Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
coincheckで取り扱っている仮想通貨の将来性を紹介しています。将来性を見極める事は購入の判断材料にもなるので、「どの通貨を買おうか」お悩みの方はぜひご覧ください。

カテゴリー: 仮想通貨の将来性

ユニークな特徴を持つ仮想通貨クアンタム(QTUM)。これまで、海外取引所でしか扱いがありませんでしたが、2020年3月からCoincheck(コインチェック )での取り扱いが始まりました。 この記事では、クアンタムの特徴のほか、購入方法について詳しく紹介していきます。 クアンタムの魅力について知り、取引に興味を持つきっかけになれば幸いです。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 クアンタムの特徴とは 高い匿名性とともにスマートコントラクトを実装 クアンタムの値動きと将来性は? 日本でも上場したクアンタム coincheckでクアンタムを購入する方法 アカウント登録 SMS認証(電話番号認証) 本人確認① アプリからのお申し込み 本人確認② Webからのお申し込み アプリを使えば、仮想通貨売買もラクラク クアンタムの購入はCoincheckで クアンタムの特徴とは クアンタムは、2016年生まれの比較的新しいコインです。「ビットコインとイーサリアムのよいとこ取りをした仮想通貨」とよくいわれますが、まさにそうした特徴を備えています。 開発計画が発表された当初から期待され、2017年には10億円を超える資金調達に成功しています。創業者であるパトリック・ダイ(Patrick Dai)氏は、アリババ(Alibaba)のリード開発者を務め、フォーブス誌が選ぶ「30歳以下の若手起業家30組」にも選出されています。 注目度が高いクアンタムの特徴を紹介していきます。 高い匿名性とともにスマートコントラクトを実装 クアンタムは、取引に伴う残高管理の方法として、ビットコインと同じシステムである「UTXO」を採用しています。UTXOは、ブロックチェーン上の取引データによって、仮想通貨のウォレット(財布)の残高を管理する方法です。残高管理は、複雑な計算をしなくてはならないのですが、その分セキュリティが強固になるというメリットがあります。 さらにクアンタムは、イーサリアムで広く知られた自動契約機能「スマートコントラクト」を実装しています。スマートコントラクトとは、一言でいえば、人の手を介さずに契約内容を自動で実行してくれる仕組みを指します。スマートコントラクトでは、契約内容とその実行条件をあらかじめプログラミングしておけるのですが、非常に複雑な処理をしなくてはなりません。 残高管理および契約実行が複雑になると、仮想通貨がうまく機能しないおそれもあります。クアンタムは、これら二つを両立させることに成功しています。安全性の高さを確保しながら、スマートコントラクトを高速で処理することができるのです。 クアンタムの値動きと将来性は? クアンタムはビットコインとイーサリアムの長所を組み合わせ、短所を補ったコインです。つまり、「ビットコイン、イーサリアムと同じ性質を持つ」という見方もできます。そのため、仮想通貨市場では、価格の面でビットコインとイーサリアムの影響を受けてしまう傾向があります。 また、クアンタムは高い匿名性を担保し、スピーディーな取引を実現しています。さらに、スマートコントラクトの機能も備わっていることで、ビジネス向けに活用できる可能性があります。クアンタムは、国外では多くの取引所で上場を果たしており、今後も上場する取引所が増えていくはずなので、将来性が見込めるでしょう。 クアンタム(QTUM)の今後の将来性は?革新的な部分と懸念点 Coincheck 国内初!Coincheckに上場したクアンタム これまで、海外でしか売買できなかったクアンタムですが、2020年3月に日本で初めてCoincheckでの取り扱いが決定しました。国内大手取引所・販売所であるCoincheckなら、セキュリティやサポートの面でも安心してお取引していただけます。 国内での上場を果たしたことで、クアンタムはこれまで以上に注目を集めていくことでしょう。新たにクアンタムを買ってみる、あるいは手持ちを買い増すには、よい機会ではないでしょうか。 Coincheckでクアンタムを購入する方法 ここからは、Coincheckでクアンタムを購入する手順を紹介していきます。まだCoincheckのアカウントをお持ちではない方に向けて、新規アカウントの登録から口座開設までの流れを案内します。 取引用の資金を自分の口座に送金すれば、500円からクアンタムの売買を始めることができます。 アカウント登録 Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。 仮想通貨取引所・販売所の口座開設ページでメールアドレスとパスワードを入力し、「アカウントを新規作成する」ボタンを押しましょう。すると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面に記されたURLからサイトに遷移すれば、アカウント登録の手続きが完了します。 Facebookアカウントをお持ちの方は、Coincheckサイトにある「Facebookで10秒で新規登録」を押すことで、アカウントが作成されます。 Coincheckの無料登録はこちら SMS認証(電話番号認証) 次に本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人の携帯電話番号を入力します。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。 本人確認方法① アプリからのお申し込み Coincheckでの本人確認は「iOS/Androidアプリからのお申し込み」と「Webからのお申し込み」の2種類があります。Webからのお申し込みは当社審査後、はがきの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 アプリの「かんたん本人確認」からのお申し込みでは、名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように入力し、本人確認書類をアップロードします。運転免許証やパスポートなど、顔写真つきの身分証明書をご用意ください。 STEP1 「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影します。パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影し、「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影しましょう。 STEP2顔と本人確認書類表面の撮影を行います。ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影します。画面の案内にしたがって、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしましょう。 STEP3 顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影します。撮影が終わると「現在確認中です」と表示されます。審査が完了して承認されると、すべての機能を利用できるようになります。 本人確認方法② Webからのお申し込み Webからも名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を入力し、本人確認書類のアップロードを行うことができます。運転免許証やパスポートなど、顔写真つきの身分証明書をご用意ください。 「IDセルフィー」を用意します。IDセルフィーとは、アップロードした本人確認書類を手に持って、自分の顔を自撮りした写真のことです。IDセルフィーもアップロードします。アップロードが終わると画面に「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。 住所確認としてCoincheckから入力した住所へ簡易書留ではがきが郵送されます。はがきの受け取りをCoincheckが確認すると、すべての機能が利用できるようになります。 本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認手続きをしておくことをおすすめします。 また、Coincheckでは口座開設の手続きについて、下記のページでも詳しく解説しています。動画もありますので、ご参考ください。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck アプリを使えば、仮想通貨売買もラクラク Coincheckではパソコンでの取引もできますが、アプリを使えばより手軽に売買できます。 Coincheckのアプリは見た目がシンプルでありながら、必要な機能はもれなく搭載。チャートの動きをチェックしながらコインのレートを確かめることが可能です。 スマートフォン(スマホ)の小さな画面に合わせて、ボタンの大きさや位置に配慮していますから、ストレスなく、スピーディーに操作していただくことができます。コインの購入と売却、日本円への交換と送金など、多くの操作を直感的に処理ができますから、ちょっとした空き時間にチャートをチェックし、手早く売買することもできます。 クアンタムの購入はCoincheckで クアンタムは優れた特長を持つ仮想通貨ですが、日本での扱いがなかったため、海外取引所で売買していた人も多かったようです。しかし、Coincheckで上場したことで、日本でもクアンタムの人気が高まることが期待できます。 Coincheckは日本の大手取引所・販売所であり、扱う仮想通貨も12種類と豊富。クアンタムについては2020年4月時点、日本で唯一取り扱いがある取引所です。この機会にぜひ、Coincheckでクアンタムを購入してみましょう。

ビットコイン(BTC)のバブル崩壊は、2017年11月頃から2018年1月にかけて起こりました。 出典:coinmarketcap 上記のチャートを見れば分かるように、2017年12月にビットコイン取引で史上最高価格である2,350,517円を一時記録。 しかし、2018年に入ると急落し、1月16日には2017年最高値の40%以下まで暴落してしまったのです。たった2ヶ月の間にどのようなことが起こったのか気になりますよね。 今年でビットコイン取引がスタートし11年となりますがまだまだ歴史が浅いからこそ今までの事例をしっかりと理解し、今後のビットコイン取引に活かしましょう。 そこでこの記事では 2017年にビットコインバブルが起こった背景 ビットコインのバブルが崩壊した理由 2020年にビットコインバブルは再来するのか!? というところまで詳しく解説をします。 「これからビットコインを始めたいから、ビットコインについて知りたい」 「ビットコインバブル崩壊の原因を知って、今後の分析に活かしたい」 という人は、ぜひこの記事をチェックしてビットコインのバブル崩壊時にはどのようなことが起こったのか把握してみてください。 そして、「今後のビットコインバブルは到来するのか!?」という予想にも役立ててみましょう。 【ビットコインの半減期については以下の記事をご覧ください】 2020年5月予定のビットコインの半減期とは?仕組みや影響を解説 Coincheck 目次 2017年のビットコイン(BTC)バブルとは?歴史から紐解くと分かりやすい ビットコイン(BTC)のバブルが起こった背景 ビットコインの分裂を期待した 仮想通貨が注目を集めていた年でもあった ビットコイン(BTC)のバブルが崩壊した2つの理由 理由①2017年12月に先物取引がスタートした 理由②中国と韓国が仮想通貨の取締強化に乗り出した 2020年に「ビットコイン(BTC)バブル」が再来する? 仮想通貨で決済ができるようになる 決済手数料無料、銀行や企業発行の仮想通貨が出始めている ビットコインバブルの歴史は今後に活かせる 2017年のビットコイン(BTC)バブルとは?歴史から紐解くと分かりやすい ビットコインのバブルとは、2017年11月ごろから2018年1月までに起きたビットコインの急激な高騰と暴落のことです。 下記のチャートを見ると分かるように2017年11頃から価格が高騰し、12月にはビットコイン取引で史上最高価格である2,350,517円を一時記録。 出典:coinmarketcap しかし、2018年に入ると急落し1月16日には、2017年最高値の40%以下まで暴落しています。 2009年1月に初めてビットコインでの取引が行われてから現在までの下記の年表を見ても分かるように、2017年と2018年は激しい価格変動があったことが一目瞭然です。 参考:coinmarketcap なぜ、このような急激な高騰と暴落が2ヶ月の間で起こったのか、次の章から詳しく説明します。 ビットコイン(BTC)のバブルが起こった背景 ビットコインバブルが起こった背景としてさまざまな憶測がされています。ここではとくに大きな要因となった ①ビットコインの分裂を期待し買い手が増えた ②2017年は仮想通貨を扱うベースが整った という2点について詳しくご紹介します。 ビットコインの分裂を期待した ビットコインの分裂とはビットコインの根幹となっているブロックチェーンの仕様変更をするときに「今までの通貨」と「新しい通貨」に分かれることです。 2017年8月にビットコインの機能改善を目的として、意図的なビットコインの分裂が引き起こされました。 実はこのときに、額にバラつきがあるものの資産が増えるという事態が実際に起こっていたようです。 「資産が増えた」という声は一気に広がり、次のビットコインの分裂が注目されるように。 そこで「次は11月にビットコインの分裂が起こる」と予想されていたため、11月に買い手が集中し価格が高騰したのです。 では、ビットコインの分裂により資産が増えるとはどのようなことなのでしょうか? ビットコインが分裂すると下記の図のように、2つの通貨が生まれます。分裂した新しい通貨の価値はそのときにより大きく異なります。 2017年8月に分裂をしたときには、新しい通貨として「ビットコインキャッシュ」が誕生しました。ビットコインキャッシュはすぐに1ビットコインキャッシュ300ドルほどの価格がつき3週間後には約3倍にまで跳ね上がったため「ビットコインが分裂すると資産が増える」と捉えてしまう人が多かったのです。 また、2017年8月時点ではビットコインの分裂に対する技術が整っていなかったので、エラーのようなことが起こっていたとの見解もあります。 このように2017年8月のビットコインの分裂で得をした人がいるという情報が引き金となり、2017年に起こると予想されたビットコインの分裂に期待が高まっていたことがバブルの一因となっています。 