Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類は?

仮想通貨取引を行おうと考えている場合は、購入した通貨の安全な保管にも気を配ることが必要です。

仮想通貨は、ウォレットと呼ばれるものに保管することができます。そこで、ウォレットの種類や基本的な機能、特徴などについてご紹介します。

そもそも仮想通貨のウォレットって一体何?

仮想通貨
仮想通貨のウォレットとは、通貨を保管する場所のことです。ウォレットには、財布という意味がありますので、仮想通貨用の電子財布と理解すればよいでしょう。

仮想通貨をセキュリティの高いウォレットに保管すれば、ハッキングなどで盗まれる可能性が低くなります。ウォレットは、秘密鍵と公開鍵を使った暗号システムによって、保管している仮想通貨を守る仕組みになっています。

公開鍵は誰でも確認できるコードですが、秘密鍵は公開されない仕組みです。安全に仮想通貨を保管するためには、秘密鍵の管理が重要になります。

ウォレットにはたくさんの種類があります。ウォレットを使用する場合は、目的に応じて使い分けることが大切です。

ウォレットの種類ごとに、使い勝手やセキュリティの強度は異なります。セキュリティレベルは、オンラインでつながっているホットウォレットか、オフラインのコールドウォレットかで大きく変わってくることがポイントです。

仮想通貨の取引所とウォレットの違いって?

コインチェック
仮想通貨の取引を行う場合は、仮想通貨交換業者が用意している取引所に口座を開設する必要があります。

取引所とは、仮想通貨の売買を行うネット上の場です。また、取引によって取得した仮想通貨を保管する機能も付随しています。

仮想通貨を購入する場合は、基本的には日本円などの法定通貨を仮想通貨の取引所の口座に入金し、その資金で購入取引を行えば、簡単に手にすることが可能です。さらに、種類の異なる仮想通貨同士で売買を行うこともできます。

取引所の主目的は、投資家同士が仮想通貨の売買取引を行う場所を提供したり、仮想通貨を販売したりすることです。

一方、ウォレットは、取得した仮想通貨を保管することが目的になります。仮想通貨取引を行う場合は、取引所とウォレットでは目的が異なると認識しておく必要があるでしょう。

ただし、取引所で取引する場合には、購入した仮想通貨を保管しておくことも必要になります。そのため、取引所で口座開設することによって、口座開設者用のウォレットも自動的に作られます。

取得した仮想通貨は、取引所のウォレットにそのまま保管することもできますし、自分用のウォレットを別に作成し、そちらに移して保管することもできます。

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら

仮想通貨ウォレットで得られるメリットとは?

仮想通貨のウォレットを利用するにあたっては、下記のようなメリットがあります。

1. 分散して保管できる

1つ目は、仮想通貨を分散して保管できることです。

取引所内だけで保管するのではなく、自分用のウォレットを複数用意して保管すれば、分散保管できる状態を確保できます。

また、セキュリティレベルの高いタイプのウォレットを利用すれば、ハッキングリスクを抑えることもできます。

2. 残高照会や送金が簡単

2つ目は、残高照会や送金が簡単にできることです。

ウォレットは電子財布であるため、リアルタイムの残高を簡単に確認することができます。

また、例えばスマホのウォレットに仮想通貨を保管しておけば、スマホでウォレットを操作するだけで容易に送金できます。

3. カウンターパーティーリスクを抑えられる

3つ目は、カウンターパーティリスクを抑えられることです。

カウンターパーティとは、相手方のことで、取引相手や取引所などのことを指します。万一取引所が閉鎖されると、保管していた通貨は取り出せなくなる可能性があります。

そこで自分のウォレットを作成してそこに仮想通貨を移しておけば、そのようなリスクをヘッジすることができます。ただし、自分で秘密鍵の管理をしないといけなくなるため、その点には注意が必要です。

仮想通貨のウォレットの主な種類は何がある?

