Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
仮想通貨(暗号資産)の購入に関する記事一覧です。ビットコイン(BTC)やアルトコインなどの購入方法が掲載されています。

カテゴリー: 仮想通貨の購入

2020-12-26仮想通貨の購入

仮想通貨(暗号資産)を購入するには、仮想通貨の口座を開設して、仮想通貨の販売所・取引所を利用することになります。 この記事では、 ◎販売所と取引所の違い ◎仮想通貨を購入する方法 ◎実際に購入するまでの流れ をまとめてご紹介します。 この記事を読めば、仮想通貨の購入場所や購入方法、購入の流れまでを知ることができます。 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 Coincheckの無料登録はこちら 目次 仮想通貨の販売所・取引所の違い 口座を開設してみよう 1. Coincheckのアカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証)を行う 3. 本人確認書類を提出してはがきを受け取る 仮想通貨を購入するための入金・決済方法 銀行振込 コンビニ入金 クイック入金 クレジットカード決済※ 仮想通貨を購入する3つの方法 ①販売所で仮想通貨を購入する ②取引所で仮想通貨を購入する ③成行注文と指値注文 現物取引とレバレッジ取引について レバレッジ取引とは 仮想通貨を保有していない状態から「売る」ことも可能 仮想通貨の手数料について 入金手数料 出金手数料 仮想通貨の出金手数料 Coincheckで購入できる仮想通貨の種類 「仮想通貨の財布」ウォレットとは? Coincheckでもウォレット機能が備わっています ペーパーウォレット 仮想通貨の購入にCoincheckが選ばれる理由 仮想通貨の販売所・取引所の違い 仮想通貨の購入には、仮想通貨の販売所あるいは取引所の利用が必要です。 ここでは、仮想通貨の販売所と取引所の違いを説明します。 販売所 仮想通貨の販売所では、運営会社とユーザーとのあいだで仮想通貨を購入・売却することができます。仮想通貨販売所の運営会社が保有するコインを、ユーザーが提示された価格で売買するしくみです。 取引所 取引所では、ユーザー同士が仮想通貨の購入や売却をします。ユーザーは売買板を見ながら、仮想通貨の金額を決めて取引をするのです。なお、Coincheckでは、販売所および取引所、どちらでの取引も可能です。 口座を開設してみよう 販売所、取引所、どちらの機能を利用するにも、まずは仮想通貨の口座を開設しなければなりません。口座を開設することで、仮想通貨の購入や売却などができるようになります。 以下で、そのための手順について解説します。 1. Coincheckのアカウント登録 まずは、Coincheckのサイトにアクセスし、「アカウント登録」を行います。 メールアドレスとパスワードを入力し、「アカウント作成」ボタンを押すと、入力したメールアドレス宛に、メールが送られます。 その文面に記載されたURLをクリックすれば、あなたのメールアドレスで間違いないことが確認されますので、アカウントが無事に作成されます。 Coincheckの無料登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証)を行う 次に電話番号を登録します。 Coincheckが指定した番号に、お手元の携帯電話・スマートフォンからSMS(ショートメッセージ)を送ってください。 返ってくるメッセージに書かれた認証コード6桁をCoincheckのサイトで入力すれば、あなたの電話番号が真正なものと認証され、登録完了となります。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 仮想通貨を購入するための入金・決済方法 Coincheckでは、仮想通貨を購入する前に、日本円を入金していただくことになります。 日本円の入金は、銀行振込のほか、コンビニ入金、クイック入金のいずれかの方法によって可能です。また、日本円を入金せずに仮想通貨を購入できるクレジットカード決済もあります。(※現在、Coincheckでのクレジットカード決済は停止中です。) 銀行振込 銀行振込を行うには、まずCoincheckにログインして、サイト上の「日本円を入金する」を押してください。Coincheckが指定する銀行口座が表示されます。 こちらの口座に、金融機関から日本円の振込みを行います。日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 コンビニ入金 コンビニ入金を利用するには、Coincheckにログインして、サイト上の「コンビニ入金」を選択します。 次に、入金額を入力し、支払先のコンビニエンスストアを選択してください。すると、各コンビニチェーン店の入金方法が表示されますので、店頭にて手続きを行いましょう。 クイック入金 クイック入金は、ペイジー決済のシステムを利用した、金融機関での入金となります。Coincheckにログインして、サイト上の「クイック入金」を選択し、入金額を入力して「決済申請」ボタンを押します。 支払金額のほか、手続きに必要な「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」の情報が表示されます。これらの情報を基に、PCを使ったインターネットバンキングやスマホを使ったモバイルバンキング、あるいは金融機関のATMで手続きを行います。 クレジットカード決済※ クレジットカード決済での仮想通貨の購入は、5,000円からの受け付けとなります。 