Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

【仮想通貨のポートフォリオ】投資スタイルに合わせた事例を解説

その価格変動の大きさから、投資として魅力を感じる人も多い仮想通貨。ビットコイン(BTC)を始めとして多くのコインが登場し、仮想通貨投資を初めてするという人も増えています。

うまく立ち回れば大きな利益を狙えるものではありますが、一方でポートフォリオを工夫するなどしてリスクを抑えることも重要になります。そこで今回は、仮想通貨投資を行ううえで押さえておきたいポートフォリオの組み方を投資スタイル別に紹介します。

仮想通貨のポートフォリオは投資スタイルに合わせて組もう

ポートフォリオ
ポートフォリオは、仮想通貨はもちろん株式投資などでも使われる言葉で、もともとは「書類入れ」という意味です。

投資用語としてのポートフォリオは、「所有する資産の組み合わせや比率」のことを指します。投資では、どのくらいのリターンを狙うか、どのくらいにリスクを抑えるかなど、投資スタイルに合わせて銘柄のバランスを考えていく必要があります。

たとえば、株式投資においてリスクを取ってもリターンを狙いたい場合には、ベンチャー企業の配分を多く、なるべく堅実に投資したい場合には、大企業や安定成長企業の配分を多くする、といった具合です。

投資スタイルは基本的に、ハイリスク・ハイリターンを狙う「攻め」と、ローリスク・ローリターンを狙う「守り」の2種類に分けられます。まずは自身の投資スタイルを定めて、ポートフォリオを組んでいくと良いでしょう。

なお、投資スタイルだけでなく、そのときの相場環境に合わせて、相場上昇時には攻め、相場下落時には守り、といった具合にその都度調整していくのもポイントです。仮想通貨におけるポートフォリオの組み方について、具体的に次の段落から説明していきます。

ハイリスク・ハイリターン「攻め」のポートフォリオの組み方

攻めのポートフォリオ
まずは、ハイリスク・ハイリターンを狙う場合の「攻め」のポートフォリオの組み方について具体例を紹介します。

攻めのポートフォリオにする場合、基本的には多少のリスクはとっても大きなリターンを期待する構成にする必要があります。

そのため、ボラティリティ(価格変動)の大きいコインを中心に組み合わせる形となります。なお、当然ながらその分リスクは大きくなるので注意しましょう。

例1:ビットコイン(BTC)主体のポートフォリオ

「攻め」のポートフォリオの一例として、まず紹介するのはビットコイン(BTC)を主体にしたものです。

ビットコイン(BTC):60%
アルトコイン①:20%
アルトコイン②:10%
アルトコイン③:10%

ビットコイン(BTC)は多くのアルトコインの基軸通貨にもなっており、仮想通貨の代表ともいえるコインです。今後の発展が最も期待される通貨ともいえるので、ビットコイン(BTC)の投資比率が60%ともっとも多くなるように組んでいます。

残る40%は、いくつかのアルトコインを組み合わせます。このとき、時価総額が上位のアルトコインだけでなく、そこまで高くないコインも組み入れることで、より攻めのポートフォリオとなります。

このポートフォリオのポイントは、相場環境に応じてビットコイン(BTC)からアルトコインへ切り替えられるという点です。仮想通貨市場では、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した後にアルトコインの価格が上昇する傾向がたびたび見られます。

このため、ビットコイン(BTC)の上昇を観測してから、一部のビットコイン(BTC)をアルトコインに切り替え、ポートフォリオ内の比率を高めて、より高い利益を狙うといった立ち回りができます。

例2:ボラティリティの高いアルトコイン主体のポートフォリオ

次に紹介する「攻め」のポートフォリオの例は、アルトコインを主体にしたものです。

ビットコイン(BTC):10%
アルトコイン①:15%
アルトコイン②:20%
アルトコイン③:25%
アルトコイン④:30%

こちらは「例1」と比較すると、よりハイリスク・ハイリターンな構成になっています。

ビットコイン(BTC)の割合を10%に抑えて、リスクは高めですがリターンを期待できるアルトコインの比率を上げたポートフォリオです。時価総額の低いアルトコインにするほど、価格変動が大きくなる傾向にあるため攻めの姿勢は強まります。

仮想通貨で「攻め」のポートフォリオを組む際の重要ポイント

「攻め」のポートフォリオを組む際のポイント
「攻め」のポートフォリオを組むためには、ただやみくもにリスクの高いコインを保有すれば良いわけではありません。

ここからは、仮想通貨で攻めのポートフォリオを組む際に押さえておきたい重要なポイントを説明していきます。

コインについてしっかり情報を押さえて価格変動に備える

「攻め」のポートフォリオを運用する際に最も重要となってくるのが「情報収集」です。

攻めのポートフォリオでは、時価総額の低いマイナーなアルトコインを組み入れることも多くなります。流動性の少ないアルトコインほど、小さなニュースでも大きな価格変動を起こす傾向が強いです。

たとえば、そのコインが詐欺通貨であることが判明した場合や、開発が遅滞している場合、プロジェクト自体が白紙になった場合、イベントを実施した場合など、様々な事情で価格が乱高下する可能性があります。

投資対象としてはリスクが極めて高いことを意味するので、購入前に下調べを行っておくだけでなく、購入後も常に情報に耳を傾けておき、価格が乱高下したら迅速に対応することが求められます。

