例 「パスワードを忘れた」 「ログインできない」 「二段階認証」 など
Coincheckではご利用にあたり、SMS認証と本人確認が必要です。 SMS認証の方法 ①ご利用になられているご本人様の携帯電話番号を入力します。 ・本人確認の一環となりますので、他人の方の電話番号のご入力は固くお断りいたします ・ハイフンの入力は不要です ②「SMSを送信する」を押して下さい。 ③SMSコードがご自身の携帯電話に届きます。 届いた認証コードを入力してください。 ④「認証する」を押して登録は完了です。 ※SMSの受信には15分程度時間がかかる場合があります。15分待っても届かない場合は再度「SMSを送信する」を押して下さい。 ※SMSの送信回数は6回が上限回数になっています。 SMSを受信できない方 【1】SMSを受信できない方は上の画像の「 SMSを受信できない方はこちら 」からも登録をお試しください。 ①電話番号を入力します。日本の携帯電話の場合、必ず+81を宛先に含めて入力してください。 (入力例 +818011112222) ②入力が完了したら「電話番号を登録する」を押してください。 ③ご利用の携帯電話から +19283797570 へSMSを送信してください。メッセージの内容はブランクでは送れないので任意で入力の上、送信してください。 送信した後、下の画像のような画面に移動すれば登録は完了になります。 【2】SMSの受信設定の確認をお願いいたします iPhoneをご利用の場合、初期設定でSMSが受信できないようになっている場合がございます。 ・iPhoneの「設定」を開き、「メッセージ」> 「不明な差出人をフィルタ」がオンになっていた場合、オフにしてください。 オフにしましたら、再度SMS認証を行ってください。 またiPhone以外の機種でも、初期設定で海外からのSMSを受け取らない設定となっている場合もございます。 CoincheckではSMS認証に海外のシステムを導入しているためこちらも解除していただけますと認証が可能になる場合もございますのでご確認ください 【3】「その電話番号は既に登録されています」と表示される場合 お客様ご自身の手によって意図せず現在と別のアカウントを開設され、その際に電話番号を登録されている可能性がございます。 つきましてはお心当たりのあるメールアドレスとパスワードの組み合わせを使い、再度ログインをお試しいただき、アカウントの状況をご確認ください。 なおCoincheckでは1ユーザー様、1アカウント、1電話番号とさせていただいておりアカウント間における電話番号の変更は現在承っておりませんので、電話番号を登録されたアカウントのご利用をお願い致します。
2段階認証とは 2段階認証とは、ユーザーが「知っている」ことと「持っていること」の2段階の認証を行う方式のログイン方法のことです。 一つ目はユーザー様ご自身で設定していただいたパスワード、二つ目の2段階認証コードはお手持ちのスマートフォンに一定時間のみ届く6桁のパスコードです。 CoincheckのiOSアプリでの2段階認証設定方法 CoincheckのAndroidアプリでの2段階認証設定方法 2段階認証の設定方法 お客様がより安全にCoincheckをご利用できるよう、セキュリティ認証の強化にSMS認証、そしてGoogle社が提供する認証アプリ(Google Authenticator / iOS, Android)による2段階認証を採用しています。 どなたでも利用でき、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止します。 以下、2段階認証の設定方法をご案内いたします。   取引画面の「設定」より入った中の「二段階認証」をご選択の上、下記画像箇所の「設定」をクリックするとQRコードが表示されます。   上の画像の「iOSアプリ」か「Androidアプリ」のどちらかをクリックしてGoogle Authenticatorというアプリをダウンロードします。   Google Authenticatorのダウンロードが終わったら起動してQRコードを読み取りましょう。   赤丸の中のプラスをタップして下さい。(写真の例はiPhone版)   「バーコードをスキャン」選択するとカメラが起動します。   QRコードに向けることで読み込むことが可能です。 六桁のパスコードが表示されたら読み取り成功です。(写真の例はAndroid)   表示される六桁のパスコードを赤枠内に入力し、「設定する」を押しましょう パスコードは 一定の時間(30秒)ごとに更新されます。 更新されると古いパスコードは使えなくなってしまうため、設定の際にはGoogle Authenticatorを起動して 最新のパスコード を確認しましょう。   入力の途中で時間がたち、パスコードが変わってしまうことがあります。 パスコードを入力される際には、Google Authenticator を起動してから 少しお待ちいただき 、パスコードが変わったのを確認してからすみやかに入力しましょう。 またGoogle Authenticatorのバージョンによっては パスコードが赤くなったり点滅する場合があり、これはまもなくパスコードが変わる合図です。   Google Authenticatorをご利用いただくには、アプリが動作するデバイス(スマートフォン、タブレット等)の 時刻設定 が正しく設定されている必要があります。 正しいパスコードを入力したはずなのに失敗する場合は、デバイスの時計が正しい時間に設定されているか、ご確認ください。 また時刻を設定される際には、自動的にずれを補正する 自動設定機能 のご利用を推奨します。   「設定済みです」の表示がされれば2段階認証の設定は完了になります。 ※正常に登録が出来ない場合、パスコードを再度正確に入力してみてください。 またはQRコードを正確に読み取れていない場合が考えられるので、QRコード表示画面を更新してから再度アプリで読み取ってお試しください。 設定後のログイン方法 2段階認証によるログイン方法をご確認ください。 認証アプリが使えなくなった場合 2段階認証の端末が使えなくなった場合をご確認ください。