日本円で購入するときのレートとは異なる、クレジットカード専用レートでの購入となります。レートは10秒ごとに変動しますので、決済に時間がかかった場合、コインの購入量が多少上下することがございます。 ※現在、Coincheckでのクレジットカード決済は停止中です。 仮想通貨を購入する3つの方法 仮想通貨の販売所・取引所、それぞれでの仮想通貨を購入する方法を確認していきましょう。 ①販売所で仮想通貨を購入する 販売所を利用して購入するときは、希望する量の仮想通貨を購入できます。 運営会社とユーザーがコインを売買するしくみで、少し手数料が高めに設定されていますが、確実に安心して仮想通貨を購入することができるでしょう。 ②取引所で仮想通貨を購入する 一方、取引所では、売買板に出ている価格と数量に応じた取引となります。ユーザー同士のマッチングがうまくいかなければ、取引は成立しません。 仮想通貨の取引所を利用するとき、仮想通貨の売り手は匿名の状態です。もちろん、買おうとしている人も、相手には誰なのかが知られない状態で取引が行われます。 500円から始められるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck ③成行注文と指値注文 主な注文方法に、相場で取引が成立している現在の価格で購入・売却する「成行注文」と、購入・売却したい価格と数量の希望を出して、同じ価格と数量で取引したい人が現れるまで待つ「指値注文」があります。 指値注文の場合、不本意な価格で購入・売却しないで済むメリットがありますが、相場の値動きによっては、いつまで経っても購入することができない可能性もあります。 現物取引とレバレッジ取引について 仮想通貨の売買には、「現物取引」と「レバレッジ取引※」の2種類があります。 仮想通貨の販売所で、仮想通貨を売買するときは現物取引のみになります。仮想通貨の取引所で、仮想通貨を売買するときは、現物取引だけでなくレバレッジ取引も可能になります。 現物取引では、購入した仮想通貨を自由に送金したり売却したりことができます。 レバレッジ取引とは 一方、レバレッジ取引とは、口座に入れた現金を「証拠金」として、その何倍もの額の仮想通貨を売買する取引のことです。ただし、レバレッジ取引で仮想通貨を購入した場合、ほかの仮想通貨取引所の口座に送金することはできません。 あくまでも、特定の仮想通貨取引所の中だけで売買できる権利であり、値動きに合わせて売買の価格差で利益を得る目的に特化しています。 例えば、10万円分のビットコインを購入したとき、その後に10%値上がりして11万円になれば、現物取引なら単純計算で10,000円分の利益が出ることになります。 一方で、3倍のレバレッジ取引を行っていれば、10万円を証拠金として、最大30万円のビットコインを購入することができます。10%値上がりすれば、30,000円分の利益になります。 仮想通貨のレバレッジ取引とは?現物取引との違いも解説します Coincheck 仮想通貨を保有していない状態から「売る」ことも可能 レバレッジ取引なら、仮想通貨を保有していない状態から「売る」ことも可能です。 その場合は、値下がりするほど利益が出ます。ただし、レバレッジ取引で大きな損失を出せば、現物取引を超えるペースで証拠金が減ってしまうことになりますので、くれぐれもご注意ください。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨の手数料について 仮想通貨の取引においては、各種サービスを利用するときに、入金手数料や出金手数料などがかかります。 入金手数料 Coincheckでは、「銀行振込」による入金手数料は無料です。ただし、Coincheckが指定した銀行口座へ日本円で振込むことになりますので、利用している金融機関が定める振込手数料が必要になります。 また、「コンビニ入金」「クイック入金」の入金手数料は、以下のように入金額によって変わります。 <コンビニ入金> 日本円の入金額が30,000円未満:入金手数料770円 日本円の入金額が30,000円以上30万円以下:入金手数料1,018円 ※1回あたりの入金上限額は30万円 <クイック入金> 日本円の入金額が30,000円未満:入金手数料770円 日本円の入金額が30,000円以上50万円未満:入金手数料1,018円 日本円の入金額が50万円以上:入金手数料、入金額×0.11%+486円 出金手数料 Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 仮想通貨の出金手数料 Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の出金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。 例えば、ビットコインは0.001BTC、イーサリアムは0.01ETHの負担となります。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 Coincheck(コインチェック)の仮想通貨取引の手数料は?購入時や送金、入出金などシーン別に紹介 Coincheck Coincheckで購入できる仮想通貨の種類 Coincheckでは、ビットコインをはじめ、さまざまな仮想通貨の購入が可能です。 Coincheckで購入することのできる仮想通貨は、以下の14種類です(2020年9月時点)。 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) ファクトム(FCT) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheck 「仮想通貨の財布」ウォレットとは? 