ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)販売所ならCoincheck(コインチェック)

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引を始めたい人は、Coincheckの販売所を活用すると便利です。なぜならビットコインキャッシュ(BCH)がすぐに簡単に買えるからです。

こちらの記事では仮想通貨の販売所の選び方のポイント、ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法、手数料や税金などについて解説します。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)は販売所ならいつも希望の量が買える

コインチェックの取り扱い通貨

販売所とは?

販売所では、仮想通貨取引所が保管しているビットコインキャッシュ(BCH)をユーザーに売買します。

いつでも希望額のビットコインキャッシュ(BCH)を、日本円などの法定通貨で迅速に売買できます。操作が簡単なため、初心者でも使いやすくなっています。

取引所とは?

取引所は、ユーザー同士のビットコインキャッシュ(BCH)の売買をマッチング(仲介)するところです。希望の価格で注文を出すことができますが、売り手と買い手の望む金額が合致しないと取引は成立しません。

販売所と取引所の違い

初心者の方には、早く簡単にビットコインキャッシュ(BCH)が購入できる販売所での取引の方が便利です。

取引所では、需要と供給がマッチングすれば販売所よりも安く購入することも可能です。しかし、取り引きが成立するまで時間がかかる場合もあり、その間に価格が変動してしまうリスクもあります。

Coincheck販売所でのビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の購入方法

Coincheck販売所で、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する手順です。

まだCoincheckに口座をお持ちでない方は最初に口座を開設します。口座開設の手数料は無料です。

Coincheckの口座開設はこちら

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法は、パソコンから購入する場合とスマートフォンから購入する場合があります。

CoincheckのWeb画面から購入する場合

  1. Coincheckのサイトへログイン
  2. Coincheckの口座に銀行振込などで日本円を入金
  3. Coincheckのサイトの「ウォレット」から「コインを買う」をクリック
  4. 画面からビットコインキャッシュ(BCH)を選択
  5. 数量欄に購入数量を入力(この時点での購入レートにもとづいた合計金額が表示)
  6. 合計金額を確認後、「購入する」ボタンをクリックすれば、購入完了です

コインチェックアプリから購入する場合

  1. Coincheckのサイトにログイン
  2. メニュー画面から「入出金」をクリック
  3. 「銀行口座から入金」を選択し、Coincheckの指定口座に日本円を入金
  4. アプリのチャート画面を開き、ビットコインキャッシュ(BCH)を選択
  5. 購入する数量を日本円で指定し、「JPYでBCHを購入」をクリック
  6. 確認画面が出ますので、内容に問題がなければ「OK」ボタンをタップすれば、購入完了です

詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法について

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)販売所としてのCoincheckのポイント

ビットコインキャッシュ(BCH)

初めての人でも簡単に取引ができる

Coincheckのサイトやアプリは、誰でもすぐに使えることをコンセプトに設計・開発されています。

そのため、初めてビットコインキャッシュ(BCH)を購入される方でも、悩むことなく取引することができます。

24時間いつでも手軽に購入

そもそも仮想通貨は、原則24時間365日、リアルタイムで取引ができます。夜間や休日など、時間を選びません。

移動中でも買い物の合間でも、スマートフォンやアプリから、簡単にビットコインキャッシュ(BCH)が購入できます。

最大年率5%の貸仮想通貨サービス

Coincheckでは、購入したビットコインキャッシュ(BCH)を貸し出すことがで利用料を貰える、貸仮想通貨サービスを提供しています。

最大年率5%で、貸出期間は14日間・30日間・90日間・365日間から選ぶことができます。ビットコインキャッシュ(BCH)の長期保有を検討されている方には便利なサービスです。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の特徴

そもそもビットコインキャッシュ(BCH)とは、どのような仮想通貨なのでしょうか。簡単に概要をご紹介します。

ビットコイン(BTC)から分裂、誕生した仮想通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月、ビットコイン(BTC)のハードフォーク(分岐)によって生まれた仮想通貨です。

ビットコイン(BTC)と比べて取引処理能力が増加

ビットコイン(BTC)は取引量が増えた際の送金遅延やスケーラビリティ(拡張性)に課題がありました。

ビットコインキャッシュ(BCH)は ビットコイン(BTC)よりもブロックチェーンのブロックサイズ(1ブロックに含むことのできるデータ量)が大きくなっており、ハードフォーク時には取引処理能力が最大8倍になっていました。

