Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
暗号資産(仮想通貨)の取引に関する記事一覧です。ビットコイン(BTC)やアルトコインなどの取引方法が掲載されています。

カテゴリー: 暗号資産の取引

2020-12-28暗号資産の取引

仮想通貨市場に大口の取引があると、相場が急激に変動する場合もあります。一般の個人投資家は、大口投資家の今後の動きや影響について、警戒していることでしょう。 この記事では、大口投資家とは何か、大口投資家の取引を監視するシステムも含めて紹介します。また、大口投資をする方法についても解説していきます。 また、自分も大口取引をしたいと検討している人にやり方を案内していきます。 仮想通貨のOTC取引とは?メリットやリスクは? Coincheck Coincheckの無料登録はこちら 目次 2020年は大口投資家がさらに仮想通貨に投資する? 大口送金を追跡するbotとは? botを利用する3つのメリット ビットコイン(BTC)大量保有者「クジラ」とは? 増加傾向にあるクジラとは? クジラの影響とは?価格の操作が容易!? 仮想通貨で大口取引をしたいなら「OTC」 取引所を通さず直接売買すること OTCのメリットと注意点 Coincheck(コインチェック )の大口OTC取引サービスとは 大口取引なら取引所の仲介サービスが安心 Coincheckではアプリからの取引がおすすめ 2020年は大口投資家がさらに仮想通貨に投資する? アメリカの大手信託銀行ステート・ストリート社は、2020年には大口投資家のデジタル資産への投資が高まると顧客情報を元に予想しています。これには、仮想通貨も含まれています。 2020年に大口投資家が投資を強化するという予想が正しければ、個人投資家は注視が必要かもしれません。なぜなら、巨額のお金が市場に投入されると、仮想通貨の価格が急激に変動する可能性が高いためです。 世間の状況に気を配っていても、驚くような価格変動が起きることもあります。仮想通貨投資では、リアルタイムに大口投資家の取引情報を仕入れ、素早く行動することが重要といえるでしょう。 大口送金を追跡するbotとは? bot(ボット)とは、インターネット上の情報をもとに、自動的にタスクをこなすアプリケーションを指します。仮想通貨の大口取引を追跡するbotがあるのを聞いたことがあるでしょうか。 例えば、「Bitcoin Block Bot(ビットコインブロックボット)」や「Whale Alert(ホエールアラート)」などが挙げられます。これらは、大口投資家の取引を検知し、アラートとして通知するTwitterアカウントです。 botを利用する3つのメリット botを利用するメリットには、三つが挙げられるでしょう。 一つ目は、情報をリアルタイムにキャッチしやすいことです。すぐに大口取引の情報を得られれば、投資家は速やかに行動を起こせます。アラートが損切りの判断を下すきっかけになり、大損を避けるのに役立つでしょう。 二つ目は、登録が簡単なことです。スマートフォン(スマホ)アプリのアラートもありますが、インストールに手間がかかるでしょう。一方、Twitterアカウントはフォローさえすれば、自動的にアラートを受け取れます。 三つ目に、知識が増えることも挙げられるでしょう。あらゆる仮想通貨の動向を通知してくれるので、仮想通貨に詳しくなるでしょう。また、相場観を養うのにも役立つと考えられます。一方、アラートには誤報もあるため、そちらにも注意しなければなりません。アラートに表示されるリンク先を開くと、取引が「無効」となっている場合があります。アラートの内容を注意深く確認し、誤報を見分けましょう。 ビットコイン(BTC)大量保有者「クジラ」とは? ビットコイン関連で「クジラ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。クジラについて説明していきます。 増加傾向にあるクジラとは? 「クジラ」とは、ビットコイン(BTC)を大量に保有している人たちを指します。もとは経済用語として使われ、株式投資で有名なウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏などが挙げられます。ロックフェラー(Rockefeller)やロスチャイルド(Rothschild)など巨額な資産をもつ財閥も、クジラの一例といえるでしょう。なお、国内でクジラというと、日銀や共済年金が挙げられます。 2019年12月に、アメリカのブルームバーグ(Bloomberg)は、ビットコインを保有する投資家が増えていると報告しました。1000~100万BTCを保有している投資家の割合は、2017年と比較して大きく増加しているそうで、その増加割合は40%ほどともいわれます。大口投資家が増えることによる仮想通貨市場への影響を、懸念する人は多いでしょう。 クジラの影響とは?価格の操作が容易!? 仮想通貨の一つビットコインは、総発行枚数の4割を1000人ほどが保有するといわれています。これら大口投資家(クジラ)の取引が集中すると、相場に大きな影響を与えるでしょう。とはいえ、大口投資家の動きと相場の動きには、必ずしも因果関係があるとはいえません。 大口投資家の一部が仮想通貨を売却しても、相場に影響しない場合も多々あるのです。また、複数の大口投資家が結託し、価格をコントロールするとも考えにくいでしょう。大口投資家の取引は、深く気にする必要はないかもしれません。しかしながら、相場への影響はゼロとも言い切れないので、用心に越したことはないでしょう。 仮想通貨で大口取引をしたいなら「OTC」 ここからは、大口取引を検討している人に向けて、OTC(オーバーザカウンター)について説明していきます。 