Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
仮想通貨(暗号資産)の購入に関する記事一覧です。ビットコイン(BTC)やアルトコインなどの購入方法が掲載されています。

カテゴリー: 仮想通貨の購入

ファクトム(Factom/FCT)の購入方法・買い方、仮想通貨取引所・販売所での口座開設の流れから、取引方法や手数料についてご紹介します。 ファクトム(FCT)は、デジタル通貨の枠を拡張した「ビットコイン2.0」「ブロックチェーン2.0」などと呼ばれる次世代暗号通貨として、注目を集めています。 仮想通貨取引所Coincheckで口座開設するまでの流れについて解説しながら、ファクトム(FCT)の特徴についてもご紹介していきます。   Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 Coincheckでファクトム(Factom/FCT)取引用の口座開設を行う 1. アカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証) 3. 本人確認を行う Coincheckでファクトム(FCT)を購入する方法 日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する ファクトム(Factom/FCT)とは? ファクトム(Factom/FCT)の特徴とは? ファクトム(Factom/FCT)の手数料は? 日本円の入金手数料 日本円の出金手数料 仮想通貨の送金手数料 ファクトム(Factom/FCT)の過去チャートを振り返る ファクトム(Factom/FCT)購入でCoincheckが選ばれる理由 Coincheckでファクトム(Factom/FCT)取引用の口座開設を行う ファクトム(FCT)は、仮想通貨の取引所・販売所で口座開設をすることで、インターネット上での取引が可能になります。ここでは、Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。 1. アカウント登録 Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力すると、入力したメールアドレス宛にメールが送信されます。そのメールに記載されたリンクを押してサイトに再度アクセスし、メールアドレスが正しいことをチェックすれば、アカウント登録が完了します。 2. SMS認証(電話番号認証) アカウント登録の後は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で本人確認のSMS認証を行います。 Coincheckアカウントでログインし、サイトに表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押し、認証ページで携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」のボタンを押します。 すると、すぐ携帯電話に6桁の認証コードがSMSで届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の認証ページにある所定の欄に入力し、「認証する」のボタンを押せば、登録は完了します。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでファクトム(FCT)を購入する方法 ファクトム(FCT)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。 日本円を入金する 日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。 金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 アプリで購入する コインチェックアプリでファクトム(FCT)を購入する 手順は、まずログインしてトップ画面から「FCT」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいファクトム(FCT)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでFCTを購入」をタップすることでファクトム(FCT)が購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 WEB画面で購入する WEB画面でファクトム(FCT)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。 ウォレットページから「コイン購入」を押して、ファクトム(FCT)を選びましょう。次に、ファクトム(FCT)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 ファクトム(Factom/FCT)とは? ファクトム(FCT)は、ほかの仮想通貨とはかなり異質の存在です。 なぜなら、ファクトム(FCT)はブロックチェーン上に「あるデータがある時刻に存在した」というドキュメントを証明する機能を持つからです。 つまり、ブロックチェーンの強力な機密性・安全性の上に、さまざまなデータを記録しておける機能があります。 Fact(事実)という言葉から名付けられたように、特定の事実を公証する役割が期待され、仮想通貨としてはもちろん、データ管理プラットフォームとしての顔も持っているのです。 ファクトム(Factom/FCT)の特徴とは? ファクトム(FCT)がデータ管理プラットフォームとしても機能するのは、どのような場面なのでしょうか? 例えば、不動産の売買契約では多くの場合、売り手と買い手のあいだに不動産業者や銀行が仲介役として入ります。 直接売買することもできますが、支払いの保証や信頼性という点を考えると、第三者を挟まざるをえないのが現状です。そのため、中間マージンや情報管理のためのコストが、どうしても上乗せされてしまいます。 しかし、ブロックチェーンに売買契約の情報を書き込んでおけば、改ざんや不正のおそれはありません。むしろ、世界中に分散したコンピュータによる安全で透明性の高い状態によって記録が保存され、契約の真正性は十分に担保される一方、データを管理するために必要なコストを大幅にカットできます。 極言すれば、第三者の介在すら必要なくなってしまうのです。このような活用法を前提として誕生した仮想通貨が、ファクトム(FCT)なのです。 仮想通貨ファクトム(Factom/FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck ファクトム(Factom/FCT)の手数料は? 仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 日本円の入金手数料 Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 日本円の出金手数料 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。 日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 仮想通貨の送金手数料 また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の送金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。 ファクトム(FCT)は0.1FCTの負担となります。なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 ファクトム(Factom/FCT)の過去チャートを振り返る 出典:Coincheck charts FCT/JPY ファクトム(FCT)の過去チャートを振り返ってみると、2015年10月の公開時は、1FCT=10円台でしたが、2017年4月頃から急速に価格が上昇しました。 2018年初頭には1FCT=9,000円台まで大きく値を上げましたが、その後は少しずつ落ち着き、価格上昇が起こる以前の水準に戻っています。 ファクトム(Factom/FCT)購入でCoincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、初めての方でも簡単に登録でき、難しい手続きなしに口座開設が可能です。 また、取扱通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの主要な仮想通貨をはじめ多数あり、さらにファクトム(FCT)の取引も行えます。 これから仮想通貨を始めたい、ファクトム(FCT)を保有してみたいという方にはおすすめです。Coincheckの利用をぜひご検討ください。

リスク(Lisk/LSK)は、分散型のアプリケーションプラットフォームで機能する仮想通貨(暗号資産)です。 ほかのアルトコインとは少々異なる、いくつかの特徴があります。仮想通貨のリスク(LSK)の購入方法や、その取引のための口座開設、基本的な特徴などについてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 まずは仮想通貨取引所でリスク(Lisk/LSK)取引用の口座開設を行う 1. アカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証) 本人確認方法① アプリからのお申し込み 本人確認方法② Webからのお申し込み Coincheckでリスク(Lisk/LSK)を購入する方法 日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する リスク(Lisk/LSK)はいくらから購入できる? リスク(Lisk/LSK)の手数料は? 日本円の入金手数料 日本円の出金手数料 仮想通貨の送金手数料 仮想通貨のリスク(Lisk/LSK)とは? リスク(Lisk/LSK)の過去チャートを振り返る Coincheckが選ばれる理由 まずは仮想通貨取引所でリスク(Lisk/LSK)取引用の口座開設を行う リスク(LSK)の売買を始める第一歩は、取引アカウントを開設することです。 ここでは、暗号資産取引所Coincheckの場合を例にご説明します。 1. アカウント登録 Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。 仮想通貨取引所・販売所の口座開設ページでメールアドレスとパスワードを入力し、「アカウントを新規作成する」ボタンを押しましょう。すると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面に記されたURLからサイトに遷移すれば、アカウント登録の手続きが完了します。 2. SMS認証(電話番号認証) 次に本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人の携帯電話番号を入力します。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。 本人確認方法① アプリからのお申し込み Coincheckでの本人確認は「iOS/Androidアプリからのお申し込み」と「Webからのお申し込み」の2種類があります。Webからのお申し込みは当社審査後、はがきの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 アプリの「かんたん本人確認」からのお申し込みでは、名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように入力し、本人確認書類をアップロードします。運転免許証やパスポートなど、顔写真つきの身分証明書をご用意ください。 iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 本人確認方法② Webからのお申し込み Webからも名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を入力し、本人確認書類のアップロードを行うことができます。運転免許証やパスポートなど、顔写真つきの身分証明書をご用意ください。 「IDセルフィー」を用意します。IDセルフィーとは、アップロードした本人確認書類を手に持って、自分の顔を自撮りした写真のことです。IDセルフィーもアップロードします。アップロードが終わると画面に「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。 住所確認としてCoincheckから入力した住所へ簡易書留ではがきが郵送されます。はがきの受け取りをCoincheckが確認すると、すべての機能が利用できるようになります。 本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認手続きをしておくことをおすすめします。 