仮想通貨交換業者とは?選び方のポイントを初心者向けに簡単解説

仮想通貨の情報を見ていると、「仮想通貨交換業者」という単語を目にすることがあります。この仮想通貨交換業者とは、どのような業者なのでしょうか。

ここでは、仮想通貨交換業者とは何か、その定義や今後など、初心者の方向けにわかりやすくまとめています。

また、仮想通貨に興味を持ち始めた人のために、仮想通貨の交換業者の選び方から、仮想通貨の購入方法についてもご紹介しています。

仮想通貨交換業者とは何か?

仮想通貨交換業者は、主に仮想通貨の交換を取り扱う業者です。

しかし、すべての仮想通貨取り扱い業者が「仮想通貨交換業者」を名乗れるわけではありません。仮想通貨交換業者の定義について、以下でくわしく見ていきましょう。

金融庁から登録を受けた取り扱い業者

仮想通貨交換業者とは、仮想通貨の取り扱いについて、金融庁から登録を受けている業者のことです。

仮想通貨交換業者とは別に、「みなし業者」と呼ばれる業者も存在します。みなし業者とは、金融庁には未認可ながら現在申請中であり、その間に期限付きで仮想通貨交換の営業をしている業者のことです。

仮想通貨交換業者とみなし業者の数は?

金融庁認定の仮想通貨交換業者は、2019年1月末時点にて17社となっています。また、みなし業者の数は2社となっています。

こうしてみると、仮想通貨交換を取り扱う業者はまだ多いとはいえません。しかし、現在仮想通貨交換業申請の検討を表明している業者は100社を超えており、仮想通貨は依然として注目されているといえます。

仮想通貨交換業者は今後どうなる?

今後
金融庁から正式に認可を受けている仮想通貨交換業者は、今後増えていくのでしょうか。また、すべての業者は安全であるといえるのでしょうか。

現在金融庁の審査ハードルは高くなっている

仮想通貨交換業者やみなし業者が現状少ない理由として、金融庁の認可審査が大変に厳しいことも挙げられます。仮想通貨が一時大きな話題となった2017年末頃には、現在よりも多くのみなし業者が、仮想通貨交換の取り扱いを行っていました。

中には、運営体制が整っていないまま交換を行う業者もあったため、金融庁が認定の判定を引き上げたのです。これを受けて取引所を閉鎖し、申請を取り下げた業者も多く存在します。

日本は仮想通貨先進国?

仮想通貨はまだ新しい技術のため、最新の動向について国も情報を集め、投機性の高い制度の規制を行い、運営元の管理体制についても厳しくチェックをしています。

こうした仮想通貨取り引きを行う業者についての審査や、運営に関する規定を本格的に設けている国は、まだ少ないのが現状です。世界では仮想通貨の規制や制限ばかりが先行し、その一方で、セキュリティ面で怪しい海外の販売所も横行しています。

仮想通貨の安全な流通に向けて取り組み、リスク管理に疑問が残ることのないように努めている日本は、仮想通貨先進国であるともいえるかもしれません。

金融庁認定の業者が扱う仮想通貨が安心とは限らない

仮想通貨交換業者として、金融庁から認定を受けている業者は、信頼面で一定の基準をクリアしているといえます。ただし、業者が安全であることと、そこで扱っているコインの将来性とは切り離して考えるべきです。

仮想通貨は値動きの変動も激しく、今後の動向によっては、どのコインが残っていくのかはわかりません。仮想通貨を購入する際には、業者を吟味して選ぶことも大切ですが、仮想通貨の現状把握も重要です。

概要を把握し、チャートをこまめに確認することも大切です。

仮想通貨はどこから購入するのがいい?

仮想通貨購入
仮想通貨を保有するためには、信頼できる仮想通貨交換業者を選ぶところから始めます。

ここでは、仮想通貨交換業者を選ぶ際のポイントや「取引所」と「販売所」の違いについても見てみましょう。

仮想通貨交換業者を選ぶときのポイント

仮想通貨を保有したい場合、はじめは正式な認可を受けた国内の仮想通貨交換業者から選ぶのがよいでしょう。特に、金融庁の審査が厳しくなった2018年以降に認定された業者は、以前よりも安全面で信頼できると考えられます。

他には、金融庁認可の一般社団法人「日本仮想通貨交換業協会」に加盟している業者、同協会から認定されている仮想通貨交換業者であることも、一定の判断材料となるでしょう。

仮想通貨販売所とは

仮想通貨販売所とは、文字通り仮想通貨の販売を行っている窓口のことです。仮想通貨を購入する場合、仮想通貨交換業者が運営する販売所を使い、業者から直接購入するケースが一般的です。

販売所を利用するには、まず販売所にアカウントを開設し、日本円やビットコインなどを送金して購入します。

販売所のメリットとしては、自分の好きなときに、すぐに購入できる点が挙げられます。販売所での売買は、口座開設も操作方法もシンプルなものが多く、インターネットが苦手な人でも問題なく操作が可能です。

購入した仮想通貨は、そのまま販売所のウォレットで保管することもでき、そこから別の場所へ送金することもできます。

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら

仮想通貨取引所とは

仮想通貨取引所とは、仮想通貨を保有している他のアカウントと取り引きを行う窓口のことです。

「仮想通貨の売買」という点では販売所と同じですが、取引所では仮想通貨交換業者からの直接購入はできません。その代わりに、取引所へ登録している個人のアカウントと売買する点が、販売所とはことなります。

取引所のメリットは、自分の希望した価格で注文をすることができることです。指し値次第では、販売所を経由して仮想通貨を得る場合より、割安に仮想通貨の取り引きができます。仮想通貨自体の値動きを予測して細かく売買を行う、といった取り引きも可能です。

一方取引所のデメリットは、売買が成立しないリスクがある点などがあります。個人間との取り引きとなるため、自分が「この価格で買いたい」と思っても、その価格で売り注文が出ていなければ、仮想通貨を買うことはできないのです。

また、初心者にとっては注文方法が難しく、注文ミスをしてしまう可能性もあります。取引所の利用には、外国為替や株取引などの知識がないと、初心者にはハードルが高く感じるでしょう。

特に値動きの激しい仮想通貨では、ちょっとしたタイミングで結果が大きく変わってしまうリスクもあります。売買のシステムも、慣れるまではわかりにくいと感じるかもしれません。

仮想通貨交換業者についてのまとめ

仮想通貨交換業者とは、金融庁から正式な認可を受けた仮想通貨を扱う業者のことです。認可の審査が厳しくなったことから、業者の数は現状多くはありません。

しかし、申請を検討している企業も多いことから、今後はより安全な仮想通貨交換業者が増加する見通しとなっています。

仮想通貨の売買は「販売所」と「取引所」の2種類があり、仮想通貨を始めるなら、最初は認可を受けた販売所から購入し、目的に応じて取引所を使用するのがよいでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never