Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | display_digit:5 | number | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | display_digit:5 | number | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | display_digit:5 | number | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | display_digit:5 | number | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
ファクトム(FCT)に関する記事一覧です。ファクトム(FCT)の基礎知識や購入・取引・口座開設の方法などが掲載されています。

カテゴリー: ファクトム(FCT)

2019-05-16ファクトム(FCT)

ファクトムは、書類などのデータをブロックチェーン上に保管することなどを目的に開発された仮想通貨です。個人情報にかかわるドキュメントなどを保存できるファクトムは、将来性が期待されているアルトコインのひとつでもあります。 日本でファクトムの取り扱いのある仮想通貨の取引所は、2019年4月時点ではCoincheck1社だけです。Coincheckでは、普段から利用できるスマホアプリも提供しています。 この記事では、ファクトムの取引ができる仮想通貨の取引所と、ファクトムの取引や保管ができるアプリにはどのようなものがあるのかを紹介します。 ファクトム(FCT)に関する基本情報 ファクトムと仮想通貨の代表格であるビットコインとの違いは、主に利用目的です。 ビットコインはブロックチェーン上に取引情報を記録しますが、ファクトムは個人情報に関するドキュメントを記録することもできます。 例えば、土地や建物の登記簿、健康保険証、生命保険証書、金融機関からいくら借り入れをしているかを示す借入記録などの個人情報をブロックチェーン上に記録し、管理することなども想定されています。 ブロックチェーン上で管理するメリットの1つは改ざんや漏洩のリスクが少ないこと、もう1つはデータにしておくことで、必要なときに簡単に情報を取り出すことができることなどが挙げられます。 このような背景から、ファクトムは、個人情報を取り扱う業界などからも注目を集めています。そして、ファクトムの特性を活かしたプロジェクトはいくつか展開されていますが、ファクトムの取り扱いのある仮想通貨の取引所は多くありません。 海外の仮想通貨の取引所は日本語に対応していないこともあり、トラブルが起きたときの対応には不安も残ります。また、セキュリティや安全性などの面でも、初心者にとってはハードルが高いといえるでしょう。 そのため、仮想通貨の初心者であれば、まずは日本国内の金融庁登録済の仮想通貨の取引所であるCoincheckを利用された方が良いでしょう。 操作性に定評のあるコインチェックアプリ 金融庁の登録業者であるCoincheckがリリースしているスマートフォン向けのアプリは、デザインがシンプルで初心者から上級者まで使いやすいことで知られています。 Coincheckはファクトムを含む合計9種類の仮想通貨に対応しています(2019年4月末時点)。コインチェックアプリを利用するためには、Coincheckでの口座開設が必要です。 口座開設は簡単で、まずはメールアドレスかFacebookアカウントでアカウント登録を行います。その後SMS認証を行い、本人確認書類の画像とIDセルフィーを提出します。 本人確認の審査が完了すると、後日自宅にハガキが届きます。ハガキを受け取るとCoincheckの全ての機能が利用できるようになります。 Coincheckはファクトム(FCT)を日本円からもビットコインからも購入可能 Coincheckでファクトムを購入するには2つの方法があります。1つは日本円から購入する方法、もう1つはビットコインから購入する方法です。 日本円で購入するときは、口座を開設したらCoincheckが指定する口座に日本円を振り込みましょう。振り込んだあと、口座に入金が反映されると、その日本円でファクトムの購入ができるようになります。 ファクトムを購入するには、コインチェックアプリでも可能です。コインチェックアプリをダウンロードし、アプリを開いて左メニューの「チャート」を選択します。 ファクトムを選んで「購入」をタップしてください。続いて、購入するファクトムの数量を入力すると購入金額が表示されます。その金額を確認して「購入する」をタップすると購入手続きが完了します。 また、すでにビットコインを保有している人なら、ビットコインでファクトムを購入することもできます。その際は「交換する通貨」でビットコインを選択し、支払額を確認します。「購入する」をタップすると購入完了です。 Coincheckはファクトム(FCT)の貸仮想通貨サービスも利用できる Coincheckには、貸仮想通貨サービスがあります。 保有している仮想通貨をCoincheckに貸し出すと、契約期間が満了したあとに、預けた通貨に加えて一定の料率で計算した利用料を受け取ることができるというサービスです。 料率は貸付期間にもよりますが、最大で年率5%となっています。長期で保有するつもりで購入した通貨があれば貸仮想通貨サービスを活用すれば、有効に資産を運用することができるでしょう。 この貸仮想通貨サービスはすべての仮想通貨に対応するため、ビットコインだけでなくファクトムも利用できます。また、貸出期間も14日間・30日間・90日間・365日間で選ぶことができます。 Coincheckの口座を持っている人ならすぐに始めることができますので、眠っている仮想通貨がある人は利用を検討してみるのも良いでしょう。 ハードウェアウォレットでファクトム(FCT)を分散して保管する方法も 仮想通貨を取引所のウォレットに置きっぱなしという人は少なくありません。 しかしながら、万が一仮想通貨の取引所のアカウントが、ハッキングなどの攻撃を受けて盗まれてしまうと、自分の通貨は存在しないことになってしまいます。長期間取引をしないファクトムがある人は、ハードウェアウォレットを活用して分散保管してみることを検討されるのも良いでしょう。 ハードウェアウォレットは安全に仮想通貨を保管するためのツールですが、秘密鍵を正しく理解していないと取り返しのつかないことになってしまう場合があります。ハードウェアウォレットに保管するのは、仮想通貨そのものではなく暗号化された秘密鍵です。 秘密鍵とは銀行口座の暗証番号のようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。そのため、秘密鍵は絶対に誰にも教えてはいけないものなのです。当然、保管や管理も厳重にしなければなりません。 ハードウェアウォレットのLeger Nano S 例えば、Ledger Nano Sは、ファクトムに対応するハードウェアウォレットです。 ただし、ハードウェアウォレットにはいくつかのデメリットも存在します。1つは価格が比較的高価なことです。 種類によるものの、ハードウェアウォレットは1万円以上するのが一般的です。保有している仮想通貨の金額が少ない人は、わざわざ買う必要があるのか悩ましいところかもしれません。 しかし、1万円を出し渋ったばかりにハッキングの被害に遭ってしまっては割に合わないでしょう。後悔する前にハードウェアウォレットを用いて、資産を分散保管しておくのも一つの方法です。 また、ハードウェアウォレットを利用する場合、使い方を覚えなくてはならないことも、初心者にとってはわずらわしく感じられるポイントとなります。利用前には基本的なハードウェアウォレットに関する知識を押さえておくことが必要です。 取引のスタイルに合わせて最適な仮想通貨のアプリを選ぼう 仮想通貨を始めるにあたっては、いくつかの押さえておきたいポイントがあります。 1. 取引したい仮想通貨の銘柄を決める 1つ目は、取引をしたい仮想通貨の銘柄を決めることです。 国内の金融庁登録済の仮想通貨の取引所では、それぞれ取り扱いのある通貨が異なります。そのため、複数のアルトコインの取引をしたいと思えば、おのずと取引所が絞られます。 結果として、取り扱う通貨の銘柄が豊富な取引所を選ぶと、一つの取引所で取引を完結させることができます。 2. 投資金額やトレードスタイルなどを考慮する 2つ目は、投資金額やトレードスタイルなどを考慮することです。 相場が動いた時にすぐにトレードをしたい人などは、いつでもどこでもチャートを確認できる、取引できる環境が重要となります。そのため、操作性のよいアプリを利用された方が良いでしょう。 それぞれの仮想通貨の取引所で対応しているアプリも異なりますし、取引所がリリースしているアプリのほかにも、サードパーティ製のアプリや通貨の開発元が提供するアプリもあります。どのアプリがよいかは、実際にダウンロードして使ってみるなかで、自分に合ったものを選んでいくのも良いでしょう。 安心してファクトム(FCT)の取引を行うためには取引所選びが肝心 日本国内の仮想通貨取引所でファクトムの取り扱いがあるのは、Coincheckだけとなっています(2019年4月末時点)。 Coincheckは多数のユーザーを抱える日本でも有数の仮想通貨の取引所として知られています。アプリの評価も上々で使いやすいことから、コインチェックアプリを積極的に活用すると仮想通貨の取引がスムーズになるでしょう。 仮想通貨の保管に関しては、取引所のウェブウォレットと、ハードウェアウォレットを併用するなども一つの方法です。安心して取引を行うには取引所選びが大切であることを認識して、自分に合った取引所を見つけましょう。

