTC)の取引をするなら、ぜひとも覚えておきたい言葉ですが、どういう意味なのか分からないという人も多いのが現状です。 そこで今回は、ハッシュレートが変動する仕組みや価格との関連性、ビットコインのハッシュレートの推移などハッシュレートの基礎知識を解説していきます。 ビットコイン(BTC)のハッシュレートに関する基礎知識 ハッシュレートとは、採掘速度ともいわれ、ビットコインなどの仮想通貨をマイニングする際の計算力や採掘の速さを表したものです。 「hash/s」という単位で表され、1秒間に何回計算が行われるかを示します。ですから、ハッシュレートが高いということはそれだけ処理する力が強いということになり、ハッシュレートが低いということはそれだけ処理する力が弱いということになります。 ハッシュレートが高いほど、効率の良いマイニングが可能となるわけです。ハッシュレートの変動が何を意味し、価格変動とどう関係するのでしょうか。まずは、ハッシュレートの基礎知識について見ていきます。 そもそもビットコイン(BTC)とはどんなもの? ハッシュレートの仕組みについて理解する前に、仮想通貨の代表ともいえるビットコインや仮想通貨の基礎をおさらいしましょう。 ビットコインを始めとする仮想通貨は、そもそも私たちが「お金」と認識する紙幣や硬貨のようなものではなく、電子的な手段によって決済を行う通貨です。ネット上に存在するお金のようなもので、実物はありません。 そんなビットコインの大きな特徴として挙げられるのが、管理者がいない点です。日本円や米ドルなどの法定通貨は、通貨を管理する中央銀行が存在しますが、ビットコインにはブロックチェーン技術が採用されており、管理者が存在しません。 ビットコインなどの仮想通貨はコンピューターのネットワークで管理されています。そのため、個人間で取引できる利点を持ち、国家や中央銀行による意図的な価格操作もできないようになっています。 ブロックチェーン技術のもとでお互いを監視している状態なので、セキュリティ性も十分に確保されています。コンピューターのネットワーク上に分散して保存されており、記録として可視化される仕組みを持っているのです。 また、管理者不在以外の特徴として、特筆すべきは決済手段や送金手段として優れている点です。手数料が極めて安く、送金スピードも速いために、買い物時の支払いや海外への送金などに向いています。 仮想通貨が私たちの生活に不可欠なものになるような未来を期待して、仮想通貨に投資する人が多く、彼らによって価格上昇や仮想通貨そのものの価値が保たれているのです。 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 マイニング(採掘)とは? ビットコインを始めとする多くの仮想通貨と切っても切り離せないのが、マイニング(採掘)と呼ばれる作業です。 マイニングとは、情報を解析してブロックチェーンを作成することで仮想通貨の新規発行をする作業のことです。この作業によって、新たな量の通貨が流通するといっても良いでしょう。 仮想通貨の新規の取引情報を正確に記録して、全体の整合性を保つためには、コンピューターによる莫大な量の計算が必要になります。新しい情報を記録する際に、以前のデータと新しく追記するデータの両方を検証する必要があり、その作業量は膨大になるのです。 この作業量に見合うよう、ビットコインの場合には、記録作業を行う人を募集して、記録処理に成功した人に対してビットコインを支払う仕組みとなっています。報酬を設定することで、参加者は自分が1位になろうとより高い計算速度で処理するため、ビットコインの整合性は保たれます。 マイニングを行うためには、優れた計算力を持つマイニングマシンが必要になるので参入は簡単ではありませんが、報酬を求めて多くの企業がマイニングに参加しています。 詳しくはこちら:ビットコインのマイニングとは?仕組みとやり方は? ハッシュレート(採掘速度)はなぜ変動する? ハッシュレートが計算力やマイニングにかかる処理速度を意味することは既に説明しましたが、このハッシュレートが変動する理由は一体何なのでしょうか。 多くの人がマイニングに参加し、たくさんの計算が行われると時間あたりの計算量も増えることになるので、ハッシュレートは上がります。逆に、参加する人が少ないと計算量は減りますから、ハッシュレートは下がってしまいます。 このように、その仮想通貨をマイニングしたいと思う人が多いかどうか、つまり、人気度合いによってハッシュレートは上下することになります。このことから、ハッシュレートの高さは、通貨の信頼性を示すともいわれています。 多くの人がマイニングに参加するということは、それだけ多くの人によって取引情報が記録されていることを意味するため、通貨としての信頼性が上がるわけです。しかし、ハッシュレートは必ずしも高いほど良いというわけではありません。 ハッシュレートは人気の高さを表すわけですが、人気が高いということはそれだけ参加者にとってはライバルが多くなることを意味します。ビットコインの場合はマイニングで1番に生成した人にしか報酬が支払われないので、高性能なマシンを保有する大手の参加者ほど有利になります。 結果として、そうした強力な参加者のみがマイニングを行う中央集権的な状態に陥るということにつながりかねません。 ディフィカルティ(採掘難易度)とは? ハッシュレートに関連する言葉に「採掘難易度(ディフィカルティ)」というものがあります。 採掘難易度とは、文字通り、マイニングによって仮想通貨のブロックを生成するときの難易度を示す言葉です。ブロックとは、仮想通貨の取引をまとめたものでマイニングの単位ともされています。 たとえば、ビットコインでは約10分間に1つのブロックが生成されるといわれていますが、計算方法を難しくするほど、ブロックの生成は難しくなり、時間がかかるようになります。とはいえ、マイニングに参加する人が増えたり、処理するコンピューターの性能が上がったりすると、ブロックが生成される時間が短くなってしまう可能性があります。 生成時間が短くなると、約10分間に1つのブロックが生成されるという当初のルールから外れ、採掘資源が尽きてしまう危険性があります。こうしたリスクを避けるため、ビットコインのプログラムは、採掘難易度が自動で調整されるように設計されています。 プログラムによって、どんな状況でも約10分間に1つのブロックが生成されるという状態を維持している訳です。 ハッシュレートと価格との関連性 通貨の信頼性を表すハッシュレートですが、仮想通貨の価格と連動するといわれることがあります。 実際、ビットコインを例にとってみると、過去にはハッシュレートと価格が連動する時期が確かにありました。マイニング報酬が高くなればそれだけ1位になろうとする人が増え、処理速度に影響する可能性も考えられます。 しかし、必ずしもビットコインの価格とハッシュレートの相関性があるわけではなくなってきています。その理由の1つとして挙げられるのが、マイニング参加者による売り圧力です。 採掘難易度が上昇するとそれだけ優秀なマシンが必要になり、マイニングの参加者はビットコインを現金化しなくてはならなくなります。結果として、ハッシュレートが上昇することで、マイニング参加者のビットコインの売り圧力が顕著になり、価格上昇の重しになっている可能性が考えられるのです。 ビットコイン(BTC)のハッシュレート・マイニング報酬の推移 ハッシュレートについて理解するために、これまでの歴史を知ることはとても大切なことです。過去を知ることで、これからの取引に活かせる場面があるかもしれません。 ここからは具体的に、ビットコインのハッシュレートとマイニング報酬の推移について見ていきましょう。 ビットコイン(BTC)におけるハッシュレートの推移 出典:Hash Rate - Blockchain ビットコインのハッシュレートは、長期的に見ると右肩上がりで推移しています。 2018年11月から12月上旬にかけて一時的に下がったものの、2018年12月中旬からは再び上昇傾向にあります。2019年に入ってからも堅調な上昇を続けており、2018年11月に記録した最高値を更新しています。 こうした長期的なハッシュレートの上昇基調には、いくつかの要因が考えられます。 ビットコイン価格の上昇 1つが、ビットコインの価格が上昇したことによるインセンティブの増加です。 マイニングによって得られる報酬の価値が上昇したことを受けて、より速く計算しようという人が増えたことが考えられます。 マイニングマシンの性能向上 もう1つが、マイニングマシンの性能向上です。時代とともにコンピューターの性能は向上しており、マイニングの速度に寄与していると考えられます。 ビットコイン(BTC)におけるマイニング報酬の推移 マイニングにおいて1番に生成した人がもらえる報酬も、年々推移しています。 ビットコインが誕生した当初は、マイニング報酬が1ブロック(約10分)につき50BTCでした。しかし、2019年現在では1ブロックにつき12.5BTCと大幅に減少しています。 もちろん、ビットコインの価格自体が上がっているので、現金化したときに手元に入るお金は増えていますが、ビットコインの単位で見ると減っているといえます。また今後2020年頃までは1ブロックにつき12.5BTCの報酬が続く見込みといわれています。 なぜ、マイニング報酬は減少していくのでしょうか。マイニング報酬が減っていく理由には、ビットコインの「半減期」が大きくかかわっています。 ビットコインのシステムの中には、21万ブロックがマイニングされるごとに報酬が半分になる半減期が設定されています。この半減期のサイクルが、およそ約4年とされているため、定期的にマイニング報酬は減っていくことになるわけです。 この半減期は、総発行量の上限が約2100万BTCと決められているビットコインの発行数量を調整するために設けられています。急激なインフレを防ぎ、通貨のシステムを長く維持する役割を持っているといえます。 詳しくはこちら:なぜ仮想通貨には半減期があるの?半減期が近い通貨の一覧も紹介 ハッシュレートをビットコイン(BTC)の取引に役立てよう ビットコインのハッシュレートには、マイニングの状況や通貨の信頼性などが表れていると言えます。今後、ビットコインの取引をするにあたっては、判断材料の一つとしてハッシュレートに着目してみるのも良いかもしれません。 金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckなら、24時間いつでもビットコインの取引を行えます。ウェブサイトだけでなくアプリの使いやすさにも定評があり、初心者にも中級者以上にも利用されています。 ビットコイン以外の取り扱い仮想通貨の種類も豊富で、電気代の支払いでビットコインがもらえるCoincheckでんきや、ガス代の支払いでビットコインがもらえるCoincheckガスなどの独自サービも展開しています。これからビットコインの取引を始めてみようという方は、まずはCoincheckに口座開設してみてはいかがでしょうか。

ビットコイン(BTC)を思い立ったその日に購入してすぐに取引したい人は、それが可能なのかどうか知りたいでしょう。また、仮想通貨取引を始めたいけども、始め方がわからないという人もいるかもしれません。 スムーズに仮想通貨取引を始めるためには、ビットコイン(BTC)を取り扱っている仮想通貨取引所でのアカウント作成と口座開設が必要です。そこで、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckのアカウント作成方法や口座開設方法、準備すべき書類などについて解説します。 ビットコイン(BTC)は即日購入・取引可能? ビットコイン(BTC)の即日購入・取引が可能かどうかを知りたい場合、通貨の特徴を把握しておくことも欠かせません。 ビットコイン(BTC)は、ブロックチェーン技術を利用している仮想通貨の元祖です。ブロックチェーンとは、過去からの取引が格納されているブロックが連なったものをいいます。 ビットコイン(BTC)には、円やドルなどの法定通貨のように通貨管理を行う中央銀行のような存在はありません。その代わりに取引履歴である記録台帳を、世界中に分散して管理していることが特徴になっています。 分散管理によって、悪意あるユーザーによる取引履歴の改ざんを困難にする仕組みです。そんなビットコイン(BTC)の取引を行う場合には、仮想通貨取引所への登録と口座開設が必要になります。 一般的な目安としては、口座開設に数日程度かかると認識しておきましょう。ただし、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckでは、本人確認が完了すればビットコイン(BTC)の購入が可能です。 後日自宅に届くはがきを受け取ると、仮想通貨の購入だけでなく日本円の出金や仮想通貨の送金など、全てのCoincheckの機能を利用することができるようになります。 