メタバースがもたらす未来への会合「METAVERSE EXPO JAPAN 2022(主催:Meta)」

2022年7月27日より2日間にわたって開催された「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」。
同イベントでは、メタバースビジネスを牽引する企業・団体・官公庁が集結、有識者を招いたカンファレンス、エキシビションとしてメタバースに関連したコンテンツの展示が行われました。

コインチェックのエキシビションブースでは、メタバース都市「 Oasis TOKYO」の世界観を体験できる展示ブースを設置、世界を代表するアーティスト村上隆氏とバーチャルスニーカーなどを手掛けるクリエイター集団「RTFKT」所属の唯一の日本人、ARアーティストのアサギ東京氏がプロデュースをしました。

またカンファレンスステージでは、ライフスタイルブランド『Her lip to』を運営する株式会社heart relation 代表取締役CCO 小嶋陽菜氏と、コインチェックの常務執行役員天羽健介によるトークセッションを実施いたしました。

今回の記事では、コインチェックコラム編集部による「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」の体験レポートをお届けします。同イベント内で行われたエキシビションやカンファレンスの様子と合わせ、アサギ東京氏にインタビューを敢行したので、ぜひご覧になっていただければと思います。

METAVERSE EXPO JAPAN 2022の概要

「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」は2022年7月27日より2日間にわたって東京・六本木のグランドハイアット東京で開催されました。

同イベントのメインプログラムであるエキシビションでは、メタバース関連サービスの展示が行われ、企業各社それぞれが考える様々なメタバース空間を体験することで、メタバースの今を実感できるプログラムとなっています。

もう一つのメインプログラム、カンファレンスではメタバース有識者として各企業・団体・官公庁の代表者が登壇、メタバースに関連した現在の取り組みやビジョンを共有することで、メタバースの認識を高めるプログラムとなっています。

以下ではそれぞれのプログラムから、注目のプロジェクトを抜粋して紹介します。

Conference Program

METAVERSE EXPO JAPAN 2022 オープニング

METAVERSE EXPO JAPAN 2022 オープニングセッション Meta日本法人 Facebook Japan代表取締役味澤将宏氏

Conference Programのオープニングセッションに登壇したのは、Meta日本法人 Facebook Japan代表取締役味澤将宏氏。

「インターネットがオープンであるように、メタバースも1社で創るものではない」「日本からみんなでメタバースを創る、そういった場にしていきたい」
METAVERSE EXPO JAPAN 2022のテーマが共創であるように、メタバースはみんなで創るものという点を強調しました。

「現時点ではエンタメにおけるユースケースが多いが、今後は働き方、教育、医療、福祉など様々な分野での活用が予想される。今回のイベントを通じて、肌で感じてもらえれば」と語りました。

METAVERSE EXPO JAPAN 2022 オープニングセッション Meta最高技術責任者Andrew Boz Bosworth氏

味澤氏の冒頭挨拶に続き、Meta最高技術責任者のAndrew ‘Boz’ Bosworth氏によるビデオメッセージが紹介されました。

ビデオメッセージ内でも、メタバースは一企業で構築できるものではないと言及。
「日本の企業を始め、開発者や研究者、クリエイターが次世代のテクノロジーを創るにあたって重要な役割を果たす」とコメントしています。

また、Metaはメタバースの研究基金に対し、2年間で5,000万ドルの投資を行っていることも明らかにしました。

 METAVERSE EXPO JAPAN 2022 オープニングセッション デジタル大臣の牧島かれん氏

次のビデオメッセージではデジタル大臣の牧島かれん氏が登場。

「メタバースの利活用は急速に進展している、プラットフォームとして空間を利用することはもちろん、メタバース上で行われる趣味、コンテンツ、取引、仕事など様々な活動、交流の機会を捉えたあらゆる事業の機会を創立するもの」「メタバースは新しい付加価値をもたらす源泉、日本の地方が抱える過疎化、少子高齢化などの課題を解決するための鍵とする位置づけ」など、政府としてもメタバースの可能性に注目していることを述べました。

続いて場所や移動の制約からの解放について言及しています。

「障害のある方で、移動の制約がある場合でも、スマートフォン、パソコンの操作が可能であれば、メタバースの中では色々な活動ができると述べました。」

その上で政府としても「テクノロジーの推進に合わない制度や規制は大胆に見直す必要がある」メタバース、ブロックチェーン、NFT、Web3といった新たなテクノロジーの促進、新たなサービスが生まれやすい社会の実現を目指すと語りました。

次世代のSNS"メタバース"とNFTの未来

株式会社heart relation 代表取締役CCO 小嶋陽菜氏とコインチェックの常務執行役員天羽健介

続いて取り上げるのは、ライフスタイルブランド『Her lip to』を運営する株式会社heart relation 代表取締役CCO 小嶋陽菜氏と、コインチェックの常務執行役員天羽健介によるトークセッション。

「次世代のSNS"メタバース"とNFTの未来」をテーマに、メタバースの可能性、既存のSNSと次世代のSNSの違いについて討論しています。

Oasis Concept movie

動画は登壇前に流れたOasisプロジェクトのコンセプト映像。

Oasis プロジェクト~3つのメタバース~

Oasisプロジェクト3つのメタバース

天羽:今回のイベントのテーマでもあるメタバース、それぞれのプラットフォームに街を作っています。1つめがOasis TOKYO、The Sandboxのメタバースに街を作っています。

2つめがスライド真ん中、DecentralandというメタバースにOasis KYOTOを作っています。3つめがOthersideというメタバースに、2035年の火星の街Oasis MARSを建設中です。

Oasis TOKYO

天羽:「Oasis TOKYO」は2035年の東京を想定した街です。主にNFTと親和性の高いアート、ファッション、音楽、スポーツなどの領域において、美術館ですとか、ランウェイ、スポーツのスタジアムなどを作っています。

次世代SNSとしてのメタバース

 次世代SNSとしてのメタバース

天羽:メタバースは次世代のSNSとして言われています。小嶋さんはインスタとかTwitterとかSNSを上手く活用している印象があるのですが、既存のSNSではなく、SNSとしてのメタバースについてどういった印象をお持ちでしょうか?