2019-05-14ファクトム(FCT)

仮想通貨に興味がある人は、まずその種類の多さに戸惑うかもしれません。 それぞれの通貨は異なる特徴を持っているため、投資対象として仮想通貨を選ぶ際は事前に各通貨の特徴を把握しておくことが重要です。 また、ハッキングや盗難防止のために、購入した通貨を安全に保管する方法も知っておくと良いでしょう。 日本で購入できる仮想通貨のひとつであるファクトム(FCT)は、ブロックチェーン技術を仮想通貨システムとしてだけでなく、多様な用途に応用していくことを目的として開発されました。ここでは、ファクトムの特徴と保管方法などについて解説します。 ファクトム(FCT)が持つ仮想通貨としての目的と特徴 ファクトムは、「ビットコイン2.0」とも呼ばれる、次世代の仮想通貨として期待されています。 ファクトムの主な開発目的は、ブロックチェーン上で書類などのデータを保管・管理できるシステムを構築することです。ブロックチェーン技術には、改ざんがしにくく匿名性が担保されるという特徴があります。 その特徴を、書類などのデータの保管や管理に活かそうということです。ブロックチェーン技術を使えば、特定の書類などのデータが特定の時刻に存在したことを証明する機能を持たせることができます。 ファクトムは、Fact(事実)という言葉がもとになっています。そのため、特定の事実を公証する登記や住民票などの公文書管理などにも役立つと期待されています。 また、売買契約の信頼性を担保するシステムにも活用できるため、不動産売買などの分野において仲介料の自動支払いなどへの応用が可能かもしれません。そのため、不動産取引にかかるコストの削減にもつながる技術としても注目されています。 詳しくはこちら:詳しくはこちら:仮想通貨ファクトム(FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ファクトム(FCT)を管理できるウォレットの種類 購入したファクトムは、安全に保管・管理しておく必要があります。 仮想通貨の保管には、ウォレットと呼ばれるものを使うのが一般的です。ウォレットとは、仮想通貨の電子財布だと理解すればよいでしょう。 ウォレットのタイプには、いくつか種類があります。 1. オンラインウォレット 1つ目は、オンラインウォレットです。 クラウド上で仮想通貨を管理するイメージのウォレットであり、保管している状態ですぐに取引できるメリットがあります。ただし、常にネット接続しているためハッキングリスクがあることは認識しておきましょう。 2. ソフトウェアウォレット 2つ目は、ソフトウェアウォレットです。 デスクトップウォレットとも呼ばれており、パソコン上で管理するタイプです。パソコンがネットに接続しているときは、ハッキングリスクがあります。 3. ハードウェアウォレット 3つ目は、ハードウェアウォレットです。 USB形状のデバイスなどで保管します。USBがPCなどに接続されていない時は、秘密鍵をオフラインで管理できる点が特徴です。 4. ペーパーウォレット 4つ目は、ペーパーウォレットです。 紙に取引に必要な秘密鍵などの情報を印字して保管します。ハードウェアウォレットとペーパーウォレットは、ハッキングリスクが低いことが特徴です。 ただし、ペーパーウォレットは紙が破損したり盗まれたりすると、仮想通貨は失われてしまいます。それぞれのウォレットの特徴を踏まえて、賢く使い分けることが重要です。 インターネット上で管理をすることができるオンラインウォレット 仮想通貨取引を行うにあたっては、仮想通貨の取引所に口座を開設することになります。 仮想通貨の取引所でファクトムを購入した場合は、ファクトムを取引所で安全に保管・管理することが重要です。仮想通貨の取引所で口座を開設すると、オンラインウォレットが自動的に提供されます。 このオンラインウォレットを利用して、取得したファクトムを保管します。オンラインウォレットを利用すれば、インターネット上でファクトムの管理が簡単に可能です。 オンラインウォレットに保管してあるファクトムは、特別な操作をしなくても、そのまま取引を行うことができます。しかし、常にネットと接続されている状態であるため、ハッキングリスクには注意しましょう。 ハッキングに対する有効なセキュリティ対策としては、二段階認証を設定することや複雑なパスワードを使用することなどがあげられます。 ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ファクトム(FCT)の発行元が提供するソフトウェアウォレットとペーパーウォレット ファクトムの発行元からも、ファクトムを保管するウォレットが提供されています。「エンタープライズウォレット」は、ファクトム専用のソフトウェアウォレットです。 発行元の公式ホームページからソフトウェアをダウンロードし、パソコンにインストールして使用します。スマートフォンからのアクセスはできないことに注意しましょう。 ファクトムの発行元は、「ファクトイドペーパーミル」というペーパーウォレット作成ソフトも提供しています。ファクトイドペーパーミルをインストールしてソフトを起動すると、取引に必要な秘密鍵とファクトイドアドレスが生成される仕組みです。 日常的に使用する分はエンタープライズウォレットに保管し、それ以外はファクトイドペーパーミルを使って管理するなど、2つのソフトは用途別に併用できます。 セキュリティ面で優れているハードウェアウォレット ファクトムなどの仮想通貨を保管する場合に注意しなければならないポイントは、ハッキングや盗難のリスクです。 オンラインウォレットは常にネットに接続しており、ソフトウェアウォレットも多くの場合ネットに接続しています。そのため、ハッキングリスクについて十分注意することが必要です。 一方、ハードウェアウォレットは、USB形状のデバイスをパソコンなどから切り離すことで、秘密鍵をネット接続せずに保管することが可能です。ネット接続していない状態であれば、ハッキングリスクはなくなります。 ただし、ハードウェアウォレットはセキュリティ面で優れていますが、コストがかかるというデメリットがあります。ハードウェアウォレットの価格は1万円程度と、同じサイズの一般的なUSBメモリーと比較すると、何倍もの価格です。 ハードウェアウォレットでセキュリティを確保するためには、一定のコストを支払う必要があることを知っておきましょう。 セキュリティ面で優れているペーパーウォレット ハッキングリスクをゼロにしたい場合は、ペーパーウォレットを使用して仮想通貨を保管する方法が有効です。 ハードウェアウォレットは、ネット接続しているパソコンにつないだ状態にしておくと、ハッキングリスクが高まります。つまり、セキュリティの高いハードウェアウォレットでも、ハッキングリスクはゼロではないということです。 一方、ペーパーウォレットは、取引に必要な秘密鍵などの情報を紙に印刷して保管する方法です。紙の状態で保管しておけば、ハッキングリスクを回避可能です。 ただし、ペーパーウォレットを使用する場合は、紙の保存に細心の注意を払う必要があります。盗難や経年劣化によるインクの退色、紙の汚損、紛失や消失などが生じれば、仮想通貨を復元するための情報は完全に失われてしまうからです。 長期保有予定ならCoincheckの貸仮想通貨サービスを利用してみる ファクトムを購入したあとは、購入時よりも価格が上がったときに売れば売却益を得ることができます。 しかし、ファクトムの将来性を期待して、長期的に保有を続けるという選択肢もあります。ただし、仮想通貨を継続して保有しても、利息や配当などが得られるわけではありません。 そこで、長期で保有する場合は、Coincheckの貸仮想通貨サービスを利用するのもよいでしょう。Coincheckは、貸仮想通貨サービスを提供しています。 貸仮想通貨サービスとは、消費貸借契約を結んで仮想通貨を交換業者に貸し出し、対価として貸し出し期間に応じた利用料を受け取れるサービスです。このサービスを利用すれば、長期保有している仮想通貨を有効活用して新しい収益を得ることができます。 Coincheckの貸仮想通貨サービスでは、貸出期間は14日間・30日間・90日間・365日間から選ぶことができます。長期間利用するあてがないファクトムを保有している場合、Coincheckの貸仮想通貨サービスの利用を検討してみましょう。 自分に合ったファクトム(FCT)の保管方法を見つけて安全に管理する ファクトムを購入したあとは、安全に保管することが大切です。 仮想通貨はその性質上、ハッキングリスクがあります。リスクを最小限に抑えながら、仮想通貨を安全に管理するようにしましょう。 仮想通貨の保管にはウォレットを利用しますが、ファクトムを保管できるウォレットにはいくつか種類があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なります。自分に合った保管方法を見つけて、ファクトムを安全に管理するようにしましょう。

