Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ファクトム(Factom/FCT)を取り扱う取引所とアプリの特徴

2019-07-11 ファクトム(FCT)

ファクトムは、書類などのデータをブロックチェーン上に保管することなどを目的に開発された仮想通貨です。個人情報にかかわるドキュメントなどを保存できるファクトムは、将来性が期待されているアルトコインのひとつでもあります。

日本でファクトムの取り扱いのある仮想通貨の取引所は、2019年6月時点ではCoincheck1社だけです。Coincheckでは、普段から利用できるスマホアプリも提供しています。

この記事では、ファクトムの取引ができる仮想通貨の取引所と、ファクトムの取引や保管ができるアプリにはどのようなものがあるのかを紹介します。

ファクトム(Factom/FCT)に関する基本情報

ファクトムと仮想通貨の代表格であるビットコインとの違いは、主に利用目的です。

ビットコインはブロックチェーン上に取引情報を記録しますが、ファクトムは個人情報に関するドキュメントを記録することもできます。

例えば、土地や建物の登記簿、健康保険証、生命保険証書、金融機関からいくら借り入れをしているかを示す借入記録などの個人情報をブロックチェーン上に記録し、管理することなども想定されています。

ブロックチェーン上で管理するメリットの1つは改ざんや漏洩のリスクが少ないこと、もう1つはデータにしておくことで、必要なときに簡単に情報を取り出すことができることなどが挙げられます。

このような背景から、ファクトムは、個人情報を取り扱う業界などからも注目を集めています。そして、ファクトムの特性を活かしたプロジェクトはいくつか展開されていますが、ファクトムの取り扱いのある仮想通貨の取引所は多くありません。

海外の仮想通貨の取引所は日本語に対応していないこともあり、トラブルが起きたときの対応には不安も残ります。また、セキュリティや安全性などの面でも、初心者にとってはハードルが高いといえるでしょう。

そのため、仮想通貨の初心者であれば、まずは日本国内の金融庁登録済の仮想通貨の取引所であるCoincheckを利用された方が良いでしょう。

操作性に定評のあるコインチェックアプリ

コインチェックの取り扱い通貨
金融庁の登録業者であるCoincheckがリリースしているスマートフォン向けのアプリは、デザインがシンプルで初心者から上級者まで使いやすいことで知られています。

Coincheckはファクトムを含む合計10種類の仮想通貨に対応しています(2019年6月時点)。コインチェックアプリを利用するためには、Coincheckでの口座開設が必要です。

口座開設は簡単で、まずはメールアドレスかFacebookアカウントでアカウント登録を行います。その後SMS認証を行い、本人確認書類の画像とIDセルフィーを提出します。

本人確認の審査が完了すると、後日自宅にハガキが届きます。ハガキを受け取るとCoincheckの全ての機能が利用できるようになります。

Coincheckはファクトム(Factom/FCT)を日本円からもビットコインからも購入可能

ビットコインでも購入可能
Coincheckでファクトムを購入するには2つの方法があります。1つは日本円から購入する方法、もう1つはビットコインから購入する方法です。

日本円で購入するときは、口座を開設したらCoincheckが指定する口座に日本円を振り込みましょう。振り込んだあと、口座に入金が反映されると、その日本円でファクトムの購入ができるようになります。

ファクトムを購入するには、コインチェックアプリでも可能です。コインチェックアプリをダウンロードし、アプリを開いて左メニューの「チャート」を選択します。

ファクトムを選んで「購入」をタップしてください。続いて、購入するファクトムの数量を入力すると購入金額が表示されます。その金額を確認して「購入する」をタップすると購入手続きが完了します。

また、すでにビットコインを保有している人なら、ビットコインでファクトムを購入することもできます。その際は「交換する通貨」でビットコインを選択し、支払額を確認します。「購入する」をタップすると購入完了です。

Coincheckはファクトム(Factom/FCT)の貸仮想通貨サービスも利用できる

Coincheckには、貸仮想通貨サービスがあります。

保有している仮想通貨をCoincheckに貸し出すと、契約期間が満了したあとに、預けた通貨に加えて一定の料率で計算した利用料を受け取ることができるというサービスです。

料率は貸付期間にもよりますが、最大で年率5%となっています。長期で保有するつもりで購入した通貨があれば貸仮想通貨サービスを活用すれば、有効に資産を運用することができるでしょう。

