ビットコイン(BTC)のFXとは何?特徴やメリットを徹底解説!

ビットコイン(BTC)の取引を行うにあたっては、現物取引とFX取引があることを認識しておく必要があります。

どちらの取引も、ビットコイン(BTC)を売買するという点では同じです。しかし、現物取引とFX取引とでは、購入したコインを送金できるかどうかや、自己資金よりも大きな取引ができるかどうかなどの違いがあります。

ビットコイン(BTC)でFX取引を行う場合には、FX取引の特徴を理解しておくことが大切です。そこで、ビットコインFX取引の特徴やメリット・デメリットなどについて解説します。

ビットコイン(BTC)のFXの主な特徴とは?

ビットコインFX取引を行う場合は、FXの特徴を理解しておくことが必要です。

FX取引でも、現物取引と同じようにビットコイン(BTC)を売買することになるため、将来の価格を予想して、価格が上昇すると予想する場合は購入、下がると予測する場合は売却を行うことになります。

ただし、現物取引の場合は買いから入る必要がありますが、FX取引の場合は売りからも入れることが特徴です。

また、FX取引を行う際は、必ず同数の売り買いセットで行うことになります。売り買いセットの取引が完了すると差額決済が行われ、損益が確定します。

さらに、FX取引では、自己資金よりも大きな取引ができます。自己資金を証拠金として取引所に拠出し、その何倍もの金額の取引を行うことが可能です。

仮想通貨の取引所によって最大倍率は異なりますが、少ない資金でも大きな取引ができるため、利益が生じた場合は現物取引よりも利益率は大きくなることが特徴です。

ただし、逆に損失が生じた場合は、自己資金を大きく減らすことにつながりますので、FX取引を利用する際には注意が必要です。

ビットコインFXと一般的なFXの違いとは?

ビットコインFXなどの仮想通貨FXと為替FXは、投資対象が異なります。

為替FXの投資対象は、ドルやユーロなどの法定通貨が投資対象になります。一方、仮想通貨FXは、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を対象としたFX取引です。

なお、為替FXは証券会社などで口座開設をすることで取引ができるようになりますが、ビットコインFXは仮想通貨の取引所に口座開設をする必要があります。

投資対象以外の為替FXとビットコインFXに関する主な相違点は2つです。ビットコインFX取引を行う場合は、為替FXとの違いを理解しておくことも役に立つでしょう。

1. 取引可能時間帯の違い

1つ目は、取引可能時間帯です。

ビットコインFXでは、メンテナンスなどの時間帯を除き、平日・土日に関わらず売買ができます。一方、一般的な為替FXは、為替市場が休みになる土日や祝日を除く平日のみ取引が可能です。

2. 価格変動の大きさの違い

2つ目は、ビットコインFXのほうが為替FXよりも、投資対象の価格変動が大きいことです。

価格変動が大きいと損益の振れ幅も大きくなります。ビットコインFXは、短期間でも大きな損益の変動が発生することが特徴です。

ビットコインFXを利用するメリットって?

ビットコインFX取引を行う主なメリットは、4つあります。

1. 売りから取引を始められる

1つ目は、売りから取引を始められることです。

ビットコイン(BTC)の現物取引で売り注文を入れるためには、ビットコイン(BTC)を保有しておく必要があります。一方、ビットコインFXでは、ビットコイン(BTC)を保有していない状態で売り注文を入れられます。

2. 下げ相場でも利益が出る

2つ目は、下げ相場でも利益が出ることです。

1つ目のメリットに関連しますが、ビットコインFXの場合は、ビットコイン価格が下がると予想する場合は、売りから入ることで利益を出すことが可能になります。

3. 少額の自己資金でも大きな取引ができる

3つ目は、少額の自己資金でも大きな取引ができることです。

小さな力でも大きなものを動かせる「てこの原理」のことを、レバレッジといいます。そのため、FX取引はレバレッジ取引といわれることもあるのです。

このレバレッジ取引ができることも、ビットコインFXのメリットになります。

4. ハイリターンが得られる可能性がある

4つ目は、ハイリターンが得られる可能性があることです。

同じ自己資金であれば、ビットコインFX取引の方が、ビットコイン(BTC)の現物取引よりも大きな取引ができるため、ハイリターンにつながる可能性があります。

ビットコインFXを利用するデメリットって?

ビットコインFXを利用する場合は、デメリットについても理解しておくことが重要です。主なデメリットは、2つあります。

1. 大きな損失が生じるリスクがある

1つ目は、大きな損失が生じるリスクがあることです。

レバレッジをかける分、自己資金に対する損益は増幅されます。相場が予想に反する方向に変動すると、損失は大きくなるでしょう。そのため、常にどの程度の損失を被るリスクがあるのかを認識しながら、取引を行うことが大切になります。

2. カウンターパーティーリスクがある

2つ目は、カウンターパーティリスクがあることです。

カウンターパーティとは、取引相手のことをいいます。カウンターパーティリスクは、取引している取引所が倒産などして取引できなくなることです。

そのため、ビットコインFXを利用する際には、倒産リスクが小さいと考えられる取引所を選ぶようにしましょう。

ビットコインFXの取引所を選ぶときのポイント

ビットコインFX取引を行う場合は、取引所選びも大切です。取引所を選ぶ際の主なポイントは、例えば以下の3つがあります。

1. セキュリティレベルの高さ

1つ目は、セキュリティレベルの高い取引所を選ぶことです。

コールドウォレット管理が施されていたり、2段階認証が設定できるようになっていたりと、セキュリティに気をかけている取引所を選ぶ必要があります。

2. 手数料の安さ

2つ目は、手数料が安い取引所を選ぶことです。

ビットコインFX取引を行う場合、基本的には取引時に手数料がかかります。

取引所によっては取引手数料が無料の場合もありますが、ポジションを保有したまま翌営業日に持ち越すことによって、手数料が発生する場合もあります。

そのため、ビットコインFXにかかる手数料については、事前に把握しておくことが大切です。

3. 取引のしやすさ

3つ目は、サイトの画面が見やすく、取引がしやすい取引所を選ぶことです。

ビットコインFX取引を行う場合、視認性や操作性が重要になります。自分が使いやすい取引所を選びましょう。

Coincheckのレバレッジ取引について紹介

現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。

日本の仮想通貨の取引所の1つであるCoincheckでは、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引が可能です。
Coincheckでレバレッジ取引を行う場合は、いくつかの特徴を認識しておくことが必要です。

まず、レバレッジ倍率です。レバレッジ倍率は最大5倍まで可能になっています。つまり、自己資金の5倍までの取引が可能ということです。

ただし、常に最大のレバレッジで取引する必要はありません。きちんと取引のリスクを考慮しながら、無理のない範囲で取引することが大切です。

次に、手数料です。Coincheckの取引所の手数料は、2018年12月10日現在無料です。

ただし、すぐに反対売買を行わずに、買いポジションまたは売りポジションを保有する場合は、一定のスワップ手数料がかかる仕組みです。

スワップ手数料は、ポジションを決済した際に発生しますので、その点は認識しておくことが必要です。

ビットコインFXの取引に関するまとめ

ビットコインFXには、多くのメリットがある反面、デメリットもあります。

ビットコインFX取引を行う場合は、無理に大きなレバレッジをかけて取引することなく、リスクを抑えながら取引することが重要です。

特に、価格が大きく変動する場合には、損失額が大きくならないように、慎重に取引をする必要があります。ビットコインFXの特徴をよく認識したうえで、自分に合った仮想通貨の取引所を選んで利用してみましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never