Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
仮想通貨(暗号資産)の購入に関する記事一覧です。ビットコイン(BTC)やアルトコインなどの購入方法が掲載されています。

カテゴリー: 仮想通貨の購入

ICOやIEOで新しい仮想通貨やトークンが販売されているのを見ると、発行元がどうやってトークンを作っているのか気になりませんか? 実はトークンならば、簡単に自分で作ることができるといったら驚くのではないでしょうか。専門知識がないと難しそうというイメージがあるかもしれません。 この記事では、トークンの意味、作り方と使い方について解説します。 作ったトークンは、ポイントを貯めたり謝礼として使ったりと、サービスの向上に役立てることができます。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coicheck Column編集部 Coicheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 仮想通貨とトークンの違いを知っておこう 仮想通貨とトークンの作り方 トークンを発行するプラットフォームを利用して作る 1. 独自トークン発行の準備を行う 2. 独自トークン発行時に必要な設定を行う 仮想通貨を作ってどう使う? ポイントとして使う コミュニティ内での共通通貨として使う 新たなトークンを上場して資金調達する 仮想通貨にはさまざまな使い道がある 仮想通貨とトークンの違いを知っておこう 仮想通貨を作る場合には、ゼロから仮想通貨そのものを作る、あるいはトークンを作るという、大きく二つの選択肢があります。仮想通貨とトークンは、人によって定義があいまいですが、明確な違いがあります。 仮想通貨の世界では、独自のブロックチェーンを持つものが仮想通貨といわれ、既存の仮想通貨のブロックチェーン上で作られるのがトークンといわれています。ゼロから仮想通貨を作るのか、既存の仮想通貨を利用して作るのかに違いがあります。 トークンは、「代用通貨」「しるし」という意味があります。例えば、クレジットカードのポイント、ラーメン店のスタンプ、商品券、図書券はトークンです。これらは、日本円と同じように商品やサービスと交換することができ、その点では法定通貨と同じ機能を持ちます。クレジットカードのポイントはキャッシュバックすることができますし、商品券や図書券は金券ショップで日本円に換金することができます。 通貨ではないけれど、通貨との互換性を持つ代用通貨、それがトークンです。 トークンとは?仮想通貨との違いと主な4つのトークン・購入方法を解説 Coincheck 仮想通貨とトークンの作り方 仮想通貨の作り方は大きく分けて2つあります。 1.ゼロからブロックチェーンプログラムを構築する方法2.既存の仮想通貨を改変して作る方法 まず、ゼロからブロックチェーンプログラムを構築する方法があります。しかし、膨大な時間と労力がかかりますから、素人が作るのは現実的ではありません。 次に、既存の仮想通貨を改変して作る方法があります。ビットコインやイーサリアムなど、オープンソースのブロックチェーンを改変するのです。現在、流通している多くの仮想通貨が、この方法で誕生しました。 例えば、日本生まれの仮想通貨モナコインは、ビットコインのブロックチェーンを改変して作られています。しかし、この方法も仮想通貨とプログラムの専門知識が必要ですから、誰でもできるものではありません。 そこで注目したいのが、既存の仮想通貨のブロックチェーンをそのまま利用して、トークンを生成する方法です。金融プラットフォームとして機能している仮想通貨であれば、ブロックチェーン上で新たなトークンを発行できます。専門知識は不要ですし、誰でも簡単に新規トークンを作ることができます。 トークンを発行するプラットフォームを利用して作る イーサリアム、ネム、カウンターパーティー、ウェーブスなどは、仮想通貨であると同時にトークンを発行するプラットフォームとしても機能します。ここではネムを例に、独自トークンの発行について説明しましょう。 仮想通貨ネム(NEM/XEM)の仕組みは?ハーベスティングも解説 Coincheck 1. 独自トークン発行の準備を行う まず、ネムの公式ウォレットアプリ「NanoWallet」と、120XEMを用意します。 自分のウォレットに120XEMを送金したら、サービスメニューから「ネームスペースを作成」を選び、新規トークンに関する設定事項を入力します。 2. 独自トークン発行時に必要な設定を行う コインの名称、初期発行量、取引単位、手数料、譲渡の可否、供給量変更の可否などを設定していきます。承認されれば、新たなトークンが発行されます。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨を作ってどう使う? 新たに作った仮想通貨は、どのような用途で使うことができるのでしょうか。個人的な用途からビジネスユースまで、一例を挙げてみましょう。 ポイントとして使う 新たな仮想通貨を、店舗での来店ポイントや利用ポイントとして使うことができます。ポイントカードにスタンプを押す方法を、仮想通貨に置き換えるイメージです。また、飲食店のレビュー投稿に対して、独自の仮想通貨を発行して報酬として付与する方法も考えられます。 現在は普及にはほど遠い状況ですが、一部の飲食店などで利用されています。加盟店で仮想通貨を現金同様に使えるというサービスを行う企業もあり、今後の展開が期待されます。 コミュニティ内での共通通貨として使う ある特定のコミュニティ内で、仮想通貨を使用することも考えられます。代表的な例はオンラインゲームです。ゲーム内だけで通用する仮想通貨として独自のトークンを作り、アイテムや武器・弾薬などを購入できるほか、プレイヤーのデジタル資産として保有できます。 また、個人ブログや企業サイト内でコメントや意見をくれた人に配布したり、友人や家族へのプレゼントに使ったりすることも想定されます。 新たなトークンを上場して資金調達する 事業計画や資金の用途を記したホワイトペーパーとともに独自のトークンを発行して、投資家を募るというICOと呼ばれる方法があります。株式公開(IPO)と同様の仕組みですが、低コストで実行できることから資金調達の手法として注目されています。 仮想通貨の使い道8選!通貨別に投資以外の具体的な使い方を徹底解説 Coincheck 仮想通貨にはさまざまな使い道がある 仮想通貨そのものを作るには専門知識が必要ですが、既存の仮想通貨から発行したトークンなら作ることができそうです。ポイントや共通通貨、資金調達などでの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ネムは日本国内でもポピュラーな仮想通貨です。 ネムは他の仮想通貨とは違う独自の技術やコミュニティで、将来性も期待されています。 「ネムを買うのにおすすめの取引所を知りたい」 「取引所選びのポイントを知りたい」 「ネムの購入手順を知りたい」 この記事ではこのような悩みを解決できるよう、下記の内容について解説します。 仮想通貨ネム(NEM/XEM)について ネムを購入する取引所と販売所の違い セキュリティや使いやすさなどの取引所を選ぶポイント ネムを購入する方法と手順 ネムの特徴や今後の将来性とは ネムを取り扱っている取引所を選ぶポイント、ネムの購入方法、ネムの将来性を把握して、購入準備を整えておきましょう。 ネムを購入してみる 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 仮想通貨のネム(NEM/XEM)とは? ネム(XEM)を買える仮想通貨の取引所は世界中にある 取引所と販売所の違い 日本国内ではCoincheck(コインチェック)でネム(XEM)の購入が可能 取引所を選ぶ4つのポイント ポイント① 仮想通貨取引所のセキュリティ対策 ポイント② 仮想通貨の取引画面の見やすさ・使いやすさ ポイント③ 運営企業の信頼性 ポイント④ 取扱通貨数の多さ 仮想通貨取引所のCoincheckでネムを購入する方法 ネム(NEM/NEM)の主な特徴は? 1. 発行上限の設定 2. 通貨を手に入れる手段が独特 3. ブロック生成時間が短い 4. コミュニティが活発 5. カタパルトが実装予定 6. 独自トークンの発行が簡単 ネム(NEM/NEM)の今後の将来性は? ネム取引に関するQ&A Q.ネムを購入する方法を教えてください。 Q.ネムの手数料を教えてください。 Q.ネムのカタパルトについて詳しく教えてください。 まとめ 仮想通貨のネム(NEM/XEM)とは? ネムは「New Economy Movement」の頭文字から名前が付けられており、「新しい経済運動」を意味しています。通貨単位はゼム(XEM)です。 仮想通貨ネムのプロジェクトの始まりは2015年で、お金の自由・平等・分散を実現しようとして立ち上げられました。 また、ネムは日本でも人気が高く、多くの人が保有しています。その理由の1つには、ネムの開発陣に日本人がいたからというのもあるようです。 仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck ネム(XEM)を買える仮想通貨の取引所は世界中にある そんなネムは、世界中の仮想通貨の取引所と呼ばれる場所から購入が可能です。 ただし、仮想通貨の取引に慣れていない方は、海外の取引所を利用することはあまりおすすめできません。というのも、日本円から直接購入ができなかったり、基本的に英語で対応しなければならないからです。 さらに、日本人は使えない取引所も多く、中にはいきなり倒産してしまうような取引所も存在します。そのため、基本的には日本の金融庁に登録された仮想通貨の交換業者から、直接日本円で購入するのが一番安全で簡単な方法と言えるでしょう。 ビットコイン(BTC)はどこで買うのがおすすめ?日本と海外の取引所を比較 Coincheck 取引所と販売所の違い 取引所と販売所の違いは以下になります。 取引所:取引に参加しているユーザー同士で売買する 販売所:販売所を運営している企業と売買する 仮想通貨取引所とは?売買・取引を行うために覚えておきたいこと Coincheck 日本国内ではCoincheck(コインチェック)でネム(XEM)の購入が可能 国内の大手仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckでは、ビットコインを含め、その他の仮想通貨であるアルトコインを数多く取り扱っています。 Coincheckでは、2020年9月現在で14種類の仮想通貨を買うことができ、ネムは2017年4月から取り扱われ始めています。 当初Coincheckは独自で運営を行っていましたが、2018年4月に大手証券会社マネックスにグループ入りすることになりました。経営体制も刷新され、今後の新しい体制に注目が集まっています。 取引所を選ぶ4つのポイント ポイント① 仮想通貨取引所のセキュリティ対策 仮想通貨の取引所においては、セキュリティーも重要です。 なぜなら、セキュリティーが弱いとハッキングによる不正流出が起こってしまう可能性があるからです。 Coincheckでは、ユーザー側で2段階認証の設定も可能となっています。2段階認証とは、一般的にはログイン時にスマートフォンに送られてくるコードを打ち込むことでログインができる方法のことをさします。 このため、第三者の不正使用やログインを防ぐことができるのです。 さらに、Coincheckでは仮想通貨の管理に、コールドウォレットという方法を用いています。これは、インターネットに繋がっていないウォレットで仮想通貨を管理しているということです。 ハッキングに強いシステムとなっており、自分が購入した通貨が安全に守られる仕組みになっています。 ポイント② 仮想通貨の取引画面の見やすさ・使いやすさ 取引画面の見やすさと使いやすさは重要です。 なぜなら、操作しにくい画面で取引をしてしまうと、初心者では難易度が上がってしまい思ったように利益を出すことができなくなるためです。 Coincheckは見やすさや使いやすさに関しても力を入れています。 特に価格のチャートが見やすくなっており、スマホアプリの操作も簡単で初めての人でも扱いやすいということで評判が高いです。 コインチェックアプリの使い方(iOS・Android) Coincheck ポイント③ 運営企業の信頼性 運営企業の信頼性は大切です。 なぜなら運営企業の信頼性がないと、大切な資産を失ってしまう可能性があるからです。 信頼性を見極めるポイントには、例えば以下の3つが挙げられます。 上場企業が運営している 運営企業の株主が大手金融機関 金融庁が認可した「仮想通貨交換業者」に登録されている Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループであり、グループ入り後のセキュリティ強化により、仮想通貨交換業者の登録を完了しています。 ポイント④ 取扱通貨数の多さ 取扱通貨数の多さも重要です。 なぜなら取引所内で分散投資ができ、損失リスクを小さくすることができる可能性があるからです。 例えば、ネムの価格が10円の時に100万円でネムを購入するとします。そして、売却するタイミングでネムの価格が5円に下がっていたとすると、損失は50万となります。 ですが、100万円をネムだけではなく、他の通貨にも投資をしていたらどうなるでしょう。仮に他の通貨が上がっていたとしたら、損失額は少なくなります。 このように分散投資しやすい「取扱通貨数の豊富な取引所」を選んでおきましょう。 Coincheckでは、「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「FCT」「XRP」「XEM」「LTC」「BCH」「MONA」「XLM」「QTUM」「BAT」「IOST」の、国内取引所最大級の14通貨を取り扱っております。※2020年9月時点 仮想通貨を分散投資するメリットとデメリットは?集中投資との比較 Coincheck 仮想通貨取引所のCoincheckでネムを購入する方法 仮想通貨取引所Coincheckでネムを購入する方法は簡単です。 購入手順は以下の流れになります。 