Coincheck(コインチェック)のやり方を解説!口座開設から購入・取引まで

資産運用の方法として注目を集めている仮想通貨(暗号資産)ですが、初めての人は何かと不安に感じることも多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では

などについて、初心者の方に向けてわかりやすく解説していきます。

この記事を読むことで、Coincheckでの口座開設から仮想通貨取引まで把握することができるでしょう。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

初心者にCoincheck(コインチェック)がおすすめな理由

コインチェックの取り扱い通貨

コインチェック株式会社は2014年8月に設立された、日本の大手仮想通貨の取引所です。国内では仮想通貨の取扱種類が多く、初めての人でも利用しやすい取引所として人気を集めてきました。

2018年4月には、顧客保護の観点から適正かつ確実な業務を運営することを目的として、マネックスにグループ入りしました。その後、マネックスグループの全面的な支援を受け、経営体制やセキュリティ体制などが強化されました。

国内大手の取引所である他に、Coincheckがおすすめな理由には以下の6つがあります。

  • ①初心者でも使いやすい
  • ②取り扱っている仮想通貨の種類が多い
  • ③スマホアプリが便利
  • ④最大年率5%の貸仮想通貨サービス
  • ⑤日本円から仮想通貨を直接購入できる
  • ⑥電気代をお得にできる

いずれもCoincheckの特徴であり魅力ともいえるメリットです。それぞれの詳細については、以下の記事をご覧ください。

Coincheck(コインチェック)で口座を開設する方法

※Androidの方はこちらの動画をご覧ください。

Coincheckで仮想通貨を購入するためには、まず取引用の口座を開設する必要があります。

Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に口座開設ができます。

  • 1.アカウント登録をする
  • 2.本人確認を行う

口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。

ここでは、iOSアプリ(iPhone、iPad)の画面を例に口座開設手順をご説明します。

※ブラウザから口座開設する方法はこちらをご覧ください。

1. アカウント登録

(1)Coincheckアプリにログイン後、画面下の「会員登録」をタップします。

アカウント登録

(2)メールアドレスを入力し、「次へ」をタップします。

メールアドレスの入力

(3)パスワードを入力し、「登録」をタップします。

パスワードは半角アルファベット、数字、記号を組み合わせて入力します。

パスワードの入力

(4)登録したメールアドレス宛にメールが送信されます。

メールに記載されたリンクを押し、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント登録は完了となります。

アカウント登録

2. 本人確認

(5)メールアドレスとパスワードの登録が完了した後は、本人確認を行います。

SMS認証

(6)口座開設条件をご確認いただき「次へ」をタップします。

  • 居住国が日本
  • 20歳以上74歳以下

SMS認証

(7)次に各種重要事項をご確認いただきます。問題なければ「同意」をタップ。

SMS認証

(8)電話番号を入力し「次へ」をタップ。届いたSMS(ショートメッセージ)に表示の6桁の番号を入力してください。
(口座開設後もセキュリティ機能としてこの電話番号のSMSを利用します)

SMS認証

必要情報入力

(9)お名前、ご住所、その他の基本情報をご入力いただき「次へ」をタップします。ご入力項目は複数ございます。全てご入力ください。
SMS認証

SMS認証

本人確認書類の提出

(10)運転免許証などの本人確認書類を選択してください。
※以下は運転免許証の例です。

SMS認証

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

(11)現住所が記載されているかの確認画面です。

※現在お住まいの住所が書類に記載されていない場合はこちら

SMS認証

(12)次に本人確認書類の撮影を行います。
こちらの動画を参考に撮影を行います。

<撮影のポイント>

  • 明るい場所で撮影してください。
  • カメラは「風景モード」にして本人確認書類はなるべくお顔に近づけるとピントが合いやすくなります。
  • 本人確認書類の文字、お顔が鮮明となるように撮影してください。
  • 指などで記載内容が隠れないようご注意ください。
  • 本人確認書類でお顔が隠れないようにご注意ください。
  • ご本人様のみ写るように撮影してください。
  • 画像に不備が確認された際は、再度提出いただく場合がございます。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