ビットコイン分裂について詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。 ビットコイン(BTC)の分裂とは?分裂理由と取るべき2つの対処法 Coincheck 仮想通貨が注目を集めていた年でもあった 2017年は仮想通貨が注目を集めた年でもありました。 それまでは「仮想通貨は危険なもの」だと敬遠していた人たちが「やってみようかな」と思える環境が整い、メディアや書籍が多く発行され仮想通貨という言葉が目に入るようになったのもバブルを引き起こした要因です。 それを象徴するのが2017年4月に施行された「改正資金決済法」。この法律では仮想通貨から暗号資産へと名称が変更され、仮想通貨と呼ばれていたものが資産として価値を認められたことになりました。 同法律では、仮想通貨の取引所が登録制になる、口座開設には本人確認書類が必要など、安心して扱えるような基盤が整えられています。 これにより「仮想通貨やビットコインは危険なもの」という考え方が和らぎ、扱いやすくなったと考えられます。 ビットコイン(BTC)のバブルが崩壊した2つの理由 なぜビットコインは短期間でバブル崩壊に至ったのか、さまざまな見解があります。ここではとくに重要視されている下記2つの理由をご紹介します。 理由①2017年12月に先物取引がスタートした 2017年12月10日に世界有数の取引を誇る「シカゴ・オプション取引所」でビットコインの先物取引がスタート、12月18日には北米最大の取引所「シカゴ・マーカンタイル取引所」でも先物取引がスタートしました。 大規模な先物取引市場で売買ができるようになったのは、ビットコインにとって大きな変化です。 先物取引では、将来のある時点において売買する仮想通貨の価格や数量を、現時点で決めて取引をするため専門的な知識が必要です。 そのため、今までのような憶測や根拠のない噂での価格変動がなくなり、正しい情報を基に今後の見通しが立てやすくなりました。 先物取引がスタートするとすぐにビットコインに対して弱気な見通しが立ち、これが不安を仰ぐ結果となりバブル崩壊へと繋がることになったのです。 下記の表は先物取引がスタートしてからのビットコインの下落を表したものです。 参考:書籍:「仮想通貨はどうなるか?」図4-1 先物価格に引きずられるように、現物価格も下落していることが分かるでしょう。正確な数値や情報がなかったからこそ、先物取引の見解が重要な指標とみなされたようです。 サンフランシスコ連銀も同じ指摘をしており「楽観的な解釈で価格高騰した後、市場が整備されそれによってバブルが崩壊したメカニズムだろう」と解釈しています。 理由②中国と韓国が仮想通貨の取締強化に乗り出した 2018年に入ると、海外で仮想通貨への取り締まりを強化する動きが見られるようになりました。 ビットコインの下落が始まっている中で、先が見えなくなる不安な情報が拍車をかけたこともバブル崩壊を後押ししたと考えられています。 中国はもともと仮想通貨に否定的な見解を示していましたが、2018年1月に中国人民銀行の副総裁が仮想通貨の取引所や個人、企業が提している仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの意見を述べました。 また、2018年1月には、韓国でも仮想通貨の取り締まりを強化。無記名預金口座の使用を禁止し、入金時には取引所で本人確認が必要に。 中国と韓国が揃って仮想通貨の取り締まりを強化したことで、不安視をする人が増えたのも事実でしょう。 <参考> 韓国当局、仮想通貨規制を強化 無記名口座の利用禁止へ 中国、仮想通貨取引を禁止すべき─人民銀副総裁=会議メモ 2020年に「ビットコイン(BTC)バブル」が再来する? 2018年のバブル崩壊時に比べ、値を取り戻しつつあるビットコイン。 一部では2020年にビットコインバブルが再来するのではという見解があります。その理由としては次のようなことが考えられます。 仮想通貨で決済ができるようになる アメリカに本部を置くインターコンチネンタル取引所の子会社であるBakkt社が、消費者向けの仮想通貨決済アプリと商用ポータルを2020年上半期に発表するそうです。 参考:Bakktの仮想通貨決済アプリ「20年上半期に公開」 NY証券取引所の親会社が発表 スターバックスをテスト企業として挙げており、消費者が手軽に仮想通貨で決済できる日がそこまで来ているとのこと。 仮想通貨が身近に感じられるシステムが導入されることで、2017年のように今まで仮想通貨と縁が遠かった人たちにも仮想通貨という存在が知られるようになります。 そして、再びビットコインも注目されるようになるのでは?と考えられています。 決済手数料無料、銀行や企業発行の仮想通貨が出始めている 仮想通貨を利用したビジネスが新たな局面を迎えており、今までビットコインや仮想通貨とは疎遠だった人たちが仮想通貨に興味関心を持つようになるのではと考えられています。 仮想通貨に注目が集まり、ビットコインを始め仮想通貨の取引が活発になれば市場が盛り上がってくるため、バブルの再来も夢ではありません。 2019年には、Facebookが仮想通貨「リブラ」の発行計画を発表 三菱UFJフィナンシャル・グループも「MUFGコイン」を実用化する方針を発表し、話題を集めました。 また、ドイツでは2020年より銀行での仮想通貨管理サービスが可能になったそうです。 国内外問わず仮想通貨の価値やサービスを見直すようになってきているところも、今後のチャートに少なからず影響を与えるでしょう。 参考:銀行が仮想通貨を管理可能に 独金融庁に40社から強い関心 ビットコインバブルの歴史は今後に活かせる いかがでしたか? 2017年にどうしてビットコインバブルが起こり、そして短期間で崩壊したのか理解できたかと思います。 それでは、最後にこの記事の内容をまとめてみると 2017年にビットコインがバブルになった理由は次の2つ ビットコインの分裂が起こるかもしれないという予想から、分裂時に資産が増えると考えられていた 2017年は仮想通貨が注目を集めた時期でもあった その後、ビットコインのバブルが崩壊した理由として考えられるのは次の3つ 世界を代表するシカゴの2つの取引所が2017年12月に先物取引を開始。ここで弱気な見通しが出たため 市場がひっくり返った 2018年1月に中国と韓国が仮想通貨の取り締まりを強化し、今後の仮想通貨市場が不安視されるようになった 最後に、2020年にビットコインバブルが再来すると言われる背景は次の2つ Bakkt社が消費者向けの仮想通貨決済アプリを発表することで、仮想通貨が身近なものとなる 銀行や企業が発行する仮想通貨が誕生しており、新たな局面を迎えている 2017年に起こったビットコインバブルとバブル崩壊の様子が理解できたことで、今後のビットコイン取引に活かせることを願っています。

仮想通貨取引をする際には、保有しているコインの価格の動向が気になるものでしょう。仮想通貨のなかでもメジャーなビットコイン(BTC)などと比較して、ステラ(XLM)の認知度はやや低いといえます。しかし、国内の多くのトレーダーからステラは大きな注目を集めています。 この記事では、仮想通貨ステラの将来性について明確に紹介します。 仮想通貨ステラルーメン(XLM)について 仮想通貨ステラとは、仮想通貨取引所マウントゴックスの創業者であるジェド・マケーレブ氏によって2014年7月に作られたアルトコインです。 2018年12月2日時点の時価総額ランキングでは4位にランクインしました。  参考:CoinMarketCap ステラは海外の仮想通貨取引所のみの取り扱いでしたが、2019年11月にはCoincheckにて上場を果たしています。 将来的には個人間の取引がよりスムーズになることが予想され、多くのトレーダーがステラの動向に注目しています。 ちなみにステラのロゴはロケットマークであり英語で「星のように輝かしい」を意味し、通貨単位はルーメンと呼ばれています。 価格変動はリップル(XRP)と似ている ステラとリップルの価格変動は酷似している傾向があることが特徴です。 なぜなら、ステラはリップル基盤で開発された通貨だからです。リップルの特徴が「企業間の送金・決済」なのに対し、ステラの特徴は「個人間の送金・決済」となります。 そのため取引のタイミングを見極めやすいといえるでしょう。 また、ステラを保有するためには、ウォレットへ入金しておく必要があります。 あらかじめ入金を済ませておくことで、スムーズにステラの取引が行えるようになるでしょう。 仮想通貨ステラルーメンが持つ優れた6つの特徴 ここでは、仮想通貨ステラが持つ優れた特徴についてわかりやすく紹介します。 特徴①個人間の送金・決済にかかる時間が少なくなる ステラはブリッジ通貨であり個人間の決済や送金を素早く行うことが可能です。手数料が安く、利用しやすいことがステラのメリットです。 仮想通貨ステラの優れている点の1つに、送金や決済にかかるスピードが速いことが挙げられます。 仮想通貨のなかでも代表的なビットコインの決済速度は約10分ですが、ステラの決済速度はおおよそ2~5秒です。数ある仮想通貨のなかでも、決済速度が群を抜いて速いことがわかるでしょう。 決済速度が速いということは、ユーザーの取引時のストレスになる心配がありません。そのため、国内でステラの利用が広まっていくことが予想されています。 仮想通貨の第一人者がステラの開発に携わったことで、多くのトレーダーがステラの動向に注目しています。 特徴②送金手数料が安い ステラの送金手数料は、0.00001XLM(約100万分の1ドル)です。送金手数料の安さから個人間の送金などに利用されています。 個人間では少額の送金を複数回行う傾向があるので、手数料をほとんどかけずに送金することが可能だといえます。 そのため、少額の送金を繰り返し行いたい個人のトレーダーから選ばれている仮想通貨だといえるでしょう。 特徴③独自のコンセンサスアルゴリズム「SCP」を活用している 仮想通貨ステラは、独自のコンセンサスアルゴリズム(SCP)を導入しています。SCPは取引の承認者が投票によって決まり、このシステムのことをバリデーダーといいます。 多くの仮想通貨では不特定多数のユーザー間で取引承認が行われており、決済速度が遅いことがデメリットでした。 ですがステラでは合意の割合が低かった場合でも取引を承認することが可能になり、決済スピードの向上にもつながっています。 リップルが導入しているアルゴリズムがベースになっているため、リップルと似通った仮想通貨だといえるでしょう。リップルでは、80%以上の合意がなければ決済は完了しません。 80%以上の合意が得られなかった際には、ブロックチェーンは分岐します。承認の割合が低い場合でも決済されるということは、決済の承認中に分岐が起きるリスクを抑えられることを意味します。これによって、ブロックチェーンの脆弱性をカバーし、セキュリティを高めることにつながっています。 特徴④発行量が毎年1%ずつ増えている ステラの最初に発行された量は1000億枚です。発行量の上限は1兆枚に設定されており、上限に達するまで毎年1%ずつ増えることが特徴です。徐々に発行量を増やすことで価値が安定しやすくなり、急激に価格が高騰しづらくなります。 価格の変動が激しい場合には、日常的な決済手段として利用することが難しくなるケースもあります。 また、開発者のリップルの保有率が25%であるのに対し、ステラは5%と低めに設定されています。開発者の保有率が低いことで価格が安定しやすくなるといわれています。 特徴⑤非営利団体が開発・運営している ステラは、非営利団体のステラ開発財団(Stellar Development Foundation)が開発・運営していることが特徴です。非営利団体は給与の合計や四半期予算などを開示する必要があり、利益を得るための活動は一切禁止されています。 そのため、ステラは透明性と信頼性が高い仮想通貨だといえます。個人の投資家でも、安心して利用しやすいことがステラの成長につながっているといえるでしょう。 特徴⑥中央集権体制である ステラでは、中央集権体制が採用されています。中央集権体制の場合のメリットは、プロジェクトを開発するうえで意志決定がスムーズになりやすいことです。 中央集権体制であるため、ステラ開発財団がプロジェクトに関する権力を保持することが可能になります。 運営者同士の意思疎通がしやすく、意見をまとめやすいことが中央集権体制の特徴だといえます。その結果、プロジェクトがスムーズに進行でき、新たな技術などの開発に傾注することが可能になるでしょう。 また、運営元が明らかになることでトレーダーからの信頼も得やすくなります。しかし、中央集権体制であるということは、マイニングは限られた人しかできないことを意味します。 そのため、ステラでは個人のマイナーの参入は難しいといえるでしょう。 仮想通貨ステラルーメン(XLM)の将来性を考える際の重要なポイント3つ ここでは、仮想通貨ステラの将来性を考える際のポイントをわかりやすく解説します。 ポイント①大企業と組むときは価格変動が起きやすい ポイント②リップルの価格変動に注目 ポイント③アジアでの実用化が進み、今後はイスラム圏の金融分野へ拡大 ポイント①大企業との提携 仮想通貨ステラは、金融コンサルのデロイトやフランスに本社を構えるTEMPOなど多くの大企業と提携しています。IBMといった大企業も、ステラとの提携に乗り出しています。 IBMとステラが組んだことにより、IBMBlockchainWorldWireと呼ばれる国際送金ネットワークが開発されました。 大企業がステラと提携する理由の1つとして、運営目的が明らかになっている点が挙げられます。ステラの決済速度の速さや手数料の安さは、海外への送金などにおいても実用性があることを意味します。そのような利便性の高さから、大企業との提携につながり多くのトレーダーの信用を獲得しています。 また、大企業との提携があった後には価格が変動しやすいことが仮想通貨の特徴です。大企業との提携が決定した後には、価格変動に注意するようにしましょう。 ポイント②通貨価値の安定しているがリップル(Ripple)の動向に注視すべき 通貨価値が安定しがちなステラですがリップルの価格変動に左右される傾向があるため、仮想通貨取引所などでリップルのハッキングがあった場合は注意が必要です。 そもそもなぜステラの価値は安定しているのか。その辺りの背景を解説します。 きっかけは2019年11月5日。ステラ開発財団によって550億XLMのステラをトークンバーンすることが発表されました。トークンバーンとは、ステラの市場供給量を減らすために市場から消失させることを意味します。 市場からステラの供給量が大幅に減少することで、希少性が高まり価格も暴騰しました。なお、トレーダーが保有しているステラは消失することがないため、安心して保有するようにしましょう。 