Coincheckの口座開設はこちら Coincheck登録方法から使い方までの初心者向けマニュアルはこちら ビットコイン(BTC)は「販売所」と「取引所」で取引可能 ビットコイン(BTC)を売買したい場合は、「販売所」と「取引所」と呼ばれるネット上の場所のどちらかで取引を行うことが必要です。 Coincheckでは、アカウント登録を行ったうえで口座開設すれば、取引所と販売所の両方を利用できます。ここでは、取引所と販売所それぞれのメリット・デメリットを紹介します。 「販売所」のメリットとデメリット まず、販売所のメリットとデメリットです。 販売所とは、仮想通貨取引所がすでに所有しているビットコイン(BTC)を、ユーザーに対して販売もしくは買取りを行っている場所のことをいいます。販売所の主なメリットは2つあります。 注文すればすぐに約定する 1つは、取引所とは異なり、注文が通らず購入できないケースがないことです。注文すればすぐに約定するため、スムーズに売買できます。 初心者にも操作が簡単 もう1つは、一般的なショッピングの場合と同じような感覚で、簡単に操作して仮想通貨売買ができることです。難しい操作を覚える必要がないため、初心者でも戸惑うことはないでしょう。 指値注文ができない 一方、デメリットは、販売会社が仲介して売買を行うことになるため、指定された価格で購入することになる点です。 取引所のように、価格を指定して注文を出す指値注文を行うことができない点がデメリットだといえます。 「取引所」のメリットとデメリット 続いて、取引所を利用するメリットとデメリットです。取引所とは、取引に参加しているユーザー同士で仮想通貨を売買する場所のことをいいます。 指値注文ができる 主なメリットは、指定価格に達したときだけ購入できる指値注文が使えることです。また、買値と売値の差額のことをスプレッドといいますが、取引所はこのスプレッドが狭くなる傾向にあります。 注文が通らない可能性がある 一方、デメリットもあります。主なデメリットは、自ら指定した価格で取引してくれる相手方がいないと、注文が通らない可能性があることです。指値注文で購入する場合は、購入したいときに必ず購入できるわけではないと、認識しておく必要があります。 初心者には操作が難しい また、初心者には操作が難しく注文ミスをしてしまう可能性があります。そのため、これから仮想通貨を始める予定の方は、まずは販売所の取引に慣れてから取引所を利用されるのが良いでしょう。 ビットコイン(BTC)の取引所を選ぶ際のポイントは? ビットコイン(BTC)に代表される仮想通貨を扱う取引所は、国内外に数多く存在しています。スムーズに取引を行うためには、取引所選びが重要です。 そこで、取引所選びで大切になるポイントをいくつか紹介します。 1. セキュリティレベルが高いか 1つ目のポイントは、セキュリティレベルの高さです。仮想通貨取引を行う場合、仮想通貨取引所に自らの資金を預けることになります。 そのため、きちんとしたセキュリティ対策が行われているかどうかは重要なポイントです。セキュリティレベルの高さを判断する場合、2つの点に注目するとよいでしょう。 顧客資産の分別管理 1つは、顧客資産の分別管理が行われているかどうかです。分別管理とは、顧客からの預り金である顧客資産と、取引所運営会社の経営資金である会社資産とを分けて管理することをいいます。 コールドウォレットの管理体制 もう1つは、コールドウォレットの管理体制があるかどうかです。ウォレットとは、仮想通貨を保管する電子財布のことをいいます。 各種ウォレットのうち、ネット環境から完全に切り離すタイプがコールドウォレットです。コールドウォレットで資産を保管することで、ハッキングの脅威から顧客資産を守れるようになります。 Coincheckでは、顧客資産の分別管理とコールドウォレットでの管理を行っていることが特徴です。また、2段階認証や国内外のセキュリティ企業によるシステム監査により、安全性を高めています。 2. 流動性が高いか 2つ目のポイントは、高い流動性が確保されているかどうかです。流動性が高いとは、取引所に多数の参加者がいて、常に注文量や取引量が多い状態をいいます。 仮想通貨取引を行う場合は、自分が指定した価格で取引に応じてくれる相手方を見つけることが必要です。取引量が少なく流動性が低い取引所を利用してしまうと、売り手が少なく高値で買うことになってしまう可能性があります。 また、買い手が少ない場合は、いつまでも売ることができず、希望の価格では売りそこなうこともあるのです。そのため、できるだけ多くの利用者が参加している取引所を選んで口座開設することが重要になります。 3. 通貨の種類が豊富か 3つ目のポイントは、取引所が取り扱う通貨の種類の豊富さです。 仮想通貨には、ビットコイン(BTC)だけでなくイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など「アルトコイン」と呼ばれる通貨が多数存在しています。 アルトコインのアルトは、日本語で「代替え」であり、ビットコイン(BTC)以外という意味です。取引所によって、どの通貨の取引ができるかは異なります。 取引できる通貨の種類が多ければ、取引の幅が広がります。そのため、多くの種類のアルトコインを扱っていることを基準に取引所を選ぶ人も多いです。 また、自分が取引したい通貨の取り扱いがあるかどうかを事前に確認することも大切になるでしょう。Coincheckは、合計10種類の仮想通貨を取り扱っています(2019年9月末時点)。 4. ツールが使いやすいか 4つ目のポイントは、取引ツールが使いやすいかどうかです。取引ツールの使い勝手がよければ、取引のたびにストレスを感じることはなく、スムーズに取引を積み重ねていくことができます。 また、急激な価格変動に対応しなければならない場合でも、焦らず取引できることもポイントです。一方、ツールの使い勝手が悪ければ、常にストレスを抱えながら取引を行うことになり、いざという時にミスも発生しやすくなります。 ツールの使いやすさを確認するときは、パソコンだけでなくスマホアプリの使い勝手も確認することが必要です。主にパソコンで取引する場合でも、外出中にスマホで取引することもあります。 スマホアプリの使いやすさも重要視したほうがよいでしょう。Coincheckのアプリは、動作が軽いことが特徴です。 直感的に操作できる点も初心者にとってメリットになります。また、ログインしていない状態であっても、ウィジェット機能で価格チェックができる点も便利です。 詳しくはこちら:コインチェックアプリの使い方(iOS・Android) 5. 手数料が安いか 5つ目のポイントは、手数料です。ビットコイン(BTC)を取引するための仮想通貨取引所を選ぶときには、手数料に着目して比較する必要があります。 1回あたりの手数料の差は小さいと感じても、何度も取引を重ねていくと、小さな差が積みあがって大きなコスト差が生まれるからです。仮想通貨取引で効率的に利益を得ていくためには、できるだけコストが安い取引所を選ぶ必要があります。 手数料には、さまざまな種類があります。なかでも特に注目しておきたい大切な手数料は、取引手数料と入出金手数料の2つです。その理由は、売買取引と入出金は頻繁に行う可能性が高いという特徴にあります。 頻繁に行う取引に関する手数料が高いと、利益に与える悪影響が大きくなるからです。手数料も、取引所によってさまざまな体系がとられています。Coincheckでは、ビットコイン取引所の取引手数料が無料という点が注目ポイントです(2019年9月末時点)。 ビットコイン(BTC)取引の第一歩!取引所での口座開設の流れ 仮想通貨取引を始めるためには、仮想通貨取引所での口座開設が必要です。その手順について、Coincheckを例に解説します。まず、Coincheckへの登録です。 アカウント登録 公式サイトやアプリからメールアドレス登録を行い、メールで送られてくるURLにアクセスして顧客情報を登録します。 Coincheckのアカウント登録はこちら SMS認証 続いて、SMS認証です。認証を行って電話番号の確認を済ませます。さらに、本人確認書類画像の提出です。 本人確認書類の提出 ネットにアップロードする形で運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出します。本人確認書類と自分の顔写真が一緒に写った「IDセルフィー」も同時に提出しましょう。 二段階認証設定 その次は、二段階認証設定です。二段階認証を設定すると、ログインの際に二段階でコード入力を要求される設定になります。 日本円の入金 そして、取引所への入金です。審査に合格したら、仮想通貨の購入に必要となる日本円の入金を行います。 仮想通貨の購入 ここまで終わると、仮想通貨の購入が可能です。通貨種類と数量を指定して注文します。 ハガキの受け取り 審査後に送られてくる本人確認ハガキの受け取りも必要です。受け取りが終了すると、Coincheckのすべてのサービスの利用が可能になります。 Coincheckで口座を開設するにはどれくらい時間が必要? Coincheckで口座開設を行う場合、どの程度の時間が必要になるのかを知りたいという人もいるでしょう。口座開設では、必ず審査が行われます。 そのため、申し込み後すぐに開設できるわけではなく、一定の時間がかかると認識しておくことが必要です。早ければ、申し込んでから数日程度でハガキが自宅に届き、審査を含めて口座開設手続きが完了することもあります。 しかし、数日程度というのはあくまで目安です。人によっても審査期間は変わってくることがありますし、口座開設申し込みの混雑状況によっても左右されます。 思い立って手続きすればすぐに利用できるというわけではないため、早めに口座開設の申し込みをしておくことがポイントです。また、本人確認のハガキを確実に受け取れるようにすることも、期間短縮に役立ちます。 申し込みの日から2~3日は、自宅で郵便受け取りできるようにスケジュールを確保しておくことも有効な方法です。受け取りができず再配達になると、その分、取引所側での確認も遅れてしまいます。 ビットコイン(BTC)の口座開設をする際に注意したい点 口座開設において書類の提出ミスなどがあると、再度申し込みが必要になります。 その分、口座開設手続きに余分な時間がかかってしまうことになり、肝心のビットコイン(BTC)取引をなかなか始めることができません。そうならないためには、以下のような点に注意することが大切です。 本人確認書類の用意 1つ目は、指定された形式の本人確認書類を用意することです。また、提出時には鮮明なデータの提出も欠かせません。 年齢条件 2つ目は、年齢条件を満たしているかどうかの確認です。未成年の利用の可否は取引所によって差があります。Coincheckの場合は、新規登録では20歳以上75歳未満に限られています。 虚偽の記載をしない 3つ目は個人情報に関して虚偽の記載をしないことです。また、現住所と本人確認書類に記載の住所が異なる場合は、あらかじめ本人確認書類の住所変更を済ませておきましょう。 Coincheckでビットコイン(BTC)の取引を始めよう ビットコイン(BTC)は、Coincheckでアカウント登録後に口座開設をすれば売買が可能です。そのため、事前に必ず口座開設が必要になると認識しておく必要があります。 Coincheckは、24時間いつでも仮想通貨を簡単に売買でき、仮想通貨初心者にも使いやすい取引所です。取り扱い仮想通貨の数も豊富で、セキュリティ面にも力を入れている取引所です。 メールアドレスやFacebookアカウントさえあれば簡単に登録ができますので、Coincheckでの口座開設を検討してみるのも良いでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に興味がある人のなかには、具体的な使い方が知りたいケースもあるでしょう。 ビットコインは代表的な仮想通貨であり、国内外で人気の高さを誇ります。この記事では、ビットコインを使う前の準備や使い方の事例について、仮想通貨の初心者の方にもわかりやすくご紹介します。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を使う前に用意するべき「ウォレット」とは? ビットコインを使う際には、「ウォレット」を用意するのが一般的です。この段落では、ビットコインを使う前に用意するべき「ウォレット」について解説します。 仮想通貨におけるウォレットとは、通貨を安全に保管するツールのことを指します。ウォレットという名の通り、仮想通貨用の電子財布として利用できることが特徴です。 ウォレットは暗号システムを用いて、ウォレット内に保管している仮想通貨を守るためのシステムになっています。ウォレット内で実際に保管しているのは、仮想通貨そのものではなく「秘密鍵」と呼ばれるものです。 秘密鍵は、ビットコインを取引するための暗証番号の役割を担っています。ウォレットには多くの種類があり、使い勝手やセキュリティの強度にはそれぞれ違いがあります。 そのため、自身の目的に応じて使い分けるようにしましょう。 