Coincheckで口座開設 銀行振込で日本円を入金 ネム(XEM)を購入する このように多くの理由から、Coincheckは仮想通貨を始めようとする人におすすめの取引所です。 まずは、Coincheckに無料登録を行ってみてはいかがでしょうか。 Coincheckでは、アカウント登録後に、SMS認証や本人確認書類の画像などの提出を行い、後日自宅に届くハガキを受け取ることで、全ての機能が利用できるようになります。 ネム(NEM/XEM)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck Coincheckの無料登録はこちら ネム(NEM/NEM)の主な特徴は? ネム(NEM)の購入方法について簡単に説明しましたが、もう少しネム(NEM)の特徴について紹介した上で、将来性について考えていきます。 1. 発行上限の設定 まず、ネムの特徴の第一に、発行上限額の90億XEMが既に発行されていることが挙げられます。 他の仮想通貨では、一定時間ごとに新しく発行されるものや、そもそも発行上限が決まっていないものもあります。 2. 通貨を手に入れる手段が独特 ビットコイン等の通貨では、通貨が新しく発行されるマイニングと呼ばれる仕組みがあります。 マイニングとは ビットコインの「マイニング」を簡単に説明すると、ビットコインの送金を記録する作業のことです。 この作業をすることで、労働力による証明「Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)」を作り、この報酬として新しい通貨が発行され、受け取ることができるようになっています。 ただし、この作業には高性能のコンピューターが必要で、設備投資も必要です。実際に「マイニング」で報酬を得るには「誰よりも早く計算をすること」が必要であり、そのためには非常に多くの電力も必要です。 ハーベスティングとは それに対して、ネムはそうならない仕組みを作りました。それは「ハーベスティング」と呼ばれる仕組みです。 この仕組みを簡単にお伝えすると、ネムの重要度スコアを得て、スコアの高い人が報酬を得ることができる方法です。 それではこのスコアを得るには、どうしたらよいのでしょうか。その方法は、ネムの取引回数や取引量を増やすことです。 さらに、同じ人とばかり取引をするのではなく、多くの人と取引をしていることでスコアを得られるようになっています。 この仕組みによって、たくさんネムを持っているだけでは駄目で、色んな人とネムをやり取りしやすくなる環境を作りました。この流通を促す仕組みが、ネムの大きな特徴です。 3. ブロック生成時間が短い 続いて、ネムの特徴には、他の仮想通貨に比べてブロック生成時間が短いことが挙げられます。 ブロック生成時間とは、簡単に言うと、仮想通貨の送金記録が更新される間隔です。さらに、送金記録が何回か更新されて初めて支払いが承認されることになります。 ビットコインの場合はこれが10分以上になりますが、ネムはこのブロック生成時間が1分と短く、支払いが早く承認されるのです。 4. コミュニティが活発 加えて、ネムには勢いのあるコミュニティがあります。このコミュニティでは、ネムの取引の機会を作り、普及させようと活動しています。 たとえば、ネムのロゴ入りグッズを販売している人や、ネムを用いたフリーマーケット、ネムで支払いが可能なバーやラーメン店等があります。 他にもネムを用いた企画が多く作られ、良いものを投票で選び、選ばれたものに開発資金を提供するということも行われました。 このような背後には、ネムのアプリ開発が誰にでも容易にできるようにサポートされているということがあると言えるでしょう。 5. カタパルトが実装予定 ネムはもともとブロック生成時間が短いのですが、このカタパルトと呼ばれる技術を実装することで、さらに取引処理速度を格段に高めることができると言われています。 プライベートチェーン環境では1秒あたり4,000件の処理が可能になるとされており、このスピードはクレジットカードと同じです。ただし、カタパルトがネムで実働するのはもう少し先の予定ですので、今後の動向には注意しておくのが良いでしょう。 6. 独自トークンの発行が簡単 最後に、ネムには独自のトークンが簡単に発行できるという特徴があります。これを利用することで、誰でも自分の通貨を簡単に作ることができます。 ネム(NEM/NEM)の今後の将来性は? ネムのコミュニティは活発であり、日本にも2018年に一般社団法人NEM JAPANが設立され、ネムを広げようとする動きが起こっています。 将来的に、ネムが使えるお店がさらに増えていく可能性もあるでしょう。 ネムが普及する前に購入を考えている方は、まずはCoincheckで口座開設をして取引の準備を始めておくと良いでしょう。 Coincheckの無料登録はこちら ネム取引に関するQ&A Q.ネムを購入する方法を教えてください。 A.以下の流れで購入可能です。 口座開設 銀行振込で日本円を入金 ネム(XEM)を購入する ネム購入の詳細はこちら ネム(NEM/XEM)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck   Q.ネムの手数料を教えてください。 A.Coincheckでは新規の入金を銀行振込で行う場合は手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。 その他手数料一覧はこちら:手数料一覧 Q.ネムのカタパルトについて詳しく教えてください。 A.ネム(XEM)のカタパルトとは、アップデートのことを意味しています。 カタパルトの詳細についてはこちら ネム(XEM)の今後は?将来性を左右するカタパルトも解説 Coincheck まとめ いかがでしたか? ネムの特徴や将来性を把握でき、購入方法や取引所の選び方などにも活かせるようになったかと思います。 最後に、ここまでの内容をまとめてみましょう。 ◎ネムの特徴6つ * 発行上限額の90億XEMが既に発行されている * コインを手に入れる仕組みに「ハーベスティング」を採用 * ブロック生成時間が1分と短く、支払いが早く承認される * 取引の機会を作り、普及させようと活動するコミュニティが活発 * 取引処理速度を格段に高める「カタパルト」が実装予定 * 独自トークンの発行が簡単 ◎取引所を選ぶポイント4つ * 購入した通貨を安全に守ることができるセキュリティがあるか * 取引画面が見やすいか、使いやすいか * 取引所の運営企業が信頼できるか * 取扱通貨の数 ◎ネムの購入手順 * 取引所に口座を開設する * 銀行振込で取引所の口座に日本円を入金 * ネムを購入 ◎ネムの将来性 * コミュニティが活発で、将来的にもネムを使えるお店が増える可能性もある ネムが普及する前に購入を考えている方は、まずはCoincheckで口座開設をして取引の準備を始めておくと良いでしょう。

仮想通貨(暗号資産)で多くの方に知られているのがビットコイン(BTC)です。 ですが、現在世の中には沢山の仮想通貨が発行されており、ビットコイン以外にも数多くの仮想通貨が日本でも取引されています。 そこで今回は、時価総額が上位である仮想通貨のリップルについてご紹介するとともに、購入するのにおすすめの取引所の選び方などを解説していきます。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 リップル(XRP)はどんな仮想通貨? リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の違い リップル(XRP)の特徴は送金スピードが速くスケーラブル リップル(Ripple/XRP)はどの取引所で買うべき?選び方5つのコツ 選び方①仮想通貨の取引所を選ぶ際には取引量に注意 選び方②取引の簡単さや手数料もポイント 選び方③取引の際の通貨や引き出し限度額 選び方④取り扱い通貨が豊富 選び方⑤セキュリティー面 販売所と取引所の違い 国内ではCoincheckでリップル(Ripple/XRP)が簡単に購入可能 Coincheckの特徴① 高いデザイン性と操作性 Coincheckの特徴② 仮想通貨の取扱いの種類が豊富 Coincheckの特徴③ 最大年率5%の貸仮想通貨サービス Coincheckの特徴④ 価格アラート機能がある Coincheckでのリップル(Ripple/XRP)の取引の始め方 Coincheckの運営体制 リップル(Ripple/XRP)の今後の将来性は? リップルは有望視されている通貨の一つ リップル社の今後の取り組み リップル(Ripple/XRP)についてのまとめ リップル(XRP)はどんな仮想通貨? リップル(XRP)はアメリカのサンフランシスコ発のスタートアップから生まれた仮想通貨です。この通貨は、送金の際にかかるタイムロスや手数料などの摩擦を減らすことをミッションに掲げています。 背景として、他国に国際送金をするためには、複数の銀行を介して送金が行われています。送金をするための銀行、送金を中継するための銀行、受取人に支払うための銀行といった具合です。 さらに手続きが加わる場合もあり、多くの時間がかかってしまいます。また、複数の銀行を通すために手数料も二重三重にかかっています。 海外送金は国内送金と違い、多くの問題があるのです。このような背景の元、送金の摩擦を減らすためにリップル(XRP)は誕生しました。 リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の違い リップルとビットコインには、大きく7つの違いがあります。 開発者が異なるコンセンサスアルゴリズムなどの仕組みが異なる開発目的が異なる送金スピードなどの性能が異なるコインの発行上限数が異なるマイニングなど入手先が異なる価格が異なる 発行上限枚数を比較すると、リップルの開発を行う米国のリップル社は1,000億XRPの発行を既に行っており、新規発行を行わないと表明しています。 対してビットコインは、2,100万BTCの上限枚数はありますが、未だ全てのビットコインが発行されていません。マイニングと呼ばれる取引の承認作業を通して、日々通貨が発行されています。 また、リップルの半分近くはリップル社の管理下に置かれています。ただし、リップル社が自由に使える訳ではなく、ロックを掛けて管理をしています。 そのロックも2018年1月から毎月10億XRPずつ市場に解放しているので、今後はリップルの流通が多くなることも考えられるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck リップル(XRP)の特徴は送金スピードが速くスケーラブル 先述したようにリップルは送金スピードが非常に速いことが特徴です。 他の通貨に比べてもトップクラスに速く、また、1秒における取引処理件数も多いため、スケーラブルな仕様となっています。 仮想通貨取引所が解説するリップル(XRP)の特徴と歴史 Coincheck リップル(Ripple/XRP)はどの取引所で買うべき?選び方5つのコツ リップルは、多くのユーザーや企業から注目を浴びている通貨です。そのため、世界中にある仮想通貨の取引所で取り扱われています。 それでは、一体どうやって利用する取引所を選んだら良いのでしょうか。 選び方①仮想通貨の取引所を選ぶ際には取引量に注意 仮想通貨の取引所を選ぶ際は、基本的には取引量が多い取引所を選ぶことがポイントです。 あまりにも取引量が少ない場合、いざリップルを購入しようとしても、購入できない場合があるためです。リップルを取扱う取引所であっても、選んだ取引所によってはリップルの取引量が少ない場合もあります。 その場合、希望の価格で購入に繋がらない時もあるので取引量が多い取引所を選びましょう。 選び方②取引の簡単さや手数料もポイント 取引の簡単さや手数料が安い取引所を選びましょう。 海外の取引所の中には取引手数料が安い業者もありますが、日本円から直接購入できるところは少ないです。そのため、まずは日本の仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入し、その仮想通貨を海外に送金して購入する必要があります。 このような手続きが必要になるため、別途送金手数料がかかったり、取引に慣れていない初心者には難しい場合があります。 ですので仮想通貨の初心者の場合は、まずは 日本国内の金融庁登録済の仮想通貨交換業者から直接日本円で購入するのが安全です。 選び方③取引の際の通貨や引き出し限度額 「ドルとの法定通貨との交換に対応していない」「仮想通貨同士の交換しかできない」「引き出し限度額が決められている取引所」には気をつけましょう。 海外の仮想通貨の取引所は、そもそも日本在住の場合は利用できないこともあり、さらには日本円(JPY)に対応していないものがほとんどです。 日本円だけでなく、ドルなどの法定通貨に対応していない場合には、仮想通貨のビットコインとの交換など、仮想通貨同士の交換しかできないこともあります。 加えて、引き出し限度額が決められている取引所もあったりと、大きな金額を一度に引き出せないことがよくあります。 選び方④取り扱い通貨が豊富 取り扱い通貨が多い取引所を優先的に選びましょう。なぜなら取引所内で分散投資ができ、損失リスクを小さくすることができる可能性があるからです。 例えば、リップルの価格が30円の時に、100万円でリップルを購入するとします。そして、売却するタイミングでリップルの価格が15円に下がっていたとすると、損失は50万円となります。 ですが、100万円をリップルだけではなく、他の通貨にも投資をしていたらどうなるでしょう。仮に他の通貨が上がっていたとしたら、損失額は少なくなります。 このように分散投資しやすい「取扱通貨数の豊富な取引所」を選んでおきましょう。 選び方⑤セキュリティー面 仮想通貨の取引所においては、セキュリティーも重要です。なぜなら、セキュリティーが弱いとハッキングによる不正流出が起こってしまう可能性があるからです。 Coincheckでは、ユーザー側で2段階認証の設定も可能となっています。2段階認証とは、一般的にはログイン時にスマートフォンに送られてくるコードを打ち込むことでログインができる方法のことをさします。 このため、第三者の不正使用やログインを防ぐことができるのです。 さらに、Coincheckでは仮想通貨の管理に、コールドウォレットという方法を用いています。