Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
モナコイン(monacoin/MONA)に関する記事一覧です。モナコイン(monacoin/MONA)の基礎知識や購入・取引・口座開設の方法などが掲載されています。

カテゴリー: モナコイン(MONA)

日本で誕生した初めての仮想通貨モナコイン(MONA)は、Segwitの採用やアトミックスワップの実装などの特徴があります。モナコイン(MONA)を始めたい方に、取引口座を開設して購入するための方法をご紹介します。 投資対象としてだけでなく、さまざまな使われ方をされている、日本生まれの仮想通貨であるモナコイン(MONA)。 ここでは、そんなモナコイン(MONA)の購入方法や取引方法について、初心者にもわかりやすく解説します。 モナコイン(Monacoin/MONA)を購入するにはCoincheckで口座開設を行う モナコイン(MONA)を購入・売却するには、どうすればいいのでしょうか。 金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckでは、2019年6月からモナコイン(MONA)の取扱いをスタートしています。Coincheckで口座開設を行い、モナコイン(MONA)を取引するまでの流れを見ていきましょう。 1. アカウント登録 まずはCoincheckにアカウント登録を行います。 Coincheckの公式サイトから、メールアドレスとパスワードを入力し、「アカウントを新規作成する」ボタンを押すと、登録したメールアドレスにメールが届きます。 Coincheckのアカウント登録はこちら そのメールに記載されたリンクからサイトにアクセスすれば、メールアドレスが正しいことをチェックでき、アカウント登録が完了します。 2. SMS認証(電話番号認証) アカウント登録の後は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を使って、本人確認のSMS認証を行います。 Coincheckアカウントでログインし、サイトに表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押します。表示された認証ページに携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」のボタンを押すと、携帯電話に6桁の認証コードが記載されショートメッセージが届きます。 認証コードを「送信された認証コード」の欄に入力すれば、SMS認証は完了です。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了したら、Coincheckのサイトにお客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録し、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの顔写真入りの本人確認書類をアップロードしましょう。 本人確認書類には、運転免許証やパスポートなどの「顔写真入りの身分証明書」とともに、あなたの顔を自撮りした「IDセルフィー」を使います。公的な身分証明書に記載された写真と、自撮りしたあなた自身が同一人物であることがはっきりわかるように撮影してください。 IDセルフィーをアップロードしたら、後日、Coincheckから登録住所に簡易書留が送られてきます。はがきの受領による本人確認が済むと、Coincheckでデータが連携され、すべての機能を使えるようになります。 なお、このはがきの受領による本人確認がないと、日本円の出金などができませんのでご注意ください。 Coincheckでモナコイン(Monacoin/MONA)を購入する方法 Coincheckで口座開設が完了したら、日本円を入金することで、モナコイン(MONA)を購入できます。Coincheckでの入金方法は、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などがあります。 銀行振込の場合は、Coincheckが指定する口座に銀行振込で日本円を振り込みます。振込後、アカウントに入金が反映されれば、モナコイン(MONA)の購入が可能になります。 仮想通貨の購入の流れとしては、Coincheckにログインし、「コイン購入」を押して、モナコイン(MONA)を選択します。次に、モナコイン(MONA)の購入数量を指定すると、時価に基づいた購入金額が算出されるので、「購入する」を押して手続きを進めてください。 また、手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。