また、Coincheckでは口座開設の手続きについて、下記のページでも詳しく解説しています。動画もありますので、ご参考ください。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck Coincheckでリスク(LSK)を購入する方法 リスク(LSK)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。 日本円を入金する 日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。 金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 アプリで購入する コインチェックアプリでリスク(LSK)を購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「LSK」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいリスク(LSK)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでLSKを購入」をタップすることでリスク(LSK)が購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 WEB画面で購入する WEB画面でリスク(LSK)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。 ウォレットページから「コイン購入」を押して、リスク(LSK)を選びましょう。次に、リスク(LSK)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 Coincheckの無料登録はこちら リスク(Lisk/LSK)はいくらから購入できる? リスク(LSK)を購入する場合、Coincheckなら最低購入額は日本円で500円から可能です。 Coincheckは日本国内で大きなシェアを有する仮想通貨取引所であり、2020年11月時点では、以下の14種類の通貨の売買が可能です。これら11種類のすべての通貨が500円という最低取引額から購入できます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) IOST 尚、Coincheckで取り扱っている上記の通貨はすべて日本円以外にビットコイン(BTC)で購入することもできます。リスク(LSK)をビットコイン(BTC)で購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。 また、保有している仮想通貨を売却して日本円に換える場合も、最低売却額は500円からとなっています。仮想通貨を売却してビットコイン(BTC)に換える場合も購入時と同様に最低売却額は「0.001BTC」となります。 次にCoincheckでのリスク(LSK)の最低注文量の具体的例をご紹介します。仮にリスク(LSK)を1LSKあたり160円とした場合、リスク(LSK)の最低注文量は、500円=3.125LSKとなります。 リスク(Lisk/LSK)の購入にかかる手数料は? 仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 日本円の入金手数料 Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 日本円の出金手数料 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。 日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 仮想通貨の送金手数料 また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の送金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。 リスク(LSK)は0.1LSKの負担となります。なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 仮想通貨のリスク(Lisk/LSK)とは?特徴を把握しよう リスク(LSK)は、2016年5月に誕生した仮想通貨です。 イーサリアム(ETH)と同じように分散型のアプリケーションプラットフォームで機能する仮想通貨で、ほかの仮想通貨とは少々異なる、いくつかの特徴を持つコインです。 なお、リスク(LSK)という名称は、危険を意味する「Risk」ではなく、「Lisk」で「簡単」という意味が込められているといわれます。 リスクの特徴として以下の5つが挙げられます。 1.サイドチェーンを採用2.スマートコントラクトが実行可能?3.JavaScriptで開発可能4.DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク)を採用5.発行枚数に上限がない 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは?今後の将来性から基本的な特徴や購入方法を解説! Coincheck リスク(Lisk/LSK)の過去チャートを振り返る 出典:Coincheck charts LSK/JPY 仮想通貨の中には発行された直後に高値をつけ、その後急速に値動きが収束していく傾向が見られる通貨があります。リスク(LSK)も、そのような仮想通貨の1つで乱高下を繰り返しながら、2018年7月頃からは安定した状態に入っています。 リスク(LSK)はこれまでにもロードマップを作り、それに沿って一歩ずつフェーズを進めてきました。今後、さらなる完成形に向かって開発が進めば、一気に価格を上昇させることになるかもしれません。 ほかのアルトコインにもいえることですが、リスク(LSK)はイベントやアップデートなどの重要な情報はもちろん、キーパーソンのちょっとした発言や新聞記事などによって時価が動く傾向があります。それだけに、情報収集を怠らず、日々の値動きを注視するべきコインといえるかもしれません。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。 取扱通貨は、リスク(LSK)のほか、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。 仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアムから分岐して生まれた仮想通貨(暗号資産)です。スマートコントラクトの機能を持ち、誕生当初から上位の時価総額を維持しています。 そんなイーサリアムクラシックの購入方法・買い方、仮想通貨取引所・販売所での口座開設の流れから取引方法、特徴や手数料などについてご説明します。 ※2020年9月15日(火)現在、暗号資産取引所Coincheckでは、イーサリアムクラシック(ETC)の売買を停止しております。   Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)取引用の口座開設を行う 1. アカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証) 3. 本人確認を行う Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)を購入する方法 日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する イーサリアムクラシック(ETC)を購入する場合の手数料は? 銀行振込の場合 コンビニ入金の場合 クイック入金の場合 送金手数料について イーサリアムクラシック(ETC)はいくらから購入できる? イーサリアムクラシック(ETC)とは? イーサリアムクラシック(ETC)の特徴とは? イーサリアムクラシック(ETC)のチャートを振り返る イーサリアムクラシック(ETC)購入にCoincheckが選ばれる理由 Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)取引用の口座開設を行う イーサリアムクラシック(ETC)の購入や送金を行うには、まず自分の口座を持たなくてはなりません。 国内有数の販売所・取引所であるCoincheckを例に、アカウントの登録から口座の開設、さらには取引のしかたをご説明しましょう。 1. アカウント登録 Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。 Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。 入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面に記されたURLをクリックすれば、ブラウザーの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。   Coincheckの無料登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) 次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力します。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)を購入する方法 イーサリアムクラシック(ETC)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。 日本円を入金する 日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。 金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 アプリで購入する コインチェックアプリでイーサリアムクラシック(ETC)を購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「ETC」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいイーサリアムクラシック(ETC)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでETCを購入」をタップすることでイーサリアムクラシック(ETC)が購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 WEB画面で購入する WEB画面でイーサリアムクラシック(ETC)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。 ウォレットページから「コイン購入」を押して、イーサリアムクラシック(ETC)を選びましょう。次に、イーサリアムクラシック(ETC)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)を購入する場合の手数料は? イーサリアムクラシック(ETC)購入時の手数料についてお伝えします。 まず、Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)を購入する場合、Coincheckに口座を開設します。   Coincheckの無料登録はこちら その後、Coincheckに日本円を入金します。ウォレットと呼ばれるCoincheck内のアカウントへの入金方法は、銀行振込の他にコンビニ入金、クイック入金が選べます。 銀行振込の場合 銀行振込の場合、銀行振込手数料はお客様のご負担となりますが、手数料自体は無料です。 コンビニ入金の場合 コンビニ入金については、入金1回あたり30,000円未満の場合で770円の手数料が発生します。 また、入金1回あたりが30,000円以上30万円以下の場合は1,018円の手数料となります。コンビニ入金では、1回あたりの入金上限額は30万円ですので注意が必要です。 クイック入金の場合 次にクイック入金を利用される場合、入金額30,000円未満は770円の手数料が発生し、30,000円以上50万円未満の場合では1,018円の手数料が発生します。また、50万円以上の入金額になると手数料は「入金額×0.11%+486円」となっています。 送金手数料について なお、Coincheckのユーザーどうしでイーサリアムクラシック(ETC)を送金する際にかかる送金手数料は、無料となっています。 Coincheck以外の別のウォレットに送金する際には、0.01ETCの送金手数料が発生します。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 イーサリアムクラシック(ETC)はいくらから購入できる? Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)を購入する場合、最低購入額は日本円で500円からと買いやすい金額になっています。 