総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.net_assets.jpy, 1)) }}

残高

利用中

{{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.available[cur])) }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.in_use[cur])) }}
総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.net_assets.jpy, 1)) }}

残高

利用中

{{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.available[cur])) }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.in_use[cur])) }}

ラップドビットコイン/円(WBTC/JPY)のリアルタイムチャート(相場)・レート(価格)

ラップドビットコイン/円(WBTC/JPY)のリアルタイムチャート(相場)・レート(価格)です。

ラップドビットコイン(WBTC)を購入する
アプリでかんたんに購入する

暗号資産/日本円のチャート

ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)とは?

ラップドビットコイン(WBTC)とは、ビットコイン(BTC)と1:1にペッグするように設計されたイーサリアム上のECR-20トークンです。ビットコイン(BTC)のスマートコントラクトを作成し、ERC-20形式に標準化することでイーサリアムエコシステムに大きな流動性をもたらすことを目的とし、BitGoやKyber NetworkといったDeFi(分散型金融)・暗号資産業界の主要な企業、組織によって開発されました。現在はWBTC DAOと呼ばれる分散型自律組織によって管理されています。



ラップドビットコイン(WBTC)の特徴は、ビットコインの価格と1:1にペッグされるように設計された暗号資産という点です。



※ラップドビットコイン(WBTC)は1WBTC=1BTCを目標価格として設定しており、実際に1BTC付近で価格が推移していますが、相場の変動等により目標価格に対して大きく下落する可能性があります。



またラップドビットコイン(WBTC)は、ECR-20規格で発行されたトークンであることも特徴です。イーサリアムブロックチェーン上で構築されているため、業界シェアの多くを占めるイーサリアム(ERC-20規格)に対応したアプリやサービスで管理できます。またラップドビットコイン(WBTC)は、ダイ(DAI)やチェーンリンク(LINK)などの他のERC20トークンと分散型取引所(DEX)を介して交換することも可能です。



またラップドビットコイン(WBTC)は、ビットコイン(BTC)の価格に連動する暗号資産であることから、その値動きや将来性はビットコイン(BTC)に依存するものと考えられています。この機能をラップドビットコイン(WBTC)が持ち続ける限り、ビットコイン(BTC)が長期的に上昇すればその恩恵を受けられるでしょう。



※当社に入金される場合は、Ethereumネットワーク上のERC20をご利用ください。



>>ラップドビットコイン(WBTC)について詳しく知りたい方はこちら

ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)の概要

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never