Bitcoin(ビットコイン)とは

ビットコインは、中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。
仮想通貨とは、オンラインサービス上で経済活動を行うことができる貨幣価値のことを指します。
ビットコインは中央集権から離れて管理されている仮想通貨で、海外でも多くの国で使われています。

ビットコインは、円やドルと同様、「お金」としての価値があります。
しかし、姿形のない「仮想」の「通貨」なので、目に見えたり触れたりすることはできません。
「円」や「ドル」の様な貨幣と同様、ビットコインにも単位があり、その単位をBTC(ビーティーシー)といいます。

ビットコインの特徴


P2P(Peer-to-Peer)ネットワーク型

通常、「円」の様な通貨は、国家(中央管理機関)が信用を基に価値を担保しています。日本で言えば日本銀行券を発行する日本銀行などがそれに当たります。

しかし、ビットコインにはこのような中央管理機関は存在しません

ビットコインのシステムはP2P(Peer-to-Peer)ネットワークによって維持されており、ビットコインの信用はネットワーク参加者全体で相互に形成されてます。

サービスを運営するサーバーとサービスを受けるクライアントとが明確に分かれており、サーバーが管理する情報をクライアントが利用するシステムを「クライアント・サーバー型」と言います。ビットコインのシステムは、「P2P(Peer-to-Peer)ネットワーク型」と言い、クライアント同士が直接通信を行う分散型ネットワークです。

ビットコインの安全性はP2Pネットワークにより保たれています。

ビットコインの仕組み

ブロックチェーン

ビットコインの取引履歴は、ブロックチェーンという公開された台帳によって管理されています。
新しい行われた取引は、ブロックに格納され、P2Pネットワークよる承認が完了すると、過去のブロックとチェーンのように末尾に追加されます。

プルーフ・オブ・ワーク

各ブロックには、各取引の情報に加えて、ハッシュ値nonce値が含まれています。
この2つの値を使って、ビットコイン取引の未承認ブロックを承認する作業をプルーフ・オブ・ワーク(Proof of work)と言います。直前のハッシュ値から、nonce値が算出され、正しいnonce値を算出することがブロックの取引が正しいことを承認することになります。
また、このnonce値によって、次の新しいブロックのハッシュ値が変動する仕組みとなっており、そのハッシュ値が、ブロックの承認作業に使われる。
というように、一つひとつのブロックが、チェーンのようにつながっています。正しいnonce値を求められない場合、次のブロックをチェーンにつなぐことができなくなってしまいます。

つまり、一つのブロックから、次のブロックとつながっているため、何らかの手段でブロックが変更された場合、つながっているすべてのブロックのハッシュ値も変更されなければなりません。
例えば、データの改ざんを試みブロックのデータを書き換えても、その前後のブロックと異なる値であることがすぐ判明されてしまいます。
そのため、改ざんしようとするブロックとつながっているすべてのブロックのハッシュ値をすべて再計算しなければならなくなります。
この再計算には、相当な処理能力が必要となり、次に生成されるブロック承認に追いつかないため、改ざんが不可能となっています。