日本国内の大手仮想通貨取引所の一つであるCoincheckでは、以下14種類の通貨の売買が可能です(2020年11月時点)。全ての通貨が500円という少額から購入できます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH)  イーサリアムクラシック(ETC)  リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM)  ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) なお、Coincheckで取り扱っている上記の通貨は全て日本円以外に、ビットコインでも購入できます。イーサリアムクラシックをビットコインで購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。 また、保有している仮想通貨を売却する場合も、最低売却額は500円からとなっています。仮想通貨を売却してビットコインに換える場合も最低売却額は購入時と同様に「0.001BTC」となります。 次に、Coincheckでのイーサリアムクラシックの最低注文量の具体的例をご紹介します。 仮にイーサリアムクラシックを1ETCあたり500円とした場合、イーサリアムクラシック)の最低注文量は、500円=1.00ETCとなります。 Coincheck(コインチェック)で現在取引できる通貨は何種類?仮想通貨(暗号資産)の購入手順 Coincheck イーサリアムクラシック(ETC)とは? イーサリアム(ETH)から分岐して生まれたのがイーサリアムクラシック(ETC)です。 イーサリアム(ETH)は、契約をスムーズにできる「スマートコントラクト」という優れた機能を持つプラットフォームであったため、将来性を評価されていました。しかし、そのイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用した「The DAO」という仮想通貨プロジェクトが狙われ、サイバー攻撃によっておよそ65億円もの資金が盗まれるという事件が起きました。 仮想通貨DAOはイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上に成り立っており、事態を収拾するためにイーサリアム(ETH)の運営グループがとった処置は、「取引情報を事件が起こる直前まで巻き戻す」というものでした。 つまり、時計の針を逆回転させるように、盗難そのものを含めて、それ以降の取引をすべて「なかったもの」にしてしまったのです。 イーサリアムクラシック(ETC)の特徴とは? イーサリアム(ETH)を運営するグループによる、The DAO事件への介入は、「特定の国や組織の管理を受けない」という仮想通貨の理念に反するものです。 ましてや、イーサリアム(ETH)は初期のころから「非中央集権」を掲げていたコインであったため、運営グループと反対するコミュニティ内の勢力とのあいだで衝突が起こり、結果的にハードフォーク(ブロックチェーンの分岐)によってイーサリアム(ETH)の分裂が起こりました。こうしてイーサリアムクラシック(ETC)は、2016年7月に誕生したのです。 イーサリアムクラシック(ETC)は、基本的にはイーサリアム(ETH)と同じスマートコントラクト機能を持ちますが、本来の仮想通貨の理念である「非中央集権」を掲げています。そして、The DAO事件の教訓を踏まえ、セキュリティの向上を図っています。 スマートコントラクトの機能を持ち、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨であるアルトコインの中において、イーサリアムクラシック(ETC)は上位の時価総額を維持しています。 イーサリアムクラシック(ETC)の将来性はどうなのか?気になる今後や基本的な特徴について解説! Coincheck イーサリアムクラシック(ETC)のチャートを振り返る 出典:Coincheck charts ETC/JPY 仮想通貨の多くは、短期間のうちに大きく値を上下させることが多いものです、イーサリアムクラシック(ETC)にもそうした動きはありますが、長期的には安定して推移している印象を受けます。 2018年初頭は多くのコインが急騰、その後急落しましたが、その中にあってもイーサリアムクラシック(ETC)は堅調な値動きに推移してきました。 ハッキングに強い高度なセキュリティと、プログラムを埋め込めるその仕様から、今後はIoT領域での躍進が期待されています。また、メインのものとは別のブロックチェーンである「サイドチェーン」を実装することで、さらなる高速化が果たされれば、市場でも今以上に存在感を増していく可能性もあるでしょう。 イーサリアムクラシック(ETC)購入にCoincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。 取扱通貨は、イーサリアムクラシック(ETC)のほか、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。 仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)のハードフォークによって誕生した仮想通貨(暗号資産)です。 そんなビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法や買い方、仮想通貨取引所・販売所での口座開設の流れから、取引方法や手数料などについて詳しくご説明します。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法/買い方①:取引用の口座開設を行う 1. アカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証) 3. 本人確認を行う ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法/買い方②:取引所に入金する 日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する そもそもビットコインキャッシュ(BCH)とは? ビットコインキャッシュ(BCH)の手数料は? ビットコインキャッシュ(BCH)はいくらから購入可能?? ビットコインキャッシュ(BCH)購入にCoincheckが選ばれる理由 ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法!取引用の口座開設を行う ビットコインキャッシュ(BCH)の購入や売却をするには、まず取引用の口座を開くことが第一歩となります。国内大手の仮想通貨取引所の一つであるCoincheckを例に、ご説明しましょう。 1. アカウント登録 Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。 Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。 入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面に記されたURLをクリックすれば、ブラウザーの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。 また、Facebookアカウントをお持ちの方は、Coincheckサイトにある「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成されます。 2. SMS認証(電話番号認証) 次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力します。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法/買い方②:取引所に入金する ビットコインキャッシュ(BCH)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。 日本円を入金する 日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。 金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 アプリで購入する コインチェックアプリでビットコインキャッシュ(BCH)を購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「BCH」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいビットコインキャッシュ(BCH)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでBCHを購入」をタップすることでビットコインキャッシュ(BCH)が購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 WEB画面で購入する WEB画面でビットコインキャッシュ(BCH)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。 ウォレットページから「コイン購入」を押して、ビットコインキャッシュ(BCH)を選びましょう。次に、ビットコインキャッシュ(BCH)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 Coincheckの無料登録はこちら そもそもビットコインキャッシュ(BCH)とは? ビットコイン(BTC)のハードフォーク(ブロックチェーンの分裂)によって誕生したビットコインキャッシュ(BCH)は、安定した人気を持ち、多くの人が買いたいと思っている仮想通貨のひとつです。 ビットコイン(BTC)はその仕様上、取引情報を承認するために新たなブロックが作られてチェーンにつながるまでに、最低でも10分程度を要します。また、一つひとつのブロックサイズが2MBと小さく、書き込めるデータ量の上限は決して高くはありませんでした。 そのため、取引量が増えてくると取引を承認するマイニング処理が追いつかず、取引スピードが低下するという問題が表面化してきました。この問題を解決するために、ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月に生まれました。 ビットコインキャッシュ(BCH)の今後はどうなる?注目する理由5つの理由と特徴を基礎から解説!! Coincheck ビットコインキャッシュ(BCH)の各種手数料は? 仮想通貨の取引には、さまざまな手数料が加算されます。ただし、料金は取引内容や取引する仮想通貨の銘柄、取引所によっても異なります。 Coincheckでビットコインキャッシュ(BCH)の取引をした場合、まず仮想通貨での入金については手数料無料です。送金については0.001BCHかかります。ただし、送金先もCoincheckのユーザーであれば手数料がかからず、無料となります。 なお、ビットコインキャッシュ(BCH)を日本円で出金する場合は、金額に関係なく一律407円の手数料がかかります。 ※手数料は、2020年11月1日時点の金額です。 ビットコインキャッシュ(BCH)はいくらから購入可能? Coincheckではビットコインキャッシュ(BCH)の最低購入金額は500円から、ビットコイン(BTC)から購入する場合は0.001BTCとなっています。 また、Coincheckの口座開設は無料です。そのため、お小遣いなどでビットコインキャッシュ(BCH)の取引をすることができます。 Coincheckなら500円という少額から手軽に仮想通貨を始めることができますので、まずは仮想通貨を体験したいという方などにもおすすめです。 ビットコインキャッシュ(BCH)の購入にCoincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。 取扱通貨は、ビットコインキャッシュ(BCH)のほか、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。 仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨(暗号資産)です。 数あるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中でもビットコイン(BTC)の不得手な部分をカバーする存在として知られています。 この記事ではライトコイン(LTC)の買い方や購入方法、取引のために必要となる口座の開設方法やライトコイン(LTC)の特徴などについてご説明します。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 ライトコイン(LTC)を購入方法!まずは取引用の口座開設を行う 1. アカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証) 3. 