これは、インターネットに繋がっていないウォレットで仮想通貨を管理しているということです。 ハッキングに強いシステムとなっており、自分が購入した通貨が安全に守られる仕組みになっています。 販売所と取引所の違い 仮想通貨を買うことが出来る場所は販売所と取引所に区別されます。 販売所は、個人が販売所に対して仮想通貨を売買できる場所で、例えばCoincheckが提示する価格で仮想通貨を売買することができます。 対して、取引所は個人間で仮想通貨の売買を行う場所となっています。取引所では、通常オーダーブックと呼ばれる「板」に注文を書き込む形で、個人間のやり取りができるようになっています。 Coincheckでは販売所のサービスに加えて、ビットコインの取引所のサービスも提供しています。 国内ではCoincheckでリップル(Ripple/XRP)が簡単に購入可能 ここまでで、仮想通貨の取引所を利用してリップルの取引をする場合に、事前に知っておきたいポイントなどについて紹介しました。 もちろん、日本国内の取引所でもリップルの取引が可能ですので、ここでは国内大手取引所の1つであるCoincheckについてご紹介します。 Coincheckでは日本語の対応はもちろんのこと、日本円でも購入ができるという利点があります。 Coincheckの特徴① 高いデザイン性と操作性 Coincheckのデザイン性が高く、初めて仮想通貨の取引を行う人でも簡単に操作ができるため、使い勝手が良いと言われています。 Coincheckのサービスはデザインがシンプルで、取引をする際にもわかりやすくなっています。チャート画面も見やすいため、初めて仮想通貨の取引所を利用する人から高い評価を得ています。 取引の操作も容易で、スマートフォンのアプリでも簡単に取引を行うことができます。さらに、仮想通貨が初めての人には、わかりやすくどのように仮想通貨を買うのかが動画で紹介されているので安心です。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheckの特徴② 仮想通貨の取扱いの種類が豊富 Coincheckは国内取引所の中でも、取扱い仮想通貨の数では国内トップクラスです。もちろんリップルの取引も行うことができます。 Coincheck(コインチェック)で現在取引できる通貨は何種類?仮想通貨(暗号資産)の購入手順 Coincheck Coincheckの特徴③ 最大年率5%の貸仮想通貨サービス さらに、購入した仮想通貨をCoincheckに貸し出すことで利用料がもらえる、貸仮想通貨サービスも提供しています。 最大年率5%で、貸出期間は14日間・30日間・90日間・365日間から選ぶことができます。 貸仮想通貨サービスはこちら Coincheckの特徴④ 価格アラート機能がある 他にも、仮想通貨の価格のアラート機能があります。 価格アラートとは、仮想通貨の価格が指定した数値よりも大きく変化した時にメール等で知らせてくれるサービスです。 仮想通貨は価格の変動が激しいため、ちょっと目を話した時に大きく値段が変わっていることもよくあります。 そのために、常に価格を見ていないと不安で精神的に疲れてしまう人もいるかもしれません。 そんな時に、価格アラート機能を設定しておけば、普段の価格変動を気にしなくて良いため助かります。 Coincheckでのリップル(Ripple/XRP)の取引の始め方 リップル(XRP)の取引を行うためには、まずはCoincheckに口座開設が必要です。 Coincheckの場合、口座開設の申請はネット上で簡単に可能ですので、証券会社などの口座開設よりもスムーズになっています。 SMS認証や運転免許証等による本人確認書類の画像などの提出後、後日自宅に届いたはがきを受け取ることで口座開設は完了します。 リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck Coincheckの運営体制 運営企業の信頼性は大切です。 なぜなら信頼性がないと、大切な資産を失ってしまう可能性があるからです。 信頼性を見極めるポイントには、例えば以下の3つが挙げられます。 上場企業が運営している運営企業の株主が大手金融機関金融庁が認可した「仮想通貨交換業者」に登録されている Coincheckは親会社が東証一部上場企業のマネックスグループであり、グループ入り後のセキュリティ強化により、仮想通貨交換業者の登録を完了しています。 リップル(Ripple/XRP)の今後の将来性は? リップルの将来性やリップル社の今後の取り組みについてご紹介します。 リップルは有望視されている通貨の一つ リップルは有望視されることが多い通貨の一つです。 決済システムとして開発されたリップルは実用化が進んでおり、その将来性に期待する声も高まっています。 また、時価総額は2019年12月末時点で3位となっており、市場からも期待されているとも言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)の今後はどうなる?将来性について紹介 Coincheck リップル社の今後の取り組み リップル社は「RippleNet」という国際送金ネットワークを作ることを目指しています。このネットワークは、銀行を通さずにRippleNetに入っている企業や個人で送金を行う仕組みです。 仮想通貨や金融機関、クレジットカードなどの様々なネットワークを繋いで、異なる台帳間のお金の高速な送金の実現を目指しています。 実際に、このネットワークへ加入している銀行も世界中で増えてきています。実際に加入している日本の銀行も既にあるため、日本企業からの期待も高いと言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)についてのまとめ リップルは、海外でも国内でも多くの取引所で取扱われています。銀行業界や世界的な大企業からも、注目を浴びている仮想通貨です。 このように多くの場所で取扱われている実績や、企業との提携実績がありますので、比較的世の中に普及してきている仮想通貨と言えます。そして、今後も色々な企業などと提携していくことが期待されています。 また、リップルは大きな銀行や企業と提携を結ぶことで、ニュースになることがあります。そのため、リップルを保有する場合は、仮想通貨のニュースなどの情報に、常にアンテナを立てておくのが良いでしょう。 リップルは、仮想通貨の中でも送金が早いということや、ネットワーク内で便利な送金が出来る点などに強みを持ちます。 そんなリップルに興味を持った方は、まずはCoincheckにて口座を開設し、少額から取引を始めてみてはいかがでしょうか。

近年、投資や資産運用を目的に、仮想通貨(暗号資産)を保有する人が増えています。 仮想通貨は世界中で注目を集めており、日本でも大企業がブロックチェーンを使った実証実験を行うほど、仮想通貨は社会に浸透し始めています。 しかし、以前には仮想通貨投資を謳った詐欺が横行していたため、仮想通貨と聞くと、いまだに怪しいイメージを持っている方も少なくないかもしれません。 また、ビットコイン(BTC)に興味を持ったものの、今まで購入した経験が無い方は、どこで購入したらよいのか分からない方が多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、 ビットコインの購入場所、購入方法ビットコインを安全に購入できる仮想通貨の取引所の選び方ビットコインの今後の将来性 についてご紹介していきます。 この記事を読めば、ビットコインなどの仮想通貨はどこで買えばいいのか、購入場所である取引所を選ぶポイントなどを知ることができ、購入や取引を始めるのに役立てられるようになります。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 ビットコイン(BTC)はどこで購入できるの? 世界中に存在する仮想通貨の取引所 日本国内の金融庁登録済の仮想通貨交換業者 ビットコイン(BTC)はCoincheck(コインチェック)で購入可能 メリット1:取引できる仮想通貨の種類が多い メリット2:チャートや取引画面が見やすい メリット3:使いやすい メリット4:オシャレなデザイン メリット5:チャット機能もついている Coincheck(コインチェック)の登録は無料で簡単 ビットコイン(BTC)の将来性は? 今後の仮想通貨市場は? キャッシュレス化の流れ ビットコイン(BTC)を買える場所についてのまとめ ビットコイン(BTC)はどこで購入できるの? ビットコインをはじめとする仮想通貨は、どこで購入して、どのような方法で利用できるのでしょうか。まずは、ビットコインを購入できる場所である仮想通貨の取引所についてご紹介します。 仮想通貨の取引所は、ビットコインだけに限らず、様々な仮想通貨を日本円やドルで購入したり、別の仮想通貨と交換したりできるWebサービスのことを指します。 世界中に存在する仮想通貨の取引所 海外にも仮想通貨の取引所はありますが、仮想通貨の取引に慣れていない方は、海外の取引所を利用することは、あまりおすすめできません。 というのも、基本的に英語で対応しなければならず、取引を始めるために海外に在住している必要があったり、仮想通貨を送金して入金する必要などがあるからです。 このように、海外の取引所を利用する場合には、仮想通貨や海外サイトに慣れている必要がありますし、中にはセキュリティ面が不安であったり、いきなり倒産してしまうような取引所も存在します。 日本国内の金融庁登録済の仮想通貨交換業者 そのため、仮想通貨のことをよく理解するまでは、日本国内の仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。 日本国内には、法律に基づき金融庁に登録された仮想通貨交換業者が提供する、仮想通貨の取引所があります。Coincheckもその仮想通貨交換業者のうちの1社となっています。 仮想通貨取引所とは?売買・取引を行うために覚えておきたいこと Coincheck ビットコイン(BTC)はCoincheck(コインチェック)で購入可能 日本においてビットコインを購入するには、どのような仮想通貨の取引所が良いのでしょうか。 今回は数ある取引所の中でもユーザー数が多い仮想通貨の取引所である、Coincheckについてご紹介します。 Coincheckは、パソコンからでもスマートフォンからでも取引ができ、手続きも簡単なことが特徴です。他にも以下のようなメリットがあります。 メリット1:取引できる仮想通貨の種類が多い Coincheckでは、ビットコインを含めた13種類の仮想通貨を取り扱っています(2020年8月時点)。 Coincheckの取り扱い通貨 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) ファクトム(FCT) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) 例えば、イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュなどのメジャーな仮想通貨はもちろん、国内では唯一ファクトムが売買できる取引所となっています(2019年2月時点)。 Coincheck(コインチェック)で現在取引できる通貨は何種類?仮想通貨(暗号資産)の購入手順 Coincheck メリット2:チャートや取引画面が見やすい Coincheckを利用する人が多い理由の一つに、チャートや取引画面の見やすさがあります。 Coincheckのチャートは、幅広いスケールを設定できるため、今後の予想などをする際には、様々な単位でチャートを確認できます。チャートが見やすいことで、今後の予測なども立てやすくなるのではないでしょうか。 メリット3:使いやすい Coincheckは、スマートフォンアプリでもリリースされており、無料でダウンロードすることができます。アプリのダウンロード数も多く、人気のアプリとなっています。 アプリをダウンロードした後は、チャートや総資産、送金や入出金など、メニュー表示されているボタンを押すだけで簡単に操作することができます。 また、売買に関しても「売却」「購入」とボタンが表示されているため、リアルタイムですぐに売買ができるところも魅力の一つでしょう。このほかにも*ウィジェット機能:があり、スマホでも気軽に価格を確認することができます。 コインチェックアプリの使い方(iOS・Android) Coincheck メリット4:オシャレなデザイン メリット3でもご紹介したアプリに関してですが、デザインが洗練されているため、オシャレな画面となっています。 よくある株価チャートの黒い画面のようなものではなく、エメラルドグリーンと白を基調としたデザインとなっているため、若い人にも人気のデザインとなっています。 メリット5:チャット機能もついている Coincheckの取引所には、チャット機能も付いています。 このチャット機能では、掲示板のように様々な人たちが投稿しており、チャット機能を通したコミュニケーションができます。 Coincheckを利用されている方同士で情報をやり取りしているため、参考になる情報もあるかもしれません。ですが、中には間違った情報もあるかもしれませんので、あまり鵜呑みにしすぎないようにしましょう。 Coincheck(コインチェック)の登録は無料で簡単 ご紹介してきたCoincheckですが、ホームページ上で無料登録ができます。アプリのダウンロードも無料となっており、アプリ上で無料登録することもできます。 ビットコインなどの仮想通貨取引を始めたいと思っている方は、まずは公式サイトから無料登録をしてみると良いでしょう。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(BTC)の将来性は? 仮想通貨の中でも、特に人気を示しているのがビットコインです。一番始めに登場した仮想通貨であり、時価総額も第一位をキープし続け、仮想通貨の中心的な存在であると言えます。 そんなビットコインを購入するにあたり、今後価格は上昇するのか、下降するのか、一番気になるところではないでしょうか。しかし、ビットコインの価値が上がるかどうかは、誰にも予測することができません。 