仮想通貨の1つであるファクトム(FCT)は、日本ではそこまで知名度は高くありませんが、海外の投資家などから注目されている仮想通貨の1つです。 そこで今回は、仮想通貨ファクトム(FCT)の特徴や仕組みなどについて、初心者の方にも分かるように詳しく解説していきます。 ファクトム(FCT)の購入を検討されている方などは、今回の記事を参考にしてみてください。 ファクトム(FCT)の特徴は? 最初に「ファクトム」は、ビットコイン(BTC)のようなデジタル通貨(仮想通貨)そのものではありません。 2015年にアメリカ・テキサス州にあるFactom社が開発した、あらゆる電子データ(ドキュメント/書類)を記録・保管できる、分散管理型プラットフォームを「ファクトム」と言います。 多くの方が、住民票や登記簿謄本、印鑑証明などを貰うために、市役所や法務局へ出向いたことがあるかと思います。簡単にお伝えすると、「ファクトム」は、そのような面倒なことを全てなくしてくれるようなシステムです。 登記簿謄本・住民票・貸付記録・証券・保険などの重要書類を、「ファクトム」によって管理、追跡、監査することによって、第三者機関なしで証明することが可能なのです。 ブロックチェーンの強みは「取引履歴が改ざんできない」ところです。「ファクトム」はその特徴をうまく活かして、書類や記録を安全かつ確実に管理できることを目指しています。 なお、Coincheckで取引する際に用いられる、仮想通貨としての通貨名称は「ファクトイド(FCT)」と呼ばれます。 詳しくはこちら:仮想通貨ファクトム(FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ファクトイド(FCT)とEntry Credit(エントリークレジット) まず、通貨「ファクトイド(FCT)」のままでは、「ファクトム」は利用できません。 「ファクトム」には2つの通貨があります。1つめが上にも出てきました「ファクトイド(FCT)」、2つめは「Entry Credit(エントリークレジット)」です。 「Entry Credit(エントリークレジット)」は、「ファクトム」を利用するために支払う利用料としての役割があります。 そして「Factoid Chain(ファクトイド チェーン)」というチェーンで、「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」へ変換することができます。 この時、必ず「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」の順となりますので、投資目的であれば「ファクトイド(FCT)」のままで保有する必要があります。 では何故「ファクトム」は2つの通貨を設けているのでしょうか。「Entry Credit(エントリークレジット)」は、記録の入力と投票にしか使用できず、他の公開鍵に送信もできません。 ということは、ハッカーが「Entry Credit(エントリークレジット)」をハッキングしたとしても、情報を見ることはできず、売却することもできないので、盗む意味があまりなく、ハッキングの対象となりにくいのです。 また、「ファクトイド(FCT)」を保有する管理サーバーから、必要な量の「Entry Credit(エントリークレジット)」を購入することが可能なので、「ファクトイド(FCT)」の価格変動に影響される心配なしに、システムを使用することが可能なのです。 そのため「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」へ変換が必要なのは、セキュリティのためと言えるでしょう。 ファクトム(FTC)の今後の将来性は? 「ファクトム」の特性を活かしたプロジェクトが多く展開されていますが、中でも「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」と「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」という2つのプロジェクトが注目されています。 「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」と「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」とは一体どういったものなのでしょうか 1. dLoc by SMARTRAC(スマートロック)プロジェクト dLocとは「SMARTRAC(スマートロック)」いう会社と共同開発して生み出されたプロジェクトです。 バーコードやQRコードのような「dLocステッカー」を読み込むだけで、ウェブ上から書類の情報を引き出すことができます。dLocは、主に医療の分野での応用が期待されています。 今まで紙で保管されていた過去の医療履歴・アレルギーなど、オフラインのカルテ情報をブロックチェーン上に記録して医療機関で共有します。 記録した情報は「dLocステッカー」から一瞬で引き出すことができるので、出先で急病にかかってしまった場合でも的確な診断を受けることができます。 また、dLocは書類を保管するコストの削減や、作業の効率化をすることができ、「dLocステッカー」はブロックチェーンに記録されるので、改ざんや不正もされません。 dLocのような「ファクトム」のグローバルな活用が期待されています。 2. ファクトムハーモニー(Factom Harmony)プロジェクト 「ファクトム」は2017年4月に、「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」というアメリカの住宅ローンデータを、「ファクトム」で効率的に管理するプロジェクトを発表しました。 世界の土地建物といった不動産の登記情報に加え、住宅ローンの情報(データ)は毎年5兆ページという、非常に膨大なデータが積み上がっているそうです。それに加え、過去の40兆ページ分のデータが何らかの形で保存されています。 「ファクトムハーモニー」は、その情報管理の問題に目を付けました。それら膨大なデータを、ブロックチェーン上に保存し管理することにより、およそ5兆円かかるとされている管理コストを削減することができます。 事務の手間が減り、人件費が削減でき、各種手数料も安くなります。また、ブロックチェーン上に保存しているので、改ざんや漏洩のリスクも低く、安全に情報管理ができます。 アメリカの住宅ローン市場は160兆円にものぼり、そこに着目した「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」と、医療の記録管理に着目した「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」、現在「ファクトム」はこれら2つのプロジェクトを進めています。 3. 企業との提携 こういった動きに注目したビル&メリンダ・ゲイツ財団は、「ファクトム」との提携と、5000万ドルの資金提供を行うと発表しました。 2017年6月には、同じくビル&メリンダ・ゲイツ財団と手を組み、米国の住宅ローンの管理計画を始動させることが公表されました。 また、2018年11月にはソフトウェア大手の「Microsoft(マイクロソフト)」と技術提携を行うことが明らかになりました。 さらに、アメリカ不動産ローン会社「Equator社」も、ファクトム製品「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」を、住宅ローンデータの管理を行うEquator社のプラットフォーム「Equator PRO」へ統合することを発表しました。 こういった動きからわかるように、「ファクトム」は様々な企業から注目されていると言えるでしょう。 ファクトム(FCT)取り扱いの仮想通貨の取引所 仮想通貨の取引所はたくさんありますが、国内で「ファクトム(FCT)」を取り扱っているのはCoincheckのみとなります(2019年2月時点)。 また、直接日本円からファクトム(FCT)を購入することができます。Coincheckはスマホアプリが使いやすく、口座開設も簡単に行うことができます。 Coincheckの口座開設のやり方 1. アカウント登録 まずはCoincheckの公式サイトよりアカウント登録を行います。 Coincheckのアカウント登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) 本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了すれば、お客様情報を登録し、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)のアップロードを行います。 最後に「IDセルフィー」(アップロードした本人確認書類を手に持って自撮りした写真)を用意します。 4. ハガキの受け取り 本人確認が完了すると登録した住所にハガキが届きますので、そちらのハガキを受け取ると、Coincheckの全ての機能が利用できるようになります。 