DASHの特徴

DASHはコインミキシングという手法を用いた「Darksend」と呼ばれるトランザクション形式を採用しています。通貨が送受信される際に経由する管理ノードにより複数の依頼がシャッフル(ミキシング)されるため、誰のコインが誰に渡るのかといった情報が分からないのが特徴です。

また、DASHでは「InstantX」と呼ばれる機能の導入により、即時取引が可能となりました。InstantXでは分散されているノードから承認用のノードを選出し、選出したノードに承認作業を一任することで承認作業の高速化を実現しています。ビットコインの承認が10分かかるのに対し、DASHでは数秒〜数十秒程度だと言われています。