仮想通貨の財布にあたるのが「ウォレット」です。 仮想通貨の販売所や取引所は、ユーザーの仮想通貨のデータを預かってくれる場ですが、ユーザーのPCやスマホが不正に操作されて、パスワードを盗まれてしまったら、仮想通貨口座が乗っ取られてしまうおそれがあります。 そこで、ウォレットを備えておくことが大切です。仮想通貨の財布として、インターネットのクラウド上にウォレットを作り、仮想通貨のデータを保存します。 Coincheckでもウォレット機能が備わっています Coincheckでアカウント登録を行うことで、ウォレット機能を利用することができます。さらに、本人確認まで終了していれば、Coincheckのすべてのサービスが利用可能になります。 Coincheckのウォレット機能では、以下の操作ができます。 仮想通貨の購入 仮想通貨の売却 取引や売却で得た日本円の出金 仮想通貨の送金 仮想通貨の受け取り ちなみに、仮想通貨の販売所・取引所が備えているウォレット以外にも、PCのデスクトップに専用ソフトをインストールするウォレットや、外付けのハードウェアを使ったウォレットもあります。 ペーパーウォレット また、仮想通貨のアドレス(口座)や「秘密鍵」を、リアルな紙にメモして記録しておく「ペーパーウォレット」と呼ばれる方法もあります。秘密鍵とは、仮想通貨は暗号化されているので、その暗号を解いて送金などの操作ができるようにするための文字列のことです。 ペーパーウォレットは、インターネットとは切り離して保管されるので、ハッキングのおそれはありません。しかし、紙なので紛失してしまう可能性があります。 また、1文字でも読み取れないと使えなくなるので、仮想通貨を失うリスクは否定できません。 仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類は? Coincheck 仮想通貨の購入にCoincheckが選ばれる理由 Coincheckは、アカウント登録から口座開設までは簡単に行うことができ、気軽に仮想通貨の購入や取引を始めることができます。 また、ビットコインやイーサリアム、リップルなど、多数の仮想通貨を購入することができ、取引の選択肢が豊富です。さらに、Coincheckアプリはチャートが見やすく、簡単に仮想通貨を取引できる機能を備えています。 最後に、ここまでの内容をまとめてみましょう。 ◎仮想通貨の購入方法3つ 販売所に口座開設をし、販売所の運営会社から仮想通貨を購入する 取引所に口座開設をし、取引所のユーザー同士で仮想通貨の購入や売却をする 成行注文や指値注文で仮想通貨を購入する ◎仮想通貨が購入できる販売所と取引所の違い 販売所:運営会社とユーザーとのあいだで、仮想通貨を購入・売却する 取引所:売買板を見ながら仮想通貨の金額を決め、ユーザー同士が仮想通貨を売買する 仮想通貨の購入方法や、販売所・取引所への口座開設方法を知ることができましたでしょうか。 仮想通貨の購入には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

2020-12-26仮想通貨の購入

世界中で取引が行われている仮想通貨(暗号資産)。この仮想通貨の取引を行うためには、仮想通貨の取引所・販売所で口座開設を行う必要があります。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設をすることで、インターネット上で仮想通貨の交換・売買をすることが可能です。24時間変動するレートを見ながら、リアルタイムに仮想通貨の取引を行うことができます。 この記事では、 ◎仮想通貨の取引所Coincheckで口座開設するまでの流れ ◎仮想通貨の基本情報 ◎Coincheckで取り扱いのある仮想通貨の特徴 について紹介します。メジャーな仮想通貨の特徴などを押さえ、仮想通貨の取引を始めてみましょう。 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 Coincheckの無料登録はこちら 目次 仮想通貨の取引の始め方 1. Coincheckのアカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証)を行う 3. 本人確認を行う 登録情報の修正・変更について セキュリティ強化のために2段階認証を設定する 仮想通貨を購入する 仮想通貨とは? ビットコイン(BTC) アルトコイン 仮想通貨それぞれの特徴について ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) リスク(LSK) ライトコイン(LTC) Coincheckが選ばれる理由 まとめ 仮想通貨の取引の始め方 仮想通貨の取引を始めるまでの流れとしては、まずはCoincheckのアカウント登録を行います。 そして、SMS認証(電話番号認証)を行い、本人確認書類を提出します。その後、Coincheckから郵送されたはがきを受け取ったら、Coincheckのすべての機能を使うことができるようになります。 1. Coincheckのアカウント登録 仮想通貨の取引所・販売所である「Coincheck」の口座開設には、アカウントの登録が必要です。 アカウント登録の方法には、下記の2種類があります。 メールアドレス、パスワードの登録 Coincheckのサイトから、メールアドレス・パスワードを登録します。パスワードはセキュリティの関係上、半角英数字を交ぜて入力します。数字のみ、アルファベットのみでの設定はできません。 