小嶋:社内で海外トレンド共有会を年に2.3回行っていて、2年半前くらいにメタバースやNFTを知ったんですけど、正直奥が深すぎて、まだピンときていない部分はあります。ただ、SNS好きとしてはキャッチアップしていかないとな、と思っています。

天羽:次のスライドはメタバースやSNSがどういう方向性で変わっていくかを示した表です。左側がスマホで見る2DのSNS、右側がメタバースなどの3DのSNS。

これまでのSNSは常に1強状態が続いていたと思います。2DのSNSと3DのSNSの違いは、1強状態ではなく、いくつかの主要なSNSが残り、それがNFTとかブロックチェーンを使って相互に繋がっていく、いわゆるインターオペラビリティの世界になると言われています。

なので、コインチェックとしては、主要になりそうなメタバースにしっかりベットし、そこで知見を貯めていくということをしています。

天羽:小嶋さんにとってSNSとは、大事にしていることを教えてもらえますか

小嶋:私にとってSNSは、ファンの方との信頼を作る場としてとても大事にしています。自分が本当に好きなものだったり、周りの方におすすめしたいものを発信しています。
Her lip toも元々はファンの人とコミュニケーションを取りたいと思ったことがきっかけのブランドです。今はブランドそのものがコミュニティになっています。

天羽:TwitterとかVlog、InstagramとかSNSごとにコミュニケーションを変えたりしている印象がありますが、工夫されていることはありますか

小嶋:様々なプラットフォームの特性があるので、プラットフォームごとに自分という芯を持ちながら、各プラットフォームに適したキャラクターを最適化するということを意識しています。

天羽:盛り上がっているプロジェクトと盛り上がっていないプロジェクト、何が違うかなと観察していたんですけど、始めにストーリーとか世界観をしっかり作りこんで、プロジェクトはそこが共感を生んで、コミュニティの熱狂を結果的に生んでいることに気づきました。

あらためてNFTとかメタバースは手段でしかなくて、世界観とかブランドとか、ストーリーを芯を持って伝えていくことが重要なのではないかと思いました。

カンファレンスプログラムではその他にも数多くのメタバース有識者が登壇しています。
気になる方は是非当日のアーカイブ動画(2022年8月8日(月)~2022年10月17日(月)までの期間限定公開)をご覧ください。

Exhibition Program

The Sandbox SHIBUYA109

SANDBOX SHIBUYA109

SANDBOX SHIBUYA109の展示では、Sandbox上に渋谷駅前から109までの道のりをボクセルアートで再現。

ハチ公やスクランブル交差点、ギャルメイクのキャラクターなど、随所に渋谷を感じられる仕上がりになっています。

今後はユーザーが作成したボクセルアートを渋谷の街に設置することができ、オリジナルの渋谷を楽しめるという。

SANDBOXハチ公

コインチェック

Oasis TOKYO

コインチェックのブースではARアーティストアサギ東京氏のプロデュースのもと、メタバース都市「Oasis TOKYO」の世界観を体験できるARフィルターを展示。インスタグラムのカメラを通すことで、Oasisのキャラクターや風神雷神モチーフがブース内に現れる仕組みになっています。

会場ではConference Program「次世代のSNS"メタバース"とNFTの未来」内で放送された「Oasis」の紹介ムービーも流れていました。

Meta

主催でもあるMetaのブースでは、VRヘッドセット「Meta Quest 2」の体験の他、模型で日本風の街並みを再現。Instagramアプリを用いることで、スマートフォン越しに虹がかかるAR技術のデモンストレーションを行いました。

ソフトバンク

ソフトバンクの展示ではメタバース上に忠実に再現される「バーチャルPayPayドーム」を紹介。
普段は入ることのできない選手のロッカールームやベンチ裏などを歩くことができます。

その他にも、実際の試合と連動し、バッターボックスからの視点でピッチャーの投げたボールを体感できる準リアルタイム投球体験の紹介も行っていました。

今後は生の試合をバーチャル上で観戦したり、千賀投手など実在の投手のボールをバッター目線で体験することができるようです。

JAXA×バスキュール

JAXAと連携したバスキュールのブースでは国際宇宙ステーション(ISS)を再現したメタバース空間「ISS SPACE WALK in METAVERSE」を展示。

ISS周辺の宇宙遊泳を体験することが可能です。時間によって変化する地球や太陽を眺めることができます。

編集後記

今回の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」を通じて、各社のメタバース領域への取り組み、ビジョンが見えてきたことで、メタバースの今後の発展に期待を抱くことができました。一方で、一般層への認知、ユースケースの確立、VR.AR技術のさらなる発展、法整備といった、様々な課題があるのも事実です。

今回の主催であるMetaが掲げた「競争」ではなく「共創」に表されるように、メタバースはみんなで創るものです。メタバースの今後の発展、課題の解決に向け、我々コインチェックも一旦を担う存在として取り組みを進めていけたらと思います。

イベント体験レポートの後編ではエキシビションブースを担当いただいたARアーティストのアサギ東京氏のインタビューをお届けします。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は暗号資産の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから暗号資産を始める方々に「暗号資産について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社