60歳以上から始める仮想通貨投資は老後資金の備えになる?

60代はまだまだ働ける年代ですが、定年になって老後生活に入る人もいます。そうなると心配になるのは、老後資金です。

また、働き続ける場合でも、60代であれば老後資金は切実な問題です。十分な余裕資金があって老後は安泰という人も少ないかもしれません。

老後の収入の中心は公的年金ですが、それ以外に貯蓄や投資などで不足分を補うことも必要になるかもしれません。そこで、老後資金の問題を解決する可能性のある選択肢の1つとして、仮想通貨投資について解説します。

老後に必要なお金は3000万円?

老後に必要なお金
一般的に老後の暮らしに必要になるお金は、世帯あたり3000万円程度だといわれています。

退職しても支出が劇的に減るわけではなく、さまざまな費用がかかります。場合によっては、医療費や介護費用は相当な額になるケースもあるでしょう。

医療保険などで賄える分があったとしても、多額な支出につながる可能性が高いです。また、生活していくためには食費が必要です。

さらに、住宅関連もリフォームなどで支出がかさむケースもあります。政府発表の統計によると、高齢者の夫婦世帯・単身者世帯は、ともに家計が赤字になっているのが現状です。

高齢になってから資金を手当てするのは大変ですので、あらかじめ対策を講じておく必要がある場合もあるでしょう。

年金だけで生活するのは大変?

年金受給
原則として65歳になると、公的年金を受給することになります。

老後における収入の柱となるのが公的年金です。しかし、公的年金だけで生活することは難しいケースも多いでしょう。

公的年金には、全員に共通の国民年金、会社員などの勤労者だけが対象の厚生年金の2つがあります。厚生労働省が公開している「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」という報告書によるによると、国民年金支給額は、平均月額5万5000円、厚生年金は14万7000円です。

たとえ両方を受給できても、すべての支出を賄えない可能性があります。また、厚生年金がない自営業などの場合は、さらに資金不足が顕著です。

厚生年金の受給開始年齢は、生年月日によって65歳前から受給できるケースもありますが、男性は2025年度、女性は2030年度にすべて65歳受給開始になります。そうなると、60歳で定年退職した場合、65歳までの収入が途絶える事態になるのです。

そのため65歳以降はもちろん、60~65歳の資金対策をしっかり講じておくことは大切です。

老後資金を増やすための方法の例

資産を増やす方法
60歳代でもできる老後資金作りの方法には、いくつかの候補があります。

1. iDeCo(イデコ)

例えば1つ目は、iDeCo(イデコ)です。

iDeCo(イデコ)は資金を拠出して運用し、老後に年金を受け取る仕組みになっています。以前は60歳までの拠出でしたが、法改正により65歳まで拠出可能になっています。

2. 個人向け国債

2つ目は、個人向け国債です。

銀行預金金利より少し高い利回りとなっています。国が元本を保証しているため、リスクが低いことが特徴です。

3. 定期預金

3つ目は、定期預金です。

定期預金は元本保証の商品であるため、利回りは高くはありませんが、コツコツと資金を貯めることができます。定期預金にすることによって、むやみに預金を使ってしまうリスクも回避できるでしょう。

4. 投資信託

4つ目は、投資信託です。

株式や債券などの金融商品がパッケージになっているような金融商品です。元本保証はありませんが、商品によってはリスクがそこまで高くないものも存在します。

5. 株式投資

5つ目は、株式投資です。

株価が安い時に購入し、株価が高くなった時に売却することができれば、キャピタルゲインを得ることができます。ただし、株式投資はリスクも高いため、損失を被るリスクもあります。

いずれの方法にせよ、60代以上の方は無理のない余剰資金の範囲内で投資を行うことがポイントです。

投資商品として注目される仮想通貨

仮想通貨
今では投資する対象は、国債や株式、投資信託などだけでなく、仮想通貨という選択肢もあります。

60代でも投資が可能なため、近年世間の注目を集めているのが仮想通貨です。注目されている主な理由には、例えば以下が挙げられます。

1. 価格変動幅が大きい

1つ目の理由は、仮想通貨は価格変動幅が大きいため、短期間で大きな利益を上げられる可能性があることです。

価格変動幅の大小のことをボラティリティといいますが、仮想通貨はボラティリティが高いことが特徴です。1日で価格が大きく上昇することも珍しくないため、購入タイミングがよければ短期間で利益を上げられる場合もあるでしょう。