本人確認を行う Coincheckでライトコイン(LTC)を購入する方法 日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する ライトコイン(LTC)はいくらから購入できる? ライトコイン(Litecoin/LTC)の購入にかかる手数料は? 日本円の入金手数料 日本円の出金手数料 仮想通貨の送金手数料 そもそもライトコイン(LTC)とは? ライトコイン(LTC)の過去チャートを振り返る ライトコイン(LTC)購入にCoincheckが選ばれる理由 ライトコイン(LTC)を購入方法!まずは取引用の口座開設を行う ライトコイン(LTC)を買うには、仮想通貨の販売所あるいは取引所に口座を開設しなくてはなりません。ここでは、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。 1. アカウント登録 Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。 Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。 入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面に記されたURLをクリックすれば、ブラウザーの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。 2. SMS認証(電話番号認証) 次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力します。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでライトコイン(LTC)を購入する方法 ライトコイン(LTC)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。 日本円を入金する 日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。 金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 アプリで購入する コインチェックアプリでライトコイン(LTC)を購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「LTC」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいライトコイン(LTC)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでLTCを購入」をタップすることでライトコイン(LTC)が購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 WEB画面で購入する WEB画面でライトコイン(LTC)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。 ウォレットページから「コイン購入」を押して、ライトコイン(LTC)を選びましょう。次に、ライトコイン(LTC)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 Coincheckの無料登録はこちら ライトコイン(LTC)はいくらから買える? 日本国内の大手仮想通貨取引所の一つであるCoincheckでは、以下の14種類の通貨の売買が可能です(2020年11月時点)。これら14種類のすべての通貨が、500円から購入できます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) IOST なお、Coincheckで取り扱っている上記の通貨はすべて日本円以外にビットコイン(BTC)でも購入できます。ライトコイン(LTC)をビットコイン(BTC)で購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。 また、保有している仮想通貨を売却する場合も最低売却額は500円からとなっています。仮想通貨を売却してビットコイン(BTC)に換える場合も、最低売却額は購入時と同様に「0.001BTC」となります。 次に、Coincheckでのライトコイン(LTC)の最低注文量の具体的例をご紹介します。仮にライトコイン(LTC)を1LTCあたり4,000円とした場合、ライトコイン(LTC)の最低注文量は、500円=0.125LTCとなります。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の購入にかかる手数料は? 仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 日本円の入金手数料 Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 日本円の出金手数料 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。 日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 仮想通貨の送金手数料 また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の送金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 そもそもライトコイン(LTC)とは? ライトコイン(LTC)は、「ビットコイン(BTC)はゴールドなら、ライトコイン(LTC)はシルバー」などともいわれています。ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨であるアルトコインの中でも、ビットコイン(BTC)の不得手な部分をカバーする存在として知られています。 ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)をベースにして2011年10月に生まれたアルトコインです。日本での人気はあまり高くはありませんが、海外ではほかのアルトコインと同様、盛んに取引されており、特にアメリカでの人気が高いようです。 ライトコイン(LTC)は、そもそもビットコイン(BTC)の補助的な位置付けで開発されました。そのため、ビットコイン(BTC)を補完するような機能を備えています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?今後の将来性も解説 Coincheck ライトコイン(Litecoin/LTC)の過去チャートを振り返る 出典:Coincheck charts LTC/JPY ビットコイン(BTC)から生まれた他のアルトコインと同様、ライトコイン(LTC)もビットコイン(BTC)の値動きに追随するようなチャートを描いています。 2017年9月にライトニングネットワークの試験導入に成功したことから値を上げ始め、12月には他の通貨と同様に大きく高騰しました。その後は反動で値を下げていますが、2018年10月時点では、高騰に至る直前だった2017年11月頃の水準で推移しています。 ライトコイン(LTC)は元々、ビットコイン(BTC)の抱えるスケーラビリティ問題(ブロックサイズの不足)を解決するために生まれた仮想通貨なので、ビットコイン(BTC)と連動するように、ライトコイン(LTC)の将来性も変化していくことでしょう。 ライトコイン(Litecoin/LTC)購入にCoincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。 取扱通貨は、ライトコイン(LTC)のほか、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引がきできます。 仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

イーサリアム(ETH)は、取引の経緯や契約内容といった細かい情報を記録できる「スマートコントラクト」という技術を採用しています。 この記事では仮想通貨(暗号資産)の取引所Coincheckでの口座開設~イーサリアム(ETH)を取引して購入するまでの流れをご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 イーサリアム(Ethereum/ETH)の購入方法!まずは取引用口座の開設 1. アカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証) 3. 本人確認を行う Coincheckでイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入する方法 アプリで日本円を入金する WEBで日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する イーサリアム(ETH)購入や取引にかかる手数料は? 日本円の入金手数料 日本円の出金手数料 仮想通貨の送金手数料 イーサリアム(ETH)の現物取引とレバレッジ取引について イーサリアム(ETH)購入に関するよくある質問 イーサリアムの購入におすすめの取引所はどこですか? イーサリアムの購入にかかる手数料を教えてください イーサリアムはいくらから購入できますか? イーサリアム(ETH)とは? 分散型アプリケーションとは Vitalik Buterinによって考案 イーサリアム(ETH)の特徴やメリットとは? ブロックチェーンに詳細な情報を書き込める 分散型アプリケーションが開発できる イーサリアム(ETH)の今後のアップデートについて イーサリアム(ETH)の過去チャートと価格推移を振り返る イーサリアム(ETH)購入の取引所にCoincheckがおすすめな理由 イーサリアム(Ethereum/ETH)の購入方法!まずは取引用口座の開設 イーサリアム(ETH)を購入するには、まず暗号資産取引所に登録する必要があります。 今回はCoincheckを例に紹介していきます。 上掲している動画でもCoincheckへの登録方法を詳しく紹介しています。 Coincheckでイーサリアム(ETH)を取引するためには、仮想通貨の口座を開設していただく必要があります。ここでは、Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。 Coincheck(コインチェック)登録方法から使い方までの初心者向けマニュアル Coincheck 1. アカウント登録 Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。 Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。パスワードは、アルファベットのみ、数字のみの単純なパスワードを設定するとエラーが出ますので、半角の英字と数字を混ぜたパスワードを設定するようにしましょう。 入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面にしるされたURLをクリックすれば、ブラウザの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。 2. SMS認証(電話番号認証) 次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力していただきます。他人の携帯電話を借りて登録を行うことは、お断りしております。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入する方法 イーサリアム(ETH)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。 アプリで日本円を入金する 日本円の入金を行うにはまずはアプリ画面で「入出金」をタップ。 入金の方法を選択し、表示された振込情報を確認し、指定口座に振込みます ・銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 WEBで日本円を入金する 日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。 金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 アプリで購入する コインチェックアプリでイーサリアム(ETH)を購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「ETH」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいイーサリアム(ETH)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでETHを購入」をタップすることでイーサリアム(ETH)が購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 WEBで購入する WEB画面でイーサリアム(ETH)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。 