Coincheckでファクトム(FCT)を購入する方法 Coincheckでは、スマホアプリやインターネットから、簡単にファクトム(FCT)を購入することができます。また、日本円から直接購入することが可能です。 Coincheckに口座を開設したら、日本円を指定する口座に現金を振り込みます。それがアカウントに反映されると、ファクトム(FCT)の購入や取引が可能となります。 まずはアカウントにログインし、ウォレットに移動します。その後、「コインを買う」のページで「ファクトム(FCT)」を選び、購入数を選択します。 価格が表示されたら「OK」をクリックして、購入は完了です。 詳しくはこちら:ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説について ファクトム(FCT)についてのまとめ 他の仮想通貨とは異なる特徴がいくつもあり、ビットコイン2.0(ビットコイン(BTC)の技術を通貨以外にも応用したプロジェクト)とも呼ばれるのが「ファクトム」です。 「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」や「dLoc by SMARTRAC」のように、「ファクトム」の特徴を活かしたプロジェクトも始まっており、他にも大型予算が組まれたいくつものプロジェクトが進行しています。 今後も様々な分野の企業が、「ファクトム」の技術を使ったプロジェクトを進めていくかもしれません。

2019-04-17ファクトム(FCT)

仮想通貨の中でもファクトム(FCT)に興味があって購入しようと思った方も、いらっしゃるかもしれません。 そこでファクトム(FCT)について簡単にご紹介するとともに、ファクトムの購入をする場合の取引方法などについても合わせてご紹介していきます。 また、取引所と販売所の両方のサービス提供をおこなっているCoincheckで、取引所と販売所の違いなどについても解説していきます。 ファクトム(FCT)とは? 次世代型ブロックチェーン上で第三者を介さず、住宅ローンや医療関連のデータを低コストで安全管理を可能にするプラットフォームとして期待されているのが、ファクトム(FCT)です。 ファクトム(FCT)は2015年に公開され、名前の由来はFact(ファクト)を語源としており、日本語で「事実」という意味があります。 尚、ファクトム(FCT)は分散型のプラットフォームそのものを意味しており、仮想通貨ではありません。このプラットフォームの目的は契約書や不動産の登記簿謄本、証書などのドキュメント管理することです。 ブロックチェーン上で管理されているデータは、公的機関といった第三者機関を介さずに証明できると同時に、第三者が不正に改ざんや書き換えできないようにされています。 また、他の多くの仮想通貨と異なり、ファクトム(FCT)の開発や管理はFactom Inc.(ファクトム・インク)によっておこなわれている中央集権型となっています。 Coincheckでファクトム(FCT)を取り引きする流れ Coincheckでファクトム(FCT)を取引するには、アカウント登録が必要ですが、その手続きはとても簡単です。 アカウント登録から口座開設までの流れ 手続きとしては口座開設のためにアカウント登録ページ上での登録や、SMS認証、本人確認のための書類提出などです。 本人確認書類はすべて画像データをアップロードするだけですので、印刷や書類郵送などの面倒な手続きはありません。 Coincheckの口座開設はこちら ハガキの受け取り アカウント開設に必要な手続きが全て済むと、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付されます。 こうして住所確認が完了すれば、日本円の入金の上で、いつでも取り引きできるようになります。 ファクトム(FCT)の購入方法 また、実際の取引は取引画面上にある「ウォレットページ」で、売買したい通貨や数量を選択すれば、日本円による購入や売却がいつでも可能です。 さらに、日本円以外にも手持ちのビットコイン(BTC)を使って、同じような流れで希望の仮想通貨と交換することもできます。 貸仮想通貨サービス Coincheckでは、購入したファクトム(FCT)を貸し出すことがで利用料を貰える、貸仮想通貨サービスを提供しています。 最大年率5%で、貸出期間は14日間・30日間・90日間・365日間から選ぶことができます。ファクトム(FCT)の長期保有を検討されている方には便利なサービスです。 仮想通貨の取引所と販売所の違いとそれぞれのメリット・デメリット 続いて、ファクトム(FCT)に限らず、仮想通貨をいざ購入しようと思ったら、取引所と販売所があって迷ってしまったことはないでしょうか。 仮想通貨の取引所と販売所の違いで最も大きいのが、売買の相手が異なる点です。 取引所では、取引所の個人ユーザーどうしで売りたい価格や買いたい価格で自由に売買できます。販売所では、取引したい対象通貨を販売業者から直接、購入することができます。 従って、取引所では取引相手が個人ユーザーなのに対し、販売所では販売業者自身になる点が大きな違いといえます。取引所と販売所の違いがわかったところで、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介していきます。 取引所のメリット・デメリット まずは取引所のメリットとデメリットについてご紹介していきます。 メリット1:希望のレートで注文ができる 取引所のメリットとしてまず挙げられるのが、自分の好きな価格で取引できる点です。取引所の取引画面には、「板」と呼ばれる売り買いの値(レート)が表示されたものがあります。 そこには売りたいユーザーが希望の値と売りたい数量を設定し、買いたいユーザーが希望の買値と買いたい数量を設定できます。この設定方法に違いにより、注文方法には主に「指値注文」と「成行注文」の2つの方法があります。 指値注文は、自分が買いたい(売りたい)値と数量を予め設定しておくと、その注文条件にあった取引条件を出した別のユーザーがいれば、取引が自動で成立します。 例えば、Coincheckでビットコイン(BTC)を「1.50BTC」分を希望の買値1BTC当たり「380,000円」で購入するとします。 指値注文 指値注文の場合、その条件をCoincheckの取引画面上にある「現物取引」でレートと注文量で指定して発注すれば完了します。ここでいうレートとは、買いたい希望の値段、注文量は買いたい数量のことです。 後はその条件で売りたいユーザーが現れるのを待ち、条件に合う売り注文が出されると自動で約定して購入できます。 成行注文 成行注文は上記の板にある売買情報を見ながら、希望の条件にあったものがあれば、その場で発注して取引する方法になります。 先ほどご紹介した板には、売りたいユーザーと買いたいユーザーそれぞれの希望の売値や買値と、取引希望数量がレート順に並んでいます。その時点でベストだと思う買値あるいは売値で発注すると、その場で注文が確定します。 メリット2:取引手数料が安い 仮想通貨を取引所で売買すると、取引手数料が安く済む場合が多いです。 取引所は、売りたいユーザーと買いたいユーザーの値と数量がマッチしたところで売買が成立します。その際に発生する手数料が安いのが特徴となっています。 デメリット1:希望のレートでの取引成立ができない場合がある 取引所では、売りたいユーザーと買いたいユーザーの値と数量がマッチしたところで、売買が成立するとご紹介しました。 そのため、条件がマッチしないと取引が成立しないということにもなりかねません。どうしても希望の値と数量のユーザーが現れるまで待つか、適当なところで購入あるいは売却することになります。 急いで取引を成立させる必要のない場合や、時間に余裕のある場合は指値注文を入れておけば、希望の条件にマッチした値と数量のところで自動約定してくれます。 ですが、急いで購入したい場合には、後述する販売所の方が便利なこともあります。 デメリット2:大量の注文には応えきれない場合がある 希望レートでの取引成立に時間がかかるのと同様のデメリットとして、大量の注文をさばけないというデメリットがあります。 これは、取引板にある売り注文や買い注文には数量が設定されていることから、おのずと数量に限界があるからです。 大量購入あるいは大量売却したい場合には、そのすべての注文が成立するまでにそれなりの時間がかかる場合があります。 その間に仮想通貨の価格が変動してしまうこともあるため、一度に大量の売買をしたい場合は、販売所の方が適しているでしょう。 販売所のメリット・デメリット 次に、販売所のメリット・デメリットについてご紹介していきます。 販売所の場合、取引相手が仮想通貨取引所となり、CoincheckのユーザーならCoincheckと売買取引をすることになります。 メリット1:売買したい時にいつでもすぐに取引できる 販売所では取引相手が仮想通貨取引所となることから、基本的にいつでも好きなタイミングで取引することができます。特に取引をすぐに成立させたいという速さや確実性を求める場合には、販売所のほうが好都合です。 取引所のように希望の取り引き条件が板に出るまで待つこともなく、相場のタイミングに合わせてすぐに購入ないし売却が可能です。 