2. 好きな時に取引できる

2つ目は、いつでも好きな取引できる自由度の高さです。

例えば、株式投資などは取引できる時間帯が決まっていますが、仮想通貨は仮想通貨の取引所のメンテナンスなどの時間帯を除き、原則24時間365日取引できます。平日は取引する時間がない方であっても、土日に取引を行うことが可能です。

3. 少額から始められる

3つ目は、仮想通貨は数百円などの少額から始められることです。

金融庁登録済の仮想通貨交換業者であるCoincheckでは、取り扱いのすべての仮想通貨を、500円から購入することができます。

60代から仮想通貨投資を始めるメリット

仮想通貨投資のメリット
60代からでも、仮想通貨を始めるのは遅くはないです。60代から仮想通貨投資を始める主なメリットには、例えば以下が挙げられます。

1. 老後資金への充当

1つ目は、仮想通貨投資によって利益が得られた場合は、その利益を老後資金に充当できることです。

株式投資や投資信託への投資などと同様に、仮想通貨への投資によって資産を増やすことができる可能性があります。ただし、もちろん投資に失敗した際には損失が発生しますので、取引は慎重に行う必要があります。

2. リスク分散

2つ目は、リスク分散できることです。

すでに投資をしている人は、分散投資を行うことで、一時に多額の損失を被るリスクを抑えることができます。仮想通貨は他の金融商品とは性質の違う投資対象でもあるため、その分散先候補として使えるでしょう。

仮想通貨投資の注意点を理解しておくことも大切

仮想通貨取引の注意点
色々とメリットのある仮想通貨投資ですが、60代から仮想通貨取引を行う場合は、仮想通貨の注意点を理解しておくことも重要です。主な注意点には、例えば以下が挙げられます。

1. 詐欺被害に注意

1つは、詐欺による被害が増加していることです。

詐欺被害を避けるためにも、仮想通貨取引を行う場合は、金融庁登録済の仮想通貨交換業者が運営している仮想通貨の取引所に口座を開設しましょう。また、そこで扱われている仮想通貨を選んで取引しましょう。

2. 余剰資金で投資する

もう1つは、例えば退職金のすべてを仮想通貨投資に回さないことです。

仮想通貨への投資はリスクがありますので、余剰資金の範囲内での投資が大切です。自らリスクを調査し、老後生活に支障がない範囲で投資するようにしましょう。

仮想通貨取引所の選び方

仮想通貨取引所の選び方
仮想通貨取引を始めるためには、仮想通貨の取引所に口座開設が必要です。

仮想通貨の取引所は複数あり、それぞれ特徴が異なっています。取引所選びを行う場合は、例えば以下のようなポイントに注意して選択するのもよいでしょう。

1. 使いやすさ

1つ目は、使いやすいかどうかです。

操作性が悪いと取引に支障をきたします。また、取引画面の視認性も大事です。

2. セキュリティ

2つ目は、セキュリティです。2段階認証や顧客資産の分別管理など、セキュリティがしっかりしている取引所を選びます。

3. 手数料

3つ目は、手数料です。手数料が安ければ、手元に残る資金は多くなります。

4. サーバーの安定性

4つ目は、サーバーの安定性です。取引量が増えても安定的に稼働するかどうかがポイントになります。

5. 流動性の高さ

5つ目は、流動性の高さです。

流動性は取引量の多さだと理解すればよいでしょう。取引量が多ければ取引が成立しやすくなります。

仮想通貨取引の始め方

仮想通貨取引の始め方
国内の大手仮想通貨取引所の1つであるCoincheckでは、初心者でも簡単に口座開設が可能です。

口座開設を行うにあたっては、まず公式サイトからメールアドレスを登録し、アカウントを作成します。

Coincheckの口座開設はこちら

その後、電話番号認証を行い、氏名や住所などの本人情報を入力のうえ、本人確認書類の画像とIDセルフィーを提出します。本人確認の審査が完了すると、後日自宅に住所確認のためのハガキが届きます。

そちらのハガキを受け取ると、Coincheckのすべての機能が利用できるようになります。

Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら

本人確認のやり方

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

まずは仮想通貨の情報収集をしてみては?

仮想通貨の情報収集
老後資金にはそれなりのお金が必要です。

そのため、できるだけ多く用意できれば大きな安心につながります。老後資金対策としては、貯金や節約だけではなく、投資で増やすことも必要になるかもしれません。

投資対象候補の1つとして仮想通貨を選択した場合は、しっかり情報を集めることも大切です。特に取引所選びや取引対象通貨選びにおいては、納得できるまで検討しましょう。

メリットだけでなくリスクなどもきんと理解した上で、仮想通貨の取引を開始することをおすすめします。