仮想通貨のウォレットの種類と特徴 ウォレットは、大きくはホットウォレットとコールドウォレットに分けることができます。 ホットウォレットはオンラインでネットワークにつながっているため、ハッキングを受けるリスクがあります。クラウド上で管理するオンラインウォレットやスマホ用アプリを使用するモバイルウォレット、パソコンにウォレットをインストールするデスクトップウォレットなどはホットウォレットに分類されます。 反対に、コールドウォレットはオフライン管理であるため、安全性が高いことが特徴です。USB状のデバイスなどを使用するハードウォレットや紙に印刷して保管するペーパーウォレットなどは、コールドウォレットに分類されます。 仮想通貨を安全に保管したい場合には、コールドウォレットを使用するのが一般的です。ウォレットのなかでも高額なのはハードウォレットですが、利便性が高く持ち運びしやすいというメリットがあります。 詳しくはこちら:仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類は? 仮想通貨のウォレットを使うメリット ここでは、ビットコインなどの仮想通貨をウォレットに保管するメリットについて解説します。 1. 仮想通貨を分散して保管できる 1つ目のメリットは、仮想通貨を分散して保管できることです。セキュリティレベルのより高いウォレットを選べば、ハッキングリスクも抑えられます。 2. 送金や残高照会がスムーズに素早く行える 2つ目のメリットは、送金や残高照会がスムーズに素早く行えることです。スマホのウォレットを利用すれば、より簡易的に残高照会などが行えるでしょう。 3. カウンターパーティーのリスクを抑えられる 3つ目のメリットは、カウンターパーティーのリスクを抑えられることです。カウンターパーティーとは、仮想通貨の取引所や取引相手などのことを意味します。 仮想通貨の取引所などが万が一ハッキングなどによって閉鎖した場合、自身の仮想通貨を取り出せなくなるといったリスクを軽減することが可能です。 日常生活におけるビットコインの使い方 日本国内では、仮想通貨が生活の場で利用できる機会が増えている傾向です。この段落では、日常生活におけるビットコインの使い方について詳しく解説します。 現金化する ビットコインは仮想通貨の取引所や販売所で売却することで、現金にすることができます。円やドルなど、さまざまな法定通貨に替えられることが仮想通貨の特徴です。 また、ビットコインATMを利用すれば、その場で現金として引き出すことも可能です。ただし、日本全体でみるとビットコインATMの導入台数はかなり少ないです(2019年7月末時点)。 実店舗で利用する ビットコインでの支払いに対応している実店舗は、家電量販店などが挙げられます。 仮想通貨は決済手数料が安いため、ビットコイン決済に対応する実店舗は世界中で増加傾向であることが特徴です。実店舗でビットコイン決済するためには、事前にスマートフォンなどにウォレットアプリをダウンロードしておく必要があります。 決済する際に指定されたQRコードを読み取り、店舗側に送金する仕組みになっています。スマホをかざすだけで決済が可能であるため、パスモのようなイメージで使用でき手軽に買い物を楽しむこともできます。 クレジットカードのように、暗証番号を入力したりサインをしたりする必要もありません。 ネットショッピングで利用する 仮想通貨での決済が可能なネットショップも、世界的には増加傾向だといえます。ビットコイン決済に対応しているネットショップには、Bitcoinmallなどが挙げられます。 Bitcoinmallでは生活家電やパソコン、生活雑貨やおもちゃなど幅広い商品を取りそろえていることが特徴です。送料が無料であるため、他のネットショップよりも利用しやすいといえます。 価格表記が日本円ではなく、「BTC」や「MONA」などの仮想通貨の単位で表示されているケースもあるため注意しましょう。ネットショップ内には、仮想通貨レートなども表示されています。 価格変動によっては日本円よりもお得な買い物ができるケースもあるため、自身でビットコインの価格変動を見極める必要があります。 公共料金の支払いにビットコインを利用するCoincheckでんき 公共料金の支払いにも、ビットコインが対応しているケースがあります。金融庁登録済の仮想通貨取引所のCoincheckは、「Coincheckでんき」というサービスを実施しています。 ビットコインで電気代を支払うことで、電気代が約4~6%程度割引されることがメリットです。また、現金などで電気代を支払った場合には、毎月の電気料金の約1~7%分のビットコインがCoincheckウォレットに貯まるシステムもあります。 対象エリアは日本全国であり、ほぼ全てのエリアに電気を供給しています。沖縄電力やその他の離島は対象外となるため、対象エリアなどを確認してから利用するようにしましょう(2019年7月末時点)。 Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら 投資や資産運用にビットコインを利用する ビットコインに興味を持つ人の大半は、投資や資産運用に利用することが特徴的です。 仮想通貨取引所などでビットコインを購入・売却し、価格差によって利益を得る仕組みです。ビットコインの投資にはアービトラージやレバレッジ取引などもありますが、仮想通貨初心者は通常の現物取引から利用し始めると良いでしょう。 アービトラージとは、各取引所における取引価格差を利用した投資方法のことを指します。レバレッジ取引は元金を担保に元金以上の額を投資するため、大きな負債を抱えるケースもあり仮想通貨初心者にとってはリスクを伴う投資です。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 なお、2019年1月には約30万円だったビットコイン価格は、2019年6月末には120万円以上と約4倍になっており、今後の動向も注目されています。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 他人にビットコインを送金する ビットコインは、ツールを通して他人に送金することが可能です。ビットコインで給料を支払っている企業も、少しずつ世界的には増えている傾向です。 例えば、海外には、ビットコインで報酬を支払うことが可能な「Bitwage」と呼ばれるサービスなどがあります。通常の銀行送金は海外送金手数料が高いことが特徴ですが、ビットコインは海外送金手数料が安いことが魅力の1つです。 そのため、国をまたいだフリーランスと雇用主が、ビットコインを用いて金銭をやりとりしやすいことがビジネス面での大きなメリットだといえます。 例えば海外のクライアントと仕事をする機会が多いフリーランスの人は、ビットコインでの送金を選択肢の1つにするのも良いでしょう。 ビットコインの使い方を把握すればデジタル通貨を活用可能 一般的にビットコインの用途は投資や資産運用というイメージが強いかもしれませんが、実店舗やネットショッピングでの利用、海外送金など、使い道は数多くあります。 さまざまな使い道を検討している場合には、仮想通貨を安全に保管できるウォレットも導入することが大切です。次世代のデジタル通貨として、国内外から注目されるビットコインを上手に活用するようにしましょう。 ビットコインは、仮想通貨の取引所Coincheckで500円から購入することができます。ビットコインに興味が芽生えた方は、まずはCoincheckに口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

新たな時代の通貨として、投資対象としても注目を集めているビットコイン(Bitcoin/BTC)。 そんなビットコインの保有方法にはいくつかありますが、中でも一般的といえるのが「ビットコインウォレット」です。まだビットコインを持ったばかりの人の中には、仮想通貨取引所のウォレットに保管している人や、ビットコインウォレットをよく知らないという人も多いことでしょう。 そこで今回は、ビットコインウォレットの特徴やウォレットの種類をご紹介します。 ビットコインウォレットの概要を解説 どこのビットコインウォレットを作成するのが良いかに触れる前に、まずはビットコインウォレットの概要について紹介します。 ビットコインウォレットがどういうものなのか、取引所に預ける場合とどう違うのかなど、初心者は押さえておきましょう。 ビットコインウォレットとは ビットコインウォレットとは、仮想通貨ウォレットや単純にウォレットとも呼ばれ、ビットコインを始めとする仮想通貨を保管しておくための財布のようなものです。 仮想通貨の送金に必要となる秘密鍵を持つビットコインアドレスを一つにまとめたもので、複数のアドレスをウォレットにて管理することができます。 ビットコインウォレットは、それぞれの事業者が提供しているため細かい特徴は異なるものの、一般的な特徴としては「複数の仮想通貨を一つにまとめて管理できる」「他のウォレットに送金できる」「セキュリティを維持できる」などが挙げられます。 仮想通貨取引所の保管との違いは 複数の仮想通貨を保管するのに優れるビットコインウォレットですが、仮想通貨取引所での保管と何が違うのでしょうか。 そもそも仮想通貨取引所とは、投資家が仮想通貨を自由に売買できる場所のことを指します。インターネット上に存在する証券会社のようなもので、取引所で購入した仮想通貨はその取引所のビットコインウォレットに自動で保管される仕組みとなっています。 ですから、自分のビットコインウォレットを持っていなくても、取引所で売買を行うと自動的に取引所内にウォレットを持つことになります。 取引所とビットコインウォレットの違いを挙げるとするならば、取引所は仮想通貨の売買をする場所であり、ビットコインウォレットは自分自身で仮想通貨を管理する場所、といえるでしょう。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら なぜビットコインウォレットが必要なのか 取引所でも仮想通貨を保管できるのに、自身のビットコインウォレットで保管する必要性はあるのでしょうか。 その理由の一つが「セキュリティ面」です。仮想通貨はネットに存在する性質上、ハッキングなどを受けると全ての資産を消失する危険性があります。 もし、持っている仮想通貨を全て取引所に保管していた場合、中にはホットウォレットと呼ばれるネットにつながれた状態で保管している取引所もあり、資産を盗まれる可能性も考えられます。過去には、実際にハッキングされて倒産してしまった取引所もあります。 まだ法整備が完全とはいえない状況で、こうしたリスクから自分の資産を守るために、自身でビットコインウォレットを作って、仮想通貨を分散して保管する方法があるのです。 そんなビットコインウォレットには、大きく分けて「ホットウォレット」と「コールドウォレット」があります。 セキュリティに関わる部分でもあるので、仮想通貨を保有するのであれば違いを正しく押さえておく必要があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。 ホットウォレットとは ホットウォレットとは、常にネットに接続された状態にあるウォレットを指します。スマホアプリやブラウザ上のウォレットなどがホットウォレットに該当します。 ホットウォレットの大きなメリットは、「送金が簡単にできること」です。ネットに常時つながれているので、たとえばQRコードを読み取るだけでもすぐに送受信が完了します。 一方でデメリットは、「ハッキングのリスクがあること」です。 ネットにつながれているので、不正アクセスなどのリスクに常にさらされていることにもなり、資産消失の危険性が高いといえます。そのため、ホットウォレットには、取引をするのに必要な金額など少額を保管するのが良いでしょう。 なお、ホットウォレットに当たるものには、オンライオンウォレット・モバイルウォレット・デスクトップウォレットなどがあります。 オンラインウォレット オンラインウォレットは、ホットウォレットに分類される代表的なウォレットです。ウェブウォレットとも呼ばれ、文字通り取引所のサイト上など、ネット上につながれた状態で仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。 メリットとしては「どの端末でもアクセスできる点」と「初心者でも気軽に使える点」が挙げられます。IDとパスワードを把握しておけば、どの端末でもアクセスができ、管理が複雑ではないのが特徴です。 取引所がセキュリティ対策を行っているため、初心者でも管理がしやすいといえるでしょう。一方、デメリットとしては「不正アクセスのリスクが高い点」です。 取引所での不正アクセスはこれまで何度も起こっており、完璧に安全とは言い切れません。取引所によっても強度が異なるので、万が一不正アクセスに遭った場合には資産を失う危険性があることは認識しておきましょう。 