この貸仮想通貨サービスはすべての仮想通貨に対応するため、ビットコインだけでなくファクトムも利用できます。また、貸出期間も14日間・30日間・90日間・365日間で選ぶことができます。

Coincheckの口座を持っている人ならすぐに始めることができますので、眠っている仮想通貨がある人は利用を検討してみるのも良いでしょう。

ハードウェアウォレットでファクトム(Factom/FCT)を分散して保管する方法も

分別管理
仮想通貨を取引所のウォレットに置きっぱなしという人は少なくありません。

しかしながら、万が一仮想通貨の取引所のアカウントが、ハッキングなどの攻撃を受けて盗まれてしまうと、自分の通貨は存在しないことになってしまいます。長期間取引をしないファクトムがある人は、ハードウェアウォレットを活用して分散保管してみることを検討されるのも良いでしょう。

ハードウェアウォレットは安全に仮想通貨を保管するためのツールですが、秘密鍵を正しく理解していないと取り返しのつかないことになってしまう場合があります。ハードウェアウォレットに保管するのは、仮想通貨そのものではなく暗号化された秘密鍵です。

秘密鍵とは銀行口座の暗証番号のようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。そのため、秘密鍵は絶対に誰にも教えてはいけないものなのです。当然、保管や管理も厳重にしなければなりません。

ハードウェアウォレットのLeger Nano S

ハードウォレット
例えば、Ledger Nano Sは、ファクトムに対応するハードウェアウォレットです。

ただし、ハードウェアウォレットにはいくつかのデメリットも存在します。1つは価格が比較的高価なことです。

種類によるものの、ハードウェアウォレットは1万円以上するのが一般的です。保有している仮想通貨の金額が少ない人は、わざわざ買う必要があるのか悩ましいところかもしれません。

しかし、1万円を出し渋ったばかりにハッキングの被害に遭ってしまっては割に合わないでしょう。後悔する前にハードウェアウォレットを用いて、資産を分散保管しておくのも一つの方法です。

また、ハードウェアウォレットを利用する場合、使い方を覚えなくてはならないことも、初心者にとってはわずらわしく感じられるポイントとなります。利用前には基本的なハードウェアウォレットに関する知識を押さえておくことが必要です。

取引のスタイルに合わせて最適な仮想通貨のアプリを選ぼう

スタイルに合わせたアプリの選択
仮想通貨を始めるにあたっては、いくつかの押さえておきたいポイントがあります。

1. 取引したい仮想通貨の銘柄を決める

1つ目は、取引をしたい仮想通貨の銘柄を決めることです。

国内の金融庁登録済の仮想通貨の取引所では、それぞれ取り扱いのある通貨が異なります。そのため、複数のアルトコインの取引をしたいと思えば、おのずと取引所が絞られます。

結果として、取り扱う通貨の銘柄が豊富な取引所を選ぶと、一つの取引所で取引を完結させることができます。

2. 投資金額やトレードスタイルなどを考慮する

2つ目は、投資金額やトレードスタイルなどを考慮することです。

相場が動いた時にすぐにトレードをしたい人などは、いつでもどこでもチャートを確認できる、取引できる環境が重要となります。そのため、操作性のよいアプリを利用された方が良いでしょう。

それぞれの仮想通貨の取引所で対応しているアプリも異なりますし、取引所がリリースしているアプリのほかにも、サードパーティ製のアプリや通貨の開発元が提供するアプリもあります。どのアプリがよいかは、実際にダウンロードして使ってみるなかで、自分に合ったものを選んでいくのも良いでしょう。

安心してファクトム(Factom/FCT)の取引を行うためには取引所選びが肝心

セキュリティを考慮した取引所選び
日本国内の仮想通貨取引所でファクトムの取り扱いがあるのは、Coincheckだけとなっています(2019年6月時点)。

Coincheckは多数のユーザーを抱える日本でも有数の仮想通貨の取引所として知られています。アプリの評価も上々で使いやすいことから、コインチェックアプリを積極的に活用すると仮想通貨の取引がスムーズになるでしょう。

仮想通貨の保管に関しては、取引所のウェブウォレットと、ハードウェアウォレットを併用するなども一つの方法です。安心して取引を行うには取引所選びが大切であることを認識して、自分に合った取引所を見つけましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never