よく分かる「ブロックチェーン」とは

ブロックチェーンとは
公開された台帳、分散型の台帳・ネットワークです。
ブロックに記録された情報に新しく情報を追加する際、チェーン状に追加されることから、ブロックチェーンと呼ばれています。
ビットコイン送金などの取引は、すべてこのブロックチェーンに記録され、「ビットコインの取引記録」とも言えます。
ブロックチェーンを誰もが見ることができ、誰がどれくらいのビットコインを所有しているのか、ビットコインは誰から誰に移動してきたのかという履歴を確認することができます。
ブロックチェーンの記録はこちら >> blockchain info

ビットコインの中核技術として、ビットコインの考案者とされるSatoshi Nakamotoによって実装されました。

ビットコインは、公開鍵暗号という技術が採用されています。
公開鍵暗号では、秘密鍵を持つ人だけが暗号を解読できるという仕組みですが、ビットコインではブロックチェーンの「署名」に公開鍵暗号技術を取り入れています。
JBAが提示したブロックチェーンの定義
日本ブロックチェーン協会は、ブロックチェーン技術の認知の広がりに伴い、用語の誤用をなくし、会話/議論の円滑化を図るため「ブロックチェーンの定義」を提示しました。
以下、JBAより引用

1)「ビザンチン障害を含む不特定多数のノードを用い、時間の経過とともにその時点の合意が覆る確率が0へ収束するプロトコル、またはその実装をブロックチェーンと呼ぶ。」
2)「電子署名とハッシュポインタを使用し改竄検出が容易なデータ構造を持ち、且つ、当該データをネットワーク上に分散する多数のノードに保持させることで、高可用性及びデータ同一性等を実現する技術を広義のブロックチェーンと呼ぶ。」

分かりやすく解説した記事はこちら
JBAが発表した「ブロックチェーンの定義」を分かりやすく解説してみた