モバイルウォレット モバイルウォレットは、オンラインウォレットと同じくホットウォレットの一種ですが、特に携帯端末に対応したウォレットをそう呼びます。 携帯端末に対応していることで、カメラと連動したQRコードの読み取りや仮想通貨決済などにも優れています。メリットとしては、秘密鍵を用いて携帯端末内で保管することになるので、オンラインウォレットよりもセキュリティ面でやや強固といえます。 一方でデメリットは、万が一携帯端末が故障したり盗難されたりすると、仮想通貨を失うリスクがあることと、アルトコインなどの新規のコインに対応しているウォレットが少ないことなどが挙げられます。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットとは、オンラインウォレットやモバイルウォレットと同じくホットウォレットの一種です。 モバイルウォレットが携帯端末で保管をするのに対し、デスクトップウォレットはパソコンで保管をするウォレットということになります。 パソコンにインストールして使うことになりますが、デスクトップウォレットは、容量が大きい「フルノード型」と、容量が小さい「軽量型」に分けられます。容量が大きいほど取引記録は参照しやすいという違いがあります。 デスクトップウォレットのメリットは、「操作がシンプルな点」と「取引所に依存しない点」が挙げられます。パソコン上で操作し、複雑な操作なしにすぐウォレットを作成することができます。 また、取引所から離して自身のパソコン上に保管できるので、万が一取引所が倒産したりハッキングを受けたりしても資産を守ることができます。 一方で、デメリットとしては「自身のパソコンの影響を受ける点」が挙げられます。パソコン自体がウイルス感染したり不正アクセスをされたりすると、結果として仮想通貨を失うことにもなりかねません。 秘密鍵やパスワードなどをバックアップして保存しておくのが理想です。 コールドウォレットとは コールドウォレットとは、インターネットと切り離したところで仮想通貨を保管するウォレットのことです。 コールドウォレットの大きな魅力は、なんといってもハッキングリスクを抑えられる点です。ネットに繋がれているホットウォレットとは異なり、コールドウォレットはネットに繋がない限りハッキングの危険性を極めて低く抑えられます。 一方で注意点としては、急な決済に向いていないことなどが挙げられます。ネットと切り離しての保管なので、決済などを行う場合にはその都度パソコンに繋がなくてはなりません。 また、仮想通貨を保管しているコールドウォレットを物理的に紛失したり盗難されたりすると、資産をそのまま失ってしまうことにもなるので注意が必要です。コールドウォレットには大きく分けて、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットがあります。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、ネットと切り離された端末に仮想通貨を保管するコールドウォレットの一種です。 ハードウェアウォレットのメリットとしては、「高いセキュリティ性」と「持ち運びが容易であること」などが挙げられます。ネットに繋がない限りは不正アクセスなどのリスクから資産を守ることができます。 また、USB端末のような小型のものも多く、持ち運びも便利で、使いたいときにはパソコンに差し込むだけで管理ができるのも便利です。 一方で、デメリットとしては、「対応通貨が共通ではないこと」と「物理的な保管が課題となること」が挙げられます。さまざまなメーカーがハードウェアウォレットを発売しているので、対応通貨が共通でない点は注意すべきところです。 また、端末自体を紛失したり破損したりしてしまうと、中に入っているデータが消失してしまう恐れもあるので物理的な管理はとても重要になります。 ペーパーウォレット ペーパーウォレットは、文字通り紙の形をしたウォレットで、仮想通貨のアドレスや秘密鍵と呼ばれるものを紙に印字して保管するタイプのウォレットを指します。 ペーパーウォレットに保管している状態ではすぐに取引することができないので、長期で保管したい場合などに向いているウォレットです。完全にネットから切り離されているので、不正アクセスやハッキングを受けないのが大きな利点といえます。 その一方で、紙に保管することになるので水濡れや破損などに弱いことや、無くしやすいという点はデメリットといえるでしょう。 自分に合う仮想通貨のウォレットを決めるポイントとは たくさんある種類の中から、自分に合ったウォレットを見つけるためには、まず仮想通貨を保有する目的を明確にすると良いでしょう。 大きく分けて、「日常使い用」なのか「投資用」なのか、はたまた「貯金用」なのかで変わってきます。たとえば、買い物など日常使いを頻繁にするようなケースなら、すぐに送金ができるオンラインウォレットが向いていますし、投資用として売買を行いたいなら取引所に預けておくのも一つの選択肢です。 貯金用で長期に渡って使わないというのであれば、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットでネットから切り離して保管するというのも良いでしょう。もし、どのウォレットを作れば良いか悩んでいる場合には、ひとまず取引にも使いやすいオンラインウォレットを作ってみるのも良いでしょう。 次の段落で、オンラインウォレットの作り方について紹介します。 ビットコインウォレットを作ってみよう 国内大手の金融庁登録済の仮想通貨取引所であるCoincheckでは、ビットコインウォレットを簡単に作成することができます。 ここでは、Coincheckにおけるビットコインウォレットの作成方法を簡単に紹介していきます。初心者でまだウォレットが無いという人は参考にしてみてください。 Coincheckのウォレットとは Coincheckのウォレットは、国内でも有数の取引量を誇る仮想通貨取引所であるCoincheckが提供しているオンラインウォレットのことです。 取引所のウォレットなので、仮想通貨の売買がすぐにできるのはもちろんのこと、送受金も簡単な操作で行えるのが特徴です。日本円での入金や出金にも対応しています。 Coincheckのウォレットは、操作が分かりやすく、初心者にもおすすめのウォレットといえます。 ウォレットの作成手順 Coincheckのウォレットは、仮想通貨取引所Coincheckの口座開設を行うことで、自動的に口座開設者用のウォレットが作成されます。 口座登録の手順を踏めば、あとは自動的に作成されるので面倒な手続きが必要ありません。口座開設自体も、簡単な入力だけですぐにできますので、仮想通貨を取引したいと思ったら、とりあえず作っておくのも良いかも知れません。 以下の手順で口座開設を行います。 Coincheckの口座開設の手順 Coincheckの公式サイトから口座開設ができますので、まずはCoincheckの公式サイトに移動します。 1. アカウント登録 その後、アカウント登録ページでメールアドレスとパスワードを入力します。 2. SMS認証と本人確認書類を提出 アカウント作成後、SMS認証と本人確認書類の画像を提出します。 本人確認書類には運転免許証などが必要ですが、写真を貼り付けて提出できるのでネット上で完了します。また、本人確認書類の画像と合わせてIDセルフィーも提出します。 3. 本人確認の審査 本人確認の審査が完了すると、仮想通貨の購入や日本円での入金などの一部のサービスが使えるようになります。 本人確認が認証されれば、仮想通貨の取引を始めることができます。ウォレットはこの時点で自動的に作成され、売買をしたときには保有した仮想通貨がウォレットに保管されます。 4. はがきの受取 本人確認の審査が完了すると、後日自宅に郵便はがきが届きます。こちらのはがきを受け取ると口座開設が完了し、日本円での出金や仮想通貨の送金ができるようになります。 Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら ビットコインウォレットは仮想通貨の取引には必需品 ビットコインウォレットは大きく分けて、ホットウォレットとコールドウォレットに分類され、さらに細かくさまざまなウォレットが存在します。 それぞれに向き不向きやメリットデメリットがあるので、自分のスタイルに合わせたものを選択するのが良いでしょう。 仮想通貨の取引が初めての場合は、アカウント作成だけでオンラインウォレットが作れるCoincheckからビットコインウォレットを作成してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨元年といわれた2017年は、仮想通貨で巨額の財産を築いた「億り人(おくりびと)」と呼ばれる人たちが誕生しました。 億り人がきっかけで、仮想通貨を初めて知ったという人もいるかもしれません。しかし、一時期200万円以上にまで高騰したビットコインの価格は2018年に入って急落しました。 その後、2019年に入って再びビットコイン価格は100万円にまで回復しましたが、ビットコイン億り人と呼ばれた人たちは今どうしているのでしょうか。 この記事では、億り人の現状と、注意すべき仮想通貨の税金事情などについて解説していきます。 そもそも億り人(おくりびと)とは? はじめに「億り人」とは何かを理解しておきましょう。合わせて、日本に億り人と呼ばれる人たちがどれくらいいるのか、気になる人数もみていきます。 億り人(おくりびと)の意味 文字からも想像できるように「億り人」とは、株式投資やFXなどの分野で生まれた言葉で、投資や投機によって資産が1億円を超えた人のことをいいます。 2017年は仮想通貨が値上がりしたため、資産が1億円を超えた仮想通貨保有者が続出しました。こうした経緯があって、「億り人」は仮想通貨業界でも使われるようになりました。 億り人(おくりびと)の人数 2017年に日本で1億円以上の資産を築いた人は、一体どれくらいいたのでしょうか。 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の発表した資料では、1億円以上の資産があるウォレットは日本国内の取引所に268口座あるとされています(こちらの口座には一部の仮想通貨交換業者の口座は含まれておりません)。 また、2017年の確定申告の総括が2018年5月に国税庁から公表されました。こちらのデータによると、雑所得の収入が1億円超あったとした納税者のうち、仮想通貨の売買で収入を得ていた人が少なくとも331人に上るとされています。 ただし、仮想通貨の取引をしている人の中には、自分のウォレットで資産を管理している人や、複数の口座に資産を分散している人も相当数いると考えられます。そのため、実際には協会や国税庁の把握している数よりも多くの億り人がいる可能性はあります。 仮想通貨の億り人(おくりびと)はどうして成功することができたのか? 億り人は、なぜ1億円以上の資産を築くことができたのでしょうか。億り人が生まれた背景を考えてみましょう。 ビットコインの高騰 仮想通貨の中で最も有名なのはビットコインです。 ビットコイン以外のコインをアルトコインと呼ぶことで、仮想通貨の勢力図は大まかにいうとビットコインとアルトコインに分けられることになりました。2017年以前の仮想通貨業界では、ビットコインへの投資で資産を築いた人が多くいました。 コインの価格は需要と供給のバランスによって決まります。仮想通貨の中でビットコインが他のコインよりも一足早く価格が高騰したのは、ビットコインが有名になって需要が高まったことが理由の1つです。 早い時期に世の中に出るというのは、知名度の面ではアドバンテージになるといえるかもしれません。その結果、使用が開始された2009年に1BTCあたり0.07円程度だったビットコインは、2013年には13万円程度にまで上昇しました。 4年程度のうちの価格上昇率は実に100万倍以上です。また、2017年12月には過去最高額の240万円以上にまで価格が上昇しました。 このビットコイン価格高騰の波に乗って、国内外で多くの人々が億万長者となりました。 アルトコインなどの高騰 ビットコインの価格が上昇するのに伴い、徐々にアルトコインも注目を集めるようになります。 たとえば、日本発の仮想通貨であるモナコインは、2017年10月にそれまでの1MONAあたり50円台から900円近くまで高騰しました。また、同年12月、初期の頃は0.7円程度だったリップルは300円近くまで高騰しています。 モナコインは2017年の初め頃には3円程度で流通していた通貨ですので、初期の頃にモナコインを購入し、高騰時に売却できていれば、たった数カ月で「億り人」になれていたということになります。 一方、2017年の年始に1BTCあたり約12万円だったビットコインも、同年年末には150万円以上にまで上昇しました。ビットコインも10倍以上に成長しているものの、アルトコインの成長率に比べると、その成長の度合いは見劣りすると感じるでしょう。 