Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.net_assets.jpy, 1)) }}

Available

In Use

{{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.available[cur])) }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.in_use[cur])) }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.net_assets.jpy, 1)) }}

Available

In Use

{{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.available[cur])) }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.in_use[cur])) }}

カテゴリー: メイカー(MKR)

MakerDAOは暗号資産を担保にダイ(DAI)を発行、管理するDAO(分散型自律組織)プロジェクトです。 多くのステーブルコインはドルなどの法定通貨を担保としているなか、ダイ(DAI)は暗号資産を担保として2017年から稼働しています。 ※Dai(DAI)は1DAI = 1米ドルを目標価格として設定しており、実際に1米ドル付近で価格が推移していることから、暗号資産(仮想通貨)型ステーブルコインと認識されていますが、1DAI = 1米ドルの価値を保証するための原資産が確保されているものではなく、相場の変動等により目標価格に対して大きく下落する可能性があります。 本記事では、MakerDAOがどのように暗号資産を担保としてダイ(DAI)を発行しているのか、またガバナンストークンであるメイカー(MKR)の役割について解説します。 この記事でわかること MakerDAOとは MakerDAOの仕組み Makerプロトコルとは Coincheckの無料登録はこちら 目次 MakerDAOとは MakerDAOの仕組み Makerプロトコルとは MakerDAO、Maker Vaultに関連するコイン ダイ(DAI)とは MakerDAOの今後 MakerDAOとは MakerDAOとは、暗号資産ダイ(DAI)を発行する「Maker」および「Makerプロトコル」を管理するDAOプロジェクトです。 MakerDAOおよびMakerはデンマークの起業家、ルーン・クリステセン氏が発案したプロジェクトで、同氏がCEOを務めるメーカー財団(Maker Foundation)によりグロースが行われたあと、完全にDAOへと移行しました。 DAOとは、分散型自律組織(Decentralized Autonomous Organization)の略称であり、WEB3.0(WEB3)での新たな組織の形の一つです。 DAOは基本的にはその組織のガバナンストークンの保有者により意思決定・運営が行われるため、トークン保有者にとって利益があるような組織運営が求められます。 DAOは機能的としては株式会社のような働きですが、組織として透明性が高く、収益分散や意思決定、インセンティブ設計などが自動で行われるなどのメリットがあります。 そのため、DAOは「民主主義的な組織」というよりも「インセンティブ主義的な組織」と称されることがあります。 MakerDAOはDAOの中でも歴史が古いプロジェクトで、DEXプロジェクトのUniswapなどと並び、先進的なDeFiプロジェクトの一つとされています。 DAO(分散型自律組織)とは?図解で初心者にもわかりやすく解説! Coincheck MakerDAOの仕組み MakerDAOでは、ガバナンストークンであるMKRを1MKR=1票としてガバナンスを行っており、DAIの価格を安定させたり、MakerDAOの今後の方針を決めたりしています。 Dai(DAI)はイーサリアムブロックチェーン上で稼働する暗号資産(仮想通貨)です。 ※Dai(DAI)は1DAI = 1米ドルを目標価格として設定しており、実際に1米ドル付近で価格が推移していることから、暗号資産(仮想通貨)型ステーブルコインと認識されていますが、1DAI = 1米ドルの価値を保証するための原資産が確保されているものではなく、相場の変動等により目標価格に対して大きく下落する可能性があります。