仮想通貨と電子マネーの違い

デジタル通貨とは、インターネット上で利用できる暗号化された電子通貨です。
暗号通貨の一種で、仮想通貨とも言います。
デジタル通貨(仮想通貨)には中央銀行や特定の企業といった発行元がありません。

 

電子マネーは、現金の代わりに、チャージしたカード、もしくはクレジットカードでの自動引支払いを設定したカードやスマホなどで支払いをすることができる電子のお金です。
発行元がないビットコインとは違い、企業などが発行しています。

suicaやpasumoなどのICカードは、鉄道会社が管理するお財布のようなものです。
チャージすると、発行元の鉄道会社がチャージされたお金を預かります。
そして同じ額の電子マネーをカードに付与するといった流れです。

先にチャージが必要なカードをプリペイド型、 後払いのものをポストペイ型と言います。

電子マネーの利用者は所有する円を電子マネーの端末に入金するか、電子マネーでの支払いに利用する銀行口座にお金を入れておく必要があるので、円という通貨のやり取りとなります。

 

ビットコインは、電子マネーのようにチャージやプリペイドをすることで発行されるわけではありません。
coincheckのような取引所で購入したり、採掘するなどして手に入れます。
また、ビットコインウォレットを持つ人同士であれば、送金や受け取りが簡単に行えます。

電子マネーは他人への譲渡が簡単にはできません。
加えて、海外での利用はできない特定の参加者に特化した支払いシステムと言えます。

 

一方ビットコインは、世界中どこでも利用することができ、譲渡も簡単です。