ビットコイン(BTC)の今後は明るい?2020年の最新の動向と将来性 Coincheck 今後の仮想通貨市場は? それでは、ビットコインだけではなく、仮想通貨全体としてはどうなのでしょうか。ビットコインが生まれた頃から比べ、今では多くの仮想通貨が世の中に生まれています。 これらのビットコイン以外の仮想通貨のことを、アルトコインと言いますが、アルトコインに注目が集まることで、仮想通貨バブルになった時期もありました。 しかし、価格の暴落でバブルが弾け、市場が冷静になりつつある今では、いわゆる「爆上げ」と呼ばれるような価格高騰の機会は、昔と比べると少ないかもしれません。 仮想通貨は終わりではない?今後伸びる5つの理由と2020年の展望 Coincheck キャッシュレス化の流れ ただし、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、キャッシュレス化の流れを汲む形で多くの人に普及する可能性もあります。 実際にビットコインが使える場所は世界中で増えており、様々なグローバル企業が仮想通貨の技術に注目していますので、これからの発展がにも期待ができると言えるでしょう。 仮想通貨での支払い方法を解説!ビットコイン決済のやり方は? Coincheck ビットコイン(BTC)を買える場所についてのまとめ ここまでで、ビットコインについて、どこで買うのがおすすめか、海外の取引所や日本の取引所についてご紹介してきました。 最後にここまでの内容をまとめてみましょう。 ◎ビットコインの購入場所 * 海外の仮想通貨取引所 * 日本国内の金融庁登録済みの仮想通貨交換業者 ◎日本国内の仮想通貨取引所をおすすめする理由 * 日本語対応 * 日本の法律に基づき金融庁に登録された仮想通貨交換業者が運営 ◎国内の仮想通貨取引所Coincheckの強み * 取り扱う仮想通貨の種類が豊富(2020年8月現在:13種類) * チャートや取引画面が見やすい * スマートフォンアプリもあり、操作が簡単 * デザインが洗練されている * チャット機能の利用ができる ◎ビットコインの将来性は? * 仮想通貨バブルの頃と比較すると価格高騰の機会は少ない可能性がある * キャッシュレス化の流れを汲んで多くの人に普及する可能性がある 海外の取引所は多くの仮想通貨を取り扱っていますが、英語での対応が必要であることや、入金時の海外送金など、慣れていない方には中々難しい面もあります。 セキュリティ面への不安や、いきなり倒産してしまうような取引所も存在しますので、まずは日本国内の取引所を利用することをおすすめします。 日本の仮想通貨の取引所Coincheckであれば、日本語の対応ですし、日本円から直接ビットコインなどの通貨を簡単に購入することができるなど、様々なメリットがあります。 日本円の保有だけではインフレ対策や資産形成が不安な方で、まだビットコインを保有をしていない方であれば、この是非ビットコインの保有を検討されてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨には、最初に世に出た元祖であるビットコイン(BTC)だけでなく、さまざまな種類が存在しています。そのなかの1つが、ネム(XEM)です。 ネムには、ほかの通貨にはない特徴があるので、取引したいと考えている人もいるでしょう。取引にあたって気になるの要素の1つは、いくらからネムを購入できるのかという点です。 そこで、ネムの取引を行うために最低限必要となる資金はいくらか、どのようにすればネムを購入できるのかなどについて解説します。 Coincheckの無料登録はこちら ネム(NEM/XEM)の基本情報を解説 ネムを取引するにあたっては、ネムの基本的な情報や特徴を把握しておく必要があります。ネムは、仮想通貨システムの名称ですが、機会の公平性や富の分散化、自由な取引の確保などを目的に作られたプロジェクトの名称でもあります。 ネム(NEM)は、新しい経済運動を表す「New Economy Movement」の頭文字をとった言葉です。通貨単位は、XEM(ゼム)ですが、通貨名称としてネムという用語を使っているケースも多くなっています。 仮想通貨の代表格でもあるビットコインは、発行量上限に向かって徐々に新規発行されていく仕組みになっています。一方、ネムは、スタート段階ですべての通貨が発行されている状態です。 最初に、約1600人の投資家に分けて発行され、以後新規発行は行われないという特徴があります。また、送金スピードがビットコインよりも速いことも特徴です。 仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck ネム(NEM/XEM)はいくらから買える?最低購入額は? ネムを購入する場合、いくらから買えるのかを把握しておくことが大切になります。1XEM(ゼム)単位で購入する必要はなく、小数点以下でも購入可能です。 ただし、口座を開設した取引所の規定によって、最低取引単位や最低取引金額が決められていることもあります。そのため取引所の規定を、確認しておくことが必要です。 日本の大手取引所の1つであるCoincheckでは、ネムを取り扱っています。Coincheckでネムを取引する場合、最低取引金額は500円相当額以上です。 500円の投資では大きな利益を狙うことは難しいですが、少額でもネムを購入できることは認識しておきましょう。初心者にとっては、少額投資が可能で投資を始めやすいことはメリットだといえます。 ネム(NEM/XEM)を購入するためにはアカウント登録から ネムを購入するためには、ネムを取り扱っている取引所に口座開設をする必要があります。ネムの取り扱いがある日本の取引所は限られているため、取引所選びには注意しましょう。 Coincheckでは、ネムの取り扱いがあるため、Coincheckでネムを購入するための口座開設手続きについて解説します。 メールアドレスで登録 Coincheckで口座開設を行うにあたっては、まず新規登録を行うことが必要です。新規登録は、メールアドレスを登録することで行います。 メールアドレスの登録を行ってアカウントを確保したら、個人情報の入力です。氏名や住所などを登録します。 SMS認証 続いて、SMS認証(電話番号認証)を行います。SMS認証が完了したら、本人確認書類のアップロードです。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 仮想通貨を購入するためには日本円を入金しよう 続いて、Coincheckで実際にネムを購入するために必要となる資金の入金手続きについてです。ネム購入にあたっては、購入対価として日本円を支払う必要があります。 そのため、購入に先立って日本円の入金処理を行うことが必要です。Coincheckの口座に日本円を入金する方法は、複数あります。代表的な方法は、銀行振込です。 Coincheckのサイトで入金先情報を確認したうえで、入金金額を指定して振込先口座に対して銀行振込指示を行います。銀行振込に際して負担するコストは、銀行に対して支払う振込手数料だけです。 Coincheckの入金手数料は無料となっています。入金後、口座に日本円残高が反映されれば、ネムの購入が可能です。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨ネム(NEM/XEM)を購入する方法は? 日本円の入金が完了したらネムの購入処理を行えます。Coincheckの場合、現物取引と呼ばれる取引で購入できます。 現物取引とは、実際に仮想通貨の所有権が得られる取引方法のことです。購入後のネムは売却できることはもちろん、送金や決済にも使用できるようになります。 コインチェックアプリでの購入方法 まずはコインチェックアプリをダウンロードし、アプリを立ち上げます。トップ画面から「ネム(XEM)」を選択して、タブの「購入」ボタンをクリックします。 そうすると購入画面に移動しますので、そちらで購入金額を入力します。その後、内容に問題がないか確認をし、「JPYでXEMを購入」ボタンをクリックすれば、購入完了です。 ウェブ画面での購入方法 ウェブ画面では、まずはサイトメニューの「ウォレット」をクリックし、そこから「コインを買う」を選択します。さらに、表示されている複数の通貨からネムの選択が必要です。 続いて、購入数量を指定します。価格は、Coincheckが提示する仕様です。提示価格と数量を掛けた金額が表示されますので、確認のうえ購入手続きを完了させます。 ただし、市場での取引価格と連動しているため、できるだけ安い価格で購入できるようにタイミングを選ぶことも大切です。ここまでの処理を行えば、サイト上の資産残高一覧のネム残高が増加します。以上で、購入処理は完了です。 ネム(NEM/XEM)取引にかかる手数料 ネムの取引を行う場合は、日本円の入出金手数料や取引手数料、送金手数料など取引ごとに手数料がかかります。取引にあたっては、どの程度の手数料負担が生じるのかを事前に把握しておくことも重要です。 販売所でネムの売買を行う場合は、別途手数料を負担する必要がない仕組みです。ただし、販売所を利用する手数料は、価格に含まれています。 日本円の出金については、1回について407円の手数料がかかります。さらに、ネムを送金する場合は、0.5XEMの送金手数料がかかります。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 ただし、Coincheckユーザー間での送金については無料です。 ネム(NEM/XEM)のハーベストはいくらから? ネムは、ハーベストと呼ばれるシステムが採用されています。ハーベストとは、収穫を意味する言葉で、ネムの取引検証作業のことです。 ビットコインの取引検証作業は、ハーベストではなくマイニングと呼ばれています。ネムは、ビットコインとは異なる取引検証ルールが適用されていることが特徴です。 ハーベストに参加することによって、報酬としてネムを受け取れます。ただし、ハーベストは誰でも参加できるわけではなく、参加資格が定められている仕組みです。 参加資格は、ネムの保有量と取引量で判断されます。ネムを保管できるNanoWallet(ナノウォレット)に1万XEM以上保有していることなどがハーベストに参加する条件です。 また、ハーベストに参加するためには、6XEMの手数料がかかることも知っておきましょう。ネムは、購入するだけでなく、ハーベストによっても取得可能です。 ネム(NEM/XEM)のハーベストとは?方法やマイニングとの違いを解説 Coincheck ネム(NEM/XEM)を少しずつ購入して慣れていこう ネムは、少額でも取引可能です。仮想通貨の取引所によって最低購入単位は異なりますが、Coincheckであれば500円相当額以上から購入できます。 仮想通貨の初心者は、いきなり大量のネムを購入するのではなく、少額購入から始めるのもよいでしょう。少額での取引を何度か経験することで、ネムの取引に慣れていくことができます。 なお、これからネムの購入を行う人は、まずは仮想通貨の取引所に口座開設するところから始める必要があります。取引所選びに際しては、ネムの取り扱いがある取引所かどうかの確認を忘れないことが大切です。

2020-03-25仮想通貨の購入

2009年に史上初めての仮想通貨であるビットコイン(BTC)の運用が開始されて以来、現在もニュースを賑わしているのが仮想通貨です。 数多くの歴史を経て、仮想通貨の価格は右肩上がりに上昇をしていますが、ハイリスクハイリターンでの取引になる可能性があるため、余剰資金で取引を行うのが基本です。 今回の記事は余剰資金で初めて仮想通貨を始める方のために、あらかじめ知っておきたい情報などをご紹介します。 そもそも余剰資金とは? 仮想通貨で投資を始めようと考えた際に、全財産を投資に回した方が儲かるのでは?と考えたことがある人もいらっしゃるかもしれません。 仮想通貨に限らず、株やFXなどを始めようとすると「投資は余剰資金で」という言葉を良く耳にします。余剰資金とは、簡単にお伝えすると「すぐに無くなっても困らないお金」や「余っているお金」です。 生活資金や緊急事態に使うお金とは別のものになります。この金額は人によって様々なので、自分自身の「余剰資金」がどのくらいの額になるかをちゃんと見極めることが重要です。 どのくらいが余剰資金なのかの定義は人によって曖昧で、1,000円だったらすぐ出せる金額かもしれません。ですが、それで仮想通貨の投資を楽しむことができるのか?という疑問もでてきます。 Coincheckではビットコイン(BTC)は500円から購入できますが、1,000円ではすぐに無くなってしまいますよね。また、余剰資金の目安としては、仮想通貨に投資してお金が無くなってしまっても、日々の生活に困ることがない程度の金額と言えるでしょう。 仮想通貨は多少のリスクを取らなければチャンスを得ることができないかもしれませんが、元手を割り込む可能性があることも頭に入れておくことが大切です。 余剰資金で仮想通貨を投資する理由とは? ビットコイン(BTC)をはじめ、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ネム(XEM)など、現在では様々な種類の仮想通貨が存在します。主要な仮想通貨のほとんどに当てはまりますが、長期的にみるとどれも誕生当時からは値上がりしています。 例えば、2017年には仮想通貨は大きな値上がりを見せました。ビットコイン(BTC)は年初から十倍以上、リップル(XRP)やネム(XEM)などは数百倍近くにも高騰しました。 このように、長期的に見れば右肩上がりの上昇を経てきたのですが、短期的にみると仮想通貨は値動きが激しいこともあって、損失を抱える可能性も否めません。 余剰資金であれば、短期的な値動きにも耐えられますが生活費や必要な預金などで投資をしてしまうと、お金が無くなったら日本円に変換する必要もありますし、借金をしていたら返済期限を守らなければいけなくなります。 このようなリスクを避けるために、仮想通貨は生活に支障がない余剰資金で行い、長期的な目線で投資を続けることが大切と言えるでしょう。 なるべく「損」を気にしない初心者向けの投資方法とは? 仮想通貨は価格の上下が激しいため、買うべきタイミングがなかなか掴めず、特に初心者はどうしてよいのか分からないことも多いと思います。 安いときに仮想通貨を買えばよいのは分かっているけれども、大きな金額を投資するのはリスクがあると感じる方もいらっしゃるでしょう。 