東南アジアの子供たちに笑顔を

私たちは、東南アジアの孤児院、保護施設、スラムの子ども達をサポートしている団体です。子ども達は捨て子や育児放棄、親からの虐待や児童労働など様々な辛い過去を背負ってます。しかし世界中の子供には生きる権利があり、世界中の大人には子供を支える義務があるのです。ご飯も満足に食べることができず、ノートも鉛筆も足りない中を、笑顔を忘れず、夢を持って一生懸命に生きている子ども達の今の命を支え、輝く未来の実現のために活動してます。

 現在の支援総額

{{ 0.25092969 | number:4 }}

 支援者数

252 

 寄付する

13ohcFp7nE52BLS11nTvKYT8J2KFnsWCx5

 プロジェクト本文



私たちが2015年度に行った活動を紹介します。皆さまから頂いた寄付金は主に子ども達の食材と勉強道具、そして以下の費用に変わって子ども達を支えてます。

・ベトナム、カンボジア、ラオス、タイの子ども達へ、お米、調味料、勉強道具の定期的な提供。
・ベトナム、カンボジア、ラオス、タイの子ども達へサッカーボールとバレーボールの提供と指導。
・カンボジアの孤児院に、職業訓練施設を建設。
・ラオスの小学校へ、水道設備と貯水槽を設置。
・カンボジアとラオスの子ども達へ、衣類の配布。
・カンボジアとタイの孤児院へ、英語と日本語教材の提供と指導。
・カンボジアの孤児院へ、勉強部屋を建設。
・タイのHIV治療施設と孤児院へ、農工具の提供。
・カンボジアの孤児院へ、トイレとシャワーを設置。
・タイの知的障害を持つ子ども達へ、知育教材の提供と研究。
・カンボジアのスラムに、衣類と生活用品の配布。




今年も先ずは基本活動である、定期的な食材と勉強道具の提供を継続します。そして教育と職業訓練の充実を推進します。
親から捨てられてた子供、親からの虐待を受けていた子供、教育を受けていない子供には「自信」がないのです。「どうせ僕なんか親いないし、学校行ってないし、将来なんかどうでもいいよ」こんな言葉を聞くととても悲しくなります。



この子たちに先ず必要なのは「愛情」と「教育」です。「愛情」は「自信」に繋がります。「教育」は「自立」に繋がります。

この子たちが、ご飯を食べることができて、勉強ができて、元気に遊べるように。そして仕事をして、家族を養い、社会に貢献し、多くの人を救ってくれるような心優しい人となってくれるように。



それにはたくさんのコミュニケーションに加えて、たくさんの教材や教育者も必要です。学校や職業施設の建設、将来的には多くの卒業生が働ける工場や会社も必要です。これらを実現させるには私たちだけの力では足りません。



子ども達が幼い命を落とすことがないように、自信を持って社会に出られるように、どうか多くの皆さまからのご協力をよろしくお願いします。

 寄付する

13ohcFp7nE52BLS11nTvKYT8J2KFnsWCx5

一般財団法人CHANGアジアの子供財団

子ども達の今の生活のために、食材や勉強道具を定期的に提供し、同時にたくさんコミュニケーションをとって心のケアに繋げてます。更に環境整備として、教室、トイレやシャワー、水道などの設備を整えてます。そして最大の目標は子ども達の健全な自立です。仕事をして、幸せな家庭が築けるように。社会の発展に貢献できるように。その為に職業訓練施設の建設や、英語や日本語の教育、農工具の提供と作業など、将来の自立に繋がる活動を進めてます。

ビットコイン寄付とは?

ビットコインの寄付はビットコインウォレット、もしくはcoincheckアカウントから団体様のビットコインアドレスへビットコインを送金するだけで完了します。手続きは簡単でクレジットカードや銀行振込のように番号等を入力する手間はかかりません。

ページ上部、下部のリンクまたはQRコードをユーザー様のお持ちのビットコインウォレットから読み取るだけで、ビットコインを使ってどなたでも簡単に寄付を行うことができます。

皆様からのご寄付は、coincheck donations としてまとめて団体様にお渡し致します。基本的には、領収書の発行及び税金控除の対象とはなりませんのでご了承ください。尚、ビットコインの寄付での送金のお取り消しはできません。

寄付を主催する

寄付を主催するにはお問い合わせからご連絡ください。

寄付を主催する

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never