これによって、ビットコイン(BTC)よりも、取引の承認までの時間が短くなりました。

リプレイアタック(攻撃)に対するセキュリティを強化

リプレイアタックとは、仮想通貨が分裂する時に、悪意のユーザーに仕掛けられる攻撃の1つです。

リプレイアタックが行われると、最悪の場合は仮想通貨が流失してしまうおそれがあります。ビットコインキャッシュ(BCH)はこの攻撃に対処しています。

詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴とは?ビットコイン(BTC)との違いを徹底解説

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)など仮想通貨を購入する時の注意点

コインチェックアプリ(iOS)
ビットコインキャッシュ(BCH)など仮想通貨の取引には、売買手数料や入出金手数料などの手数料が生じます。

取引手数料

ビットコインキャッシュ(BCH)の売買時には手数料がかかります。料金は仮想通貨の取引所によって違います。

入出金手数料

Coincheckでビットコインキャッシュ(BCH)を購入する場合、口座のない人は口座を開設します。そして購入時には日本円などの法定通貨を入金します。

この時に入金手数料が発生します。出金手数料は、Coincheckから日本円など法定通貨を出金した時に生じます。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)にかかる手数料の種類

ビットコインキャッシュ(BCH)

銀行振り込み入金手数料

Coincheckの指定口座へ銀行振り込みで入金する場合、手数料は無料です。ただし、振込手数料はユーザー負担となります。

送金手数料

ビットコインキャッシュ(BCH)をCoincheckのユーザー間で送金する場合、送金手数料は無料です。

ただし、Coincheckユーザー以外に送金する場合には、0.001BCHの送金手数料がかかります。

日本円での出金手数料

Coincheckで日本円を出金する場合、出金手数料は金額に関係なく407円です。

※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の最低購入額・最低売却額

ビットコインキャッシュ(BCH)

最低購入額

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する場合、最低購入額は500円(JPY)です。ビットコイン(BTC)での最低購入額は、0.001ビットコイン(BTC)です。

最低売却額

ビットコインキャッシュ(BCH)を売却する場合、最低売却額は500円(JPY)です。ビットコイン(BTC)での最低売却額は、0.001ビットコイン(BTC)です。

仮想通貨所得の税制について

税金

仮想通貨による所得は雑所得扱い

仮想通貨による所得は雑所得扱いになっています。

例えば会社員の場合は、給与所得と仮想通貨による所得を合計して4,000万円以上の場合、最高税率がかかりますとなります。

所得税45%と住民税10%を合わせて、最大55%の税金がかかります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引で年間利益20万円が分岐点

会社員(給与所得者)が1月1日から12月31日まで得た年間の利益が20万円以下の場合は、非課税となり、原則確定申告は不要です。

一方、年間の利益が20万円以上ある場合は、確定申告が必要です。また、扶養家族扱いで年間の利益が33万円以上ある方や、個人事業主の方も確定申告をしなければなりません。

翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告を行い、所得税を納めます。

所得税の税率

課税の対象となる所得金額と税率は下表をご覧ください。仮想通貨の利益への税額がわかります。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超330万円以下 10% 97,500円
330万円超695万円以下 20% 42万7,500円
695万円超900万円以下 23% 63万6,000円
900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円
4,000万円超 45% 479万6,000円

ここにさらに住民税も加算されます。住民税は給与所得がある場合は給与所得×10%+雑所得×10%で算出されます。

※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。

仮想通貨を安全に管理するにはより高度なセキュリティ対策を

セキュリティ対策
最後に、ビットコインキャッシュ(BCH)などの仮想通貨を安全に管理するために、基本的なセキュリティ対策を紹介します。

2段階認証

Coincheckではログイン時、通常のID・パスワードによる認証に加え、2段階認証が必要となります。2段階認証とは、防犯強化のためドアを二重ロックにするようなものです。

Coincheckの口座にログインする場合などに、パソコンによる認証とさらにスマートフォンなどによる認証をしなければ操作することができません。

万が一アカウントのIDとパスワードがハッキングされても、スマートフォンのパスワードは数十秒ごとにパスワードが変わるので、不正ログインを防ぎます。

Coincheckでは、簡単に使える2段階認証アプリ「Google Authenticator」を推奨しています。大切な資産を守るためにも、必ず2段階認証を設定するようにしましょう。

コールドウォレットに分散管理

ウォレットとは、仮想通貨を保管する電子上の財布のことです。

常時インターネットにつながったウォレットがホットウォレットで、秘密鍵をインターネットから切り離して管理するのがコールドウォレットです。

コールドウォレットには、USBメモリーに保管するハードウェアウォレットや、秘密鍵と仮想通貨アドレスを紙に印字して管理するペーパーウォレットなどがあります。

購入した仮想通貨の一部を、コールドウォレットなどに分散して管理をしておくことで、ハッキングなどのリスクを低減することができます。