そこで、初心者が取り組みやすい取引の方法をいくつかご紹介します。 1. 積立投資 仮想通貨の積立投資とは、あらかじめ決めておいた額の仮想通貨を、機械的に毎月買い足していく投資方法のことです。 例えば月1回、仮想通貨を購入しますが、その直前に価格の暴落が起きたりすると、価格が安い分、仮想通貨の量を多く購入することができます。月1で買うことによって、暴落などが起きても、あまり気にしないで済む気持ち的余裕も出てきます。 毎月一定額を積み立てていく投資方法は「ドルコスト平均法」とも言われており、価格が暴落した場面ではより多くの投資対象を購入でき、価格が高騰した場面では購入数を少なくすることができ、高値掴みを避けられるメリットもあります。 詳しくはこちら:仮想通貨でコイン積立投資をする!特徴や方法を徹底解説 2. 分散投資 昔から投資の世界では「卵は1つのカゴに盛るな」という格言が語り継がれています。その理由は、卵を1つのカゴに入れて保管をしていると、カゴを落としたときにすべて割れてしまい、使い物にならなくなってしまうからです。 しかし、卵を複数のカゴで保管していれば、1つのカゴを落としても他のカゴが無事ならば、損失を1つのカゴで抑えることができるという意味合いがあります。要は、幅広く投資を分散させて、リスクを抑えるべきだということを説いています。 このことから、仮想通貨の分散投資は、1種類の仮想通貨に絞って投資するのではなく複数種類の仮想通貨を購入する投資方法のことを指しています。なるべく特徴の違う仮想通貨に分散投資することで、リスクを分散することができると言えるでしょう。 詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 3. 現物取引 現物取引とは「現物」を購入する投資スタイルです。仮想通貨は姿や形がないため少しややこしく感じますが、考え方は簡単です。 例えば、ブランド物の洋服を10,000円で購入したとします。1年後にデザインに飽きたので売りにいったら、同じ服が1,000円で売られていました。 単純に1年待てば、そのブランド物の洋服を1,000円で購入できたことになりますよね。逆に言えば、9,000円分の価値を損したことになります。 現物取引は、それと同じように、今日は10,000円だけれども、来年1円に暴落したら1円の物をもっているのと同じ状態になります。 現物取引のメリットは、「最悪でも投資額しか損をしないこと」や「仮想通貨を購入する際の計算が楽なこと」などが上げられます。余剰資金で少額から始めるのであれば、仮想通貨の取引の基本である現物取引から始めるのが良いでしょう。 初心者にレバレッジ取引(信用取引など)は難しい レバレッジ取引とは、自分が保有している金額以上のお金を動かせる取引方法です。例えば「今は1万円しか持っていないけれども、レバレッジを10倍かけて、10万円の取引をしたい」ということができるのが、レバレッジ取引になります。 手元資金の何倍まで取引ができるかは、仮想通貨の交換業者や取引ルールによっても異なります。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 レバレッジ取引は、手元資金が少なくても大きな利益を生む可能性がある取引方法ですが、自分の財産以上の取引を行うことができるため、リスク管理ができないと大きな損失を出してしまう可能性もあります。 繰り返しになりますが、仮想通貨の投資の基本は「余剰資金で行う」ことです。特に初心者はレバレッジ取引の場合リスクが大きくなりますので、まずは現物取引に慣れるまでは手を出さない方が、安心して取引を行うことができるでしょう。 仮想通貨はこれから成長する? 日本では2017年に改正資金決済法が施行されて、仮想通貨に関する取引が整備されてきました。仮想通貨交換業者が登録制になり、金融庁に登録されていない業者の場合、仮想通貨の取り扱いができなくなりました。 こちらの法律は、仮想通貨を始めるユーザーが「怪しい仮想通貨」などによって資金を失うことがないように、利用者保護の目的で作られました。これからますます法整備などが進んでいけば、「仮想通貨は怪しい」という認識も和らいでいく可能性も高いでしょう。 また、仮想通貨のルールが明確になることによって、大手企業なども仮想通貨事業に参加しやすくなるというメリットもあります。 仮想通貨が注目される理由の一つとして、その背景にある「ブロックチェーン技術」があります。ブロックチェーンとは、仮想通貨の取引に使われている取引データを保管する技術のことです。 このブロックチェーンの安全性は非常に高く、改ざんをすることはほぼ不可能といわれています。一部の国では、中央銀行がこのブロックチェーン技術に着目して、仮想通貨の開発や実用化を進めているところもあります。 今後安全性が高い仮想通貨の技術はもっと様々な場所で使用されると予想されていることから、仮想通貨なしでは生活が出来なくなる日ももしかしたらやってくるかもしれません。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 余剰資金で仮想通貨を購入する際の注意点 SNSやニュースなどで、仮想通貨によって1億円以上の大金を手にした「億り人」と呼ばれる人たちを見ていると、「自分も億万長者になれるのでは?」と思い仮想通貨を始めようと決意した方も多いかもしれません。 確かに、大金を稼げるとなると、全財産を仮想通貨につぎ込みたくなる気持ちも分からなくはありません。しかし、「仮想通貨は絶対に儲かる!」という魔法の投資先ではないこと、は頭に入れておきましょう。 投資で「億り人」になった方もいれば、反対に損をした方もいるということです。仮想通貨が必ず儲かるという保証はありませんので、そういったリスクも理解しつつ、生活費や貯金をすべてつぎ込んだりせずに余剰資金で行うことが大切です。 仮想通貨の取引所Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

2021-02-09仮想通貨の購入

近年、仮想通貨(暗号資産)の取引を法人で行うところが増えています。仮想通貨の取引を始める際、個人で取引するのか法人で取引するのかは大きな違いがあります。 この記事では、仮想通貨取引を法人で行う場合は個人で取引する場合とどのような違いがあるのかという点や、それぞれのメリットとデメリットを中心にご紹介していきます。 賢く投資するにはルールを知らなければなりません。法人での投資方法にも触れていますので、ご関心のある企業の方は参考にしてみてください。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 仮想通貨における個人と法人の違いは税率(税金の多さ) 個人で取引するメリット 個人で取引するデメリット 法人で取引するメリット 損益通算や赤字の繰越 経費算入の範囲 福利厚生や保険 法人で取引するデメリット 1. 設立に費用がかかる 2. 法人住民税がかかる 3. 法人口座を開設できる取引所は限られている 北米の企業ではビットコイン投資がトレンド?海外企業の購入事例 MicroStrategy(マイクロストラテジー) Square(スクエア) Stone Ridge Holdings Group(ストーン・リッジ・ホールディングス・グループ) NexTech AR Solutions(ネクステックARソリューションズ) なぜ2020年は企業の暗号資産市場への参入が増えたのか? 法人で計上できる経費について 固定的な費用など 書籍や雑誌、出張旅費の費用など 役員報酬や退職金など 法人で仮想通貨の取引をする方法 法人は税務調査の対象? 個人から法人への変更は可能? サラリーマンでも法人として取引可能? 法人での損益通算について 仮想通貨の所得が発生する場合 法人のメリットを活かして仮想通貨の取引を 仮想通貨における個人と法人の違いは税率(税金の多さ) 個人と法人の大きな違いは税率です。 雑所得に分類される仮想通貨の税率は、所得税と住民税を合算すると15%から最大で55%となります。 累進課税制度を採用している日本では利益が多い人ほど、納める税金が多くなります。一方、法人の税率は2018年4月1日時点の法令では19%から23.4%です。 実行税率はこれに10%程度の住民税や事業税などが加算されます。ここから言えることは、利益が少ない時は個人の方が税金は少なくて済むものの、一定の利益の水準を超えると法人にしたほうが税負担を低く抑えることができるということです。 仮想通貨は損益通算や赤字の繰越ができないため、毎年利益が出るようになると、この税率の差は、悩ましいポイントになるかもしれません。 なお、仮想通貨の取引は、大規模な設備が必要なマイニングを除いて、個人でも法人でも作業の内容にはほとんど変わりはありません。 仮想通貨の取引を事業として行う場合、個人事業主として始めてその後に法人化するという方法もあります。ただし、事業内容がほとんど変わらないため、最初から法人で取引することも可能です。 ※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 個人で取引するメリット 個人で取引するメリットをもう少し詳しくみてみましょう。個人での取引は利益が少額なら、法人で取引をするよりも税負担を低く抑えることができます。 法人の設立には登記費用などがかかることや、法人の住民税は赤字でも支払いの義務があることなどを考えると、一定のコストがかかることは否定できません。その点、個人は赤字になると住民税が免除されることもあります。 また、個人の方が取引に算入するためのハードルが低く、気軽に始められることもメリットです。したがって、税率という観点だけで法人で取引を始めるのには注意が必要です。 個人で取引するデメリット 一方、個人で取引する際のデメリットも押さえておきましょう。 大きなデメリットは、企業などに勤めている給与所得がある人が副業として仮想通貨の取引をする場合、給与所得との損益通算ができないことです。 仮想通貨には株式や投資信託、不動産には認められている損益通算や赤字の繰越が認められていないため、仮想通貨の取引で赤字が出た場合も、給与所得はそのまま課税対象となります。 給与所得にかかる所得税は毎月給与から天引きされているので、それほどは気にならないかもしれません。しかし、損益通算や赤字の繰越ができれば、納めすぎた税金を還付してもらうことができる場合もあるのです。 法人で取引するメリット 法人で取引を行う最大のメリットは、利益が大きくなるほど個人での取引よりも税負担を抑えられることです。 損益通算や赤字の繰越 利益は事業所得となり、損益通算ができるほか、2018年4月1日以降の赤字は最大10年間繰り越すこともできます。 そのため、単年度で大きく損を出してしまっても、長い目で見れば取り戻すこともできるのです。 経費算入の範囲 また、法人には個人よりも経費として認められるものが増えることもメリットです。たとえば、法人は家賃を社宅として経費に算入することなどができます。 仮に家賃が10万円の部屋に住んでいる場合は、家賃の8割である8万円までは法人の経費とすることができたりもします。個人給与を家賃の分だけ減らすことで、合法的に税負担を減らすことができます。 福利厚生や保険 また、法人化すると、退職金代わりになる小規模企業共済や取引先の倒産による連鎖倒産を防ぐ経営セーフティー共済の掛け金なども、経費として計上が可能です。 個人は、確定拠出年金以外に全額費用に算入できるものはほとんどありません。経費に算入しつつ福利厚生や保険を充実できるという面で、法人化のメリットは大きいといえるでしょう。 法人で取引するデメリット 色々とメリットがある法人での取引ですが、デメリットも確認しておきましょう。 1. 設立に費用がかかる まず、法人の設立にはお金がかかります。 登録免許税や収入印紙代など、設立の際に役所に支払う金額はおよそ20万円程度となります。登記を専門家に依頼した場合には、別途費用がかかります。 そのため、まずは初期費用として20~30万円程度かけるメリットがあるかどうかの見極めが大切です。 2. 法人住民税がかかる 2つ目のデメリットは、赤字でも法人住民税がかかることです。 個人は赤字になると住民税が免除されることも多いですが、法人住民税は財務状況にかかわらず、最低でも年間7万円程度は支払わなければなりません。 3. 法人口座を開設できる取引所は限られている 3つ目のデメリットは仮想通貨取引のための口座を開設する場合、法人口座を開設できる取引所が限られている点です。 なお、国内の大手仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckでは、法人での取引も可能となっています。 仮想通貨取引・購入のための法人口座開設5ステップ Coincheck 北米の企業ではビットコイン投資がトレンド?海外企業の購入事例 2020年、北米では複数の上場企業が資産運用の一環としてビットコイン投資を開始しました。こちらの項目では、2020年にビットコインの取得を発表した企業のうち、特に話題となった4社についてご紹介します。 MicroStrategy(マイクロストラテジー) 米ナスダック上場のソフトウェア会社「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」は、2020年8月に約2億5,000万ドルで2万1,454BTCを購入したことをプレスリリース上で発表しました。マイケル・セイラー(Michael Saylor)CEOは、この投資に関して以下のように説明しています。 「ビットコインへの投資は、株主の長期的な価値を最大化することを目指す新しい資産運用戦略の一部です。今回の投資は、世界で最も広く採用されている暗号資産であるビットコインは信頼できる価値の保存手段であり、長期的には現金を保有するよりも魅力的で可能性のある資産であるという私たちの信念を反映しています」 参考:MicroStrategy Adopts Bitcoin as Primary Treasury Reserve Asset また、マイケル・セイラーCEOはTwitterで、同社が2020年12月にも6億5,000万ドルに相当する2万9,646BTCを購入したことも発表しました。