P2P(Peer-to-peer/ピアツーピア)の仕組み

P2P(Peer-to-Peer/ピアツーピア)とは、ネットワーク上に存在する端末(コンピューター)が、一対一の対等の関係で相互に直接接続し分散的に通信を行うことです。

P2P

ビットコインのシステムは、P2Pのネットワークを使用しており、中央管理機関の管理なく価値を担保しています。

インターネット上の一般的なサービスは、サービスを提供する側(サーバー)と、利用する側(クライアント)の役割が分かれている「クライアント/サーバー型」と呼ばれる仕組みになっています。

P2Pでは、サーバーを利用せず、対等の役割を持った端末同士がデータをやり取りします。サーバーを必要としないため、柔軟なネットワークを構築することができます。