Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

リップル(Ripple/XRP)取引にかかる手数料の種類と金額は?

2019-09-17 リップル(XRP)

リップル(XRP)の取引をこれから始めたいと考えている人のなかには、どのくらいの手数料がかかるのかを知りたい人もいるでしょう。

他の仮想通貨と比較して、送金手数料が安く送金スピードが早いことが、リップル(XRP)を利用するうえでのメリットの一つです。

ただし、仮想通貨の取引所によってはリップル(XRP)の手数料は多少高くなったり安くなったりすることもあるため、取引をする際には注意が必要です。この記事では、リップル(XRP)の取引でかかる手数料についてわかりやすく紹介します。

※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。

手数料がかかるリップル(Ripple/XRP)の取引1:売買手数料

売買手数料
手数料がかかるリップル(XRP)の取引として、まずは売買手数料が挙げられます。

リップル(XRP)の取引ができるのは、取引所での板取引と販売所での取引です。仮想通貨の取引所によって、板取引ができるケースと販売所のみのケースがあります。

板取引や販売所で売買する際に、取引所によっては手数料が発生するため注意しましょう。

手数料がかかるリップル(Ripple/XRP)の取引2:スワップ手数料

スワップ手数料
手数料がかかるリップル取引として、スワップ手数料が挙げられます。

スワップ手数料とは、レバレッジ取引の際に生じる取引手数料のことを指します。そのため、現物取引などにはスワップ手数料がかからないことが特徴です。

Coincheckのレバレッジ取引では、新規約定時と繰越時にスワップ手数料が発生します。ロングポジション(買い)のときは取引約定金額(円)×0.04%であり、ショートポジション(売り)のときは取引約定金額(BTC)×0.05%となります。

スワップ手数料は他の手数料と異なり、24時間ごとに手数料が加算されるシステムです。なお、Coincheckのレバレッジ取引は、ビットコイン(BTC)のみで行うことが可能です。

※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は一時停止中です。

手数料がかかるリップル(Ripple/XRP)の取引3:入金手数料

入金手数料
リップル(XRP)を売買する際は、日本円が必要となります。日本円を入金する際には、入金手数料がかかるため注意しましょう。

Coincheckの場合は、入金手数料は無料です。ただし、銀行振込で入金をする場合は、金融機関の振込手数料はユーザー負担となります。

また、コンビニ入金の場合は、3万円未満で756円、3万円以上30万円以下で1000円です。クイック入金の場合は、3万円未満で756円、3万円以上50万円以下で1000円、50万円以上の場合は入金額×0.108%+486円の手数料がそれぞれかかります。

手数料を抑えて入金がしたい方は、銀行振込を選択すると良いでしょう。なお、銀行からCoincheckの住信SBIネット銀行に入金する際には「振込名義」の先頭にIDを付け足す必要があります。

コンビニ入金とクイック入金は手数料が発生しますが、入金スピードが早いことが特徴です。それぞれのメリットを理解したうえで入金することが大切です。

手数料がかかるリップル(Ripple/XRP)の取引4:出金手数料

出金手数料
売却したリップル(XRP)は、日本円に交換することが可能です。

リップル(XRP)を換金する際は、日本円を出金することで手数料がかかります。Coincheckの場合は、日本円の出金手数料は一律400円です。

このように出金する際には手数料が発生するため、取引をしている仮想通貨の価格が上昇し、十分な利益が発生してから出金することで利益を確保できます。短期取引を繰り返していると、出金手数料が多額になってしまうケースもありますので注意が必要です。

手数料がかかるリップル(Ripple/XRP)の取引5:送金手数料

送金手数料
手数料がかかるリップル取引として、送金が挙げられます。

仮想通貨を送金する際には、送金手数料がかかることが特徴です。仮想通貨ごとに手数料が変わるため、注意しましょう。Coincheckでリップルを送金する場合には、0.15XRPの手数料が発生します。

ただし、Coincheckのユーザー間で送金する場合は手数料が無料となるため、Coincheckのユーザー間で送金のやり取りを行うとメリットがあります。送金する際には、送金先のアドレスや送金したい金額などに誤りがないかチェックしてから行うことが大切です。

また、出金や送金などは、一度取引を完了してしまうとキャンセルできないことが特徴です。送金先や送金額などを間違えないよう確認してから、送金しましょう。

リップル(Ripple/XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら

Coincheckの貸仮想通貨サービスの利用料について

貸仮想通貨サービス
Coincheckの貸仮想通貨サービスを利用すると、手数料ではなく利用料が貰えます。

貸仮想通貨サービスとは、Coincheckに一定期間保有している仮想通貨を貸し出すことで、利用料がもらえるサービスです。リップル(XRP)だけでなく、Coincheckの取り扱いの全ての仮想通貨に対応しています。

仮想通貨を貸し出す場合、14日間年率1%・30日間年率2%・90日間年率3%・365日間年率5%となり、長く仮想通貨を貸し出すほど年率が高くなることが特徴です。貸出期間が終了することで、利用料が預け入れた仮想通貨に加算されて償還されるシステムとなっています。

ただし、Coincheckの貸仮想通貨サービスを利用している期間は、価格が上下しても仮想通貨を売ることはできないため注意が必要です。貸仮想通貨サービスを利用する際には、長期的に保有する予定のある仮想通貨を貸し出すようにしましょう。

手数料から見るリップル取引のポイントとは?

取引のポイント
リップル(XRP)を取引する際には、さまざまな手数料がかかることが特徴です。

一回は数十円、数百円の手数料であっても、取引の回数を重ねることで手数料は大きな金額になるケースもあります。手数料がかかるほど儲けも少なくなるため、取引をする場合は総合的な手数料が安い取引所を選ぶ方が良いでしょう。

また、余剰資金のなかから計画的に取引するなどの工夫を心がけることが大切です。仮想通貨初心者は、価格が暴落すると焦って仮想通貨を売却してしまうケースがあります。

しかし、価格が暴落しているときに手放すと手数料が発生するためほとんど利益が残らないこともあります。数日後に再び価格が急騰することもあったりしますので、短期的な価格の上下に影響されすぎず、取引する際の目安をあらかじめ決めておくのも良いでしょう。

また、2017年12月に仮想通貨で得た利益は「雑所得」に分類されるということが発表されました。つまり、仮想通貨の取引をする際には、手数料と税金を引いた金額が利益になるということを覚えておく必要があります。

詳しくはこちら:仮想通貨にかかる税金とは?計算方法から確定申告のやり方まで解説

仮想通貨の取引では手数料と利便性のバランスが大事

手数料と利便性のバランス
どの仮想通貨取引所でも、取引をする際には手数料が発生します。

手数料の安さで取引所を選ぶことも大切ですが、取引所の利便性やセキュリティ対策なども選ぶうえでのポイントだといえます。国内のほとんどの仮想通貨取引所では口座開設手数料や口座維持手数料はかからないため、いくつかの取引所をアカウント登録して比較してみても良いでしょう。

仮想通貨の初心者は手数料や税金などもかかることを考慮したうえで、取引をするように心がけましょう。少額から現物取引を始めれば損失も限定されますが、手数料を引いてしまうとほとんど利益が手元に残らないケースもあります。

まとまった余剰資金がある場合には、長期的に貸仮想通貨サービスを利用するなどして賢く資産運用すると良いでしょう。リップル(XRP)で取引をする場合は、手数料と利便性のバランスが良い取引所を選ぶことが大切です。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never