二段階認証設定を忘れずに

二段階認証

Coincheckでは安全な取引のために、セキュリティ認証の強化としてSMSやGoogleの認証アプリ(Google Authenticator/iOS, Android)による二段階認証を採用しています。

登録の際にはハッキングの被害を防止するため、必ず二段階認証をしておきましょう。

二段階認証の設定方法【ブラウザ】

ブラウザ(Webサイト)をお使いの場合、2段階認証は下記の手順で設定してください。

まず、取引アカウント画面の「設定」>「2段階認証」を順にクリックしてください。

2段階認証のやり方

スマートフォンに認証アプリをダウンロードしてください。

iPhoneの人は「Google Authenticator」、Android端末の人は「Google認証システム」というアプリをダウンロードしてください。

2段階認証のやり方

「設定する」をクリックすると、登録メールアドレス宛に認証メールが送信されます。

2段階認証のやり方

ご自身のメールボックスをご確認のうえ、認証メールにあるURLをクリックしてください。​

2段階認証のやり方

認証が終わったら、「セットアップキー」をメモなど他の場所へ保存してください。

設定した認証アプリが万が一使えなくなった場合に使用します。

2段階認証のやり方

先ほどスマートフォンにダウンロードした認証アプリを開き「バーコードをスキャン」を選択。カメラでQRコードを読み込んでください。

生成される6桁の認証コードを空欄に入力すると、Coincheck側の二段階認証の設定は完了です。その後、スマホアプリに二段階認証の設定をします。

Google Auenticator

認証アプリで生成される認証コードは一度きりのパスワードです。一定の時間が経つと別のコードに変わりますので、すばやく入力するようにしましょう。

【Coincheckアプリからの設定方法はこちら】
iOSアプリ:2段階認証の設定方法
Androidアプリ:2段階認証の設定方法

Coincheck(コインチェック)に入金する方法

Coincheckでビットコインなどの仮想通貨を購入するには、あらかじめ口座に日本円を入金しておく必要があります。

Coincheckでは、以下の3種類の入金が可能です。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

また、Coincheckでは、アプリかWEB(ブラウザ)のどちらかで入金することができます。

ここでは、WEBで銀行振込する方法を紹介します。

※アプリで銀行振込する方法はこちらをご覧ください。

銀行振込で入金する方法【ブラウザ】

銀行振込の方法

WEBで銀行振込するには、まず、Coincheckの取引画面で「日本円の入金」をタップし、入金方法の「銀行振込」を選択します。すると、振込先の口座情報が表示されるので、その口座に希望の金額を振り込みます。

このとき、振込人名義のほか、IDも入力することを忘れないようにしましょう。

その他の入金方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法

入金ができたら、さっそく仮想通貨を購入してみましょう。

Coincheckには、「販売所」と「ビットコイン取引所」の2種類の取引方法があります。

販売所
ビットコイン取引所
・ユーザーとCoincheckの間で売買を行う
・アプリ/ブラウザどちらも利用可能
・ユーザー同士で直接取引をする
・iOS/Androidアプリは利用不可(ブラウザのみ利用可)

最初に、Coincheckの販売所でコインチェックアプリ(iOS/Android)を使って購入する方法をご紹介します。

なお、コインチェックアプリで仮想通貨を購入するには、あらかじめアプリをダウンロードしておく必要があります。

コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合

コインチェックアプリ(iOS)

アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。

続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。

コインチェックアプリ(Android)で購入する場合

コインチェックアプリ(Android)

アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、購入したいコインを選びます。

続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。

※ブラウザでの購入方法はこちらをご覧ください。

取引所でビットコイン(BTC)を購入する方法

ビットコイン取引所

Coincheckには、販売所の他に「取引所」があります。

販売所は、ユーザーとコインチェックの間で仮想通貨を売買するため、シンプルな操作で売買ができます。それに対して、取引所ではユーザー同士で直接取引をします。

取引所での板取引は販売所での取引に比べると複雑で、売買したい価格ですぐに取引できるとも限らない点には注意が必要です。

ただし、ビットコインの取引を頻繁にしたいトレーダーなどにとっては、指値注文や逆指値注文などを利用できるため便利といえるでしょう。また、取引にかかる手数料が無料な点も取引所ならではの魅力です。

