coincheck blog

coincheckの最新情報をお届けします。coincheckスタッフが、新機能、キャンペーン、ビットコイン情報などを発信

Rippleの活用で送金システムはどう変わる?

ripple

銀行などがブロックチェーン実証実験や独自コインの実験を始めたといったニュースを見かけるようになり、国内でも本格的に仮想通貨、Fintechが浸透してきたなと思う今日この頃。

そこで今回は 「Bitcoin2.0」 と言われる、ビットコインで使用されている技術(ブロックチェーンなど)を活用したプロジェクトの中から、国内で開始されているrippleという送金システムを利用した実証実験やブロッチェーンコンソーシアムをご紹介します。

 


目次
▼rippleの仕組み
▼ripple connectの概要
▼ブロックチェーンコンソーシアム「R3」
▼ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム
▼国内の実証実験例1:決済プラットフォーム「RCクラウド」の構築
▼国内の実証実験例2:国際送金の実証実験プロジェクト「Sora」
▼まとめ〜ripple connectで変わる日本の銀行送金システム〜


 

▼rippleの仕組み

ripple(リップル)はBitcoin、Ethereumに次ぎ、現在第3位の時価総額を誇る仮想通貨XRPの発行主体です。アメリカのリップル社によって開発が行われています。
ブロックチェーン技術を利用した即時グロス決済システム、 外国為替・送金ネットワーク。
XRPは法定通貨、他の仮想通貨とのトレード機能を持っています。
 
ripplecoin
 
※即時グロス決済システム
資金移動システムの決済処理方式のひとつで、決済を1件ずつ即時に行う。

rippleについての詳細はこちら
Googleが出資したことで話題の”ripple”を徹底解明!
rippleのよくあるQ&Aまとめ

 

▼ripple connectの概要

ripple connect(リップルコネクト)は、銀行の国際間の支払いをリアルタイムで処理する、海外送金のソリューションです。
すでにグローバル銀行上位50行のうちの12行に導入されています。
リップルコネクトの使用により、中継銀行を通す必要がなくなり、コスト(手数料)削減、取引時間の短縮が実現されます。

リップルコネクトは、下記3つの処理を実行します。

1.送金側と着金側の本人確認情報、手数料、資金引き渡しに必要な時間等の情報確認
2.リップルネットワークを介して最良な為替レートを取得し、支払い者に提示
3.リップルネットワークを介した送金、着金

送金側と着金側とをマーケットメイカ―で直結させることで、双方の銀行は取引の処理状況を確認することができます。

※マーケットメーカー
特定の通貨に関して一定量の在庫をもち、売り値と買い値をほぼ日常的に参加者に提示して
実際にその価格で参加者との売買に応じる、銀行その他金融機関。

 

▼ブロックチェーンコンソーシアム「R3」

コンソーシアムとは、ラテン語で「団体」。
ブロックチェーンコンソーシアム「R3」は、ブロックチェーン技術を活用し、金融市場の効率化に取り組む世界最大級のワーキンググループです。
アメリカのR3 CEV社というブロックチェーン技術の確立に向けたプロジェクトを進めるスタートアップ企業が主導しています。

2016年2月末の時点で、参加している企業は世界各国の金融機関42社。
日本からもSBI銀行やみずほ銀行などが参加しており、ブロックチェーン技術の実証実験を進めて、金融サービスへの活用を推進しています。

 

▼ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム

SBIホールディングスとSBI Ripple Asia株式会社が結成したコンソーシアム。

※SBI Ripple Asia株式会社
Ripple Labs Inc.(リップル社)と共同で、日本を含むアジア地域においてブロックチェーン技術を活用した決済基盤の提供を目的とし設立された企業です。

情報通信技術の革新的変化、顧客ニーズの多様化とともに、日本企業のアジア進出による決済のボーダーレス化の要請が高まっていることや、ブロックチェーン技術の可能性を見込み、ブロックチェーン技術を活用した新たな送金・決済サービスの検討を目的として結成されました。

コンソーシアムのローンチは2016年10月を予定。

2016年8月下旬よりコンソーシアムへの参加金融機関の募集を開始し、10月のコンソーシアム発足時には15行程度、2017年3月時点で30行程度の参加を見込んでいます。

 

