仮想通貨NEMの不正送金に関する質問はこちら

例 「パスワードを忘れた」 「ログインできない」 「二段階認証」 など
逆指値注文の概要 Coincheckでは、Trade viewにて逆指値注文をすることができます。 通常の指値注文は、売却の場合「指定した価格よりレートが高くなったら売」、買付の場合「指定した価格よりレートが安くなったら買」という注文ですが、逆指値注文とは、売却の場合「指定したレートより価格が安くなったら売」、買付の場合「指定した価格よりレートが高くなったら買」となります。 逆指値注文の役割 ①損失の拡大を防ぐ →あらかじめ損切するラインを発注しておくことで、損失は一定金額で収まります。 ②チャンスを逃さず投資ができる →あらかじめ買注文のレートを発注しておき、レートが急上昇した時など、チャンスを逃さず投資ができます。 ③一定の利益を確保できる →設定レートを下回ったら売という発注することで、利幅を確保した上で保有し続けられます。 逆指値注文により、普段、レート変動を頻繁に確認できない方でもチャンスを逃さず投資することができます。 逆指値の注文方法 新規逆指値 決済逆指値 現物取引 ○ ○ レバレッジ取引 × ○ 逆指値は、Trade viewページ右下の注文、成行注文の売買で行います。 ▼逆指値を用いた「注文」(現物取引) ※「逆指値を有効にする」にチェックを入れ、「レート」と「逆指値」に希望レートを入れたとしてもOCO注文にはなりません。「逆指値」に入力したレートに到達したときに「レート」に入力した価格で指値注文が発注されますのでご注意ください。 「逆指値を有効にする」のチェック欄を選択していただくと、逆指値を入力することができます。 例えば、買い注文で、レート48,400BTC/JPY、注文量0.1BTC、逆指値48,300BTC/JPYで設定します。 買い注文すると、左側の未約定の注文に掲載されます。 この場合、ビットコインのレートが48,300BTC/JPY以上になると、48,400BTC/JPY 0.1BTCの指値注文が執行されます。   売り注文の場合、例えば、レート47,500BTC/JPY、注文量0.1BTC、逆指値47,600BTC/JPYで設定します。 売り注文すると、左側の未約定の注文に掲載されます。 この場合、ビットコインのレートが47,600BTC/JPY以下になると、47,500BTC/JPY 0.1BTCの指値注文が執行されます。 ▼逆指値を用いた「成行注文」(現物取引) 成行注文で逆指値を有効にすると、レートを指定して注文が出せます。ですから、逆指値で指定したレートになるとすぐに注文が執行されます。   例えば、買い成行注文で、注文量5000JPY、逆指値49000BTC/JPY で設定します。 買い成行注文すると、左側の未約定の注文に掲載されます。 この場合、ビットコインのレートが49,000BTC/JPYになると、5,000JPYの成行注文が執行されます。   同様に、売り成行注文で、注文量5,000JPY、逆指値49,000BTC/JPY で設定します。 売り成行注文すると、左側の未約定の注文に掲載されます。 この場合、ビットコインのレートが49,000BTC/JPYになると、0.1BTCの成行注文が執行されます。 ▼逆指値を用いた「決済注文」(レバレッジ取引) ポジションを保有していると、画面上部「ポジション」をクリックしたときに、保有ポジションが表示されます。「詳細を表示」をクリックすると決済注文画面が表示されるので、「逆指値を有効にする」にチェックを入れて希望レートを入力し注文ボタンを押下します。 関連記事 トレードビューの使い方 逆指値注文後に注文価格に到達したのですが約定しません