例えば、仮想通貨に関する重大なニュース情報などが入ってくると、相場が大きく動くような場合があります。そのような場合には、希望の条件での取引が成立しないかもしれない取引所よりも、販売所のほうが確実に取引できて安心です。 メリット2:初心者でも簡単に取引できる また、販売所の取引は初心者でも簡単です。取引所の取引の場合、ある程度操作に慣れていないと、注文ミスなどをしてしまうリスクもあります。 一方、販売所の場合は、投資の初心者でも簡単に操作をして売買することができますので、そのような心配がほとんどありません。 メリット3:大量の注文にも応じてくれる 販売所では、基本的に好きな数量をいつでも取引することができます。 取引所では自分が希望する数量が、すべて希望の値で約定できるか定かでないのに対し、販売所は取引所指定のレートでの注文となります。 従って、相場で今すぐに希望の数量を確実に取引したい場合には、販売所での取引が有効となります。 デメリット:取引所よりも手数料が高くなる場合がある 販売所は好きなタイミングで好きな数量だけ取り引きできる反面、取引所よりも手数料が高くなる傾向があるというデメリットがあります。こちらは、販売所がユーザーの注文にいつでも応じるサービスを提供している側面があるからです。 また、常に動きのある相場において、そのボラティリティ(価格変動)のリスクを被っているコストに対する、販売所が取るべき手数料ともいえます。 この手数料については短い時間軸、例えば数時間で決済を繰り返すといった頻繁な取引をするユーザーにとっては大きいかもしれません。 しかし、数か月ないし数年以上を保有して、じっくりと相場が上がるのを待ちたいユーザーにとってはそれほどの差とはならないでしょう。 仮想通貨の取引所と販売所の選び方 そんな仮想通貨の取引所や販売所は、どのような基準で選べばいいのでしょうか。 手数料の安さやアプリの使いやすさなど、実際にこの選ぶ基準については、ユーザーの取引手法や求めているサービスによっても異なってきます。 しかし以下の基準は非常に重要ですし、多くのユーザーに当てはまるものといえますのでご紹介します。 金融庁登録済みの取引所(販売所)であること 仮想通貨の取引所(販売所)を選ぶ上では、まず金融庁の登録済みの会社を選ぶことが安心です。 日本では、2017年4月1日に資金決済法と呼ばれる法律が改正・施行されています。この法律では、財務局の登録を受けた事業者のみが、日本国内において仮想通貨交換業を行うことができるとされています。 登録業者になるには金融庁に申請の上で、金融庁からの審査を通過した業者のみが登録を受けてつけてもらえます。その審査基準では、仮想通貨交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていることが求められています。 Coincheckは2019年1月にこの登録業者となっていますので、安心して取引できる業者といえるでしょう。 大手企業や大手グループ傘下の取引所(販売所)であること 続いての視点としては、大企業あるいは大企業のグループ会社であることなどもあげられるでしょう。 これは、仮想通貨の取引所の破綻等のリスクを考えた場合、資本力のある大手のほうが、ユーザーへの救済等を考えても安心だからです。また、そのような体力のある会社は、顧客分別管理やシステム上のセキュリィティ対策にも、人員やコストをかけることができます。 そのため、ユーザーが安全性や信頼性を感じられる環境を提供できるとも言えるでしょう。なお、Coincheckは2018年4月に大手ネット証券のマネックスグループに、グループ入りしています。 取り扱い通貨の種類が多い取引所(販売所)であること 取り扱われている通貨の種類が多いほど、それだけ取引チャンスも拡大します。 株やFXなどと同様に投資対象が増えれば、それだけ大きく値が動いている通貨で取引できます。 Coincheckは現在9種類もの通貨が取引可能であり、国内では最も多くの通貨を扱う業者の一つとなっています(2019年4月時点)。 仮想通貨ファクトム(FCT)購入時の注意点 Coincheckでファクトム(FCT)を取引する場合には、入金手数料や送金手数料、出金手数料がかかります。 入金手数料については銀行振込では無料なものの、コンビニ入金やクイック入金の場合には所定の手数料が発生します。 また、Coincheckユーザー間同士の送金の場合、送金手数料は無料ですが、他の取引所の口座やユーザーに送金する場合には、送金手数料が発生します。 そして、自分のアカウントから仮想通貨を日本円に換金し、その日本円を銀行口座に出金する場合には、一律400円の出金手数料が発生します。 ファクトム(FCT)の販売所についてのまとめ 今回はファクトム(FCT)についてだけでなく、仮想通貨の取引所と販売所の違いなどについてもご紹介してきました。 提供されるサービス内容などにおいて、違いがあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。この違いについてよく理解していないと、注文ミスをしてしまったり、大事な取引チャンスを失う場合もあります。 自分の取引スタイルや取引条件などに合わせて、上手く使い分けてみるのが良いでしょう。

2019-04-17ファクトム(FCT)

数ある仮想通貨の中でも、ファクトム(FCT)は次世代型ブロックチェーン上で第三者を介することなく、住宅ローンや医療関連のデータの低コストで安全な管理を可能にするプラットフォームとして期待されています。 このファクトム(FCT)はCoincheckならとても購入しやすい金額になっています。今回はCoincheckで取り扱われているファクトム(FCT)を取り上げ、その概要やいくらから買えるのか、その最低購入額、手数料などについてお伝えしていきます。 Coincheckなら500円からファクトム(FCT)を購入できる ファクトム(FCT)を購入する場合の最低購入額ですが、Coincheckなら500円から購入することができます。 Coincheckでは2019年4月時点にて、以下の9種類の仮想通貨が売買可能です。どの通貨もすべてが500円という最低取引額から購入できます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) 尚、Coincheckで取り扱っている上記の通貨は、すべて日本円以外にビットコイン(BTC)で購入することもできます。 ファクトム(FCT)をビットコイン(BTC)で購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。 また、保有している仮想通貨を売却して日本円に換える場合も、最低売却額は500円からになります。仮想通貨を売却しビットコイン(BTC)に換える場合も、購入する場合と同様に最低売却額は「0.001BTC」です。 Coincheckでのファクトム(FCT)の最低注文量の具体的例をご紹介しますと、仮に「1FCT」あたり1,000円とした場合、ファクトム(FCT)の最低注文量は、「500円=0.50FCT」となります。 Coincheckでの購入手続きはとてもカンタン Coincheckでファクトム(FCT)を購入する手続きについて説明していきます。 まず、仮想通貨取引用の口座開設のために、Coincheckのトップページからメールアドレスとパスワードを入力し、新規登録ボタンをクリックします。 Coincheckのアカウント登録はこちら アカウント登録 そうすると、登録したメールアドレス宛てにCoincheckからメールが送信されます。 届いたメールにはURLが貼り付けられていますので、そのURLをクリックすればアカウント登録が完了します。 SMS認証(電話番号認証) アカウント登録が完了すると、アカウント上で登録した携帯電話宛てにショートメッセージ(SMS)が送信されます。 送られてきた6桁の「認証コード」をCoincheckのログイン画面上で入力し、SMS認証を完了させます。 SMS認証が完了すると今度は住所・氏名などのご自分の基本情報を入力していきます。 本人確認書類の画像データをアップロード 基本情報の入力後は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像データをアップロードします。 IDセルフィーをアップロード 続いて、画像データとしてアップロードした本人確認書類を手に持って自撮りする写真(IDセルフィーと呼びます)を用意し、アップロードします。 はがきを受け取る IDセルフィーが完了すると、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付されます。そちらのはがきを受け取ると、本人確認が完了します。 日本円を入金する 口座開設が完了すると、ご利用中の金融機関から、購入したい分の金額をCoincheckに銀行振込などで入金すれば、いつでも購入可能になります。 ウェブ画面から購入する方法 銀行振込などでの入金が済んだら、ログインして「ウォレット」から「コインを買う」をクリックし、ファクトム(FCT)を選びます。 購入数量を指定すれば必要な購入金額が日本円で算出されます。