通貨としての価値が安定したことにより、2017年10月時点で約1円だった価格は2018年1月には約97円まで上昇しています。2018年11月では、19円ほどの価格を推移しています。 それ以降は、価格は比較的安定しているといえるでしょう。 ポイント③東南アジアとイスラムでの拡大 ステラは、東南アジアのマレーシアやインドネシアなどで実用化されています。東南アジアでステラの実用化が進んだ背景として貧困層が銀行口座を持てないという点が挙げられます。 そのような背景から、銀行口座を持たなくても送金が行えるステラの需要が高まっているといえるでしょう。ステラを利用することで、出稼ぎ先の国から母国の家族へ短時間で仕送りをすることも可能になります。 また、ステラはイスラム中心の決済ネットワークとして拡大していく方針を打ち出しています。これには、シャリア適合認証と呼ばれる投機的取引をしていない証明をステラが有していることが後押ししていると考えられます。 シャリア適合認証は、イスラムでは絶対的に信頼されていることが特徴です。これによって、イスラムを中心とした多くの海外労働者がいる地域で広まることが予想されています。 その他、国内取引所での上場もステラルーメン(XLM)の将来性に影響 国内取引所のCoincheckでは、2019年の11月からステラの購入が可能になりました。海外の取引所のみの取り扱いだったステラですが、Coincheckでの取引が可能になったことで多くの国内トレーダーが注目しています。 言語の壁があることで、取引のタイミングを逃してしまうケースもあり大きな損失を被ることもあります。ですが国内でステラが購入できるようになったことで、国内のトレーダーは気軽に取引ができるようになったといえるでしょう。 今後もステラを取り扱う取引所が増えてくれば取引量の増加と価格の高騰が予想されています。 仮想通貨ステラルーメン(XLM)の今後に注目しよう ステラの将来性を見極める際の重要なポイントを3つご紹介しました。最後におさらいしておきましょう。 ポイント①大企業と組むときは価格変動が起きやすい ポイント②リップルの価格変動に注目 ポイント③アジアでの実用化が進み、今後はイスラム圏の金融分野へ拡大 ステラは東南アジアでの実用化やアメリカなどの多くの大企業との提携したことにより、実用性が広く認められるようになりました。中国からの市場への介入を規制していることにより、価値が安定している傾向があります。 価格が変動しづらいステラは、利用しやすい仮想通貨だといえるでしょう。国内ではCoincheckで購入できるため、興味がある方はステラを購入してみましょう。

ビットコインやリップル、イーサリアムなどと並んで、国内で知名度の高い仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)。 モナコインに興味があるけれど購入するか迷っている人の中には、将来性が気になっている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、モナコインの特徴や魅力を改めて解説しつつ、将来性についてご紹介します。 これからモナコインを買おうと考えている人は、参考にしてみてください。 モナコイン(Monacoin/MONA)の概要 モナコインとは、アルトコイン一つで、2013年に日本で作成された仮想通貨です。 「2ちゃんねる」で有名な「モナ―」というアスキーアートによるキャラクターをモチーフにして、少額取引を行うことなどを目的に誕生しました。技術的にはアルトコインの一つである「ライトコイン」に類似する通貨といわれていますが、誕生以降はバージョンアップを繰り返すことで、モナコイン独自の発展を遂げています。 また、日本産の仮想通貨であることから、日本人を中心にしてゲーム内コインやコミックマーケットの通貨として活用されているのがモナコインの特徴といえるでしょう。ビットコインを始めとする仮想通貨は、その価格変動の大きさから投機的に扱われることが多い側面を持ちます。 多くの投資家が、投資対象として仮想通貨を売買しているのです。それに対して、モナコインはサービスの開発や神社の建立など、ほかの仮想通貨とは異なった用途で使われているのも興味深いところです。 これまでもモナコインの価格が大きく上昇したときには、仮想通貨の取引所への上場やサービスの普及などといった背景がありました。そういった点でもほかの仮想通貨と一線を画しており、今後の展望が期待されるアルトコインともいえるでしょう。 詳しくはこちら:モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 モナコインの特徴 モナコインは、ほかの仮想通貨とは一線を画すさまざまな特徴を持ちます。モナコインの取引をするなら、独自の特徴を押さえておくことは大切です。 ここではモナコインの特徴について、大きく4つに分けて紹介します。 決済速度が速い モナコインの大きな特徴として、比較的決済速度が速い点が挙げられます。決済速度は、ブロックの生成速度の速さに大きな影響を受けます。 ブロックの生成速度はハッシュ関数といわれる複雑な演算を解く難易度によって変わり、演算が簡単であるほどブロック生成速度が速くなります。このブロック生成速度の速さが、モナコインの大きな特徴といえるのです。 具体的にほかの仮想通貨と比較すると、モナコインが約90秒なのに対して、ビットコインは約600秒、技術面で類似しているライトコインでも約150秒と、モナコインのブロック生成速度の速さが分かります。 モナコインは高いブロック生成速度を持つことから決済速度も比較的速く、ゆえに決済手段として向いていると言われることもあります。発行枚数もモナコインは1億512万枚で、2100万枚のビットコインや8400万枚のライトコインと比べるとはるかに多いのも、決済手段として適していると言われる理由の一つです。 また、ブロックチェーンに記録される取引サイズを圧縮する「Segwit(セグウィット)」を世界で初めて取り入れたことも、決済の処理速度の速さを支えています。Segwitについては次の段落で詳しく説明しますが、これらによってモナコインの決済速度の速さは維持されているのです。 世界で初めてSegwitを搭載 モナコインは、2017年3月に世界で初めて「Segwit」という取引データを小さく圧縮する機能を取り入れた仮想通貨です。 Segwitは、決済速度の遅延と手数料の高騰を招く「スケーラビリティ問題」と、取引の不正である「トランザクション属性」の問題を解決するのに有用な機能とされています。これにより、モナコインはほかの仮想通貨と比べて送金速度が速く、不正な取引を防止することが実現できています。 具体的には、ビットコインの送金の反映には約10分程度かかるといわれているのに対して、モナコインは約90秒ほどで送金が完了します。 アトミックスワップを取り入れている モナコインの特徴として「アトミックスワップ」も挙げられます。仮想通貨は取引所を通じて売買するのが一般的ですが、取引所を通さず直接個人間で取引することも可能です。 ただし、個人間の取引においては、一方が送ったのにもう一方が持ち逃げしてしまうケースなどの不正や、詐欺に巻き込まれるリスクも存在します。それを解消するための機能が、アトミックスワップです。 アトミックスワップとは、お互いに一定の条件を満たさない限り、相手への送金がロックされる機能です。お互いが条件を満たしたうえで取引が成立するので、一方が持ち逃げするリスクは少なく、個人間でも比較的安全に取引を行うことができます。 アトミックスワップを取り入れている代表的な仮想通貨は、ビットコイン・ライトコイン・モナコインなど特定の通貨のみとなっており、モナコインの大きな特徴といえます。 ファンが多く普及活動が盛ん モナコインがほかの仮想通貨に比べて特徴的なのが「ファンの活動が盛んである」点です。 モナコインは、2ちゃんねるから誕生した仮想通貨ということもあって、コアなファンが多くいます。日本国内でもファンが多く、モナコインの普及活動に努めている人も多いのが特徴です。 たとえば、2017年には秋葉原でモナコインのプロモーション動画が流されました。仮想通貨が発展するためには、通貨の名前が広まることが不可欠であり、こうしたファンの存在はモナコインの知名度や人気の支えとなっています。 モナコインの価格推移 モナコインの将来性を考えるうえで、過去の価格推移を押さえることは重要なポイントです。どのような要因で価格が変動するのか、どのような価格変動を繰り返してきたのか、今後に生かせることが多くあるためです。 モナコインは、2013年に誕生以来、ほかの仮想通貨と同様に価格の変動を繰り返しながら今日に至ります。2017年12月には、仮想通貨ブームなどを背景に価格が急上昇し、過去最高値を更新しました。 しかし、2018年1月に価格が下落。ここから1年を通して下落基調でしたが、2019年に入ると価格が再び上昇し始め、復調の兆しが見え始めています。 モナコイン(Monacoin/MONA)の購入方法を解説!取引口座の開設・買い方について モナコインが過去に暴落した原因とは モナコインの価格は誕生以来、全体的に上昇基調ではありますが、何度か暴落したことがあります。 なぜモナコインは暴落してしまったのか、考えられる原因として例えば以下が挙げられます。暴落する原因を押さえ、今後の展望の参考にしましょう。 仮想通貨全体が下落した モナコインの価格が下落した原因の一つに、仮想通貨市場全体の下落が挙げられます。 モナコインを含むアルトコインは、主要仮想通貨であるビットコインに連動して価格が乱高下する傾向がみられます。モナコインは時に連動しない動きをすることもありますが、特に2018年の下落は、仮想通貨市場全体の下落による影響が大きいといえます。 ビットコインを始めとする仮想通貨は、法規制や各国の金融情勢などが影響することも大きく、投資家の思惑によって価格が変動することも珍しくありません。仮想通貨への法規制や仮想通貨取引所のハッキングなどが重なった2018年は、全体的に仮想通貨の価格が大幅に下がりました。 また、2017年は急激に価格が上昇したため、早めに見切りをつけた投資家たちが、購入したモナコインを軒並売ってしまったのも下落の原因の一つだと考えられています。 ハッキング被害 仮想通貨全体の下落にもいえることですが、「ハッキング被害」による下落への影響は大きいものといえます。これまで幾度となく、ハッキング被害を理由とした価格の下落が発生しています。 特にモナコインを例にすると、2018年に発生したモナコインのウォレット「Monappy」のハッキングによって、約10万モナコインが不正送金される事件が起こった後、価格が下落しました。 またモナコインを取り扱っていた国内取引所のハッキング被害や、2019年の海外の大手取引所であるバイナンスのハッキング被害などでも、たびたび仮想通貨全体の価格が下落しました。 ハッキング被害に遭うと、仮にその仮想通貨の機能や性質自体には異常が無くても、保有している人の不安感をあおることになり、価格が下落するものと考えられます。 法律やルールが整い始めている2019年以降、こうした被害に注意する仮想通貨の取引所は増えていますが、価格が下落する要因の一つとして押さえておくと良いでしょう。 モナコインの今後の将来性 モナコインの特徴や過去の価格変動を紹介してきましたが、実際のところ、今後のモナコインはどうなっていくのでしょうか。 価格は上昇するのか、仮想通貨として普及する見込みはあるのか、など気になる人も多い点です。モナコインにどんな将来性があるのか、詳しく見ていきましょう。 webサービスに活用される可能性がある モナコインの将来性が期待される一つの理由が、「webサービスへの活用」です。もともと2ちゃんねるで誕生した仮想通貨ということもあり、web上での活用が特に期待されています。 2018年には、2000万人以上のユーザーがいるツイキャスの運営会社モイ株式会社が、モナコイン払いに対応すると発表しました。 ほかにも、ソーシャルゲームやwebサービス上の決済通貨として活用されれば、モナコインの必要性や価値が上がっていく可能性はあるでしょう。 多数の取引所へ上場する可能性がある 仮想通貨にとって、取り扱いをする取引所が増えることは価格上昇の要因ともいえます。 過去には、海外の仮想通貨取引所に上場したモナコインの価格が大きく上昇することもあり、取引所への上場は通貨の発展に欠かせない要素の一つです。日本国内に関しては、金融庁が認可をしている仮想通貨取引所のうち、Coincheckを始めとする複数の国内取引所でモナコインは扱われています。 これらの実績を掲げ、今後さらに複数の海外の取引所に上場する可能性も十分に考えられます。多くの取引所に上場すれば、取引する人の数が増えることになりますから、モナコインの価値も上がっていく可能性があるでしょう。 国内でモナコインを取引できるCoincheckへの口座登録方法については、こちらでご紹介しています。 Coincheckの口座開設はこちら モナコイン決済に対応している店舗の増加 モナコインを決済手段として導入する店舗も、誕生当初よりも増えています。バーや喫茶店、美容室やITショップなど多岐に渡ります。 日本国内で決済手段として使える仮想通貨としては、ビットコインの次に多いと言われています。大手家電量販店などでも使用できる店舗があり、今後使用できるところはさらに増えていく可能性があります。 また、2ちゃんねるから誕生したモナコインは、アニメやマンガファンとのつながりも強く、経済効果が100億円以上あるといわれるコミックマーケットで使えるようになれば、さらにモナコインの需要は高まるかもしれません。 モナコインの決済を導入する店舗の情報やモナコインをとりまくファンの動向には、注目する必要がありそうです。 モナコインを購入できる仮想通貨取引所 モナコインを取引できる仮想通貨取引所の一つが、Coincheckです。 Coincheckは国内の大手仮想通貨取引所で、アプリの使いやすさや取り扱い通貨数の多さに定評があります。モナコインがCoincheckに上場すると発表された2019年には、モナコインの価格が一時的に急上昇したほどで、利用者の多い取引所でもあります。 また、セキュリティ体制も構築されており、二段階認証はもちろんのこと、システム監査やコールドウォレットでの保管など充実しているのが特徴です。口座開設の方法も分かりやすいので、モナコインを購入する際にはCoincheckから注文してみると良いでしょう。 Coincheck登録方法から使い方までの初心者向けマニュアルはこちら モナコインの今後に将来性を感じたら モナコインは、様々な独自の特徴を持つ珍しいアルトコインの一つです。 2ちゃんねるから誕生した日本産の通貨ということもあって、コミュニティの結束力も強固です。実際に、モナコインを決済手段として導入するwebサービスや実店舗も、過去から続々と誕生してきています。 モナコインに将来性を感じた方は、まずは少額からでもモナコインを取引できるCoincheckに口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