仮想通貨
仮想通貨を保管する機能を果たすウォレットには、主に下記のような種類が存在します。

1. オンラインウォレット

オンラインウォレット
1つ目は、オンラインウォレットです。

常にオンラインでつながっているウォレットのことで、クラウド上で提供されるウォレットだと理解するとよいでしょう。

取引所で提供しているウォレットはこのタイプに分類されますが、単独でオンラインウォレットサービスを提供している事業者もあります。

2. モバイルウォレット

モバイルウォレット
2つ目は、モバイルウォレットです。

スマホなどにウォレットのアプリをインストールして使用します。

3. デスクトップウォレット

デスクトップウォレット
3つ目は、デスクトップウォレットです。

クライアントウォレットと呼ぶこともあります。パソコンにウォレットをインストールして使用するのが一般的です。

4. ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット
画像出典:https://hardwarewallet-japan.com

4つ目は、ハードウェアウォレットです。

USB状のデバイスなどに保存する形になります。秘密鍵をオフラインで管理することができるため、セキュリティ面ではオンラインウォレットなどよりも、安全度が高い保管方法と言われています。

5. ペーパーウォレット

ペーパーウォレット
5つ目は、ペーパーウォレットです。

文字通り、保管している仮想通貨を復元するために必要な情報を印刷して、紙の状態で保管します。

仮想通貨のオンラインウォレットの特徴とは?


それぞれのウォレットを賢く使い分けるためには、それぞれの特徴を理解しておくことが大切になります。

1つ目のオンラインウォレットは、オンライン口座のなかで仮想通貨を保管する機能を果たします。数あるウォレットの種類のなかでは、もっともよく利用されているタイプのウォレットです。

取引所のなかで保管している場合、万一取引所が閉鎖してしまったりすると、自分の仮想通貨を引き出せなくなる可能性があります。そこで、別のオンラインウォレットも合わせて利用することで、資産の分散管理が可能になります。

オンラインウォレットは、メールアドレス・ID・パスワードを設定するだけで利用できることが多いです。ただし、サービス提供業者のサーバーがダウンしている場合などサイトが使えない状態になると、ウォレットが使用できなくなる点には注意が必要です。

また、アカウントがハッキングされてパスワードなどが盗まれると、保管していた仮想通貨が盗難被害に遭う可能性もあることも認識しておきましょう。

仮想通貨のモバイルウォレットの特徴とは?

モバイルウォレット
モバイルウォレットは、モバイル機器にウォレットをインストールして使用します。スマホやタブレットにアプリをインストールして仮想通貨を保管しておけば、常に仮想通貨を保有している状態を確保できることがメリットです。

出先でも簡単に仮想通貨を使用したり送金したりできるほか、残高の管理などもスマホの1つで完結できます。仮想通貨での支払いを認めている店舗で、買い物をする場合などに適しているウォレットです。

モバイルウォレットの仕様により多少セキュリティの方法は異なります。仮想通貨の送金などに必要となる秘密鍵をスマホなどのデバイス上で管理できるタイプであれば、セキュリティ管理を自分で行うことが可能です。

このタイプのモバイルウォレットを使用すれば、サービス提供を行っている管理会社がハッキングされても、スマホ内の仮想通貨が盗難被害に遭う事態を避けられます。

仮想通貨のデスクトップウォレットの特徴とは?

デスクトップウォレット
デスクトップウォレットは、クライアントウォレット、またはローカルウォレットと呼ばれることもあります。

サーバー上で管理するのではなく、個々のローカルクライアント端末上で管理するタイプのウォレットです。一般的には、自分のパソコンにウォレットのソフトをインストールしてローカル環境で仮想通貨を管理します。

送金などを行う場合はインターネットに接続する必要がありますが、それ以外の場合はネット接続していなくても使用可能です。そのため、ネット接続していない場合はハッキングされるリスクがなく、オンラインウォレットよりも高いセキュリティを確保できます。

デスクトップウォレットには、2つのタイプがあることも理解しておきましょう。

1つは、完全型と呼ばれるタイプです。仮想通貨のすべての取引履歴が含まれるブロックチェーンをまるごとダウンロードするタイプで、大容量を必要とします。

もう1つは、簡易型です。必要とされる容量は少なくて済みますが、パソコンが故障すると管理できなくなるというデメリットがあります。

仮想通貨のハードウェアウォレットの特徴とは?

