51%攻撃

51%攻撃とは、悪意のあるグループまたは個人により、ネットワーク全体の採掘速度の51%(50%以上)を支配し、不正な取引を行うことです。このことを二重支払いが可能になるため、「二重支払い攻撃」とも言います。

例えば、悪意のある攻撃者が全ての採掘者を上回る速度で採掘を行うと、攻撃者が行った不正な取引(ブロック)が「正しい」ものと認識されて、不正な取引の正当化、 正当な取引の拒否 、採掘の独占を行うことが可能となります。これは、ビットコインの最も長いブロックチェーン中の取引が正しい取引として認識されてしまう特性によるものです。

50%以上の採掘速度を確保するのは非常に高コストです。また、51%攻撃の脅威により、ビットコインの安全性が確保できないため、ビットコインの価値が下がります。攻撃者は価値が下がったビットコインを不正に得ても利益につながらないので攻撃は行われないとされています。そのため現実的には難しいとされています。

しかし、2013年12月に、Ghash.ioと言うビットコインのマイニングプールの採掘速度が50%を超えそうになり、この51%攻撃が大きな話題となってビットコインの値も下がりました。また、ビットコイン以外の参加者が少ない暗号通貨では、全体の採掘速度が小さいため、より51%攻撃の危険性が高いとされています。