仮想通貨ファクトム(FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説

2018-12-12 ファクトム(FCT)

仮想通貨ファクトム(FCT)とは、「ビットコイン2.0」と呼ばれる次世代通貨として注目を集めています。

ファクトム(FCT)はどのような特徴を持っているのか、ファクトム(FCT)の今後の将来性なども含めて、わかりやすく解説していきます。

ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

ファクトム(FCT)は仮想通貨ではなくプラットフォーム

まず、ファクトム(FCT)はビットコイン(BTC)のような仮想通貨そのものではなく、大量のデータを分散管理するためのプラットフォームです。

ドキュメント管理に重きを置いており、ブロックチェーン上に「あるデータがある時刻に存在した」ことを証明できる機能を持っています。

このプラットフォーム上で用いられる仮想通貨は「Factoid(FCT)」と呼ばれますが、一般には仮想通貨そのものを指して「ファクトム(FCT)」と呼んでも問題はありません。

なお、Factoidは、およそ900万枚が発行済みとされていますが、発行上限枚数は決められていません。

ファクトム(FCT)による2つのプロジェクト

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は通常、「誰から誰へ、いくら送金した」という、取引情報が記録されますが、ファクトム(FCT)が扱うのは個人情報に類するドキュメントです。

例えば、土地や建物の登記簿、健康保険証や生命保険証書、金融機関からの借入記録。これら個人の情報を記載したドキュメントをブロックチェーンに書き込み、管理できるのがファクトム(FCT)です。

一つひとつは重要な個人情報なのですが、ブロックチェーン上で管理することで改ざんや漏洩のリスクは限りなく低くできますし、必要なときに素早く情報を取り出すことができます。

ファクトム(FCT)の特性を活かして多くのプロジェクトが展開されていますが、中でもメジャーなものを2つ、ご紹介します。

1. ファクトムハーモニー

アメリカで進行中の「ファクトムハーモニー」は、住宅ローン関連の情報をすべてファクトム(FCT)で管理するというプロジェクトです。住宅ローンでは土地建物といった不動産の登記情報に加えて借入情報など、多くのデータが扱われます。

これまで紙ベースで管理していたそれらの情報を、すべてファクトム(FCT)で管理したらどうでしょう?安全で手間もかからず、各種手数料をグッと安くすることができます。もちろん、データの改ざんや漏洩のリスクも低くできます。

2. DLOC

もうひとつのプロジェクトは「DLOC」です。これは、医療データの管理・共有を目的としたもので、患者さんのカルテをはじめとする医療情報をひとまとめにしてブロックチェーン上に記録し、医療機関で共有します。

必要なときに必要な情報を、どこからでも取り出すことができますから、患者さんが出張先で急病にかかったという場合でも、万全の医療を提供することができるようになります。

ファクトム(FCT)独自の特徴とは?

ファクトム(FCT)は、ほかの仮想通貨とは異なる特徴を持っています。そのうちの、おもなものをご紹介します。

管理者が存在する

ファクトム(FCT)には、管理者が存在します。

仮想通貨はもともと「非中央集権的であること」を目指して生まれたもので、運営グループはいても介入する管理者はいない、というケースがほとんどです。しかし、ファクトム(FCT)は、Factom Inc.という企業が開発・管理を行っています。

データが軽く、速さと安さを実現

ブロックチェーンに書き込むデータは、その量が大きくなるほどマイニングに時間がかかり、その分マイナーへの手数料もアップしてしまいます。そのため、大量のデータを直接ブロックに書き込むのには限界があり、効率的とはいえません。

ファクトム(FCT)では、記録するデータをカテゴリごとに分類・整理して、まずFactom Inc.が管理するサーバー上で暗号化します。その上でブロックチェーンに記録するという方法をとって、取引データ量をコントロールしています。

これにより、取引スピードが速くなり、手数料も安くなります。

ファクトム(FCT)の将来性は?

ファクトム(FCT)は、公開から3年で8億円以上の出資を引き出しました。

また、前述した「ファクトムハーモニー」が発表されたときには、その将来性を見込んで大量の買い注文が入りました。

日本でも、「ファクトムジャパン」によって、投資家向けの情報発信なども行われていますので、今後もファクトム(FCT)から目が離せません。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never