ソフトフォーク

もともと「フォーク」という言葉は、ソフトウェアの開発の用語で、なんらかの要因で仕様が変更されるときに使われる言葉です。

ソフトフォークは、将来にたいして互換性があります。

紙幣で例えると、偽札が増えたので、最新の透かし技術を導入した新札を発行します。
旧札も有効ですが、新札はより狭い範囲でより厳格な条件をもったものになります。
古いものも有効ですが、新しいもののほうが安全だということで、新札が広まっていきます。この一連の動きをソフトフォークといいます。