仮想通貨でスキャルピングを成功させるコツとおすすめ通貨

スキャルピングという投資方法を聞いたことはありますか?

デイトレードと同じ短期トレードの方法の一つですが、デイトレードよりも短時間に何度も取引をして利益を積み上げていく方法です。元々FX(外国為替証拠金取引)で行なわれていたこの手法は、仮想通貨の取引でも注目されているトレードの手法となっています。

なぜスキャルピングが注目されているのでしょうか。この記事ではスキャルピングのメリットと、国内の大手仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckでスキャルピングを始める方法について解説していきます。

仮想通貨のスキャルピングとは?

スキャルピングとは
スキャルピングとは、FX(外国為替証拠金取引)で行われている、超短期取引時間で利益が薄くても確実に狙い、回数をこなしながら利益を増やしていく手法のことで、仮想通貨の取引でも使われています。

1度の取引は数秒から長くても数分です。数分から数時間のトレードで利益を上げるデイトレードよりも短期の取引であるため、1回の取引で得られる利益は少なく、1日に何度も繰り返して取引を行うのが特徴となっています。

仮想通貨スキャルピングのメリット

仮想通貨のスキャルピング
スキャルピングは仮想通貨の取引所に口座を開設すれば、誰でも始めることができます。そんなスキャルピングのメリットとしては、例えば次のようなものがあります。

1. 資金持ち越しのリスクがない

1つ目には、資金持ち越しのリスクがないので、寝ている間に暴落していたなどのリスクがないことが挙げられます。

1度の取引が数秒から長くても数分であるため、翌日にポジションを持ち越すことはありません。

2. 外部環境に左右されるリスクが低い

2つ目は、外部環境に左右されるリスクが低い点です。

相場の上昇局面で好材料ニュースが出てもその恩恵を受けることがない一方、相場の変動や海外のニュースなどに影響される可能性も低いことが特徴です。

3. 資金を効率的に運用できる

3つ目は、資金を効率的に運用できることです。

1日の中で何度も取引をするスキャルピングでは、手持ちの資金の回転効率が良くなります。トレーダーとしての腕を磨けば、短期間で手持ち資金を数倍から数十倍にできるともいわれています。

トレードの結果がよければ、回転数が多い方が資金効率がよくなり、複利効果を生み出すことができるからです。

仮想通貨スキャルピングのデメリット

デメリット
他方、スキャルピングには長期的な投資方法にはないデメリットもあります。

1. 利益を出すために、何度もトレードを繰り返す必要がある

その1つは利益を出すために、何度もトレードを繰り返す必要があることです。

スキャルピングのような短期の取引で成功する人の割合は低く、ほとんどの人は投資資金を失ってしまったりするとも言われています。

2. 長期投資よりも手数料が高くなる可能性がある

また、仮想通貨の取引所によっては、取引のたびに手数料を取られます。

そのため、短期間に取引回数が増えれば増えるほど、長期投資と比較して手数料が高くなる可能性もあります。

3. 1度の取引で得られる利幅が小さい

他にも、1度の取引で得られる利幅が小さいため、大きな利益を得るためには、長時間トレードをし続けなければならないこともデメリットです。長時間PCやスマホを前にして取り組む必要があると、他のことに時間を使えなくなってしまいます。

さらに、スキャルピングをしている人の中には、値動きがない日は精神的につらいという声もあります。自分のコントロールが及ばない相場の動きに一喜一憂してしまうと、精神的にも体力的にも消耗してしまうという人は少なくありません。

スキャルピングに向いている仮想通貨は?