▼国内の実証実験例1:決済プラットフォーム「RCクラウド」の構築

先にご紹介しました「ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム」で2017年3月を目処に構築が予定されている「RCクラウド」。

ripple connectを利用し、外国為替に加え内国為替も一元的に行う決済プラットフォームです。
国内外を問わず、安価で24時間365日可能な決済サービスを提供することを目的としています。
横浜銀行やSBIネット銀行が RCクラウドの活用方法や国内外為替にあたって必要となる業務など、技術・運用の両面での議論を重ねていきます。

低コストでセキュアなシステム構築が可能であること、国内送金、海外送金のコストを大幅に低く抑えられることなどがメリットとしてあげられます。

参考:SBIホールディングス プレスリリース

 

▼国内の実証実験例2:国際送金の実証実験プロジェクト「Sora」

ブロックチェーンコンソーシアム 「R3」にて、みずほフィナンシャルグループとSBIホールディングスが共同で行う実証実験で、R3の中では初となる日本企業主導プロジェクト。

第1段として、リップルコネクトを活用した国際送金の実証実験プロジェクト「Sora」(ソラ)が年内に実施する予定です。
「R3」における他の金融機関メンバーとの国際送金等への拡大も検討しています。

参考:みずほフォネンシャルグループ プレスリリース

 

▼まとめ〜ripple connectで変わる世の中の動き〜

ripple、ripple connectの簡単な説明と、それらを活用して行われている実証実験例をご紹介させていただきました。

ビットコインや仮想通貨と聞くと、「お金」という意味での価値に注目してしまいがちですが、これらを成立させる「技術」にも、非常に高い価値があるとお分かりいただけたかと思います。

ビットコインのメリットである「いつでも取引が可能」「送金コストの安さとスピード」。
これらが法定通貨にも適用されれば、私たちの生活はとても便利になります。

銀行の営業時間に左右されて慌てることもなく、海外取引での時間や手数料といった悩みも解決され、お金の動きと共に人やビジネスの動きもスムーズになります。rippleのシステムは、私たちの生活に密接に関わりがあるんです。

数年後には実証実験も完了し、何らかの変化が訪れることと思います。
どのような変化が訪れるのか、今からとても楽しみですね。

 

coincheck ビットコイン取引所

【ビットコイン寄付】イタリア地震被災者支援にご協力をお願いします

イタリア地震

24日午前3時36分(日本時間午前10時36分)、イタリア中部のペルージャ付近で
マグニチュード6.2の地震が発生しました。

建物の倒壊などにより、住民らが下敷きになるなどの被害が出ています。
夜を徹して救出活動が行われていますが、25日朝の時点で247人の死亡が確認されています。

coincheck基金では、本災害の緊急救援活動、被災地復旧支援ならびに被災者支援、生活支援、復興支援を目的に緊急支援募金の受付を開始しました。

【ビットコイン寄付】イタリア地震の復興支援にご協力お願いします

イタリア地震寄付

ビットコイン寄付は、ページ上部、下部のリンクまたはQRコードをお持ちのビットコインウォレットから読み取るだけで、どなたでも簡単に寄付を行うことができます。

・皆様からのご寄付は、coincheck donation としてまとめて団体様にお渡し致します。
・領収書の発行及び税金控除の対象とはなりませんのでご了承ください。
・尚、ビットコインの寄付での送金のお取り消しはできません。

寄付金に関しましては、 イタリア赤十字へ寄付いたします。
尚、支援金の募集は11月26日を持って締め切らせて頂く予定です(状況により期間が伸びる事もございます)。

又、集まったビットコイン支援金の寄付先は状況により変更する事がございます。
その際は改めてご報告致しますので、ご了承いただけますと幸いです。

 

▼イタリア地震に関するニュース
イタリア中部地震、死者少なくとも159人 夜を徹して救出活動
イタリア地震 死者247人 余震続き不安広がる

 

皆様からのご協力、心よりお待ち申し上げております。
【ビットコイン寄付】イタリア地震の復興支援

串焼き処「日比谷鳥こまち 松戸五香店 」にて、ビットコイン決済受付スタート!

鳥こまち

串焼き処「日比谷 鳥こまち 松戸五香店」さんにて
ビットコイン決済が導入されました!
千葉県松戸市の常盤平にあるお店ですよ〜。

 

お店の自慢は、何と言っても備長炭で焼き上げた絶品の焼き鳥!