モナコイン(MONA)は、初めての日本生まれの仮想通貨です。モナコイン(MONA)は実用通貨としての性格が強いコインとなっています。モナコイン(MONA)が持つ特徴と、そのメリットについて解説します。 日本生まれの仮想通貨「モナコイン(MONA)」は、実用通貨としての性格が強いと言われることもあるコインです。 仮想通貨としては世界で初めて「Segwit」という新しい技術を採用するなど、ユニークな特徴を持っています。金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckでは、2019年6月からモナコイン(MONA)の取り扱いを開始しています。 こちらの記事ではそんなモナコイン(MONA)の特徴やメリット、今後の将来性などについてご紹介します。 モナコイン(Monacoin/MONA)は実用性に優れた仮想通貨 モナコイン(MONA)は、日本で初めて作られた仮想通貨です。 2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)内のソフトウェア掲示板でそのアイディアが示され、2013年12月に開発され、翌年初頭から流通が始まりました。2ちゃんねるを象徴するアスキーアートのキャラクター「モナー」を名称のモチーフとしたことから、当初は「モナーコイン」と呼ばれ、公式サイトにもその表記があります。 しかし、語呂の良さもあって、モナコイン(MONA)という名称のほうが広く定着しています。モナコインのイメージイラストに描かれている、猫のような愛嬌のあるモナーのイメージが強いため、「ジョーク半分で作ったもの」と思われる方もいるかもしれません。 しかし、モナコイン(MONA)はいくつかの特徴的な性質を持っており、実用性に優れたコインと言われることもあるのです。多くの仮想通貨が投機目的で取引されることが多い中で、モナコイン(MONA)はユニークな存在といえるでしょう。 モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴は? モナコイン(MONA)の特徴はいくつかありますが、例えば「Segwitを採用していること」「さまざまな形で実用されていること」「コミュニティの活動が活発であること」などがあげられます。 それぞれについて、ご紹介していきましょう。 世界で初めてSegwit(セグウィット)を採用 モナコイン(MONA)は、それまで理論上でのみ提唱されていたSegwit(セグウィット)と呼ばれる技術を、世界で初めて実装した仮想通貨です。 Segwitについては、後程改めてご紹介しますが、簡単にいえばこの機能によって、より多くのデータを短時間で処理できるようになります。モナコイン(MONA)もSegwitを導入することで、取引完了までの所要時間を短縮されることが期待されていました。 Segwit導入によって、モナコイン(MONA)の実用性はより高まったとも言えるでしょう。 さまざまな形で使われる珍しい存在の通貨 モナコイン(MONA)は、さまざまな場所で通貨として実際に使われています。 取引スピードが速いので、海外送金やネットショップでの決済に使われるほか、一般の店舗でも利用できる範囲が広がっています。以前には、モナコイン(MONA)での支払いに対応したモナバー東京などもありました。 また、「投げ銭」として使われることも、モナコイン(MONA)の特徴のひとつです。気に入ったクリエイターを支援するための送金のほか、掲示板の書き込みやSNSのアカウントにモナコイン(MONA)を送金するサービスが複数あり、「0.00114114(イイヨイイヨ)MONA」や「0.004649(ヨロシク)MONA」など、語呂合わせの少額が送金されて、緩やかなコミュニティが形成されています。 仕事上のつらい出来事をつぶやいたら、「0.007974(ナクナヨ)MONA」が送金されてきた。こんなことがあると、ほっこりした気持ちになるかもしれません。 モナコイン(MONA)を盛り上げるコミュニティの存在 2ちゃんねる発祥ということもあってか、モナコイン(MONA)は誕生当初からコミュニティの動きが活発で、「もっとモナコイン(MONA)を盛り上げよう」という意識を持つ人が多くいたようです。 それがさまざまなサービスを生み、ウェブだけでなくリアル店舗への展開を後押しして、モナコイン(MONA)の普及に貢献してきました。「モナコイナー」と称されるモナコイン(MONA)のファンによって女性キャラクターが作られたり、各種イベントが開催されたりと、それぞれが自分なりの関わり方でモナコイン(MONA)を盛り上げ、楽しもうとする姿勢が強く見られます。 自分たちが持つ専門的な知識や技術を惜しみなく投入する一方で、モナコイン(MONA)の成長と発展を楽しむ。こうしたコミュニティの存在も、モナコイン(MONA)の大きな特徴と言えるでしょう。 スピーディーな取引を実現するSegwitとは? Segwitは、モナコイン(MONA)の技術的・機能的な大きな特徴のひとつです。少々ややこしい話になりますが、もう少し詳しく解説しましょう。 仮想通貨の中で知名度No.1であるビットコイン(BTC)が誕生してから、多くの仮想通貨が世に出ることになりました。その多くは、ビットコイン(BTC)を手本とし、ビットコイン(BTC)に準じた構造・設計がなされています。 確かに、ビットコイン(BTC)とそれを支える「ブロックチェーン」のアイディアは、斬新なものでした。取引のデータをひとまとまりのブロックにまとめ、鎖のようにつなげていくことで高いセキュリティを実現したこの技術は、今も大きな将来性とともに注目されています。 しかし、ビットコイン(BTC)による取引が増えていくと、一つひとつのブロックのデータ容量が不足し、取引のスピードが頭打ちになるという問題が表面化してきました。この問題の解消を目指したのが、モナコイン(MONA)に実装されたSegwitです。 仮想通貨で使われているブロックチェーンのブロックの中には、個々の取引データのほか、誰がその取引を行ったのかを保証する電子的な署名が含まれています。Segwitはこの署名部分を分離し、別の領域で管理する構造とすることで、ブロック内により多くの取引データを格納することを実現する技術です。 Segwitの技術によって、今まで以上に多くの取引データを処理することができ、結果として時間あたりに処理できるデータが増えることになりました。処理速度が向上することで、より多くの取引を低コストでさばくことができるようになったのです。 投げ銭文化を根付かせたモナコイン(Monacoin/MONA) モナコイン(MONA)の特徴的な用途として、投げ銭があります。 気に入ったクリエイターへの支援、SNSでのつぶやきへの賛同など、モナコイン(MONA)の送金によるコミュニケーションは、いろいろなところで行われています。こうした動きが活発化した背景には、複数の「投げ銭ツール」の存在があります。 モナコイン(MONA)は、サービス開始の初期から、「tipmona(2019年9月でサービス終了)」や「Ask Mona(2020年9月でサービス終了予定)」など、投げ銭機能を持ったサービスが登場していました。これらのサービスでは、おもしろいツイートや掲示板の書き込みに対して、モナコイン(MONA)を投げ銭として送ることができました。 著名人のTwitterアカウントにいくらかのモナコイン(MONA)を送ったという例は、ネットでも話題になりました。このようにして、モナコイン(MONA)には「投げ銭文化」が定着していったのです。 モナコイン(Monacoin/MONA)の今後の将来性は? たとえ実用性が高いといっても、今後も多くの人々に利用され、普及が進んでいくかどうかは、モナコイン(MONA)そのものの将来性次第です。この点においても、モナコイン(MONA)にはいくつか特徴的なポイントがあります。 アトミックスワップを実装 モナコイン(MONA)には、「アトミックスワップ」の導入に成功しています。 アトミックスワップとは、第三者の仲介がなくても、異なるブロックチェーン間の仮想通貨を交換できるしくみです。つまり、個人間で異なる仮想通貨を持ち寄り、持ち逃げされる危険がなく安全に交換できるのです。 このしくみを実装している仮想通貨は、2019年5月末時点でまで10種類程度と、決して多くはありません。アトミックスワップの実装によってさらに用途が広がり、ユーザーが増える可能性もあります。 国内外の仮想通貨の取引所でも流通が始まる 国内では2019年6月から、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckでも、モナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。 まだ、海外の仮想通貨の取引所ではモナコイン(MONA)はあまり取り扱われておらず、海外のユーザーにもほとんど知られていなかったモナコイン(MONA)だけに、今後は海外のユーザーの注目を集めることも期待されます。 今後海外の仮想通貨の取引所でも取り扱いが増えれば、国内外の両面にわたって、ユーザー数が増えていくことが予想されます。同時にコミュニティが拡大していけば、投げ銭のような新たな用途が生まれる可能性もあります。 まだまだ成長する可能性のあるモナコイン(Monacoin/MONA) 数ある仮想通貨の中でも、モナコイン(MONA)は投機対象としてではなく、活発な流通が行われています。 そのようなモナコイン(MONA)の特徴を活かした新たなサービスが、今後国内外で登場する可能性もあるでしょう。

仮想通貨には数多くの種類が存在しています。そのなかでも、高い知名度を誇っているのはビットコイン(BTC)です。仮想通貨取引に興味がある人の多くは、ビットコイン(BTC)を取引対象のひとつとして考えている人も多いでしょう。 取引対象とするからには、将来的にさらに成長してほしいものです。そこで、ビットコイン(BTC)は今後も伸びていくのか、もしくは暴落して無価値になってしまうのかについて、今後を左右する要素などについてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 【2020年最新】コインチェック共同創業者「大塚雄介」による仮想通貨(ビットコイン)の今後 まず始めにCoincheckの共同創業者である大塚雄介による仮想通貨の将来予測です。 デジタル通貨新時代の幕開けとなった2019年 ビットコインの出現から約10年を迎えた2019年、デジタル通貨新時代の幕が開きました。 オープンな基準で作られるビットコイン 民間企業主導で基準を作られるLibra 中国国家主導のDCEP(Digital Currency Electronic Payment) 第二次世界大戦以後、初めての国家レベルを巻き込んだデジタル通貨新時代の幕開けとなったのです。 仮想通貨(ビットコイン)の未来は明るいのか? 明るくなると思っています。 なぜなら、ビットコインを含む仮想通貨は改善すべき課題がたくさんありますが、近い未来に確実に改善され、数億人規模のユーザーが使うインターネット金融プロトコルになる可能性が高くなるからです。 これは歴史が証明しています。 インターネットの歴史を振り返ると技術的問題は数年後に解決していることがほとんどであり、これは人類が「考える葦」であることのあらわれです。 また、黎明期には技術的課題を指摘して「これは使えないテクノロジーだ」という批判する批評家が現れますが、これも様々な新しいテクノロジーが普及する過程で見られる現象です。社会に大きなインパクトを与えるテクノロジーなので批評家も興味を持ち反論を展開します。 2020年現在は、ビットコインを含む仮想通貨はインフラレイヤーにまだまだ課題を抱えているテクノロジーであるが、様々な解決策が提案・議論・実装され1歩づつ解決に向けて動き続けていると捉えています。 『技術的課題は世界最高峰の頭の良い人たちの興味を惹きつけ、その知的好奇心が解決してきた』という歴史的背景があるからこそ、仮想通貨も同じようなプロセスを歩み将来は今よりも明るくなるという持論です。 今後の仮想通貨取引所の役割は2つ 仮想通貨取引所の役割は2つあります。 取引所というのは社会インフラのサービスの役割 多くの人に使いやすいUX(ユーザー体験)を通して仮想通貨の便益を届ける役割 1. 取引所というのは社会インフラのサービスの役割 1つ目の役割は、社会インフラのサービスを提供することです。 なぜなら、今後10年以内にフィアットカレンシー(法定通貨)経済圏とデジタル通貨経済圏の二つが融合するパラレル経済圏ができると考えているからです。 仮想通貨経済圏は約10年で既に20兆を超える時価総額に到達しました。この規模まで来るとネットワーク効果が作用し、保有者が増えることで仮想通貨の価値が高まりさらに保有者が増える、正のスパイラルに入っています。 まだ税制面の整理など、社会ルールの整備が追いついていないため、多くの一般の人々(マジョリティ層)が仮想通貨で支払いなどを受付ける時代は来ていません。 ですが、日本のVC(ベンチャーキャピタル)が海外のブロックチェーンスタートアップにUSDTで投資したり、マイニング事業への投資はBTCで行われていたりします。 また、一部のアーリーアダプター層は、既に仮想通貨による支払いで仕事の請負を行なっているケースを聞くと、数年後にはより多様な使われ方になり大きな経済圏になると予想されます。 ここで私たちの出番です。仮想通貨取引所はフィアットカレンシー経済圏と仮想通貨経済圏の資産移動するゲートウェイ(関所)の役割を担うのです。 ユーザーの本人確認作業を行うことで経済圏内外で不正な人に資産が流れることを防ぎ、結果的に反社会勢力への資金流出を防げます。 反社会勢力に資金が流れないことは私たちの実社会の平和と安定を実現する上で非常に重要であるため、社会インフラのサービスの役割を果たす必要があるのです。 2. 多くの人に使いやすいUX(ユーザー体験)を通して仮想通貨の便益を届ける役割 2つ目の役割は、多くの人に使いやすいUXを通して仮想通貨の便益を届けることです。 なぜなら、より多くの人たちに仮想通貨の便益を届けることで、仮想通貨の価値は高まり保有者が増えるからです。 多くの人が仮想通貨の便益を受けるためには、「使いやすいUX」ではないといけません。 取引所が出来る前、仮想通貨初期のユーザーは秘密鍵を自分で保管し、黒い画面にコマンドを打ち込んで仮想通貨を管理していましたが、ユーザー体験はエンジニアしかやりづらいことが課題でした。 ですが、取引所が「使いやすいUX」を提供する役割を担うことで仮想通貨の便益がIT・金融に疎い一般の人々に届くようになったのです。 Coincheckはありがたいことに多くのお客様から「使いやすい」と支持されていますが、まだまだ改善点があります。 