ビットコイン(BTC)のスキャルピング
スキャルピングは運任せでギャンブル的な要素が強いかといえば、決してそうとも言い切れません。きちんとやり方とルールを押さえておけば、必要以上の心配もありません。

スキャルピングに向いている仮想通貨とは、どのようなものなのでしょうか。

例えば株式投資の場合、デイトレードしやすい銘柄は「1日の取引量が多い」ことや、「1日の値幅が大きい」ことなどが条件だといわれています。

1日の取引量が少ないマイナーな銘柄や、出来高が多くても値動きの少ない大型の銘柄は敬遠される傾向にあるようです。

さらに、そのときの時流に乗っている銘柄であるかどうかなどもポイントとなるでしょう。これを仮想通貨のトレードに適応して考えると、基本的にはビットコインがスキャルピングに向いているといえるでしょう。

スキャルピングする際に押さえておきたいポイント

ポイント
スキャルピングで利益を出すためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

1. 手数料

その1つは、手数料が安い取引所を選ぶことです。

スキャルピングは1日の中で何度もトレードすることになるので、手数料の負担がかなりの割合を占めることとなります。できるだけ手数料のかからない取引所を選ぶようにした方が、利益が残りやすくなるでしょう。

2. 損切り

2つ目は、損切りを徹底することです。

トレードの中では予想とは逆の方向に相場が動くことがあります。損失が出る方向に相場が動いているときは、損失を確定させるのが怖くて、なかなか決済をすることが難しかったりします。

しかし、損切りを徹底しなければ、1回の取引でこれまで蓄積してきた利益をすべて失うことにもなりかねません。

3. スプレッド

3つ目は売値と買値の差が小さな、スプレッドの狭い取引所を利用することです。

スキャルピングは1回の取引で得られる収益が少ないトレードの方法なので、スプレッドの大きさが収益に直結することになります。

スキャルピングにも向いているCoincheck

トレードビュー
Coincheckはスキャルピングにも向いている仮想通貨の取引所の1つでもありますので、その理由をご紹介します。

1. 取引手数料

まず、Coincheckのビットコイン取引所では、2018年12月時点では取引手数料が無料です。

手数料がかからない取引所を上手に活用することが、スキャルピングを成功させるコツになります。

2. 取引画面の見易さや使いやすさ

また、Coincheckは初心者にとっても操作が簡単で、分かりやすいデザインを採用しています。

特に1日に何度も数秒単位で決済していくスキャルピングでは、取引画面の見易さや使いやすさは重要なポイントとなります。

3. システムの安定性

3つ目は、システムの安定に力を入れていることが挙げられます。Coincheckは2018年4月にマネックスグループ入りし、セキュリティ体制や顧客保護の体制に注力しています。

スキャルピングはシステムがダウンして注文が出せなくなってしまうと、大きな損失を出してしまうこともあります。システムやセキュリティが安定しているところを選びましょう。

Coincheckでスキャルピングする方法

それでは、Coincheckでスキャルピングする方法を見てみましょう。まず、Coincheckでスキャルピングをするには、取引用の口座を開設することが必要です。

Coincheckの口座開設は簡単

口座開設の手順としては、最初にアカウント登録、電話番号によるSMS認証、本人確認書類のアップロード、IDセルフィーの提出という流れになります。

Coincheckのアカウント登録はこちら

本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

スキャルピングにはビットコイン取引所

いざスキャルピングに挑戦する際には、Coincheckのトップ画面から「取引所」を選択し、ビットコイン取引所を利用されるのが良いでしょう。

また、PC画面からは「トレードビュー」を利用することができます。「トレードビュー」では買い注文の一覧と売り注文の一覧を確認することができます。

現在のレートを確認しながら指値で注文していくことで、スキャルピングに挑戦することができます。

Coincheckのトレードビューでスキャルピングに挑戦してみよう

“Tradeview”
Coincheckのビットコイン取引所は、2018年12月時点にては何度トレードしても取引手数料が無料です。

1日に何度もトレードすることになるスキャルピングに、Coincheckは適した取引所の一つであるといえるでしょう。

仮想通貨は値動きが大きいため、長期に保有していると大きく損失を出してしまうことがあります。その点スキャルピングなら、その日のうちに決済するため、寝ている間に暴落していたなどのリスクがありません。

Coincheckの口座開設は簡単にできますので、スキャルピングに興味がある人は、まずはCoincheckで口座開設してみてはいかがでしょうか。