なお、Coincheckではウェブサイトからだけでなく、コインチェックアプリでも仮想通貨の売買や送金が可能です。 モナコイン(Monacoin/MONA)とはどんな仮想通貨か? モナコイン(MONA)は、巨大掲示板「2ちゃんねる」から生まれた仮想通貨です。 2ちゃんねるではおなじみのアスキーアートキャラクター「モナー」をモチーフにしたことから、公式では「モナーコイン」と表記されていますが、語呂の良さからモナコイン(MONA)という名称が一般化しています。 このモナコイン(MONA)、実はほかの有力コインにも引けをとらないさまざまな特徴を持っています。 「Segwit」を採用した世界初のコイン モナコイン(MONA)には、「Segwit(セグウィット)」という技術が採用されています。 Segwitとは、簡単にお伝えすると、コインの取引に関わるデータを圧縮して軽くし、処理をスピーディーにする技術です。多くの仮想通貨の取引情報は、データを収めたブロックが鎖のように連結した「ブロックチェーン」の中に収められています。 ところが、ブロック1つあたりの容量は決まっているため、それ以上のデータを詰め込むことができません。一方のSegwitでは、コインの取引とは直接関係のない、ユーザーの署名などのデータを別の領域で管理することができ、ブロック容量を有効活用できるようになります。 例えていえば、自宅の押し入れやクローゼットの中に眠っている滅多に使わない物をレンタル倉庫に移すことで、使える収納スペースを増やすようなイメージです。Segwitのしくみによって、モナコイン(MONA)は一定時間内に多くのデータを扱うことができるようになり、処理スピードの向上を実現したと言われています。 実利用が多いモナコイン(MONA) モナコイン(MONA)は、2ちゃんねる発祥ということもあって、ユーザー同士のコミュニケーションが活発です。一部で「モナコイナー」と呼ばれる熱烈なファン層によって、モナコイン(MONA)の活躍範囲はじわじわと広がりつつかります。 「モナコイン(MONA)を盛り立てよう」とする人々の働きかけによって一部のウェブストアやリアル店舗での扱いも広がり、コミケのブースや移動販売のお弁当屋さんでも使えるケースも出てきたようです。コミュニティ活動が活発なモナコイン(MONA)ですから、今後もさまざまな実用的なサービスが登場していくことが期待されています。 モナコイン(MONA)が定着させた「投げ銭」文化 モナコイン(MONA)は元々、スピーディーな少額決済に適応するように作られたコインです。 そうした特性と活発なコミュニティ活動が相まってか、流通初期のころから「投げ銭」として使われてきました。気に入ったイラストや動画などにいくらかのモナコイン(MONA)を送り、作者をリスペクトしつつ支援する。 投げ銭機能を持ったいくつかのツールが作られたことも、そうした動きに拍車をかけました。さらに、掲示板での書き込みやTwitterのつぶやきなど、「おもしろい」「評価できる」と感じたときに、少額のモナコイン(MONA)を送るアクションが広がっていったのです。 自分の言動に対する肯定的な反応は、誰にとってもうれしいものでしょう。それは、SNSで行われているような緩やかなコミュニケーションを生み、今もモナコイン(MONA)に特徴的な文化として根付いています。 詳しくはこちら:モナコイン(MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckが選ばれる理由 oincheckは、初めての方でも簡単に登録でき、難しい手続きもなく口座開設ができます。 ビットコイン(BTC)はもちろん、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)といった、時価総額の高い仮想通貨がそろっています。2019年6月からは、国産通貨のモナコイン(MONA)の取扱いもスタートし、通貨の選択の幅がさらに広がりました。 また、購入した仮想通貨を一定期間Coincheckに貸し出すことで利用料がもらえる貸仮想通貨サービスや、電気料金の支払いでビットコイン(BTC)がもらえたり使えたりするサービスのCoincheckでんきなど、独自のサービスを提供しています。 これから仮想通貨を始めたい、モナコイン(MONA)を保有してみたいという方は、Coincheckの利用をぜひご検討ください。