この購入により、MicroStrategyが保有するビットコインの総量は70,470BTCとなりました。 引用:Michael Saylor Square(スクエア) 2020年10月8日、Twitter創業者のジャック・ドーシー(Jack Dorsey)がCEOを務める米決済大手のSquareは、5,000万ドル相当のビットコインを購入したことを発表しました。 引用:Square IR 同社はTwitter上で、「暗号資産は経済的パワーを手に入れる手段であり、グローバルな金融システムに参加する方法を提供してくれると信じている」と述べました。 なお、CEOのジャック・ドーシーは以前からビットコイン肯定派として知られており、個人としても毎週1万ドル相当のビットコインを購入しているというニュースが流れ、話題となりました。 なお、同氏のTwitterアカウントのプロフィールには「#bitcoin」と一言だけ書かれており、こうしたことからもビットコインに対する強い期待感がうかがえます。 引用:jack Stone Ridge Holdings Group(ストーン・リッジ・ホールディングス・グループ) 2020年10月13日、米大手資産運用会社のStone Ridge Holdings Group(SRHG)は、1億ドルを超える量のBTC(1万BTC以上)を購入したことをサイト上で公表しました。 SRHGの創業者であるロス・スティーブンス(Ross Stevens)は、上記の投資に関して次のように説明しています。 「我々は長い間、投資の観点からビットコインは現金よりも優れた資産であると考えてきました。そして、法定通貨の利息がますますマイナスとなる中で、SRHGの10,000BTC以上ある資産は、当社の財務戦略の主要な構成要素となっています」 参考:NYDIG Raises $50M in Growth Equity Funding; NYDIG Parent Stone Ridge Holdings Group Announces More Than $100M in Bitcoin as Primary Treasury Reserve Asset NexTech AR Solutions(ネクステックARソリューションズ) 2020年12月29日、拡張現実(AR)の技術開発およびサービス提供を行うカナダのNexTech AR Solutionsは、企業として200万ドル相当のビットコインを購入したことを発表しました。 同社のエヴァン・ゲッペルバーグ(Evan Gappelberg)CEOは、今回の投資について以下のようなコメントを発表しています。 「金(ゴールド)の時価総額が10兆ドルなのに対して、ビットコインの時価総額はまだわずか5,000億ドルです。デジタルゴールドであるBTCは、いずれ市場規模で金に追いつくほどの可能性を持っており、今回の投資は株主の長期的な利益を最大化することを目的としています」 参考:NexTech To Buy $2million in Bitcoin with Treasury なぜ2020年は企業の暗号資産市場への参入が増えたのか? 2020年1月に70万円代後半だったビットコインの価格は、3月には新型コロナウイルスの影響により一時50万円台まで下落します。しかし、その後は各国政府による金融緩和政策や北米を拠点とする機関投資家・大企業による市場参入により、上昇トレンドへ転換。年末には約300万円まで値上がりしました。 引用:CoinGecko なぜ、2020年は機関投資家や大企業が相次いで暗号資産市場に参入してきたのでしょうか? マネックス証券チーフ・アナリストの大槻奈那氏は、上記の理由について、Coincheckが2020年12月に行なったインタビューで次のように説明しています。 「*機関投資家が暗号資産を積極的に購入している理由としては、他の資産のボラティリティ(価格変動の度合い)が低くくなってしまったことが一因*として考えられます。ボラティリティが低い金融資産では運用してもリターンが得られないため、ボラティリティが高い暗号資産に投資のターゲットが移っているのです。 実際に、この1年ほどの各金融資産の価格変動率と値上がり率の相関をグラフで表してみたのですが、それを見てもビットコインやイーサリアムなどの暗号資産のほうが、金や株式などの金融商品よりも圧倒的に価格上昇率が高いことがわかりました。 つまり、多少リスクはあっても、「ボラティリティが高くてリターンが多いものほどよく買われている」ということですね。」 出典:ブルームバーグデータより大槻氏作成。ボラティリティは、20/4/1〜20/11/23の株価の標準偏差+平均値。上昇率は同期間の価格上昇率。大槻氏提供 参考:「ビットコイン200万円超。価格高騰の背景にあるものとは」マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻奈那氏インタビュー また、ビットコインをはじめとする仮想通貨の高騰を及ぼした原因には、新型コロナウイルス対策として各国政府が行った大規模な金融緩和も挙げられます。 特に感染の被害が深刻なアメリカでは、2020年12月の時点で400兆円近くの財政出動が行われており、同政策に起因するインフレに対する危機感の増加や、法定通貨に対する信用の低下などが、避難通貨としての仮想通貨の人気を押し上げたという背景もあります。 法人で計上できる経費について 法人で経費算入できる経費についてみていきましょう。 固定的な費用など 年間の金額が大きなものとしては、先に述べたとおり家賃や事務所の家賃などが挙げられるでしょう。他にも固定的な費用としては、インターネット回線やスマートフォンの費用などがあります。 仮想通貨の取引を行うために、スマートフォンやコンピューターを購入した場合には、それらの端末費用も経費算入対象となり、電気代の一部も経費に算入することができる場合もあります。 書籍や雑誌、出張旅費の費用など また、仮想通貨の業界は動きが激しいので、常に最新の情報を追うことも大切です。情報収集のための書籍や雑誌の費用、セミナーや勉強会に参加するための出張旅費、接待費用なども経費に計上できる可能性が高いでしょう。 役員報酬や退職金など 他にも、例えば家族を役員にして役員報酬を経費算入する企業も存在します。毎月の報酬を支払うことで経費に算入できるのです。 また、一定の金額までは退職金が非課税となっていることも大きなメリットです。家族が現役の役員のときは毎月役員報酬を支払い、引退する際は役員退職金として支払うことで、個人として仮想通貨の取引をするよりも、大きなお金を手元に残すこともできるでしょう。 ただし、役員報酬を経費算入するにはいくつかの条件があります。会社の経営に携わっていることが条件になること、社内規定を整備しておくこと、途中で報酬金額を変更したい場合には税務署に事前に届け出をしておくといったことなどです。 ※なお税金等の詳細につきましては、専門的な内容になりますので、管轄の税務署や顧問税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 Coincheckの無料登録はこちら 法人で仮想通貨の取引をする方法 これまで仮想通貨の取引を個人と法人で行うメリットやデメリットを見てきましたが、どういう人は法人で取引をするのがよいのでしょうか。 例えば、すでに法人化している人が、他の収益を作るために仮想通貨の取引も行うという形態などが挙げられるでしょう。法人の事業規模や資産状況によっても異なりますが、眠っている現金がある場合は、経営に影響のない金額から取引を始めるのもよいでしょう。 法人の中には、仮想通貨の取引を通じて別事業の種銭を作り、ある程度資金を作ったら別の事業に参入する企業もあるそうです。 仮想通貨は長期の事業として考えるには不透明な部分あるため、長期的には収益の柱を別に作るつもりでいた方が、事業を安定化させることに繋がるでしょう。 仮想通貨の法人取引をしたい場合は、Coincheckの公式サイトにアクセスし、新規登録画面から「法人アカウント」を選択します。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨取引・購入のための法人口座開設5ステップ Coincheck 法人は税務調査の対象? 法人での仮想通貨取引は、税務調査の対象になるのでしょうか?Q&A方式で開設します。 Q.法人での仮想通貨取引は税務調査の対象になりますか? A.一般的に、法人化すると、個人での取引よりも税務調査の対象になる機会が増えると言われています。利益が多くなった法人の中には、数年に1度は税務調査を受けるところもあるそうです。 税務調査の対象になる具体例はありますか? A.都市部には多くの企業がありますが、例えば地方の場合は仮想通貨の取引をしているところはそこまで多くないため、目立ってしまう可能性もあります。そのため、会計処理をしっかり行うことが大切です。 税務調査にはどのような対策を取ればいいですか? A.会計処理が複雑になる法人の経理は、税理士などの専門家に相談しつつ進める方が、経理ミスなどの可能性を減らすことができ、安心できるとも言えます。 個人から法人への変更は可能? 仮想通貨の取引を個人でしている人が、法人に移行することはできるのでしょうか。法人への移行自体は、いつでも自分のタイミングですることが可能です。 ただし、仮想通貨は長期間確実に利益を維持できる性質のものではないため、すべての人が法人化するのがよいとは限りません。法人化すると経費算入できるものも多い反面、初期費用や維持費などの負担も生じるからです。 例えば今後も継続して仮想通貨の取引を行いたいという人などは、法人に移行するのもよいでしょう。 サラリーマンでも法人として取引可能? 今現在は会社員・サラリーマンをしている人が、仮想通貨のために法人化することを考えている人もいるかもしれません。 実際にサラリーマンの副業から法人化したケースもあるため、サラリーマンでも法人を作ることは可能です。ただし、企業によっては副業を就業規則により禁止しているところもあるため、注意が必要になるでしょう。 また、法人化するかどうかに関係なく、副収入の有無が例えば住民税などによって経理担当者に分かってしまうことがあります。副収入がある人は、会社の給料から納める住民税よりも多い額になっているものだからです。 住民税を自分で納付する普通徴収に変更することもできるものの、サラリーマンの多くは会社経由で納付しているため、一般的ではない可能性があるでしょう。 法人での損益通算について 個人では他の所得との損益通算ができなかった仮想通貨の取引は、法人では損益通算が可能です。 損益通算ができるとよいことの1つは、仮に本業で赤字が出ても仮想通貨で利益が出ていれば、その欠損を補うことができるということです。あくまで帳簿上での話ではあっても、法人によっては黒字であることが非常に重要な場合もあるでしょう。 例えば、金融機関が企業に融資をする際は、決算書を参考に融資が可能かどうかを判断したりします。そのようなときに決算書が赤字だと、資金を借り入れるのが難しくなってしまう場合もあるかもしれません。 反対に、仮想通貨の取引で赤字が出た場合は、本業の利益と相殺することも可能です。思っていたよりも本業で利益が出てしまったときでも仮想通貨の損失と損益通算することで、利益の圧縮をはかることができるのです。 そして、法人であれば2018年4月1日以降に発生した赤字については、翌年以降の最大10年間に渡って繰越ができます。このような点も、個人での取引においてはないメリットと言えるでしょう。 仮想通貨の所得が発生する場合 仮想通貨の利益である所得とは、どのようなときに発生するのでしょうか。 仮想通貨は、単に保有しているだけでは、所得は発生しません。例えば、仮想通貨の売却や仮想通貨同士の交換を行ったときなどに所得が発生します。 仮想通貨の所得は、基本的には売却や交換をしたときの「時価」×「仮想通貨の数量」-「仮想通貨の取得単価」×「仮想通貨の数量」で求めることができます。 例えば、1BTCの価格が40万円の時に、1BTCを購入したとします。そして、1BTCの価格が60万円に上昇した時に、購入した1BTCを売却すると、20万円の利益が発生し、こちらの所得に税金がかかります。 仮想通貨で利益を得るために必要な経費が発生している場合は、計算式から算出された値から、さらに年間経費を差し引くことなります。 法人のメリットを活かして仮想通貨の取引を 法人での仮想通貨の取引には、税率の面や経費算入できるものの多さなど、色々とメリットがあります。ただし、法人設立の際には一定の費用がかかること、法人住民税など固定的にかかる費用があることなど、注意が必要な面もあります。 法人で取引するメリットとデメリットの両面を踏まえつつ、個々の状況についてはくれぐれも税務の専門家などに相談しつつ、取引を進めるのが良いでしょう。