今後も学ぶ時間の少ない忙しい多くの人たちが高い学習コストを掛けなくてもかんたんに使えるサービスを提供していきます。 参照:Why Cryptocurrency Matters(なぜ仮想通貨が重要なのか?) ビットコイン(Bitcoin/BTC)の特徴とは? この記事を読まれている多くの方はビットコインの基礎知識をお持ちかと思われますが、復習しておきたい方向けへビットコインの特徴を紹介します。 主な特徴には例えば以下が挙げられます。 1. 送金手数料が安い 1つ目は、送金手数料が安いことです。 円やドルなどの法定通貨を国際送金する場合、いくつもの銀行を経由して行われることもあるため、手数料は高くなります。 一方、ビットコイン(BTC)はインターネット上の通貨です。ネット上には国境がなく、ダイレクトに送金先に送ることになるため、低コストで送金できます。 2. ブロックチェーン技術 2つ目は、ブロックチェーン技術が採用されていることです。 ビットコイン(BTC)の取引履歴は、一定の時間間隔で生成されるブロックと呼ばれるものに格納されます。そのブロックが時系列に沿って鎖状につながったものが、ブロックチェーンです。 ブロックチェーン技術を採用することにより、ビットコイン(BTC)は中央管理者がいなくてもシステムが稼働できるようになりました。 ビットコインネットワークに参加する不特定多数の人が取引の正当性を検証・承認することで、ビットコイン(BTC)の通貨システムは動いていることが特徴です。 3. 世界中で使えるようになってきている 3つ目は、世界中の店舗やネットショップなどで、買い物代金の支払いに使えるようになってきていることです。 ネット店舗に限らず、実店舗などで使える場所は以前よりも広がってきています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?初心者にわかりやすく解説 Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)は暴落しやすい? ビットコイン(BTC)の将来性を把握するにあたって、過去に暴落を経験した事実を知っておくことも重要です。 暴落についての正確な定義はありませんが、一般的には短期間で大幅な価格下落が生じることを指します。ビットコイン(BTC)が暴落を経験したのは、1度だけではなく、複数回あります。 ビットコイン価格は、需要と供給によって決まる仕組みです。そのため、価格が変動するのは当然のことです。 ただし、価格変動幅があまりに大きく、しかも価値が暴落する可能性が高いとなれば、ビットコイン(BTC)の将来に対して不安を感じてしまうでしょう。 過去に生じたビットコイン価格暴落のほとんどは、ビットコイン(BTC)そのもの価値の変化による価格変動ではなく、ビットコイン(BTC)を取り巻く環境変化が要因となって生じています。 たとえば、取引所がハッキングを受けて仮想通貨が流出したり、特定の国がビットコイン(BTC)の使用などを禁止したりするなどのニュースが、暴落の原因として挙げられます。重要なポイントは、ビットコイン(BTC)の評価そのものが暴落したわけではないことです。 ビットコインシステムのセキュリティ自体が破られて信頼を失ったことは、1度もないことを理解しておく必要があります。ビットコイン価格は、今後も暴落する可能性はあることは事実です。 しかし、価値が評価されている限り、ビットコイン(BTC)は生き残って暴騰する可能性もあるでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)は暴落に負けない?その理由とは? ビットコイン(BTC)が何度かの暴落を乗り越えて生き残っているのは、ビットコイン(BTC)の価値を評価する人がいるからです。 ビットコイン(BTC)が評価される理由には、例えば以下が挙げられます。 1. 時価総額が大きい 1つ目は、時価総額が大きく、普及率が高いことです。 仮想通貨は、多くの人に使われることによって需要が増加し、通貨としての価値が高まります。ビットコイン(BTC)は最初に世に出たこともあり、すでに多くの人が使っている状態です。 使っている人の多さがビットコイン(BTC)の価値となり、暴落しても再度価格が上昇することを支えているとも言えるでしょう。 2. 知名度が高い 2つ目は、知名度が高いことです。 ビットコイン(BTC)の需要を支えるひとつの側面としては、投資対象として選ばれていることが挙げられます。 仮想通貨投資を検討している人は、その知名度の高さからビットコイン(BTC)を投資対象に加える人が多く、このような根強い需要が、価格を下支えするとも言えるでしょう。 3. 基軸通貨として利用されている 3つ目は、多くの取引所がビットコイン(BTC)を基軸通貨として利用していることです。 仮想通貨における基軸通貨とは、ビットコイン以外の仮想通貨を売買する場合に、決済通貨として指定される仮想通貨のことです。 ビットコイン以外の通貨を購入する人は、まずビットコイン(BTC)を手に入れることになります。その結果、ビットコイン(BTC)の需要が発生し、価格に上昇圧力がかかるのです。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の安全性 ビットコイン(BTC)は、取引所がハッキングを受けたことをきっかけに、価格が暴落したことがあります。 しかし、ビットコインシステム自体の安全性は保たれています。ブロックチェーンが改ざんされるなどのハッキング被害が生じたことはないのです。 ビットコイン(BTC)の取引を行う場合は、公開鍵と秘密鍵を使用する暗号システムが使われています。公開鍵は誰でも入手できますが、秘密鍵を盗まれない限り、本人以外が取引を行うことはできない仕様です。 また、ブロックチェーンに記録されている取引履歴は、ホストコンピュータなどで一括管理されている状態ではなく、システム参加者が分散保管しています。世界中で分散保管されているデータをすべて同時に改ざんしない限り、不正取引を取引履歴に含めることはできず、事実上、改ざんできない仕組みになっています。 このような仕組みがあるため、ビットコインシステム自体は、安全性が高くなっていると言えるでしょう。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコインETFが今後を左右する? ビットコイン(BTC)の将来動向を予想するにあたっては、重要なイベントに注目することも大切です。重要なイベントのひとつに、ビットコインETF(エクスチェンジトレーデッドファンド)の承認可否が挙げられます。 ETFとは、証券取引所に上場されているタイプの投資信託です。株式と同じように取引できる特徴があります。 ビットコインETFは、ビットコイン(BTC)を投資対象とする金融商品です。ビットコインETFは、証券取引所に上場申請を行っており、承認を待っている状態にあります。 上場されるためには、証券取引所や証券取引委員会などの上場審査に合格する必要があります。承認されると、ビットコイン(BTC)の知名度は上がると考えられていることがポイントです。 上場審査に合格することは、一定の信用があることの証となります。そのため、ビットコインETFが承認されると、それまで投資を手控えていた機関投資家などの資金が流入し、価格が高騰する可能性があるでしょう。 機関投資家は、顧客資産を安全に運用する義務があります。ビットコインETFが上場を果たせば、一定の信用がある金融資産とみなすことが可能です。 顧客資産をビットコイン(BTC)に投資することができるようになるため、需要が増加して価格が上昇する可能性はあります。 ビットコインETFとは?影響や承認の審査状況をわかりやすく解説 Coincheck ライトニングネットワークの実装 ライトニングネットワークの実装も、ビットコイン(BTC)の将来動向を左右するイベントのひとつと言われています。ライトニングネットワークの実装が行われると、ビットコインシステムの信頼性が向上し、価値が上がると考えられています。 ライトニングネットワークとは、主にビットコイン(BTC)の処理能力が不足するリスクを回避する技術です。処理能力不足が生じるリスクのことを、スケーラビリティ問題といいます。 ビットコイン(BTC)は、約10分間の取引を一定サイズのブロックと呼ばれるものに格納します。取引量が増加してデータ量がブロックサイズを超えてしまうと、取引検証と承認がスムーズに行われず、処理が停滞してしまうことがリスクです。 ライトニングネットワーク技術を利用することで、少額決済についてはブロックチェーンの外にあるサブシステムで処理して、まとめた結果をブロックチェーンに組み込むことが可能になります。 ライトニングネットワークの実装によりスケーラビリティ問題が解決される可能性があるため、これによってビットコイン(BTC)の価値はより高まることもあるでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の半減期とは ビットコイン(BTC)の価値を高める要因としては、ビットコイン(BTC)の半減期も挙げられます。ビットコインシステムは、取引履歴の検証にいち早く成功した人に、報酬としてビットコイン(BTC)を支払うマイニングと呼ばれる仕組みによって支えられています。 半減期とは、マイニングの報酬が約4年の間隔で半減する仕組みのことで、次回の半減期は2020年です。ビットコイン(BTC)は、取引履歴の検証に対する報酬の支払いによって新規発行されます。 報酬が一定期間ごとに半減することにより、新規発行量は徐々に少なくなっていき、やがて新規発行は停止する仕組みです。新規発行量が徐々に減少してやがて停止することで、ビットコイン(BTC)の流通量は一定に抑えられることになります。 このことが、ビットコイン(BTC)の希少性を高めることにつながるのです。また、半減期を迎える前後には、価格上昇を狙った投資資金が流入することもあります。 ビットコイン(BTC)に半減期が設定されていることは、ビットコイン(BTC)の価値上昇に一役買っていることを理解しておきましょう。 仮想通貨に半減期がある理由と半減期が近い通貨の一覧を紹介します Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)の今後の将来性予測のポイント ビットコイン(BTC)の将来性を予測するにあたっては、以下のポイントに注目するのも良いでしょう。 1. 決済利用の拡大 1つ目は、決済利用の拡大です。 ビットコイン(BTC)は、価格変動によって売買差益が得られる投資対象としての魅力があります。しかし、買い物をしたときの支払手段として利用できることも大きな魅力です。 ビットコイン(BTC)は、国境を意識することなく世界中で使えるという特徴があります。今後はさらにビットコイン支払いを認める店舗などが、世界中で増加する可能性もあります。 決済で使われる機会が増加すると、ビットコイン(BTC)の需要が増加し、価格は上昇する可能性があるでしょう。 2. 発展余地がある 2つ目は、ビットコインを含む仮想通貨市場には、まだ発展余地があることです。 ビットコイン(BTC)は、誕生してから間もないシステムであり、ビットコイン(BTC)を取引する市場は拡大する余地が残っています。国によっては、ビットコイン取引の法制化が行われていないケースもある状況です。 また、日本においても、取引所を運営する仮想通貨交換業者の新規参入も見込まれています。ビットコイン(BTC)の位置づけを明確にする法律などが整備されることによって、一般の投資家や事業者がより安心してビットコイン取引に参入できるようになります。 ビットコイン取引の始め方・購入方法 ビットコイン取引を始めるためには、仮想通貨の取引所で口座開設を行う必要があります。 金融庁登録済の仮想通貨の取引所であるCoincheckを利用する場合、まずやるべきことはメールアドレスの登録です。 Coincheckの無料登録はこちら メールアドレスの登録によってアカウントを確保したら、個人情報の入力を行います。そのあとで、本人確認書類の画像やIDセルフィーのアップロードなどを行います。 その後、Coincheckから自宅に届く郵送物を受け取ったら、口座開設手続きは完了です。ビットコイン取引にあたっては、開設した口座に銀行振込などで日本円を入金します。 その資金を使って、ビットコイン(BTC)を購入するのです。購入したビットコイン(BTC)を購入価格よりも高い価格で売却することで、売却益が得られます。 また、ビットコイン(BTC)は買い物をしたときの支払手段として利用することも可能です。 ビットコイン(BTC)の購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)の保管場所 ビットコイン(BTC)は取引所に保管しておくこともできますが、自らのウォレットにビットコイン(BTC)を移動させることもできます。 ウォレットとは ウォレットとは、仮想通貨用の電子財布だと理解すればよいでしょう。ウォレットには、複数の種類があります。 ウェブウォレットは、ネットワーク上に仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。デスクトップウォレットを利用する場合は、自分のパソコン上でビットコインを保管することになります。 モバイルウォレットを利用すれば、スマホに仮想通貨を保管して持ち歩くことも可能です。 セキュリティが高い保管方法 よりセキュリティが高い保管方法を選びたい場合は、ネットワークに接続していないタイプのウォレットを選ぶとよいでしょう。 例えば、USB状のデバイスを使うタイプのハードウェアウォレットを使えば、ネットから切り離して仮想通貨の秘密鍵を保管できます。また、秘密鍵などの情報を紙に印刷して保管するペーパーウォレットの利用も、ハッキングリスクがない保管方法です。 ビットコイン(BTC)を安全に保管するためには、自分に適したウォレットを選ぶことが大切になります。目的に応じてウォレットを使い分けるようにしましょう。 ビットコインウォレットの種類とは?取引所との違いや選ぶポイントを解説 Coincheck ビットコイン取引を経験することで理解が深まる ビットコイン(BTC)は、何度か価格の暴落局面を経験しましたが、いまだにシステムは問題なく稼働しています。 今後は、ビットコイン決済が広まったり、スケーラビリティ問題が解決されることによって、さらなる発展が見られる可能性もあるでしょう。また、ビットコインETFの承認が実現すれば、需要が一気に広がる可能性もあります。 ビットコイン取引をまだ始めていない人は、まずは仮想通貨の取引所に口座開設をして、ビットコイン取引を経験しておくとより理解が深まるでしょう。

