暗号通貨とは

暗号通貨とは、セキュリティ対策として暗号技術をベースに作られた通貨です。
「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨」という意味があると言われています。
2009年に登場したビットコインは、初めての分散化された暗号通貨とされています。

▼暗号通貨と仮想通貨の違い
暗号通貨と仮想通貨は、言葉が違うだけで意味は同じです。
日本では仮想通貨という言葉が主流ですが、海外では暗号通貨(Cryptocurrency)が主流です。