OTC取引はこちらからご利用できます 取引所を通さず直接売買すること OTC取引とは、取引所を通さずに仮想通貨を直接売買することです。「個人との取引」と「販売所との取引」の2種類に分けられるので、特徴を確認しておきましょう。 個人との取引は、実際に会ったり、インターネット上で連絡を取り合ったりして取引するものです。 販売所との取引は、「金額指定」か「数量指定」を選べば済み、仕組みが簡単という人もいます。 OTC取引では、取引所にまつわるさまざまなリスクがありません。リスクとしては、例えば、カウンターパーティリスク、システムメンテナンスやサーバーダウン、ハッキングなどのセキュリティリスクなどが挙げられます。さらに、合意さえあれば相場に左右されずに売買できるのも、特徴といえるでしょう。 OTCのメリットと注意点 OTC取引のメリットには、主に二つが挙げられます。 一つ目は、取引量の制限がないことです。取引所を介した取引では、一度に取引できる仮想通貨に制限があります。一方、OTC取引では、取引する当事者の合意さえあれば、いくら取引しても問題ありません。 二つ目は、大量に取引をしても市場を混乱させないことが挙げられます。大きなお金が絡む取引がひとたび行われると、他の投資家も、同じような注文をすることがあります。結果的に、仮想通貨の価格が暴落したり、あるいは急騰したりする場合もあるでしょう。OTC取引は市場以外での取引になるので、相場への影響を最小限に抑えられます。 リスクを避けるために、メリットだけではなく注意点も把握しておくことが重要です。OTC取引の注意点としては、詐欺に遭う可能性があるということです。取引所の監視がないので、取引はお互いの信頼無くては成立しません。相手が詐欺師である場合もあるので、気をつけましょう。 仮想通貨のOTC取引とは?メリットやリスクは? Coincheck Coincheck(コインチェック )の大口OTC取引サービスとは OTC取引は、取引所が仲介するサービスを利用して行われることが多いです。取引所を介することで、詐欺に遭うリスクを避けられます。信用面の不安が解消されるので、OTC取引をためらっていた人でも、始めやすいでしょう。 Coincheckでも、OTC取引を受け付けています。最初はビットコインに限っていたサービスですが、2020年1月末からほかのコインも取引可能となりました。 新しく加わったのは、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)の4種類です。Coincheckの大口OTC取引は、「スプレッドの安い販売所バージョンの取引」とも表現できるでしょう。個人間のOTC取引との違いであり、差別化するポイントといえます。 【大口OTC取引サービス】サービス拡大のお知らせ Coincheck OTC取引はこちらからご利用できます 大口取引なら取引所の仲介サービスが安心 大口取引を行うためOTC取引を利用する場合は、相手の信用がネックとなるでしょう。大きなお金が動くため、心配するのは当然のことです。詐欺やトラブルを防止するためにも、取引所の仲介サービスがおすすめです。CoincheckのOTC取引サービスは、ビットコインを含め5種類の仮想通貨を扱えます。利用を始める際は、Coincheckでの口座開設から始めましょう。 Coincheckではアプリからの取引がおすすめ Coincheckアプリで大口取引を始める方法を解説します。 ①アプリ画面下にあるメニューの一番右にある「アカウント」をクリック。 ②「大口OTC取引」をクリック。 ③購入もしくは売却したい通貨を選択。 ④購入数量を入力。※ビットコインの場合は10BTC〜300BTCの範囲で売買が可能です。 ⑤交換する通貨を選択。 ⑥レート取得ボタンをクリックして取引開始。 コインチェックアプリの使い方(iOS・Android) Coincheck

「Coincheck(コインチェック)の口座開設ってどうやるの?」 「本人確認や二段階認証のやり方は?」 本記事ではこのような疑問をお持ちの方に向けて、Coincheckの口座開設方法について詳しくご紹介します。 記事を読むことで、 Coincheckで口座を開設する方法二段階認証の設定方法仮想通貨の購入方法Coincheckの取扱通貨各種手数料 などについて知ることができます。「Coincheckで取引を始めたい!」という方は、ぜひご覧ください。 \ビットコインあげちゃうキャンペーン開催中/ 仮想通貨取引アプリDL数国内No.1*のコインチェックが実施! 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント! 「かんたん本人確認&72時間以内に入金完了」実施者対象! ※2021年1月 - 6月(データ協力:App Tweak) 詳細は以下のURLよりご確認ください 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 仮想通貨の取引開始に必要な口座開設とは? Coincheckで口座を開設する方法 1. アカウント作成 2. 必要情報の入力 3. 本人確認書類の撮影 セキュリティを強化する二段階認証の仕組みと方法 仮想通貨の購入方法 ステップ①「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」から選んで入金する ステップ②ビットコインを購入する Coincheckの取扱通貨・銘柄について Coincheckの手数料について 入金手数料 送金手数料 出金手数料 登録情報の修正や変更について 住所変更に必要な書類 氏名変更に必要な書類 電話番号変更とメールアドレス変更 Coincheckの口座開設に関するFAQ Q.コインチェック口座開設の流れを教えてください。 Q.