モナコイン(MONA)は、初めての日本生まれの仮想通貨です。モナコイン(MONA)は実用通貨としての性格が強いコインとなっています。モナコイン(MONA)が持つ特徴と、そのメリットについて解説します。 日本生まれの仮想通貨「モナコイン(MONA)」は、実用通貨としての性格が強いと言われることもあるコインです。 仮想通貨としては世界で初めて「Segwit」という新しい技術を採用するなど、ユニークな特徴を持っています。金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckでは、2019年6月からモナコイン(MONA)の取り扱いを開始しています。 こちらの記事ではそんなモナコイン(MONA)の特徴やメリット、今後の将来性などについてご紹介します。 モナコイン(Monacoin/MONA)は実用性に優れた仮想通貨 モナコイン(MONA)は、日本で初めて作られた仮想通貨です。 2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)内のソフトウェア掲示板でそのアイディアが示され、2013年12月に開発され、翌年初頭から流通が始まりました。2ちゃんねるを象徴するアスキーアートのキャラクター「モナー」を名称のモチーフとしたことから、当初は「モナーコイン」と呼ばれ、公式サイトにもその表記があります。 しかし、語呂の良さもあって、モナコイン(MONA)という名称のほうが広く定着しています。モナコインのイメージイラストに描かれている、猫のような愛嬌のあるモナーのイメージが強いため、「ジョーク半分で作ったもの」と思われる方もいるかもしれません。 しかし、モナコイン(MONA)はいくつかの特徴的な性質を持っており、実用性に優れたコインと言われることもあるのです。多くの仮想通貨が投機目的で取引されることが多い中で、モナコイン(MONA)はユニークな存在といえるでしょう。 モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴は? モナコイン(MONA)の特徴はいくつかありますが、例えば「Segwitを採用していること」「さまざまな形で実用されていること」「コミュニティの活動が活発であること」などがあげられます。 それぞれについて、ご紹介していきましょう。 世界で初めてSegwit(セグウィット)を採用 モナコイン(MONA)は、それまで理論上でのみ提唱されていたSegwit(セグウィット)と呼ばれる技術を、世界で初めて実装した仮想通貨です。 Segwitについては、後程改めてご紹介しますが、簡単にいえばこの機能によって、より多くのデータを短時間で処理できるようになります。モナコイン(MONA)もSegwitを導入することで、取引完了までの所要時間を短縮されることが期待されていました。 Segwit導入によって、モナコイン(MONA)の実用性はより高まったとも言えるでしょう。 さまざまな形で使われる珍しい存在の通貨 モナコイン(MONA)は、さまざまな場所で通貨として実際に使われています。 取引スピードが速いので、海外送金やネットショップでの決済に使われるほか、一般の店舗でも利用できる範囲が広がっています。以前には、モナコイン(MONA)での支払いに対応したモナバー東京などもありました。 また、「投げ銭」として使われることも、モナコイン(MONA)の特徴のひとつです。気に入ったクリエイターを支援するための送金のほか、掲示板の書き込みやSNSのアカウントにモナコイン(MONA)を送金するサービスが複数あり、「0.00114114(イイヨイイヨ)MONA」や「0.004649(ヨロシク)MONA」など、語呂合わせの少額が送金されて、緩やかなコミュニティが形成されています。 仕事上のつらい出来事をつぶやいたら、「0.007974(ナクナヨ)MONA」が送金されてきた。こんなことがあると、ほっこりした気持ちになるかもしれません。 モナコイン(MONA)を盛り上げるコミュニティの存在 2ちゃんねる発祥ということもあってか、モナコイン(MONA)は誕生当初からコミュニティの動きが活発で、「もっとモナコイン(MONA)を盛り上げよう」という意識を持つ人が多くいたようです。 それがさまざまなサービスを生み、ウェブだけでなくリアル店舗への展開を後押しして、モナコイン(MONA)の普及に貢献してきました。「モナコイナー」と称されるモナコイン(MONA)のファンによって女性キャラクターが作られたり、各種イベントが開催されたりと、それぞれが自分なりの関わり方でモナコイン(MONA)を盛り上げ、楽しもうとする姿勢が強く見られます。 自分たちが持つ専門的な知識や技術を惜しみなく投入する一方で、モナコイン(MONA)の成長と発展を楽しむ。こうしたコミュニティの存在も、モナコイン(MONA)の大きな特徴と言えるでしょう。 スピーディーな取引を実現するSegwitとは? Segwitは、モナコイン(MONA)の技術的・機能的な大きな特徴のひとつです。