ネム(XEM)などの仮想通貨の購入を検討している人のなかには、いつどれぐらいの量の通貨を購入すればよいのか、判断に迷っている人もいるかもしれません。 また、いきなり多額の仮想通貨の購入ができるほど、資金に余裕がないというケースもあります。 そういった場合に有効な手法の1つが積立投資です。 この記事では、ネムの積立投資を行うことのメリットやデメリット、積立投資の方法などについて解説します。 積立投資とは? 積立投資とは、毎月一定の金額で投資対象を継続して購入し続けていく投資手法です。積立投資は、仮想通貨だけでなく株式や投資信託などへの投資においても有効な手法とされています。 投資信託の場合、投資信託を自動的に毎月一定額購入し続ける、投資信託の積立投資サービスなどが有名です。また、株式を継続的に購入する「るいとう」と呼ばれるサービスなどを利用している人もいます。 仮想通貨の積立投資を行う場合は、証券会社などが提供するサービスを利用するという一般的なスタイルとは異なるケースが多くなっています。自動積立投資サービスを提供している仮想通貨取引サービスもありますが、自動積立ではなく自ら継続的に購入を続けることで積立投資を実現することも可能です。 積立投資のメリット 積立投資を行う主なメリットには、例えば下記があります。 少額から可能 平均購入単価を抑えられる 日々の価格変動を気にしなくて良い 1. 少額から可能 1つ目は、少額からでも投資が可能になることです。 積立投資の場合は、一度に多額の自己資金を用意しなくても良いというメリットがあります。少額の資金からでも気軽に始めることが可能です。 2. 平均購入単価を抑えられる 2つ目は、投資タイミングの分散することにより、平均購入単価を抑える効果が期待できることです。 定額購入を継続することで、価格が高いときには購入数量は少なくなります。逆に、価格が安いときには購入量が自動的に増加する仕組みです。 特定のタイミングで大量の仮想通貨を購入してしまうと、高値掴みになるリスクがあります。購入時期を分散することで高値掴みを回避でき、平均購入単価を抑えることが可能です。 3. 日々の価格変動を気にしなくて良い 3つ目は、短期的な価格変動に一喜一憂することなく、中長期的な視点で落ち着いて投資ができることです。 仮想通貨の価格変動は他の金融商品よりも激しい傾向にあるため、日々の価格変動に一喜一憂しがちです。積立投資であれば、そのような価格変動をあまり気にすることなく、自分のタイミングで投資ができます。 積立投資のデメリット 積立投資には、メリットだけでなくデメリットもあります。主なデメリットには下記があります。 短期間での大きな利益獲得は難しい 損失を抱える可能性がある 成果が出るまでに時間がかかる 1. 短期間での大きな利益獲得は難しい 1つ目は、短期間での大きな利益獲得は難しいことです。 積立投資を開始した直後は投資額が少ないため、仮に価格が上昇しても、大きな利益にはつながらないことがデメリットだといえます。 2. 損失を抱える可能性がある 2つ目は、例えば積み立て投資中にネム(XEM)の価格が下落すると、過去の積み立て分が含み損を抱える可能性があることです。 ネム(XEM)の価格が下がり続ければ、積立投資で投資の時間分散を行っても、損失を抱えることになります。 3. 成果が出るまでに時間がかかる 3つ目は、投資成果が出るまでに時間がかかることです。 積立期間が短いうちは、運用資産がそれほど大きくならないことが一般的です。十分な利益を確保できるようになるまでには、中長期的な目線で投資を継続する必要があります。 ネム(NEM/XEM)で積立投資はするべき? ネム(XEM)を積立投資すべきかどうかについては「将来的に価値が上がるかどうか」にかかっています。2020年10月12日時点におけるネムの価格は約13円、時価総額は1,160億円です。 価格が上昇し時価総額が大きくなれば、積立投資をしていくことによって資産を増やすことができます。最高値の時期と比較すると価格は大幅に下がっている状況です。 しかし、ネム(XEM)には将来性があるとみている人も多く存在します。ネム(XEM)は、独自のブロックチェーンを利用していたり、独自トークンが作れる点などが特徴です。 また、コミュニティが活発であることなども、ネムの将来的な価値の増加に役立つといわれています。そのためまずは少額から積立投資を始めて、将来の価値上昇に備えることも選択肢の1つです。 ネム(NEM/XEM)を積立投資する方法:手動積立 ネム(XEM)の積立投資を行う方法としては、自ら定期的に購入する、手動で積立する方法が挙げられます。 購入頻度は、特に決まりはありませんが、毎月一定の日付を決めて購入する方法や、毎週特定の曜日に継続的に購入する方法などがあります。 また、購入額については、余剰資金の範囲内で無理なく継続できる金額に設定することがポイントです。自分なりのルールを決めて、継続的に行うことも重要です。 ネム(XEM)の積立投資を行うにあたっては、中長期的な目線で、計画的に行うことが大切になります。 積立投資したネム(NEM/XEM)を運用する:貸仮想通貨サービス 積立投資によって取得したネムは、そのまま保管して値上がりを待つのが一般的です。 少し価格が上昇したからといってすぐに売却するのではなく、大きな価格上昇が実現するタイミングまで待ち、長期的に保有することで大きな利益が得られる可能性もあります。 しかし、ネム(XEM)などの仮想通貨は、基本的には保有していても利息はつかない仕組みです。そのため、保有しているネムを有効活用できないかと考える人もいるでしょう。 そういった場合には、Coincheckの貸仮想通貨サービスを利用することも選択肢の1つです。貸仮想通貨サービスとは、保有している仮想通貨を貸して、対価として利用料を受け取るサービスです。 このサービスを利用すれば、購入したネム(XEM)をただ保有するだけでなく、利用料を受け取って利益を生み出す資産としても活用できます。Coincheckの貸仮想通貨サービスを利用するためには、まずは口座開設が必要です。 ネム(NEM/XEM)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck ネム(NEM/XEM)の積立投資に向いているタイミング ネム(XEM)の積立投資をする場合は、投資タイミングを選ばず、いつでも始めることが可能です。しかし、より有利になるタイミングもあります。 ネム(XEM)の積立投資に向いているタイミングは、基本的には価格が下がっている時期です。ネム(XEM)の価格は、ネム固有の事情による需給変動だけでなく、仮想通貨市場全体や経済情勢などの影響も受けます。 そのため、ネム(XEM)の価格が割安と想定される水準まで下がることもあります。そういったタイミングで積立投資を始めれば、割安のネム(XEM)を購入することが可能です。 将来的に適正水準まで価格が戻れば、値上がり益が得られます。ただし、将来的な値上がりが期待できるかどうかは、冷静に判断することも重要です。 単に価格が下がっているというだけで判断するのは危険だということも、認識しておきましょう。 ネム(NEM/XEM)の積立投資に向いていないタイミング 逆に、ネム(XEM)の積立投資を始めるタイミングとしては適さない時期もあります。具体的には、ネム(XEM)の価格が急激に上昇し、過熱傾向があるタイミングなどです。 仮想通貨の価格は、勢いよく上昇することがあります。しかし、急激な価格上昇が生じたあとは、下落に転じることも多いです。 積立投資といえども、高値掴みはできるだけ避けるように心がける必要があります。高値掴みをしてしまうと、その後に起こる可能性のある価格暴落で、積立初期から含み損を抱えてしまいます。 急激な価格上昇中は、ネム(XEM)の短期取引などに切り替えて、積立投資の開始に関しては、相場が落ち着いてから始めるほうがよいでしょう。 ネム(NEM/XEM)を扱っている取引所Coincheck ネムの積立投資を行う場合は、ネムを取り扱っている仮想通貨取引サービスで口座開設しなければ、ネムの積立投資を行うことができません。 日本の仮想通貨取引サービスのなかには、ネムを取り扱っていない仮想通貨取引サービスも多いです。口座開設にあたっては、ネムの取り扱いがあるかどうかを確認しましょう。 Coincheckではネムを含めて、合計14種類の仮想通貨を取り扱っています。 Coincheckに口座開設が完了して日本円の入金を行ったら、いよいよネムの積立投資を始めることができます。開始時期は、高値掴みにならないように、相場の状況を判断して決めるようにすると良いでしょう。 また、余裕資金の範囲内で積立金額を決めることも大切です。ネムの積立投資を始めるために、まずはCoincheckの口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。 Coincheckつみたてで積立投資 Coincheckでは2019年11月よりCoincheckつみたてをリリースしました。Coincheckつみたてではビットコインの積立が可能で、今後はネムを含むアルトコインの積立も順次開始していく予定です。

ビットコイン(BTC)を除くアルトコインのなかでも、注目度の高いコインがリップル(XRP)です。世界中の大手企業や金融機関と提携したりと、今後の利用価値について期待が持たれている通貨の一つです。 リップルは、海外送金に強みを持つアルトコインです。そんなリップル(XRP)のコインを購入するには、どのようにすれば良いでしょうか。 そこで今回は、初めてリップルを購入したい人のために、リップル(XRP)の特徴やメリットと、買い方などについて詳しく紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 リップル(Ripple/XRP)のコインを購入できる場所 1. 日本人は安心して取引できる 2. 限られた取引所のみがリップル(XRP)を取り扱い リップル(Ripple/XRP)のコインの購入方法 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 ウェブ画面でのリップル(Ripple/XRP)の購入方法 リップル(Ripple/XRP)のメリット1:海外送金が安い 1. 手数料が安い 2. 両替の必要がない 3. 送金速度が速い リップル(Ripple/XRP)のメリット2:普及の可能性 1. 大手企業と提携している 2. 基軸通貨として採用され始めた 海外の仮想通貨の取引所についての注意事項 1. 基本的に英語が必要 2. 安全性は保証されていない 3. リップル(XRP)を取り扱う業者は多い リップル(Ripple/XRP)を購入できる通貨とは? リップル(Ripple/XRP)の購入にCoincheckがおすすめな理由 1. 操作が簡単 2. アルトコインの取り扱い種類が多い 3. 購入したコインを貸し出せる リップル(Ripple/XRP)のコインを購入できる場所 取引所の所在地に注目すると、仮想通貨を購入できる場所は「国内取引所」と「海外取引所」に分けられます。 国内取引所は、金融庁の認可を受けた仮想通貨交換業者が運営しています。国内取引所について知っておきたいポイントは、主に以下の2つです。 1. 日本人は安心して取引できる 1つ目が「日本人は安心して取引できる」点です。 国内の取引所は、当然日本語が標準で、サポートなども日本語対応のため、日本人には安心です。日本円に対応している点も、安心材料のひとつと言えます。 また、国内で仮想通貨の取引所を運営するためには金融庁の認可が必要なため、一定の信頼を置いて取引することができるでしょう。 2. 限られた取引所のみがリップル(XRP)を取り扱い 2つ目が「国内の取引所でリップル(XRP)を取り扱っているところは限られる」点です。 リップル(XRP)の公式サイトにも掲載されているように、すべての取引所がリップル(XRP)を取り扱っているわけではありません。 リップル(XRP)を取り扱っている代表的な仮想通貨交換業者の一社が、Coincheckです。スマホアプリでもリップル(XRP)を簡単に売買することができるため、初心者にも使いやすくなっています。 リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck Coincheckの無料登録はこちら リップル(Ripple/XRP)のコインの購入方法 Coincheckでリップル(XRP)を購入するためには、まずは入金画面からCoincheckの振込先口座を確認して、指定された口座に銀行振込などで日本円を入金します。 そうすると、いよいよリップル(XRP)の取引が始められます。まずはコインチェックアプリでリップル(XRP)を購入する方法をみていきましょう。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、リップル(XRP)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、リップル(XRP)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 ウェブ画面でのリップル(Ripple/XRP)の購入方法 次に、ウェブ画面でリップル(XRP)を購入する方法を確認しておきましょう。 まずは、Coincheckにログインして画面にある「ウォレット」を選択します。続いてウォレットページの「コインを買う」をクリックしてリップルを選択しましょう。 その後、購入数量を指定して購入金額を確認し、「OK」をクリックすれば購入手続きが完了します。 リップル(Ripple/XRP)のメリット1:海外送金が安い リップル(XRP)がアルトコインのなかでも注目を集めている理由としては、例えば「海外送金に特化している」点が挙げられます。 リップル(XRP)は、そもそも海外送金の手数料を安くする目的で生まれました。銀行で海外の送金を行うのに比べて、リップル(XRP)を使うことのメリットには例えば下記が挙げられます。 1. 手数料が安い 1つ目が「手数料が安い」点です。 銀行で海外送金を行うと、手数料は数千円ほどかかってしまう場合が一般的です。それに対して、リップル(XRP)であれば安い送金手数料で済むのが魅力と言えます。 2. 両替の必要がない 2つ目が「両替の必要がない」点です。 通常、海外送金する際には送金先の通貨に両替する必要があります。リップル(XRP)であれば、世界中にそそまま送金できるため、両替の手間が必要ありません。 3. 送金速度が速い 3つ目が「送金速度が速い」点です。 従来の送金に比べて、送金の処理速度が速いのが特徴です。ローコストかつスピーディで、海外送金に特化した仮想通貨なのがリップル(XRP)です。 リップル(Ripple/XRP)のメリット2:普及の可能性 また、リップル(XRP)には今後普及の可能性も強く期待されています。 そのような背景もあってか、2017年12月までは25円程度で推移していたリップル(XRP)が、2018年1月初旬には300円以上と、1カ月で10倍以上にも上昇しました。 今後も同様に価格が上昇するかはわかりませんが、価格上昇が期待できる理由としては、例えば下記が挙げられます。 1. 大手企業と提携している 1つ目が「大手企業と提携している」点です。 リップル(XRP)の送金実験には、大手の金融機関や企業が数多く参加しています。こうした企業の参加が今後も増えていくことで、さらなる人気が出る可能性はあります。 2. 基軸通貨として採用され始めた 2つ目が「基軸通貨として採用され始めた」点です。 これまで多くの仮想通貨の取引所では、ビットコイン(BTC)が基軸通貨として大半を占めていました。ですが、一部の海外取引所ではリップル(XRP)も基軸通貨として取り扱われ始め、今後ともビットコイン(BTC)と並んで、注目度の高い仮想通貨と言えるでしょう。 