ウォレットページから「コイン購入」を押して、イーサリアム(ETH)を選びましょう。次に、イーサリアム(ETH)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 イーサリアム(ETH)購入や取引にかかる手数料は? イーサリアム(ETH)をはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 日本円の入金手数料 Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 日本円の出金手数料 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 仮想通貨の送金手数料 また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の送金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。 イーサリアム(ETH)は0.01ETHの負担となります。なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 イーサリアム(ETH)の現物取引とレバレッジ取引について イーサリアム(ETH)を取引する方法には、「現物取引」があります。Coincheckの販売所で、イーサリアム(ETH)の現物取引が可能です。 現物取引は、購入した仮想通貨を送金したり売却したりする方法です。元々、現物取引とは、実体のある投資商品を実際に売り買いすることをいいます。 イーサリアム(ETH)は目で見ることも手で触ることもできませんが、口座に入っているイーサリアム(ETH)は、他人に送金したり、貸したりすることも可能です。それゆえに、口座内にあるイーサリアム(ETH)は「現物」となります。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 イーサリアム(ETH)購入に関するよくある質問 ここではイーサリアム 購入に関するよくある疑問をまとめてご紹介します。 イーサリアムの購入におすすめの取引所はどこですか? Coincheckは取引の画面などがシンプルで見やすく、初心者でも簡単に取引ができることが特徴です。 仮想通貨の値動きなどの画面が見やすく操作しやすいため、仮想通貨の取引に慣れていない方でも直観的に操作できることで定評があります。 また、Coincheckでは2020年10月現在、国内最多となるETHを含む14種類の通貨の売買が可能です。 コインチェックの詳細.登録方法はこちらから。 イーサリアムの購入にかかる手数料を教えてください イーサリアムをはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 手数料の詳細はこちらをご覧ください イーサリアムはいくらから購入できますか? イーサリアムを購入する場合、暗号資産取引所のCoincheckでは500円から可能です。 イーサリアム(ETH)とは? イーサリアム(ETH)とは、仮想通貨としての役割だけではなく、「分散型アプリケーション」(DApps)を構築し実行するためのプラットフォームとして開発されました。 分散型アプリケーションとは 分散型アプリケーションとは、中央の管理者が存在しなくても自立的に動くアプリケーションのことです。 イーサリアム(ETH)をプラットフォームとして、さまざまなアプリケーションを開発することが可能です。このプラットフォーム上で、やりとりされることを想定した仮想通貨がイーサリアム(ETH)です。 Vitalik Buterinによって考案 イーサリアム(ETH)は、2013年当時19歳の若きロシア系カナダ人、Vitalik Buterinによって考案されました。 Vitalik Buterinは、幼いころから数学やプログラミングに才能を発揮していましたが、あるとき、国家や金融機関に支配されない「非中央集権」の通貨を作ることを目指すビットコイン(BTC)に魅了されました。 そして、ビットコイン(BTC)にはないスマートコントラクトという機能を追加した、画期的な仮想通貨を考案するに至ったのです。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とは?分かりやすく解説します Coincheck イーサリアム(ETH)の特徴やメリットとは? 数多くの仮想通貨の中でも、大きな設計思想を持つイーサリアム(ETH)について、そのメリットを確認していきましょう。 ブロックチェーンに詳細な情報を書き込める イーサリアム(ETH)の最大の特長は、スマートコントラクトを採用している点です。 スマートコントラクトとは、直訳すると「賢い契約」になります。スマートコントラクトは、ブロックチェーンに詳細な契約情報を記述できるしくみです。 例えば、ブロックチェーン技術を採用しているビットコイン(BTC)は、ある一定数の取引記録が1つのかたまり(ブロック)になって管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理されていきます。スマートコントラクトでは、この取引の経緯や契約内容といった細かい情報まで記録することができます。 スマートコントラクトによって、細かく契約条件を定義できるので、契約条件を満たしたときに自動的に契約内容を実行させるといったことが可能です。また、取引内容を不正に書き換えることも難しくなります。 分散型アプリケーションが開発できる 分散型アプリケーションのプラットフォームであるイーサリアム(ETH)を基盤にして、さまざまなアプリケーションを開発することができます。 分散型アプリケーションは、従来のアプリケーションとは異なり、中央の管理者が存在しません。開発者の同意のもとで、第三者が改善していくこともできます。 イーサリアム(ETH)の今後のアップデートについて イーサリアム(ETH)は、開発当初から4段階のアップデートが計画されています。 実際に社会の中で動かしていって、不都合がある点を修正しつつ、予定されていたアップデートを着々と進めているのです。 第1段階「フロンティア(Frontier)」 第2段階「ホームステッド(Homestead)」 第3段階「メトロポリス(Metropolis)」 第4段階「セレニティ(Serenity)」 第1段階のフロンティアはベータ版のようなものです。第2段階のホームステッドはフロンティアの進化版で、分散型アプリケーションが開発できるようになりました。 そして、第3段階のメトロポリスによって、匿名取引の機能が強化され、スマートコントラクトのしくみがよりシンプルで使いやすいものとなります。 第4段階のセレニティによって、承認アルゴリズムの変更を行い、利用者の急増にも耐えることができるようになる予定です。第4段階の「セレニティ」に到達するまでには、しばらく時間がかかりそうです(2018年10月時点)。 【イーサリアム】今後の展望・将来性は?過去の価格推移や重要イベントを基に考察!! Coincheck イーサリアム(ETH)の過去チャートと価格推移を振り返る 出典:Coincheck charts ETH/JPY 2016年初めの時点で、イーサリアム(ETH)は1ETH=110円前後で取引されていましたが、同年3月には1ETH=1,600円を超える急騰を見せます。スマートコントラクトという画期的な機能が、多くの投資家に期待をもたらしたと考えられます。 しかし、同年6月に、このスマートコントラクトを活用した自立分散型の投資ファンドプロジェクトである「The DAO」から、大量のイーサリアム(ETH)が流出するハッキング事件が発生。2016年末にかけて、値下がりすることになります。 2017年に入ると、ビットコイン(BTC)のバブル相場に引きずられるようにして、イーサリアム(ETH)も高騰しました。2018年1月には一時、1ETH=16万円を超えましたが、その後は、仮想通貨相場が全体的に落ち着いたことに伴い、2019年8月時点では、1ETH=19,000~23,000円前後の水準になっています。 イーサリアム(ETH)購入の取引所にCoincheckがおすすめな理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

「ビットコインの購入方法・買い方が知りたい!」 「そもそもどこでビットコインを買えばいいか分からない…」 「取引所・販売所での口座開設方法を知りたい」 今回はこのような疑問や悩みをお持ちの方に、ビットコインの購入方法はもちろん、おすすめの購入場所(取引所)を紹介します! Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coicheck Column編集部 Coicheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 ビットコイン(BTC)の購入方法/買い方 ビットコインの購入方法/買い方:ステップ①銀行振り込みで日本円を入金する ビットコインの購入方法/買い方:ステップ②ビットコインを購入する ビットコイン(Bitcoin/BTC)2つの購入方法 ビットコイン購入方法①販売所で購入する ビットコイン購入方法②取引所で購入する ビットコイン(Bitcoin/BTC)購入や取引にかかる手数料は? 日本円の入金手数料 日本円の出金手数料 仮想通貨の送金手数料 そもそもビットコイン(Bitcoin/BTC)とは? 始まりは2008年「Peer-to-Peer Electronic Cash System」 ブロックチェーン技術 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のメリットとは? ①中立性と透明性がある ②個人間で送金ができる ③24時間365日取引できる ④買い物ができる ビットコイン(Bitcoin/BTC)現物取引とレバレッジ取引について 現物取引とは レバレッジ取引とは ビットコインの購入方法に関するFAQ Q.ビットコインの購入方法を教えてください Q.ビットコインを購入できる初心者におすすめの取引所は?レバレッジ取引とは Q.ビットコインはいくらから購入できるの? ビットコイン(Bitcoin/BTC)購入にCoincheckがおすすめな理由 ビットコイン(BTC)の購入方法/買い方 ビットコインを購入するには、まず暗号資産取引所に登録する必要があります。 今回はCoincheckを例に紹介していきます。 Coincheckへの登録方法は以下の記事で画像、動画付きで詳しく紹介しているので、そちらを参考にしていただければと思います。 Coincheck(コインチェック)登録方法から使い方までの初心者向けマニュアル Coincheck この記事では、既にCoincheckに登録済みの方へ向け、ビットコインの購入方法を画像、動画付きで詳しく説明していきます。 登録がまだの方は以下のリンクから暗号資産通貨取引Coincheckに登録することができます。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコインの購入方法/買い方:ステップ①銀行振り込みで日本円を入金する (1)ビットコインを購入するには、まずは日本円を入金する必要があります。 画像赤枠「入出金」をタップしましょう (2)入金の種類を選択します。ここでは銀行振込を例に紹介します (3)振込先の口座情報が表示されます。指定口座に振込みます ビットコインの購入方法/買い方:ステップ②ビットコインを購入する (4)入金が完了しましたら、次は「販売所」をタップしましょう (5)ビットコイン(BTC)を選択、タップしましょう (6)赤枠、購入をタップします (7)日本円で購入金額を入力し、「日本円でビットコインを購入」→「購入」をタップします (8)購入をタップすれば完了です (9)購入したビットコインを確認したい場合は「総資産」をタップ (10)画像のように購入した通貨を確認することができます ビットコイン(Bitcoin/BTC)2つの購入場所 Coincheckでビットコインを購入する場合 販売所で購入する 取引所で購入する 2種類の購入場所があります。どちらの方法も、まずは取引サービスに登録する必要があります。 登録がまだの方は以下のリンクから仮想通貨取引サービスに登録することができます。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン購入場所①販売所で購入する 販売所では、運営会社からユーザーが仮想通貨を購入・売却することができます。運営会社が保有するコインを、提示価格で購入したり売却したりする仕組みです。 販売所のメリットとしては、常にコインを購入/売却する窓口が開かれているため、自分の理想のタイミングで売買を行うことができます。 