常に仮想通貨の時価総額の上位に位置するリップル(XRP)。アルトコインの取引をはじめたいと考えている人にとって、リップル(XRP)は有力な候補となるかもしれません。 しかし、取引を始める上で心配なのは今後の展望です。購入したものの価格の急落に直面したり、何の価値もなくなったりしてしまうようなことがあっては大変です。 リップル(XRP)は、他のアルトコインにはない独自の特徴があります。どのような特徴があるのかを知ることでリップル(XRP)の将来性を探っていきましょう。 リップル(Ripple/XRP)の将来は有望?今後は? はじめに、リップル(XRP)は将来有望な通貨なのかという問いに対して考えていきましょう。 仮想通貨はそのほかの金融商品と比べて価格の変動が激しい商品です。しかし、リップル(XRP)は有望視されることが多い通貨の一つです。 決済システムとして開発されたリップル(XRP)は実用化が進んでいるため、将来に期待する声が高まっているからです。なぜリップル(XRP)には将来性が期待できるかを、信用の面から考えてみましょう。 法定通貨には政府や中央銀行の裏付けがある 価格の安定には信用が欠かせません。そして、信用には裏付けが必要です。たとえば、円やドルなどの法定通貨は価格変動があっても一定の幅に収まっています。 それは、政府や中央銀行の信用や国力といった裏付けがあるからです。国力の要素には、その国の軍事力、経済力、技術力、資源、人口などがあり、それぞれの要素が変動すると為替レートも変動します。 デフォルトや軍事クーデターの起きた国の通貨の価格が下がるのは、国の信用がなくなり、通貨としての役割を果たすことができなくなるのではという心配からです。 かつて、戦争や紛争などの有事の際には米ドルが安全資産といわれていました。ところが現在は、円が買われるケースが多くなっています。 それは生保などの日本の機関投資家が、何か危機が起きると自国通貨を買う傾向が高いことが知られているからと考えられています。つまり価格の下支えをする存在があるかどうかも、信用力の裏付けになっているのです。 仮想通貨には国の裏付けがない 一方、仮想通貨には国の裏付けがありません。 需給バランスの変化だけが相場を上下する仮想通貨は、価格の変動が起こりやすい条件が整っているということもできます。特定の企業や政府の意向や影響を受けることがないのはプラスでもあり、マイナスでもあります。 その点、リップル(XRP)はリップル社が管理しており、ビットコイン(BTC)のようなマイニングはありません。また、決済システムとして優れた特徴を持つリップルのネットワークには、世界中の金融機関が参加しています。 投機性だけではなく、実用性の面でも評価され、すでに実用化の動きが広まっていることも信用の裏付けとなっていると言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)の特徴 リップル(XRP)は、「価値のインターネット」を実現するために開発された仮想通貨です。価値のインターネットとは、手軽に迅速に価値の移動を行おうとする構想です。 社会的な地位や経済状況にかかわらず、インターネット環境さえあれば利用できるメールやSNSのように、誰でも低コストで価値の移動ができる世界を目指しています。 国際送金だけのための通貨ではない 国際送金を速く安く行うことができるリップル(XRP)は、送金のための通貨だと思われがちです。しかし、国際送金はリップルの目標を実現するための一手段に過ぎません。 リップル社の創業者はリップル(XRP)の現状について、古本の再販から事業を拡大していったAmazonを例に挙げています。Amazonはさまざまな事業を行っているので、一見すると何の会社か分かりにくいと感じている人もいるかもしれません。 ところが、実際にはある事業を土台として次の事業につなげていっているという側面があります。それぞれの事業が有機的につながっているのです。 価値が集中している国際送金市場は、リップル(XRP)にとって優先順位の高い市場であったと考えることもできるでしょう。 Google VenturesやAndreessen Horowitzがリップル社に出資 また、リップル社は、Google VenturesやAndreessen Horowitzなどの有名なベンチャーキャピタルが出資した会社としても知られています。 そうした面からもリップル(XRP)の将来性をうかがい知ることができます。他にも、日本からは三菱UFJ銀行などの大手銀行が、リップルのネットワークを利用していることも有名です。 詳しくはこちら:リップル(XRP)とは?特徴をわかりやすく解説 リップル(Ripple/XRP)のメリット リップル(XRP)の主なメリットは、国際送金を速く安くできることです。 送金だけなら他の仮想通貨でもよいのでは、という疑問があるかもしれません。ここに他の仮想通貨とリップルの大きな違いがあります。 非中央集権型のビットコイン(BTC)とは異なる 仮想通貨の元祖であるビットコイン(BTC)は、中央集権的な管理者なしに、低コストで国際送金を可能にするために開発されました。 ところが、ユーザーが増えるにつれて手数料の高騰や送金速度の遅れ、マイナーが一部の地域の偏るなどの問題が出てきました。 手数料を安くする仕組みもありますが、手数料が安くなるとマイニングによって報酬を得ているマイナーの利益が減ってしまいます。特定の管理者がいないフラットな体制が、逆にビットコイン(BTC)の改良を妨げる原因となっているのです。 また、ビットコイン(BTC)はマイニングよって認証されますが、その認証方法であるプルーフ・オブ・ワークには多くの問題点が指摘されています。主な問題は送金性能の限界や、処理速度やネットワークの安定性を確保できないことです。 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 マイニングがないため電気代を抑えられる 一方、リップル(XRP)にはマイニングがありません。 リップル社が発行を管理しているため、コンピューターの電気代を最低限に抑えることができるだけでなく、手数料を高止まりさせるマイナーの意図も関係ありません。 リップル(XRP)はリップル社という管理者がいることで、改良が速く安定したネットワークが実現できるのがメリットです。 XRPにはブリッジ通貨としての役割がある また、リップル(XRP)にはブリッジ通貨としての役割があります。 ブリッジ通貨とは他の通貨との橋渡しをする通貨のことです。世界にはメジャーなものとマイナーなものを合わせると、多くの通貨が存在しています。 ブリッジ通貨がなければ、両替をする銀行はすべての通貨とのペアを準備しなければなりません。仮に世界に50の通貨が存在するとなると、通貨ペアの組み合わせは1225通りにもなります。 ブリッジ通貨があれば、国際通貨に必要となる通貨を大幅に減らすことができます。ブリッジ通貨と交換できればよいことになるので、送金のコストや手間を大幅に改善できるからです。 リップル(XRP)がブリッジ通貨としていつでも取引できる安定した市場に参加することで、リップルの価格変動も抑えられると考えられています。 即時決済システムがある また、リップル(XRP)に採用されているのは即時決済システムです。 そのため、法定通貨と仮想通貨との交換だけでなく、仮想通貨同士の交換や、クレジットカードやデビットカードの決済システムとも接続し価値の移動がスムーズに行われることを目指しています。 リップル(Ripple/XRP)の取引速度と手数料 リップル(XRP)が決済システムとして優れている要因は、取引速度の速さです。 ビットコイン(BTC)で約1時間ほどかかる取引は、リップル(XRP)ではわずか約4秒で完了するように設計されています。 また、1秒間に処理できるトランザクションの処理回数は、ビットコイン(BTC)が3~6回のところ、リップル(XRP)は5万回とされています(2017年7月15日時点)。 送金手数料で比べても、今のところはビットコイン(BTC)よりも安くなっています。そんなリップル(XRP)は金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckで、500円から購入することができます。 Coincheckの口座開設はこちら リップル(Ripple/XRP)の取引・購入方法までの流れはこちら リップル(Ripple/XRP)と提携している金融機関 リップル(XRP)の決済システムは世界中の金融機関で注目されていますが、一体どれくらいの金融機関が提携しているのでしょうか。 2018年11月時点にて、すでに200社近くと契約を結んでいることが発表されました。提携先企業のリストにはさまざまな金融機関が名前を連ねています。 日本からは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャル・グループ、三井住友信託銀行、SBIホールディングスなどが参加しています。 その他、アメリカのバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチや、イギリスのバークレイズ、スペインのサンタンデール銀行などの大手行もリップル(XRP)と提携済みです。 2018年のはじめには、クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスがリップルネットワークによる即時決済システムを実装完了したことが報じられています。 リップル(Ripple/XRP)のロックアップとは リップル(XRP)のロックアップとは、リップル社が保有するリップルを一定の期間売りに出さないということです。 リップル(XRP)はビットコイン(BTC)などとは異なり、最初にすべての通貨を発行し、時間の経過とともに流通量が減る仕組みとなっています。 リップル社は発行済の通貨1000億XRPのうち6割程度を保有していました。過半数以上のリップル(XRP)を保有していることは、市場の懸念を招いていました。 もしリップル社が一度に保有しているリップル(XRP)を一度に放出したら、リップル(XRP)の価格が暴落するのではないかというものです。この不安を払拭するために、取られた対策がロックアップです。 リップル社は保有するリップル(XRP)の87%である550億XRPをロックアップ(預託)することにしました。すでにロックアップは2017年12月までに完了しています。 ただし、このロップアップは期間限定なもので2018年1月からは毎月1日に10億XRPずつ解除されています。10億XRPを解除された月に使い切れなかった場合、残った分は再び55カ月間ロックアップするということから、安定的に開放される仕組みをとっていることが分かるでしょう。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)のロックアップとは?影響や解除について徹底解説 リップル(Ripple/XRP)の価値は今後上がる? リップル(XRP)の価格が上がる要素にはどのようなものがあるのでしょうか。 価格が上昇する要因にはさまざまなものがありますが、例えば1つは投資マネーが入ることです。現在の仮想通貨の価格上昇は、この投資マネーによって起きています。 他の要因としては、国際送金でリップル(XRP)のネットワークが普及し、リップル(XRP)がたくさん取引されることなども挙げられるでしょう。 国際送金の手段としてリップル(XRP)が日常的に利用されるようになると、かなりの取引量になります。流動性が上がることで、リップルの価格も上昇していく可能性はあるでしょう。 Coincheckの口座開設はこちら Coincheck登録方法から使い方までの初心者向けマニュアルはこちら リップル(Ripple/XRP)が今後目指すもの リップル(XRP)の実現しようとする「Internet of Value(インターネット・オブ・バリュー。略称IoV)」とは、どのような世界なのかを詳しくみていきましょう。 価値の移転を試みるIoVが目指すのは、送金だけではありません。世の中にはたくさんの電子取引可能なサービスが存在しています。 すでに株式、デリバティブ商品、ポイント、音楽、本、映像などは電子的に取引することが可能ですし、将来はサービスとサービスをつなぐこともできるようになっていくかもしれません。 株式とお金を組み合わせて買い物をするなど、買い物の方法も多様化されていく可能性があります。リップル(XRP)はブリッジ通貨としてさまざまな通貨の架け橋となろうとしている点が、ビットコイン(BTC)とのスタンスの違いとも言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)購入後の保管方法やウォレットについて リップル(XRP)を入手した後の保管方法を確認しておきましょう。仮想通貨の保管場所であるウォレットにはいくつかのタイプがあります。 ウェブウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどです。安全性は後に挙げたもののにつれて高くなっていきます。 ウェブウォレット ウェブウォレットは、インターネットに常時つながった状態で仮想通貨を保管するウォレットです。 資金移動しやすいのはメリットですが、ハッキングなどの資金流出リスクは最も高くなります。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットは、パソコンにウォレットをダウンロードしてローカル環境で利用できるウォレットのことです。 ウェブウォレットよりは安全ですが、パソコンがウイルスに感染したり故障したりすると管理できなくなるデメリットがあります。 日常的に管理する資金はデスクトップウォレットで問題ないかもしれませんが、数年単位の長期保管や大きな金額を保管するにはハードウェアウォレットなどを活用するのも良いでしょう。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、オフライン環境で仮想通貨の秘密鍵を管理できるUSBのような端末です。オフラインのためハッキングのリスクは低くなります。 ハードウェアウォレットは紛失や故障にも対応できるようになっているため、長期保管にはおすすめのウォレットです。 ペーパーウォレット ペーパーウォレットは一番安全とされている管理の方法です。紙に秘密鍵を記載するため、ハッキングリスクはゼロとなっています。 ただし、紙自体の紛失リスクや焼失リスクなどはありますので、保管には注意が必要です。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)のウォレットの選び方 リップル(Ripple/XRP)を取引する際の注意点 最後にリップル(XRP)を取引する際の注意点を確認しておきましょう。 リップル(XRP)は将来性が期待されている通貨ではありますが、仮想通貨であることには変わりません。相場の変動が大きく、価格は常に動いています。 また、法定通貨とは異なり補償がないことを認識しておくのも大切です。リップル(XRP)の値動きをこまめに確認しつつ、上手に活用していきましょう。