このように個々のコインの高騰率を見てみると、仮想通貨元年と呼ばれた2017年は、主にアルトコインに投資していた人が資産を大きく増やすことのできた年であったことが分かります。 仮想通貨の億り人(おくりびと)の現在とは? 2017年に資産を大きく増やすことのできた仮想通貨の「億り人」たちは、現在どうしているのでしょうか。 2018年以降、仮想通貨の市場は下落しました。うまく下落前に利益確定させ、その資金を元手にさらに資産を増やしているのでしょうか。 2018年の仮想通貨の暴落 2017年は記録的な高騰を遂げた仮想通貨ですが、2018年に入ると状況は一転します。 ビットコインを含む多く通貨で価格の大きな値下がりを経験しました。仮想通貨の価格下落に伴って、資産状況が悪化した億り人も少なくなかったことでしょう。 利益を確定できなかった人は損している 一時億り人になった人の中には、この暴落までに利益確定できず、損を出している人もいると考えられています。相場が下落した分、資産も目減りしてしまい億り人ではなくなった人も、相当数いるでしょう。 仮想通貨で多額の利益を出した時に忘れてはいけない納税資金 仮想通貨で利益を出したときに考える必要があるのは、納税資金のことです。仮想通貨の場合は、仮想通貨同士の交換も課税の対象となるため注意が必要です。 億り人になった人の中には、税金が払えなくなってしまう人も出ていたそうです。たとえば、仮想通貨の価格が高騰しているときに利益を確定し、1億円の資産を持つことになった人のことを考えてみましょう。 その時点で他の通貨を購入し、その状態で価格の90%以上の値下がりが起こったとします。このようなケースではその仮想通貨を売却しても十分な利益を上げられないため、税金を支払えないこともあり得るのです。 仮想通貨は仮想通貨同士なら損益通算が可能です。そのため、仮想通貨同士を交換しても、通常の値動きの範囲であれば十分にその影響を吸収できます。 しかし、2018年の下落幅は想像以上のものであったため、税金だけ支払うことになってしまった人も出てしまったようです。このことから、仮想通貨の交換も課税対象となるのは大きなリスクになることが分かったのです。 仮想通貨における税金事情とは? これから仮想通貨の取引を始めようと考えている人は、どのように課税されるのかを正しく理解することが大切です。 仮想通貨の税金の仕組み 仮想通貨の税制の仕組みを理解する前に、自分に納税の義務があるのかを確認しましょう。 大前提として、仮想通貨は基本的に個人で持っているだけでは課税対象となりません。円やドルなどの法定通貨や、他の仮想通貨、または買い物などで仮想通貨で支払ったときに所得としてみなされることになっています。 会社などに勤めている人は、仮想通貨で年間に20万円以上の利益を出すことができたとき、学生や主婦などで扶養されている人は年間33万円以上の利益が出た場合には、原則確定申告と納税の義務が発生します。 仮想通貨の税金は累進課税 日本の税制では、仮想通貨は「雑所得」に分類されるため、他の所得との合算した金額に対して課税されることになります。 他の所得との合算に対してかかる税を「総合課税」といいます。株やFXは分離課税のため、どんなに利益を出しても税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)です。 一方、総合課税では累進課税制度が適用されており、所得が増えるほど段階的に税率が上がる仕組みとなっています。国税庁の公式サイトによると、所得が195〜330万円以下の所得税の税率は10%となっていますが、4000万円を超えると45%の税率が適用されます。 実際に負担する税率は、税率に一律10%の住民税が加わった額になりますので、仮想通貨で4000万円以上の利益を出した人は利益の55%を税金として納めなければなりません。 詳しくはこちら:仮想通貨にかかる税金とは?計算方法から確定申告のやり方まで解説 ※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 仮想通貨で買い物をしても課税対象になる(2019年6月末時点) 仮想通貨が知られるようになるつれて、ビットコインで買い物できるお店も増えました。ただし、仮想通貨では、通貨の売買だけでなく仮想通貨で買い物をしたときも課税対象となるので注意が必要です。 たとえば、1BTC=10万円のときに1BTC購入し、その後値上がりして1BTC=30万円のときに30万円分の家電製品を購入したとします。所得の計算は、家電製品の購入金額30万円ービットコインの取得価格10万円となり、差額の20万円分が課税対象となります。 また、他の通貨と交換をしたときも利益を得たとみなされるため、注意が必要です。たとえば、ビットコインを1BTC=10万円で購入し、その後1BTC=50万円にまで値上がりしたとします。 価格が値上がりしてから全額を他の通貨と交換した際は、差額の40万円が課税の対象となります。 仮想通貨取引における税金対策 このように仮想通貨は、さまざまなシーンで課税されることが分かります。それでは、取引でなるべく税金がかからないようにするためにはどうすればよいのでしょうか。 1. 頻繁にトレードせずに保有し続ける 1つ目の対策は、なるべく頻繁にトレードをせずに1つの仮想通貨を持ち続けることです。 仮想通貨は利益を確定させることで課税の対象となります。そのため、トレードの回数を抑えて利益を確定させないことは、税金を抑えることができる対策の一つとして考えられます。 2. 毎年少しずつ利益を確定させる 2つ目の対策は、毎年少しずつ利益を確定させる方法です。 累進課税の税率は1年間に出した利益の総額で決まります。そのため、1度に大量に利益を確定させるよりも、数年にかけて確定させた方が税率を低く抑えることができます。 ただし、相場の変動が激しい仮想通貨はこの方法には一定のリスクも伴います。少しずつ利益を確定させるこの方法は、評価額が変わらないか、右肩上がり続くことが前提となっているからです。 急な相場変動で資産が大きく目減りしてしまうと、課税の対象にはならないものの、相場が高いときに利益確定させておけばよかったと思うこともあるかもしれません。課税されるのを承知で利益を確定させるか、相場の急落リスクをとるかの判断が難しいでしょう。 3. 含み損の仮想通貨は決済しておく 3つ目の対策は、含み損となっている仮想通貨は決済しておくという方法です。課税対象となる利益は損失を出すことで、打ち消すことができます。 含み損とは、株式や仮想通貨などの評価額が取得時の価格を下回っているときの損失のことです。含み損が発生していて、今後も価格が上がる見込みがない仮想通貨を持っているのであれば、決済しておくことで税率を下げられる可能性があります。 他にも、法人を設立して事業として仮想通貨取引を行うという方法もあります。個人で仮想通貨の取引をしても他の所得との損益通算や赤字の繰越は認められていませんが、法人ならそれが認められているからです。 詳しくはこちら:仮想通貨取引・購入のための法人口座開設の流れはこちら 今からでも遅くない?仮想通貨の億り人を目指す方法 これから仮想通貨で億り人を目指すためには、一体どのような方法があるのでしょうか。 主要なアルトコインへの投資 方法の1つは、主要なアルトコインに投資するという方法です。 仮想通貨の価格は2018年1月から軒並み下落してしまいました。しかし、アルトコインの中にはたびたび高騰している銘柄もあります。 たとえば、2018年9月中旬に約30円程度だったリップルは、1週間で約80円程度まで値上がりしています。そのため、タイミングよくアルトコインの市場に参入することができれば、全体が下落相場であっても短期間で資産を大きく増やせる可能性は十分あるといえるのです。 ただし、短期間で「億り人」を目指す場合は、最初にある程度の元手資金が必要となるでしょう。 マイナーコインへの投資 次に紹介するのは、マイナーコインに投資する方法です。 マイナーコインとは、アルトコインの中でもまだ世の中にあまり知られていないコインのことです。仮想通貨の種類は1000種類以上あるといわれており、その中には1年で1万倍以上の値上がりをした銘柄もあります。 有望なマイナーコインを見極めることができれば、数万円の元手であっても、大きく資産を増やすことも不可能ではありません。しかし、マイナーコインの中には、詐欺コインやそのまま値上がりせずに開発が止まってしまうようなコインもあります。 最悪のケースでは、投じた資金がムダになってしまうこともあるのです。多数のマイナーコインの中からそうした将来性のあるコインを見つけられるのは非常に確率が低く、リスクも高いことを認識しておく必要があります。 仮想通貨の取引は余剰資金で行おう 2018年に入ってから、仮想通貨の相場はしばらく低迷していました。 然し乍ら、2019年に入って再びビットコイン価格が100万円を突破するなど、徐々に回復傾向にあります。相場が低迷しているときこそ、投資を始めるにはよいタイミングであると考えることもできますし、今からでも仮想通貨で億り人になれる可能性はゼロではありません。 仮想通貨の取引に興味が芽生えた方は、まずは金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckで口座の開設をしてみましょう。Coincheckでは全ての仮想通貨を500円から購入することができますので、これまで投資をしたことがない人でも気軽に始められるようになっています。

「ビットコイン(BTC)などの仮想通貨で1億円」といった話を聞くと、自分にもできるかもしれないと気になるかたもいらっしゃるかもしれません。 実際に、ビットコイン投資で1億円の所得を得た人もいます。ただし、ビットコイン取引を安全に行うためには、ビットコイン取引のやり方を理解しておく必要があります。 ビットコイン(BTC)は、金融庁登録済の仮想通貨の取引所に口座を開設し、取引所に日本円を入金して購入します。また、1億円もの所得を得た場合は、どのように日本円に換金するのかについての知識も知っておく必要があるでしょう。 そこで、ビットコイン(BTC)で1億円以上の資産を築いた有名人やビットコイン(BTC)の換金方法、換金時に注意すべき点などをご紹介します。 ビットコイン業界で話題の「億り人」とは? 映画「おくり人」に合わせて作られたといわれているネット上の造語が「億り人」です。 億り人とは、投資の世界においては、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨で総資産1億円以上を達成した人の総称です。仮想通貨の世界での億り人は、もともと多額の資産があったのではなく、主に仮想通貨投資で財を成した人のことをいいます。 仮想通貨価格が高騰した2017年には多数の億り人が誕生し、メディアやSNSの話題をさらい注目を集めました。このような背景もあってか、「億り人」という言葉は広く知られるようになったと言われています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で1億円以上の資産を得た有名人 ビットコイン(BTC)によって億万長者になった人は、著名な投資家や企業家だけではありません。 一般人も含めて世界中に多数のビットコイン長者が誕生しました。そのなかでも特に知られているのがウィンクルボス兄弟やロジャー・バー氏などですが、ここではこれらの人々について少しご紹介します。 ウィンクルボス兄弟 ビットコイン(BTC)で財産を築いたウィンクルボス兄弟は、双子だということでも知られている有名人です。 もともと資産家であり、仮想通貨創成期から仮想通貨の可能性に着目して大量のビットコイン(BTC)を購入していました。ウィンクルボス兄弟は「Facebookを作ったのは自分達である」と訴訟を起こし、Facebook創業者であるマーク・ザッカーバーグと裁判で争って勝訴したことでも有名です。 2019年時点では、米国で仮想通貨取引所も運営しています。 ロジャー・バー氏 ロジャー・バー氏も仮想通貨の世界では名の知られた人です。アメリカ生まれで、ビットコイン(BTC)で成功した第一人者だともいわれています。 ロジャー・バー氏は「ビットコイン(BTC)の神」と称せされることもある人物で、発言は仮想通貨業界で多くの人の注目を集め、多大な影響力を持っています。 また、ビットコインキャッシュ(BCH)の推進者としても有名で、ビットコイン(BTC)で成功したのちに、ビットコインキャッシュ(BCH)の普及にも力を注いでいる人物です。 詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴やビットコイン(BTC)との違いを徹底解説 クリストファー・コッホ氏 クリストファー・コッホ氏も、仮想通貨の世界における有名人の1人です。 クリストファー・コッホ氏は、2009年に5,000BTCものビットコイン(BTC)を購入した人物として知られています。