プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)とは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)の代替システムにあたるものです。
プルーフ・オブ・ワークは、計算による作業を行うことで、セキュリティの確保を行っているのに対して、プルーフ・オブ・ステークはコインの保有量(Stake)がセキュリティの確保の役割を行っています。

プルーフ・オブ・ステークでは、コイン保有量と保有期間の掛け算で表されるcoin ageが大きいほど、簡単に採掘を行うことができます。
ハッシュ値を求めるメカニズムは、総当たり式ではなくcoin ageに応じてハッシュ計算の範囲が狭くなる仕組みとなっています。そのため、プルーフ・オブ・ワークに比べ、採掘によるコストを削減することができます。また、コインの保有量によって同じ利益を得ることができるため、プルーフ・オブ・ワークのような採掘の集中化が起こりずらくなっています。