仮想通貨が売れない人へ解説する仮想通貨を大量売却する方法

仮想通貨の取引は、タイミングが命と言われることもあります。取引のタイミングを間違ってしまうと、損失を出してしまうこともあるからです。

もちろん、仮想通貨を購入しておき、仮想通貨が高騰したタイミングで仮想通貨を売却することができれば、利益を出す事ができます。

ですが、仮想通貨の価格は一般的に高騰と下落が激しいこともあり、タイミングを逃してしまうと、あっという間に利益が出るタイミングを逃してしまいます。

そのため、しっかりと自分が狙っている仮想通貨が高騰するタイミングを見極めて、取引を行う必要があります。今回はその中でも、仮想通貨の大量売却についてご紹介します。

仮想通貨を売却する方法について紹介

ビットコイン売却
基本的に仮想通貨の売却は、仮想通貨の取引所で行うことが主となっています。

仮想通貨の取引所で仮想通貨を売る事で、日本円や他の仮想通貨を手に入れる事ができます。

仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」というものがあります。それらによって、売却方法も異なってくるので、注意が必要となってきます。

仮想通貨の取引所とは?

仮想通貨の取引所というのは、その名の通り、仮想通貨を取引する場所となっています。取引所は、仮想通貨を所有している個人と個人の取引ができる場所です。

仮想通貨を所有している人は世の中にたくさんいるため、多くの仮想通貨の保有者が、仮想通貨の取引所で取引を行っています。

例えば、Aさんという仮想通貨の保有者が100ビットコイン(BTC)を売りたいと思ったとします。その際に仮想通貨取引所に対して、100ビットコイン(BTC)の売り注文を出します。

これに対して、100ビットコイン(BTC)を購入したいというBさんがいるのであれば、取引は成立して、100ビットコイン(BTC)のやり取りが行われます。

しかし、自分が売り注文を出しても、購入してくれる人がいないのであれば、この取引が成り立つことはありません。

そのため、取引成立がしない可能性があったり、取引の成立までに時間がかかってしまう点などが、取引所を利用するデメリットとも言えるでしょう。

仮想通貨の販売所とは?

これに対して、仮想通貨の販売所はユーザー個人と仮想通貨交換業者との取引となります。販売所であれば基本的にいつでもすぐに取引が成立するため、仮想通貨が欲しいと思った時に、即時に取引する事が可能です。

また、仮想通貨交換業者によりますが、販売所では仮想通貨を購入するとなった時、大量に注文を出せるのも良い点だと言えるでしょう。

取引所の場合、大きな金額の仮想通貨を注文で出した際は、取引が成立しにくくなってしまう傾向にあるため、小分けにして取引をする必要があったりします。

しかし、販売所の方では自分の希望金額を丸ごと取引する事が可能なので、大きな金額の注文にも対応する事ができます。

大量売却するなら販売所が便利(同じレートで売却可能)

ビットコイン売却
仮想通貨で大きな利益を上げるためには、時には勝負に出て大きな取引をしなければいけない時もあるでしょう。

そういった時には、より多くの金額の仮想通貨取引に手を出すこともあるでしょう。しかし上記でも説明した通り、取引所では大きな取引は成立しにくくなっています。

大きな金額の注文は売りに出すユーザーも買うユーザーにとっても、大きな勝負となっています。そのため、大きな金額の売り注文を出しても、応じてくれるユーザーがそこまで多くない可能性があります。

そのため、取引所を利用して大きな金額の注文を出す場合は、小分けにして注文を出した方が取引は成立しやすいと言えます。例えば、3ビットコイン(BTC)の売り注文は1BTC、1BTC、1BTCなどに分けて注文を出した方が、成立する確率は高くなります。

しかし、これは合計3つの注文を出すこととなります。それぞれの注文が全て成立しなければ意味がないため、結果的に全ての取引が成立するまでには大きな時間がかかってしまいます。

それぞれの取引が成立するまでに仮想通貨の価格も変動してしまう可能性がありますし、一気に取引できた方が圧倒的に楽で便利です。

そこで、大量注文をする際に便利なのが販売所です。仮想通貨交換業者にもよりますが、基本的には販売所であれば、自分が購入したいと思う量を注文する事ができます。

そのため、より多くの注文をしたい人にとっては、販売所の方が便利な場合があると言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)では11種類の仮想通貨を取り扱い

ビットコイン売却
仮想通貨は今現在もたくさん開発されており、その数はどんどん増え続けています。

仮想通貨を使ったサービスなども世界中で開発されていることもあり、今現在は仮想通貨に触れた事がない人であっても、将来的に仮想通貨の取引を始める時が訪れるかもしれません。

その際には、まずは仮想通貨の取引所に口座を開設する事になるでしょう。

そこでどの仮想通貨の取引所を利用するのかを判断するための要素の一つとして、仮想通貨の取引所内で取り扱われている仮想通貨の種類があります。

仮想通貨の取引所内の取り扱い仮想通貨の数が少ないとなると、自分が購入したいと思った仮想通貨がなかったりと、困る場面も出てくるかもしれません。

国内大手の仮想通貨取引所の一つであるCoincheckでは、下記の合計11種類の仮想通貨を取り扱っています(2019年12月時点)。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネムコイン(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)

ビットコイン(BTC)はもちろんのことですが、ファクトム(FCT)などのそこまで有名ではない仮想通貨も取り扱っています。

初心者にも利用しやすいCoincheck

コインチェックアプリ(iOS)
また、Coincheckは国内の仮想通貨の取引所の中でも、初心者にとって利用しやすい取引所となっています。

スマホアプリも使いやすく、取引の操作などがわかりやすいデザインの取引所となっているため、初心者でも利用しやすくなっています。

購入した仮想通貨を貸し出すことで、利用料をもらえる貸仮想通貨サービスなども提供しています。

これから仮想通貨の取引を始めたいという初心者の方は、まずはCoincheckに口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。