メールアドレスとパスワードを入力したら、画面内の「アカウント作成」ボタンを押してください。登録したメールアドレス宛に、メールが送信されます。 メールに記載されたリンクを押し、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント登録は完了となります。 2. SMS認証(電話番号認証)を行う Coincheckのアカウント登録後に、本人確認を行います。 本人確認を行わないと、仮想通貨の購入・売買や日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。 本人確認はまず、SMS認証(電話番号認証)を行います。SMSとは、ショートメッセージサービスのことで、電話番号を宛先に指定して、短いテキストメッセージを送受信するもの。SMS認証とは、このSMSを使って行う本人確認になります。 まずはCoincheckアカウントでログインすると表示される、「本人確認」と書かれたボタンを押してください。ここから電話番号認証の手続きに入ります。 まずは、登録者の携帯電話番号を入力します。その際、ハイフンの入力は不要です。そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にメッセージが届きます。SMSに送信された「認証コード6桁」の番号を、「送信された認証コード」欄に入力します。 6桁の番号を入力した後、「認証する」を押すとSMS認証が完了となります。 なお、「SMSを送信する」を押してから、15分以上経ってもメッセージが届かない場合は、もう一度「SMSを送信する」を押してください。なお、同一番号へのSMSの送信回数の上限は6回となります。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください 参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 登録情報の修正・変更について 登録情報の修正・変更がある場合は、サイトからユーザー自身で手続きを行うことが可能です。 本人確認ページにアクセスし、「登録情報(変更)」を押して、手続きを進めます。 住所・氏名の変更 住所・氏名の変更を行う場合は、それぞれ新たに本人確認書類の提出が必要になります。 電話番号の変更 電話番号の変更を行う場合は、電話番号認証ページにアクセスして、新しい電話番号を入力します。 まもなくショートメッセージが届きますので、本文に記載されている数字6桁のコードを、Coincheckの画面に入力することで、新しい電話番号に変更できます。 メールアドレスの変更 メールアドレスの変更を行う場合は、基本設定の変更ページにアクセスして、新しいメールアドレスを入力します。まもなく、今の登録メールアドレス宛に確認メールが届きますので、本文のリンクを押すと、新しいメールアドレスに変更できます。 セキュリティ強化のために2段階認証を設定する 2段階認証とは、ユーザー自身で設定したログインパスワードだけではなく、メールや認証アプリなどを用いて発行される「認証コード」を使って認証を行うシステムのこと。 Coincheckでは、Google社が提供する認証アプリ「Google Authenticator(iOS/Android)」による認証システムを推奨しています。 2段階認証を設定後、ログインページから登録メールアドレスとパスワードを入力してログインすると(登録したFacebookを通してのログインも可)、2段階認証画面が表示されます。 認証アプリ「Google Authenticator」を起動すると、6桁のパスコードが表示されますので、2段階認証画面でパスコードを入力します。正しいパスコードが入力されるとログイン状態になり、仮想通貨の取引が可能になります。 セキュリティ強化のためにも、2段階認証は必ず設定しておくようにしましょう。 二段階認証はCoincheckアプリからでも設定ができます。 iOSアプリ:2段階認証の設定方法 Androidアプリ:2段階認証の設定方法 Coincheck(コインチェック)の安全性やセキュリティについて Coincheck 仮想通貨を購入する Coincheckで仮想通貨を購入する際の手順を確認していきましょう。 まず、Coincheckで指定されている口座に日本円を振り込みます。これにより、Coincheckアカウントへの日本円の入金が可能となります。なお、金融機関側で振込みが完了した後、アカウントに反映されるまでに時間がかかる場合があります。 次に、「コインを買う」のページから、仮想通貨の数量を指定することで、必要な日本円が算出されます。確認の上「購入する」ボタンを押せば、購入した仮想通貨の金額が反映されます。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨とは? そもそも仮想通貨とは、特定の国家から価値の保証がされていない通貨であり、デジタル通貨の一種です。 日本円やアメリカドルといった法定通貨のように、目に見えるものではなく、仮想通貨には紙幣や硬貨は存在しません。仮想通貨は、暗号を使用して交換できる電子データです。仮想通貨と法定通貨を交換することや、店舗によりますが仮想通貨を使った買い物も可能です。 仮想通貨の使い道8選!通貨別に投資以外の具体的な使い方を徹底解説 Coincheck ビットコイン(BTC) 代表的な仮想通貨といえば「ビットコイン」でしょう。 ビットコインは、世界で初めて分散化された仮想通貨といわれており、現在では取引量・時価総額ともに世界一を誇ります。 さらに、ビットコインに続いて、イーサリアムやライトコインなど、多くの仮想通貨が登場しました。 