入金・購入後の資金移動について教えてください。 Q.口座開設に必要なものは? Coincheckの口座開設のまとめ 仮想通貨(暗号資産)の取引開始に必要な口座開設とは? Coincheckで仮想通貨(暗号資産)の購入や売却、さらに他のユーザーへ送金するには、アカウント作成を行い、口座を開設する必要があります。 口座を開設すれば、取引に必要な現金をCoincheckに振り込んで、すぐに仮想通貨の取引を始めることが可能です。また、口座にある仮想通貨を他のユーザーへ送金したり、反対に他のユーザーから仮想通貨を受け取ることもできるようになります。 いわば銀行の預金口座と同じような働きがあり、以下にご紹介する簡単な手続きで口座開設できます。 Coincheckで口座を開設する方法 Coincheckで仮想通貨を購入するためには、まず取引用の口座を開設する必要があります。 Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に口座開設ができます。 1.アカウント作成をする2.本人確認を行う 口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。 ここでは、iOSアプリ(iPhone、iPad)の画面を例に口座開設手順をご説明します。 ※Web(公式サイト)から口座開設する方法はこちらをご覧ください。 \ビットコインあげちゃうキャンペーン開催中/ 仮想通貨取引アプリDL数国内No.1*のコインチェックが実施! 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント! 「かんたん本人確認&72時間以内に入金完了」実施者対象! ※2021年1月 - 6月(データ協力:App Tweak) 詳細は以下のURLよりご確認ください 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン 1. アカウント作成 口座開設をするには、最初にメールアドレスとパスワードを登録してアカウントを作成する必要があります。コインチェックアプリでアカウント作成をするやり方は、以下の通りです。 (1)Coincheckアプリにログイン後、画面下の「会員登録」をタップします。 (2)メールアドレスを入力し、「次へ」をタップします。 (3)パスワードを入力し、「登録」をタップします。 パスワードは半角アルファベット、数字、記号を組み合わせて入力します。 (4)登録したメールアドレス宛にメールが送信されます。 メールに記載されたリンクを押し、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント作成は完了となります。 2. 必要情報の入力 (5)メールアドレスとパスワードの登録が完了した後は、本人確認を行います。 (6)口座開設条件をご確認いただき「次へ」をタップします。 居住国が日本 20歳以上74歳以下 (7)次に各種重要事項をご確認いただきます。問題なければ「同意」をタップ。 (8)電話番号を入力し「次へ」をタップ。届いたSMS(ショートメッセージ)に表示の6桁の番号を入力してください。 (口座開設後もセキュリティ機能としてこの電話番号のSMSを利用します) 必要情報入力 (9)お名前、ご住所、その他の基本情報をご入力いただき「次へ」をタップします。ご入力項目は複数ございます。全てご入力ください。 本人確認書類の提出 (10)運転免許証などの本人確認書類を選択してください。 ※以下は運転免許証の例です。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について (11)現住所が記載されているかの確認画面です。 ※現在お住まいの住所が書類に記載されていない場合はこちら 3. 本人確認書類の撮影 (12)本人確認書類の撮影を行います。 IOSの方はこちらの動画をご覧ください。 本人確認は株式会社Liquidが行います。Liquidのプライバシーポリシー・利用規約をご精読の上、「同意して次へ進む」ボタンを押します。 本人確認書類の種類を選択後、ご注意事項を確認して「次へ進む」をタップします。 STEP① 本人確認書類の撮影 カメラを使用し、本人確認書類を撮影します。端末からカメラのアクセスを求められた場合は、撮影の許可をしてください。 本人確認書類の輪郭を確認するため撮影時の背景は白色以外にし、「撮影開始」をタップします。 撮影ガイドにしたがって、本人確認書類の表面を撮影します。 撮影後にエラーが発生した場合は、お手数ですがエラー内容を確認の上、再度撮影してください。 撮影できた画像が確認項目をクリアできたら「OK」を選択します。 本人確認書類を表面の斜め上から撮影します。「撮影開始」をタップしましょう。 本人確認書類を傾けて、カード上部の厚みと顔写真を撮影します。撮影ガイドにしたがって撮影しましょう。 撮影できた画像が確認項目をクリアできたら「OK」を選択します。 最後に、本人確認書類の裏面を撮影します。 裏面も表面同様に背景は白色以外にして、「撮影開始」をタップします。 撮影できた画像が確認項目をクリアできたら「OK」を選択します。 STEP② 顔の写真撮影 顔の正面写真を撮影します。 帽子やマスク、サングラス、カラーコンタクトレンズなど顔を隠すものを外し、明るい場所で撮影しましょう。 準備ができたら、「撮影開始」をタップします。 撮影ガイドにしたがって、お顔を撮影してください。 撮影できた画像が確認項目をクリアできたら「OK」を選択します。 STEP③ 顔の動画撮影 最後に、首振り動画を撮影します。手順が心配な場合は撮影方法動画を閲覧したあとに「撮影開始」を選択しましょう。 正面を向き、撮影ガイドにお顔を合わせてから「開始する」をタップします。 