Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ファクトム(Factom/FCT) はいくらから買える?買い方を解説

2019-12-03 ファクトム(FCT)

数ある仮想通貨の中でも、ファクトム(FCT)は次世代型ブロックチェーン上で第三者を介することなく、住宅ローンや医療関連のデータの低コストで安全な管理を可能にするプラットフォームとして期待されています。

このファクトム(FCT)はCoincheckならとても購入しやすい金額になっています。今回はCoincheckで取り扱われているファクトム(FCT)を取り上げ、その概要やいくらから買えるのか、その最低購入額、手数料などについてお伝えしていきます。

Coincheckなら500円からファクトム(Factom/FCT)を購入できる

ファクトム(FCT)を購入する場合の最低購入額ですが、Coincheckなら500円から購入することができます。

Coincheckでは2019年6月時点にて、以下の10種類の仮想通貨が売買可能です。どの通貨もすべてが500円という最低取引額から購入できます。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」
  • イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

尚、Coincheckで取り扱っている上記の通貨は、すべて日本円以外にビットコイン(BTC)で購入することもできます。

ファクトム(FCT)をビットコイン(BTC)で購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。

また、保有している仮想通貨を売却して日本円に換える場合も、最低売却額は500円からになります。仮想通貨を売却しビットコイン(BTC)に換える場合も、購入する場合と同様に最低売却額は「0.001BTC」です。

Coincheckでのファクトム(FCT)の最低注文量の具体的例をご紹介しますと、仮に「1FCT」あたり1,000円とした場合、ファクトム(FCT)の最低注文量は、「500円=0.50FCT」となります。

仮想通貨取引所Coincheckでの購入手続きはとても簡単

Coincheckでファクトム(FCT)を購入する手続きについて説明していきます。

まず、仮想通貨取引用の口座開設のために、Coincheckのトップページからメールアドレスとパスワードを入力し、新規登録ボタンをクリックします。

Coincheckのアカウント登録はこちら

アカウント登録

口座開設
そうすると、登録したメールアドレス宛てにCoincheckからメールが送信されます。

届いたメールにはURLが貼り付けられていますので、そのURLをクリックすればアカウント登録が完了します。

SMS認証(電話番号認証)

本人確認
アカウント登録が完了すると、アカウント上で登録した携帯電話宛てにショートメッセージ(SMS)が送信されます。

送られてきた6桁の「認証コード」をCoincheckのログイン画面上で入力し、SMS認証を完了させます。

SMS認証が完了すると今度は住所・氏名などのご自分の基本情報を入力していきます。

本人確認書類の画像データをアップロード

基本情報の入力後は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像データをアップロードします。

IDセルフィーをアップロード

IDセルフィー
続いて、画像データとしてアップロードした本人確認書類を手に持って自撮りする写真(IDセルフィーと呼びます)を用意し、アップロードします。

はがきを受け取る

IDセルフィーが完了すると、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付されます。そちらのはがきを受け取ると、本人確認が完了します。

日本円を入金する

銀行振込
口座開設が完了すると、ご利用中の金融機関から、購入したい分の金額をCoincheckに銀行振込などで入金すれば、いつでも購入可能になります。

ウェブ画面から購入する方法

コインを買う
銀行振込などでの入金が済んだら、ログインして「ウォレット」から「コインを買う」をクリックし、ファクトム(FCT)を選びます。

購入数量を指定すれば必要な購入金額が日本円で算出されます。金額の確認をして「購入する」をクリックすればすぐに購入となります。

尚、日本円ではなく保有している仮想通貨でファクトム(FCT)を購入する場合も上記と同様の手続きで購入可能です。

取引アカウントの画面上で交換したい通貨を選択し、支払額が表示されますので確認して交換することができます。

コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合

コインチェックアプリ(iOS)
アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ファクトム(FCT)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。

続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。

コインチェックアプリ(Android)で購入する場合

コインチェックアプリ(Android)
アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ファクトム(FCT)を選びます。

続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です

詳しくはこちら:ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説

ファクトム(Factom/FCT)を購入する場合の手数料は?