鳥こまち 焼き鳥

備長炭は一般的な炭に比べて炎が上がりにくく、上長時間安定した火力が続きます。
短時間でムラなく焼くことができるので、料理人さんの間では使う人が多いそうですよ!

 

お一人でも気軽に入れるカウンター席に、
ゆったりくつろげる個室風のテーブル席も人気です!

鳥こまち 店内

 

 

日本酒や焼酎など、お酒も豊富に取り揃えています。
飲み放題メニューもありますよ!

鳥こまち お酒

 

 

焼き鳥はもちろん、刺しメニューも充実!
これを食べるために遠方から来店するお客様もるほどの看板メニューです。

鳥こまち ガツ刺し

 
お仕事帰りにちょっと1杯も良し、宴会や女子会で楽しく盛り上がるも良し!
ぜひお立ち寄りください!

 

▼店舗情報
串焼き処 日比谷鳥こまち 松戸五香店
【住所】千葉県松戸市常盤平5-20-4
【電話番号】047-311-8811
【営業時間】日~木:17:00~翌1:00 金土:17:00~翌2:00
【定休日】不定休
【アクセス】新京成線五香駅徒歩1分
【URL】https://www.hotpepper.jp/strJ000023736/
 

ビットコインで支払いができるお店はこちら!
ビットコイン決済導入店舗

coincheck ビットコイン取引所

【Factom取り扱い開始】よく分かるファクトムの概要・仕組み・売買・価格チャート

factom1
 
coincheckでは、2016年8月26日より、factomの取り扱いを開始いたします!
ご利用いただけるサービスはfactomの売買機能トレードビュー機能です。

入出金機能につきましては、9月初旬にリリース予定です。

factom取り扱いリリースに際しまして、
factomの概要や仕組み、そしてfactomで利用する仮想通貨「factoid」に関してまとめました。
 


目次
▼Factomとは?
▼Factomの概要
▼Factomの仕組み
▼Factomの仮想通貨「Factoid」
▼coincheckでのFactom売買
▼Factom価格チャート(FCT/JPY・FCT/BTC)


 

▼Factomとは?

Factom(ファクトム)は ビットコイン2.0 のひとつで、「あるデータがある時刻に存在した」ということを証明することができます。

※ビットコイン2.0:ビットコインで使用されている技術を応用した技術・プロジェクト

 

▼Factomの概要

ファクトムは、貸付記録や証券、保険等、あらゆる書類や記録をブロックチェーン上で管理することを可能にします。

Fact(事実)という語源から来ている通り、例えば登記簿登記や印鑑証明など、特定の事実を証明する公証のような役割を期待されています。

大量の記録やデータを中央データベースで管理することは、管理に問題があり、多額の罰金を支払わなければならなくなった例もあるほど、大きなリスクと手間がかかります。
ファクトムを利用することで、世界中に分散されたコンピュータによる安全且つ透明性の高い状態での保存記録が可能になります。

ファクトムがブロックチェーンに記録するのは書類やデータのハッシュのみなので、個人情報や機密データが漏洩することはありません。様々な記録や証明を、大量に、安く、そして機密を保護しつつ記録できるというメリットがあります。

 

▼Factomの仕組み

ビットコインのブロックチェーン上に直接データを記録すると、マイナーへの手数料が発生します。また、ひとつの Confirmation(承認)に約10分かかってしまうので、大量の書類を一括で登録、保存したい場合、膨大な時間が必要になるなど、ビットコインのブロックチェーンに直接データを書き込むことはとても非効率です。

ファクトムは、こういった課題を解決するため、ファクトム全体で1トランザクションに情報をまとめ、手数料やブロックチェーンのデータ量を削減することを目的としています。

ファクトム独自のブロックチェーンを使用して登録された情報をカテゴリー化し、整理、暗号化。それをひとつのトランザクション(取引情報)としてビットコインブロックチェーン上に記録するという仕組みになっています。
 
factomシステム
 

 