ハードウェアウォレット
ハードウェアウォレットでは、USBのようなハードデバイスを利用します。送金や残高管理を行う場合には、パソコンなどに接続して使用することが必要ですが、通常は切り離した状態で保管するのが一般的です。

ハードウェアウォレットは、インターネットに接続しない状態で秘密鍵を保管できるという特徴があります。また、アプリなどを利用しなくても、USBデバイス状のウォレットさえ購入すれば使えるという点もメリットです。

インターネットに接続せずに保管できるため、ハッキングリスクは低くなります。そのため、セキュリティレベルが高いウォレットです。

ただし、中古のハードウェアウォレットを利用する場合は、注意が必要です。インターネットに接続したタイミングで、前の所有者などからのハッキングを受けるリスクがあります。

また、リカバリーフレーズや復元フレーズなどと呼ばれる秘密鍵が暗号化されたものを忘れてしまうと、内部に保管されている仮想通貨を取り出せなくなってしまうリスクがあることも理解しておきましょう。

仮想通貨のペーパーウォレットの特徴とは?

ペーパーウォレット
仮想通貨取り出しに必要な秘密鍵の情報を、QRコードや英数字などの形で紙に印刷します。通常は紙の状態で保管しますが、送金などを行う場合には記載されている情報を読み取って引き出し処理を行うことが必要です。

ハッキングリスクを回避する観点からは、もっとも安全なタイプのウォレットだといわれています。秘密鍵の情報は、紙に印刷されたもの以外存在しないため、ペーパーウォレットの状態にしておけばハッキングはほぼ不可能です。

ただし、秘密鍵を印刷したペーパーの保管には注意しましょう。印刷した情報が消えてしまったり、焼失してしまったりすると、保管されていた仮想通貨は復元できなくなります。

また、紛失しても仮想通貨を失ってしまいます。ハッキングされるリスクはほぼゼロにできますが、別のリスクについて認識しておくことが必要です。

仮想通貨ウォレットの選び方のポイントって?

ポイント
複数のタイプがあるウォレットを利用する場合、目的に合ったウォレットを選ぶ必要があります。盗難や紛失などのリスクを回避するためには、複数のウォレットを利用して分散保管することが有効です。

1つのウォレットだけで保管しておくと、そのウォレットがハッキングを受けたり損傷したりした場合に、すべての仮想通貨を失うことになります。常に分散保管を意識することが重要です。

自分で管理する自信があり、ハッキングリスクを最小限に抑えながら長期保有をしたいと考えている人は、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットを利用するとよいでしょう。

日常の決済に利用したい人は、モバイルウォレットが適しています。頻繁にトレードするため仮想通貨は、取引所のウォレットにおいておき、トレードに使用しない分は他のウォレットなどに移しておくといった使い方もよいでしょう。

それぞれのウォレットの特徴を活かす使い分けを意識することが大切です。

頻繁に売買するために取引所に置いておきたい場合はどうすべき?

セキュリティ対策
取引所で頻繁に仮想通貨売買取引を行う場合は、取引タイミングを逃さないことが重要です。取引の都度、自分のウォレットから取引所に送金していたのでは、取引のタイミングを逃してしまうことになります。

そのため、取引に必要な分の仮想通貨は、取引所で保管しておくことが必要です。しかし、取引所で保管するとセキュリティが心配だという人もいるでしょう。

できるだけセキュリティ対策がしっかりしている取引所を選んで、口座開設することがポイントです。取引所は一定のセキュリティ対策を行っていますが、その対策内容は取引所によって異なります。

最低でも、二段階認証を採用している取引所を利用することが重要です。二段階認証では、ログインや送金などを行う場合に、登録したメールアドレスなどに送られてくるアクセス用コードの入力が求められます。

この方式であれば、アクセス用コードを受け取れない人はアクセス不可能です。コードを受け取れる本人だけが処理できる状態を確保できます。

希望に合わせた仮想通貨のウォレット選びを

仮想通貨を保有している人は、保管方法に気を付ける必要があります。仮想通貨は電子データであり、コインや紙幣といった実態がないものです。

データが失われたりハッキングで盗難被害にあったりすると、取り戻すことは難しいと理解しておくべきです。仮想通貨の保管にあたっては、目的に合わせて賢くウォレットを利用することが有効です。

人によって保管の目的は異なります。高いセキュリティレベルを確保しながら長期保有したいケースもあれば、いつでも送金や決済手段として使える利便性を重視するケースもあります。

目的に合ったウォレットを選べるように、各ウォレットの特徴を理解しておくことが大切です。種類ごとに異なるウォレットの特徴を把握したうえで、自分の希望や目的に適したウォレットを選択して利用するようにしましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never