なお、ステーブルコインとは、米ドルなど特定の資産に価格が安定的に連動するように設計された暗号資産です。 1DAIが1USDと等価として扱われるにはその価値の裏付け・担保となる資産が必要です。多くのステーブルコインでは発行したトークンと同量以上のドル(法定通貨)を保有することで裏付けとしています。一方でDAIでは暗号資産を担保として、実際に1米ドル付近で価格が推移しています。 暗号資産は法定通貨に比べて価格の変動(ボラティリティ)が大きいため、暗号資産を担保に安定的な目標価格を設定した暗号資産を運営する場合は綿密なリスク評価とアルゴリズム設計が必要です。MakerDAOはDAIの発行主体として、価格安定化に関する重要な決定を行っています(=ガバナンスをしています)。 MakerDAOのガバナンス投票では、担保資産の種類や、価格変動時の担保資産の清算レート、レンディングプラットフォーム「DSR(Dai Savings Rate)」の金利などを決定しています。 Makerプロトコルとは Makerプロトコルとは、MakerDAOが管理するプロダクトのことで、DAIの発行や担保の管理Maker Vault、Makerの投票機能などに関わる一連の主要システムを指します。 MakerDAOはプロジェクト管理者、Makerはプロジェクト名、MakerプロトコルはMakerの主要システムと表現できるでしょうか。 MakerDAOとMakerプロトコルは混同されがちですが、厳密には用語として異なっています。 Makerプロトコルの重要な機能のひとつは、DAIを発行する機能「Maker Vault」です。 Maker Vaultとは、DAIを発行するために暗号資産を預け入れるためのコントラクトで、取り出し時の手数料や清算率などが設定されています。 この各種数値はMakerDAOのコミュニティにより決定されており、DAIの価格が担保されるように設定されています。 MakerDAO、Maker Vaultに関連するコイン MakerDAOには、二つのコインが関わります。 1つめはメイカー(MKR)で、Makerの重要な意思決定やアップデートを行う際、ガバナンス投票において1MKR=1票として使うことができます。 また、DAI発行に必要な裏付け資産を引き出す際の手数料の支払いにも使えます。 2つめはダイ(DAI)で、Makerプロトコルを通じて発行される暗号資産を担保にしたものです。 暗号資産(仮想通貨)メイカー(Maker/MKR)とは?特徴や将来性、DAIとの関係についてわかりやすく解説 Coincheck ダイ(DAI)とは DAIは暗号資産を担保とすることで、トラストレスかつ非中央集権的に米ドル連動の暗号資産を入手することができる仕組みを採用しています。 DAIの裏付け資産にはイーサリアム(ETH)のほか、リンク(LINK)、Polygon(MATIC)、USDCなど、幅広いコインに対応しています。 担保の暗号資産の種類ごとに個別にリスク評価が行われ、清算率が設定されています。 また、DAIは1ドルから乖離した場合には、価格差を狙った取引が可能です。 暗号資産(仮想通貨)ダイ(DAI)とは?他のステーブルコインとの違いや特徴を解説! Coincheck MakerDAOの今後 MakerDAOでは、暗号資産を担保にDAIを発行することができます。 この機能は、既存の金融システムでは不動産や債券、株などを担保に銀行から超低金利で借りる手法に類似しており、DEXやDeFiの利用方法の幅を広げています。今後も活用事例が増えることが期待できるでしょう。 旧来はDAIの担保資産の引き出し手数料(=stability fee, SF)にMKRが必要でしたが、担保資産が増えたことや利用拡大を狙い、DAIでも引き出しが可能になったためMKRの需要がやや低減したと言えます。 また、MakerDAOではガバナンスへの投票率が低いため、今後のインセンティブ設計として投票や重要な発案を行ったユーザーに向けてMakerDAOの収益が分配される仕組みなどが実装される可能性も考えられるでしょう。 DAIが継続的に利用され活用範囲が拡大することで、MakerDAOがより強力な組織となることが期待されています。