▼Factomの仮想通貨「Factoid」

ファクトムでは、データの管理や記録を正確にこなすサーバーに、報酬としてファクトム独自の仮想通貨factoidが与えられる仕組みになっています。

記録を改ざんするなどの不正な行為はすぐに発見され、ユーザーの投票により悪意のあるサーバーは排除されます。

ファクトムを使用するには、まずfactoidをネットワークに支払い、それをEntry Credit(エントリークレジット)というものに変換する必要があります。
factoidを保有する管理サーバーにクレジットカード払いなどすることで、factoidの代わりに必要量のエントリークレジットを購入することもできます。

factoid → エントリークレジットへの変換のみが可能で、逆の変換はできません。

factoid chainというチェーン上にfactoidを送り、「変換したい Factoid の量」と「エントリークレジットを受け取る人の公開鍵」を指定します。こうすることで、エントリークレジットとそれを受け取る人が結び付けられ、factoidがエントリークレジットに変換されます。

エントリークレジットは他の公開鍵への送信が不可能で、記録入力と投票にしか使えないので、売却することができず、盗難などのリスクが低いと言われています。

 

▼coincheckでのFactom売買方法

実際にcoincheckでfactomの売買をしてみましょう。
すでに取り扱いのある他の仮想通貨と同様の方法で売買が可能です。

※仮想通貨名は「factoid」ですが、coincheckではfactom(FCT)を表示しています。

・Factomを購入する
ビットコインを買うページより、Factomを選択します。

factom購入

購入したい数量を入力し、交換する通貨を選択します。
日本円もしくはビットコインとのトレードが可能です。

「購入する」ボタンを押すと購入が完了し、残高にFactom(FCT)が反映されます。
 
・Factomを売却する
ビットコインを売るページより、Factomを選択します。

factomを売る

売却したい数量を入力し、購入時同様トレードする通貨を選択します。
「売却する」ボタンを押すと、factomの売却が完了です!

 

▼Factom価格チャート(FCT/JPY・FCT/BTC)

factomの価格は、coincheckトレードビューよりご確認いただけます。

トレードビュー画面より「coincheck BTC/JPY」という表示にカーソルを合わせると、他の取り扱い通貨を選択することができます。

Factom 価格チャート(FCT/JPY)
factom価格チャート

 

仮想通貨としてはもちろん、ビジネスツールとしても期待されているfactom。
仕組みや機能について、ご理解いただけましたでしょうか。

ちなみに、8月25日のビットコインニュースで
Factomと金融データや分析ツールを提供するIntrinioがパートナーシップを締結したとことを発表したと取り上げられています!
ビジネスの場面でのさらなる普及が予測されますね。
記事はこちら:factomがウォール街の企業と提携、金融データをブロックチェーンに記録する

ぜひ今後のfactomの動向にもご注目ください!

 
Factom公式サイトはこちら
factom公式サイト
factom Japan公式サイト
 
coincheck ビットコイン取引所

【イベント登壇】Rakuten Fintech Conference 2016 に、弊社CEO和田がスピーカーとして登壇します!

いつもcoincheckをご利用いただきましてありがとうございます。

9月28日に開催されます「Rakuten FinTech Conference 2016」に
弊社CEO和田がスピーカーとして登壇することが決定しました!

rakuten fintech conference2016

2015年以降、日本で急速に広がった、「FinTech」の概念。
金融(Finance)とテクノロジー(Technology)の融合が、次世代金融システムの創造をもたらそうとしています。

 

こうした変化に、いかに対応し、いかにビジネスに取り入れていくのか。

 

「Rakuten FinTech Conference 2016」は、国内外よりFinTechのトップランナーを招き、FinTechが切り開く未来と日本の姿、そしてそのあり方について探求することを目的に開催されます。

 

2015年に引き続き2度目の開催となる今回のテーマは、
「FinTechをリードする者が、未来をリードする。FinTechは、いま、stage2.0へ」

 

和田は 「サムライビットコインプレイヤーが切り開く新たな時代」というテーマで登壇しますので、Fintechに興味のある方は是非ご参加くださいませ。

 

▼Rakuten FinTech Conference 2016 概要
【主催】楽天グループ
【日時】2016年9月28日(水) 
 9:30~17:00(受付開始9:00~受付終了~16:30)
【場所】ホテルニューオータニ東京  
 「鶴」の間(会場A)/「鳳凰」の間(会場B)
【アクセス】赤坂見附駅 D紀尾井町口 3分 他
【HP】Rakuten FinTech Conference 2016 

 
当日はcoincheckスタッフも参加予定です!
よろしくお願いいたします。
 

coincheck ビットコイン取引所