Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨の取引方法・種類とは?個人が安全にトレードするためのやり方

2019-04-16 仮想通貨の取引

仮想通貨の取引には、「現物取引」「レバレッジ取引」があります。

仮想通貨の販売所と取引所の役割の違いを把握しながら、取引の方法について解説していきます。

仮想通貨の販売所と取引所の違いについて

仮想通貨取引所
まず、仮想通貨の取引を行うには、「販売所」と「取引所」の違いを押さえておかなければなりません。

販売所

販売所では、運営会社と仮想通貨の売買を行うことになります。運営会社が保有するコインを、提示された価格でユーザーが売買する仕組みです。

取引所よりも手数料がかかりますが、すぐに希望の数量の仮想通貨を取引できますので、簡単に利用することができます。

取引所

取引所では、ユーザー同士が仮想通貨を売買します。「売買板」で、売買のレートと注文量を示した情報を確認することができます。

取引所での仮想通貨の売買に、手数料はほとんどかかりませんが、思いどおりに売買できない可能性がありますので、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

なお、Coincheckの取引所における取扱いコインは、ビットコイン(BTC)のみとなります。

Coincheckの口座開設はこちら

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら

現物取引とレバレッジ取引の違いについて

ビットコイン取引

仮想通貨の取引には、「現物取引」と「レバレッジ取引」があります。

仮想通貨の販売所で、仮想通貨を売買するときは現物取引のみになります。仮想通貨の取引所では、現物取引だけでなくレバレッジ取引も可能になります。

現物取引とレバレッジ取引について、それぞれを解説していきます。

※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。

仮想通貨の現物取引とは?

現物取引は、実体のある投資商品を売り買いすることで、取引が成立した時点で所有権が移ります。

仮想通貨の現物取引では、保有している資金の範囲内で、取引することになります。例えば10,000円分の日本円を持っている場合は、同じ10,000円分以内の仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨自体は、目に見えるわけではないので、現物であることを実感しにくいかもしれません。しかし、現物取引で購入し口座に入っている仮想通貨は、ほかの製品やサービスの購入に使ったり、ほかの誰かに送金したりできます。

つまり、仮想通貨の取引が成立したら、該当する仮想通貨の所有権が移って、仮想通貨を保有していることになるのです。

仮想通貨のレバレッジ取引とは?

レバレッジ取引とは、口座に入れた現金を証拠金として、その何倍もの仮想通貨を売買する取引のことです。レバレッジ取引では、口座に入れている現金を超える価値の仮想通貨を取引できます。

例えば、レバレッジが「5倍」の場合は、10,000円を証拠金として入れれば、50,000円分の仮想通貨を取引できるようになります。

ロングとショート

レバレッジ取引では、買いを「ロング」、売りを「ショート」と呼ばれることがあります。レバレッジ取引では、仮想通貨が手元になくても、売り注文を出すことができるのです。

ロングでは、安いときに仮想通貨を買って、相場が上がったタイミングで売ることで、利益を出すことができます。ショートでは、高いときに仮想通貨を売り、相場が下がったタイミングで買い戻すことで利益を出せます。

ただし、レバレッジ取引には大きなリスクがあります。例えば最大で現物取引の5倍の利益が出せるということは、想定とは違う方向へ相場が動けば、5倍の損失を出すおそれがあるのです。

ロスカット

大きな損失を出してしまった場合には「強制ロスカット」となります。

強制ロスカットとは、さらなる損失の拡大を防ぐために、損失を早めに確定させて、強制的に決済する制度になります。もちろん、価格が大きく動いた場合には、証拠金以上の損失が発生する可能性がありますので、資金の余裕を持って取引してください。

なお、レバレッジ取引で購入した仮想通貨は、現物取引とは違い、商品やサービスを購入するための決済に使ったり、誰かに送金したりすることはできません。

Coincheckが選ばれる理由

コインチェックアプリ(iOS)
Coincheckは販売所と取引所、それぞれの機能があります。

Coincheckでの口座開設はシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富なのも大きな特徴です。

さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never