現住所と本人確認書類の住所が異なる場合はどうすればいいですか

2018/12/28

補助書類ハガキの転送や局留め


Coincheckでは、登録住所と本人確認書類に記載された住所の一致を確認しております。また、書類による本人確認承認後、登録住所宛てに送付するハガキ(簡易書留、転送不要)をお受け取りいただく必要がございます。

現住所と本人確認書類の住所が異なる場合は、本人確認書類を現住所に更新していただくか、現住所が記載された補助書類のご提出をお願いします。




補助書類として有効な書類

注意事項

Coincheckで書類を受領した時点で、作成日・発行日から6ヶ月以内か有効期限内の書類に限り有効です。

・住民票
 └ ※本籍地・またはマイナンバーが記載されている場合はマスキング(目隠し)を行ったものをご提出ください。
・公共料金 領収書(電気、ガス、水道、NHK)
 └ ※登録者名義であること。
 └ ※窓口などでお支払いした領収書の場合は、領収印が必要となります。
・保険証
 └ ※表面、裏面それぞれ単体のお写真をご提出ください。
・印鑑登録証明書
・納税証明書、社会保険領収書




ハガキの転送や郵便局留めは可能ですか?

登録住所にてハガキをお受け取りいただく必要があるので、転送や郵便局留めはご利用いただけません。
書類による本人確認が承認されますと、ご登録のご自宅へハガキの発送手配を行います。

また別の住所への発送も行っておりませんので、あらかじめご了承くださいませ。




お客様情報のご登録/修正

Coincheck宛てにメールや郵送にて登録情報や書類をお送りいただきましても登録いたしかねます。
下記URLにて、お客様ご自身にてお手続きください。
※ハガキをお受け取りいただけなかった場合も下記URLよりお客様ご自身で再申請をお願いいたします。

本人確認 https://coincheck.com/accounts/info

推奨ブラウザでのお手続きをお願いいたします。
※ アップロードするファイルは「png」「jpg」形式で合計50MBまで対応しています。
 
ご提出後、順次登録内容などの確認をさせていただきます。



関連記事

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never