画面の指示にしたがって、指定の方向を向いてください。 うまく撮影できなかった場合は、「エラー」の表示となります。お手数ですが、「再撮影」をご選択ください。 撮影完了後、「次へ」をタップしたら、お客様の本人確認手続きは終了です。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincheckのすべての機能をご利用可能になります。 参考:本人確認書類の撮影方法 セキュリティを強化する二段階認証の仕組みと方法 Coincheckでは安全な取引のために、セキュリティ認証の強化としてSMSやGoogleの認証アプリ(Google Authenticator/iOS, Android)による二段階認証が採用されています。 二段階認証によって、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止することが可能です。 二段階認証の設定方法についてはこちらをご覧ください。 iOSアプリ:2段階認証の設定方法 Androidアプリ:2段階認証の設定方法 尚、Coincheckでは、上記のQRコードを読み込ませる際に、2台のスマホで同時にQRコードを読み込ませれば、2台のスマホでの二段階認証の設定が可能になります。同時に設定することでいずれか一方のスマホでいつでもログインが可能です。 仮想通貨の購入方法 口座開設が完了したら、実際に仮想通貨を購入してみましょう。 Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に仮想通貨を購入できます。 1.「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」から選んで入金する 2.希望する通貨を選んで購入する ここでは、アプリを使ってビットコインを購入する方法を解説していきます。 ※ブラウザ(Web)での購入方法はこちらをご覧ください。 ステップ①「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」から選んで入金する (1)画像赤枠「入出金」をタップ ビットコインを購入するには、まずは日本円を入金する必要があります。 画像赤枠「入出金」をタップしましょう (2)入金の種類を選択 入金の種類を選択します。Coincheckでは、以下の3種類の入金が可能です 銀行振込 コンビニ入金 クイック入金 ここでは銀行振込を例に紹介します \ビットコインあげちゃうキャンペーン開催中/ 仮想通貨取引アプリDL数国内No.1*のコインチェックが実施! 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント! 「かんたん本人確認&72時間以内に入金完了」実施者対象! ※2021年1月 - 6月(データ協力:App Tweak) 詳細は以下のURLよりご確認ください 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン (3)指定口座に振込 振込先の口座情報が表示されます。指定口座に振込みます ステップ②ビットコインを購入する (4)「販売所」をタップ 入金が完了しましたら、次は「販売所」をタップしましょう (5)ビットコイン(BTC)をタップ ビットコイン(BTC)を選択、タップしましょう (6)赤枠、購入をタップ 赤枠、購入をタップします (7)「日本円でビットコインを購入」→「購入」をタップ 日本円で購入金額を入力し、「日本円でビットコインを購入」→「購入」をタップします (8)購入をタップ→完了 購入をタップすれば完了です (9)購入したビットコインを確認したい場合は「総資産」をタップ 購入したビットコインを確認したい場合は「総資産」をタップしてください。 (10)画像のように購入した通貨を確認することができます 画像のように購入した通貨を確認することができます Coincheckの販売所はアプリからの購入がおすすめです。見やすいチャートと操作がしやすいアプリなら、初めての方でも簡単に仮想通貨を購入できます。 アプリでビットコインを購入してみる ビットコインの購入・売却方法は、以下の記事で詳しく解説しています。 ビットコインの購入方法と手数料を買い方3ステップで解説 Coincheck Coincheckの取扱通貨・銘柄について Coincheckでは仮想通貨を実際に購入したり、手持ちの通貨の送金や売却も可能です。このような取引は「現物取引」と呼ばれており、以下の17種類の仮想通貨で現物取引をすることができます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH)  イーサリアムクラシック(ETC)  リスク(LSK) ネム(XEM)  ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) オーエムジー(OMG) パレットトークン(PLT) サンド(SAND) Coincheckで仮想通貨を現物購入する場合、最低購入額は日本円で500円から可能です。また、購入したい通貨をビットコインで購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。 さらに保有している仮想通貨を売却して日本円に換える場合も、最低売却額は500円からとなっています。仮想通貨を売却してビットコインに換える場合も購入時と同様に最低売却額は「0.001BTC」となります。 Coincheckの手数料について Coincheckで仮想通貨を購入する場合には所定の手数料が発生します。そこで予め知っておきたい手数料について以下にご紹介していきます。 