Coincheckでは「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(以下「犯罪収益移転防止法」)に基づき、郵送ハガキの受け取りによる本人確認を行なっております。   本人確認書類(個人) 犯罪収益移転防止法に基づき、 IDセルフィーと公的な本人確認書類 を提出していただくことにより、ご本人様であることを確認いたします。またご本人様の住所へ郵送ハガキ(転送不可)をお送りしますので、受け取りによる本人確認が必要でございます。 お客様情報のご登録/修正は下記より可能です 本人確認 本人確認書類に使用可能な書類 運転免許証(裏面もご提出ください) パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください) 在留カード(裏面もご提出ください) 特別永住者証明書(裏面もご提出ください) 運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります) 住民基本台帳カード(裏面もご提出ください) マイナンバー個人番号カード(裏面の画像はアップロードしないでください) IDセルフィー(提出書類とご本人が一緒に写っている写真) 以下の写真のように、提出された書類の顔写真が写っているものと、ご本人様が一緒に写っている写真をご提出ください。   法人様のご登録される場合 法人 の方は以下の書類 全て の提出が必要となっております。 法人名義の口座通帳で、法人名義及び口座番号表記のある面の写し 発行から6ヶ月以内の登記簿謄本等の写し 取引担当者のIDセルフィー 取引担当者の身分証の表面と裏面 法人取引担当者届出書 (代表者と取引担当者が異なる場合のみご提出ください ) ※個人番号カードの裏面はご不要です。 ※パスポートは顔写真のあるページと住所のページをご提出ください。 ※提出可能な身分証明書は個人の場合と同様になります。 ご注意 法人様のご登録では、法人の所在地と、取引担当者様の住所へ2通郵送でハガキをお送りします。双方の受け取りにより、本人確認は完了いたします。 郵送ハガキが届かない場合は? 本人確認書類をご提出後、弊社より「本人確認承認メール」が届きます。その後、郵送ハガキが届かない等の不明点がございましたら、下記お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。 なお、ハガキ到着のデータが弊社に届くまで時間差がございます。 お客様がハガキをお受け取りになってすぐに全ての機能がご利用可能となるわけではございませんので、ご了承ください。 データが連携され、全ての機能がご利用いただけるようになりましたら、メールにて通知させていただきます。
ログインできない場合 2段階認証によるログイン方法をご確認ください。   パスコードは 一定の時間(30秒)ごとに更新されます。 更新されると古いパスコードは使えなくなってしまうため、ログインする際にはGoogle Authenticatorを起動して 最新のパスコード を確認しましょう。   入力の途中で時間がたち、パスコードが変わってしまうことがあります。 パスコードを入力される際には、Google Authenticator を起動してから 少しお待ちいただき 、パスコードが変わったのを確認してからすみやかに入力しましょう。 またGoogle Authenticatorのバージョンによっては パスコードが赤くなったり点滅する場合があり、これはまもなくパスコードが変わる合図です。   Google Authenticatorをご利用いただくには、アプリが動作するデバイス(スマートフォン、タブレット等)の 時刻設定 が正しく設定されている必要があります。 正しいパスコードを入力したはずなのにログインできない場合は、デバイスの時計が正しい時刻に設定されているか、ご確認ください。 また時刻を設定される際には、自動的にずれを補正する 自動設定機能 のご利用を推奨します。   端末のトラブル 2段階認証に使用するアプリ Google Authenticator をインストールした端末(スマートフォン・タブレット等)が、 使えなくなった、紛失した、6桁のパスコードを誤って消去してしまった際 には、お問い合わせフォーム よりお問い合わせくださいませ。 弊社のカスタマーサポートより、具体的な解除方法についてご案内いたします。 解除実行にあたっては、下記内容についてお教えいただきますので、予めご容赦くださいませ。 お名前フルネーム ご登録の携帯電話番号 IDセルフィー画像 各種情報の照合が確認できましたら、2段階認証を解除させていただきます。  
・ 2段階認証を未設定の場合は、2段階認証の設定方法 をご確認ください ・ ログインができなくなってしまった場合は、 2段階認証の端末が使えなくなった場合 をご確認ください   2段階認証を設定された後は、ログイン時にパスコードの入力が必要になります。 まず、今までと同様にCoincheckのログインページを表示し、メールアドレスとパスワードを入力します。   「ログイン」を選択すると、以下のような2段階認証画面が表示されるようになります。   Google Authenticator のアプリを起動し、表示される六桁のパスコードを入力します。   パスコードは 一定の時間(30秒)ごとに更新されます。 更新されると古いパスコードは使えなくなってしまうため、ログインする際にはGoogle Authenticatorを起動して 最新のパスコード を確認しましょう。   入力の途中で時間がたち、パスコードが変わってしまうことがあります。 パスコードを入力される際には、Google Authenticator を起動してから 少しお待ちいただき 、パスコードが変わったのを確認してからすみやかに入力しましょう。 またGoogle Authenticatorのバージョンによっては パスコードが赤くなったり点滅する場合があり、これはまもなくパスコードが変わる合図です。   Google Authenticatorをご利用いただくには、アプリが動作するデバイス(スマートフォン、タブレット等)の 時刻設定 が正しく設定されている必要があります。 正しいパスコードを入力したはずなのにログインできない場合は、デバイスの時計が正しい時刻に設定されているか、ご確認ください。 また時刻を設定される際には、自動的にずれを補正する 自動設定機能 のご利用を推奨します。   パスコードを入力した後、「送信」を選択してください。 正しいパスコードが入力されるとログイン状態となり、ウォレットおよび取引所をご利用いただけます。


日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never