仮想通貨のお財布?ホットウォレット3つの種類とその特徴

「ホットウォレットって何?」「ホットウォレットのセキュリティ対策は安全?」

仮想通貨を個人で保有したい方や取引所の安全性を確認したい方はこのような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

この記事で解説する「ホットウォレットのメリット・デメリット」と「コールドウォレットとの違い」を読むことで、ホットウォレットの必要性について理解することができます。
ぜひ最後まで読んでみてください。解説します。

執筆Coicheck Column編集部

Coicheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

仮想通貨取引に欠かせないホットウォレットの基礎知識

ウォレット

まずはウォレットについて解説しましょう。ウォレットとは「財布」のことで、仮想通貨を保管しておく場所を指します。また保存だけではなく、送金、受金の際にも必要となります。

現金の場合、少額を頻繁に出し入れするなら財布、まとまった額は銀行口座といったように保管場所を使い分けるでしょう。同じように、仮想通貨のウォレットにもいくつかの種類があり、用途によって使い分けられます。

仮想通貨ウォレットを大きく2つに分類すると、ネットに接続された環境にあるホットウォレット、ネットから遮断されたコールドウォレットの2種類が存在します。

ここではまずホットウォレットの種類について解説します。

ホットウォレット3つの種類

ホットウォレットには3つの種類があります。いずれもセキュリティには万全を期していますが、ハッキングの危険性などは少しずつ違いますから、用途に合わせて使い分けるといいでしょう。

①取引所ウォレット

取引所ウォレットとは、取引所が管理しているウォレットです。仮想通貨取引にはウォレットが必要不可欠ですが、ハッキングされる可能性は残ります。売買や取引を行うときは、使う分だけを一時的に取引所ウォレットに保管するといいでしょう。

②ウェブウォレット

取引所とは関係のない、独立したサーバー上に開設されているのがウェブウォレットです。専用サイトにログインして使う形式なので、自分のPCやスマホでなくても利用することができます。ただし、セキュリティレベルは管理会社次第になるので、事前に情報を集め、どのウォレットを選ぶか慎重に見極めることが必要です。

③ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは、PCやスマホにアプリをインストールすることで利用できます。自分のデバイスで管理することになりますから、ハッキングのリスクは下がります。使いやすさと安全性という点では、バランスのとれたウォレットといえるでしょう。

ホットウォレットとコールドウォレットの違い

ホットウォレットとコールドウォレットの違いは、インターネットに接続された状態かどうかです。
ホットウォレットは常にネットに接続された状態で、取引所や外部のウェブサーバー上で仮想通貨を管理します。

手軽に利用できる反面、オンラインであるため、セキュリティ上のリスクはあります。
一方コールドウォレットは、さまざまな方法を使ってオフラインで仮想通貨を管理します。USBメモリのような専用デバイスで管理したり、紙に記録して管理したりする方法があります。手間がかかりますが、ネットから隔離されているコールドウォレットは、ホットウォレットよりも安全性が高いといえます。

ホットウォレットのメリット・デメリット

ホットウォレットにはメリットとデメリットがあります。ホットウォレットの特徴をしっかりと理解して利用しましょう。

メリット:送金や取引のスピードが早い

ホットウォレットのメリットは、送金や取引のスピードが早いなどの手軽さになるでしょう。
ホットウォレットは常にインターネットに通じているため、すぐに入出金、仮想通貨の売買を行うことができます。

仮想通貨は1日のうちに大きく価格が変動することがあるので、チャートの値動きを見ながらタイミング良く取引したり、頻繁に取引を繰り返す方は取引所のホットウォレットを活用するといいでしょう。

デメリット:セキュリティ面のリスクがある

ホットウォレットはオンライン上に保管されているため、ハッキングのリスクがどうしても残ります。しかし、取引所側でも万全を期しており、二段階認証のほか、生体認証も使われるようになっているため、セキュリティ強度は向上している傾向にあります。

ホットウォレットを活用する場合は、どのようなセキュリティ体制になっているのかを確認しておきましょう。

ホットウォレットを用途に応じて活用しよう

オンラインウォレット

最後にホットウォレットについて振り返りましょう。

ホットウォレットとは
仮想通貨を保管しておく財布のようなもので、保存だけではなく、送金、受金の際にも必要となります。

ホットウォレットは大きく分けて3種類あります。

取引所ウォレット
ウェブウォレット
ソフトウェアウォレット

ホットウォレットのメリットとデメリットは次の通りです。

メリット:「送金や取引のスピードが早い」
デメリット:「セキュリティ面のリスクがある」

ホットウォレットはスピーディーな取引を行うには欠かせない存在ですが、セキュリティという面ではリスクもあります。あくまで可能性ですが、ハッキングや情報流出はデジタルコンテンツの全般で起こりうることです。

必要なだけの仮想通貨をホットウォレットに入れておき、取引することをおすすめします。

また、国内の仮想通貨取引所大手であるCoincheckでは、仮想通貨の取引や送金がスピーディーにできるホットウォレットに加え、一定額を上回る分の仮想通貨については隔離運用されたコールドウォレットで管理するシステムをとっています。

そのため、万一不正アクセスを受けた場合でも、コールドウォレット内に保管された通貨への影響を避けることができます。Coincheckのウォレットは、Coincheckのアカウントを作成することで利用できます。

「これから仮想通貨を始めたい」という方は、まずCoincheckのアカウントを作り、オンラインウォレットがどのようなものかを体験してみるのが良いでしょう。