入金手数料 日本円をウォレットに入金する場合、銀行振込やコンビニ入金、クイック入金が利用可能です。 銀行振込の場合は入金手数料は無料ですが、コンビニ入金の場合には入金金額が30,000円未満の場合で1回あたり770円の手数料が発生します。また、30,000円以上30万円以下の場合には1回あたり1,018円の手数料が発生します。 クイック入金を利用する場合、30,000円未満の入金で1回あたり770円の手数料がかかります。同様に入金額が30,000円以上50万円未満の場合、1,018円の手数料が発生します。 入金額が50万円以上の場合では「入金額×0.11%+495円」の手数料が発生します。 送金手数料 仮想通貨を自分のアカウントから、他の取引所の口座や別のユーザーに送金する場合にも手数料が発生します。送金手数料は通貨ごとに異なっており、以下の通りとなります。 ビットコイン(BTC):0.0005 BTC イーサリアム(ETH):0.005 ETH イーサリアムクラシック(ETC):0.01 ETC リスク(LSK):0.1 LSK リップル(XRP):0.15 XRP ネム(XEM):0.5 XEM ライトコイン(LTC):0.001 LTC ビットコインキャッシュ(BCH):0.001 BCH モナコイン(MONA):0.001 MONA ステラルーメン(XLM):0.01XLM クアンタム(QTUM):0.01QTUM ベーシックアテンショントークン(BAT):63.0 BAT アイオーエスティー(IOST):1.0 IOST エンジンコイン(ENJ): 30.0 ENJ オーエムジー(OMG): 11.0 OMG パレットトークン(PLT): 139.0 PLT サンド(SAND): 21.0 SAND ※手数料は2022年5月時点のものです。なお、Coincheckのユーザー間で送金する際には送金手数料は無料となっています。 Coincheckは送金遅延等を防止および緩和し、お客様により安定したサービスを提供することを目的として、2020年11月25日より一部暗号資産において変動型送金手数料を導入しました。 各通貨の変動型送金手数料については、以下をご覧ください。 参考:変動型送金手数料の改訂(最小区分の新設)について 出金手数料 自分のアカウントから日本円を出金する場合には、出金手数料が発生します。Coincheckでは出金時の手数料は金額に関わらず、一律407円となっています。 ※手数料は、2021年9月24日時点の金額です。 登録情報の修正や変更について 口座開設後に、引越しなどによる住所やご結婚で姓が変わった際の氏名変更などの手続きについてご紹介します。 住所や氏名変更の場合は、以下に該当する必要書類をアップロードしてCoincheckに登録されている情報を修正します。Coincheckの取引画面の「本人確認」のページに移動し、ページ内中段の「登録情報(変更)」をクリックすると、情報の変更や必要書類の画像アップロードが可能です。 また、必要書類の提出は必ず画像のアップロードのみによるものとし、書類郵送やメールでの登録情報変更はできませんので注意してください。なお、登録情報の変更には口座開設時におこなったIDセルフィーは不要です。 住所変更に必要な書類 住所の変更は、基本的に口座開設の際に提出される本人確認書類と同じ書類となります。書類更新が済んでいない場合、本人確認書類と新住所記載の補助書類を組み合わせによる提出も可能です。 運転免許証 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限定されます) パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください) 住民基本台帳カード 個人番号(マイナンバー)カード(表面のみ) 在留カード 特別永住者証明書 上記のうち、「運転免許証」「運転経歴証明書」「住民基本台帳カード」「在留カード」「特別永住者証明書」については裏面の画像提出も必要となります。 反対に「個人番号(マイナンバー)カード」については裏面の画像はアップロードしないように注意してください。また、マイナンバー(個人番号)通知カードは本人確認書類として利用できません。 氏名変更に必要な書類 次に、名前の登録情報変更に必要な書類を以下にご紹介します。 書類の準備にあたっては新旧の氏名が1枚の書類で確認できるようにしてください。例えば、運転免許証の場合、表面が旧姓で裏面は新姓となるようにします。 運転免許証 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限定されます) 住民基本台帳カード 個人番号(マイナンバー)カード(表面のみ) なお、氏名書き換え前の場合、上記4種類の本人確認書類と以下の3種類の書類のいずれか1点と住民票または戸籍謄本(抄本)の組み合わせによる提出もできます。 パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください) 在留カード 特別永住者証明書 電話番号変更とメールアドレス変更 電話番号の変更についてはこちらのURLにアクセスし、新しい電話番号を入力します。入力後にSMSメッセージが届き、メッセージには6桁のコード情報が含まれています。そのコードをCoincheckの画面にて入力すると新しい電話番号に変更できます。 また、メールアドレス変更については、以下のこちらのURLにアクセスし、新しいメールアドレスを入力後に「変更する」をクリックします。入力した新しいメールアドレス宛てに確認のためのメールが届くので、メール本文のリンクをクリックすれば新しいメールアドレスへ変更が完了となります。 Coincheckの口座開設に関するFAQ Q.コインチェック口座開設の流れを教えてください。 