日本の高校生が、自分の未来に希望を持てる社会をつくる。

認定NPO法人D×P(ディーピー) 「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指し、 しんどさを抱えた高校生をサポートしている団体です。

 現在の支援総額

{{ 4.1325188 | number:4 }}

 支援者数

26 

 寄付する

1EciEsf1jXeKQXWUoM13MANEHKdehUWqBV

 プロジェクト本文



「俺、もう人生詰んでる と思ってて。」
「自分なんかどうでもいい。どうなったっていい。」
「ずっとずっと息が詰まりそうな思いをしてきて、
『幸せだ』といっている人が理解できなかった」

これは、D×Pが出会った
通信制・定時制高校に通う高校生の言葉です。

『私には価値があると思う』という項目に対し、
「とてもそう思う」「まあそう思う」と回答した高校生は、 アメリカの高校生は89%。
日本の高校生は36%。
そして日本の通信制高校の生徒は28%。



日本の通信・定時制高校には、不登校経験、いじめ経験、発達・学習障害や経済的困窮、親との軋轢など様々な「しんどさ」を抱えている高校生が集まります。そして、通信制高校の卒業生の約4割、定時制高校の卒業生の約3割が、進学も就職もしないまま卒業していきます(全日制高校は5%)

■必要なのは、「成功体験」と「社会関係資本」。

認定NPO法人D×Pは、 そんな「しんどさ」を抱えた高校生が自分の可能性を信じて 社会に飛び出していけるようになるためには「成功体験の蓄積」と 「社会関係資本の醸成」の2つが必要だと考えます。

自分で自分を認められるようになるのは、 本人にとっての「できた」という経験の積み重ねです。 そして、しんどい時に支えになり、何かをするきっかけをもたらすのは 人とのつながり(社会関係資本)です。
D×Pは、この2つを軸にすべてのプログラムを独自に構築しています。



■D×Pは何をしているの?

D×Pの取り組みのうち、なかでも特徴的なのが、 通信制高校・定時制高校で実施しているプログラム「クレッシェンド」。 社会人・大学生ボランティア「コンポーザー」 との対話を軸に進む、【過去を受け入れ、未来を描く授業】です。



"ちょっと先を生きているだけの”先輩である コンポーザーの過去の経験を聞き、対話しながら、 自分の苦しい過去を受け入れ、未来を描いていくプログラムです。
「クレッシェンド」は高校で単位認定される正規の授業として実施されます。 通信・定時制高校の正規の授業を外部のNPOが受け持つことは、 日本でも初めてのことだと言われています(!)

D×Pは、クレッシェンド以外にも、 授業後も高校生と大人たちが出会える「部活動プロジェクト」や、 さらに成功体験を得られる機会をつくる「宿泊型インターンシップ」など さまざまな機会を高校生に提供しています。

■実際に成果は出ているの?

D×Pはまだまだ小さな団体ですが、 2012年にNPO法人格を取得後、プログラムを届けた高校生の数は、 2013年80名→2014年430名→2015年1,000名 と毎年増えています。
また、2015年3月に卒業した生徒のうち、 クレッシェンドを受講した生徒の進路決定率は86%。 (通信制高校全体の進路決定率は58%です)
地道な一歩ではありますが、 着実に成長し、成果を残しています。



■ご寄付によって、できること。

いただいたご寄付は、経済的に困窮している生徒も多い 公立の定時制・通信制高校に通う高校生にD×Pのプログラムを 届けるために使われます。

10,000円のサポートで、 サポーター10人が集まるとD×Pのプログラムを 1クラスに1回高校生に届けることが出来ます! ぜひ、ビットコインでのご寄付をよろしくお願いいたします。

*領収書が必要な方のみ下記「ビットコインで支払う」ボタンから寄付をしてください。


1,000円寄付する
ビットコインで支払う

2,000円寄付する
ビットコインで支払う

3,000円寄付する
ビットコインで支払う

5,000円寄付する
ビットコインで支払う

10,000円寄付する
ビットコインで支払う

100,000円寄付する
ビットコインで支払う

 寄付する

1EciEsf1jXeKQXWUoM13MANEHKdehUWqBV

Authorized Non-Profit Organization D×P

しんどさを抱えた高校生が自分の未来に希望を持てる社会をつくるため、
①成功体験の獲得 と ②社会関係資本(人とのつながり)の醸成の2つを軸に様々なプログラムを提供しているのが、認定NPO法人D×P(ディーピー)です。

ビットコイン寄付とは?

ビットコインの寄付はビットコインウォレット、もしくはcoincheckアカウントから団体様のビットコインアドレスへビットコインを送金するだけで完了します。手続きは簡単でクレジットカードや銀行振込のように番号等を入力する手間はかかりません。

ページ上部、下部のリンクまたはQRコードをユーザー様のお持ちのビットコインウォレットから読み取るだけで、ビットコインを使ってどなたでも簡単に寄付を行うことができます。

皆様からのご寄付は、coincheck donations としてまとめて団体様にお渡し致します。基本的には、領収書の発行及び税金控除の対象とはなりませんのでご了承ください。尚、ビットコインの寄付での送金のお取り消しはできません。

寄付を主催する

寄付を主催するにはお問い合わせからご連絡ください。

寄付を主催する

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never