ハッシュ値(ハッシュ)

ハッシュ(またはハッシュ値)とは、あるデータを変換して得られる固定長のデータです。
ハッシュの特徴はデータを一方向にしか演算できない問いう点で、ハッシュ化されたデータを元のデータに戻すことはほぼ不可能とされています。
また、元のデータを1文字でも変更すると、ハッシュ化されたデータは全く違う結果となり、元データを推測することを不可能にしてます。

暗号は暗号化したデータを復号できるのに対し、ハッシュは復号ができません。
ハッシュ値を得るための関数を「ハッシュ関数」と呼び、データの改ざんの検知や、パスワードの照合、データ検索の高速化などに用いられます。

パスワードはハッシュ化されて保存されるのが一般的で、そうすることで事業者がユーザーのパスワードを知ることが不可能になり、漏洩などの心配も無くなります。