一方デメリットとしては、販売所の場合はコインの価格に加え、スプレッド手数料が課されるため、買う際には実際のコインの価格より高く、売る際に実際のコインの価格より低くなってしまいます。 Coincheckの販売所はアプリからの購入がおすすめです。見やすいチャートと操作がしやすいアプリなら、初めての方でも簡単に仮想通貨を購入できます。 アプリでビットコインを購入してみる ビットコイン購入場所②取引所で購入する 取引所ではユーザー同士が仮想通貨を売買できます。 ユーザーが「売買板」と呼ばれる売買のレートと注文量を示した情報を確認しながら、ほかのユーザーから仮想通貨を購入したり売却したりできます。 「売買板」に出ている価格と数量に応じての取引となりますので、ユーザー同士のマッチングがうまくいかなければ、取引は成立しません。 取引所のメリットとしては、自分自身が購入したい、売却したい通貨の価格を決めることができるため、販売所のようにスプレッド手数料が高く付くことはありません。 一方デメリットは、販売所のように常に通貨が売られているわけではないので、指定した金額が相場と離れていれば、売り手、買い手が見つかるまで時間がかかる場合があります。 そのため、売買の取引が盛んではない取引所は避けたほうがいいでしょう。 取引所はこちらから Coincheckへの登録方法は以下の記事で画像・動画付きで簡単解説しています。 Coincheck(コインチェック)登録方法から使い方までの初心者向けマニュアル Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)購入や取引にかかる手数料は? ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 日本円の入金手数料 Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 また、コンビニ入金では、3万円未満の場合は手数料が756円、3万円以上30万円以下の場合は手数料が1,000円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、3万円未満の場合は手数料が756円。3万円以上50万円未満の場合、手数料は1,000円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.108%+486円」が手数料となります。 日本円の出金手数料 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。 日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 詳しくはこちら:Coincheck手数料一覧 仮想通貨の送金手数料 また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の送金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。 ビットコイン(BTC):0.001 BTC イーサリアム(ETH):0.01 ETH イーサリアムクラシック(ETC):0.01 ETC リスク(LSK):0.1 LSK ファクトム(FCT):0.1 FCT リップル(XRP):0.15 XRP ネム(XEM):0.5 XEM ライトコイン(LTC):0.001 LTC ビットコインキャッシュ(BCH):0.001 BCH モナコイン(MONA):0.001 MONA ステラルーメン(XLM):0.01XLM クアンタム(QTUM):0.01QTUM ベーシックアテンショントークン(BAT):4.75 BAT アイオーエスティー(IOST):1.0 IOST なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。 ※手数料は、2020年11月時点の金額です。 Coincheckは送金遅延等を防止および緩和し、お客様により安定したサービスを提供することを目的として、2020年11月25日より一部暗号資産において変動型送金手数料を導入しました。 各通貨の変動型送金手数料については、以下をご覧ください。 参考:一部暗号資産への変動型送金手数料導入について そもそもビットコイン(Bitcoin/BTC)とは? 世界で初めて運用された仮想通貨であるビットコイン(BTC)。 通貨単位は「BTC」と記載されます。ビットコイン(BTC)は、どの国家や組織にも支配されない「非中央集権」の通貨を作ることを目標にして開発されました。 始まりは2008年「Peer-to-Peer Electronic Cash System」 2008年にインターネット上に公開された「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と題された英語の論文に、ビットコイン(BTC)の構想が記載されていたのが始まりです。 論文の題を直訳すると「ビットコイン:複数のコンピュータで直接やりとりできる電子通貨システム」になります。筆者として「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」という日本人らしき氏名が記されていますが、その正体が何者なのかは、いまだにわかっていません。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?初心者にわかりやすく解説 Coincheck ブロックチェーン技術 このビットコイン(BTC)論文の中には、「ブロックチェーン技術」というビットコイン(BTC)の根幹に関わるしくみが説明されています。ブロックチェーン技術は特定の管理者がおらず、ユーザー全員で取引履歴を管理するしくみです。 ある一定数の取引記録が1つのかたまり(ブロック)になって管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理されていきます。つまり、ビットコイン(BTC)の信頼性を担保しているのは、特定の記録者や管理者ではなく、ブロックチェーンそのもののしくみになります。 ブロックチェーンとは?基礎知識やメリット・デメリットをわかりやすく解説 Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)のメリットとは? ビットコイン(BTC)には、米ドルや日本円といった法定通貨とは違ったさまざまなメリットがあります。 中立性と透明性がある 個人間で送金ができる 24時間365日取引できる 買い物ができる ①中立性と透明性がある ビットコイン(BTC)のメリットとして、国家や企業、金融機関から独立した価値を保てることが挙げられます。 ブロックチェーン技術によって管理された取引履歴を、リアルタイムで誰でも確認することができます。ビットコイン(BTC)は、中立性と透明性のある管理を行うことを理想としています。 ②個人間で送金ができる 米ドルや日本円などの法定通貨とは違って、ビットコイン(BTC)は国家や金融機関のような中央機関を経由しません。 そのため、ビットコイン(BTC)は、銀行などを経由した法定通貨の国際送金よりも手数料が安くなります。また、個人間で直接送金することが可能です。 ③24時間365日取引できる ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨は、24時間365日の取引が可能です。時間のあるときに自分のペースで、取引が行えるのは大きな魅力でしょう。 ④買い物ができる 仮想通貨の中で知名度が高いこともあり、ビットコイン(BTC)で決済して買い物ができる店舗が数多く存在します。 最近ではオンラインショップだけではなく、リアル店舗でも利用可能な所が増えています。さらに、海外旅行でもビットコイン(BTC)を使用できる店舗があれば、両替することなく、そのままビットコイン(BTC)で決済が可能です。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)現物取引とレバレッジ取引について ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨を取引する方法には、「現物取引」と「レバレッジ取引」があります。 仮想通貨の販売所で、仮想通貨を売買するときは現物取引のみになります。仮想通貨の取引所で仮想通貨を売買するときは、現物取引だけでなくレバレッジ取引も可能になります。 現物取引とは 現物取引は、購入した仮想通貨を送金したり売却したりする方法です。元々、現物取引とは、実体のある投資商品を実際に売り買いすることをいいます。 ビットコイン(BTC)は目で見ることも手で触ることもできませんが、口座に入っているビットコイン(BTC)は、他人に送金したり、貸したりすることも可能です。それゆえに、口座内にあるビットコイン(BTC)は「現物」となります。 レバレッジ取引とは 一方、レバレッジ取引とは、口座に入れた現金を証拠金として、その何倍ものビットコイン(BTC)を売買する取引のことです。 2倍のレバレッジをかけて取引をすると、現物取引の2倍の利益を出すことができます。ただし、レバレッジ取引で大きな損失を出せば、現物取引を超えるペースで証拠金が減ってしまうことになりますので、くれぐれもご注意ください。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引方法は?現物取引とレバレッジ取引の違い Coincheck ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 ビットコインの購入方法に関するFAQ Q.ビットコインの購入方法を教えてください A.ビットコインの購入方法は以下の3ステップになります。 日本円を入金する アプリで購入する 販売所で購入するor取引所で購入する 入金完了後、ビットコイン販売所での購入は簡単にできます。購入方法の詳細は記事前半をご覧ください。 Q.ビットコインを購入できる初心者におすすめの取引所は? A.Coincheckがおすすめです。 仮想通貨取引を初めて行うのにCoincheckがおすすめな理由は以下です。 スマホアプリが使いやすい 取引画面が見やすい 最小500円から購入できる 取り扱い通貨数が国内最多 Coincheckの特徴と評判の詳細はこちらをご覧ください。 Q.ビットコインはいくらから購入できるの? A.Coincheckでは500円からビットコインを購入できます。購入方法の詳細は記事前半をご覧ください。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)購入にCoincheckがおすすめな理由 Coincheckでは、有効なメールアドレスがあればアカウント登録が簡単にでき、ビットコインの取引を始めることができます。 取扱通貨は、ビットコイン以外にも、イーサリアム、リップル、ライトコイン、リスクなど、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。ビットコインの取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

2020-12-26仮想通貨の購入