少々ややこしい話になりますが、もう少し詳しく解説しましょう。 仮想通貨の中で知名度No.1であるビットコイン(BTC)が誕生してから、多くの仮想通貨が世に出ることになりました。その多くは、ビットコイン(BTC)を手本とし、ビットコイン(BTC)に準じた構造・設計がなされています。 確かに、ビットコイン(BTC)とそれを支える「ブロックチェーン」のアイディアは、斬新なものでした。取引のデータをひとまとまりのブロックにまとめ、鎖のようにつなげていくことで高いセキュリティを実現したこの技術は、今も大きな将来性とともに注目されています。 しかし、ビットコイン(BTC)による取引が増えていくと、一つひとつのブロックのデータ容量が不足し、取引のスピードが頭打ちになるという問題が表面化してきました。この問題の解消を目指したのが、モナコイン(MONA)に実装されたSegwitです。 仮想通貨で使われているブロックチェーンのブロックの中には、個々の取引データのほか、誰がその取引を行ったのかを保証する電子的な署名が含まれています。Segwitはこの署名部分を分離し、別の領域で管理する構造とすることで、ブロック内により多くの取引データを格納することを実現する技術です。 Segwitの技術によって、今まで以上に多くの取引データを処理することができ、結果として時間あたりに処理できるデータが増えることになりました。処理速度が向上することで、より多くの取引を低コストでさばくことができるようになったのです。 投げ銭文化を根付かせたモナコイン(Monacoin/MONA) モナコイン(MONA)の特徴的な用途として、投げ銭があります。 気に入ったクリエイターへの支援、SNSでのつぶやきへの賛同など、モナコイン(MONA)の送金によるコミュニケーションは、いろいろなところで行われています。こうした動きが活発化した背景には、複数の「投げ銭ツール」の存在があります。 モナコイン(MONA)は、サービス開始の初期から、「tipmona(2019年9月でサービス終了予定)」や「Ask Mona(2020年9月でサービス終了予定)」など、投げ銭機能を持ったサービスが登場していました。これらのサービスでは、おもしろいツイートや掲示板の書き込みに対して、モナコイン(MONA)を投げ銭として送ることができました。 著名人のTwitterアカウントにいくらかのモナコイン(MONA)を送ったという例は、ネットでも話題になりました。このようにして、モナコイン(MONA)には「投げ銭文化」が定着していったのです。 モナコイン(Monacoin/MONA)の今後の将来性は? たとえ実用性が高いといっても、今後も多くの人々に利用され、普及が進んでいくかどうかは、モナコイン(MONA)そのものの将来性次第です。この点においても、モナコイン(MONA)にはいくつか特徴的なポイントがあります。 アトミックスワップを実装 モナコイン(MONA)には、「アトミックスワップ」の導入に成功しています。 アトミックスワップとは、第三者の仲介がなくても、異なるブロックチェーン間の仮想通貨を交換できるしくみです。つまり、個人間で異なる仮想通貨を持ち寄り、持ち逃げされる危険がなく安全に交換できるのです。 このしくみを実装している仮想通貨は、2019年5月末時点でまで10種類程度と、決して多くはありません。アトミックスワップの実装によってさらに用途が広がり、ユーザーが増える可能性もあります。 国内外の仮想通貨の取引所でも流通が始まる 国内では2019年6月から、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckでも、モナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。 まだ、海外の仮想通貨の取引所ではモナコイン(MONA)はあまり取り扱われておらず、海外のユーザーにもほとんど知られていなかったモナコイン(MONA)だけに、今後は海外のユーザーの注目を集めることも期待されます。 今後海外の仮想通貨の取引所でも取り扱いが増えれば、国内外の両面にわたって、ユーザー数が増えていくことが予想されます。同時にコミュニティが拡大していけば、投げ銭のような新たな用途が生まれる可能性もあります。 まだまだ成長する可能性のあるモナコイン(Monacoin/MONA) 数ある仮想通貨の中でも、モナコイン(MONA)は投機対象としてではなく、活発な流通が行われています。 そのようなモナコイン(MONA)の特徴を活かした新たなサービスが、今後国内外で登場する可能性もあるでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never