A.Coincheckアプリでの口座開設は、以下の手順で完了します。 新規アカウント作成 必要情報の入力(氏名、居住地、職業など) 本人確認書類の提出 なお、下記に該当する方のご登録は、現在受け付けておりません。 20歳未満 75歳以上 日本国外に居住 Q.入金・購入後の資金移動について教えてください。 A.セキュリティの観点から、銀行振込以外の入金・購入方法(クイック入金、コンビニ入金)では、資産の移動が7日間制限されます。 資金移動の詳細についてはこちら:入金・購入後の資金移動について Q.口座開設に必要なものは? A.口座開設手続きには本人確認書類が必要です。下記が本人確認書類として使用可能な書類一覧になります。 運転免許証 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限定されます) パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください) 住民基本台帳カード 個人番号(マイナンバー)カード 在留カード 特別永住者証明書 Coincheckの口座開設のまとめ 今回はCoincheckで仮想通貨の取引を始めたい方のために、口座開設に必要な手続きであるアカウント作成やSMS認証、本人確認書類やIDセルフィーの提出の流れをご紹介しました。ここで改めて口座開設の手順を振り返りましょう。 Coincheckの口座開設の流れ メールアドレスとパスワードでアカウント作成 必要情報の入力(氏名、居住地、職業など) 本人確認書類の提出 SMS認証の流れ 携帯電話番号宛に送られてきた6桁の「認証コード」を、Coincheckのサイト上で入力 本人確認の流れ 名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を入力 本人確認書類を撮影、アップロード 二段階認証の流れ Google Authenticatorのアプリをダウンロード Coincheckの画面に戻り「設定する」をクリック 表示されるQRコードをスマートフォンでスキャンして読み取り 画面上に表示される「6桁の数字」を入力し、「設定する」をクリック また、取引の実際の流れについてもご紹介することで、取引のイメージもつかんでいただけたのではないでしょうか。このように簡単な手続きで、初心者でもすぐに仮想通貨取引が始められるのがCoincheckの特徴です。

2022-05-10暗号資産の取引

暗号資産(仮想通貨)を購入しようとした際に、何から始めれば良いのかという点で詰まる人も多いかもしれません。 暗号資産を購入するためには、基本的には暗号資産の取引所に登録する必要がありますが、そこまで手間がかからないため、初心者でも簡単に購入する事ができます。 暗号資産の取引所は、暗号資産を管理するための口座や、暗号資産を取引するための場所などを提供しています。また、暗号資産の取引所は、スマートフォンアプリなどでも利用する事ができます。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は暗号資産の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから暗号資産を始める方々に「暗号資産について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 暗号資産を購入する方法について紹介 暗号資産を購入できる「取引所」と「販売所」について 暗号資産の販売所とは? 暗号資産の取引所とは? 暗号資産を大量購入するなら販売所が便利(同じレートで購入可能) 暗号資産のOTC取引とは Coincheckでは15種類以上の暗号資産の購入が可能 Coincheckユーザー間の送金は無料 初心者にも使いやすいCoincheck 暗号資産を購入する方法について紹介 暗号資産の取引所に登録する手順は、比較的簡単です。 まずはメールアドレスとパスワードを登録して、アカウントを作成します。その後、本人確認が完了すれば口座開設は完了です。 暗号資産の取引所に登録が完了すると、次は日本円を入金することになります。暗号資産は、基本的に最初は日本円と交換して購入する形になります。 暗号資産の取引所の口座への日本円の入金は、銀行振込などで可能です。こうして日本円を入金すると、いよいよ暗号資産を購入する事が可能となります。 なお、取引所ごとに取り扱いをしている暗号資産の種類が変わってくるので、自分が購入したい暗号資産の取り扱いがある暗号資産の取引所に登録するようにしましょう。 Coincheck(コインチェック)の使い方!初めての口座開設から取引まで解説 Coincheck 暗号資産を購入できる「取引所」と「販売所」について 暗号資産を購入する場所は、「販売所」と「取引所」という2つがあります。 暗号資産の販売所とは? 暗号資産の「販売所」は、暗号資産交換業者と直接取引することになります。 暗号資産交換業者から購入する形となるため、即時に簡単に暗号資産の取引をする事が可能です。販売所のシステムはシンプルなものとなっているのが多いため、暗号資産初心者でもわかりやすくなっています。 そのため、注文ミスをする可能性が低いなどのメリットがあります。 暗号資産の取引所とは? 一方で、暗号資産の「取引所」は、暗号資産の取引を個人間で行う事ができる場所です。 例えば、ビットコイン(通貨単位はBTC)の売り注文が、1BTC出ているとなると、これを見た別のユーザーが1BTCの買い注文を出すと、取引が成立するという流れになります。 取引所はユーザー間の需要と供給が合致しないと、取引は成立しません。取引に慣れている方の場合は、取引所では価格が自由に設定できるため、販売所よりも自由に取引する事ができます。 