金額の確認をして「購入する」をクリックすればすぐに購入となります。 尚、日本円ではなく保有している仮想通貨でファクトム(FCT)を購入する場合も上記と同様の手続きで購入可能です。 取引アカウントの画面上で交換したい通貨を選択し、支払額が表示されますので確認して交換することができます。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ファクトム(FCT)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ファクトム(FCT)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です 詳しくはこちら:ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説 ファクトム(FCT)を購入する場合の手数料は? ファクトム(FCT)を購入する場合にかかる手数料についても見ていきましょう。 Coincheckでファクトム(FCT)を購入する場合、すでに開設している口座へ日本円を入金します。 ウォレットと呼ばれるCoincheck内のアカウントへの入金方法としては、銀行振込の他にコンビニ入金、クイック入金があります。 銀行振込の場合 銀行振込の場合、振込手数料はお客様のご負担となりますが、手数料そのものは無料です。 コンビニ入金の場合 コンビニ入金ですが、1回の入金が30,000円未満の場合なら756円の手数料が、30,000円以上30万円以下の場合では1,000円の手数料が発生します。 尚、コンビニ入金の場合1回の入金金額の上限は30万円となっています。 クイック入金の場合 次にクイック入金の場合、1回の入金が30,000円未満なら手数料は756円かかります。また、30,000円以上50万円未満の入金なら手数料は1,000円が発生します。 入金額が50万円以上になる場合の手数料は「入金額×0.108%+486円」です。 送金手数料について 尚、ファクトム(FCT)を送金する場合、Coincheckのユーザーどうしなら送金手数料は無料になります。 Coincheckではない別のウォレットに送金する際には、0.1FCTの送金手数料が発生します。 ファクトム(FCT)とは? ファクトム(FCT)がいくらから購入可能なのかをお伝えしたあとは、ファクトム(FCT)の特徴などについてもお伝えしていきましょう。 ファクトム(FCT)は2015年に公開され、名前の由来はFact(事実)を語源としています。ビットコイン2.0とも呼ばれることもあり、次世代型ブロックチェーン上で住宅ローンや医療に関する様々なデータを低コストで安全な管理を可能にしてくれると期待されています。 プラットフォームとしてのファクトム(FCT) ファクトム(FCT)は仮想通貨ではなく、プラットフォームそのものを意味しています。このプラットフォームは契約書や不動産の登記簿謄本、証書などのドキュメント管理が主な目的となっています。 書面上のあらゆるデータを、公的機関といった第三者機関を介さずに証明できるようにしています。ファクトム(FCT)はそのようなデータを第三者が不正に改ざんや書き換えできないようにブロックチェーン上で管理・保存しています。 ファクトム(FCT)を利用するには、まずEntry Credit(エントリークレジット)で支払を済ませる必要があります。 Factoid(ファクトイド) そのために発行上限のないFactoid(ファクトイド)と呼ばれるトークンを仮想通貨の取引所で購入したりしなければなりません。 入手したトークンをFactoid(ファクトイド)チェーン上に送って、トークンの必要数とEntry Credit(エントリークレジット)の受取人の公開キーを指定することで、利用できるようになります。 中央集権型 ファクトム(FCT)の別の特徴としては、ファクトム(FCT)の開発や管理を行っているFactom Inc.(ファクトム・インク)による中央集権型である点です。 多くの仮想通貨が国や金融機関を介さずに管理・利用される非中央集権型であるのに対して、一企業に秘密鍵や資産の管理が委ねられています。 ファクトム(FTC)のプロジェクト ファクトム(FCT)を特徴づけるプロジェクトとしては「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」と「DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)」があります。 Factom Harmony(ファクトムハーモニー) Factom Harmony(ファクトムハーモニー)はアメリカの住宅ローン業界で利用されることを目的とし、抵当権設定など不動産の登記に関する膨大なデータや情報を安全で低コストで管理できるようにします。 また、これまで大量の書類やデータの管理に多くのコストが費やされていましたが、このプロジェクトの推進によって大幅に削減できると期待されています。 DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック) DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)は、医療データの管理・共有を目的とするプロジェクトです。個人のカルテなど、これまでは紙媒体で管理されてきた医療情報を、DLOCステッカーというデジタルステッカーに取り込みます。 このステッカー内の情報はいつでもどこからでも取り出せるため、患者が急病で入院するといった場合でも、病院はすぐに患者の過去の医療情報を知ることができます。しかも、このステッカー自体はブロックチェーン上で記録されるため、第三者によるデータ改ざんや不正が行えないようになっています。 ファクトム(FCT)の購入についてのまとめ ファクトム(FCT)の購入に興味があっても、購入金額が高そうで二の足を踏んでいた方は、今回お伝えした内容から購入しやすさをおわかりいただけたのではないでしょうか。 Coincheckなら購入も売却も日本円で500円からお取引可能で、お手持ちの仮想通貨との交換も0.001BTCから可能です。 ファクトム(FCT)の購入に躊躇していた方はCoincheckのホームページからアカウント登録し、購入してみてはいかがでしょうか。

ファクトム(FCT)は、仮想通貨の将来に期待する人々から、注目されているコインの1つです。 「ファクトム(FCT)ってどんなコインなの?」、「ちょっとマイナーなコインに興味がある」という人のために、今回はファクトム(FCT)についてご紹介します。 ファクトム(FCT)がすぐ買えるCoincheckの利用方法に加えて、ファクトム(FCT)の概要や将来性などについてもまとめています。コインの成り立ちや目的について知ることで、仮想通貨の世界がより興味深いものになるでしょう。 ファクトム(FCT)がすぐ買える理由 ファクトム(FCT)がすぐ買える販売所として、Coincheckがおすすめな理由について解説します。 国内で唯一ファクトム(FCT)を取り扱っている 2018年12月時点では、国内でファクトムが買える取引所はCoincheckだけです。 海外の取引所では扱っているところがありますが、英語がメインで、登録や操作方法にも不安が残ります。Coincheckはすべて日本語で登録できるのはもちろん、操作性のシンプルさ、わかりやすさも特徴の1つです。 コインチェックアプリならスマホから簡単に登録が可能 「アカウント登録したいけど、パソコンが苦手」「パソコンを持っていないけど登録したい」という人は、コインチェックアプリを使えば、スマートフォンから新規登録が可能です。 コイン購入後は、値動きをチェックする機会も増えてきます。登録から購入、チャートの確認など、操作性がシンプルで使いやすいかどうかは、販売所を選ぶうえで重要なポイントとなります。 ファクトム(FCT)を購入するなら、コインチェックアプリの利用がストレスが少なくおすすめです。 コインチェックアプリでファクトム(FCT)を購入する方法 コインチェックアプリでファクトム(FCT)を購入する手順についてご紹介します。 アカウントを新規登録する コインチェックアプリをダウンロードし、アプリを開くと、はじめにメールアドレスとパスワードの入力画面が出てきます。 ここで任意のアドレスとパスワードを入力して送信ボタンを押すと、Coincheckから確認のメールが届きます。そこに登録確認用のURLが記載されているので、クリックします。 これだけの操作で、新規登録は完了です。Facebookの連携機能を利用すれば、さらに簡単に登録できます。上記の操作ができれば、ファクトム(FCT)の購入や売却、日本円の入金が可能です。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 iOSアプリの場合は、アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ファクトム(FCT)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 Androidアプリの場合は、アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ファクトム(FCT)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です なお、日本円を出金したい時や、コインを送金したい場合は、以下の本人確認を行います。 