レバレッジ取引の手数料 取引手数料は通常の取引と同様です。詳細は 取引手数料のページ をご覧ください。 こちらの手数料は約定したときのみに適用され、指値注文で約定しなかった場合は発生しません。 レバレッジ取引ではポジションを持つとスワップ手数料が発生します。 現在のスワップ手数料はロングポジションの場合は、 取引約定金額(円) ×0.04 % / 日、ショートポジションの場合は、取引約定数量(BTC) × 0.05 % / 日となっており、いずれも単利で約定した瞬間にまず発生し、その時点から決済が完了するまで24時間ごとに発生します。 ※部分決済を行い残りの保有数量が少なくなっている場合でも、新規建て時点の約定金額、約定数量をもとに発生します。 スワップ手数料は、ポジションを決済した際にまとめてお支払いいただきます。 なお、「レバレッジ取引」はスワップ手数料が発生いたしますが、「現物取引」ではスワップ手数料は発生いたしません。 スワップ手数料計算式  (買)ロングポジション:取引約定代金×0.04% を評価損として付与  (売)ショートポジション:取引約定数量×0.05%をポジション数量に加算 【 例 】 1 BTC=100万円の場合、100万円をご用意いただくと最大で500万円分の注文が可能です。 最大5 BTCを注文した場合に発生する手数料は、以下のとおりです。 ロングポジション:5 BTC×100万円×0.0004=2,000円 を評価損として付与 ショートポジション:5×0.0005=0.0025BTC をポジション数量に加算 上記スワップ手数料が、ポジションを建てた時点で瞬間に発生し、そこから24時間毎に発生いたします。
①全取引履歴 ②チャート ③アカウント切替・チャット・通貨ペア切替・ポジション画面 ④未約定の注文・成立した注文 ⑤時間足 ⑥板情報 ⑦取引価格(米ドル) ⑧残高・レート計算 ⑨注文画面 ①全取引履歴 取引所で取引されたすべての取引履歴を確認することができます。 ②チャート ロウソク足チャートが表示されます。縦軸がレート、横軸が時間を表しています。 画面上部に4本値と出来高が表示されています。 O = 始値 H = 高値 L = 安値 C = 終値 V = 出来高 現在、テクニカル指標を表示させる機能や4本値データをダウンロードする機能は未実装です。 ③アカウント切替・チャット・通貨ペア切替・ポジション画面 アカウント切替 Trade viewから各種画面へ遷移することができます。 チャット チャット画面の表示/非表示を選択することができます。チャットへの投稿も可能です。 通貨ペア切替 各通貨ペアのチャート選択ができます。外部のチャートも閲覧可能です。 「coincheck BTC/JPY」以外の表示が可能ですが、トレードビュー(取引所)ではBTCのみお取引いただけます。 ポジション画面 保有ポジションがある場合に表示されます。「詳細を表示」を押下すると決済注文を行うことが可能です。保有ポジションの決済逆指値注文はここで発注します。 ④未約定の注文・成立した注文 未約定の注文 未約定の指値注文が表示されます。ここで注文のキャンセルが可能です。 成立した注文 買い注文は緑、売り注文は赤で表示されます。 M=Maker T=Taker 指値・逆指値注文 成行注文 ⑤時間足 1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足 の切替を行うことができます。 ※1分足は「BTC/JPY」のみです。 ⑥板情報 取引所内における指値注文状況を確認することができます。 ⑦取引価格(米ドル) Coincheckなどの取引価格(米ドル)を確認することができます。 ⑧残高・レート計算 残高 取引アカウントの状況を照会することができます。 Available=残高 In Use=未約定の注文金額 Debt=信用取引 Net Assets=総資産 レバレッジ残高 レバレッジ取引アカウントの状況を照会することができます。 レート計算 日本円から米ドルへ換算することができます。 ⑨注文画面 注文 現物取引の指値注文ができます。 逆指値注文後に注文価格に到達したのですが約定しません 成行注文 現物取引の成行注文ができます。 レバレッジ取引 レバレッジ取引の注文ができます。 画面上の各%は利用可能証拠金から指定の割合額を自動で入力する機能です。 (例) 利用可能証拠金が50,000円だった場合、100%を選択すると50,000円を必要証拠金とした注文になります。 50%は25,000円、20%10,000円、10%は5,000円分の取引になります。 信用取引 ※現在停止中です。 信用取引の新規借入の中止について 関連記事


日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never