しかし、自分が取引したい金額で提示しても、それを買いたいという人がいない限りは取引する事ができません。このように取引所は販売所よりも若干複雑な作りとなっているため、初心者の方は取引に慣れるまでは大変かもしれません。 暗号資産を大量購入するなら販売所が便利(同じレートで購入可能) 暗号資産を購入する上では上記で紹介した知識を理解していれば、取引する事が可能となっています。 しかし、暗号資産を大量に購入するタイミングも出てくる事でしょう。大量に暗号資産を購入する際には、いくつか注意点が出てきます。 取引所では上記でも説明した通り、買い手と売り手の取引内容が合致しないと取引は成立しません。そのため、取引の数量が多くなってしまうと取引できない可能性もあります。 一方、暗号資産の交換業者にもよっては制限があったりもしますが、販売所であれば、一度に大量に暗号資産を購入したり、売却したりすることができます。 暗号資産の取引所では、ある程度の流動性がないと、大きな取引をしようとしても取引相手がおらず、売買が難しくなったりします。 大量に購入するためには小分けにして取引を行う必要があったり、小分けにして取引を行うと、全ての取引が完了するまでに時間がかかってしまったりもします。 このように結果的に時間がかかってしまうと、価格が変動してしまうリスクなどもあるため、大量の暗号資産の売買を行う際には、一気に取引できる販売所を活用した方が簡単です。 Coincheckの無料登録はこちら 暗号資産のOTC取引とは OTC取引とは、元々は証券取引の世界で使われていた言葉です。 市場を通さず、証券会社の窓口カウンター越しに行われる取引ということから「Over The Counter」、略してOTC取引と呼ばれるわけです。 暗号資産の場合は、Coincheckなどの暗号資産交換業者が提供する「大口取引のお客様を対象とした大口OTC取引サービス」と「取引所や市場を通さず、個人や企業が直接暗号資産の売買を行うこと」の2つをさすこともあります。 OTC取引には、取引量の制限がない、市場からの影響を受けないといった特徴があります。 一般的に、暗号資産の取引所では、一度に取引できる限度量が決まっています。 しかし、売り手と買い手の合意のみで成立するOTC取引ならば、一切の制限がありません。そのため、暗号資産取引の大口投資家にとって、OTC取引はとても使いやすい取引形態なのです。 ビットコインを10BTC以上から購入したい場合はコインチェックの大口OTC取引をぜひ利用してみましょう。 暗号資産のOTC取引とは?メリットやリスクは? Coincheck OTC取引はこちらからご利用できます Coincheckでは15種類以上の暗号資産の購入が可能 暗号資産は多くの種類があります。 今現在も新しい暗号資産も生まれ始めており、暗号資産の数は増え続けています。メジャーな暗号資産もあれば、あまり認知度の高くない暗号資産も多く存在します。 日本国内の大手暗号資産取引所であるCoincheckは、下記の通貨を含む、15種類以上の暗号資産を取引する事が可能となっています。 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネムコイン(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) オーエムジー(OMG) エンジンコイン(ENJ) Coincheckは、メジャーな暗号資産を取り扱っていることに加えて、初心者でも暗号資産の取引もスムーズに行う事が出来る点が特徴です。 暗号資産の取引所を選ぶ上では、取引所で取り扱っている暗号資産の種類も選ぶポイントとなってきます。取引できる暗号資産の種類が少ないと、うまく利益が出せない事があります。 Coincheckユーザー間の送金は無料 また、友人に暗号資産を送金してみようと思った時に、基本的には暗号資産の取引所から暗号資産を購入し、そこから送金する必要があります。 その場合にもCoincheckは活用しやすくなっています。Coincheckのユーザー間の送金であれば、送金手数料が無料だからです。 また、海外送金などのスピードも速いことから、銀行の海外送金の代わりに利用されることもあります。暗号資産の取引所を選ぶ際には、多くの暗号資産を取り扱っていることや、サービス面などを比較した上で選んだ方が良いでしょう。 初心者にも使いやすいCoincheck 暗号資産の取引所Coincheckは、国内の取引所の中でも多くの暗号資産の売買が可能です。また、貸暗号資産サービスという、購入した暗号資産を一定期間貸し出すことで、利用料をもらえるサービスなども提供しています。 スマホアプリが使いやすく、取引画面が見やすいことなどから、暗号資産の初心者が取引を始めるのに適したサービスとなっています。これから暗号資産の取引を始める人は、Coincheckの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

2022-03-04暗号資産の取引

暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)のトレードには、デイトレードやレバレッジトレード(レバレッジ取引)、アービトラージといった方法があります。 それぞれのトレード方法を解説すると共に、ビットコイン取引所での注文方法「指値注文」「成行注文」についても解説します。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は暗号資産の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから暗号資産を始める方々に「暗号資産について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のデイトレードとは? デイトレードのメリット デイトレードのデメリット ビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジトレードとは? ビットコイン(Bitcoin/BTC)のアービトラージとは? ビットコイン(Bitcoin/BTC)の注文方法 指値注文とは? 成行注文とは? Coincheckのトレードビューの特徴 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のデイトレードとは? 1日でトレードを終了させて、翌日に持ち越さない短期トレードを「デイトレード」と呼びます。 デイトレードは、1日に数十回のトレードを繰り返しながら、その日に購入したビットコイン(BTC)をその日のうちに売却します。 デイトレードのメリット デイトレードのメリットは、目標利益を1日単位で刻むことができるので、相場が逆行したときであっても、損切りの幅を少なく抑えられる点です。 もちろん、損切りを適切にできずに、あきらめが悪いトレードをしてしまうと、デイトレードでも大損害を被るおそれがありますので注意してください。 また、夜寝ているあいだの大暴騰や大暴落によって、知らないうちに損害を被らないことも、デイトレードのメリットです。 デイトレードのデメリット ただし、デイトレードは1日に何度も取引を行うことが必要なだけに、取引しているあいだは値動きを確認しておかなければなりません。 また、常に取引していることで、値動きに過激になりやすいこともデメリットといえます。ひとたび損失が出ると、その損失を取り戻そうと躍起になり、本来は売買すべきでない場面で注文を入れて、さらに損失が拡大してしまうおそれがあります。 そのため、できるだけ感情的にならず、一度決めたルールを冷静に守ることが、デイトレードを行うコツです。 デイトレードは初心者が行うには難しい面が多いのですが、1日で結果が出るため、そのメリットは無視できません。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジトレードとは? レバレッジトレード(レバレッジ取引)とは、実際に口座に預けている残高の数倍に相当する取引を行うことで、本来の数倍の利益を上げることができる暗号資産トレードです。 ただし、数倍の利益を上げられる代わりに、損失も数倍になりますので、利用する際には注意が必要です。 Coincheckの取引所では、最大5倍のレバレッジまで設定することができます。なお、Coincheckの取引所において、レバレッジ取引ができる暗号資産は、ビットコイン(BTC)のみとなります。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のアービトラージとは? ビットコイン(BTC)のトレードには、アービトラージという方法もあります。 アービトラージとは、ビットコイン(BTC)が安く売られている暗号資産の取引所で購入し、そのビットコイン(BTC)を高く買っている別の取引所で売却して、利ざやを得ることです。 複数の取引所のあいだで、短時間だけ生じているビットコイン(BTC)の価格差を利用します。 ただし、複数の取引所でビットコイン(BTC)を売買しようとしているあいだに、価格差が埋まってしまうこともあります。 そのため、アービトラージを行う際には、素早く取引をする手際の良さが求められます。 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)の注文方法 ビットコイン(BTC)を取引所で注文するには、指値注文、成行注文といった方法があります。この2つの注文方法についても解説していきます。 指値注文とは? ビットコイン(BTC)の指値注文とは、売買したい価格をあらかじめ決めて、実際にビットコイン(BTC)の相場がその価格帯に達することを条件に売買が実行される方法です。いわば、注文の予約になります。 たとえチャートから目を離していても、思いどおりの価格で売買できるのがメリットですが、相場が予想外の動きをすると、いつまで経っても注文が実行されずに、チャンスを逃してしまうデメリットもあります。 成行注文とは? ビットコイン(BTC)の成行注文とは、その瞬間のビットコイン(BTC)の価格で売買する注文をいいます。チャンスを感じたその瞬間に売買することができますので、その点はメリットとなります。 ただし、チャートを確認しながら注文を出さなければならず、チャンスが来るまで目を離せないのは、成行注文の難しさといえます。 また、成行注文を出した瞬間に、ほかの投資家からも大量の注文が入っている場合は、注文の成立が遅れてしまうことがあります。 そして、その間に相場が動いて、思わぬ価格帯で注文が成立してしまうことがありますので、その点には注意して成行注文は利用する必要があります。 Coincheckのトレードビューの特徴 Coincheckでは、ビットコイン(BTC)トレードを行うときに、相場環境をリアルタイムに把握するためのオンラインソフト「トレードビュー(Tradeview)」を利用することができます。 トレードビューでは、お客様がCoincheckで行った全取引履歴を記録していますので、過去のトレードを分析しながら、将来のトレードに活かすことができます。 以上になりますが、ぜひ自分にあった取引方法で、Coincheckでのビットコイン(BTC)取引に取り組んでみてください。 仮想通貨のチャートの見方とは?Tradeviewの使い方を初心者向けに解説 Coincheck

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never