SMS認証と本人確認 本人確認には、SMSによる電話番号認証と本人確認書類の画像のアップロード、IDセルフィーの提出の操作が必要です。 1つ1つ画面に指示が出るため、難しいことはありません。SMS認証と画像のアップロード、IDセルフィーの提出完了後は、登録した住所へCoincheckからハガキが届くのを待ちます。 簡易書留のハガキを受け取れば、本人確認が完了し、Coincheckの全ての機能を利用することができるようになります。 詳しくはこちら:ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら ファクトム(FCT)とは?データ管理プラットフォームで使われる仮想通貨 続いて、ファクトム(FCT)とはどのようなコインなのか、わかりやすくご紹介します。ファクトム(FCT)とは、個人情報などのデータをブロックチェーンに紐づける、プラットフォーム型のコインです。 2015年に公開され、ファクトム(FCT)のコインの正式名称はファクトイド(Factoid)と呼ばれています。仮想通貨(暗号資産)の中には、決済を目的として発行されるものもありますが、ファクトム(FCT)はそれらとは少し異なります。 ファクトム(FCT)には、通常決済を記録するブロックチェーン(取引のデータ記録)上に、書類データを保管する特徴があります。 ブロックチェーンにさまざまなデータを紐づける技術は、イーサリアム(ETH)の「スマートコントラクト」と呼ばれる機能と似ています。それではファクトム(FCT)とイーサリアム(ETH)には、どのような違いがあるのでしょうか。 詳しくはこちら:仮想通貨ファクトム(FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ファクトム(FCT)とイーサリアム(ETH)の違いは? ファクトム(FCT)が持つデータ紐づけのシステムは、イーサリアムのスマートコントラクトと、ほぼ同じ機能といえるでしょう。 このような、ブロックチェーンの技術を通貨以外の目的に利用するプロジェクトは、「ビットコイン2.0」とも呼ばれることがあります。よく似た機能を持つファクトム(FCT)とイーサリアム(ETH)ですが、大きく違う点は例えば下記の2つが挙げられます。 1. プラットフォームとレイヤー 1つは、イーサリアム(ETH)が基本的なプラットフォームであるのに対し、ファクトム(FCT)はレイヤーである点です。 わかりやすく説明すると、イーサリアム(ETH)は「取引を記録する」というブロックチェーン上にスマートコントラクトを有しています。 これに対して、ファクトム(FCT)は既存のブロックチェーン上に、用途に応じた機能をつける目的で開発されています。 そのため、ファクトム(FCT)はビットコイン(BTC)や他のブロックチェーンに紐づけることも可能なのです。 2. 中央集権と非中央集権 もう1つは、中央集権か非中央集権かの違いです。 これも簡単に説明すると、イーサリアム(ETH)は管理者を持たない、非中央集権型のコインです。一方、ファクトム(FCT)はFactom Inc.という運営母体を持つ、中央集権型のコインとなります。 中央集権型のコインには、ほかにリップル(XRP)などがあります。央集権型も非中央集権型も、それぞれにメリットとデメリットを持っています。 どちらが良いとは一概にいえないため、プロジェクトの内容や将来性を見ながら選ぶのが良いでしょう。 ファクトム(FCT)の将来性について ファクトム(FCT)の今後や将来性についても見てみましょう。 各種契約など汎用性の高さが注目されている ファクトム(FCT)では、各種契約や病院のカルテといった、必要な情報を素早く取り出す機能に適しています。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)にも紐づけて利用できるため、汎用性の高さも魅力の1つです。 実際に、ファクトム(FCT)の機能を使ったプロジェクトには、例えば以下のようなものがあります。 ファクトムハーモニーとdLocの2大プロジェクトが進行中 ファクトム(FCT)では、「ファクトムハーモニー」と「dLoc」という、大きなプロジェクトが現在進行中です。 ファクトムハーモニーは、住宅ローンに関するデータや情報の管理にファクトム(FCT)を導入するプロジェクトです。所有権などの重要な情報について、ブロックチェーンに記録することで、管理の手間や改ざんを防ぐことができます。 dLocでは、医療用カルテを管理するプロジェクトを進めています。開発途上国や、医療の発達が遅れている国々では、個々のカルテや医療記録が正確に残されていないケースが多いのです。これらのデータを一括して管理できるため、大変注目されているプロジェクトの1つです。 このほか、ファクトム(FCT)では電子機器や、アプリケーションとの連携がスピーディに行えるというメリットもあります。現時点では運営母体もしっかりしているため、大きな成長が期待できるコインとの見方もできるでしょう。 ファクトム(FCT)の売買手数料は? Coincheckでファクトム(FCT)を購入する場合、まずはアカウントへ日本円を入金します。 日本円の入金手数料 日本円の入金にかかる手数料は無料です(銀行の振込手数料は発生します)。通常の振り込み作業と変わりません。 送金手数料 ファクトム(FCT)購入後、アカウントのウォレットへ送金される際にかかる手数料は0.1FCTです。Coincheckユーザーアカウント宛てであれば、この手数料も無料となります。 日本円の出金手数料 また、日本円を出金する際の手数料は一律400円です。 ファクトム(FCT)に関するまとめ ファクトム(FCT)は、住宅ローンや医療カルテなど、契約や書類データをブロックチェーンに紐づける、プラットフォーム型のコインです。 イーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)に紐づけて利用可能な、運営母体を持つ集権型のコインでもあります。情報の正確さと汎用性の高さから、今後の将来性が期待されている仮想通貨の一つです。 ファクトム(FCT)の購入を検討してい方は、簡単な操作で思い立った時にすぐ買えるCoincheckを利用されてみてはいかがでしょうか。

2019-04-16ファクトム(FCT)

仮想通貨ファクトム(FCT)とは、「ビットコイン2.0」と呼ばれる次世代通貨として注目を集めています。 ファクトム(FCT)はどのような特徴を持っているのか、ファクトム(FCT)の今後の将来性なども含めて、わかりやすく解説していきます。 ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら ファクトム(FCT)は仮想通貨ではなくプラットフォーム まず、ファクトム(FCT)はビットコイン(BTC)のような仮想通貨そのものではなく、大量のデータを分散管理するためのプラットフォームです。 ドキュメント管理に重きを置いており、ブロックチェーン上に「あるデータがある時刻に存在した」ことを証明できる機能を持っています。 このプラットフォーム上で用いられる仮想通貨は「Factoid(FCT)」と呼ばれますが、一般には仮想通貨そのものを指して「ファクトム(FCT)」と呼んでも問題はありません。 なお、Factoidは、およそ900万枚が発行済みとされていますが、発行上限枚数は決められていません。 ファクトム(FCT)による2つのプロジェクト ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は通常、「誰から誰へ、いくら送金した」という、取引情報が記録されますが、ファクトム(FCT)が扱うのは個人情報に類するドキュメントです。 例えば、土地や建物の登記簿、健康保険証や生命保険証書、金融機関からの借入記録。これら個人の情報を記載したドキュメントをブロックチェーンに書き込み、管理できるのがファクトム(FCT)です。 一つひとつは重要な個人情報なのですが、ブロックチェーン上で管理することで改ざんや漏洩のリスクは限りなく低くできますし、必要なときに素早く情報を取り出すことができます。 ファクトム(FCT)の特性を活かして多くのプロジェクトが展開されていますが、中でもメジャーなものを2つ、ご紹介します。 1. ファクトムハーモニー アメリカで進行中の「ファクトムハーモニー」は、住宅ローン関連の情報をすべてファクトム(FCT)で管理するというプロジェクトです。住宅ローンでは土地建物といった不動産の登記情報に加えて借入情報など、多くのデータが扱われます。 これまで紙ベースで管理していたそれらの情報を、すべてファクトム(FCT)で管理したらどうでしょう?安全で手間もかからず、各種手数料をグッと安くすることができます。もちろん、データの改ざんや漏洩のリスクも低くできます。 2. DLOC もうひとつのプロジェクトは「DLOC」です。