仮想通貨の1つであるファクトム(FCT)は、日本ではそこまで知名度は高くありませんが、海外の投資家などから注目されている仮想通貨の1つです。 そこで今回は、仮想通貨ファクトム(FCT)の今後の将来性や特徴、仕組みなどについて、初心者の方にも分かるように詳しく解説していきます。 ファクトム(FCT)の購入を検討されている方などは、今回の記事を参考にしてみてください。 ファクトム(Factom/FCT)の特徴は? 最初に「ファクトム」は、ビットコイン(BTC)のようなデジタル通貨(仮想通貨)そのものではありません。 2015年にアメリカ・テキサス州にあるFactom社が開発した、あらゆる電子データ(ドキュメント/書類)を記録・保管できる、分散管理型プラットフォームを「ファクトム」と言います。 多くの方が、住民票や登記簿謄本、印鑑証明などを貰うために、市役所や法務局へ出向いたことがあるかと思います。簡単にお伝えすると、「ファクトム」は、そのような面倒なことを全てなくしてくれるようなシステムです。 登記簿謄本・住民票・貸付記録・証券・保険などの重要書類を、「ファクトム」によって管理、追跡、監査することによって、第三者機関なしで証明することが可能なのです。 ブロックチェーンの強みは「取引履歴が改ざんできない」ところです。「ファクトム」はその特徴をうまく活かして、書類や記録を安全かつ確実に管理できることを目指しています。 なお、Coincheckで取引する際に用いられる、仮想通貨としての通貨名称は「ファクトイド(FCT)」と呼ばれます。 詳しくはこちら:仮想通貨ファクトム(FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ファクトイド(Factom/FCT)とEntry Credit(エントリークレジット) まず、通貨「ファクトイド(FCT)」のままでは、「ファクトム」は利用できません。 「ファクトム」には2つの通貨があります。1つめが上にも出てきました「ファクトイド(FCT)」、2つめは「Entry Credit(エントリークレジット)」です。 「Entry Credit(エントリークレジット)」は、「ファクトム」を利用するために支払う利用料としての役割があります。 そして「Factoid Chain(ファクトイド チェーン)」というチェーンで、「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」へ変換することができます。 この時、必ず「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」の順となりますので、投資目的であれば「ファクトイド(FCT)」のままで保有する必要があります。 では何故「ファクトム」は2つの通貨を設けているのでしょうか。「Entry Credit(エントリークレジット)」は、記録の入力と投票にしか使用できず、他の公開鍵に送信もできません。 ということは、ハッカーが「Entry Credit(エントリークレジット)」をハッキングしたとしても、情報を見ることはできず、売却することもできないので、盗む意味があまりなく、ハッキングの対象となりにくいのです。 また、「ファクトイド(FCT)」を保有する管理サーバーから、必要な量の「Entry Credit(エントリークレジット)」を購入することが可能なので、「ファクトイド(FCT)」の価格変動に影響される心配なしに、システムを使用することが可能なのです。 そのため「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」へ変換が必要なのは、セキュリティのためと言えるでしょう。 ファクトム(Factom/FTC)の今後の将来性は? 「ファクトム」の特性を活かしたプロジェクトが多く展開されていますが、中でも「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」と「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」という2つのプロジェクトが注目されています。 「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」と「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」とは一体どういったものなのでしょうか 1. dLoc by SMARTRAC(スマートロック)プロジェクト dLocとは「SMARTRAC(スマートロック)」いう会社と共同開発して生み出されたプロジェクトです。 バーコードやQRコードのような「dLocステッカー」を読み込むだけで、ウェブ上から書類の情報を引き出すことができます。dLocは、主に医療の分野での応用が期待されています。 今まで紙で保管されていた過去の医療履歴・アレルギーなど、オフラインのカルテ情報をブロックチェーン上に記録して医療機関で共有します。 記録した情報は「dLocステッカー」から一瞬で引き出すことができるので、出先で急病にかかってしまった場合でも的確な診断を受けることができます。 また、dLocは書類を保管するコストの削減や、作業の効率化をすることができ、「dLocステッカー」はブロックチェーンに記録されるので、改ざんや不正もされません。 dLocのような「ファクトム」のグローバルな活用が期待されています。 2. ファクトムハーモニー(Factom Harmony)プロジェクト 「ファクトム」は2017年4月に、「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」というアメリカの住宅ローンデータを、「ファクトム」で効率的に管理するプロジェクトを発表しました。 世界の土地建物といった不動産の登記情報に加え、住宅ローンの情報(データ)は毎年5兆ページという、非常に膨大なデータが積み上がっているそうです。それに加え、過去の40兆ページ分のデータが何らかの形で保存されています。 「ファクトムハーモニー」は、その情報管理の問題に目を付けました。それら膨大なデータを、ブロックチェーン上に保存し管理することにより、およそ5兆円かかるとされている管理コストを削減することができます。 事務の手間が減り、人件費が削減でき、各種手数料も安くなります。また、ブロックチェーン上に保存しているので、改ざんや漏洩のリスクも低く、安全に情報管理ができます。 アメリカの住宅ローン市場は160兆円にものぼり、そこに着目した「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」と、医療の記録管理に着目した「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」、現在「ファクトム」はこれら2つのプロジェクトを進めています。 3. 企業との提携 こういった動きに注目したビル&メリンダ・ゲイツ財団は、「ファクトム」との提携と、5000万ドルの資金提供を行うと発表しました。 2017年6月には、同じくビル&メリンダ・ゲイツ財団と手を組み、米国の住宅ローンの管理計画を始動させることが公表されました。 また、2018年11月にはソフトウェア大手の「Microsoft(マイクロソフト)」と技術提携を行うことが明らかになりました。 さらに、アメリカ不動産ローン会社「Equator社」も、ファクトム製品「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」を、住宅ローンデータの管理を行うEquator社のプラットフォーム「Equator PRO」へ統合することを発表しました。 こういった動きからわかるように、「ファクトム」は様々な企業から注目されていると言えるでしょう。 ファクトム(Factom/FCT)取り扱いの仮想通貨の取引所 仮想通貨の取引所はたくさんありますが、国内で「ファクトム(FCT)」を取り扱っているのはCoincheckのみとなります(2019年2月時点)。 また、直接日本円からファクトム(FCT)を購入することができます。Coincheckはスマホアプリが使いやすく、口座開設も簡単に行うことができます。 Coincheckの口座開設のやり方 1. アカウント登録 まずはCoincheckの公式サイトよりアカウント登録を行います。 Coincheckのアカウント登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) 本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 3.本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでファクトム(Factom/FCT)を購入する方法 Coincheckでは、スマホアプリやインターネットから、簡単にファクトム(FCT)を購入することができます。また、日本円から直接購入することが可能です。 Coincheckに口座を開設したら、日本円を指定する口座に現金を振り込みます。それがアカウントに反映されると、ファクトム(FCT)の購入や取引が可能となります。 まずはアカウントにログインし、ウォレットに移動します。その後、「コインを買う」のページで「ファクトム(FCT)」を選び、購入数を選択します。 価格が表示されたら「OK」をクリックして、購入は完了です。 詳しくはこちら:ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説について ファクトム(Factom/FCT)についてのまとめ 他の仮想通貨とは異なる特徴がいくつもあり、ビットコイン2.0(ビットコイン(BTC)の技術を通貨以外にも応用したプロジェクト)とも呼ばれるのが「ファクトム」です。 「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」や「dLoc by SMARTRAC」のように、「ファクトム」の特徴を活かしたプロジェクトも始まっており、他にも大型予算が組まれたいくつものプロジェクトが進行しています。 今後も様々な分野の企業が、「ファクトム」の技術を使ったプロジェクトを進めていくかもしれません。

2009年にビットコイン(BTC)から始まった仮想通貨は、現在数千種類以上あると言われ、仮想通貨を売買できる取引所も世界中に数百ヶ所あると言われています。 もちろんその中から自分のお気に入りの通貨を見つけることも、仮想通貨の楽しみの一つであるでしょう。そこで今回は、日本でも人気があるアルトコインの1つである、仮想通貨のリスク(LSK)の今後の将来性や特徴などをご紹介していきます。 リスクのチャートを確認したい方は『リスクの最新リアルタイムチャートとレート情報』をご覧ください。 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは? リスク(LSK)は2016年にリリースされた仮想通貨で、開発拠点をドイツ・ベルリンに構えており、財団の本部はスイスにあります。 Liskは分散型アプリケーションプラットフォームのことで、このプラットフォームで使われる仮想通貨の名前をリスク(LSK)と呼びます。 分散型アプリケーションとは、中央管理者が存在せずユーザー同士が管理し合って成り立っているシステムであり、「Dapps(ダップス)」と呼ばれるブロックチェーンを使ったアプリケーションのことを指します。 「リスク」と聞くと、危険という意味に捉えられがちですが、危険を意味するRISKとは全く関係ないものです。 リスク(Lisk/LSK)の主な特徴は? 以下の4つが、リスク(LSK)の主な特徴です。 「スマートコントラクトが実装できる」 「サイドチェーンの採用」 「JavaScriptで開発ができる」 「DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステイク)」 1. スマートコントラクト スマートコントラクトは、あらゆる契約行動(=取引)をプログラム化し、自動的に実行しようとするものです。 スマートコントラクトの例としてよく使われるものに、自動販売機があります。普通のお店で飲み物を買う時には、「購入者が商品をレジまで持っていき、店員がレジ打ちをして料金を請求し、購入者が支払い、店員が商品とお釣りとレシートを渡す」という流れになります。 普段は意識しませんが、私達が物を買うときには上のような流れで売買契約を行っています。スマートコントラクトの考えでは、この契約をプログラムにより自動化することで、自動販売機にお金を入れてボタンを押すだけで効率的な売買が成立することになります。 スマートコントラクトは、暗号学者であるNick Szabo氏により、ビットコイン(BTC)が誕生する前に既に提唱されていました。 スマートコントラクトを最初に採用したのは、イーサリアム(ETH)という仮想通貨です。イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇るアルトコインとして有名です(2019年2月26日時点)。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? 2. JavaScriptで開発可能 コードにJavaScript(ジャバスクリプト)を採用しているのが、リスク(LSK)の大きな特徴の一つです。 JavaScript(ジャバスクリプト)はWEB業界では一般的で、扱いやすいプログラミング言語です。そのため、たくさんのエンジニアがJavaScript(ジャバスクリプト)の情報や知識を活かすことができ、リスク(LSK)の開発に気軽に携わることができます。 携わる機会の多いプログラミング言語は、今後の開発や発展に大きな影響があることでしょう。 3. サイドチェーンを採用 サイドチェーンは、メインのブロックチェーンとは別に、複数のブロックチェーンを作り、情報などを共有します。 それによってブロックチェーン全体の機能の拡張を行ったり、処理速度を向上させることができます。このブロックチェーンとは、いわば分散型台帳です。 ネットワーク上の複数のコンピューターで取引情報を共有し、検証し合いながら保管します。それによってデータ改ざんや不正取引を防ぐことができます。 リスク(LSK)では、サイドチェーンにスマートコントラクトが書けることが、大きなメリットです。バグが生じたりハッキングされたとしても、サイドチェーンだけを切り離すことで、被害拡大を迅速に防げるメリットがあります。 逆に、メインチェーン全体を大きく変更させることなく、後からでも新しい機能を組み込むことができます。 