総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ

2019-07-11 仮想通貨の購入

世界中で取引が行われている仮想通貨。この仮想通貨の取引を行うためには、仮想通貨の取引所・販売所で口座開設を行う必要があります。

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設をすることで、インターネット上で仮想通貨の交換・売買が可能です。24時間変動するレートを見ながら、リアルタイムに仮想通貨の取引を行うことができます。

この記事では仮想通貨の取引所Coincheckで口座開設するまでの流れや、メジャーな仮想通貨の特徴などを押さえていきましょう。

仮想通貨の取引の始め方

仮想通貨の取引を始めるまでの流れとしては、まずはCoincheckのアカウント登録を行います。

Coincheckのアカウント登録はこちら

そして、SMS認証(電話番号認証)を行い、本人確認書類を提出します。その後、Coincheckから郵送されたはがきを受け取ったら、Coincheckのすべての機能を使うことができるようになります。

1. Coincheckのアカウント登録

口座開設
仮想通貨の取引所・販売所である「Coincheck」の口座開設には、アカウントの登録が必要です。

アカウントの登録ページはこちら

アカウント登録の方法には、下記の2種類があります。

・メールアドレス、パスワードの登録

Coincheckのサイトから、メールアドレス・パスワードを登録します。パスワードはセキュリティの関係上、半角英数字を交ぜて入力します。数字のみ、アルファベットのみでの設定はできません。

メールアドレスとパスワードを入力したら、画面内の「アカウント作成」ボタンを押してください。登録したメールアドレス宛に、メールが送信されます。

メールに記載されたリンクを押し、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント登録は完了となります。

・Facebookアカウントで登録

Facebookアカウントを持っている場合は、そのアカウントを使って手軽にユーザー登録ができます。登録画面内の「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成できます。作成時に使用したFacebookアカウントにログインしている状態であれば、Coincheckアカウントにログインが可能となります。

Facebookアカウントを使用する上での注意点としては、Facebookに登録したメールアドレスを変更した場合には、Coincheckの登録アドレスを手動で変更する必要があることです。

FacebookとCoincheckの登録メールアドレスは連動していないので、FacebookとCoincheckの2つのアカウントで同一のメールアドレスを使用しないと、Coincheckのログインができません。そのため、Coincheckのメールアドレスを変更するか、Facebookのメールアドレスを元に戻す必要があります。

2. SMS認証(電話番号認証)を行う

Coincheckのアカウント登録後に、本人確認を行います。

本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。

本人確認はまず、SMS認証(電話番号認証)を行います。SMSとは、ショートメッセージサービスのことで、電話番号を宛先に指定して、短いテキストメッセージを送受信するもの。SMS認証とは、このSMSを使って行う本人確認になります。

本人確認

まずはCoincheckアカウントでログインすると表示される、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押してください。ここから電話番号認証の手続きに入ります。

まずは、登録者の携帯電話番号を入力します。その際、ハイフンの入力は不要です。そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にメッセージが届きます。SMSに送信された「認証コード6桁」の番号を、「送信された認証コード」欄に入力します。

6桁の番号を入力した後、「認証する」を押すとSMS認証が完了となります。

なお、「SMSを送信する」を押してから、15分以上経ってもメッセージが届かない場合は、もう一度「SMSを送信する」を押してください。なお、同一番号へのSMSの送信回数の上限は6回となります。

3. 本人確認書類を提出してはがきを受け取る

SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。Coincheckで書類を受領した時点で、作成日・発行日から6ヵ月以内、あるいは有効期限内の書類に限り有効です。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のはがきが住所に届けられます。

このはがきを受け取った時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

登録情報の修正・変更について

登録情報の修正・変更がある場合は、サイトからユーザー自身で手続きを行うことが可能です。

本人確認ページにアクセスし、「登録情報(変更)」を押して、手続きを進めます。

・住所・氏名の変更

住所・氏名の変更を行う場合は、それぞれ新たに本人確認書類の提出が必要になります。

・電話番号の変更

電話番号の変更を行う場合は、電話番号認証ページにアクセスして、新しい電話番号を入力します。

まもなくショートメッセージが届きますので、本文に記載されている数字6桁のコードを、Coincheckの画面に入力することで、新しい電話番号に変更できます。

・メールアドレスの変更

メールアドレスの変更を行う場合は、基本設定の変更ページにアクセスして、新しいメールアドレスを入力します。まもなく、今の登録メールアドレス宛に確認メールが届きますので、本文のリンクを押すと、新しいメールアドレスに変更できます。

セキュリティ強化のために2段階認証を設定する

Google Auenticator
2段階認証とは、ユーザー自身で設定したログインパスワードだけではなく、メールや認証アプリなどを用いて発行される「認証コード」を使って認証を行うシステムのこと。

Coincheckでは、Google社が提供する認証アプリ「Google Authenticator(iOS/Android)」による認証システムを推奨しています。

