Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨の口座を開設してレバレッジ取引を行う方法

2019-05-23 仮想通貨の取引

仮想通貨のレバレッジ取引では、手持ち資金以上の仮想通貨を取引することができます。

手持ち資金の数倍もの取引ができるため、少額の資金で大きな利益を生む可能性があります。ただし、仮想通貨のレバレッジ取引は、失敗したときの損失も大きくなりますので注意が必要です。

仮想通貨のレバレッジ取引のしくみやリスクを知って、賢く取引することが大切です。こちらの記事では、仮想通貨の取引所で口座開設を行い、レバレッジ取引を行う方法をご紹介します。

レバレッジ取引とは何か?

レバレッジ取引
まず、レバレッジ取引とは何かについて解説します。

レバレッジとは、元々「テコの原理」を意味します。テコを使うと小さな力で重い物を持ち上げることができますが、これがレバレッジです。

仮想通貨に限らず、どれだけの投資ができるかは資金次第です。例えば、手持ち資金が10万円であれば、現物取引では10万円分の金融商品しか買えません。

ところが、レバレッジ取引の場合、手持ち資金の数倍、数十倍の取引をすることができます。「レバレッジ10倍」なら、10万円の手持ち資金で100万円分の投資ができることになります。

レバレッジの倍率は仮想通貨の取引所によって違う

取引所によって異なる
何倍のレバレッジ取引ができるかは、仮想通貨の取引所によって異なります。

国内の主要な仮想通貨の取引所では、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が制定する自主規制規則およびガイドラインに基づき、最大4倍までのレバレッジ取引の倍率が設定されています。「それなら、高倍率の取引所のほうがいいじゃないか」と思われるかもしれません。

確かに、レバレッジ取引で大きな利益を狙うなら、倍率は高い方が良いかもしれません。しかし、レバレッジの倍率が高くなれば、取引に失敗したときの損失もその分大きくなります。

大きな損失を防ぐには、むしろ倍率を低く抑えた方が良い場合もあります。失敗した時のリスクを抑えるため、低い倍率でトレードをして利益を狙う方が、結果として上手くいくこともあるかもしれません。

仮想通貨のレバレッジ取引のしくみ

レバレッジ取引の仕組み
仮想通貨取引所での通常の取引は、「現物取引」と呼ばれます。

この場合、仮想通貨と日本円の等価交換となるため、手持ち資金を超える量の仮想通貨は購入できません。しかし、レバレッジ取引は、まったく異なるしくみで取引をします。

レバレッジ取引では、まず取引所に「証拠金」として資金を入れます。そして、証拠金を担保に取引所からお金を借り、その総額で取引をします。

例えばレバレッジ5倍のときに10万円の証拠金を入れれば、残り40万円を借り入れて、50万円までの取引ができるというわけです。しかし、この資金で取引をするのは、仮想通貨そのものではなく、「建玉(たてぎょく)」と呼ばれるものです。

これは、「ある通貨を期日までにどれだけ売買する」という約束と考えれば良いでしょう。「レバレッジ取引でビットコイン(BTC)を購入した」といっても、そのビットコイン(BTC)があなたのものになるわけではないのです。

仮想通貨の取引所が執行する「ロスカット」とは?

ロスカット
仮想通貨のレバレッジ取引では、仮想通貨の現物は動きませんが、資金を取引所から借り入れています。

そのため、レバレッジ取引を行うことで、資産がマイナスになってしまうこともありえます。しかも、そのマイナスが最初に預けた証拠金よりも大きくなってしまったら、預けた金額以上の損を出してしまうことになります。

そこで、損害が拡大してしまったときのために、多くの仮想通貨の取引所で「強制ロスカット」のしくみを導入しています。強制ロスカットとは、さらなる損失の拡大を防ぐために、損失を早めに確定させて、強制的に決済する制度のことです。

もちろん、価格が大きく動いた場合には、証拠金以上の損失が発生する可能性がありますので、資金はある程度余裕を持っておきましょう。一般的に、強制ロスカットが発動されるタイミングは、「証拠金維持率」という数値を基準にしています。

Coincheckでは、証拠金維持率が100%以下になるとメールによって警告が送られ、50%を下回ると強制ロスカットとなります。

※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。

仮想通貨のレバレッジ取引のメリットについて

ビットコイン(BTC)
日本円と仮想通貨をやりとりする現物取引と比べると、レバレッジ取引は少々複雑で、わかりにくいところもあります。

初心者にとってはハードルが高いところもありますが、メリットもありますので確認しておきましょう。

1. 大きなリターンを狙える

仮想通貨の価格変動の瞬間をうまくとらえるのが仮想通貨取引のコツと言えるかもしれませんが、そのタイミングでレバレッジ取引を行えば、利益をさらに大きくすることができます。

これは、レバレッジ取引の醍醐味であり、大きなメリットといえます。

2. 手持ち資金を超える利益率を上げることができる

少ない資金で利益を出せるというところも、レバレッジ取引のメリットです。

レートが5倍なら10万円で50万円分のやりとりができ、その額に見合った利益を狙えるのです。

3. 値下がり局面でも利益をつかめる

レバレッジ取引は、たとえ仮想通貨の手持ちがなくても、「売り」から入ることもできます。

この方法を使うと、仮想通貨の値下がり局面でも利益を出すことができるのです。例えば、ビットコイン(BTC)が1BTC80万円のときに「この先、まだ値下がりする」と読んだなら、まず「1BTC売り」を行います。

予想どおりに1BTCが78万円まで値が下がったら「1BTC買い」を行うのです。つまり、80万円で売って78万円で買い戻すことで、20,000円の利益を得ることができるのです。

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリットについて

デメリット
仮想通貨のレバレッジ取引のデメリットは何度かふれてきましたが、「大きな損失を出すリスクがある」ということです。

レバレッジ取引は、「資金を借り入れたと仮定した上で、仮想通貨を売買する約束をする」ということです。実際に、日本円を借り入れるわけではありませんから利子は発生しませんが、仮想通貨の現物も動きません。

しかし、値動きによっては、予想以上の損失を出す可能性もあるのです。レバレッジ取引は投資の初心者にはハードルの高い取引であるため、これから仮想通貨の取引を始める初心者の方は、まずは通常の現物取引に慣れてから利用される方が良いでしょう。

Coincheckで仮想通貨のレバレッジ取引を行う方法

ポイント
Coincheckで仮想通貨のレバレッジ取引を行うためには、まずはアカウント登録を行い、本人確認を完了させて、口座を開設する必要があります。

※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。

口座開設が完了すると、Coincheckのすべての機能を使うことができるようになります。また、Coincheckではレバレッジ取引に限らず、貸仮想通貨サービスやCoincheckでんきなど、さまざまなサービスを提供しています。

取り扱いの仮想通貨もメジャーなビットコイン(BTC)だけでなく、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、多様なアルトコインも取り扱っています。Coincheckにまだ口座を開設していない方は、まずは公式サイトで新規登録から始めてみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never