なお、2021年8月現在、Coincheckの取引所では以下5種類の通貨の売買を行うことができます。

  • ビットコイン(BTC)
  • ファクトム(FCT)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • パレットトークン(PLT)

取引所の使い方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を送金する方法

コインを送る

仮想通貨の扱いに慣れてくると、他の取引所やウォレットに送金したり、個人間の取引などを行うようになります。そのときのために、仮想通貨の送金方法を把握しておくとスムーズです。

送金には、送金先の「入金用アドレス」が必要なのであらかじめ準備しておきます。次にCoincheckの画面で「コインを送る」を選択します。送金する仮想通貨の種類を選んだら、「送金先リストを編集」をタップしましょう。

リストの編集では、新規ラベルに取引所の名前を入力し、新規宛先に用意しておいた「入金用アドレス」を入力します。そして、送金金額を入力し、内容をよく確認してから「送金する」をタップします。

※アプリでの送金方法はこちらをご覧ください。

Coincheck(コインチェック)で日本円を出金する方法

Coincheckウォレット

利益確定したら、取引所の口座に入っている日本円を出金したいタイミングです。Coincheckから自分の銀行口座などに日本円を出金する方法を説明します。

出金には、振込先となる銀行口座の登録が必要です。Coincheckの場合、日本円の出金手数料はどの銀行でも一律407円となっています。

ただし、金融機関や条件によって現金を引き出す際に手数料がかかるところもありますので、普段よく使っている金融機関など手数料のお得なところを確認して出金手続きをするようにしましょう。

金融機関を登録したら出金金額を入力し、表示された画面の内容を確認して「出金申請」をタップすれば完了です。

※アプリでの出金方法はこちらをご覧ください。

Coincheck(コインチェック)の手数料

Coincheckウォレット

Coincheckの利用にかかる手数料を確認しましょう。

入金手数料

入金手数料とは、Coincheckの指定口座へ、仮想通貨を購入するための資金を入金する際にかかる手数料のことです。

前述したように、Coincheckでは銀行振込コンビニ入金クイック入金の3つの入金方法をご利用いただけます。下の表は、各入金方法と手数料の関係を表しています。

Coincheckの入金手数料

入金を銀行振込で行う場合の手数料は無料です。ただし、銀行からCoincheckの口座に振り込む際の振込手数料はユーザーの負担となる点に注意しましょう。

また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。

クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+495円」が手数料となります。

出金手数料

出金手数料は日本円で一律407円となっています。

送金手数料

仮想通貨の送金手数料は、以下のとおりです。

  • ビットコイン(BTC):0.0005 BTC
  • イーサリアム(ETH):0.005 ETH
  • イーサリアムクラシック(ETC):0.01 ETC
  • リスク(LSK):0.1 LSK
  • ファクトム(FCT):0.1 FCT
  • リップル(XRP):0.15 XRP
  • ネム(XEM):0.5 XEM
  • ライトコイン(LTC):0.001 LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH):0.001 BCH
  • モナコイン(MONA):0.001 MONA
  • ステラルーメン(XLM):0.01 XLM
  • クアンタム(QTUM):0.01 QTUM
  • ベーシックアテンショントークン(BAT):60.0 BAT
  • アイオーエスティー(IOST):1.0 IOST
  • エンジンコイン(ENJ):25.0 ENJ
  • オーエムジー(OMG):8.7 OMG
  • パレットトークン(PLT):66.0 PLT

送金手数料は日本円ではなく、単位が仮想通貨となっているため、手数料も日本円に換算すると変動する点に注意しましょう。なお、Coincheckのユーザー間の送金手数料は無料です。

※手数料は、2021年8月時点の金額です。

初めての取引所にCoincheck(コインチェック)

Coincheckウォレット

いかがでしたか?
Coincheckの口座開設方法や購入方法、手数料などが把握でき、今後の取引に活かせるようになったかと思います。

CoincheckはPC、アプリともに見やすいデザインを採用しているため、初心者でも容易に操作ができ、迷うことなく取引ができる取引所です。この記事を参考に、まずはCoincheckで口座を開設してみてはいかがでしょうか。