メインチェーンで全てのプログラムを動かすよりも、サイドチェーンによる複数のブロックチェーンでトランザクションやその他の情報をやり取りしたほうが、格段に処理能力が高くなるのです。 4. DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク) リスク(LSK)のマイニングの承認システムは、DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク)を採用しています。 DPoSは、リスク(LSK)所有者全員が、立候補者から代表者を選んで投票することができる、間接民主制のような承認システムです。リスク(LSK)を持っている人は、誰でもリスク(LSK)のセキュリティを高めてくれそうな人に投票することができます。 これにより予め承認者を選ぶことができるため、承認速度がとても迅速です。 なお、リスク(LSK)ではマイニングのことをForging(フォージング)、投票することをVoting(ヴォーティング)と呼んでいます。 リスク(Lisk/LSK)の今後の将来性は? 2016年にスタートしたリスク(LSK)は、2017年の上半期ではそれほど知名度は高くはなかったものの、着実に知名度は世界中で上昇しています。 大きな時価総額を誇る有名通貨と同様のシステムを持ちながら、さらにサイドチェーン搭載で強化されている点、JavaScriptで様々な知識を持つエンジニア達が開発に携われることも含め、大きくスペックの向上が期待されている通貨の一つです。 後はその開発が順調に進むかどうかなどが、今後のポイントとなってくるでしょう。 リスク(Lisk/LSK)を取り扱う仮想通貨取引所 リスク(LSK)の特徴を一通り学んだところで、今度はリスク(LSK)を取り扱っているCoincheckについてご紹介いたします。 Coincheckは2014年に仮想通貨取引サービスの提供を開始し、現在国内の主要取引所の一つとなりました。 取引ツールの使いやすさ、スマホアプリの見やすさ、操作性の高さなどが魅力で、取り扱うアルトコインの種類も豊富です。仮想通貨の初心者から上級者まで、幅広いユーザーに利用されています。 2018年4月にはマネックスグループにグループ入りをし。新経営体制がスタートしました。オンライン証券業界で経営やリスク管理のノウハウを培ってきたマネックスグループがどう活かされていくのか、注目が集まっています。 それでは実際にCoincheckでリスク(LSK)を購入する方法を、簡単にご紹介いたしますが、まずは口座開設が必要です。Coincheckでの口座開設は、アプリや取引の操作性同様シンプルで分かりやすくなっています。 Coincheckの口座開設のやり方 1. アカウント登録 Coincheckの公式サイトよりアカウント登録を行います。 Coincheckのアカウント登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) 本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 3.本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでリスク(Lisk/LSK)を購入する方法 Coincheckでは、スマホアプリやインターネットから、簡単にリスク(LSK)を購入することができます。また、日本円から直接購入することが可能です。 Coincheckに口座を開設したら、日本円を指定する口座に現金を振り込みます。それがアカウントに反映されると、リスク(LSK)の購入や取引が可能となります。 まずはアカウントにログインし、ウォレットに移動します。その後、「コインを買う」のページで「リスク(LSK)」を選び、購入数を選択します。 価格が表示されたら「OK」をクリックして、購入は完了です。 詳しくはこちら:リスク(Lisk/LSK)取引の口座開設から購入方法を解説 リスク(Lisk/LSK)の取引にかかる手数料 リスク(LSK)だけでなく、仮想通貨の入金については、Coincheckでは入金手数料は無料になっています。 Coincheckから他のアカウントへ仮想通貨を送金すると手数料は0.1LSKとなりますが、送金先がCoincheckユーザーの場合は手数料が無料になります。 なお、日本円での出金手数料は、金額に関係なく一律407円となっています。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 リスク(Lisk/LSK)についてのまとめ これまでリスク(LSK)について説明してきましたが、どんな印象をお持ちになりましたでしょうか。 それぞれの仮想通貨の特徴を紐解き、そこから将来性という未来の可能性を眺めてみるのも良いでしょうし、難しい説明書を読み込むよりも、実際に取引をして送金してみたりすると、理解が促進されるかもしれません。 リスク(LSK)に魅力や将来性を感じた方は、まずは少額からでも仮想通貨の取引を始めてみてはいかがでしょうか。

昨今、日本でも仮想通貨ブームが起こり、テレビ、ネットなど様々な場面で「仮想通貨」という言葉を、一度ぐらいは目にしたことがあるかもしれません。 その中でもビットコイン(Bitcoin/BTC)については、仮想通貨の代表例として、多くの人が聞いたことがあるかもしれません。 今回はそのビットコインから派生した、ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性や特徴などについて、初心者向けにわかりやすくご紹介します。 目次 ライトコイン(Litecoin/LTC)とは? ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴 発行上限が約8,400万枚 ライトコイン(LTC)を管理する団体や組織は存在しない ブロック生成速度がビットコイン(BTC)より早い ライトニングネットワークの導入 ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性は? ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期について ライトコイン(Litecoin/LTC)取り扱いの仮想通貨の取引所は? 1. Coincheck(コインチェック)の概要 2. Coincheckの特徴 3. Coincheckの口座開設の方法 ライトコイン(Litecoin/LTC)についてのまとめ Coincheckの無料登録はこちら ライトコイン(Litecoin/LTC)とは? ライトコイン(LTC)は、2011年10月にビットコイン(BTC)のソースコードを基に、元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によって発案された仮想通貨です。 ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)が抱えるトランザクション(取引)処理速度の問題などを解決する目的で開発されました。 ビットコイン(BTC)よりも身近で使いやすい仮想通貨を目指し、送金スピードをビットコイン(BTC)の4倍に改善したことが最大の特徴です。 また、ライトコイン(LTC)の通貨単位はLTCで、発行上限はビットコインの4倍の 8,400万枚で設定されています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴 それでは、より詳しくライトコイン(LTC)の特徴を説明します。 発行上限が約8,400万枚 ビットコイン(BTC)の発行上限2,100万枚に対して、ライトコイン(LTC)の発行上限はその4倍の8,400万枚です。 この枚数の設定は、ビットコイン(BTC)と異なり、日常的な少額かつ高速決済に使われることを前提に設計されているためです。 ライトコイン(LTC)を管理する団体や組織は存在しない ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)と同じようにマイニングによって採掘され、多くの採掘者によってブロックチェーンのネットワークの安全性が保たれています。 そのため、政府や銀行などの中央管理体の意向に左右されない、非中央集権的な仮想通貨であると言われています。 しかし、仮想通貨の業界内には、ライトコイン(LTC)の開発や啓蒙活動を主に行っている「ライトコイン財団」が、実質的な実権を握っているとの声もあるようです。 また、創始者のCharlie Lee氏は同財団の代表を務めていることでも有名です。 ブロック生成速度がビットコイン(BTC)より早い ライトコイン(LTC)のブロック生成速度は、ビットコイン(BTC)と比較した場合、4倍程早くなっています。 ビットコイン(BTC)は1ブロックあたり約10分掛かりますが、ライトコイン(LTC)の場合は約2.5分という早さで済みます。 ライトコイン(LTC)は「Segwit」という技術をビットコイン(BTC)に先駆けて実装し、ブロックサイズの圧縮を実現しています。 「Segwit」を利用することでライトコイン(LTC)はスケーラビリティ問題を改善しました。 スケーラビリティ問題とは、ブロックサイズの制約やトランザクション(取引)容量などが原因で、データの処理すなわち送金が遅れてしまう問題です。 ライトニングネットワークの導入 また、「Segwit」を用いることで、ライトニングネットワークの導入が容易となりました。 ライトニングネットワークは、スケーラビリティ問題の大幅な改善が期待される技術として、現在も開発が進められています。この技術では、当事者間の取引をブロックチェーン外で行います。 最初と最後の取引だけがブロックチェーン上に記録され、毎回の取引をブロックチェーンで記録する必要がないため、少額かつ複数決済であったとしても手数料がほとんど発生しません。 また、ライトニングネットワークを利用することで、高速に処理を行うことができると言われています。本格的にライトニングネットワークが導入されれば、今まで以上にライトコイン(LTC)が利用しやすくなるかもしれません。 ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性は? 今後のライトコイン(LTC)の将来性は、ライトコインを決済手段として採用する企業が増えると、ライトコイン(LTC)の価値はより高まることになるでしょう。 なぜなら、ビットコインよりも使いやすく実用性に優れているためです。 ビットコイン(BTC)が金であれば、ライトコイン(LTC)は銀であるとよく言われます。 例えば、アクセサリーでも、金やプラチナは非常に高価で簡単に購入することはできませんが、金より価値の低い銀(シルバー)は最も多くのアクセサリーで使われ、もう少し安価に購入することもできる身近な存在です。 実際にライトコイン(LTC)は、決済サービスへの実用化に力を入れています。速く安く安全に決済できる仮想通貨として、企業や決済サービスとの連携も進んでいます。 より日常的に使われることを目的として作られた仮想通貨がライトコイン(LTC)のため、仮想通貨が決済ソリューションとして普及することになれば、ビットコイン(BTC)よりもライトコイン(LTC)のほうが、一般に浸透する可能性もあります。 Coincheckの無料登録はこちら ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期について また、2019年8月頃は、ライトコイン(LTC)のマイニングの半減期になると言われています。 半減期とは、マイナーへ支払われる報酬が半減するタイミングのことです。ライトコイン(LTC)の場合、マイニングという採掘作業でのみ、新しいライトコイン(LTC)が発行されます。 ライトコイン(LTC)はあらかじめコインの発行枚数が決まっており、マイニングできる量も決まっています。インフレを防ぐため、その採掘者へ支払われる報酬が減るようになっています。 前回のライトコイン(LTC)の半減期は2015年8月に起きました。その2ヶ月ほど前から1度価格が急上昇しましたが、半減期を迎える頃には価格は安定し、その後はしばらく横ばいの相場になっていました。 次に起きる半減期にも同様の動きになるのではないかと予測されています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)取り扱いの仮想通貨の取引所は? ライトコイン(LTC)を購入することができる仮想通貨の取引所として、初心者にも利用しやすい仮想通貨の取引所Coincheckをご紹介します。 1. Coincheck(コインチェック)の概要 Coincheckを運営するコインチェック株式会社は、2012年8月に設立され、2018年4月にマネックスグループにグループ入りした会社です。 マネックスグループは、東証一部にも上場しており、証券会社で実績のある大企業です。 2. Coincheckの特徴 Coincheckの主な特徴には、下記の点が挙げられます。 取扱い通貨の数が11種類とたくさんある(2019年12月時点) 取引画面が見やすく操作がしやすい 初心者でも簡単に取引ができる 最大年率5%の貸仮想通貨サービスがある コインチェックチャットがある Coincheckは、国内取引所の中では、かなり多くの銘柄を取り扱っています。また、投資の初心者でも使いやすいサービスとなっています。 3. Coincheckの口座開設の方法 Coincheckの口座開設方法はとても簡単です。以下の3つのSTEPでアカウントを作成することができます。 アカウント登録 SMS認証 本人確認書類の画像の提出 本人確認書類を提出後、登録した住所に届いたハガキを受け取れば、Coincheckでのすべてのサービスが利用可能となります。 セキュリティの観点から、登録後は「2段階認証」を必ず設定しておきましょう。 ライトコイン(LTC)の購入方法は?買い方と取引方法を解説 Coincheck ライトコイン(Litecoin/LTC)についてのまとめ ライトコイン(LTC)について簡単にまとめます。 ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨 ブロックサイズや発行上限を変更することで、ビットコイン(BTC)の抱える問題の解決を図った仮想通貨 ライトコイン(LTC)は決済サービスとしても力を入れている 半減期を迎える前には価格が動く可能性がある 仮想通貨は、Coincheckで500円などの少額から購入することができます。 買い物として使うもよし、資産の運用に回すのもよし、仮想通貨を購入する際は、目的をもって計画的に購入するのが良いでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never