2023-06-20メイカー(MKR)

メイカー(Maker)は、MakerDAOによって運営される暗号資産DAIを発行・管理するプロジェクトです。暗号資産メイカー(MKR)はMakerDAOのガバナンストークンとして利用され、システムの管理や方針決定への投票に使用することができます。 今回の記事では、2023年6月20日からコインチェックで取り扱いを開始する暗号資産メイカー(MKR)について、詳しく解説していきます。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 暗号資産Maker(メイカー・MKR)とは MakerDAOとの関係 Makerの特徴と暗号資産DAIとの関係 暗号資産メイカー(MKR)の今後の可能性 ポイント①:ダイ(DAI)の時価総額が分散型類似の暗号資産の中で最大級 ポイント②:ダイ(DAI)が一部の国でドルの代替として提供されたことがある 暗号資産メイカー(MKR)が懸念されているポイント 暗号資産メイカー(MKR)の購入方法 スマホアプリで暗号資産メイカー(MKR)を購入する方法 パソコンで暗号資産メイカー(MKR)を購入する方法 暗号資産Maker(メイカー・MKR)とは 暗号資産メイカー(MKR)とは、DeFiプロジェクト「MakerDAO」のガバナンストークンです。 当初はEthereumのブロックチェーン上で発行されるERC-20規格のトークンとして発行されましたが、現在はマルチチェーンに対応しており、BSC規格のMKRも存在します。 Coincheckでの取り扱いは、ERC-20規格のメイカー(MKR)となります。 MKRは暗号資産「ダイ(DAI)」に関連する暗号資産です。MakerDAOのプラットフォームでは、スマートコントラクトを通じて暗号資産を担保として預けることで、誰でも(DAI)を発行することができます。 ※Dai(DAI)は1DAI = 1米ドルを目標価格として設定しており、実際に1米ドル付近で価格が推移していることから、暗号資産(仮想通貨)型ステーブルコインと認識されていますが、1DAI = 1米ドルの価値を保証するための原資産が確保されているものではなく、相場の変動等により目標価格に対して大きく下落する可能性があります。 MakerDAOのガバナンス方式には、「ガバナンス投票」と「エグゼクティブ投票」の2種類があります。ガバナンス投票は、システムのアップグレードや新規担保の追加など、暗号資産メイカー保有者による決議が必要な重要事項に関する決定に用いられます。エグゼクティブ投票はガバナンス投票で決定した事項をシステムに反映するための方法論に関する決定に用いられます。 通貨単位 MKR 時価総額(2023年5月26日時点) 約848億1,800万円 発行上限枚数 上限なし コンセンサスアルゴリズム イーサリアムに依存(PoS) 公式サイト https://makerdao.com/ja/ ホワイトペーパー  https://makerdao.com/en/whitepaper/#overview-of-the-dai-stablecoin-systemhttps://makerdao.com/ja/ MakerDAOの仕組みとは?暗号資産メイカー(MKR)とダイ(DAI)との関係性を解説 Coincheck MKRJPY MakerDAOとの関係 「MakerDAO」は暗号資産であるダイ(DAI)の発行・管理を行うプロジェクトです。また、MakerDAOは組織名でもあります。MakerDAOは分散型自律組織(DAO)に分類されるDeFi(分散型金融)プラットフォームです。 MakerDAOでは暗号資産を担保に暗号資産を発行することができますが、暗号資産は価格変動・ボラティリティが大きいため、適切なリスク管理を行うための組織が必要になります。 ※Dai(DAI)は1DAI = 1米ドルを目標価格として設定しており、実際に1米ドル付近で価格が推移していることから、暗号資産(仮想通貨)型ステーブルコインと認識されていますが、1DAI = 1米ドルの価値を保証するための原資産が確保されているものではなく、相場の変動等により目標価格に対して大きく下落する可能性があります。 重要なパラメータ決定・変更やその他重要な意思決定などは、暗号資産メイカー(MKR)の保有者が1MKR=1票として投票を行います。つまり、暗号資産メイカー(MKR)はMakerDAOでのガバナンストークンとして機能します。 Makerの特徴と暗号資産DAIとの関係 Makerでは、プロトコル内にあるMakerVault(スマートコントラクト)にイーサリアムなどの暗号資産を担保として預けることで、その担保に基づいた暗号資産のダイ(DAI)を発行することができます。ダイ(DAI)は1ドルにペッグされるように設計されており、スマートコントラクトに担保が記録されることで透明性とセキュリティが高められています。 ステーブルコインとは、主に米国ドルなどの法定通貨とトークンが1:1で等価に交換することを目的に作られる暗号資産です。一般的には、ステーブルコインの価値を裏付けるために、発行者は発行したトークン量と同等の金融資産を保有していることが必要になります。 ステーブルコインの担保の種類は多岐にわたりますが、米国ドルなどの法定通貨や有価証券・金などの既に価値を形成している金融資産を担保とすることが多いです。 ※Dai(DAI)は1DAI = 1米ドルを目標価格として設定しており、実際に1米ドル付近で価格が推移していることから、暗号資産(仮想通貨)型ステーブルコインと認識されていますが、1DAI = 1米ドルの価値を保証するための原資産が確保されているものではなく、相場の変動等により目標価格に対して大きく下落する可能性があります。 