仮想通貨(暗号資産)の取引を始めたいけれど、「難しそう」「時間がかかりそう」というイメージを持っていないでしょうか。 金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckでは、3ステップで仮想通貨の購入が簡単にできます。また、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)など、Coincheckでは多数の仮想通貨を取り扱っています。 ここでは、仮想通貨をすぐに買えるCoincheckの特徴についてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 Coincheckでは3ステップで仮想通貨を購入できる 1. アカウント登録 2. SMS認証 3. 本人確認を行う 4. 日本円を入金して仮想通貨を購入する はがきを受け取るとすべての機能が使用できる Coincheckの取扱通貨について Coincheckが選ばれる理由 Coincheckでは3ステップで仮想通貨を購入できる 仮想通貨の販売所・取引所であるCoincheckでは、簡単なアカウント登録で、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などの仮想通貨をすぐに購入することができます。 手順は、下記の3ステップになります。 1. アカウント登録 Coincheckで仮想通貨の取引を行うには、公式サイトからのアカウント登録が必須です。 まずは、Coincheckのサイトから、メールアドレス・パスワードを登録します。 登録したメールアドレス宛に確認メールが送信されますので、記載されたリンクを押してください。メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント登録は完了です。 2. SMS認証 Coincheckでは、本人確認の一環として、SMS認証を実施しています。 Coincheckにログイン後、サイトに表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押し、携帯電話の番号を入力します。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話に「認証コード6桁」の番号が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」欄に入力することで、SMS認証が完了します。 SMS認証を行った後は、「本人確認書類」と「IDセルフィー」のアップロードを行います。お客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録してから、免許証やパスポートといった本人確認書類をアップロードします。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 4. 日本円を入金して仮想通貨を購入する 次に、Coincheckで指定されている口座に日本円を振り込みます。日本円の入金方法としては、銀行振込があります。 まずCoincheckにログインして、サイト上の「日本円を入金する」を押してください。すると、Coincheckが指定する銀行口座が表示されますので、こちらの口座に、金融機関から日本円の振込みを行います。 Coincheckのサイト上で、日本円の入金を確認することができたら、仮想通貨購入の手続きに移ります。仮想通貨の購入は、「コインを買う」から可能です。取引に必要な金額やレートを確認の上、仮想通貨を購入します。 なお、本人確認のはがきを受け取っていれば、コンビニエンスストアから入金できる「コンビニ入金」、ペイジー決済を利用した「クイック入金」、クレジットカードによる「クレジットカード決済※」が利用できます。 ※現在、Coincheckにおけるクレジットカード決済は停止中です。 Coincheckの無料登録はこちら はがきを受け取るとすべての機能が使用できる 日本円の出金・送金を行うなど、Coincheckのすべての機能を使用するためには、アカウント登録後に本人確認を行って、はがきを受け取っておく必要があります。 Coincheck側から「本人確認完了」のメールを受け取ってから、本人確認用のはがきが登録した住所に届けられます。 本人限定受取のはがきが到着すると、Coincheck側に配送データが届きます。すると、データが連携され、Coincheckのすべての機能が利用できるようになります。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck Coincheckの取扱通貨について Coincheckは、仮想通貨の取扱数が豊富です。 ビットコイン(BTC)をはじめ、取引の経緯や契約内容といった細かい情報を記録できる「スマートコントラクト」という技術を採用したイーサリアム(ETH)のほか、グローバルに資産をやりとりできることを目標に掲げているリップル(XRP)の取引が可能となっています。 また、リスク(LSK)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)といったコインも購入することができます。Coincheckは、取扱通貨が豊富なので、それぞれの仮想通貨を比較・検討しながら、取引することができるでしょう。 Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheck Coincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、アカウントを登録して仮想通貨を購入することができるようになるまで、3ステップと手軽に行うことができます。 また、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)など、取り扱っている仮想通貨の種類は複数あり、選択肢は豊富です。 さらに、仮想通貨を取引できるCoincheckアプリは、各仮想通貨の価格変動を確認できるチャートも見やすくなっています。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)など、仮想通貨(暗号資産)の取引に興味はあるけれど、購入額が高そう…。そう思ってはいないでしょうか。仮想通貨取引を始めるには、仮想通貨はいくらから買えるのか、手数料はどのくらいかかるのかを知っておく必要があります。 Coincheckの販売所では、取り扱うすべての仮想通貨において、最低購入額は「500円」です。 Coincheckで取り扱う仮想通貨は、日本円のほか、ビットコインで購入することもできます。その場合は、「0.001BTC」が最低購入額となります。 この記事では、Coincheckにおける 仮想通貨の購入額 仮想通貨それぞれの最低注文量 仮想通通貨取引の手数料 について詳しく解説します。 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 Coincheckの無料登録はこちら 目次 仮想通貨の通貨単位について Coincheckでは500円から購入可能 仮想通貨それぞれの最低注文量は? ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) そのほかの仮想通貨について 仮想通貨取引の手数料について Coincheckが選ばれる理由 仮想通貨の通貨単位について 仮想通貨にはさまざまな種類がありますが、それぞれ「通貨単位」があります。 Coincheckで取り扱っている仮想通貨は以下の14種類になり、( )内が通貨単位になります(取り扱い通貨数は2020年9月現在)。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT)※通貨単位の読みは「バット」 アイオーエスティー(IOST) なお、ビットコインには、BTCのほかに、Satoshi(サトシ)という単位もあります。ビットコインのしくみを最初に考案した「サトシ・ナカモト」の名に由来しています。 このSatoshiは、非常に小さな単位です。1Satoshi=0.00000001BTCとなりますので、1億Satoshiで1BTCとなります。 Coincheckでは500円から購入可能 Coincheckの販売所では、取り扱うすべての仮想通貨において、最低購入額は「500円」となります。 また、Coincheckの取り扱う仮想通貨は、日本円のほか、ビットコインでも購入することができます。その場合は、「0.001BTC」が最低購入額となります。 仮想通貨を売却する場合も同様です。売却して日本円に換える場合は、すべて「500円」が最低売却額となります。仮想通貨を売却してビットコインに換える場合も「0.001BTC」からになります。 仮想通貨それぞれの最低注文量は? Coincheckで取り扱っている仮想通貨の、それぞれの最低注文量について、具体的な数値を出しながら確認していきましょう。 ※最低注文量は、Coincheckでの2020年9月1日時点の通貨レートを基準にして算出しています。 ビットコイン(BTC) ビットコインは、仮想通貨に興味がない人でも、その名称ぐらいは聞いたことがあるほど高い知名度があります。 どの国家や組織にも支配されない「非中央集権」の通貨を作るという理想のもとに、ビットコインは開発されました。 <ビットコインの購入レート> 1BTC=127万8,243円 ※2020年9月1日時点 <ビットコインの最低注文量> 500円=約0.0003913002987BTC  ※2020年9月1日時点 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?初心者にわかりやすく解説 Coincheck 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck リップル リップルは、国際送金のスピードが速くなることが特徴で、手数料も低コストになるという利便性の高さから、世界中の金融機関をつなぐ仮想通貨としての実用化が期待されています。 <リップルの購入レート> 1XRP=31.212円 ※2020年9月1日時点 <リップル(XRP)の最低注文量> 500円=約16.01947969XRP ※2020年9月1日時点 仮想通貨取引所が解説するリップル(XRP)の特徴と歴史 Coincheck リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck イーサリアム イーサリアムは、幼少期から数学や経済学に才能を発揮し、ビットコインの魅力に心酔していた当時19歳の若きロシア系カナダ人、Vitalik Buterinが考案した仮想通貨です。 最大の特長は、取引の経緯や契約内容といった細かい情報を記録できる「スマートコントラクト」というしくみで、ビットコインよりもさらに進んだ機能を持っています。 <イーサリアムの購入レート> 1ETH=48,728円 ※2020年9月1日時点 <イーサリアムの最低注文量> 500円=約0.01026104088ETH ※2020年9月1日時点 イーサリアム(Ethereum/ETH)とは?分かりやすく解説します Coincheck 簡単にできるイーサリアム(ETH)の購入方法と買い方を解説 Coincheck そのほかの仮想通貨について そのほかの仮想通貨について、Coincheckでの最低注文量は、以下のとおりです。 イーサリアムクラシック 500円=約0.6034107187ETC(1ETC=828.623円) リスク 500円=約2.461902066LSK(1LSK=203.095円) ファクトム 500円=約2.116402116FCT(1FCT=236.250円) ネム 500円=約31.82686187XEM(1XEM=15.710円) ライトコイン 500円=約0.07391700864LTC(1LTC=6,764.343円) ビットコインキャッシュ 500円=約0.01651909608BCH(1BCH=30,268円) モナコイン 500円=約2.611511543MONA(1MONA=191.46 円) ステラルーメン 500円=約47.10315591XLM(1XLM=10.615円) クアンタム 500円=約1.315000473QTUM(1QTUM=380.228円) ベーシックアテンショントークン 500円=約13.07428811BAT(1BAT=38.243円) アイオーエスティー 500円=約687.757909IOST(1IOST=0.727円) ※最低注文量は、2020年9月1日時点の通貨レートを基準にして算出しています。IOSTのみ取り扱い開始の9月8日時点の通貨レートを基準にしています。 Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheck Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨取引の手数料について 仮想通貨の入金には、各種手数料がかかりますので、把握しておきましょう。 Coincheckでは仮想通貨を500円から購入できますが、まずはCoincheckに開設した口座へ日本円を入金しなければなりません。 日本円の入金は、Coincheckのサイト上でアカウント登録した後に可能になります。銀行振込で入金をする場合は、手数料が無料です。(ただし、振込手数料はお客様負担となります) また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までは簡単に行えますので、気軽に仮想通貨の取引を始めることができます。取扱通貨は、ビットコインやイーサリアム、リップルなど、選択肢が豊富です。 最後に、ここまでの内容を振り返ってみましょう。 ■Coincheckでは、仮想通貨はいくらから購入できる? 日本円での仮想通貨の最低購入額は「500円」 ビットコインでの仮想通貨の最低購入額「0.001BTC」 ■Coincheckでの仮想通貨取引の最低注文量は? ビットコイン:500円=約0.0003913002987BTC リップル:500円=約16.01947969XRP イーサリアム:500円=約0.01026104088ETH イーサリアムクラシック:500円=約0.6034107187ETC リスク:500円=約2.461902066LSK ファクトム:500円=約2.116402116FCT ネム:500円=約31.82686187XEM ライトコイン:500円=約0.07391700864LTC ビットコインキャッシュ:500円=約0.01651909608BCH モナコイン 500円=約2.611511543MONA ステラルーメン 500円=約47.10315591XLM クアンタム 500円=約1.315000473QTUM ベーシックアテンショントークン 500円=約13.07428811BAT アイオーエスティー 500円=約687.757909IOST ※2020年9月1日時点の通貨レートを基準に算出(IOSTのみ2020年9月8日の通貨レート) ■Coincheckでの仮想通貨取引に必要な手数料は? 日本円入金時の金融機関における振込手数料 コンビニ入金は30,000円未満で770円、30,000円以上で1,018円 クイック入金は30,000円未満で770円、30,000円以上50万円未満の場合で1,018円、50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」 Coincheckアプリはチャートがインジケーター(指標)も含めて見やすく、簡単に仮想通貨を取引できる機能を備えています。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