2段階認証を設定後、ログインページから登録メールアドレスとパスワードを入力してログインすると(登録したFacebookを通してのログインも可)、2段階認証画面が表示されます。

二段階認証

認証アプリ「Google Authenticator」を起動すると、6桁のパスコードが表示されますので、2段階認証画面でパスコードを入力します。正しいパスコードが入力されるとログイン状態になり、仮想通貨の取引が可能になります。

セキュリティ強化のためにも、2段階認証は必ず設定しておくようにしましょう。

仮想通貨を購入する

Coincheckで仮想通貨を購入する際の手順を確認していきましょう。

まず、Coincheckで指定されている口座に日本円を振り込みます。これにより、Coincheckアカウントへの日本円の入金が可能となります。なお、金融機関側で振込みが完了した後、アカウントに反映されるまでに時間がかかる場合があります。

次に、「コインを買う」のページから、仮想通貨の数量を指定することで、必要な日本円が算出されます。確認の上「購入する」ボタンを押せば、購入した仮想通貨の金額が反映されます。

Coincheckのアカウント登録はこちら

仮想通貨とは?

仮想通貨
そもそも仮想通貨とは、特定の国家から価値の保証がされていない通貨であり、デジタル通貨の一種です。

日本円やアメリカドルといった法定通貨のように、目に見えるものではなく、仮想通貨には紙幣や硬貨は存在しません。仮想通貨は、暗号を使用して交換できる電子データです。仮想通貨と法定通貨を交換することや、店舗によりますが仮想通貨を使った買い物も可能です。

ビットコイン(BTC)

代表的な仮想通貨といえば「ビットコイン(BTC)」でしょう。

ビットコイン(BTC)は、世界で初めて分散化された仮想通貨といわれており、現在では取引量・時価総額ともに世界一を誇ります。

さらに、ビットコイン(BTC)に続いて、イーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)など、多くの仮想通貨が登場しました。

アルトコイン

ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれています。

アルトコインは「Alternative Coin」の略称で、すなわち「代替コイン」を意味します。ビットコイン(BTC)の注目度が上がっていったことで、ビットコイン(BTC)とそれ以外のアルトコインという呼び名が生まれました。

仮想通貨それぞれの特徴について

Coincheckの取り扱い仮想通貨
Coincheckでは、ビットコイン(BTC)をはじめとした、多くの仮想通貨を扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

ここでは、その中でも人気の高いビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、リスク(LSK)、ライトコイン(LTC)についての特徴をご紹介します。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は、2008年に考案された暗号技術を利用した仮想通貨です。

ブロックチェーン技術によって価値の担保を行い、発行主体を持たないなどの特徴があります。仮想通貨の中では、ビットコインの知名度はNo.1でしょう。

なお、ブロックチェーン技術とは、ある一定数の取引記録が1つの塊(ブロック)として管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理される技術のことです。

詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説

ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

リップル(XRP)

リップル社(Ripple Inc.)が運営する決済システム・送金ネットワークで使用される通貨を、リップル(XRP)といいます。リップル(XRP)は、低コストで国際送金できるという特徴を持っています。

詳しくはこちら:リップル(XRP)の特徴とは?

リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、ブロックチェーン技術によって取引履歴を管理しているビットコイン(BTC)から、さらに進んだ機能を持っています。

ブロックチェーンに契約情報(スマートコントラクト)を書き込むことができるので、「取引の経緯」や「契約内容」といった細かい情報を記録することが可能です。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か?

イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

リスク(LSK)

リスク(LSK)は、どの場所からでも業務処理が可能になる分散型アプリケーションを採用しており、イーサリアム(ETH)に似たしくみを持っています。

契約情報(スマートコントラクト)の記述言語に「JavaScript」を採用しているので、開発に参入しやすくなっています。

詳しくはこちら:仮想通貨リスク(LSK)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説

リスク(LSK)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

ライトコイン(LTC)

ビットコイン(BTC)を「金」とすると、ライトコイン(LTC)は「銀」を目指して開発されました。ビットコイン(BTC)の欠点になりそうな部分を改善して、共存を目指しています。

具体的には、ビットコイン(BTC)よりも高速で取引ができるので、手数料を抑えることが可能になっています。

詳しくはこちら:仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説

ライトコイン(LTC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

Coincheckが選ばれる理由

コインチェックアプリ(iOS)
Coincheckは、業界でも最大級の取扱高、業界最大級のユーザー数を誇っています。アカウント登録から口座開設までは簡単に行えますので、気軽に仮想通貨の取引を始めることができるでしょう。

また、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、多数の取扱コインがあり、選択肢が豊富です。さらに、Coincheckアプリは業界最大級の利用者数となっており、チャートが見やすく、簡単に仮想通貨を取引できる機能が備わっています。

仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never