当時はまだビットコイン(BTC)が登場したばかりの時期であり、先見の明があったとして認められている人物です。 2009年当時、ビットコイン(BTC)の価格は5,000BTCでも27ドル程度でした。ビットコイン(BTC)の知名度が上がったことによる価格上昇で、その資産価値は80万ドル以上にまで膨れ上がったと言われています。 サトシ・ナカモト氏 ビットコイン(BTC)を語るうえで、サトシ・ナカモトは外せない存在です。 サトシ・ナカモトはビットコイン(BTC)の生みの親として知られています。本名かどうか、個人か団体かもわからない謎の存在です。 これまでも「自分こそがサトシ・ナカモトだ」と名乗り出た者は複数いましたが、いずれも本物だと証明されたことはありません。サトシ・ナカモトは創世記に自ら生み出したビットコイン(BTC)を約100万BTC保有していることがわかっています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)での所得が1億円を超えた一般人は多い? 有名人・資産家だけでなく、ビットコイン(BTC)で所得1億円超を達成した一般人についても気になるでしょう。 仮想通貨取引による所得については、株式投資などのように源泉徴収が行われないため、一定以上の所得を得た場合、確定申告が必要です。 2018年に国税庁が発表した情報によると、1億円以上の所得者の多くが仮想通貨取引を行なっていたことが判明しました。2017年分の確定申告を行った人の総数は2198万人で、そのうち1億円以上の所得申告を行った者は549人となっています。 その549人のうち、仮想通貨所得があった人の割合は約60%で331人でした。今後ビットコイン(BTC)の知名度が上がれば、さらに一般人が参加する敷居は下がっていくでしょう。 そうすれば、一般人でもビットコイン投資で所得1億円超を達成する人は、今後さらに増える可能性はあります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 今後のビットコイン価格の予想は? ビットコイン(BTC)の価格は、2017年に高騰したあと2018年に低迷しました。しかし、2019年4月には再び急騰し、2019年6月には再び100万円を超えました。 ビットコイン(BTC)の将来の価格について、ビットコイン(BTC)愛好家であるジョン・マカフィー氏は「2020年末までにビットコイン価格が100万ドル(約1億円)以下に収まっていることは数学的に不可能」と語っていることで有名です。 そこで、著名人によるビットコイン(BTC)の将来価格予想などについてご紹介します。 ジョン・マカフィー氏によるビットコイン高値更新予想 ジョン・マカフィー氏は、NASA宇宙科学研究所のプログラマーでした。 その後、セキュリティソフトウェア開発を行うマカフィー(Mcafee)社を創業して世界にその名を知られることとなります。また、ビットコイン(BTC)愛好家としても知られる存在です。 彼が、自身のツイッターで「2020年末までビットコイン価格を100万ドル(1億円)以下に抑えることは数学的に不可能」と語ったことでも有名です。過去には、「ビットコイン(BTC)のマイニングコスト/ユーザー数/トランザクション数」などに基づいた高値更新予想なども公表しています。 「ビットコイン(BTC)は単なる投資ではなく、銀行に匹敵する決済プロトコルを実現させる手段である」という点も強調しており、今後も発言に注目してみるとよいかもしれません。 数学的に裏付けされたビットコイン需要 ジョン・マカフィー氏は、ビットコイン(BTC)が誕生した頃に「ビットコインマイナー」として利益を出していた実績があります。 その実績を踏まえ「ビットコイン(BTC)のマイニングによる損失はない」と発言しています。彼は、ビットコイン(BTC)は発行通貨総量の上限が定められているため、価値が上昇すれば数学的に価格上昇が起こるという見解を持っているようです。 今後、ビットコイン(BTC)需要は下がると指摘する一部の投資家もいますが、2019年時点でもビットコイン(BTC)決済などを採用する企業や、新たに仮想通貨の取引所の運営を開始する企業などは、世界中で増加している状況です。 自国の法定通貨に失望した人がビットコイン(BTC)支持に回っていることも考慮すると、需要は今後も高まっていくこともあるでしょう。また、アメリカドルやユーロ、中国元といった世界の主要通貨に並んで、ビットコイン(BTC)を使用する人が出てくることもあるかもしれません。 ビットコイン所得が1億円を超えた場合の換金方法 ビットコイン(BTC)を決済手段として利用できる店舗などは増えてきました。 しかし、日本円などの法定通貨と比較すると、まだ決済手段として利用できる場所は限られているのが現状です。ビットコイン取引による所得が1億円を超えた場合、決済手段として利用するだけでなく、ビットコイン取引所やビットコインATMで日本円に換金することもできます。 ここでは、ビットコイン(BTC)の換金方法について解説します。 1. 金融庁登録済の仮想通貨の取引所で換金する ビットコイン(BTC)は、仮想通貨の取引所で換金できます。 仮想通貨の取引所は世界中にありますが、基本的に日本円に換金するためには、国内の金融庁登録済の仮想通貨の取引所を利用する必要があります。国内の大手取引所の一つであるCoincheck(コインチェック)であれば、スマホアプリからでも簡単に日本円に換金することが可能です。 Coincheckは、取引できる仮想通貨の種類が多かったり、数千万円以上なら優遇レートで取引ができる大口OTC取引サービスを提供していたり、購入した仮想通貨をCoincheckに貸し出して利用料をもらえる貸仮想通貨サービスなどを提供していることが特徴です。 Coincheck(コインチェック)登録方法から使い方までの初心者向けマニュアルはこちら 換金する際に利益が出ている場合は、課税所得に対する税負担が生じます。また、取引所に対して手数料を負担する場合もあるでしょう。 取引手数料や出金手数料は、仮想通貨の取引所ごとに異なります。Coincheckの場合は、出金する金額に関わらず、一律400円の出金手数料となっています。 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)を現金化するには?国内での両替方法まとめ 2. ビットコインATMで換金する 日本ではビットコインATMの数は少ないというのが現状です。それでも、日本国内にはいくつかのビットコインATMが設置されています。 ビットコインATMを利用する場合は、携帯電話番号登録や本人確認などの手続きが必要です。そのため、初回利用時には手間がかかります。 しかし、一度手続きを行えば、取引所での換金よりも早く日本円を手にできる有効な方法です。ただし、手数料は2~10%程度と高く、設置場所も少ないため利便性は高くないのが現状です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で1億円以上の所得を得た場合の税金 ビットコイン(BTC)で多額の所得を得た場合、税負担も重くなります。 そのため、仮想通貨取引で大きな利益を目指す人は、税制に関することも十分に理解しておくことが重要です。税制を理解することで、納税資金不足に陥ったり無駄な税金を支払ったりせずに済むようになるでしょう。 そこで、ビットコイン(BTC)の課税関係について解説します。 ビットコイン(BTC)にかかる税金は「雑所得」 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨取引で所得を得た場合、その所得は所得税法上の雑所得に区分され課税されることになっています。 株式や投資信託の売却益は譲渡所得、配当や分配金は配当所得とされ、一定の要件を満たせば申告分離課税で、適用税率は住民税なども含めて一律20.315%です。内訳は、所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%となっています。 一方、仮想通貨の所得は雑所得であり、分離課税ではなく総合課税になる点に注意が必要です。総合課税は、給与所得や事業所得など総合課税対象の所得をすべて合算して総所得金額を計算します。 課税総所得金額には、超過累進税率が適用されることが特徴です。超過累進税率は、所得金額が多いほど高い税率が適用される仕組みになっています。 そのため、所得税については、1億円を超える所得のほとんどに最高税率の45%が適用されるのです。比例税率の住民税10%などと合わせると税負担は50%を超えますので、この点には注意が必要です。 詳しくはこちら:仮想通貨にかかる税金とは?計算方法から確定申告のやり方まで解説 ※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 1億円以上の所得に対する国民健康保険料 ビットコイン(BTC)で1億円以上の所得を得た場合に増加する負担は、税金だけではありません。自営業者などが加入している、公的医療保険である国民健康保険料にも影響が及びます。 会社員など健康保険に加入している給与所得者の場合は、月給やボーナスの金額だけで保険料が決まるため、仮想通貨取引の所得が増加したとしても、健康保険料は基本的には影響を受けません。そのため、会社員の場合は、原則税負担だけを気にしておけば十分です。 しかし、国民健康保険の保険料は、仮想通貨所得を含めた前年の所得に対して決まる仕組みになっています。前年の所得が多いと、国民健康保険料は上がることは避けられません。 保険料率は地方自治体によって異なりますが、1億円以上の仮想通貨取引所得が生じた場合は、上限の料率が適用されることになります。自営業者などの場合は、税金と国民健康保険料の両方の負担を考慮するようにしましょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)にかかる税金を抑えるには? ビットコイン(BTC)の大きな価格上昇に乗ることができれば、多額の売却益を手にすることもあるでしょう。 仮想通貨取引による所得が多額になった場合は、正しい納税計算を行い納税することが大切です。また、合法的な対策を検討して、税負担を抑えたい人もいるかもしれません。 多額の所得を得た人の中には、海外移住などを検討する方もいたようです。数百万~数千万円程度の所得であれば、税負担軽減のために海外移住することが得策とはいえないケースも多いでしょう。 しかし、億り人になった人のなかには、税率の低い国に移住して税負担を抑えるという選択をしている人もいます。日本の税制上では、原則として現金化もしくは決済で利用した時点で課税所得が確定するとされる仕組みです。 ただし、一般的な事業者などの場合は、脱税防止などの観点から、移住する出国時に含み益について課税されます。一方、ビットコイン(BTC)を保有している状態で海外移住しても、含み益について出国時に課税される可能性は低いでしょう。 移住する場合は、ウォレットに保管しておけば特に手続きをすることなく、そのまま海外移住後にビットコイン(BTC)を使用することも可能です。また、移住先の国の仮想通貨の取引所を利用して売却・換金もできるでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を1億円換金する時に大切な仮想通貨の取引所選び ビットコイン(BTC)の取引で1億円以上の所得を得ている億り人は、実際に存在しています。 そんなビットコイン(BTC)の取引を行う場合は、税金の負担に対する知識や安全な取引方法を理解しておくことが重要です。また、取引コストを抑えることも考える必要があるでしょう。 そのためには、仮想通貨取引所選びが大切です。国内大手取引所の一つであるCoincheckでは、大口OTC取引サービスを提供しています。 数千万円以上の取引を優遇レートで行いたい方は、Coincheckの大口OTC取引サービスの利用を検討してみるのも良いでしょう。