ビットコインとは?ゼロから学ぶ人向けに分かりやすく解説します Coincheck アルトコイン ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれています。 アルトコインは「Alternative Coin」の略称で、すなわち「代替コイン」を意味します。ビットコインの注目度が上がっていったことで、ビットコインとそれ以外のアルトコインという呼び名が生まれました。 アルトコイン(altcoin)とは?種類や特徴をわかりやすく解説 Coincheck 仮想通貨それぞれの特徴について Coincheckでは、ビットコインをはじめとした、多くの仮想通貨を扱っています。Coincheckで購入することのできる仮想通貨は、以下の14種類です(2020年9月時点)。 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) ファクトム(FCT) リップル(XRP) ネム(NEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) ここでは、その中でも人気の高いビットコイン、リップル、イーサリアム、リスク、ライトコインについての特徴をご紹介します。 その他のコインについてはこちらをご覧ください。 Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheck ビットコイン(BTC) ビットコインは、2008年に考案された暗号技術を利用した仮想通貨です。 ブロックチェーン技術によって価値の担保を行い、発行主体を持たないなどの特徴があります。仮想通貨の中では、ビットコインの知名度はNo.1でしょう。 なお、ブロックチェーン技術とは、ある一定数の取引記録が1つの塊(ブロック)として管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理される技術のことです。 ブロックチェーンとは?基礎知識やメリット・デメリットをわかりやすく解説 Coincheck 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck リップル(XRP) リップル社(Ripple Inc.)が運営する決済システム・送金ネットワークで使用される通貨を、リップルといいます。リップルは、低コストで国際送金できるという特徴を持っています。 仮想通貨取引所が解説するリップル(XRP)の特徴と歴史 Coincheck リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck イーサリアム(ETH) イーサリアムは、ブロックチェーン技術によって取引履歴を管理しているビットコインから、さらに進んだ機能を持っています。 ブロックチェーンに契約情報(スマートコントラクト)を書き込むことができるので、「取引の経緯」や「契約内容」といった細かい情報を記録することが可能です。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とは?分かりやすく解説します Coincheck 簡単にできるイーサリアム(ETH)の購入方法と買い方を解説 Coincheck リスク(LSK) リスクは、どの場所からでも業務処理が可能になる分散型アプリケーションを採用しており、イーサリアムに似たしくみを持っています。 契約情報(スマートコントラクト)の記述言語に「JavaScript」を採用しているので、開発に参入しやすくなっています。 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck リスク(Lisk/LSK)取引の口座開設から購入方法を解説 Coincheck ライトコイン ビットコインを「金」とすると、ライトコインは「銀」を目指して開発されました。ビットコインの欠点になりそうな部分を改善して、共存を目指しています。 具体的には、ビットコインよりも高速で取引ができるので、手数料を抑えることが可能になっています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck ライトコイン(LTC)の購入方法は?買い方と取引方法を解説 Coincheck Coincheckが選ばれる理由 Coincheckは、業界でも最大級の取扱高、業界最大級のユーザー数を誇っています。アカウント登録から口座開設までは簡単に行えますので、気軽に仮想通貨の取引を始めることができるでしょう。 また、ビットコインやイーサリアム、リップルなど、多数の取扱コインがあり、選択肢が豊富です。さらに、Coincheckアプリは業界最大級の利用者数となっており、チャートが見やすく、簡単に仮想通貨を取引できる機能が備わっています。 コインチェックアプリの使い方(iOS・Android) Coincheck まとめ 仮想通貨の始め方、購入方法、仮想通貨の特徴についてご紹介しました。 最後に、ここまでの内容をまとめてみましょう。 ◎Coincheckを利用して仮想通貨の始め方 取引所に口座開設をするためアカウント登録をする SMS認証をする 本人確認をする セキュリティ強化のため二段階認証を設定する 仮想通貨を購入する ◎コインチェックが選ばれる理由 取扱高、ユーザ数が業界最大級 アカウント登録から口座開設までが簡単 取り扱い通貨が豊富 アプリが使いやすく機能も豊富 この記事をもとに、仮想通貨の取引にはCoincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never