ファクトム(FCT)
ファクトム(FCT)を購入する場合にかかる手数料についても見ていきましょう。

Coincheckでファクトム(FCT)を購入する場合、すでに開設している口座へ日本円を入金します。

ウォレットと呼ばれるCoincheck内のアカウントへの入金方法としては、銀行振込の他にコンビニ入金、クイック入金があります。

銀行振込の場合

銀行振込の場合、振込手数料はお客様のご負担となりますが、手数料そのものは無料です。

コンビニ入金の場合

コンビニ入金ですが、1回の入金が30,000円未満の場合なら756円の手数料が、30,000円以上30万円以下の場合では1,000円の手数料が発生します。

尚、コンビニ入金の場合1回の入金金額の上限は30万円となっています。

クイック入金の場合

次にクイック入金の場合、1回の入金が30,000円未満なら手数料は756円かかります。また、30,000円以上50万円未満の入金なら手数料は1,000円が発生します。

入金額が50万円以上になる場合の手数料は「入金額×0.108%+486円」です。

送金手数料について

尚、ファクトム(FCT)を送金する場合、Coincheckのユーザーどうしなら送金手数料は無料になります。

Coincheckではない別のウォレットに送金する際には、0.1FCTの送金手数料が発生します。

※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。

ファクトム(Factom/FCT)とは?

ファクトム(FCT)がいくらから購入可能なのかをお伝えしたあとは、ファクトム(FCT)の特徴などについてもお伝えしていきましょう。

ファクトム(FCT)は2015年に公開され、名前の由来はFact(事実)を語源としています。ビットコイン2.0とも呼ばれることもあり、次世代型ブロックチェーン上で住宅ローンや医療に関する様々なデータを低コストで安全な管理を可能にしてくれると期待されています。

プラットフォームとしてのファクトム(FCT)

ファクトム(FCT)は仮想通貨ではなく、プラットフォームそのものを意味しています。このプラットフォームは契約書や不動産の登記簿謄本、証書などのドキュメント管理が主な目的となっています。

書面上のあらゆるデータを、公的機関といった第三者機関を介さずに証明できるようにしています。ファクトム(FCT)はそのようなデータを第三者が不正に改ざんや書き換えできないようにブロックチェーン上で管理・保存しています。

ファクトム(FCT)を利用するには、まずEntry Credit(エントリークレジット)で支払を済ませる必要があります。

Factoid(ファクトイド)

そのために発行上限のないFactoid(ファクトイド)と呼ばれるトークンを仮想通貨の取引所で購入したりしなければなりません。

入手したトークンをFactoid(ファクトイド)チェーン上に送って、トークンの必要数とEntry Credit(エントリークレジット)の受取人の公開キーを指定することで、利用できるようになります。

中央集権型

ファクトム(FCT)の別の特徴としては、ファクトム(FCT)の開発や管理を行っているFactom Inc.(ファクトム・インク)による中央集権型である点です。

多くの仮想通貨が国や金融機関を介さずに管理・利用される非中央集権型であるのに対して、一企業に秘密鍵や資産の管理が委ねられています。

ファクトム(Factom/FTC)のプロジェクト

ファクトム(FCT)
ファクトム(FCT)を特徴づけるプロジェクトとしては「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」と「DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)」があります。

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)はアメリカの住宅ローン業界で利用されることを目的とし、抵当権設定など不動産の登記に関する膨大なデータや情報を安全で低コストで管理できるようにします。

また、これまで大量の書類やデータの管理に多くのコストが費やされていましたが、このプロジェクトの推進によって大幅に削減できると期待されています。

DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)

DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)は、医療データの管理・共有を目的とするプロジェクトです。個人のカルテなど、これまでは紙媒体で管理されてきた医療情報を、DLOCステッカーというデジタルステッカーに取り込みます。

このステッカー内の情報はいつでもどこからでも取り出せるため、患者が急病で入院するといった場合でも、病院はすぐに患者の過去の医療情報を知ることができます。しかも、このステッカー自体はブロックチェーン上で記録されるため、第三者によるデータ改ざんや不正が行えないようになっています。

ファクトム(Factom/FCT)の購入についてのまとめ

ファクトム(FCT)の購入に興味があっても、購入金額が高そうで二の足を踏んでいた方は、今回お伝えした内容から購入しやすさをおわかりいただけたのではないでしょうか。

Coincheckなら購入も売却も日本円で500円からお取引可能で、お手持ちの仮想通貨との交換も0.001BTCから可能です。

ファクトム(FCT)の購入に躊躇していた方はCoincheckのホームページからアカウント登録し、購入してみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never