代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)を購入して手に入れたあと、どのように現金化するかの方法について、気になる人もいるかもしれません。 両替するタイミングや両替方法をあらかじめ知っておけば、安心してビットコイン(BTC)に資金を投じることもできます。そこで、ビットコイン(BTC)を日本円へ換金するタイミングや両替の方法、仮想通貨取引の課税関係などについてご紹介します。 また、仮想通貨取引所に関する知識も紹介しますので、記事を読めば仮想通貨取引所についても理解することが可能です。なお、仮想通貨の取引所Coincheckでは、ビットコイン(BTC)と日本円の交換がアプリでも簡単に可能です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を両替するタイミング ビットコイン(BTC)を実際に使う場合、そのまま使うだけでなく現金化するという選択肢もあります。 現金化するためには両替が必要です。ただし、両替のタイミングには注意する必要があります。そのため、どういったタイミングで両替すべきかわからないという人も多いでしょう。 また、両替のタイミングでは課税所得が発生する場合もあり、税金についても考慮して両替のタイミングを判断することも大切です。そこで、両替のタイミングの事例を2つほどご紹介します。 ビットコイン(BTC)の高騰前後に両替する ビットコイン(BTC)価格は、株価と比較しても乱高下が激しいという特徴があります。 そのため、価格が高騰する時期は何度も訪れるでしょう。チャートをチェックしていると価格上昇局面を見ることは多いですが、その価格が高値なのか、さらに上がるのかの判断は難しいものです。 売却タイミングについて迷わないためには、価格が急上昇して目標価格を超えたあと、上昇スピードが緩やかになるタイミングで売却して両替すると、うまくいく可能性があります。 ポイントは、事前にいくらになったら売るという目標価格を、独自に設定しておくことです。自分の決めたルールを守らず「まだ上がる」と欲を出すと、タイミングを逃してしまうリスクがあります。 売却して両替を済ませば、仮に暴落局面がきても損をすることはありません。その点を踏まえて、目標価格を決めて利益を確保して両替し、実際に使える現金に換えることが大切です。 ビットコイン(BTC)に関するニュースに応じて換金する ビットコイン(BTC)を両替するタイミングを判断するにあたっては、ビットコイン(BTC)関連のニュースをチェックすることも欠かせません。 ビットコイン(BTC)価格は、関連ニュースによって変動することも多いです。ポジティブなニュースが流れれば価格は高騰し、ネガティブなニュースが報じられると暴落する可能性が高くなります。 流出事故などのネガティブなニュースは突然報じられることが多いですが、実用化や規制に関する動きはある程度事前に情報収集することも可能です。そのため、チャートで価格推移を確認するだけでなく、ビットコイン(BTC)に関するニュースを的確に捉えられるようにアンテナを張っておくことが大切になります。 価格上昇が見込めるニュースをキャッチしたときは購入し、下落が予想されるときは売却して両替をするようにしましょう。金融庁登録済の仮想通貨取引所であるCoincheck(コインチェック)は、ホームページ上でユーザー同士が情報発信・交換できるチャット機能を備えていることが特徴です。 そういった機能を利用すれば、より効率的に情報収集ができるようにもなるかもしれません。 日本国内でのビットコイン両替方法 日本では、まだまだビットコイン(BTC)をそのままの形で、日常的に決済手段として利用している人は少ない状況です。 投資目的で取得したビットコイン(BTC)を、実際に支払手段として利用できる場所が限られていることも理由の1つです。ビットコイン(BTC)の経済価値を使って支払いを行うためには、日本円に両替をして使用する必要があります。 そこで、ビットコイン取引所での両替とビットコインATMを利用した両替の2つの方法に関し、具体的なやり方などについて紹介します。 国内のビットコイン取引所で両替する流れ 海外の仮想通貨取引所を利用している場合、ビットコイン(BTC)を両替するにあたっては、国内の仮想通貨取引所や販売所にビットコイン(BTC)送金を行ってから両替する必要があります。このケースは、手間がかかることがデメリットです。 一方、国内の取引所や販売所を利用している場合は、海外の仮想通貨取引所の場合のような手続きを踏む必要はありません。直接、国内の取引所や販売所で、ビットコイン(BTC)を法定通貨である日本円に両替することができます。 国内のビットコイン取引所を利用して両替を行う場合は、「保有しているビットコイン(BTC)をJPY(日本円)ペアで換金」と「JPY(日本円)を銀行口座に送金」の2つのステップが必要です。それぞれのステップについて詳しく解説します。 JPY(日本円)ペアで換金する ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を売却する場合、「売却希望額」と「売却希望枚数」を事前に決めておく必要があります。枚数とは通貨量のことです。 ビットコイン(BTC)の最新の相場状況を確認したうえで、仮想通貨取引所で取引を行います。ビットコイン(BTC)を日本円に両替するときには、「BTC/JPY」という通貨ペア(組み合わせ)を選択して取引を行うことが必要です。 JPY(日本円)を銀行口座へ送金する 「BTC/JPY」の通貨ペアで取引を行うことで、ビットコイン(BTC)からJPY(日本円)に資産が両替されます。 そのJPY(日本円)を銀行口座に送金することで、支払いに使える法定通貨への両替が完了するのです。ほとんどの国内取引所では、入出金メニューが用意されており、それを利用することで送金できます。 まず、入出金メニューの「出金」から「JPY(日本円)」の選択です。次に、入金先の銀行口座を指定して送金処理を行います。 口座への入金確認が終わったら、ビットコイン(BTC)からJPY(日本円)への両替は完了です。送金手続き後、営業日2~3日経過しても着金確認ができない場合は、取引所に問い合わせしてみるのも良いでしょう。 銀行口座反映に時間がかかる場合もありますので、問い合わせ前に、各取引所の注意事項で標準的な送金にかかる時間を確認することも必要です。 取引所と販売所の違い ビットコイン(BTC)を両替する場合、取引所と販売所のどちらかを選んで両替を行うことになります。 取引所について 仮想通貨取引所では、成行注文・指値注文ができ、取引所に参加している投資家同士が売買を行うシステムになっています。 成行注文とは、価格を指定せず数量だけ指定して注文する方法で、優先的に取引が成立する注文方法です。最新の取引価格で約定します。 指値注文とは、価格と数量を指定する注文方法です。取引価格が指値に届かなければ注文は成立しません。 販売所について 一方、仮想通貨販売所を利用する場合、取引相手は別の投資家ではなく販売所になります。取引価格は、販売所が提示する価格です。 販売所の提示価格で問題がなければ、そちらで希望の通貨量の売買注文を成立させることができます。基本的に即時に注文が成立するため、初心者でも簡単にビットコインを日本円に両替することができます。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら ビットコインATMで両替する ビットコイン(BTC)の両替については、ビットコインATMを利用するという選択肢もあります。 ビットコインATMは世界中に存在し、日本国内でもいくつか設置されている状況です。外出時に街中で気軽にビットコインATMを利用できる環境が整えば、ビットコイン(BTC)の可能性はさらに広がっていくでしょう。 ビットコインATMの利用にあたっては、携帯電話番号登録や本人確認などの手続きが必要になります。そのため、初回利用時には時間がかかることがデメリットです。 しかし、一旦手続きしておけば、現金が欲しい時にすぐにビットコインから日本円に両替することができるというメリットがあります。取引所での出金を行う場合、銀行の営業時間などの影響で、着金までに数日かかることもあります。 一方、ビットコインATMであれば、その場で簡単に日本円を引き出せます。ただし、手数料が引出額の2~10%と、基本的には高めに設定されている点には注意が必要です。 ATMでビットコイン(BTC)を両替する流れ ビットコインATMを利用するにあたっては、両替の流れを理解しておくことが必要です。 ATMの機種によって多少操作方法などは異なりますが、大まかな流れは同じになります。ビットコイン(BTC)を売却して日本円に両替する流れですが、最初にSMSやメール、指紋認証などの方法で個人認証を行います。 次に、必要となる日本円の金額の入力です。さらに、モバイルウォレットを使用してATMのQRコード化されたアドレスを読み取り、表示された数量のビットコイン(BTC)の送金処理を行います。 最後に、両替された日本円を受け取れば完了です。 ビットコインATMの設置場所 ビットコインATMを利用する場合、どこに設置されているかを把握することも必要です。 ビットコインATM情報を発信しているWEBサービス「コインATMレーダー」によると、日本国内に設定されているATMは、2019年5月時点で茨城県1カ所、東京都2カ所、福岡2カ所の合計5カ所にとどまります。 カフェと仮想通貨取引所にあるケースが多いようです。近くにATMがあれば、すぐに両替できるというメリットが生かせ、緊急時には重宝するでしょう。 しかし、日本では設置箇所が少なく手数料も高いため、利便性が高いとは言えない状況です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の両替に必要な手数料 ビットコイン(BTC)を現金に両替する場合、さまざまコストがかかります。 主なものは、取引手数料や入出金手数料です。レバレッジ取引の場合は、借入手数料やスワップ手数料などもかかります。手数料水準は、各取引所・販売所ごとに異なると認識しておくことも大切です。 さらに、仮想通貨取引所や販売所へ支払う手数料以外にも、銀行口座へ出金するときにかかる手数料もあります。Coincheckの場合は、日本円の出金金額に関わらず、銀行口座へ出金する手数料は一律407円です。 両替回数が増えると手数料負担も重くなります。手数料が増加すると、せっかくのビットコイン取引の利益を減少させてしまいますので、できるだけまとめて出金した方が手数料負担は少なくなるでしょう。 ※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の両替にかかる税金 ビットコインを両替した場合、税金がかかるケースがあります。 すべての両替取引に対して課税されるわけではなく、購入時の価格よりも高い価格で売却した場合に生じる売却益が課税対象です。所得区分は雑所得で、所得税の課税対象となります。 ビットコイン(BTC)の売却取引以外にも課税対象となる取引があり、値上がりした仮想通貨で別の仮想通貨を購入した場合は課税対象です。この場合は、別の仮想通貨に交換した時点で交換元の仮想通貨の値上がり益に対して課税されます。 ビットコイン(BTC)を日本円に両替した場合に生じる雑所得は、総合課税の対象です。総合課税は、給与所得や事業所得などほかの所得と合算して一定の控除を行ったあとの課税総所得金額に対して、所得が高いほど税率が高くなる超過累進税率を適用することになっています。 住民税と復興特別所得税を合わせた合計の最高税率は、約55%です。 詳しくはこちら:仮想通貨にかかる税金とは?計算方法から確定申告のやり方まで解説 ※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の現金化・両替は仮想通貨の取引所Coincheckで ビットコイン(BTC)を現金化する主な方法は、仮想通貨取引所・販売所での両替や、ビットコインATMでの両替などがあります。 手数料負担を安く済ませて、簡単かつ安全に両替するには、金融庁登録済の仮想通貨取引所での両替が良いでしょう。金融庁登録済の仮想通貨取引所の1つであるCoincheck(コインチェック)では、スマホアプリからでも簡単にビットコイン(BTC)の現金化が可能です。 また、取り扱いの仮想通貨の種類が多いことから、ビットコイン(BTC)から他のアルトコインに交換することもできます。さらに、購入したビットコイン(BTC)を一定期間貸し出すことで、利用料をもらえる貸仮想通貨サービスなども提供しています。 これからビットコイン(BTC)の取引を行う場合は、様々なサービスを提供するCoincheckを利用してみてはいかがでしょうか。

