Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨を盗難されないための対策とは?

2017年のビットコイン(BTC)価格の高騰をきっかけに、日本で仮想通貨の知名度が高まりました。

しかしながら、2018年には仮想通貨業界でマイナスなニュースなどもあり、世界中で仮想通貨の取引所に対する盗難事件などが発生したことで、仮想通貨に対するマイナスなイメージが世間で広がりました。

インターネットを介して取引する仮想通貨は、ハッキングによる盗難被害に遭いやすく、その管理には十分注意しなければいけません。そこでこの記事では仮想通貨の盗難被害や、盗難されないための対策などについてご紹介します。

仮想通貨の盗難被害とは

ハッキング
仮想通貨の盗難には、例えば以下のようなパターンがあります。

ウォレットの盗難被害

まず、自分自身の仮想通貨のウォレット(財布)が盗難被害に遭ってしまう事です。

仮想通貨に関する詐欺サイトなどにアクセスしてしまった結果、仮想通貨を保管していたウォレットやPCにウイルスが入り込んでしまい、ハッキング被害に遭ってしまうというケースがあります。

仮想通貨の取引所のハッキング被害

次に、仮想通貨の取引所がハッキング被害に遭ってしまうケースです。仮想通貨の取引所には多くの人が仮想通貨を預けています。

その仮想通貨の取引所がハッキング被害に遭ってしまうと、その仮想通貨取引所を利用しているユーザーの資産が失われてしまう可能性があります。

そのため、仮想通貨の取引所はセキュリティに関して問われることが多くなっており、しっかりとしたセキュリティ対策をしている仮想通貨の取引所が好んで利用されています。

仮想通貨の取引所を選ぶ際には

仮想通貨の取引所を選ぶ際には、安全性を求めるユーザーが増えてきているようです。

これから仮想通貨取引を始める人は、自分の資産が盗難被害に合わないためにも、セキュリティ対策に力を入れている仮想通貨の取引所を選ぶと良いでしょう。

しかし、どんなに仮想通貨の取引所がセキュリティ対策をしていても、預けた資産が絶対に安全であるとは言えません。インターネットで管理する以上、インターネットでのトラブルと隣り合わせの状態であることを意識して、仮想通貨投資を行なっていきましょう。

仮想通貨が盗難される原因

盗難される原因
仮想通貨が盗難被害に遭うことが多いのには理由があります。

まずは、仮想通貨がインターネット上の通貨であることです。インターネット上で取引を行うということは、いわば誰からでもアクセスが可能ということです。

インターネット上で活躍しているハッカーからすれば格好の的となってしまいます。インターネットは常に情報が取られてしまう危険と隣り合わせであるため、しっかりとしたセキュリティ対策を行う必要があります。

「仮想通貨の取引所に資産を預けたから安心」と気を抜くのではなく、自分で自分の資産を守る方法を身につけておかなければいけません。仮想通貨が盗難される一番の原因は、そのようなことを知らない人が多いことです。

仮想通貨投資を行う際にはセキュリティの知識を身に着ける

セキュリティ
仮想通貨投資を始めて間もない初心者の方は、特にセキュリティに関する知識を身につけておく必要があります。

投資に関する有益な情報ばかりを求めて、自分の資産を守ることに関しての知識が一切ない投資家もいますが、まずは自分の資産を守る術を覚えましょう。仮想通貨業界はまだまだ未熟な業界で、そこまで投資家保護の環境が整っていないことも事実です。

そのため、ハッキングなど悪いことを考えている人にとっても、比較的自由に動くことができます。このような理由から、近年では仮想通貨に関して詐欺行為を行う人が増えており、知識をそこまで持っていない仮想通貨初心者の方が詐欺の対象として狙われています。

個人ができる仮想通貨の盗難対策方法

盗難対策法
仮想通貨投資を行っていく上でのリスクをしっかりと理解した上で、仮想通貨の盗難対策を行うようにしましょう。

資産の分散管理

まず、仮想通貨投資を行っていく上で重要になってくるのは、分散管理を行うことです。

仮想通貨を管理する場所をウォレットと言い、ウォレットはいくつも持つことができます。一つのウォレットで仮想通貨を管理することもできますが、複数のウォレットを利用することでリスクを分散させることができます。

一つのウォレットで仮想通貨を管理していると、そのウォレットがハッキング被害に遭ってしまった場合、全ての資産が盗難被害に遭う事になります。しかし、複数のウォレットで仮想通貨を管理していた場合、一つの仮想通貨ウォレットがハッキング被害に遭ったとしても、他のウォレットで管理している資産は無事です。

ハードウェアウォレットの利用

また、仮想通貨のウォレットにもいくつか種類があります。その中でもハードウェアウォレットというウォレットは、セキュリティが高くなっています。

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨をインターネットから切り離して管理することができるデバイス型のウォレットとなっており、ハッキングなどのリスクを最小限に抑えることができます。

ハードウェアウォレットは、オフラインの状態で手に持って運ぶこともできるため、実体のない仮想通貨を財布感覚で管理することができるウォレットとなっています。

仮想通貨のウォレットはハードウェアウォレット以外にもさまざま

ハードウォレッ以外のウォレット
仮想通貨のウォレットに関しては、ハードウェアウォレット以外にもたくさんのウォレットがあります。

自身のパソコン上で管理するデスクトップウォレットや、携帯上で管理するモバイルウォレット、他には紙媒体にQRコードを印刷してそこから仮想通貨のデータをダウンロードするというペーパーウォレットなどもあります。

たくさんの種類があるウォレットですが、安全性が高いのはハードウェアウォレットでしょう。しかし、設定作業やそもそも持ち運びが不便という方もいると思います。

そのため、それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で自分に合ったウォレットを使うようにしましょう。

仮想通貨の怪しい投資案件には参加しない

怪しい投資案件
最後に、怪しい投資案件には食いつかないことです。

仮想通貨はまだまだ新しい金融商品で、法規制や投資家保護環境もまだ完璧とは言い難い状況です。そのため、仮想通貨詐欺で一儲けをしようと考える人も少なくはありません。

基本的に金融庁登録済の仮想通貨の取引所を通した取引以外はしない方が良いでしょう。もし、新しい仮想通貨の投資話がきた場合は、その仮想通貨が金融庁からの認可の降りているものなのかということを確認しましょう。

現在、日本国内では仮想通貨に関する監視の目が強まってきており、金融庁から認められていないと、新しい仮想通貨は日本国内での取り扱いが難しくなっています。仮想通貨取引所についても同様のことが言えるため、しっかりと国の認可がおりているのかを確認することは重要です。

自分の仮想通貨の資産は自分で守る意識を

自分の資産を守る
しっかりと情報収集し、十分に確認をした上で、投資のリスクも考慮しながら投資活動を行なっていくと良いでしょう。

仮想通貨を管理する上では、分散して管理するという点やインターネットから切り離して管理するという点が重要になってきます。仮想通貨の盗難対策をしっかりと行なって、自分の資産を自分で守れるように知識をつけておきましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never