それに対して、ダイ(DAI)はイーサリアム(ETH)やチェーンリンク(LINK)、ポリゴン(MATIC)などを裏付け資産として活用することができます。暗号資産の価格変動リスクをアルゴリズムで制御しており、その制御はスマートコントラクトで行われます。また、ダイ(DAI)はDAO(分散型自立組織)であるMakerDAOによって発行・管理されるため、分散型のステーブルコインとも認識されています。 暗号資産(仮想通貨)ダイ(DAI)とは?他のステーブルコインとの違いや特徴を解説! Coincheck 暗号資産メイカー(MKR)の今後の可能性 暗号資産メイカー(MKR)の今後の可能性を考えるうえで重要なポイントは、次の2点です。 ダイ(DAI)の時価総額が類似通貨の中で最大級ダイ(DAI)が一部の国でドルの代替として提供されたことがある 以下で解説しています。 ポイント①:ダイ(DAI)の時価総額が類似の暗号資産の中で最大級 1つ目のポイントは「ダイ(DAI)の時価総額が類似の暗号資産の中で最大級」であるという点です。 2023年6月時点で、ダイ(DAI)は分散型のステーブルコインと称される暗号資産として最大級の時価総額を誇っています。ダイ(DAI)の活用事例や取扱額が増大すると、暗号資産メイカー(MKR)への期待が集まる可能性があるでしょう。 ※Dai(DAI)は1DAI = 1米ドルを目標価格として設定しており、実際に1米ドル付近で価格が推移していることから、暗号資産(仮想通貨)型ステーブルコインと認識されていますが、1DAI = 1米ドルの価値を保証するための原資産が確保されているものではなく、相場の変動等により目標価格に対して大きく下落する可能性があります。 ポイント②:ダイ(DAI)が一部の国でドルの代替として提供されたことがある 一般に、新興国で通貨危機・ハイパーインフレが起こる際は、米ドルがインフレに強い資産とみなされ、現地通貨から米ドルへの交換が促進されます。 過去、アルゼンチンやベネズエラで通貨危機が発生した際、ドルに連動するダイ(DAI)はインフレに強い資産として需要が高まった事例があります。 ダイ(DAI)は発行に時間を要さず、送金時間が短いため、今後起こりえる更なる通貨危機などで活用される可能性があります。 暗号資産メイカー(MKR)が懸念されているポイント 暗号資産メイカー(MKR)に投資する上での懸念点としては、次の2点が挙げられます。 ダイ(DAI)の価格が下落したときに、メイカー(MKR)の価格が下落する可能性があるダイ(DAI)の担保となる暗号資産の価格が下落したときに、メイカー(MKR)の価格が下落する可能性がある ダイ(DAI)自体の価格の維持が困難になったり、何らかの大きな損害が発生したりした場合には暗号資産メイカー(MKR)を追加で発行し市場で売却することで資金調達が行われる可能性があります。そのような事態になると、市場での売り圧力が強くなり、メイカー(MKR)の価格が下落することが考えられます。 また、MakerDAOで発行・管理される暗号資産であるダイ(DAI)は、裏付け資産に暗号資産が用いられています。そのため、担保となる暗号資産の価格が下落した場合、暗号資産が強制的に売却される、つまり清算される場合があります。 ただし、これらのシステムはあくまでもダイ(DAI)の価値を維持するための仕組みであり、なるべく起きないような対策は施されています。あくまでも対策は行われているという前提で懸念ポイントを注意しましょう。 暗号資産メイカー(MKR)の購入方法 暗号資産メイカー(MKR)はCoincheckにて購入することが可能です。Coincheckでは、販売所とつみたてでの取り扱いがあります。 本記事では、MKRをCoincheckの販売所で購入する方法を解説します。 Coincheckの無料登録はこちら スマホアプリで暗号資産メイカー(MKR)を購入する方法 Coincheckのスマホアプリを使って暗号資産メイカー(MKR)を購入する方法を紹介します。具体的な手順は以下の通りです。 1. 画面下メニューの「販売所」をタップする2. 表示されたコインの中から「メイカー(MKR)」をタップする3. 「購入」をタップする4. 購入金額を入力し、「日本円でメイカー(MKR)を購入」→「購入」をタップする スマホアプリを使うと、時間や場所を問わず、わずかこれだけの操作で取引を完了できます。 パソコンで暗号資産メイカー(MKR)を購入する方法 Coincheckはスマホアプリが便利ですが、パソコンを使っても暗号資産を購入することができます。パソコンで暗号資産メイカー(MKR)を購入する際の手順は、以下の通りです。 1. Coincheckにログインして、画面の上にある「ウォレット」を選択する 2. ウォレットページで「コインを買う」をクリックして、「メイカー(MKR)」を選択する3.MKRの購入数量を指定し、表示された時価に基づいた購入金額を確認する4.「OK」をクリックして購入完了 パソコンを使う場合でも、スマホアプリと同じく、簡単な操作で取引をすることができます。パソコンはスマホよりも画面が大きく、見やすいのが魅力です。 場面や投資スタイルに応じて使い分けるのが良いでしょう。 ※なお、当社にメイカー(MKR)を入金・送金される場合は、Ethereumネットワーク上のERC20をご利用ください。異なるネットワークから送られた場合は通貨が失われる可能性がありますのでご注意ください。詳しくはこちらをご参照ください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never