2017年、仮想通貨ブームの火付け役となったビットコイン(BTC)は、これからも投資面で期待できる通貨であるといえるのでしょうか。 ビットコイン以外の仮想通貨を、アルトコインと言います。このような切り分けがされているのは、仮想通貨の中でもビットコインがいち早く運用が開始され、ユーザーが増える中で価格上昇を経験し、有名になったことが一つの理由として挙げられます。 こちらの記事では、仮想通貨の基礎知識から、仮想通貨の中でビットコインはどのような立ち位置にあるのか、これまでの価格推移の歴史などをわかりやすく解説します。 そもそも仮想通貨とは何か? 仮想通貨と聞くと、「仮想という名前がついているくらいだから、実体としてのお金ではないんでしょ?」といったように理解している方も、いらっしゃるかもしれません。 実際に仮想通貨の仕組みや、法定通貨との違いを正確に把握している人は少ないでしょう。仮想通貨は、実体を伴わないインターネット上の通貨のことです。 法定通貨は特定の国の政府が発行しますが、仮想通貨はオープンソースでの開発を通じて、誰でも作ることができます。また、国の中央銀行が一括して管理する法定通貨に対して、ビットコインなどの仮想通貨は世界中で分散管理されています。 P2Pネットワークと呼ばれるシステムで、利用者同士が相互に管理しあっているのです。国や企業が通貨の価値を決めるものではないため、権威や権力に縛られにくい自由度の高い通貨であるともいえます。 その結果、異なる国の間で通貨のやりとりをするにしても両替の必要がありません。実際にビットコインを持っていれば、海外に行っても両替をすることなく使うことができたりもします。 詳しくはこちら:仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく解説 仮想通貨の種類は1,000種類以上存在 現在、仮想通貨には1,000を超える種類があるといわれています。この記事では代表的な仮想通貨であり、有名なものをいくつかご紹介します。 ビットコイン(BTC) ビットコインは世界初の仮想通貨で、2017年に価格が急騰したことで、日本でも広く知られるきっかけとなった仮想通貨です。 2008年の誕生から上昇と下降を繰り返しながら、急激に価格を上げてきました。代表的な仮想通貨として、今後の動向が注目されている通貨でもあります。 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 イーサリアム(ETH) イーサリアムは、代表的なアルトコインの一つです。 イーサリアムの大きな特徴は、スマートコントラクトと呼ばれる、取引と契約を一緒に記録できる技術を持っていることです。また、イーサリアムのプラットフォームは、他の通貨やトークン、アプリなど、さまざまなものに応用されています。 2015年のイーサリアム価格は「1ETH=30円程度」でしたが、2018年1月には一時約16万円にまで上昇しました。また、スマートコントラクトに注目している企業も多数あることから、すでに一部ではイーサリアムを用いた実証実験も行われています。 詳しくはこちら:イーサリアム(Ethereum/ETH)とは何か? リップル(XRP) リップルも代表的なアルトコインの一つです。 リップルの通貨単位はXRPで、XRPは他の仮想通貨や法定通貨と交換できるブリッジ機能を持っています。決済や取引の際の処理速度が早く、送金手数料が安いという特徴を活かして、異なる通貨間の取引や両替のハブ的な役割を果たしています。 リップルは2004年に考案されたあと、2017年頃までは1XRPは殆ど1円以下でしたが、2018年1月には400円程度にまで上昇しました。2019年に入って価格は落ち着きましたが、国内外の主要な銀行や金融機関との提携を進めていることからも、今後の実用化に対しては引き続き高い期待が持たれています。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)とは?特徴をわかりやすく解説 ビットコイン(BTC)の歴史 数多くの仮想通貨が存在する中で、ビットコインはどのような歴史や特徴を持つのでしょうか。 ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトと名乗る匿名の人物が、インターネット上に発表した論文から開発がスタートした通貨です。 2012年の後半から価格の上昇が顕著になり、2017年には1BTC=200万円以上の値をつけるなど、過去最高値を記録しました。ビットコインが最初に商品と交換された取引は2010年で、内容はピザ2枚とビットコイン1万枚でした。 その当時、ビットコインには殆ど価値がありませんでした。仮に交換相手のピザ屋さんが1万枚のビットコインをそのまま持っていれば、ピーク時には200億円以上の資産を築けたことになります。 ビットコイン(BTC)の特徴 ビットコインは決済システムの機能を持つ仮想通貨でもあります。 2017年に大きく高騰して度々ニュースにも取り上げられたため、仮想通貨の中では知名度が高い通貨であるといえるでしょう。国内外の仮想通貨の取引所のほぼすべてで取扱いがあることから、手に入れやすい仮想通貨でもあります。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ビットコインは、利用できる店舗やサービスも拡大傾向にあるため、実用性の面でも期待されています。また、資産の分散投資先としても活用されつつあります。 ただし、そのような特徴がある一方、価格変動が大きいことについては念頭に置いておかなくてはなりません。価格暴落のリスクや、ハッキングのリスク等へは注意が必要です。 ビットコイン(BTC)の価格変動 ビットコインがリリースされてから現在まで、どのような価格の変動があったのでしょうか。年ごとに価格の動向を追っていきましょう。 2008年〜2012年 2008年に誕生し、翌年2009年に初めて法定通貨との取引が行われた際のビットコインの価格は、1BTCあたり約0.07円程度でした。 2012年後半から価格が急に上昇し始め、2012年1月に1BTCあたり400円台だったビットコインは、12月には1,000円以上にまで高騰しました。価格上昇の背景には、中国人民元の大量発行に関する資本規制があるといわれています。 また、2012年11月はビットコインの新規発行数の半減期に当たったことも、価格が上昇した要因の1つと見られています。 2013年 2013年、ビットコインは大きく価格が上昇しました。1月に1BTC=約2,000円だった価格が、その年の12月には一時1BTCが約12万円以上にまで上昇しています。 価格急騰の背景には、キプロスの金融危機による銀行閉鎖と資金凍結などがありました。また、アメリカではこの年に世界最初のビットコインATMが設置されて注目を集め、中国では大手検索サイトの百度(バイドゥ)がビットコイン決済を採用したことで話題になりました。 このような背景もあってか、主に中国マネーがビットコインへ流入することになり、結果としてビットコインの価格も上昇したと言われています。 2014年 2014年はビットコインにまつわる大事件が起こりました。 世界で有数の取引量を誇る仮想通貨取引所のマウント・ゴックスがハッキングされ、大量のビットコインと現金が盗難されたのです。この事件をきっかけに、ビットコインの価格は1BTCあたり約9万円台から1万円台まで、急激に値下がりしています。 しかし、その後アメリカではDellやマイクロソフトなどの大手IT企業がビットコインによる決済方法を導入し、同年12月には4万円前後まで回復しました。 2015年 前年に価格が急落し、回復を見せたビットコインですが2015年は再び試練が襲いました。 マウント・ゴックス閉鎖後に、ユーザーを取り込んでいたBitstamp(ビットスタンプ)がハッキングされたのです。相次ぐハッキング事件の発生を受けて、同年6月にアメリカのニューヨーク州がビットコインを取り扱う事業者を免許制とする「Bit License(ビットライセンス)」を導入しました。 続いて、同年10月に欧州司法裁判所で、ビットコインの取引は付加価値税であるVATの課税対象外であるという見方が示されます。これにより、ビットコインは正式に支払い手段として認められ、税金の問題がクリアになりました。 このようなニュースにビットコイン市場が反応して、1BTC=約5万円まで上昇しました。 2016年 2016年には日本でもビットコインの動きが活発になり始めました。 仮想通貨やブロックチェーンに関する実証実験を行う大手金融機関や、大手企業が現れはじめます。2016年7月には、ビットコインは2回目の半減期を迎えて新規発行量が少なくなったため、価格が上昇しました。 しかし、8月には香港で有名な仮想通貨の取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が、およそ12万BTCの盗難被害に遭います。価格は一時的に下落しますが、その後に持ち直して1月には1BTCあたり4万円台から、12月には約11万円程度にまで上昇しました。 2017年 2017年は、仮想通貨やビットコインが一般の人にも広く知られるようになった年です。 その年のはじめ1月には1BTC=約10万円だった価格が、年末には国内市場最高価格の235万円以上を一時記録します。 2017年の4月には、仮想通貨を日本で初めて法律に明記した「改正資金決済法等」が施行されました。この改正法が制定された目的は、投資家保護やマネーロンダリングなどの犯罪防止のためで、これまで法の規定がなかった仮想通貨の取引所に対して登録制を導入することでした。 同年8月にはビットコインの開発者とマイナーが対立し、ビットコインから分岐したビットコインキャッシュが誕生します。価格の急落が懸念されましたが、この件については杞憂に終わりました。 詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とは?特徴やビットコイン(BTC)との違いを徹底解説 2018年以降 その後、2018年になってビットコイン価格はじわじわと下降したものの、2019年に入って再び価格が上昇しました。 2019年1月は30万円台だったビットコイン価格は、半年後の5月末には90万円にまで上昇し、再び市場から投資対象として注目され始めています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨取引を始めるには ビットコインなどの仮想通貨の取引は、仮想通貨の取引所で口座開設の手続きをすればすぐにでも始めることができます。 2014年に仮想通貨取引所の運営を開始し、2018年4月にマネックスグループ入りした国内大手取引所のCoincheckは、アプリの使いやすさに定評のある取引所です。投資の初心者でも使いやすいサービスとなっており、取り扱いの仮想通貨の種類が多いのも特徴です。 Coincheckの口座開設は、ステップも簡単です。公式サイトかスマホアプリから、手続きを行うことができます。 Coincheckで口座開設 まず、Coincheckのアカウント登録を行います。 アカウント登録をするためには、メールアドレスとパスワードが必要です。Facebookのアカウントを持っている人は、登録ボタンを押すだけで申請が可能です。 メールアドレスでアカウント登録する人は、公式サイトからメールアドレスとパスワードを登録し、画面内の「アカウント作成」ボタンを押してください。登録したメールアドレスに送られたメールのリンクをクリックすると、アカウントの登録作業が完了します。 Coincheckの口座開設はこちら SMS認証 アカウントを登録したら、SMS認証を行いましょう。ログインすると表示される、緑色の「本人確認書類を提出する」をタップします。 続いて、携帯電話の番号を入力して「SMSを送信する」のボタンを押しましょう。すると入力した電話番号にSMSが届きますので、記載された6桁の認証コードを、アカウントの「送信された認証コード」欄に入力します。 本人確認書類のアップロード 本人確認手続きの仕上げに、本人確認書類の画像をアップロードします。名前、性別、生年月日、住所などの基本情報を登録し、その後本人確認書類をアップロードします。 その際に、提出書類と本人が一緒に写っている「IDセルフィー」のアップロードも求められますので、合わせて提出しましょう。ここまでの手続きが完了すると、本人確認が完了したことを知らせるメールと、住所確認のためのハガキが登録住所に郵送されます。 後日ハガキを受け取れば、Coincheckのすべての機能を利用できるようになります。 Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨購入の手順 Coincheckで口座開設が完了したら、いよいよビットコインを購入してみましょう。 まずはCoincheckのアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。その後、タブから「入出金」を選び「銀行口座から入金」をタップします。 そちらから、Coincheck指定の口座に日本円を入金してください。入金が確認できたら、トップ画面から「ビットコイン(BTC)」を選択して「購入」ボタンをタップします。 購入金額を入力し、購入したい仮想通貨の種類と数量に間違いがないことを確認して「JPYでBTCを購入」ボタンを押します。こちらで購入が完了します。 引き続き将来性の期待されるビットコイン(Bitcoin/BTC) 仮想通貨の市場は、まだまだ成長過程です。未熟であるともいえますが、これから参入すれば大きな利益を挙げられる可能性もあるといえるでしょう。 Coincheckでは500円から仮想通貨の取引を行うことができますので、投資の初心者であっても少額から始めることができます。ビットコインなどの仮想通貨の取引に関心を持った方は、まずはCoincheckに口座開設を行うところから始めてみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never