公開鍵暗号

公開鍵暗号とは、データを暗号化・復号化する際の「鍵」に、「公開鍵」と「秘密鍵」の二つを用いる暗号方式です。
データの暗号化には公開鍵を、データの復号化には秘密鍵を使用します。
公開鍵と秘密鍵は対となっていて、公開鍵でデータを暗号化した場合、対になっている秘密鍵のみ復号化できます。そのため、データを盗まれても復号化できない仕組みとなっています。
ビットコインの取引では、公開鍵暗号を応用した電子署名に利用しています。送金時の取引で署名を行う際に、秘密鍵を使用して署名を行います。取引が正しく行われたかを承認する際に、取引内に含まれる公開鍵と署名済みの送金情報を照合し、データの改ざんがないこと、署名者と秘密鍵の所有者が正しいことを検証します。