海外の仮想通貨の取引所についての注意事項 日本以外にも、多くの国で仮想通貨の取引所が存在します。そこで海外の取引所について、事前に知っておきたい主なポイントをご紹介します。 1. 基本的に英語が必要 1つ目が「英語が苦手だと使いづらい」点です。 海外の仮想通貨の取引所を使う場合、英語や現地の言葉で取引する場面もあり、英語が苦手な人には使いづらく感じるでしょう。万が一のときにサポートを利用する際も、日本語に対応していないと困ってしまうこともあります。 2. 安全性は保証されていない 2つ目が「安全性が保証されていない場合がある」点です。 国内の取引所を運営する場合、金融庁の厳しいチェックがありますが、海外の取引所では安全性が保障されていないケースもあります。大事な資産を取引する場所なので、信頼できるかどうかは大事なポイントです。 初心者にとっては、日本語や日本円に対応している国内取引所の方が、使い勝手は良いといえるでしょう。 3. リップル(XRP)を取り扱う業者は多い 3つ目が「リップル(XRP)を取り扱っている業者が多い」点です。 国内の取引所に比べると、全体的に取り扱いアルトコインの種類が多いのが特徴です。リップル(XRP)を取り扱っている海外の取引所も多くありますので、それだけリップル(XRP)は世界中でメジャーな通貨だと言うことはできるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)を購入できる通貨とは? リップル(XRP)を購入するためには、購入資金が必要です。 取引所によってはアルトコインなどでも交換することができますが、主要な資金として「日本円」と「ビットコイン(BTC)」で購入できるケースが多いです。 特に海外の取引所では、日本円に対応していないケースもあり、ビットコイン(BTC)で購入するのが一般的です。その場合、ビットコイン(BTC)を海外の取引所に送金する必要があります。 ただし、初心者の場合には、ビットコイン(BTC)を保有していない場合も多いので、日本円で取引する方が簡単です。 Coincheckでは、アプリから日本円の入金手続きも簡単にできるので、リップル(XRP)を購入したい場合にスマホからすぐ買うことができます。 リップル(Ripple/XRP)の購入にCoincheckがおすすめな理由 リップルは、金融機関などを中心に、海外送金に特化した通貨として期待されているアルトコインの一つです。リップル(XRP)を購入するのにCoincheckがおすすめできる理由として、下記が挙げられます。 1. 操作が簡単 1つ目が「操作性が簡単」な点です。 Coincheckはウェブサイトを始め、アプリの操作が容易なことで定評があります。初心者も簡単な操作で取引することができるので、初めての取引には向いているといえます。 2. アルトコインの取り扱い種類が多い 2つ目が「アルトコインの取り扱い種類が多い」点です。リップル(XRP)を扱っている取引所は他にもありますが、Coincheckはほかのアルトコインも多く取り扱っています。 リップル(XRP)のほかにも分散投資したい人は、Coincheckを利用すると便利でしょう。 3. 購入したコインを貸し出せる 3つ目が、「購入したコインを貸し出せる」点です。Coincheckは、最大年率5%の貸仮想通貨サービスというサービスを提供しています。 購入して保有している仮想通貨を貸し出すことで、利用料をもらうことができます。貸出期間は14日間・30日間・90日間・365日間から選ぶことができ、リップル(XRP)も含めてCoincheckでの取り扱い通貨の全ての通貨に対応しています。 購入後の長期保有を検討している方にとっては、便利なサービスと言えるでしょう。 これからリップル(XRP)を購入しようと考えている人は、今回紹介したリップル(XRP)の買い方を参考に、まずはCoincheckにアカウント登録をしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)の中で最もメジャーな通貨がビットコイン(Bitcoin/BTC)です。ビットコインは時価総額、流通量、ユーザー数で他の仮想通貨を圧倒する通貨です。 ビットコインは日本国内のほぼすべての仮想通貨の取引所で取扱いがあることから、最も手に入れやすく身近な仮想通貨です。 しかし、ビットコインにかかる手数料には種類があり、取引所によっても手数料が異なることはあまり知られていません。この記事では、ビットコインの手数料や購入する際の注意点などについてご紹介していきます。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 そもそもビットコイン(BTC)の手数料って? ビットコイン(BTC)の購入方法は? 1. コインチェックアプリを利用する方法 2. ビットコイン販売所から購入する方法 3. ビットコイン取引所から購入する方法 販売所と取引所の手数料の違いはあるの? 手数料を抑えてビットコイン(BTC)を購入する方法 1. 仮想通貨の取引所の価格差を把握する 2. ビットコインの購入手数料が安い取引所を選ぶ Coincheckのビットコイン販売所について Coincheckのビットコイン取引所について ビットコイン取引所での指値注文と成行注文のやり方 指値注文とは 成行注文とは ビットコイン(BTC)をお得に購入しよう! そもそもビットコイン(Bitcoin/BTC)の手数料って? ビットコインの売買には手数料がかかりますが、かかる手数料は売買のときだけではありません。 仮想通貨を購入するには仮想通貨の取引所の口座に円を入れる必要があり、その際にかかるのが入金手数料です。その後、取引をして円を引き出す際は、出金手数料がかかります。 また、仮想通貨を他の取引所の口座やウォレットに送金する際には、送金手数料が発生します。 Coincheckの場合、銀行振込での入金手数料は無料です。ただし、銀行口座からCoincheck口座への振込手数料はユーザー負担となる点に注意しましょう。 取引の回数が多くなればなるほど手数料がかさみます。手数料は利益を圧迫する要因になりますので、できるだけ手数料のかからない取引所を選ぶことが大切です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入手数料とは?取引所選びでは注意しよう Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入方法は? Coincheckでビットコインを購入するには3つの方法があります。 1. コインチェックアプリを利用する方法 1つ目はコインチェックアプリを利用する方法です。Coincheckは国内の仮想通貨取引所の中で、アプリのユーザー数が多い取引所として知られています。 コインチェックアプリからビットコインを購入するのはとても簡単です。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 コインチェックアプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択します。 そこからビットコインのアイコンを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 コインチェックアプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ビットコインを選びます。 続いて購入数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 コインチェックアプリは仮想通貨の取引がはじめての人でも直感的に分かるデザインになっているため、操作方法に困ることは少ないでしょう。 2. ビットコイン販売所から購入する方法 2つ目はPCのブラウザで「コインを買う」から購入する方法です。 まずCoincheckの取引アカウントから「ウォレット」を選択します。その後、左メニューの「コインを買う」をクリックし、ビットコインを選択します。 そして、購入したい数量を入力し、「購入する」ボタンを押せば購入は完了します。これはCoincheckの販売所を利用する方法で、簡単に即座にビットコインを買うことができるというメリットがあります。 3. ビットコイン取引所から購入する方法 3つ目はPCのブラウザから「取引所」を利用して購入する方法です。 取引所とはユーザー間で売買をする方式のことで、Coincheckの取引所ページの「現物取引」の箇所から、自分の買いたい値段や数量を指定して取引ができます。 取引所は手数料が低く抑えられている反面、売買したいタイミングで取引ができないこともあります。 販売所と取引所の手数料の違いはあるの? 販売所の場合、ビットコインの取扱業者がビットコインの売買価格を提示し、それに納得すればすぐに取引が完了します。 売買手数料は無料となっているところが多く、すぐにビットコインを売買したい人や、まだ取引に慣れていない方などに向いています。 一方、取引所は手数料は通貨ごと、取扱業者ごとに設定されています。取引所を利用すると、販売所よりも安くビットコインを購入できることもありますが、自分で解体値段や数量を入力するため、注文ミスをしてしまうリスクもあります。 販売所と取引所にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、それぞれの特徴を抑えた上で利用されるのが良いでしょう。 仮想通貨を売買する方法は?取引所と販売所の違いも解説します Coincheck 手数料を抑えてビットコイン(BTC)を購入する方法 ビットインを安く購入するには2つの方法があります。 1. 仮想通貨の取引所の価格差を把握する 1つ目は、あらかじめいくつかの仮想通貨の取引所の価格差を把握しておき、安い取引所で購入する方法です。 一般的に取引量の多い取引所では手数料が安く、取引量の少ない取引所では手数料が高くなる傾向にあります。取引所ごとの価格差を利用して売買し、差益を生み出すトレード方法をアービトラージといいます。アービトラージをする場合は、取引所の価格差を確認してみましょう。 2. ビットコインの購入手数料が安い取引所を選ぶ 2つ目は、ビットコインの購入手数料が安い取引所を選ぶ方法です。実際にはこの方法が現実的といえます。 Coincheckのビットコイン販売所について 国内の仮想通貨の取引所だけでも10以上あるので、どの取引所がよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 Coincheckは2014年8月にサービスを開始し、2018年4月に大手ネット証券の一つであるマネックスグループに入り、経営陣や管理体制などが一新されました。 その後も変わらず、仮想通貨取引高やユーザー数が多い国内取引所の一つとして、存在感を示し続けています。 取引所形式の方がビットコインを安く買える可能性があることはお伝えしましたが、初心者の場合は最初は無理をせず操作の簡単なコインチェックアプリや、ビットコイン販売所の活用を検討してみるのも良いでしょう。   Coincheckの無料登録はこちら Coincheckのビットコイン取引所について 販売所での取引に比べると、取引所での取引は若干難しいと思い込んでいる人は多いかもしれません。 しかし、Coincheckの場合、サイトのデザインが工夫されており、初心者でも利用しやすいのが特徴です。ある程度ビットコインの取引に慣れたら、取引所での取引にも挑戦してみるのも良いでしょう。 Coincheckの取引所では、2018年12月時点では、取引所での指値注文にかかる手数料は無料です。Coincheckの取引所は売買手数料が不要なため、頻繁にビットコインの取引をするユーザーには適しているでしょう。 なお、ビットコインを他の取引所の口座やウォレットに送金する際には、1回につき0.001BTCの送金手数料がかかります。 この手数料はビットコインの現在価格によって変動するものですので、ビットコインの価格が上昇すると手数料も上がることになる点に注意しましょう。 ビットコイン取引所での指値注文と成行注文のやり方 ビットコイン取引所では、指値注文と成行注文が可能です。 指値注文とは 指値注文とは、あらかじめ買う値段または売る値段のどちらかを指定しておく、予約注文のようなものです。 買い注文の場合、指値以下になったときに注文が成立します。一方、売り注文の場合は指値以上の値段になってはじめて注文が成立するのが特徴です。 指値注文は相場が動いて取引が成立するのを待つだけの注文スタイルであるため、チャートをずっと注視している必要はありません。 指値注文はCoincheckにログインしたときに表示されるトップページの「取引所」と取引所の上の方にある「トレードビュー」から注文することができます。 ビットコインを買いたいときは、現在のレートよりも低い価格を入力し、逆にビットコインを売りたいときは、現在価格よりも高い価格を入力します。 それぞれの画面で希望する価格と注文量を入力したら、表示される概算価格を確認して、注文ボタンをクリックします。あとは注文が通るのを待つだけです。 成行注文とは 一方、成行注文とは、そのときの市場価格で注文する方法のことをいいます。 その時点の価格の仮想通貨を取引したいという希望を出す注文方法であるため、注文が成立しやすい反面、値動きが激しいときには、希望の価格で取引するのは難しいのが特徴です。 成行注文は「トレードビュー」から注文します。トレードビューの右側にある「成行注文」をクリックして利用します。 注文量を入力して、「買い成行注文」または「売り成行注文」をクリックすると取引は完了です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)をお得に購入しよう! ビットコインはほとんどの取引所で購入することができますが、できるだけ手数料を抑えることがポイントです。 お得に購入するには、手数料の安い取引所を選ぶのが基本です。同じ取引所の中でも販売形式によって条件が違いますので、それぞれの違いを理解して有利な取引を選ぶようにしましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never