世界には数百種類を超える仮想通貨(暗号資産)があるといわれていますが、リップル(XRP)は、グローバルに資産をやりとりできることを目標にして開発されたなどの特徴があります。 今回は、リップルの特徴について解説しながら、金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckで口座開設して、リップルを購入して取引するまでの流れを見ていきましょう。 この記事では、口座開設から取引までを、下記の項目にわけてご紹介していきます。 Coincheckでの口座開設方法 リップルの購入方法 リップルの取引手数料や取引方法について リップルの価格推移の振り返り この記事を読めば、口座開設から実際の取引方法を知ることができ、リップルに関する知識も深めることができます。リップルの取引を始めたい!という方は、ぜひ参考にしてみてください。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 まずは仮想通貨取引所でリップル(Ripple/XRP)取引用の口座開設を行う 1. アカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証) 3. 本人確認書類のアップロード Coincheckでリップル(XRP)を購入する方法 日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する リップル(Ripple/XRP)はいくらから買える?最低購入額について リップル(Ripple/XRP)の購入や取引にかかる手数料は? 銀行振込の場合 コンビニ入金の場合 クイック入金の場合 そもそもリップル(Ripple/XRP)とは? リップル(Ripple/XRP)の現物取引とレバレッジ取引について 現物取引 レバレッジ取引 リップル(Ripple/XRP)の過去チャートを振り返る リップル(Ripple/XRP)購入の取引所にCoincheckがおすすめな理由 まとめ まずは仮想通貨取引所でリップル(Ripple/XRP)取引用の口座開設を行う 仮想通貨(暗号資産)の取引所で口座開設をすることで、インターネット上でリップルの取引が可能になります。ここでは、Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。 1. アカウント登録 Coincheckで口座開設するには、まずはアカウント登録が必要になります。 Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。 そうすると、入力したメールアドレス宛に、メールが送信されます。メールに記載されたリンクを押して、メールアドレスが正しいことをチェックできれば、アカウント登録が完了となります。 2. SMS認証(電話番号認証) アカウント登録をした後は、本人確認としてSMS認証(電話番号認証)を行います。 Coincheckアカウントでログインするとサイトに表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押して、携帯電話の番号を入力します。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話に「認証コード6桁」の番号が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了します。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでリップル(XRP)を購入する方法 リップル(XRP)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。 日本円を入金する 日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。 金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 アプリで購入する コインチェックアプリでリップルを購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「XRP」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいリップルの数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでXRPを購入」をタップすることでリップルが購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 アプリでリップル(Ripple/XRP)を購入する方法 Coincheck WEB画面で購入する WEB画面でリップルを購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。 ウォレットページから「コイン購入」を押して、リップルを選びましょう。次に、リップルの購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 手持ちのビットコインで交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 リップル(Ripple/XRP)はいくらから買える?最低購入額について リップルの単位は「XRP」になります。最小単位は1XRPの100万分の1、「0.000001」となり、この最小単位を「drop」と呼びます。つまり、1XRP=1,000,000dropsです。 Coincheckでのリップルをはじめとした仮想通貨の最低購入額は、日本円で500円となります。リップルの最低注文量は、18.0877XRPになります(2019年9月12日の終値で算出)。 リップル(Ripple/XRP)の購入や取引にかかる手数料は? リップルをはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。 新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。 銀行振込の場合 Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 コンビニ入金の場合 コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。 クイック入金の場合 24時間365日、日本円を入金できるクイック入金の手数料も、コンビニ入金と同様、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円です。 クイック入金は、ペイジーという決済システムを使って、金融機関の営業時間に関係なく、インターネットバンキングやATMで入金ができる方法です。 なお、コンビニ入金、クイック入金ともに、1回の入金額の上限は30万円となります。 Coincheckでリップルを送金する場合、1回あたり手数料は0.15XRPとなります。ただし、Coincheckユーザー間での各種手数料は無料です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 そもそもリップル(Ripple/XRP)とは? リップルとは、仮想通貨のみを指す言葉ではないことをご存じでしょうか? リップルは、リップル社(Ripple Inc.)が運営する決済システムのことを意味し、「リップル・トランザクション・プロトコル」が正式名称になります(略称はRTXP)。 このシステム内で使用できる通貨もリップルと呼ばれ、通貨単位はXRPとなります。通貨を指す場合には、決済システムとの違いを明確にするために、「リップルコイン」と呼ばれることもあります。 リップルは、カナダのウェブ開発者であるRyan Fuggerによって、2004年に開発がスタートしました。リップル社は、リップルを通して、グローバルに資産をやりとりできることを目標に掲げています。 つまり、国際送金を簡単に行うことを目指して開発されました。それゆえ、銀行やクレジットカードといった業界でも、リップルは注目されています。 スウェーデンの銀行はリップルを活用して合計数千億円を送金し、クレジットカード大手であるアメリカン・エキスプレスが、リップルを商用化したとされています。さらには、日本の金融系の大企業が実証実験を行うことも話題となりました。 仮想通貨取引所が解説するリップル(XRP)の特徴と歴史 Coincheck Coincheckの無料登録はこちら リップル(Ripple/XRP)の特徴とは? リップルは、新たな国際送金の決済システムを構築する目的で生まれたため、ほかの仮想通貨とは違う特徴があります。 リップル(Ripple/XRP)の現物取引とレバレッジ取引について リップルをはじめとした仮想通貨を取引する方法には、「現物取引」と「レバレッジ取引」があります。それぞれ、どのような方法なのか確認しておきましょう。 現物取引 現物取引とは、そのときの売買代金で取引を行う方法です。 持っている資金の範囲でしか仮想通貨を購入することができず、保有していない仮想通貨を売却することもできません。 レバレッジ取引 レバレッジ取引とは、現物取引とは異なり、日本円を証拠金として取引を行うことができる方法です。 少額を担保に大きな額の投資を行うことができます。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 リップル(Ripple/XRP)の過去チャートを振り返る 出典:Coincheck charts XRP/JPY リップルの過去チャートを振り返ってみましょう。2014年に1XRPは1円未満でしたが、そこから急上昇したのが2017年でした。 リップルは、当初は数百種類ある仮想通貨の1つとして考えられていましたが、2017年前半には1XRP=45円台を記録し、短期間のうちに上昇したことで注目されます。 さらに2018年1月に入ると、一時期、1XRP=350円を超えました。 2019年8月時点のレートでは、1XRP=27~34円前後で推移しています。 現在はビットコイン、イーサリアムに続く時価総額第3位の仮想通貨となっています。 リップル(Ripple/XRP)の今後はどうなる?将来性について紹介 Coincheck リップル(Ripple/XRP)購入の取引所にCoincheckがおすすめな理由 Coincheckは、業界でも最大級の取扱高、業界最大級のユーザー数を誇ります。 アカウント登録から口座開設までが簡単なので、気軽に仮想通貨の取引を始めることができるでしょう。そして、Coincheckアプリは業界最大級の利用者数となっており、チャートが見やすく、簡単に仮想通貨を取引できる機能が備わっています。 また、リップルをはじめとして、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなど、全部で13種類の仮想通貨を取り扱っており、コインの選択肢が豊富です(2020年7月現在)。仮想通貨の取引において、Coincheckの利用をぜひご検討ください。 まとめ リップルの取引方法や特徴についてまとめました。口座開設や購入方法が把握でき、今後の取引や購入に活かせるようになったかと思います。 最後にここまでの内容をまとめてみましょう。 Coincheckでの口座開設手順 アカウント登録 SMS認証(電話番号認証) 本人確認書類のアップロード リップルの購入方法 日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する リップルの取引方法 現物取引 レバレッジ取引 Coincheckでは、リップルをはじめ14種類の仮想通貨を取り扱っており、業界最大級のユーザー数を誇ります。アカウント登録から口座開設までが簡単なので、この記事を参考に口座を開設してみてはいかがでしょうか。 Coincheck(コインチェック)登録方法から使い方までの初心者向けマニュアル Coincheck

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never