リスクが高いことを自覚して自分の定めた取引ルールに従う

「攻め」のポートフォリオを運用するにあたって、大きなリスクはつきものです。問題は、このリスクをいかに抑えられるかということになるでしょう。

当然、生活費などに影響が出てしまわないように余裕資金で行うことはもちろんですが、自身の取引ルールを確立しておくというのも重要なポイントです。

たとえば、「いくら利益が出たら利益を確定する」「いくら損失が出たら損切りをする」などルールを決めて、それに従って取引を行うのも良いでしょう。

価格が乱高下した際には、感情で物事を判断してしまい、「もう少し上がってから売りたい」「下がったけどまた上がるかもしれない」などと損失を拡大する手を打ってしまいがちです。予め定めたルールに従って冷静に判断することが、リスクを抑えるうえでは重要になります。

ローリスク・ローリターン「守り」のポートフォリオの組み方

「守り」のポートフォリオ
「攻め」のポートフォリオについて分かったところで、ここからは「守り」のポートフォリオの組み方を紹介していきます。

守りのポートフォリオを運用することで、大きなリターンを狙わない代わりに、よりリスクを抑えた投資が可能になります。攻めのポートフォリオとは反対に、ボラティリティ(価格変動)の小さいコインを中心にするのがポイントです。

例1:ビットコイン(BTC)+有名アルトコイン+ステーブルコイン

「守り」のポートフォリオの一例としてまず紹介するのは、安定性のある通貨をバランスよく配分した構成です。

ビットコイン(BTC):25%
時価総額の高いアルトコイン①:25%
時価総額の高いアルトコイン②:25%
ステーブルコイン①:25%

ビットコイン(BTC)を筆頭に、なるべく時価総額が大きくボラティリティが小さいアルトコインや、ステーブルコインと呼ばれるペッグ通貨などをバランスよく組み込むことで、リスクを抑えたポートフォリオになっています。

ペッグ通貨とは法定通貨に連動する仮想通貨で、アルトコインのような価格の乱高下が少ない傾向にあります。これを一部組み込むことによって、仮想通貨市場全体の下落の影響を緩和する狙いがあります。

例2:ステーブルコインの割合を更に高めたポートフォリオ

次に紹介する「守り」のポートフォリオの例は、よりリスクを抑えたものです。

ビットコイン(BTC):15%
時価総額の高いアルトコイン①:15%
時価総額の高いアルトコイン②:15%
ステーブルコイン:55%

「例1」よりもさらにリスクを抑えた構成にしてあります。時価総額でトップクラスを誇るビットコイン(BTC)を筆頭に、同じく時価総額上位のアルトコインを組み入れ、残りの55%をペッグ通貨にしています。

半数以上をペッグ通貨にすることで、法定通貨と連動する部分が大きくなり、強烈な仮想通貨市場全体の下落を緩和する目的があります。一方で30%はアルトコイン、15%はビットコイン(BTC)であるため、仮想通貨の価格変動を楽しむ要素もあります。

相場が悪化している局面では、ペッグ通貨の割合をさらに高めることも有効といえます。

仮想通貨で「守り」のポートフォリオを組む際の重要ポイント

「守り」のポートフォリオを組む際の重要ポイント
ローリスク・ローリターンの「守り」のポートフォリオですが、より堅実に立ち回るためには購入後ほったらかしではよくありません。

様々なリスクを考えて、より損失が少なくなるような行動をとっていく必要があるのです。ここでは「守り」のポートフォリオを組む際の重要ポイントを2つ紹介します。

現金比率を高めて買い増しチャンスに備える

意外かもしれませんが、仮想通貨用の資金をすべて仮想通貨に換えてしまう必要はありません。

一部を仮想通貨口座内に日本円と残しておき、現金比率を高めておくことも重要なリスク管理になります。というのも、相場が下落するなどして当初購入したときよりもより安い価格でコインが売られる場面が来たら、すぐにコインを買い増すことができるからです。

買い増しに成功すれば、仮想通貨の平均取得単価が下がることになるため、将来の上昇に備えてポートフォリオを立て直すのにつながります。現金比率を高めておき、買い増しチャンスに備えましょう。

仮想通貨投資以外の資産運用方法も併用する

株式投資や投資信託、債券などと比較すると、仮想通貨への投資自体が、そもそもハイリスク・ハイリターンです。

仮想通貨の相場環境が悪いときなどは、仮想通貨以外の投資も視野に入れると良いかもしれません。より安定的な株式や債券、少し攻めた為替、不動産などが代表例です。

いずれも仮想通貨と連動して値動きすることは少ないので、分散投資という観点からリスク管理に優れます。仮想通貨市場全体が下落しても、株式市場が上昇傾向であれば、補完し合うことができます。

投資という以上リスクはつきものですが、投資商品全体のポートフォリオを意識することは賢い投資につながります。ただし、仮想通貨以外の資産運用をする場合でも、あくまで余裕資金の範囲内で検討するようにしましょう。

スタイルと相場環境に合わせて仮想通貨のポートフォリオを組もう

スタイルにあったポートフォリオ
仮想通貨投資においては、投資スタイルや相場環境に合わせたポートフォリオを組むことが大切です。

もし国内でより優れたポートフォリオを組もうと思ったら、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckは便利です。取り扱い通貨数も国内最大級に多く、アプリの使いやすさにも定評があります。

安全な取引所を使うこともリスク管理の一つになるので、これからポートフォリオを意識した仮想通貨投資を始めようという人は、Coincheckの口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never