これは、医療データの管理・共有を目的としたもので、患者さんのカルテをはじめとする医療情報をひとまとめにしてブロックチェーン上に記録し、医療機関で共有します。 必要なときに必要な情報を、どこからでも取り出すことができますから、患者さんが出張先で急病にかかったという場合でも、万全の医療を提供することができるようになります。 ファクトム(FCT)独自の特徴とは? ファクトム(FCT)は、ほかの仮想通貨とは異なる特徴を持っています。そのうちの、おもなものをご紹介します。 管理者が存在する ファクトム(FCT)には、管理者が存在します。 仮想通貨はもともと「非中央集権的であること」を目指して生まれたもので、運営グループはいても介入する管理者はいない、というケースがほとんどです。しかし、ファクトム(FCT)は、Factom Inc.という企業が開発・管理を行っています。 データが軽く、速さと安さを実現 ブロックチェーンに書き込むデータは、その量が大きくなるほどマイニングに時間がかかり、その分マイナーへの手数料もアップしてしまいます。そのため、大量のデータを直接ブロックに書き込むのには限界があり、効率的とはいえません。 ファクトム(FCT)では、記録するデータをカテゴリごとに分類・整理して、まずFactom Inc.が管理するサーバー上で暗号化します。その上でブロックチェーンに記録するという方法をとって、取引データ量をコントロールしています。 これにより、取引スピードが速くなり、手数料も安くなります。 ファクトム(FCT)の将来性は? ファクトム(FCT)は、公開から3年で8億円以上の出資を引き出しました。 また、前述した「ファクトムハーモニー」が発表されたときには、その将来性を見込んで大量の買い注文が入りました。 日本でも、「ファクトムジャパン」によって、投資家向けの情報発信なども行われていますので、今後もファクトム(FCT)から目が離せません。

ファクトム(FCT)は、デジタル通貨の枠を拡張した「ビットコイン2.0」「ブロックチェーン2.0」などと呼ばれる次世代暗号通貨として、注目を集めています。 このファクトム(FCT)の特徴について解説しながら、Coincheckで口座開設するまでの流れについて、ご紹介していきます。 ファクトム(FCT)とは? ファクトム(FCT)は、ほかの仮想通貨とはかなり異質の存在です。なぜなら、ファクトム(FCT)はブロックチェーン上に「あるデータがある時刻に存在した」というドキュメントを証明する機能を持つからです。 つまり、ブロックチェーンの強力な機密性・安全性の上に、さまざまなデータを記録しておける機能があります。 Fact(事実)という言葉から名付けられたように、特定の事実を公証する役割が期待され、仮想通貨としてはもちろん、データ管理プラットフォームとしての顔も持っているのです。 ファクトム(FCT)の特徴とは? ファクトム(FCT)がデータ管理プラットフォームとしても機能するのは、どのような場面なのでしょうか? 例えば、不動産の売買契約では多くの場合、売り手と買い手のあいだに不動産業者や銀行が仲介役として入ります。 直接売買することもできますが、支払いの保証や信頼性という点を考えると、第三者を挟まざるをえないのが現状です。そのため、中間マージンや情報管理のためのコストが、どうしても上乗せされてしまいます。 しかし、ブロックチェーンに売買契約の情報を書き込んでおけば、改ざんや不正のおそれはありません。むしろ、世界中に分散したコンピュータによる安全で透明性の高い状態によって記録が保存され、契約の真正性は十分に担保される一方、データを管理するために必要なコストを大幅にカットできます。 極言すれば、第三者の介在すら必要なくなってしまうのです。このような活用法を前提として誕生した仮想通貨が、ファクトム(FCT)なのです。 Coincheckでファクトム(FCT)取引用の口座開設を行う ファクトム(FCT)は、仮想通貨の取引所・販売所で口座開設をすることで、インターネット上での取引が可能になります。ここでは、Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。 1. アカウント登録 Coincheckに口座を開くには、まずアカウント登録が必要です。 アカウントの登録ページはこちら Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力すると、入力したメールアドレス宛にメールが送信されます。そのメールに記載されたリンクを押してサイトに再度アクセスし、メールアドレスが正しいことをチェックすれば、アカウント登録が完了します。 2. SMS認証(電話番号認証) アカウント登録の後は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で本人確認のSMS認証を行います。 Coincheckアカウントでログインし、サイトに表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押し、認証ページで携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」のボタンを押します。 すると、すぐ携帯電話に6桁の認証コードがSMSで届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の認証ページにある所定の欄に入力し、「認証する」のボタンを押せば、登録は完了します。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了したら、Coincheckのサイトにお客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録し、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの顔写真入りの本人確認書類をアップロードしましょう。 次にアップロードした本人確認書類といっしょに撮影した顔写真(IDセルフィー)を、続けてアップロードします。 この手続きが完了すると、本人限定受取の郵送はがきが、登録した住所に届きます。 はがきの受領による本人確認が済むと、Coincheckでデータが連携され、すべての機能を使えるようになります。なお、このはがきの受取による本人確認がないと、日本円の出金・送金などができませんのでご注意ください。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheckでファクトム(FCT)を購入する方法 Coincheckで口座開設が完了したら、日本円を入金することで、ファクトム(FCT)を購入することができます。入金は、Coincheckが指定する口座に銀行振込で日本円を振り込みます。振込後、アカウントに入金が反映されれば、コインの購入が可能になります。 仮想通貨の購入の流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。ウォレットページから「コインを買う」を押して、ファクトム(FCT)を選びましょう。次に、ファクトム(FCT)の購入数量を指定すると、時価に基づいた購入金額が算出されるので、「OK」を押せば購入完了となります。 また、手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 ファクトム(FCT)の手数料は? ファクトム(FCT)をはじめ、取引所での仮想通貨の売買や送金には各種の手数料がかかります。 Coincheckでは、入出金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。送金については取引所ごとに、また仮想通貨ごとに手数料が異なりますのでご注意ください。 Coincheckでファクトム(FCT)を送金する場合、1回あたりの送金手数料は0.1FCTとなります。ただし、受取側がCoincheckユーザーである場合、送金手数料は無料となります。 また、日本円で出金する場合、Coincheckでは出金手数料が一律400円となっています。 ファクトム(FCT)の過去チャートを振り返る ファクトム(FCT)の過去チャートを振り返ってみると、2015年10月の公開時は、1FCT=10円台でしたが、2017年4月頃から急速に価格が上昇しました。 2018年初頭には1FCT=9,000円台まで大きく値を上げましたが、その後は少しずつ落ち着き、価格上昇が起こる以前の水準に戻っています。 Coincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、初めての方でも簡単に登録でき、難しい手続きなしに口座開設が可能です。 また、取扱通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの主要な仮想通貨をはじめ多数あり、さらにファクトム(FCT)の取引も行えます。 これから仮想通貨を始めたい、ファクトム(FCT)を保有してみたいという方にはおすすめです。Coincheckの利用をぜひご検討ください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never