仮想通貨の漫画【第9話】ビットコインのマイニングとは?

みなさんは「マイニング」という言葉を聞いたことはありますか?

ビットコインのマイニング(採掘)とは、ビットコインの取引データを承認する作業のことです。ビットコインのマイニングをしているマイナーは、ビットコインの取引を承認している人達のことを指します。

今では世界中にマイナーが存在し、様々な企業がビットコイン報酬を得るために、マイニング事業に取り組んでいます。実はこのマイニングにかかるコストは今では莫大です。

例えば、

  1. 計算競争をするマシンの調達費
  2. 人件費
  3. マシンを動かす電気代

などのコストがかかります。


この他にも、膨大な計算作業という高負荷な処理によって、マイニングを行うコンピューターが熱で壊れるのを防ぐための冷却装置も必要になります。

また、このようなマイニングマシンを設置する工場のような場所も、ビットコインのマイニングを行うためには必要になるのです。

【第9話】ビットコインのマイニングとは?

【第9話】ビットコインのマイニングとは?

ちょっとサトシ!!なにこの騒音うるさいんだけど!テレビ聞こえないじゃん!

うっわ寒っ!!何この部屋

サトシ何やってー只ならぬ表情!!何があったのサトシ!!

ビットコのマイニング(採掘)だよ。世界中のマイナーたちと計算競争してるんだ。

マイニングはビットコインの送金情報が集まったブロックをチェーンの最後尾につなげる時に使う「鍵」を探すゲームさ。これが約10ごとにレース形式で行われる。レースに勝利したマイナーだけに報酬でビットコインが支払われるからみんな計算競争に必死なんだ。

マイニングには、計算競争をするマシンの調達費、人件費、マシンを動かす電気代といった莫大なコストがかかるんだよ。高負荷な処理をすることでコンピューターが熱くなって壊れるのを防ぐために、こうした冷却装置も必要だし大量に購入したマシンを稼働させる工場のような場所だって用意しなきゃなんだよね。

今はいろんな条件面を整えられている中華系の企業にマイナーが集中しているのが現状なんだよ。へー!中国がねー!

相手は電気代の安い国で巨大な倉庫を借りれるような組織ってわけ。もっともっと部屋を冷やさないと。いや、部屋壊れるからやめよっか。

出典:Coincheckjp

第8話はこちら

第10話はこちら