エスクロー

エスクローとは、取引における資金のやり取りの確実性を高めるための仕組みです。
購入者から代金を預かる仲介サービスを行い、商品が購入者に到着すれば販売者に代金が支払われます。

AがBに商品をオンライン販売する場合、Bは商品購入時点で代金を支払うとします。
この場合、もし商品が届かなければBはお金だけを取られてしまいます。
そこで、Bがエスクロー入金をしておけば、Aはあらかじめ代金を確保しつつ、Bは商品到着後にAへの支払いを確定できます。

現在の日本では、クラウド型経由の業務でエスクローシステムを採用し、
業務の依頼者と実施者の間での報酬のやり取りを確実にしているところがあります。

エスクローシステムに活用できるのが、ビットコインのマルチシグネチャ(マルチシグ)技術です。
ビットコインの送付に当たり複数の署名が必要となるため、代金だけを取られる可能性を排除できます。